FC2ブログ

朗報です♪♪ベートーヴェン記念イヤーは来年9月まで!?

ベートーヴェン生誕250周年の今年は、新型コロナによって散々な年になってしまいました。せっかく記念すべきコンサートがたくさん開催される予定だったのに…。そんな中、ベートーヴェン生誕250周年も来年9月まで延長するぞ!という動きもあるというニュースがあったので、嬉しくなりました。東京五輪だって1年延期されるんだから、ましてベートーヴェン記念イヤーは…ヽ(^o^)丿

5月4日付けの日経新聞の記事『GWの音楽祭中止も「ベートーヴェン」再挑戦の機運』によりますと、

ドイツのベートーヴェン周年記念財団が生誕250周年を祝う期間を21年9月までとするなど、世界でベートーヴェンイヤー"延長"の機運が生まれている


とのことです。

記念イヤーについては、「キリのいい数字だからと言って特に意味はない」というのも一つの理屈だとは思いますが、人間が節目節目を大事にするのは一つの自然な感情だと私は思います。記念イヤーを盛り上げて商機につなげたいという大人の事情ももちろんあるでしょうけど、それはこの際忘れましょう(笑)

ベートーヴェンの音楽の一つの大きなメッセージに「苦悩から勝利へ」というのがあるのは(もちろんそれだけではないのですが…)周知のとおりです。まだ、来年までにウイルスに打ち克てると決まったわけではありませんが、今ほどベートーヴェンの音楽がふさわしい時は、そう滅多にあるものではないでしょう。

私も、ドイツのベートーヴェン周年記念財団にならって、ベートーヴェン記念イヤーを延長しようかな~と思います。そうすると、3楽章だけのつもりだったソナタ28番の1楽章と2楽章にも手を出せるかもしれません♪♪←それも延長の目的の一つらしい…(^^;;


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : ベートーヴェン,ベートーヴェン生誕250周年,

ベートーヴェンは250周年、ショパンとシューマンは210周年

もう今さら言うまでもなく知れ渡っていることですが、来年はベートーヴェン生誕250周年。最近はNU音楽院は秋休み(?)を決め込んで、記念の年に向けた選曲のための遊び弾きに興じてます(≧▽≦)

アニバーサリーならではの曲。そうですね、どういう基準で選びましょう?ベタですが、特に好きな曲で、かつ、背伸び曲といったところかしらね。あと、せっかくなので、ソナタの全楽章取り組みたいです!
まだまだ決まる気配はありませんが、そのうち選曲会議を記事にしたいと思ってます。

ふと気づいたのですが、来年はショパンシューマンの生誕210周年でもあるんですよね。若干中途半端ですが、まあ、プチ・アニバーサリー(笑) この二人、ベートーヴェンより40歳若いということかぁ…。あんまりそんな感じを受けません。そんなに時代が離れているの!?特にショパンはそうですね。シューマンの音楽は、いかにも文学的なロマン派ということで、「ああ、時代が下ったんだな」という印象がありますが、ショパンの音楽はとても古典的で端正です。ショパンは革新を前面に押し出さない(というかむしろ抑制的)ですが、ふとした瞬間に斬新な音楽が響いたりします。音楽の性格で言うと、モーツァルトの後継者だと思います。

こんなことを考えていたら、ベートーヴェンの先進性ってすごいんだなぁと改めて実感しました。そして、来年のベートーヴェンイヤーを思う存分楽しむには、やっぱりチェルニー頑張らなくっちゃね!!秋休みから復帰する意欲が増してきました('◇')ゞ

あと、210周年なので、来年はショパンシューマンにも力を入れたいです。←これって、いつもの年と変わらない(笑)


にほんブログ村

tag : ベートーヴェン,シューマン,ショパン,

言葉の先にある音だけの純粋な世界

ピアノもブログも、最近すっかり調子が狂ってしまっています(>_<)
風邪が長引いて学校を少し長く休むと、治っても行くのが億劫になりがちですが、まあ、そんな感じです(^^;;

さて本題。
最近、新聞のコラムで、なかみっちゃん(仲道郁代さん)の素敵な言葉を見つけたので、ご紹介します。

言葉だけではなく、その先にある音だけの純粋な世界に自分を放り投げていかないと到達できない世界があると思います。

(朝日新聞11月15日付け『折々のことば』より)


このコラムは、以前に取り上げたことがある哲学者の鷲田清一さんの連載です。

音楽って、言葉で説明することも大事。というか、たぶん説明しなきゃダメ。アナリーゼだけじゃなくて(もちろんそれも大事ですが)、イメージを言葉に!でも、言葉で全部説明できるのだったら音楽は要らない。言葉で表現できないことを表現できるのが音楽の素晴らしさです。どこからが言葉の先にある音だけの世界なのか?趣味や遊びで音楽を弾いたり聴いたりするのであっても、そういうことを少しでも考えることができたらいいなぁと思いました。

今、調子が狂いながらも、その中では練習に身が入っているのはシューマンの『3つのロマンス』Op.28の「第2番 嬰へ短調」なのですが、 なかみっちゃんの言葉がピッタリの世界です(*´▽`*)
レッスン記を書くのが楽しみです!!今週の半ばぐらいには書けるといいなぁ♪♪


にほんブログ村

tag : 仲道郁代,鷲田清一,折々のことば,

楽器店の店員さんが好きな作曲家ランキング

ネットのニュース記事で『楽器店員が好きな作曲家』についてのアンケート結果が載っていました。大手楽器店というと、私は、ヤマハ、山野楽器、島村楽器を思い浮かべますが、記事のアンケートは、島村楽器の店員さん440人(男女220人ずつ)を対象に、音楽史上で重要だと考えられる26人の作曲家を挙げ、一人選んでもらうという形で行われたらしいです。

早速結果ですが…。

【好きな作曲家ランキング】
1位:ショパン(16.7%)
2位:ベートーヴェン(12.6%)
3位:ドビュッシー(8.6%)
4位:バッハ(8.3%)
5位:モーツァルト(6.9%)
6位:リスト(6.9%)
7位:ラフマニノフ(5.2%)
8位:ラヴェル(4.9%)
9位:チャイコフスキー(3.7%)
10位:ブラームス(3.2%)

いかにも、ピアノ経験者が多数という感じのランキング結果ですね。

意外だったのが、ずっと下の方かと思ったバッハが4位入っていること、さらに、ドビュッシーが3位の銅メダルだったこと!記事によると、この辺り、男女差がけっこうあって、1位「ショパン」(男性15.0%、女性18.1%)、2位「ベートーベン」(男性14.4%、女性11.2%)、男性の3位「バッハ」(13.1%)、女性の3位「ドビュッシー」(10.6%)だそう。男性従業員がバッハを推す理由としては「好きなギタリストがバッハの影響を受けているから」「キャッチーである」「ポピュラー音楽の基礎だと思っている」というのが挙がっていました。さすがバッハは音楽の父!!特に、作曲男子には、よく分かるのかもしれないですね。あ、でも、それでもドビュッシーが3位に入っているということは、男子の中でもドビュッシーはバッハと僅差の4位ってことになります。←数字が載ってなかったので推定。ドビュッシー人気だな~~。そういや、シューマンは?影も形もないよ(>_<)

次に、もう一つの設問の結果です。

【自分のために作曲してほしい作曲家ランキング】
1位:ショパン(19.2%)
2位:ベートーヴェン(10.9%)
3位:ドビュッシー(10.9%)
4位:リスト(7.7%)
5位:モーツァルト(7.3%)
6位:ラフマニノフ(5.1%)
7位:ラヴェル(4.8%)
8位:ガーシュウィン(4.8%)
9位:バッハ(4.5%)
10位:シューベルト(3.2%)

似たような感じではあるのですが、バッハが後退してしまいましたね。バッハ先生、好きだけど、必ずしも曲を作って欲しいわけではない存在!?8位にガーシュウィンっていうのも予想外でした。もっとビックリしたのは、シューベルトさんの10位!確かに美しいメロディを作る人ではありますが、作ってもらったら、弾きづらかったり、めっちゃ長い曲になったりする気がします(笑) あと、シューベルトの曲って実は「死の世界」だったりするΣ( ̄ロ ̄lll)!!

私自身が答えるとしたらどうなるかも、考えてみました。

まず、「好きな作曲家」は、そうねぇ…。一人だけ選ぶのって、ヒジョーにキビシーッッ!!←これじゃ財津一郎さん(タケモトピアノのCMの人)だ(^^;;
聴いて楽しい、弾いて楽しい、読んでも楽しい作曲家がいいですね。となると、私の場合はアマデウスです。特に「読んで楽しい」というのが決め手です。アマデウス関連本って、硬軟色々出てるし、晩年は散々な生活だったといっても悲壮な感じがしないところが、どんな精神状態の時も安心して読むことができていいです。次点は僅差でショパンかなぁ。「読む」をあんまり楽しめないところがね…。文献はどうしてもジョルジュ・サンドとの話が中心になりがちですが、サンドと連れ子2人がイマイチ好きになれないのと、ショパン本は読んでて悲痛な気持ちになることが多いので。

「作曲してほしい作曲家」は、リストかシューマンです。あれ?私も必ずしも「好きな作曲家」と「作曲してほしい作曲家」が一致しないですね。ショパンとモーツァルトはより抽象的な音楽なので、曲を献呈する意味が少し形式的になるような気がするんです。リストやシューマンの方がより描写的で名実ともに「私のための曲」を書いてくれそうな気がします。この2人から1人選ぶのも、ヒジョーにキビシーッッ!!のですが、ランキングに載っていないシューマンを選ぶことにします。しかも、シューマンはなかみっちゃんのお気に入り作曲家だし(*´▽`*) リストは僅差で次点ということで…。

よかったら皆さんも考えてみてください。
特に「自分のために作曲してほしい作曲家」が気になります!


にほんブログ村

tag : 好きな作曲家ランキング,島村楽器,

『恋するクラシック』に仲道郁代さん登場(*´▽`*)

昨日放送のBS日テレ『恋するクラシック』に、なかみっちゃんこと仲道郁代さんが出演されました(≧▽≦)
出演が発表された時から、ずっと楽しみにしてました。
内容自体は、なかみっちゃん好きには、あんまり目新しい話はなかったのですけど、動いたり話をされている姿を拝見できることに意義があります(*´▽`*)

印象に残ったことをいくつか書いておきますと…。

・子供の頃(たぶん2、3歳ぐらい)レコードが好きで聞きまくってたそうで、そのこと自体は既に知っていましたが、今回の番組では新たに発見したのは、なかみっちゃんが「ピアノを買ってもらって、レコードと同じように弾けると思ったら、まともに音すら出せなかった」とおっしゃっていたこと。私も2、3歳ぐらいからレコード聴くの大好きだったけど、自分で弾くことなんて考えたこともなかったです。というか、スピーカーの中に人が住んで弾いていると思ってた(^^;; 三つ子の魂百までとはよく言ったもので、大人になったら、なかみっちゃんはピアノを弾く人になり、私は妄想をする人になりました(笑)

・なかみっちゃんは、学生時代に朝早くから大学の練習室で練習していたことが語り草になっているらしいですが、それについて番組の中の音大生が出演者に質問するコーナーで「朝練習する方が夜練習するより効果あるのですか?」と聞かれます。それに対して「当時は5時から練習室を使うことができて、1限目まで3時間ぐらい練習できました」「夜は夜で練習してましたよ~」と、イマイチ噛み合わない回答をするなかみっちゃん(笑) 朝と夜どっちが効果があるかなんて頭に全くなくて、ひたすら練習が好きだったのでしょうね~~

・ショパンの魅力について「ショパンの魅力は後ろ向きなところ。常に過去を振り返っている。振り返って後悔したりして、素敵なメロディの中に、そういうのが顔を出す」というような意味のことをおっしゃっていました。なるほど!!と思いました。ショパンの音楽に潜む翳りの正体は、そういうところにあったのですね。驀進するショパン、ひたすら前進するショパン、というのはないですもんね。それにしても、音楽を言葉で表現するのは難しいとよく言われますが、鋭い指摘に接すると、理解が一気に深まるものです。なかみっちゃん、ありがと~~う(*´▽`*)

・楽しかったのは、娘さんの話ですね。娘さんも小学4年生までピアノを習っていたそうですが、娘さんが汚い音を出していたりすると「そんな音を出して、ピアノさんに申し訳ないと思わないの!!」と鬼のようになって(←と言いながら角を作るポーズしてた(笑))怒るので、嫌になってやめちゃったそうです(^^;; で、娘さんはフルートに転向して、なかみっちゃんはフルートのことはさっぱり分からなくて、娘さんに「すごいね~~」としょっちゅう言っていたら長続きしたとか…。娘さん、フルート奏者としてプロデビューしたりするのかな??美人で聡明そうな娘さんの写真が公開されてました(≧▽≦) 海外ツアーかなんかで親子で写ってる写真を見たことありますけど、なかみっちゃんってば、娘さんに甘えて保護されてる感じだった記憶があります(笑) 娘さんが羨ましい!!

目新しい内容はあまりなかったなんて言いながら、結構楽しめました(^^♪
演奏を披露してくれた曲は『愛の挨拶』と『悲愴 2楽章』だけで、ちょっと物足りなかったですけど、ま、トーク中心の番組なので仕方ないでしょう。

この番組は、当然、録画して永久保存版にするつもりだったのに、数日前に大問題発生。10年以上使っているHDレコーダーが壊れてしまいました(>_<) 再生以外の機能が作動しなくなってしまって元に戻りません。私の部屋だけじゃなくて、居間にもレコーダーがあるので、そっちに何とかしました。壊れた方のレコーダーには、DVDにダビングしたかった、なかみっちゃんの番組がまだ何本も残ってるのにぃ…(泣)


にほんブログ村

tag : 恋するクラシック,仲道郁代,

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 メンデルスゾーン 献呈 BWV862 幻想即興曲 ハイドン 平均律第1巻 レンタル練習室 毎日の練習曲 調律 近藤由貴 春の歌 Hob.XVI:34 青柳いづみこ ハノン ブラームス アラフィフ肩 ロマンスOp.28-2 フランス組曲 幻想曲 五十肩 チェルニー30番 ドビュッシー 四十肩 K.331 無謀曲 シューベルト ららら♪クラシック BWV858 グリーグ ベトソナ22番 ベトソナ10番 ベトソナ 変奏曲 選曲会議 湯山昭 楽譜 お菓子の世界 こんまりメソッド エチュード ベトソナ28番 パルティータ ベルサイユのばら インヴェンション クラビノーバ 練習曲 バラード グランドピアノ ワルツ 指先から感じるドビュッシー 抒情小曲集 メトロノーム さくらももこ 調性 バラード2番 マリー・アントワネット 和声法 マズルカ 自分の演奏好き? ピアノ椅子 D960 スケール ピアニストは指先で考える ヨハン・シュトラウス ウィンナ・ワルツ K.334 D959 イリーナ・メジューエワ ブルグミュラー 左手のための24の練習曲 選曲 理想の先生 ヴァイオリンソナタ 「亡命」の音楽文化誌 令和 旅する作曲家たち 鷲田清一 モシュコフスキー 部分練習 交響曲 高橋多佳子 バイエル 電子ピアノ 植山けい ドゥシェック 土田京子 アルマンド 展覧会の絵 ムソルグスキー リズム変奏 マリア・テレジア ソナチネ クレメンティ K.574 無言歌 こんまり 北九州 スマホ老眼 変イ長調 響ホール リサイタル 中村紘子 好きな調 トルコ行進曲 久元祐子 指マッサージ D915 op.118-5 ピアニストは面白い ト長調 ハプスブルク帝国 ハプスブルク家 ピヒト=アクセンフェルト チェンバロ op.119-2 ピアノ記念日 ヴァイオリン 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.118-2 op.117-1 céleste リシエツキ 間奏曲 ベレゾフスキー ツィメルマン オスマン帝国 Hob.XVI:50 小ジーグ クーラウ スマホ 20の小練習曲 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 書き込み 感情をこめて弾く マズルカOp.7-1 ポロネーズ バックハウス ランラン ルービンシュタイン キーシン メソッド・タリアフェロ パスカル・ドゥヴァイヨン グランド・ソナタOp.37 チャイコフスキー カデンツ 演奏と喋り方 ピアノ騒音問題 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ 魔笛 夜の女王のアリア プチトリアノン 妄想 曲名の略称 ウナコルダ 左ペダル 似合う曲 タグ 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 教則本 苦手な曲種 アルペジオ 行進曲 マーチ 山枡信明 プレイエル 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ 近藤麻理恵 エルガー 川嶋ひろ子 クララ・シューマン 上原彩子 お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 半音階地獄 平均律 整体師 田部京子 折々のことば 好きな作曲家ランキング 島村楽器 トロイメライ 伊藤恵 伝説 ヴィルヘルム・ケンプ おんぶにだっこ つるかめ算 m.g. m.d m.s. 合奏譜 和声法がぐんぐん身につく本 五線紙ノート 宮川彬良 声部書き分け 田園ソナタ 和声法がさくさく理解できる本 マリア・ジョアン・ピリス リスト編曲版 全調スケール ベートーヴェン生誕250周年 ナイチンゲール 看護師の日 リピート付箋 リピート練習 音楽における十字架 ピアノトリオ 24番練習曲 ベアトリーチェ・ヴェネツィ マスタークラス 礒山雅 飛躍 エキエル 梅雨 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 カウンセリング 新型コロナ サンタクロース コピー譜 クリアファイル クリスマス K.623a オーストリア国歌 イギリス国歌 練習崩壊 チェルニー24番 マズルカOp.59-2 ペダル NHKスーパーピアノレッスン 譜読み力 ベトソナ16番 ベトソナ18番 電子メトロノーム ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら フランス王妃の受難 復習 短音階 グラナドス アルベニス 「聴く」ことの力 ゆっくり弾き 導音 まるむし帳 諸井三郎 アップライト スマホ認知症 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 減7の和音 クロスリズム 三瀬高原音楽祭 電子書籍 ら抜き言葉 ポーランド 楽典 似合いそうな曲 ワルトシュタイン 気象病 カテゴリー 丑三つ時 哀しみ 永遠のショパン モーツァルトの手紙 K.533+494 庄司紗矢香 岩城宏之 N響 ラ・カンパネラ 駅ピアノ K.457 小プレリュードと小フーガ ダイエット ノクターン フォーレ 音楽と文学の対位法 田島令子 チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー リヒャルト・シュトラウス 英雄の生涯 バトン ピアノ愛好者16の質問 トンプソン 幻想曲あるいはカプリス シュタイヤー舞曲 スティリアの女 K.412 K.576 K.537 タッチ 音色 D946 脱力 K.543 演奏会用練習曲 ブログ 貴婦人の乗馬 スタッカート練習 リズム練習 手ペシ 恋するクラシック ソナタ 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR