FC2ブログ

気になっていた本が2冊届きました(≧▽≦)

旅する作曲家たち & 「亡命」の音楽文化誌

5月12日の記事『最近気になる本2冊 『旅する作曲家たち』他』で取り上げた2冊の本が最近届きました!

『旅する作曲家たち』(コリンヌ・シュネデール 著、西久美子 ・訳、アルテスパブリッシング)と、『「亡命」の音楽文化誌』(エティエンヌ・バリリエ 著、西久美子 ・訳、アルテスパブリッシング)です。《ラ・フォル・ジュルネ音楽祭》のそれぞれ、2019年、2018年の日仏オフィシャルブックです。

表紙を眺めているだけでも楽しい気分になって、つい舞い上がってしまいます(笑)
音楽祭にふさわしい華やかがありますよね。

内容については、5月12日の記事で、あれこれと予想を試みていますけど、ササっと斜め読みしてみると、かなり予想とは違うようです。特に、「亡命」のほうは、嬉しい誤算で、題材のわりに、深刻さや難解さが思ったほどではなさそう。

斜め読み段階で感じるのは、フランス人の感性やものの考え方が、一歩引いていたり様々な角度から物事を見るという特徴があって、知的刺激を与えてくれる傾向にあるような気がします。

音楽を愛するから、背景を知りたい!!
もちろん、好きな作曲家のことは、徹底的に知りたい(*´▽`*)
ちょっとストーカー気質ですね(笑)←アブナイアブナイΣ( ̄ロ ̄lll)!!

読み終わったら、改めて、きちんとした読書メモを書きますね('◇')ゞ
今回は、届いたのが嬉しくて、それだけのことなのに記事にしてしまいました~~


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : 旅する作曲家たち,「亡命」の音楽文化誌,

最近気になる本2冊 『旅する作曲家たち』他

作曲家の旅と言えばモーツァルト!!

彼の手紙の「旅をしない人は(少なくとも芸術や学問に携わる人については)まったく哀れな人間です」という一節は有名ですね。これに続けて、「凡庸な人はいくら旅をしても凡庸なままである」と、辛辣だけどもっともなことを書いています。そりゃ、そうですよね。私がいくら旅行をしたからと言って、素晴らしくピアノを弾けるようになるわけがありません。旅の思い出を沢山作って終わりです(笑) 凡人の旅はそれでいいのですよ。

さて、前置きはこれぐらいにしておくとして、最近、『旅する作曲家たち』(コリンヌ・シュネデール 著、西久美子 ・訳、アルテスパブリッシング)という本が気になっています。GW期間中(5月3〜5日)に開催された《ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2019》の日仏共通オフィシャルブックだそうです。著者は、フランス生まれの音楽学者で、パリ国立高等音楽院で音楽史、美学、理論などを学んだ方らしいです。

概要は、いつもの通りAmazonの商品解説から拝借してきますと…。

ここではないどこかへ、
作曲家は音楽を手に携えて旅をする──

修行のため400kmを徒歩で旅した大バッハ、
ヨーロッパ中を狂乱させたパガニーニの楽旅、
バルトークの民族音楽研究旅行、
豪華客船や鉄道に熱狂したタンスマンやオネゲル、
山をこよなく愛したマーラー、
転地療法に望みをかけたショパン……
旅はいかに作曲家たちの想像力を刺激したのか──

「行け! 外へ出て、遠方をめざせ!
世界こそ、芸術家が挑むべき舞台! 」
──C.M.v.ヴェーバー


これを見ているだけで、わくわくしてきます(≧▽≦)
少し前にご紹介した『音楽と文学の対位法』(青柳いづみこ著)並みの難物である可能性も無きにしも非ずですが、バッハもショパンも取り上げられていることですし、文学に比べれば何とかなりそうかな?と淡い期待を抱いています。
ん??モーツァルトが載っていないですね。旅と言えばモーツァルトなのに、まさかモーツァルトは取り上げられていないのかしらね。もしそうだったら、前置きがあんまり前置きの意味を果たしてないぞ…(笑)

もう1冊は、『旅する作曲家たち』の関連商品としてAmazonのサイトにお勧めされた本で、『「亡命」の音楽文化誌』(エティエンヌ・バリリエ 著、西久美子 ・訳、アルテスパブリッシング)です。これは、ラ・フォル・ジュルネ音楽祭2018 日仏共通オフィシャルブックだそうです。

概要は…。

楽園からの追放か、それとも、楽園への逃亡か──

政治的亡命(ラフマニノフ)、
精神的亡命(ショスタコーヴィチ)、
祖国の喪失(ショパン)、
幸福な転身(コルンゴルト)……

歴史の荒波に翻弄された音楽家たちは、
いかにして「新しい世界」をめざしたのか──
音楽に秘められた社会的背景を、
圧倒的な博識と洞察力で読み解く!


ショパンが取り上げられているので読んでみてもいいかなと思いますが、今のところ『旅する作曲家たち』の方が気になります。しかも、こっちの方が更に難解そう(*_*; 

以上、最近の気になる本2冊でした~~
読んだら、そして、内容が理解できたら(←これ重要。『音楽と文学の対位法』でかなり懲りた)、レポート書きます♪♪


にほんブログ村

tag : 旅する作曲家たち,「亡命」の音楽文化誌,

文筆が本業?ピアノが本業?

記事のタイトル、私のことじゃありませんよ(^^;;

ピアニストの方は、文才のある人多いですよね。

例えば、仲道郁代さんは、面白おかしい話、本格的な音楽の話、哲学的な話を織り交ぜてサラッと読ませてしまう『ピアニストは面白い』が傑作です。私の中では、この本の本当のタイトルは『なかみっちゃんは面白い』です(笑)

真摯で分かりやすい語り口でピアノ曲について深い話を読ませてくれるイリーナ・メジューエワさんの『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』も印象的で、愛読書の一つです。語り下ろしなので、正確には「文才」ではないかもしれませんが、細かいことは気にしないことにしましょう。

それから、物凄く哲学的な本を色々書いているヴァレリー・アファナシエフさん。読もうと思って挫折してきたのですが、いつかはちゃんと読んでみたいものです。

そして、面白いエッセイをいっぱい書いているピアニストと言えば、中村紘子さん。
ご存知、素敵な「蛮族」です(笑)

前置きがやたらと長くなりましたが、今回の本題は、上記の方々ではなくて、昨日の読売新聞の読書欄の「始まりの1冊」というコーナーに載っていた、青柳いづみこさんです。「始まりの1冊」は、今の人生の第一歩になった1冊について語るコーナーのようです。

前置きで挙げた方々は、ピアノが本業だと分かるのですが、青柳さんは、どっちが本業だか分からない(^^;;
『ドビュッシーと世紀末の美学』という論文で博士号を取得した方で、専門はフランス音楽です。amazonで検索してみると、山のように著書が出てきます。amazonの著者紹介での肩書は「ピアニスト・文筆家」で、「演奏と執筆を両立させる希有な存在」と書いてありました。ってことは、両方とも本業なんだ…。私も青柳さんが書かれた中公新書の『ショパンコンクール』を持っていますし、ドビュッシーを本格的に弾くことになったら『指先から感じる ドビュッシー』とか『ドビュッシーとの散歩』を読もうと決めています。

「始まりの1冊」で本人が語るには、中学の頃から童話を書き始めていたそうで、以下、抜粋・引用してみますと、

デビュー・リサイタルはそこそこ成功だったが、一応ピアニストになってみると「どうしても書きたい」思いはつのった。といっても創作ではなく、何かを調べて書く方が性に合っている。83年から東京芸術大学の博士課程に再入学し、ドビュッシーに関する論文が受理されたのが89年。しかし、当時は、サティ、マーラーの時代、ドビュッシーの本など没後100年の2018年まで出ないだろうと言われた。

思い余って出版プロデューサーに相談したところ、まずは読者層開拓のために、ピアニストの生活を日常感覚で書いたエッセイを音楽雑誌に連載するようにすすめられた。『ハカセ記念日のコンサート』(初版は東京音楽社)は、このときの音楽雑誌への連載がもとになっている。

連載中に評判が良かったのは「目玉焼きを食べる話」と「ビフテキ効果」。(←どんな話か気になる!)



とのことで、『ハカセ記念日のコンサート』が青柳さんにとっての「始まりの1冊」だそうです。残念ながらこの本は現在品切れらしいですが、なんとか探し出して読んでみたいです。

『ハカセ記念日のコンサート』が出たのが1990年で、記念コンサートをピアノ弾きながら合間にトークという形にしたら、かなり批判を受けたとか…。音楽家たるもの言葉なんか使わずに音楽だけですべてを表現しなさい!!ということでしょうね。今ではトーク付きコンサートは当たり前の存在になっていますが、その先駆者でもあるというわけですね。

冒頭で「私のことじゃない」と書いたにもかかわらず、「創作ではなく、何かを調べて書く方が性に合っている」というところに共感を覚えて、妄想を掻き立てられます(^^;; ひょっとすると、私がピアニストだったら、どちらかというと似たようなタイプになっていたかもなぁ、なんて…。若い頃はエッセイ集『猫は丑三つ時にピアノを弾く』シリーズを出して、年取ってからはチェンバロに本格的にハマって専門書を出してしまう。監修じゃなくて、ちゃんと自分で書く。

色々と夢は膨らみますが、青柳さんに戻ります。今回の読書欄を見て、大量の著書の中から少しずつ読んでいきたくなりました。どういうわけか、演奏を聴いてみたい、というより、著書を読みたいなんですよね~~。私の中の音楽の世界ではドビュッシーは脇役だからか…??いや、何冊も読んでいるうちに、逆に演奏を聴いてみたくなるということもありそうです♪♪

ふと気づくと、ドビュッシーのメモリアルイヤー2018年は、もうすぐ終わろうとしていますね。


にほんブログ村

tag : 青柳いづみこ,

『空想書店』に仲道郁代さん登場

『空想書店』というのは、読売新聞の読書コーナーの企画で、著名人が「店主」となって、1冊の本をピックアップして徹底紹介するコーナーです。決して、私が本を出す妄想をするコーナーではありません(笑) いや、そういうコーナーもいつかは作ってはみたいですが…(^^;;

で、10月14日の「店主」が仲道郁代さんでした!
「聴く」ことの力 臨床哲学試論』(鷲田清一著、ちくま学芸文庫)という本を紹介してくださっています。「ただ受けとめる、「聴く」ということが、他者の自己理解をひらく。人と人とのつながり方や存在を尊重することを、臨床の現場から深く考えさせてくれる」本だそうです。正直、どんな内容なのか見当がつかないのですが…Σ( ̄ロ ̄lll)!!

以下、なかみっちゃんが書いた文をそのまんまご紹介します。

 哲学者カントは書いた。「私の上なる星空と、私の内なる道徳律」。カントを学んだベートーヴェンは晩年に書いた。「われらの内なる道徳律と、われらの上なる星空」。
 「私」と「私達」。「私」は、あなた達の中でワタシと認識される。あなたがいて初めて私はワタシそのものを認識する。そしてあなたも、他者の中で一人のワタシとなる。
 鷲田清一さんの『「聴く」ことの力』で語られる臨床哲学とは、ワタシとあなたの関係の中で見出される生きた哲学である。他者の前に身を置くことによって自分自身もまた変えられるような経験の場。「聴く」という、受け入れる行為がもたらす可能性の哲学。
 そこでは聴くことによって心が響き合う。ここに、私は”祈り”とも言えるような感覚を持つ。ちっぽけな私は、多くのあなた方、すなわち多くのワタシ達の中で生かされている。そして、あなたの内なる声、私の内なる声を聴くことによって、私は私として生きている。生きているという感覚を持つことができる。
 ショパンが祖国ポーランドを去る最後の演奏会。2度と戻ることのなかった故郷。そこで奏でられた協奏曲を、彼のお母さんはどのような思いで聴いただろう。友人たちは?ショパン自身はどんな思いで奏でたのか。そして200年という時を経て、今、私はどんな想いをのせて演奏するのか。それを聴いてくださるそれぞれのあなたは、何を聴くのか。
 言葉で語られるものはそこには何もない。在るのは、鷲田さんの言葉を借りれば、「わたし、あなた、かれといった人称の境界をいわば溶かせるようなかたちで、複数の<いのち>の核が共振する現象とでもいうべきもの」であろう。
 いのち…。言葉にできないほど不確かで、曖昧で、重く、素晴らしいもの。その核が、共振するという現象。
 それはかけがえのない時間だ。そんな瞬間を持つことができたら、人はどれだけ柔らかく強く在ることができるだろうか。
 私は、私の上なる星空を見上げながら、願わくば、上なる星空に包まれながら、私の内なる声を聴き、音に託す。音楽が奏でられ、それを聴くとき、音楽が私たちの魂を共振させてくれることを私は信じる。
 私の空想書店は、そんな経験があるということを感じられる場所となりたい。
(読売新聞10月14日付けより)


 
傾聴することの大事さ、ひたすら耳を傾けることによって「共振」が得られる。なかみっちゃんは音楽を傾聴と共振の媒体として演奏をしているのですね。たぶん、それが演奏哲学なのだと思います。難解な文章でしたが、なかみっちゃんがどんなことを考えながら演奏しているのか、垣間見ることができて良かったです!!人の心に深い関心をお持ちなので素敵な演奏ができるのだと思います。

あと、今の時代、傾聴ではなくて主張することばかりがもてはやされている気がします。出来るだけ多くのことを言った方が勝ち!的な…。そういう今こそ、傾聴の大事さを説いたこの本は重要なんじゃないかなぁと空想しながら、「読んでみたい本リスト」に追加してみます。なかみっちゃんがせっかく推薦してくださってることだし。って、結局そこに行き着く…(笑)

今回の『空想書店』で、なかみっちゃんは、他にも下記の4冊の本を挙げています。
一言紹介が、何とも詩的で美しく素敵です(*´▽`*)
『音楽を愛する友へ』、特に読んでみたいなぁ。どんな文章に感化されたのか、とても知りたいです!!

・『新編 銀河鉄道の夜』(宮沢賢治、新潮文庫)…言葉から天上の音楽が聴こえる。宇宙を美しい響きで震わせることの意味、切なさと美を考えさせる。

・『預言者』(カリージ・ルブラン著、船井幸雄訳、成甲書房)…言葉になった智慧は、言葉にならない智慧の影。心の中でもう知っていることなのだ。

・『八木重吉詩画集』(八木重吉詩、井上ゆかり絵、童話屋)…心の底に透明なしずくが染み込む。哀しいと美しいは同義。感覚の粒子をさらに砕いていくと見えてくる世界。

・『音楽を愛する友へ』(エトヴィン・フィッシャー著、佐野利勝訳、新潮文庫)…後半のB・ワルターの「音楽の道徳的ちからについて」。私はその文章に感化されて生きてきた。




にほんブログ村

tag : 仲道郁代,鷲田清一,「聴く」ことの力,

最近気になる本3冊

ブログ1周年記念で浮かれてはしゃぎ過ぎたので力尽きて更新が滞ってしまった、というわけではありません(^^;;
副業(←ピアノ以外…笑)が色々と大変になっておりまして…(-_-;;

さて、気を取り直して、今日は、最近気になる本を3冊メモしておきたいと思います。

・『モーツァルト 最後の四年: 栄光への門出』(クリストフ・ヴォルフ著、 礒山雅訳 、春秋社)

私は、作曲家の伝記・評伝では、モーツァルトのものが一番楽しめます。
モーツァルトには、面白おかしく、でも音楽も人生も真剣に考えながら生きて、あっけなく逝ってしまった、というイメージを持っています。
この本は、内容紹介によると「不遇で貧窮のうちに亡くなったという俗説を完全に否定し、宮廷作曲家に任命された最後の4年間、前途洋々の未来に向けて野心的な創作を続けていたことを資料から実証。大きな反響を呼んだ、刺激的な新解釈」だそうです。
書店で少し内容を見てみたことはありますが、なかなか専門的な本のようです。専門家が資料を駆使した研究結果と、私の勝手なイメージがどのぐらい合ってるか、きちんと読んでみたいです。
本の内容とは関係ありませんが、訳者の礒山雅先生は、バッハやモーツァルトに詳しい音楽学者だったのですが、今年1月の関東の大雪の時に転倒して頭を打って亡くなってしまわれたそうです。とても残念です。

・『ショパンの楽譜、どの版を選べばいいの?――エディションの違いで読み解くショパンの音楽』(岡部玲子、ヤマハミュージックメディア)

以前ほしいと思っていたのに、しばらく忘れてました(^^;;
Amazonに掲載されている目次を眺めていると、「第2章 楽譜の基礎知識 ――作曲家と校訂者の意識を探ってみよう」という部分に特に関心を持ちました。楽譜というものについて、理解が深まりそうな気がします。
楽譜収集熱に拍車がかかりそうなのが欠点と言えば欠点かもしれませんが…(笑)

『ハーバード大学は「音楽」で人を育てる──21世紀の教養を創るアメリカのリベラル・アーツ教育』(菅野恵理子 、アルテスパブリッシング)

今回、一番気になる本です!!

内容紹介を見てみますと、

ハーバード、イェール、スタンフォード、MIT⋯⋯
「音楽の知」を学び、奏でる次世代のリーダーたち!

一流大学に音楽学科や音楽学校が設置され、
年間1000人以上の学生が音楽を履修するアメリカ。
現代のグローバル社会に通用する音楽家を育てるだけでなく、
他分野の学生も音楽を積極的に学び、マルチな教養を身につける。
アメリカのトップ大学が取り組むリベラル・アーツ教育の最前線!

いま、「大学で音楽を学ぶ」とは、「音楽とともに生きる」とはどういうことなのか?──
現代社会に音楽を活かすヒント満載の書!

だそうです。ちょっと煽りすぎな気もしますけど…(^^;;

以前読んだ諏訪内晶子さんの本で、ジュリアードに留学してた時に交換制度を使ってコロンビア大学に政治思想の講義を聴きに行っていたというのが強く印象に残っています。本当は聴講ではなくて共同学位の制度で学位も取りたかったらしいですが、そんなことしたらバイオリンを弾いてる時間が無くなってしまうということで断念したとか…。これを読んで以来、アメリカの教育制度すごい!!と、興味があります。

思わず、日本だったらこんな↓感じ?と妄想してしまいましたよ(笑)

東京芸大と東大の間にそういう制度があったとしたら。
Nekoushiは東京芸大のピアノ科の学生(!)。そして、こんな会話が…。

後輩:「Nekoushi先輩、今日は早いお帰りですね」
Nekoushi:「帰るというかね、今からちょっと東大に講義聴きに…」
後輩:「あ!ベルばら萌えでらっしゃるので、フランス史とかですか?」
Nekoushi:「じゃなくて、素粒子物理学です。こんなややこしいのにするんじゃなかったわ~~」
後輩:「なんか、ギャップ萌えでいいと思います(*´▽`*) 頑張ってきてくださいね」

うっ。妄想にしても無茶苦茶過ぎましたΣ( ̄ロ ̄lll)!!
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト ショパン チェルニー ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 献呈 メンデルスゾーン 幻想即興曲 レンタル練習室 ハイドン 近藤由貴 BWV862 春の歌 Hob.XVI:34 青柳いづみこ 毎日の練習曲 ブラームス 平均律第1巻 調律 ロマンスOp.28-2 ハノン 幻想曲 アラフィフ肩 無謀曲 グリーグ ベトソナ22番 ベトソナ10番 ドビュッシー シューベルト チェルニー30番 ららら♪クラシック 五十肩 フランス組曲 四十肩 K.331 BWV858 こんまりメソッド エチュード お菓子の世界 ベトソナ 楽譜 選曲会議 湯山昭 ベトソナ28番 ベルサイユのばら 変奏曲 バラード 抒情小曲集 指先から感じるドビュッシー バラード2番 ワルツ さくらももこ 調性 メトロノーム 自分の演奏好き? 練習曲 インヴェンション グランドピアノ 和声法 クラビノーバ パルティータ マリー・アントワネット 選曲 ブルグミュラー マリア・テレジア 理想の先生 「亡命」の音楽文化誌 D960 旅する作曲家たち リサイタル 左手のための24の練習曲 令和 ピアニストは指先で考える クレメンティ イリーナ・メジューエワ ヨハン・シュトラウス リズム変奏 K.334 スケール ウィンナ・ワルツ 部分練習 アルマンド ソナチネ 鷲田清一 ヴァイオリンソナタ 交響曲 響ホール 中村紘子 K.574 ドゥシェック モシュコフスキー 指マッサージ トルコ行進曲 久元祐子 北九州 D959 スマホ老眼 ムソルグスキー 好きな調 マズルカ 展覧会の絵 植山けい 土田京子 バイエル 電子ピアノ 変イ長調 こんまり ピアノ椅子 ピヒト=アクセンフェルト ピアニストは面白い リシエツキ プチトリアノン 妄想 山枡信明 ピアノ記念日 céleste op.117-1 ト長調 op.118-5 チェンバロ ヴァイオリン 間奏曲 op.118-2 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.119-2 D915 演奏と喋り方 オスマン帝国 Hob.XVI:50 小ジーグ クーラウ スマホ 20の小練習曲 半音階的幻想曲とフーガ 書き込み 感情をこめて弾く マズルカOp.7-1 ポロネーズ バックハウス ランラン ルービンシュタイン キーシン メソッド・タリアフェロ パスカル・ドゥヴァイヨン グランド・ソナタOp.37 チャイコフスキー カデンツ 子供の情景 高橋多佳子 ポルカ ウナコルダ 左ペダル アルペジオ ヨハン・シュトラウス1世 ラデツキー行進曲 夜の女王のアリア 魔笛 全音ピアノピース 行進曲 マーチ 楽譜の視覚効果 ツィメルマン ピアノ騒音問題 交響的練習曲 タグ 苦手な曲種 教則本 似合う曲 曲名の略称 庄司紗矢香 伊藤恵 トロイメライ クララ・シューマン 宮川彬良 五線紙ノート 田園ソナタ 声部書き分け 上原彩子 川嶋ひろ子 お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 近藤麻理恵 クラシックキャットトートバッグ エルガー 愛の挨拶 マリア・ジョアン・ピリス 和声法がさくさく理解できる本 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 電子メトロノーム m.d 英雄の生涯 リヒャルト・シュトラウス ピアノ愛好者16の質問 バトン m.s. m.g. 合奏譜 和声法がぐんぐん身につく本 おんぶにだっこ ヴィルヘルム・ケンプ つるかめ算 伝説 好きな作曲家ランキング 島村楽器 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 ペダル 譜読み力 ベトソナ18番 チェルニー24番 ベトソナ16番 新型コロナ カウンセリング ベートーヴェン生誕250周年 ナイチンゲール リピート付箋 リピート練習 音楽における十字架 ピアノトリオ 練習崩壊 クリアファイル 平均律 整体師 半音階地獄 無言歌 折々のことば 田部京子 リスト編曲版 全調スケール サンタクロース コピー譜 クリスマス K.623a オーストリア国歌 イギリス国歌 幻想曲あるいはカプリス トンプソン 「聴く」ことの力 ゆっくり弾き アルベニス 三瀬高原音楽祭 電子書籍 永遠のショパン プレイエル グラナドス フランス王妃の受難 減7の和音 クロスリズム まるむし帳 導音 復習 短音階 K.533+494 看護師の日 カテゴリー ワルトシュタイン 気象病 ソナタ ハプスブルク家 ハプスブルク帝国 似合いそうな曲 ら抜き言葉 岩城宏之 N響 哀しみ 丑三つ時 ポーランド 楽典 イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 スティリアの女 シュタイヤー舞曲 音楽と文学の対位法 貴婦人の乗馬 ブログ リズム練習 スタッカート練習 田島令子 フォーレ チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー ダイエット 小プレリュードと小フーガ ノクターン K.457 恋するクラシック 手ペシ 駅ピアノ D946 ラ・カンパネラ スマホ認知症 諸井三郎 アップライト 脱力 音色 K.543 演奏会用練習曲 K.537 K.576 タッチ K.412 ベレゾフスキー 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇一時休止中
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝!
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR