FC2ブログ

ドビュッシーの誘惑・・・??

ふと気づくと、コロナ疲れ(少し落ち着いてきた)、ピアノ疲れ(回復傾向)、バッハ疲れ(むしろ最近バッハの存在を忘れてた(^^;;)、そして、せっかくの生誕250周年記念なのに、ベートーヴェン疲れ気味です。その代わりに、前回の記事で書いたようにモーツァルトが浮上してきたり、カール教の修行は楽しめるようになってきました。最近、誘惑を感じるのは、まさかのドビュッシーです。

きっかけは、仲道郁代さん(なかみっちゃん)のドビュッシーを取り上げたアナリーゼワークショップの記事を読んだことです。上田サントミューゼの「【レポート】2020.9.4(Fri) 仲道郁代~アナリーゼワークショップvol.42~」です。

特に惹かれた言葉を拾っていきますと…。

「彼の作品の世界は本当に独特です。子どもの頃の体験を思い出します。夕暮れのなか、近所の友だちと外で遊んでいたときのことなのですが、だんだんと暗くなっていく時間が怖かったのです。夢中になって遊んでいて、ふと夜の闇とお日さまの境界がある時間帯に自分はどこかにひゅーっと消えてしまいそうな不思議な感覚を抱いていました。その感覚とドビュッシーの世界は、通じるところがあります」

「空気の中に現実とは異なる空気があり、怖くもあり美しくもある曖昧さが存在する。それがドビュッシーの世界観です」

「これからマジックが始まりそう」(ドビュッシーの曲の特徴について)

「ドビュッシーの曲は“理解しよう”と努めるのではなく、魔法劇場に入ったような気分で、音の粒子が形になって変容するさまを体感し、“音の世界に浸る”感覚で聴いていただきたいです」


『ドビュッシーの誘惑』というより、なかみっちゃんの誘惑ですね(笑)

ベートーヴェンとは何かと対照的なモーツァルトやドビュッシーへの関心が急に深まっているあたり、「ベートーヴェン疲れ」を改めて感じます。ただ、ドビュッシーは具体的に何の曲を弾きたいというプランがあるわけではなくて、漠然と関心が急上昇している感じです。キラキラした音の魔法の世界に浸ってみたいなぁと…。ま、難曲や後期の独特な世界の曲には手を出さないのは間違いないでしょうけれど。


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : ドビュッシー,仲道郁代,上田サントミューゼ,

不思議な夢&久しぶりにカール教集会ヽ(^o^)丿

週刊『NU音楽院だより』、最新号をお届けします~~♪♪ いや、週刊にするなんて全く決めているわけではないのですが、たまたま今の私に一番合うペースなので、そうなっているのです。ほとんどピアノの練習らしきことをしていないので、あんまりネタがないですし…。

さて、1つ目の話題は、不思議な夢のお話です。昨夜のことなのですが、ブログでしかお話したことのないピアノブログの仲間の方の一人が夢に登場して(実際に拝見したことないので想像図です!笑)、ピアノの弾き合い会みたいな集会に誘われました。それで、「人前に出たくない」などと言って躊躇していたら、「ドア越しに見ているだけでいいから~~」と言ってくれて、結局、柱の陰から覗いてました(笑) たぶん、弾いている人たちも皆さん、ブログの仲間だったのでしょう。

最近、あまりにもピアノをやる気が出ないので悶々としていたものですから、このまんまフェードアウトしそう、とか、むしろフェードアウトした方が気が楽じゃない?といった思いも頭をかすめることがあったので、それを引き留めるのにタイムリーな夢でした。ピアノの神様、きっとカール様がそういう夢を見せてくれたんじゃないかと信じています❣❣

というわけで、2つ目の話題、久しぶりのカール教修行です。カール様の思し召しだと思うと、当然のことながら手が伸びるのは『経典』です。今回は私が持っている『経典』たちの中で一番難行苦行ちっくな『毎日の練習曲』を選びました。2番と3番をやりました。

2番は、半音階地獄です。よく見ると、ブログの練習中の曲の欄に自主練曲と記載されていますね。それを書いたことを自分でも忘れてました(^^;; しばらく弾いていると、指と頭が動きを思い出してきたので、嬉しかったです。しかも、休養に入る前と比べて、練習もしていないのに上達している部分もある(≧▽≦)

チェルニー『毎日の練習曲』2番 第5-6リピート


特に、天敵みたいな存在のこの部分(3度+オクターブの並行)が、格段に向上しているではありませんかヽ(^o^)丿 指使いをようやく覚えてきた感じです。忘れた頃に練習の効果が表れてくるというのは、何度も経験していることではあるのですが、何回経験しても本当に心地よいことです。フェードアウトなんて、している場合ではありません(笑)

もう1曲の3番は、分散和音で指を柔軟かつパラパラと動かせるようになることが目的と思われる修行です。

チェルニー 『毎日の練習曲』 3番~第1リピート


3番、見かけより手ごわいです(*_*;

以前にも少し弾いてみたことはあるのですが、その時は練習の緻密さが足りなかったらしく、弾けていないのにインチキして進んでいる箇所が多数ありました。これじゃいけないよなぁ、ということで、超スローテンポで、指使い、手首の使い方、指の開き具合の感覚を、じっくりと沁み込ませるように練習しました。全然まだまだです。ですが、こうやって無心に指を動かして、そしてピアノの音が鳴るということで、心が浄化されたような気がします。

今回の週刊『NU音楽院だより』は以上です。気力と体力が回復して臨時増刊号も出せるといいなぁなんて思ってます。そして、早くスランプから脱却して、元のペースに戻って更新したいです。あと、ピアノブログ巡りも以前のように❣❣←カール教の修行でテンションが高くなっている(笑)

いや、欲張りは禁物ですね。ペースは抑えて、焦らず着実に・・・。
それでは、また近いうちに🌹🌹 ごきげんよう('◇')ゞ


にほんブログ村

tag : チェルニー,毎日の練習曲,スランプ,

ピアノ&ブログ休みの一時休み~~♪♪

久~~しぶりに長時間眠れたので、今日は少しだけ気分がスッキリしています。ホント、睡眠不足って大敵だわ~~。というわけで、ピアノ&ブログ休みを中断して、ほんの少しだけ弾いてみました。

カール教の修行という気分ではないし、バッハでもないし、ベートーヴェンの『変な曲』(←ピアノソナタ22番)を弾きたいほどテンション高くないし…。ピアノ様に向かいたくなったのはいいのですが、選曲に悩みます。そこまでシリアスではなくて、ガッツリ練習でもなくて…。と、ひとしきり迷った末に、ベートーヴェンのソナタではなく変奏曲を遊び弾きしたくなり、『ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲』(WoO 79)というのを弾いてみましたヽ(^o^)丿



こんな曲です。演奏は、ルドルフ・ブッフビンダー。

『ルール・ブリタニア』というのは1740年に作られた曲(の一部)で、イギリスで大人気曲だったそうです。ちょうどイギリス進出を企てていたベートーヴェンが、『ルール・ブリタニア』を引用して交響曲『ウェリントンの勝利』とか、この変奏曲を作ったらしい。意外と商売っ気のあるベートーヴェンなのでした(笑)。少し前に読み始めたものの最近のスランプのせいで中断している『ベートーヴェン 巨匠への道』(門馬直美著、講談社学術文庫)にベートーヴェンが自らをイギリスに売り込もうとしていた話が載っていたので、弾いてみて、読んだ内容に実感が湧いて興味深かったです。

狙い通り、シリアスではなくてピアノを奏でる楽しみを思い出せそうな曲でした(*´▽`*)
いや、もちろん、まともに弾けるわけではないんですけどね(^^;; そうそう、終わりの方、コーダで変な転調とモチーフのしつこい繰り返しがあって、『変な曲』を思い出してしまいました。こういうところ、ベートーヴェンらしさ炸裂で素敵です♡

興が乗って、もう1曲。いつか弾きたい憧れの曲から、2,3ページだけ手に当ててみるつもりで『幻ポロ』を取り出してまいりました。今の気分にピッタリだわ~~。と思いながら、気づいたら、ゆっくりゆっくり、つっかえつっかえ全ページ弾いていました。

「ピアノ&ブログ休みの一時休み」(←敢えて、「回復してきた」とはまだ言わない)は、以上です('◇')ゞ

そして、3つ前の記事に続き前回の記事にも沢山の温かいコメントを頂き、本当にありがとうございました<(_ _)>
感激で涙が出そうです。皆さま、どうぞ、これからも宜しくお願いしますね。


にほんブログ村

tag : ベートーヴェン,ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲,

暑苦しい曲で遊んでみるヽ(^o^)丿

毎日のように暑い!!眠い。そして、冷房で体力を消耗させられる(>_<)
というわけで、ピアノとブログの本格的な再開にはまだ至っておりませんが、最近の遊び弾きを少しだけ書いておきましょう。

・ベートーヴェン:変な曲(ソナタ22番)の両隣❣笑

21番は、いつか弾きたい曲の一つです。というか、250周年記念に選ばれてもおかしくなかった曲です。21番って『ワルトシュタイン』という名前のお陰で普通に人気曲ですが、実は「変な曲」の親玉かもしれないと気づいてしまいました(笑)。少しテンポを上げて浮足立った感じで弾いてみると、なかなかヤバイですね。22番に負けず劣らずという感じです。色々な演奏を聞いてみると、正統派の名曲として弾いている演奏が圧倒的に多い印象ですが、中には「変な曲」として弾いている演奏もあるようです。その二面性が素敵です。21番の「変な曲」の要素を濃縮したのが22番なのかも!?
そして、以前遊び弾きしていた時よりも何とかなりそうな気がしてきました。特に2楽章の主部は長くて心が折れていたのが、意外に短く感じられるようになって、あ~成長しているんだなと、嬉しくなりました(*´▽`*) あと、1楽章は声部の把握が成長した感じ。カール教とバッハを頑張った甲斐があるというものです。ただ、2楽章のオクターブのグリッサンドだけは一生どうにかなりそうな気がしません(>_<) 私は単音のグリッサンドですら無理なんだから…。

変な曲の後ろ隣りの23番は、これまた人気の大曲『熱情』です。1楽章と3楽章は、ほんの少しだけ手ごたえを感じることができて、長い時間をかけて練習すれば「それらしきもの」が弾けるようになるかもと思えました。逆に、今まで少し軽く見ていた2楽章の変奏曲がやたらと難しく感じました。特に、32分音符の細かい動きになる、一番盛り上がる部分。これは無理かも。綺麗に弾くにはかなりの練習が必要っぽいです。正しいフレージングが分かるようになって難しさが分かった気がします。ま、音楽の理解が進んだということで、成長したんだと前向きにとらえておきましょう。

・ショパン:ポロネーズ(適当に何曲か)

ベートーヴェンほどガチで弾いたわけではなくて、部分的にパラパラと手に当ててみただけです。暑い時に熱いものを食べるような感覚で、ショパンの中では一番暑苦しい曲種の一つ、ポロネーズを弾いてみたくなりました(笑)。ショパンでも分厚い和音でガッツリ響かせるというのは魅力だと思いました。和音を掴むのが苦手なので、それの良い練習にもなりそうです❣ 『軍隊』などは、カール教の修行のノリで取り組めそうな気がします。いつか、そうしてみようかしら…。

そして、暑苦しいというのとは違いますが、憧れの『幻想』も一回だけ超スローでつっかえまくりながら通してみました(*´▽`*)
やっぱり『幻想』は、めっちゃ好きです。いつか弾いてやるー!!と決意を新たにしました。そして、これも練習していないのに少しだけ成長してました。譜読み力が上がったのかも。同じつっかえるのでも、以前は、そもそもどの音を鳴らすべきかわからなくて止まっていたのが、鳴らすべき音は分かるけど手がついて来ないというように変わったりとか…。

さて、放置していても退化しないことが改めて分かったので、これで安心してもう少しピアノを休めます!!笑
気力と体力が充実して来たら、すぐにでも再開したいところではあるのですが、最近買ったベルばら特集の雑誌にハマりまくって、ピアノどころじゃなくなっていたりします(^^;; 

ま、焦らずピアノのスランプから回復する機会を窺ってます~~♪♪
それでは、また近いうちに🌹🌹 ごきげんよう('◇')ゞ


にほんブログ村

tag : スランプ,

ピアノブログを読むのが怖い日々・・・((+_+))

猛暑と頭痛に悩まされ、お盆休みに調子を狂わされて、すっかりピアノライフが停滞してしまってます。前回の記事で、焦らず構えることにするというようなことを書きましたけど、やっぱり焦りますね。ピアノは趣味じゃなくて、副業でもなくて、本業だから!笑 いや、その位置づけが焦りを増幅させる原因ではあるのですが…。

普通はスランプに陥っても、色々なピアノブログ巡りをして記事を読ませて頂いたりコメントさせていただいていると、私も頑張ろう❣という気になるのですが、今回に限っては逆効果で、「わーっ!!誰々さんは順調に進んでいるのに私ときたら…」となってしまって、ピアノブログを読むのが怖い日々が続いていました。今は怖さが薄れてきましたが、まだ少し怖いです(^^;; 人様と比べて焦っても仕方ないということは十分すぎるぐらい理解してるんですよ。でも、理解するのと実際の心の動きはどうやら別物らしいです。

というか、人様と比べる前に、自分のブログを見ても焦ってました(^^;; NU音楽院プチトリアノン校の優雅なたたずまい(←ブログの表紙のことを言いたいらしい)に敷居の高さを感じてしまって…。あと、カール師も助けにならない。異常事態です。私は、そんなにメンタルが弱い方ではないのですが(むしろ図太い?笑)、こんなこともあるのね~~。それだけスランプが重症だということですよね。8月いっぱいは休養してもいいかなぁとも思うし、ひょんなことから何かを弾いてみたらそれをきっかけに完全復活できるかもしれないし…。ここは、成り行きに任せてみます(^o^)丿


にほんブログ村

tag : スランプ,

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 BWV862 メンデルスゾーン 献呈 幻想即興曲 毎日の練習曲 近藤由貴 ハイドン 調律 平均律第1巻 レンタル練習室 春の歌 Hob.XVI:34 青柳いづみこ アラフィフ肩 ロマンスOp.28-2 ベトソナ22番 ドビュッシー 幻想曲 ブラームス ハノン フランス組曲 ららら♪クラシック ベトソナ10番 グリーグ 無謀曲 BWV858 シューベルト チェルニー30番 五十肩 K.331 四十肩 こんまりメソッド パルティータ インヴェンション 楽譜 ベトソナ 変奏曲 メトロノーム 湯山昭 お菓子の世界 スランプ ベルサイユのばら 選曲会議 エチュード クラビノーバ ベトソナ28番 自分の演奏好き? マリー・アントワネット さくらももこ 調性 練習曲 和声法 グランドピアノ 抒情小曲集 指先から感じるドビュッシー ワルツ マズルカ バラード バラード2番 梅雨 ヨハン・シュトラウス ヴァイオリンソナタ K.457 旅する作曲家たち 「亡命」の音楽文化誌 好きな調 気象病 K.574 バイエル アルマンド 中村紘子 ピアノ椅子 スケール 電子ピアノ 交響曲 部分練習 ウィンナ・ワルツ イリーナ・メジューエワ チャイコフスキー K.334 K.576 ピアニストは指先で考える ドゥシェック クレメンティ 令和 D959 久元祐子 ブルグミュラー 植山けい ソナチネ マリア・テレジア リサイタル スマホ老眼 響ホール 左手のための24の練習曲 無言歌 指マッサージ モシュコフスキー 土田京子 こんまり 展覧会の絵 変イ長調 リズム変奏 ムソルグスキー D960 北九州 理想の先生 選曲 トルコ行進曲 24番練習曲 鷲田清一 高橋多佳子 ルービンシュタイン op.119-2 リシエツキ ピヒト=アクセンフェルト 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.117-1 op.118-2 ワルトシュタイン op.118-5 チェンバロ ピアノ記念日 ヴァイオリン ハプスブルク家 ソナタ ト長調 céleste 間奏曲 キーシン ハプスブルク帝国 カテゴリー ベレゾフスキー 似合いそうな曲 ポルカ ピアノ騒音問題 カデンツ 演奏と喋り方 子供の情景 ツィメルマン パスカル・ドゥヴァイヨン タグ ら抜き言葉 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 半音階的幻想曲とフーガ 書き込み ポロネーズ Hob.XVI:50 マズルカOp.7-1 小ジーグ グランド・ソナタOp.37 オスマン帝国 感情をこめて弾く 20の小練習曲 スマホ 似合う曲 教則本 妄想 メソッド・タリアフェロ 曲名の略称 夜の女王のアリア プチトリアノン 山枡信明 バックハウス D915 ピアニストは面白い 魔笛 全音ピアノピース アルペジオ 行進曲 マーチ 苦手な曲種 左ペダル ウナコルダ ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 クーラウ ランラン グラナドス 全調スケール オーストリア国歌 イギリス国歌 リスト編曲版 整体師 田部京子 半音階地獄 平均律 K.623a クリスマス チェルニー24番 ベトソナ16番 ベトソナ18番 練習崩壊 クリアファイル サンタクロース コピー譜 折々のことば 島村楽器 伊藤恵 トロイメライ クララ・シューマン 宮川彬良 五線紙ノート 田園ソナタ 声部書き分け 上原彩子 川嶋ひろ子 お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 好きな作曲家ランキング 近藤麻理恵 クラシックキャットトートバッグ エルガー 愛の挨拶 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン K.310 アンドラーシュ・シフ 静寂から音楽が生まれる  内田光子 モーツァルトの手紙 K.570 ラフマニノフ 前奏曲 千住真理子 クラシック・エイド K.511 コンサート動画 ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲 18の小品Op.72 巡礼の年報 飛躍 礒山雅 音楽における十字架 ピアノトリオ リピート練習 カウンセリング 新型コロナ マズルカOp.59-2 ペダル リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 ピアノソナタ2番Op.22 エキエル マスタークラス 自分褒め ベアトリーチェ・ヴェネツィ ナイチンゲール 看護師の日 マリア・ジョアン・ピリス 和声法がさくさく理解できる本 イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 諸井三郎 クロスリズム 減7の和音 導音 まるむし帳 アップライト スマホ認知症 音色 タッチ K.412 脱力 D946 ラ・カンパネラ 駅ピアノ 短音階 復習 N響 庄司紗矢香 K.533+494 岩城宏之 哀しみ 楽典 丑三つ時 永遠のショパン プレイエル アルベニス 上田サントミューゼ フランス王妃の受難 ゆっくり弾き 「聴く」ことの力 電子書籍 三瀬高原音楽祭 K.537 K.543 英雄の生涯 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 電子メトロノーム リヒャルト・シュトラウス バトン 幻想曲あるいはカプリス ピアノ愛好者16の質問 m.d m.s. おんぶにだっこ 合奏譜 和声法がぐんぐん身につく本 ヴィルヘルム・ケンプ 伝説 m.g. つるかめ算 トンプソン クラ―マー=ビューロー スタッカート練習 ブログ 貴婦人の乗馬 リズム練習 恋するクラシック 演奏会用練習曲 手ペシ スティリアの女 シュタイヤー舞曲 小プレリュードと小フーガ ダイエット チェルニー50番 ノクターン フォーレ 音楽と文学の対位法 田島令子 ポーランド 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR