FC2ブログ

2020年の目標&抱負~~

まだまだお屠蘇気分が抜けないうちに(笑)、今年の目標や抱負らしきことを、書いておきます。昨年は、一人二役の師弟で「目標・抱負構想会議」をやりましたけど、今年は「会議」のほうはベトソナ選曲会議に譲って、目標・抱負は走り書きです。

それでは早速行ってみましょう(^o^)丿

1.健康第一
昨年のうちに決めていた抱負です!笑
もう、目標はこれだけでいいんじゃない?と思えるぐらい重要です。具体的に何をするのかはまだ決めてないのですが、睡眠を十分にとるとか…?「丑三つ時のピアノ」(←HNの由来ではあるんだけど)を実施しました、という記事が減るようにしなきゃね(^^;;

2.練習する曲のバランス配分をしっかり!
これの練習は死守する、こっちはまあ遊び弾きに近くてもいいか、というメリハリを適切につけたいですね。心身や時間の余裕がない時は、思い切ってどれかを中断して、その分のエネルギーを優先曲に集中させる、などなど。昨年は、漫然とやっちゃった感じが残ってて、反省点です。

3.機械苦手意識を少しでも克服する
これの真の目標は、音源UPを増やすことです。その大前提として、録音しようとすると「機械いやだーー!!」とパニクるのを直さないと、お話にならないのではなかろうかと…(笑)。

4.コンサートを沢山聴きに行く♪♪
今年も、なまみっちゃん(*^▽^*)
あと、ピアノ・ソロ以外の音楽の生演奏を聴く機会を増やしたいです。オケや室内楽ですね。

5.できれば、ストリートピアノを弾いてみたい
「できれば」なんて付けちゃって、弱気な目標宣言ですが…(^^;;
発表会や弾き合い会に出る予定がないので、その代わりに人様のいる中で弾く機会になればと思って、目標に加えてみました。ストピを弾くために暗譜を志すのが隠された真の目標、ということでは全くありません!笑 
あと、ストピは今は大ブームみたいですけど、そろそろ下火になって撤去されていくんじゃないかという気がするので、今のうちに体験しておきたいというのもあります。

6.引き続き、グランドピアノのあるプチ・トリアノン目指してお片付けとか調度品の調達とか配置換えとか…。
(特に説明することなし・・・)

7.チェルニーは40-33まで進める
ベトソナ祭りをするので、ちょっと苦しいかも…(*_*;
でもまあ、目標は厳しめに!←練習中の31番に加えて32番、33番の計2.5曲、厳しいのか!?笑

今年の目標&抱負の走り書きはこんな感じです('◇')ゞ
年末に振り返って、少しでも多く達成されているといいなぁ。

そうそう、この記事の記事番号は400番(≧▽≦)
ただし、2本ボツにしているので、398本目です。


にほんブログ村
スポンサーサイト



2019年、2大印象に残ったこと(ピアノ&音楽以外)

2019年の振り返り記事2本目です。ピアノ&音楽以外で印象に残ったことを2つ書いておきます。「マイブーム」特集にしたかったのですが、一つはブームとは違うので、「印象に残ったこと」という今ひとつパッとしないタイトルに落ち着きました。

1.アラフィフ肩

最近、記事でもよく取り上げて、泣き言を言ったり、大騒ぎしたりしているとおり、ついに到来しました。なかなかの苦痛です(>_<) 
ピアノを弾く分には大して困らないのが救いです。ただし、譜めくりが苦しい時がある!!楽譜のページの下側をめくる時はいいとして、ページの上の方をつまんでめくろうとすると激痛が…。数か月で治ったという人もいるし、2年ぐらい続いたという声もあるし、一体いつ治るのか見当もつかないまま、惨めな思いで(いや、そこまではないけど)日々を送ってます(^^;;

実を言うと、割と最近まで、人生のある歳でそのまんま時が止まって残りの一生を過ごすとしたら、50手前のアラフィフがいいと思っていました。理想の年代はアラフィフ!!憧れのアラフィフに突入した~~、なんて、呑気に喜んでいたんですけどね(笑) うかつなことに、アラフィフ肩をはじめ、目まいの頻発とか、老眼とか、ヤヤコシイことがあるのをすっかり忘れてました。今年到来したアラフィフ肩のせいで、すっかり気が変わって理想の年代は「38~42ぐらい」ということになりました。20代とか30代前半じゃないのは、「若い=未熟、未熟=恥ずかしい」から。え?オマエは、いい年になっても未熟なまんまだろう?って!?反論できないところが何とも…Σ( ̄ロ ̄lll)!! 体の不調だけ年相応で、精神年齢は未熟じゃ、いいところなしです。

2.こんまりメソッド

流行りものにそそられない性格が災いして、今までは、「こんまりブーム」を若干の疑念を持って見ていたのですが、わらにもすがる思いで「こんまりメソッド」の世界をほんの少しだけ覗いてみて、とても良かったです(≧▽≦) 
思わず、「こんまり本」まで買ってしまいました。

こんないいものに早く気づかなかったなんて、なんと勿体ないことをしたものか。モノを残すか処分するかの基準が「ときめくか」(つまり萌えるか)というのが、私にはピッタリでした。な~んだ、音楽と同じことか~~~、と。あと、片づけそのものが自己目的じゃなくて、ときめく生活を実現するために片づける、というコンセプトも気に入りました。私だったら、グランドピアノのある、プチトリアノンな生活(*´▽`*) 来年も「こんまりメソッドつまみ食い」を続けたいです。あっ、そのためにもアラフィフ肩には早く立ち去ってもらいたいものです(*_*;

もちろん、他にも印象に残ったことはありますが、厳選して二つだけ振り返ってみました(^_^)/
来年は、どんな印象深いことがあるでしょう?楽しみです。


にほんブログ村

2019年に弾いた曲たち~~♪♪

ベートーヴェン記念年に向けた選曲がさっぱり進まないので、2019年の振り返りを先にやっておきます。年号も令和に替わりましたが、日本国政府御謹製(!笑)の英訳では、令和=Beautiful Harmony=美しき調べ。ピアノ弾き、楽器弾き、音楽愛好家には「私たちの時代」です(笑) 皆様そんな時代の幕開けにふさわしいピアノライフ、音楽ライフを送れましたでしょうか?

私も「令和」なピアノを目指す、なんて目標を掲げてました!

それでは、今年弾いた曲たちの一覧です。

◇レッスンで終わった曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』


相変わらず、チェルニーがいっぱい!笑 30番や左手24の練習曲からも1曲ずつ弾いたのは、バリエーションがあってよかったです。こんなに予想より多くできたのは、40-27、28辺りが比較的軽めだったからというのもあります。

バッハのシンフォニアは、とりあえず1巡目が終わりました。私の中では一番の大物だった、14番、7番、12番です!癒し効果大(←聞いている分には)の14番、厳粛な7番、快活で心から楽しめる(←聞いている分には)12番。もう弾けなくなっちゃってるだろうなぁ( ;∀;) 今は平均律1巻の17番に取り組んでいますが、終わったらシンフォニアの2巡目の曲と平均律を交互にやっていきたいです。シンフォニアを勉強してみて、対位法はもとより、多声の把握と処理の仕方が格段に向上したという気がいたします。やっててよかったバッハ様(*´▽`*)

ベトソナ10番1楽章と『幻想即興曲』は、昨年からの持越しで、特に前者は年明けてすぐ合格しちゃったので、「昨年の曲」のイメージ。『幻想即興曲』は、途中で飽きたり、なかみっちゃんの動画を見てやる気を高めようと涙ぐましい努力をしたり、大変でした。挙句の果てに「同じことの繰り返しで退屈」なんて暴言を口走ったりね…。ただ、今まで30年以上にわたるコンプレックス曲でしたので、真正面から取り組んだ結果、少しコンプレックスから開放されたのは良かったです(*´▽`*) ショパンにふさわしいタッチの習得にもつながった気がします。『幻想即興曲』は極上のエチュードです! あ、でも、今は弾けなくなっちゃっただろうな~~(*_*;

メンデルスゾーン『春の歌』。これはもう、めーっちゃくちゃ苦戦しました。とにかく装飾音が鬼です。何度投げ出したくなったことか。2か月もあれば十分でしょうと思ってたら、半年以上かかりました。一応終了にはしたけど、まだ納得はしていません。痛感したのは、装飾音を綺麗に入れるのに必要なのも、俊敏かつ、しっかり支えられる「強い指」なんですね。そういう指作りを目指して、バッハもチェルニーも引き続き頑張らなくては!と思いました

そして、今年から試行錯誤を始めた「無謀な憧れ曲の下地作り」コーナー。難所を中心に少しでも若いうちに手に当てておこうという企画です!2曲やって、ともに寝かせ中です。

◇無謀曲企画で取り上げた曲
・シューマン『幻想曲』第2楽章
・リスト『バラード 第2番』


シューマンの『幻想曲』は寝かせ中ですが、また解凍して中間部に取り組みたいです。あと、猛スピードで長距離の跳躍を伴うコーダに再チャレンジ!
リストは、一耳惚れして取り上げてはみたものの、熱が低下中なのと、チェルニー40-31が半音階地獄でこの曲と通じるところがあり、そんなに半音階系の曲ばっかり?と意欲が失せて休眠中です。また復活するのでしょうか??

ピアノで完全燃焼できたという気は全然しない(というか、そんな年はめったにないと思われる)のですが、音色が良くなっていると感じるので、美しき調べ、令和なピアノの幕開けにはふさわしかったということにしておきましょう。


にほんブログ村

気が早過ぎるけど、来年の抱負を一つ決めました

令和元年も、あっという間に11月になってしまいました。
来年はベートーヴェン生誕250周年の記念の年だし、それに向けた選曲もしたいところですが、その前に目標を一つ。

健康第一!!

何の工夫もないんですけど…笑

いや、最近また風邪を引いてしまって、今年は具合悪くなり過ぎでピアノが思うように進まない残念な年で終わりそうなので、気が早いのですが、フライングで抱負を一つ立てておきます。何の工夫もないけど結構切実です。そんなに不健康な方でもないのに、今年はオカシイな。やっぱり歳か…?

最近買ったブルグ18の楽譜で楽しもうと思ってたのに、いきなり出ばなをくじかれました(>_<)

ブログは、ベッドにノートPCを持ち込んで徘徊してました(^o^)丿

で、ピアノに触れるぐらいに回復してきたので、触れてみると、一つ発見をしました。風邪で筋力が落ちて今ひとつ力が入らないのですが、それが、意外と「入れるべき力を入れ抜くべき力を抜く」(←意地でも「脱力」と言いたくないらしい)状態になってて、「あ、これ、今まで無用な力を入れてたわ」と気づくことができました。この感覚を忘れないようにせねば!!風邪で寝転んでもタダでは起きないぞ、と…。

風邪だのインフルだの、かなり流行っているらしいので、皆様もどうぞお気をつけて!

あっ、他の抱負は年末に改めて('◇')ゞ


にほんブログ村

2019年の目標・抱負構想会議~~(^^♪

気づくと、もう1月4日!!まだ正月気分真っただ中なんだけどなぁ。今年は例年以上に時間が経つのが速く感じられます。このまま行くと、あっという間に除夜の鐘が鳴りそうに思えます(^^;;

今日は、今年のピアノの目標とか抱負を考えてみます。「構想会議」なんて政府の有識者会議みたいな大袈裟なタイトルがついているのは、セルフレッスンの先生にも登場してもらおうという趣向です。早速、会議の様子を覗いてみましょう。

先生「今年の目標とか抱負ね~。そういうの、自分で考えるものなんじゃないの?笑」

「…」(二人とも自分なんだから、間違ってないじゃん)←心の声

先生「昨年のピアノライフで心残りだったことは何かしら?」

「一つ目は、グランドピアノにあんまり触れられなかったことです」

先生「理由はいくつかあると思います。一つには、グランドピアノに新鮮味を感じられなくなってきたんじゃない?毎回ヤマハ使ってるみたいだし。それから、アップライトで、以前よりいい音を出せるようになったというのもあるかも」

「え?ホントですか!?お正月だからってご祝儀で言ってるんじゃないですよね??」

先生「お世辞言ったって何の得にもならないでしょ(^^;;  自分の演奏の自己分析がなってないんだから…。でも、グランドピノに接する機会を確保すること自体は大事だと思います。いろいろなタッチのピアノを弾くといいでしょう。今年はヤマハ以外のグランドピアノを積極的に弾くようにしてみたらどうでしょう?弾いているうちに『やっぱりグランドピアノ欲しい』と、熱が再発すると思います(笑)」

「は~い、分かりました」

先生「もう一つの心残りは、無謀曲でしたね。私ね、無謀曲をやりたいと言い出すのを待ってたのよ~~。なのに、全然言い出さないから、拍子抜けしました。練習を積んでいくうちに、今の実力からいかに掛け離れているか分かってきて、恐れをなすようになったのかもしれませんね」

「そう言われてみればそういう気もします。それじゃ、必ずしも悪いことじゃないのですね」

先生「そうそう、慎重になったのは一面では理にかなってます。だけど、この歳になっちゃうと、ホントに弾きたい無謀曲は、できるだけ早めに少しずつでも取り組んでおいた方がいいというのも真理です。先送りにしていると、弾く前にお迎えが来かねない(^^;;」

「正月早々縁起でもないことをΣ( ̄ロ ̄lll)‼」

先生「ゴメンゴメン。それで、考えていることがあるのですが、レッスンで、本当に弾きたい無謀な憧れ曲の下地を作って行くというのをやったらどうでしょう?例えば、バラ3の中間部のややこしい箇所だけ1か月でも2か月でもいいので期間を決めて取り組んでみるとか、そんな感じで」

「わ~~っ、それ楽しそうです(≧▽≦) 今、チェルニー、バッハ、曲2つをやってますけど、曲2つの片方をその枠に当てたら良さそうですね」

先生「基本的にはね。でも、その時の気分次第で、2つとも無謀曲の下地作りの時もあっていいですし、逆に2曲とも軽めの時もあっていいと思います。臨機応変に行きましょう」

「バッハとチェルニーの具体的な進捗目標も立てておきたいです」

先生「バッハは、シンフォニアを完全に終わらせましょう。持ち越しになっている14番を終わらせたら、あと2曲(7番、12番)で一通りやったことになりますね。で、一旦終わらせた中から、『これはちょっと…』という数曲をもう1回やります」

「3番は飛ばしていただけませんでしょうか??もう1回やるなんて、気が触れそうです(>_<)」

先生「何もそこまで…(^^;; ま、考えておきます。チェルニ40番は、30番まで進みたいですね。27、28、29、30の4つです。弾き初めのトップにチェルニー弾いてしまうぐらいカールLOVEだし、何とかなりそうでしょ?」

「は、はあ。頑張ります」

先生「あとは、コンサートを積極的に聴きに行くこと♪♪」

「今年もなかみっちゃんのコンサートに行けますように(*´▽`*)」

先生「…」(なかみっちゃんに限定する必要はないんだけどね)←そう思ったけど、言うだけ無駄なので口には出さなかった(笑)

先生「あとね、私から目標というかお願いがあるんだけど…」

「何か難しいことですか?」

先生「難しくはないと思う…。私に単独の名前つけてほしい(*^▽^*) できれば、公募で…(笑)」

「いいですけど、何で公募なのですか!?」

先生「だって、あなたはネーミングセンスが悪すぎるから…」

「Neko先生&Ushiちゃんじゃダメですか?」

先生「そんな漫才コンビみたいなの嫌です(^^;; やっぱり公募してちょうだい」

「分かりました~~」

先生「あっ、もう一つ大事なこと忘れるところだった。録音をもう少し積極的にUPしましょう。去年は、湯山昭先生の『お菓子の世界』から一曲と、ピーヒャラピーヒャラの合わせて2曲ぐらいでしたよね。少ないうえにレッスン曲が皆無というのは一体…」

「すみません(>_<) 今年は増やすように心がけます。でも機械苦手なんですよ。録音した音源を取り込もうとレコーダーをパソコンに繋げたらいきなりパソコンが不調になって買い替えるハメに陥ったり…」

先生「スマホの録音機能でもいいと思いますよ」

というわけで、今年の目標・抱負は下記のように決まりました。

・グランドピアノを弾く機会を増やす。できればヤマハ以外のグランドピアノにも触れるようにする。

・本当に弾きたい無謀な憧れ曲の下地を作って行く

・バッハのシンフォニアを完全に終わらせる

・チェルニー40番は、30番まで進める

・今年も、なかみっちゃんのコンサートに行けますように(*´▽`*)

・去年同様、飽きずに続けられるように

・音源のUPを増やすように心がける

・(番外編)一人二役の先生の名前を、公募で決める!笑




にほんブログ村
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト ショパン チェルニー 仲道郁代 ベートーヴェン リスト K.311 献呈 幻想即興曲 メンデルスゾーン ハイドン レンタル練習室 春の歌 近藤由貴 BWV862 青柳いづみこ Hob.XVI:34 ハノン 調律 ロマンスOp.28-2 幻想曲 平均律第1巻 ベトソナ10番 K.331 グリーグ 無謀曲 ブラームス チェルニー30番 BWV858 ららら♪クラシック ドビュッシー フランス組曲 シューベルト 選曲会議 ベトソナ 湯山昭 こんまりメソッド エチュード 四十肩 五十肩 ベルサイユのばら お菓子の世界 楽譜 アラフィフ肩 変奏曲 ベトソナ22番 指先から感じるドビュッシー クラビノーバ 抒情小曲集 バラード2番 さくらももこ メトロノーム 和声法 パルティータ マリー・アントワネット バラード ワルツ 練習曲 インヴェンション 調性 自分の演奏好き? グランドピアノ ウィンナ・ワルツ 久元祐子 スマホ老眼 クレメンティ 指マッサージ リズム変奏 トルコ行進曲 K.574 展覧会の絵 ムソルグスキー 電子ピアノ 鷲田清一 左手のための24の練習曲 リサイタル モシュコフスキー ドゥシェック バイエル D960 D959 マズルカ 理想の先生 ヨハン・シュトラウス 選曲 スケール アルマンド イリーナ・メジューエワ 中村紘子 ソナチネ 土田京子 好きな調 K.334 ピアニストは指先で考える 植山けい 交響曲 響ホール ピアノ椅子 「亡命」の音楽文化誌 ブルグミュラー 北九州 部分練習 ヴァイオリンソナタ 旅する作曲家たち 令和 こんまり クララ・シューマン 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 田園ソナタ 演奏と喋り方 ツィメルマン ピアノ騒音問題 書き込み スマホ トロイメライ マリア・ジョアン・ピリス 声部書き分け 五線紙ノート 20の小練習曲 感情をこめて弾く 伊藤恵 変イ長調 宮川彬良 楽譜の視覚効果 左ペダル ウナコルダ アルペジオ つるかめ算 伝説 m.g. m.s. 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ ヴィルヘルム・ケンプ 行進曲 タグ 和声法がぐんぐん身につく本 交響的練習曲 オスマン帝国 似合う曲 合奏譜 マーチ 苦手な曲種 教則本 おんぶにだっこ 和声法がさくさく理解できる本 エルガー サンタクロース クリスマス コピー譜 クリアファイル ベトソナ28番 メソッド・タリアフェロ K.623a リスト編曲版 全調スケール オーストリア国歌 イギリス国歌 バックハウス ランラン 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 毎日の練習曲 ベトソナ18番 ベトソナ16番 ルービンシュタイン キーシン 練習崩壊 チェルニー24番 整体師 パスカル・ドゥヴァイヨン お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 小ジーグ 好きな作曲家ランキング Hob.XVI:50 近藤麻理恵 川嶋ひろ子 魔笛 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ クーラウ 島村楽器 チャイコフスキー 半音階地獄 カデンツ 平均律 グランド・ソナタOp.37 ポロネーズ 折々のことば 田部京子 マズルカOp.7-1 無言歌 上原彩子 曲名の略称 ゆっくり弾き アルベニス 「聴く」ことの力 シュタイヤー舞曲 三瀬高原音楽祭 グラナドス フランス王妃の受難 まるむし帳 導音 短音階 復習 音楽と文学の対位法 電子書籍 フォーレ 岩城宏之 哀しみ ペダル N響 庄司紗矢香 プレイエル 永遠のショパン 田島令子 K.533+494 減7の和音 クロスリズム K.412 タッチ 音色 脱力 K.576 K.537 恋するクラシック 手ペシ 演奏会用練習曲 K.543 スタッカート練習 D946 諸井三郎 スティリアの女 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 アップライト 貴婦人の乗馬 ブログ 駅ピアノ ラ・カンパネラ スマホ認知症 丑三つ時 楽典 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.118-2 間奏曲 ピアノ愛好者16の質問 ピアノ記念日 ヴァイオリン op.117-1 céleste トンプソン 幻想曲あるいはカプリス バトン リヒャルト・シュトラウス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら リズム練習 電子メトロノーム m.d 妄想 プチトリアノン D915 ピアニストは面白い 英雄の生涯 山枡信明 op.118-5 op.119-2 気象病 ソナタ ハプスブルク帝国 ハプスブルク家 カテゴリー ワルトシュタイン ポーランド ノクターン ら抜き言葉 似合いそうな曲 マリア・テレジア K.457 ダイエット チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー ト長調 チェンバロ 小プレリュードと小フーガ ベレゾフスキー 高橋多佳子 ピヒト=アクセンフェルト リシエツキ 夜の女王のアリア 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇一時休止中
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR