FC2ブログ

三十数年越しに腑に落ちた謎の指示「トル!」

お片付け祭りでも楽譜は聖域!!なのですが、処分せずに並べ替えるぐらいはしてみようかと、いろいろ見ているうちに、子供の頃の楽譜を眺めて、そのまんま時間を無駄にしてしまいました。

眺めていて気になったのが表題の件、先生の指示書き「トル!」。休符のところとか、スタッカートのところとか、フレーズの区切れをしっかり表現すべきところに書かれている注意書きなので、何となく意味は分かるのですよ。ちゃんと短くしろと。あと、語源(?)は「取る」であるらしいということも含めて。ただ、何で「切る」じゃなくて「取る」なんだろう??と、以前から子供の頃の楽譜を眺めるたびに不思議に思っていました。

で、ツィメルマンの動画を見ていたら、腑に落ちました!!
文字通り、手を鍵盤から「取る」のですね。ツィメルマンは、かなり大袈裟に、しっかりと「取って」ました。

私の苦手なことの一つは、「短く」とか「軽く」です。あ、一つじゃなくて二つになっちゃった。細かいことはさておき、子供の頃から全然変わらないです。「進歩がない」ともいう…。 「トル!」の意味が分かったおかげで、腕の使い方とか他の大きな要素があるにせよ、三十数年ぶりに少しだけ進歩できそうです(*´▽`*) 

「トル!」の先生のレッスンはイマイチ楽しくなかったのですが、突然電話して「昔のレッスンで習ったことがようやく意味わかりました」と伝えたいぐらいです(笑) 音信不通なので実行できないのが残念ですけど…。

今回は、意外とネタが切れない「子供の頃の思い出」コーナーでした♪♪


にほんブログ村
スポンサーサイト



トロイメライ、苦手意識がないのは子供の頃の先生のお陰

今日も「丑三つ時ピアノ」をやらかしてしまいました~~
弾いたのは、子供の頃に使っていた『やさしいピアノ曲集』(片山緑編、音楽之友社)から、色々遊び弾き♪♪

人形の夢と目覚め
エリーゼのために
貴婦人の乗馬
スティリアンヌ⇦昔の楽譜なのに「スティリアの女」となっていなかった
タランテラ(ブルクさん)
乙女の祈り(子供用にオクターブ進行を単音にしてくれている親切仕様(≧▽≦))
トロイメライ
マズルカ Op.7-1 (ショパン)
子犬のワルツ

片っ端から弾いたって感じですね(^^;;
習った曲もあり、今日初めて弾いた曲もあり…。

残念だったのは、子犬のワルツが普段よりぐちゃぐちゃで、まともに弾けなかったこと( ;∀;)
なんでよ~~

嬉しかったことは、エリーゼが昔と違って大人らしい表現になった(ような気がした)こと。
基本は変わってないんですけどね。子供の頃も今も、入り込む感じじゃなくて割とサラっと流す。ほんのわずかな微妙な表情で全然別物になるようです。

発見したことは、記事のタイトルにもしましたが、私が『トロイメライ』にあんまり苦手意識がないのは子供の頃の先生のお陰だったんだなぁということ。2,3年前ぐらいに『トロイメライ』を弾いて、「あれ?ちょっとおかしいな」と思ったことはありますが、よく言われる「技術的には易しいけど音楽的には難しい」と思ったことはないです。←空恐ろしいこと断言しちゃったよ(^^;;

私のトロイメライの演奏を人様に聞いて頂いたらどう思われるかは分かりませんが、とにかく本人は、苦手じゃないと思ってる(笑)
はて?それは何でだろう?と、ずっと思ってきたのですが、今日、楽譜の書き込みを見て、子供の頃の先生が上手く教えてくれたからだと気づきました。聞こえるべき音の指摘や、フレージングや緩急の付け方、声部の構造なんかが書き込んでありました。早い話、楽譜に書いてある通り弾きなさい、ってことなのですが、それがよかったのだと思います。「技術的には易しいけど音楽的には難しい」っていう言葉は、意味を理解するのが難しい(笑) それより具体的な弾き方を教えてくださるのが早道のような気がします。

この曲集を習ったのは3番目の先生で、私の中では一番存在感の薄い先生です。トロイメライに苦手意識が芽生えないようにしてくださったのは、今思うと、存在感が薄いどころか恩人です。そういえば、『クロスリズムの思い出』に登場したのも、この先生です。クロスリズムへの苦手意識も防いでくださったのでした。実は大恩人ではないですか(*´▽`*)

「ありがたいことだなぁ」と、今さらのように感謝の念を覚えています。


にほんブログ村

tag : トロイメライ,

子供の頃の萌え曲集はバイエル!

子供の頃のピアノライフを振り返って思い出に浸るコーナーとして、新たに「子供時代の思い出」というカテゴリーを作りましたヽ(^o^)丿 今まで書いた記事の中から5本を移動して、この記事が6本目です。

私がピアノを習い始めた時に使ってた教材は、確か、『トンプソン現代ピアノ教本』シリーズの導入編みたいなのです。真っ赤な表紙が印象的で、ウィーン原典版を知るまでは、私の中では「赤い楽譜と言えばトンプソン」でした。最近、発掘してきたんですけど、挿絵に色を塗って、塗り絵としても楽しんでいたみたいです(≧▽≦)

それが終わったら、トンプソンの1巻に加えて『子供のバイエル 下巻』(いわゆる黄バイエル)が登場しました。黄バイエルは、めっちゃツボでした(*´▽`*) これぞ音楽!!とまで思いましたよ~~。それに比べるとトンプソンは邪道というイメージを抱いてました(^^;; トンプソンは、古典派とか初期ロマン派に偏らないように工夫されている教材でしたけど、私は子供の頃から趣味が偏っていたらしく、バイエルさん萌えでしたね。それを差し引いても、黄バイエルの後半って、結構いい曲がそろっていると思います。それに、テクニック的にも意外と侮れないです。

バイエル批判もよく聞きますが、私には今一つ理解しがたいです。いろんな教材を売るための陰謀なんじゃないの?と密かに邪推してます。いや、それはちょっと大袈裟ですけど…(笑) 私が習った先生も、『子供のバイエル 上巻』(赤バイエル)は飛ばしたので、何か考えるところがあったのでしょう。あっ、ということは、私の「バイエル萌え」は正確には「黄バイエル萌え」ですね。

トンプソンはこの記事では「邪道」呼ばわりされて引き立て役に回っていますが、私のピアノライフの原点なので、もちろん大事な思い出です~~♪♪


にほんブログ村

tag : バイエル,トンプソン,

クロスリズムの思い出

異なるリズムが同時に進むクロスリズム。ちょうど今練習している『幻想即興曲』は、その典型(左手は3連符、右手は16分音符なので、4分音符当たり、左は3つ、右は4つ)です。

クロスリズムは、不安や落ち着かなさを掻き立てる、魅力的な存在ですが、苦手という声をよく聞きますね。私も昔、苦手意識を持ちかけたことがあります。それは、『小犬のワルツ』の中間部で、左手が3拍子を刻みながら右手は4連符(1小節に4つ)になる部分です。

小犬のワルツ 中間部 クロスリズム
↑この部分の3小節目です。

小学生だった私は、「1小節の長さを3とすると、左手は1.0間隔で音が鳴り、右手は0.75間隔で音が鳴る。ここのずれはいくつで、ここのずれは…」と苦労して、帯グラフ的なのを作って覚えて弾こうと頑張ってました(^^;; こんなの、もう嫌だーー!!と思いましたね。まあ、努力の甲斐あって(?)、グラフで書いたようには弾けたのでしょうね。当たり前ですが、そんな風に弾いたら、とてもぎこちなくなります。左手はずっとワルツのリズムを刻んできているのに、そこだけ均等分割になっちゃいますからね。ダメなやり方としか言いようがないのですけど、子供の頃は思いが至りませんでした。

レッスンに持って行ったら、先生に「算数的にはとても正しいけど、音楽的には正しくない」というようなことを言われました。迷作のグラフを見せたわけでもないのに、思考回路を、たちどころに見抜かれたわけです(笑) で、言われたのが「右手は、もっと適当に『らりりり♪』と自然に流しなさい」。これには、目から鱗!!と感動した記憶があります。幸い、今はクロスリズムへの苦手意識はあまりないように思います。でも、この経験がなかったら、今頃はクロスリズム拒否症に苦しんでいたことでしょう。「もっと適当に」という表現が、その時の私にはピッタリで良かった気がします。やっぱり、本物の先生は言葉の選び方が上手いです。この時の先生は、3番目の先生で、今まで私の中では「あんまり存在感がない人」だったのですが、上記のことをふと思い出して、「ありがたい存在」に急上昇しました(*^▽^*) この一点だけも、レッスンしていただいた甲斐があります!

クロスリズムを実際に適切に弾けているかどうかは別問題(たぶんアヤシイんだろうなぁ)ですが、苦手意識が低い分だけ、クロスリズムを多用した曲に臆することが比較的少ないような気はします。『幻想即興曲』に今まで臆していたのは、単に指が動かなかったというのが大きいです(^^;;


にほんブログ村

tag : クロスリズム,

子供時代、先生と親とグランドピアノに操られてた

子供の頃に使っていた楽譜を眺めて懐かしむシリーズです。
今回は、楽譜に書いてあった親と先生(1人目)の、ピアノのテクニック以外の書き込みです。

私の親はピアノを全く弾けないせいか、ピアノ自体については完全に先生に任せていたようです。
後で聞いたところでは、先生への注文はただ一つ。「ピアノを嫌いにさせないようにしてください」だけだったらしい。
でも、だからといって、昔の楽譜への書き込みを見てみると、全く放置されていたわけでもないようです。
先生と親の連係プレーでうまく管理されてた(笑)

課題曲ごとに1週間分のカレンダーが書かれてて、各日付に◎とか△とか書いてある。たぶん、これは先生の発案かな。
◎=よく練習した、○=練習した、△=まあまあ、×=やってない、ということだと思われます。
で、時々「先生のおっしゃることをよく守ってしっかり練習できましたね。うれしく思います」などと(皇族みたいな口調で(^^;;)親のコメントが載ってます。
「練習しなさい」と言われた記憶はほとんどありません。うるさく言われなかったので、かえって反発して練習しないということがなかったのでしょう。
でも、しっかり管理されてた。操るコツを掴めば操りやすい子供だったのかも!?

2番目の先生はコワイ人でしたが、この時は親からは放置されてました。
先生がコワイので、追い打ちをかけるのを避けたのかもしれません。
追い打ちをかけないというのは重要らしく、仲道郁代さんのお母さんは「嫌になったらいつでもやめていいのよ」と、おっしゃっていたそうです。で、なかみっちゃんは、それを聞いて「やめるものか」と思ったと、本に書いてらっしゃいました。
あと、2番目の先生のレッスンはあんまり楽しくなかったのに、レッスンはグランドピアノなので誘惑に負けてた(って、変な表現だけど)のも大きいかも。「レッスン行きたくない」って言ったことないんだけど、もし言ったとしても「グランドピアノが待ってる」と返されればコロッと行ったと思われます(笑)

子供時代は、先生と親とグランドピアノにうまく操られて、意外と楽しいピアノライフを満喫していたようです。敢えて不満があるとしたら、受験を理由にレッスンを止めることになって、そのまんま復活させてくれなかったことかな~
ま、自分で「もう一回レッスン受けたい」と言い出さなかったのが一番いけないのだけど…。

いやあ、昔の楽譜を見て思い出に浸るの楽しいわ~
昔のことなので、若干美化されてるかもしれません(笑)
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト ショパン チェルニー 仲道郁代 ベートーヴェン リスト K.311 献呈 幻想即興曲 メンデルスゾーン ハイドン レンタル練習室 春の歌 近藤由貴 BWV862 青柳いづみこ Hob.XVI:34 ハノン 調律 ロマンスOp.28-2 幻想曲 平均律第1巻 ベトソナ10番 K.331 グリーグ 無謀曲 ブラームス チェルニー30番 BWV858 ららら♪クラシック ドビュッシー フランス組曲 シューベルト 選曲会議 ベトソナ 湯山昭 こんまりメソッド エチュード 四十肩 五十肩 ベルサイユのばら お菓子の世界 楽譜 アラフィフ肩 変奏曲 ベトソナ22番 指先から感じるドビュッシー クラビノーバ 抒情小曲集 バラード2番 さくらももこ メトロノーム 和声法 パルティータ マリー・アントワネット バラード ワルツ 練習曲 インヴェンション 調性 自分の演奏好き? グランドピアノ ウィンナ・ワルツ 久元祐子 スマホ老眼 クレメンティ 指マッサージ リズム変奏 トルコ行進曲 K.574 展覧会の絵 ムソルグスキー 電子ピアノ 鷲田清一 左手のための24の練習曲 リサイタル モシュコフスキー ドゥシェック バイエル D960 D959 マズルカ 理想の先生 ヨハン・シュトラウス 選曲 スケール アルマンド イリーナ・メジューエワ 中村紘子 ソナチネ 土田京子 好きな調 K.334 ピアニストは指先で考える 植山けい 交響曲 響ホール ピアノ椅子 「亡命」の音楽文化誌 ブルグミュラー 北九州 部分練習 ヴァイオリンソナタ 旅する作曲家たち 令和 こんまり クララ・シューマン 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 田園ソナタ 演奏と喋り方 ツィメルマン ピアノ騒音問題 書き込み スマホ トロイメライ マリア・ジョアン・ピリス 声部書き分け 五線紙ノート 20の小練習曲 感情をこめて弾く 伊藤恵 変イ長調 宮川彬良 楽譜の視覚効果 左ペダル ウナコルダ アルペジオ つるかめ算 伝説 m.g. m.s. 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ ヴィルヘルム・ケンプ 行進曲 タグ 和声法がぐんぐん身につく本 交響的練習曲 オスマン帝国 似合う曲 合奏譜 マーチ 苦手な曲種 教則本 おんぶにだっこ 和声法がさくさく理解できる本 エルガー サンタクロース クリスマス コピー譜 クリアファイル ベトソナ28番 メソッド・タリアフェロ K.623a リスト編曲版 全調スケール オーストリア国歌 イギリス国歌 バックハウス ランラン 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 毎日の練習曲 ベトソナ18番 ベトソナ16番 ルービンシュタイン キーシン 練習崩壊 チェルニー24番 整体師 パスカル・ドゥヴァイヨン お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 小ジーグ 好きな作曲家ランキング Hob.XVI:50 近藤麻理恵 川嶋ひろ子 魔笛 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ クーラウ 島村楽器 チャイコフスキー 半音階地獄 カデンツ 平均律 グランド・ソナタOp.37 ポロネーズ 折々のことば 田部京子 マズルカOp.7-1 無言歌 上原彩子 曲名の略称 ゆっくり弾き アルベニス 「聴く」ことの力 シュタイヤー舞曲 三瀬高原音楽祭 グラナドス フランス王妃の受難 まるむし帳 導音 短音階 復習 音楽と文学の対位法 電子書籍 フォーレ 岩城宏之 哀しみ ペダル N響 庄司紗矢香 プレイエル 永遠のショパン 田島令子 K.533+494 減7の和音 クロスリズム K.412 タッチ 音色 脱力 K.576 K.537 恋するクラシック 手ペシ 演奏会用練習曲 K.543 スタッカート練習 D946 諸井三郎 スティリアの女 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 アップライト 貴婦人の乗馬 ブログ 駅ピアノ ラ・カンパネラ スマホ認知症 丑三つ時 楽典 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.118-2 間奏曲 ピアノ愛好者16の質問 ピアノ記念日 ヴァイオリン op.117-1 céleste トンプソン 幻想曲あるいはカプリス バトン リヒャルト・シュトラウス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら リズム練習 電子メトロノーム m.d 妄想 プチトリアノン D915 ピアニストは面白い 英雄の生涯 山枡信明 op.118-5 op.119-2 気象病 ソナタ ハプスブルク帝国 ハプスブルク家 カテゴリー ワルトシュタイン ポーランド ノクターン ら抜き言葉 似合いそうな曲 マリア・テレジア K.457 ダイエット チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー ト長調 チェンバロ 小プレリュードと小フーガ ベレゾフスキー 高橋多佳子 ピヒト=アクセンフェルト リシエツキ 夜の女王のアリア 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇一時休止中
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR