FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

読書メモ:底なしにダークなエッセイ『おんぶにだっこ』 by さくらももこ

さくらももこさんのエッセイ『おんぶにだっこ』を読みました。私の「さくらももこコレクション」に最近加わった一冊です。著者の他のエッセイは、いずれも小3~大人が舞台ですが、この本は初めて(そして最後の)、それ以前のお話です。記憶力がすごく良くて、2歳半ぐらいのことでも鮮明に覚えているものがあるとか…。で、内容ですが、ややこしそうな哲学書やシリアスな文学も顔負けの底なしに深刻な内容に、ビックリしました。さ...

続きを読む

さくらももこさんのエッセイ『おんぶにだっこ』を読みました。私の「さくらももこコレクション」に最近加わった一冊です。著者の他のエッセイは、いずれも小3~大人が舞台ですが、この本は初めて(そして最後の)、それ以前のお話です。記憶力がすごく良くて、2歳半ぐらいのことでも鮮明に覚えているものがあるとか…。

で、内容ですが、ややこしそうな哲学書やシリアスな文学も顔負けの底なしに深刻な内容に、ビックリしました。さくらさんの本の魅力は、ナンセンスな笑いやホロリとさせられる感動の中に思わぬ深い内容が含まれていたりする点なのですが、『おんぶにだっこ』は、小さい子供の頃の話だというのに、ストレートにダーク(^^;;

特にヘビーな感じを受けたのを並べてみますと…。
友達の家から思わず綺麗なビーズをいくつか盗んできてしまって、良心の呵責にさいなまれる話。自分の祖母と近所のおばあちゃんが相次いで亡くなって、死の概念について初めて知った話。クラスメートのランドセルにキズをつけてしまい、そのことを言い出せず、しかも別の人が犯人ということになって苦悩する話。いじめられっ子を引っぱたいてしまった後、やるせない悲しい気持ちに陥った話。などなど。作者本人もあとがきで書いておられる通り「なんとも言いようのない読後感に見舞われる内容ばかり」なのです。

作者によれば「爆笑でもなく、感動でもない、何か」を伝えたかったそうです。その一つは「人間の根源的な部分への帰還」。これって哲学そのものですよね。「人間の思考回路の仕組みに気づいた時のことや、善悪の判断や、死の概念等、ある時、いつか誰でも気が付いた時があったはずだ。(中略)それは人格形成への大きな影響を及ぼした瞬間であり、すごくシンプルな自分の魂の骨格が見えてくるだろう」と、あとがきに書いています。

それから、伝えたかったもう一つの大きな要素は、人間は幼いころはピュアだったのが、成長とともに大人になるにしたがってピュアでなくなる、とよく言われるけど、それは本当にそうなのか?という疑問だそうです。これについても、あとがきに印象的で納得できることが書かれていますので、少々長くなりますが引用します。

人が大人になってゆくというのは、どういう事だろうと私はよく考えてきた。そして、出た答えは、経験をし、その意味に気づき、理解し、理解の中から生まれた知恵を生かしてゆく事、これが大人になってゆくという事だろうと思ったのだ。この答えは今でも変わっていない。

だから「大人は汚い」とか「汚れてゆく」とか言う人の話をきくと、そういうもんじゃないと思うけどなァ……と思っていた。

ひとつひとつの経験の中で、いろいろな意味に気づき、それについて悩み、苦しみ、そして理解し、そこから生まれた知恵を次につなげて成長してゆく事が、汚れているだろうか。理解から生まれた知恵は美しい。熟練し、洗練された魂で生きている人は本当に素晴らしい。生まれたままの幼い子供よりピュアだと思う。



でも、経験と知恵のバランスがおかしい大人の場合は…。
あとがきの続きを再び引用してみます。

経験を、単に場数として捉え、そこに含まれる意味を見逃し、知識だけを増やし、小手先だけが器用になっている人もいる。そういうのは汚い大人に見えると思う。

知識は役に立つ。でも道具にすぎない。それをきちんと利用できるのが知恵だ。知恵を得るには、いろいろな事にきづかなければならない。そして悩み、苦しみ、理解しなければ得られない。面倒臭くても辛くても、物事に向き合わなければ得られないのだ。


この通り、著者は容赦がありません。
容赦ないんだけど、本当にその通りだと思います。残念ながら、そういう大人って多い気がするし…。

人を笑わせるのが大好きだったさくらさんの原点は、やはり、極度に内向的で思索的で観察眼の鋭い、そして独特の思考回路を既に持っていた子供時代にあるようです。その上に人生経験と知恵を重ねて哲学的な笑いを花咲かせていったのだなぁ、何とすごい人だったことか!!と改めて驚嘆しています。

音楽で言ったら、チャイコフスキーの『悲愴交響曲』のフィナーレか、シューベルトの暗い曲か、ショスタコーヴィチの深刻な曲か、という感じに救いようのない暗さの本作『おんぶにだっこ』。万人にお勧めするような内容の本ではないのですが、興味を持たれた方がいらっしゃったら手に取ってみてください。

一昨日はさくらさんの一周忌だったので、久しぶりに、私の「さくらももこコレクション」から一冊ご紹介してみました。


にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : その他の書籍

Tag: さくらももこ おんぶにだっこ | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by さっちん
ご無沙汰しておりました。
このあとがきは、めちゃくちゃ感動しました。有難うございます。
本当にその通りですね、
幼いころはピュアなのか?
これもすごい疑問でしたし。だって、人間の本質的な部分が大人になった今も昔も変わったとは思えないんです。
だからこそ
「熟練し、洗練された魂で生きている人は本当に素晴らしい。生まれたままの幼い子供よりピュアだと思う。」
こういう人にあこがれるし尊敬します。
人は努力の末少しずつ人間になっていくものなのですね。

Re: さっちんさんへ * by NekoUshi
さっちんさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます~~(*^^*)

感動を共有できて、とても嬉しいです!

> 幼いころはピュアなのか?
> これもすごい疑問でしたし。だって、人間の本質的な部分が大人になった今も昔も変わったとは思えないんです。
> だからこそ
> 「熟練し、洗練された魂で生きている人は本当に素晴らしい。生まれたままの幼い子供よりピュアだと思う。」
> こういう人にあこがれるし尊敬します。

意外と幼い頃って、ずる賢かったり悪だくみをしたりしますもんね(笑)
それも、無意識のうちにそうだったりするので、幼い子供って、ピュアと言うより本能のままに生きてるだけかもしれません。

> 人は努力の末少しずつ人間になっていくものなのですね。

あっ、このフレーズ素敵です!!人生の目標は人間になること。
お互い「熟練し、洗練された魂」を目指して頑張りましょう('◇')ゞ

読書メモ:ウィーンの街の物語!?―『啓蒙都市ウィーン』

ウィーンが18世紀後半にどのように近代的な都市になっていったかということについて書かれてた『啓蒙都市ウィーン』(山之内克子、山川出版)という本を読んでみました。ちょうど、モーツァルトの時代、女帝マリア・テレジアと皇帝ヨーゼフ2世(テレジアさんの息子、アントワネットさんの兄)の時代の話です。私の関心事が一点に集中する時代と場所が舞台です(≧▽≦)ワルツ『ウィーンの森の物語』にちなんで、ウィーンの街の物語なん...

続きを読む

ウィーンが18世紀後半にどのように近代的な都市になっていったかということについて書かれてた『啓蒙都市ウィーン』(山之内克子、山川出版)という本を読んでみました。ちょうど、モーツァルトの時代、女帝マリア・テレジアと皇帝ヨーゼフ2世(テレジアさんの息子、アントワネットさんの兄)の時代の話です。私の関心事が一点に集中する時代と場所が舞台です(≧▽≦)

ワルツ『ウィーンの森の物語』にちなんで、ウィーンの街の物語なんてリラックスした感じのタイトルにしてしまいましたが、歴史の教科書で有名な山川出版のテーマ別小冊子「世界史リブレット」の中の1冊です。マリア・テレジアとヨーゼフ2世が啓蒙専制主義の思想に従って色々と改革をしていった過程で、ウィーンが近代的な都市になりました、という内容です。

啓蒙主義というのは「科学と理性の力を通じてこそ、人間は、宗教的盲信や封建的支配の桎梏から解き放たれ、そして、精神、肉体ともに自由で、優れて理知的な存在として、未来に向けてよりよい社会を築いていくべき」という思想です。君主が率先して、大衆をそういう方向に導き、国家のために尽くしてもらう、というのが啓蒙専制主義です。ヨーゼフ2世は、「君主は国家の第一の下僕」と言ったそうです。理性とか合理的な思考を高めるための改革をたくさん進めています。

以下、印象に残った内容を箇条書きにしてみます。

・検閲を大幅に緩和し出版を自由化した結果、読書文化が花開いた。読書室が沢山できたり、カフェで知識を交換したり…。
・宮廷劇場を一般開放した。さらに「ドイツ国民劇場」と改称した。←オペラ~♪♪
・上流知識階層の音楽への関心が高まり、サロンコンサートや予約演奏会が盛んになった。←器楽曲~~♪♪
・ごく一時的ながらフリーメーソン(自由、平等、友愛を掲げる秘密結社)を奨励した。←『魔笛』~~♪♪
・帝室保有地を公共緑地として開放して、一般市民レクリエーションの場になった。
・マリア・テレジアがウィーンに初めて番地制度を導入した。その結果、市内郵便ができた。(それまでは国際郵便しかなかったらしい)
・初めて本格的な測量を実施し、地図の出版がブームになった。
・カトリック教会の影響力をそぐため、修道院を大量に廃止した。
・病院や救貧院などの公共施設・福祉施設が沢山つくられた。ヨーゼフ2世は医学の心得があり、自分で診察したこともあったそう。
・埋葬の簡素化、市内における埋葬の禁止。(映画『アマデウス』でモーツァルトの亡骸が粗略に扱われる場面が出てきますが、これのせいなのですね)
・街灯が導入され、季節や月の満ち欠けに関係なく、深夜1時まで点灯された。これは画期的なことだったらしい。で、その結果「夜型」の生活になった(^^;;
・「理性の飲み物」として(酔っぱらわないから…笑)、コーヒーを飲む習慣が広まった。←文字通りウィンナーコーヒー(いや、生クリーム浮かべたものを毎日飲んでたわけないけど)
・服装規定の全面廃止。身分にかかわらず好きな服を着ていいことになった。(挿絵にオシャレな女子が載ってたので、てっきり貴族の娘かと思ったら、小間使いとか料理女でしたΣ(・ω・ノ)ノ!)

当時は啓蒙主義の時代だったので、都市の近代化はウィーンに限った話ではありません。でも、この本を読んで、モーツァルトたちが活躍できる舞台がととのい、その後、ウィーンが音楽の都になった背景を垣間見ることができて、興味深かったです。


にほんブログ村

* Category : その他の書籍

Tag: | Comment-open▼ * Comment : (0)

お気に入りの詩3編―『まるむし帳』より

ピアノの詩人といえば、言うまでもなくショパン。詩人のヨシフ・ブロツキーは、「詩人というのは言葉を削る人。削って削って、残されたひとつひとつの言葉はリズムも香りも内容もすばらしい。それが詩になる」という意味のことを言っているそうです。ピアニストのイリーナ・メジューエワさんは著書『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』で、そのような詩人の世界は複雑かつシンプルで、そこがショパンの世界に通じると、指摘し...

続きを読む

ピアノの詩人といえば、言うまでもなくショパン。詩人のヨシフ・ブロツキーは、「詩人というのは言葉を削る人。削って削って、残されたひとつひとつの言葉はリズムも香りも内容もすばらしい。それが詩になる」という意味のことを言っているそうです。ピアニストのイリーナ・メジューエワさんは著書『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』で、そのような詩人の世界は複雑かつシンプルで、そこがショパンの世界に通じると、指摘しています。そういうわけで、ショパン好きにとっては、詩は身近な世界(の割には私はあんまり詩に接する機会はないのですが…)。

前置きはこれぐらいにして、今回は、さくらももこさんの詩集『まるむし帳』から、私が心惹かれる詩を3編ご紹介したいと思います。

1つ目は『有無』という詩です。

無の状態は
真白なのか
真黒なのか
白なら白が在り
黒なら黒が在り
両方とも違うのなら
無が在り
何も無いのに
無いことが在ることになる


「有」と「無」についての哲学的な詩ですね。「無」と「有」の対比、「白」と「黒」の対比が印象的で素敵です。ピアノ好き、音楽好きとしては、「白と黒」から鍵盤を連想し、「有と無」からは「休符も音楽」ということも連想してしまいます。

2つ目は『ひとときの何人』という詩です。

1秒前のわたしを取り出すには
0.1秒前のわたしも
0.01秒前のわたしも
0.001秒前のわたしも
0.0001秒前のわたしも
0.00001秒前のわたしも
何人も何人も何人も何人も
必要だよ。
一瞬は永遠を内包しているね。
永遠は まばたきなのかな。


一瞬と永遠、極小と無限大は表裏一体ということでしょうか。これまた哲学的な世界ですね。
そして、繰り返しによるリズム感が素敵です。0.1秒から0.0001秒まで積み重ねていくあたり、モーツァルトが手紙でよくやっているような言葉遊びも連想します。

3つ目は『かなしい子供』という詩です。

いつか別れる悲しさが
出会ったときに
生まれる子供。

その人のことが
大好きになればなるほど
その子は大きくなってゆくよ。

その子を
置き去りにして
一番早くに
行ってしまいたいと
ときどき思う
わたしは弱い母親です。


別れに対する不安を子供に、その不安が大きくなっていくのを子供の成長に例えているわけですね。敢えて子供の成長という喜ばしいものに例えることによる対比が、強い印象を与えて効果を上げているような気がします。
この詩の気持ちは、とてもよく分かります。私も「別れ」というのはすごく苦手です(>_<) ショパンの『別れの曲』は、曲自体は好きなのに、そのタイトルゆえに弾くのがためらわれます。しかも、ショパン本人が付けたタイトルではないにもかかわらず、曲調とタイトルがあまりにもマッチし過ぎているので、なかなか練習する気になれません(´;ω;`) ←どんだけ”別れ恐怖症”なんだろう??この点、ベートーヴェンの『告別ソナタ』は、同じようなタイトルでも全然違いますね!第1楽章が「告別」、第2楽章が「不在」、第3楽章が「再会」を表しているので、前向きな気分になれます(*^▽^*) いや、優劣の問題でもなく、好き嫌いの問題でもなく、単に気分の問題です。

この詩集は、作者が20代の頃の作品だそうです。
あらためて凄いなぁと思いながら読んでいます。


にほんブログ村

* Category : その他の書籍

Tag: さくらももこ まるむし帳 | Comment-open▼ * Comment : (2)

作曲者の手を離れるとき * by 名無しさん
こんにちは、まだお邪魔します。
前回はコメントのお返事、ありがとうございました。
今回は、意味の深い素敵な詩のご紹介、ありがとうございます。

よく作品は芸術家にとって子供のようなものだと言われますが、
文学や美術と違って
音楽の場合は、作曲者自身が演奏しないことが多いので、
演奏者によって、どれくらい曲が異なってしまうことか・・・
作曲者はどういう気持ちで聞くのでしょうね。
時々自分のピアノがあまりにも拙くて
作曲者に申し訳ないと思うこともあるのですが・・・

いろいろな解釈、完璧でなくでも何とか音符を押さえることも許される音楽は
それだけの可能性を秘めたすばらしいものなのでしょうね。

いろいろと考えさせられた記事でした。
ありがとうございました。

Re: 作曲者の手を離れるとき * by Nekoushi
名無しさま、コメントありがとうございます(^^♪

> 今回は、意味の深い素敵な詩のご紹介、ありがとうございます。

そうおっしゃっていただけると、とても嬉しいです。

> 文学や美術と違って
> 音楽の場合は、作曲者自身が演奏しないことが多いので、
> 演奏者によって、どれくらい曲が異なってしまうことか・・・

音楽も何かを表現しているものなので、何を表現しているのか考えなければいけないですが、音はとても抽象的な存在なので、言葉や画などより解釈の幅が広いのでしょうね。奏法とか音楽形式とか、縛りはあるにせよ…。
それでも作曲者の意図にできるだけ迫りたいと頑張って取り組むことに意義があるし醍醐味があるのだと思います。

音を追うだけで必死で、そこまで到達できないのが残念ですが、

> いろいろな解釈、完璧でなくでも何とか音符を押さえることも許される音楽は
> それだけの可能性を秘めたすばらしいものなのでしょうね。

本当におっしゃる通りだと思います!!
コメントを頂いて、音楽の魅力を再確認できた気がいたします。

読書メモ 『物語 ポーランドの歴史』

そういえば、今までショパンの祖国ポーランドの歴史の本をまともに読んだことなかったなぁ、と気づいて、『物語 ポーランドの歴史』(渡辺克義、中公新書)という本を読んでみました。例によって横着して、帯に書いてある「あらすじ」を引用しておきますと…。十世紀に産声をあげたポーランド王国は、十四~十六世紀に隆盛を極めるが、王朝断絶後、衰退に向かう。十八世紀、ロシア・プロイセン・オーストリアによる分割で国家は消滅...

続きを読む

そういえば、今までショパンの祖国ポーランドの歴史の本をまともに読んだことなかったなぁ、と気づいて、『物語 ポーランドの歴史』(渡辺克義、中公新書)という本を読んでみました。

例によって横着して、帯に書いてある「あらすじ」を引用しておきますと…。

十世紀に産声をあげたポーランド王国は、十四~十六世紀に隆盛を極めるが、王朝断絶後、衰退に向かう。十八世紀、ロシア・プロイセン・オーストリアによる分割で国家は消滅。第一次大戦後に束の間の独立を勝ち取るも、第二次大戦中にはドイツとソ連に再び国土を蹂躙された。冷戦下の社会主義時代を経て1989年に民主化を達成。潜在力を秘めた地域大国は今、どこへ向かうのか。栄光と悲運に彩られた国と民族の歴史。



あまりにもよくまとまったあらすじなので、付け加えることないぞ?笑
って、それじゃ記事にする意味がないので、私のメモも一応書いておきます。

ポーランドは、実は中世の「大国」
世界史の授業で、ヨーロッパの昔の国について「え?これは今のどの国よ?」と苦労させられた記憶があるのではないかと思います。それを考えると、ヨーロッパで、10世紀に既に、現在に残る名前で王国として存在していたことは、すごいことです!
後でポーランド分割の当事国の一つとなるプロイセンなんかも、ポーランドに服従していた時期があるのは、感慨深いです。

・選挙で国王を選んでいたことがある
1573年ぐらいから「選挙王制」というのが始まったらしい。
選挙といったって、もちろん国民が選挙するわけではなく、貴族がしかるべき血統の候補者を国王に選ぶのですが、中小貴族に選挙権があったのは何とも民主的。ただ、かえって国の力を弱める原因にもなったみたい。あらすじに「王朝断絶後、衰退に向かう」と書いてあるのは、そういうことです。

・歴史から2度消滅してる
一回目は、ロシア・プロイセン・オーストリアによる3回にわたる分割(という名の山分けΣ(゚д゚lll)!!)で、1795年にポーランドは消滅します。ショパンが生まれた頃には、既にポーランドという名前の国は無かったのですよね。ロシアとプロイセンはともかく、オーストリアは音楽の都だし、ポーランドはショパンの祖国だし、音楽好きには泣きたい状況です(^^;; オーストリアのマリア・テレジア女帝はポーランド分割に反対だったのに、息子が強行してしまったのですね。で、ポーランドの独立を回復しようとして民衆が蜂起したけどロシア軍に鎮圧されてしまった時に、国外にいたショパンが故郷を思って作曲したと言われているのが、有名な『革命のエチュード』のエピソードです。出来過ぎた話なので、私はエピソードの真偽を若干疑っているのですが、ショパンの複雑な心情は察して余りあります。
結局、何と1918年の第一次大戦終結までポーランドは姿かたちがなかった。約120年も!!そして、やっと復活したのに、1939年にナチスドイツの侵略で、再び消滅してしまいます(>_<) 次に登場するのは1945年に第二次大戦が終わってからです。

・パデレフスキは首相だった!
1919年の1月から11月まで、ごく短期間ですが、120年ぶりに復活したポーランドの首相を、かのパデレフスキが務めています。
パデレフスキ版で有名なパデレフスキです!エキエル版よりパデレフスキ版の方がありがたいような気がしてきました(笑)←なんで??
この本には載っていませんでしたが、パデレフスキは、第二次大戦の時のポーランド亡命政府でも象徴的役割を果たしていたようです。

ポーランドの歴史自体には興味がわいたのだけど、この本の出来自体は微妙かな~~
「物語」とタイトルにある割には、教科書的な書き方であんまり面白くない(笑)
あと、120年間も地図から消えてたので仕方ないとはいえ、第二次世界大戦以降が多過ぎて(ページ数で半分以上!)内容が偏ってる気がしました。私はショパン以前の時代のことが知りたいのに…。他の本も読んでみようかなと思います。ショパン好きとしては、ポーランドの歴史をもっと知っておきたいですから。

* Category : その他の書籍

Tag: ポーランド | Comment-open▼ * Comment : (0)

読書メモ『マリー・アントワネットとマリア・テレジア 秘密の往復書簡』

1月ぐらいから「気になる本候補」に入っていた『マリー・アントワネットとマリア・テレジア 秘密の往復書簡』 (パウル・クリストフ 編‎、 藤川芳朗訳、岩波人文書セレクション) を、数か月かかって、やっと読み終わりました。そして、読書メモコーナーで取り上げる、記念すべき初の音楽書以外の書籍です!内容は、書名そのまんまで、マリー・アントワネットと母上マリア・テレジア女帝がやり取りした手紙を集めたものです。1770年...

続きを読む

1月ぐらいから「気になる本候補」に入っていた『マリー・アントワネットマリア・テレジア 秘密の往復書簡』 (パウル・クリストフ 編‎、 藤川芳朗訳、岩波人文書セレクション) を、数か月かかって、やっと読み終わりました。そして、読書メモコーナーで取り上げる、記念すべき初の音楽書以外の書籍です!

内容は、書名そのまんまで、マリー・アントワネットと母上マリア・テレジア女帝がやり取りした手紙を集めたものです。1770年にアントワネットさんがハプスブルク家からフランス王太子ルイ16世に嫁いでから、1780年にマリア・テレジアが亡くなるまで、10年間にわたって実に約170通!!

それまで敵対していたフランスとハプスブルク帝国を結びつけるための政略結婚ですから、普通の母子の手紙のやり取りとはワケが違います。テレジアさんは、駐仏オーストリア大使メルシーをアントワネットさんの監視役(というかスパイ)にして、色々報告させて、それに基づいて説教したりアドバイスしたりしています。「人事に介入するな」とか「もっと勉強しなさい」とか「いい加減に遊びはやめなさい」とか「乗馬は控えなさい」とか…。乗馬を控えるというのは、流産しないようにということです。昔のヨーロッパの王侯貴族の夫人は、意外と懐妊に気づかずに乗馬して流産してしまう例が多かったようです。
賭け事をしてはいけませんという説教で「私も熱中したことがありますが、損するばかりでいいことありません」なんて内容のことを書いているのは、思わず笑ってしまいました。あ、血は争えないのか、と…(笑)

テレジアさんの手紙で辛辣なのは、例えば下記の2つのような調子です。
「あなたの美しさ、それは実際にはさほどのものではありません、それにあなたの才能や知識(そんなものが存在しないことはご存知でしょう)、これらによってあなたはみんなの敬愛を得てきたわけではありません。それはひとえにあなたのやさしさと率直さと心遣いによるものであり、しかもあなたがたいそう健全な感覚でもってそうした持ち味を発揮してきたからなのです」
「あなたの幸せは一変するかもしれず、あなたは自分の至らなさのためにこの上ない不幸に陥るかもしれないのです。それはこれまで恐るべき享楽欲に身をまかせ、王妃として身を入れてするべきことに時間を割かなかった結果です」

テレジアさんとしては、ハプスブルク帝国の命運と娘の幸せを願って必死なわけです。
アントワネットさんの方は、母上のお説教にたいして「いや、そういう噂が流れてますが根拠のないことです」的な言い訳をしたりするのですが、優秀なスパイ(!)メルシー伯爵が逐一報告しているから、嘘はあっさりバレてしまう(^^;; 
でも、アントワネットさんって、勉強嫌いなだけで頭が悪いわけではないという印象を受けました。外交とか戦争上の出来事の意味をきちんと理解した内容の手紙を書いていたりもします。後年の革命裁判の尋問での切り返しでも、頭の回転めっちゃ速かったし…。

もちろん、テレジアさんは厳しいだけではなく、愛情にあふれた手紙も沢山書いています。ただ、何事にも優秀な母と、ちょっと危なっかしい娘の、すれ違いがやはり一番印象に残ります。両者それぞれのやり方で、なんとかギャップを埋めようと必死に見えるのですが、そこがまた人間らしくていい。
読むのにかなり時間がかかりましたが、読み応えがありました。読み応えあり過ぎて疲れましたが…(笑)

それから、面白かったのが、あとがきに書いてあったのですが、西洋人は書簡集をあくまで史料として客観的に読み、日本人みたいに感情移入しながら読まないらしいです。ちょっと不思議な感覚です。
手紙つながりで、次はアマデウスの書簡集を読んでみたくなりました。断片的にしか読んだことないので。

* Category : その他の書籍

Tag: マリー・アントワネット マリア・テレジア ハプスブルク家 ハプスブルク帝国 | Comment-open▼ * Comment : (2)

NoTitle * by ねこぴあの
これはとても興味深い記事でした。
ベルばら世代なので大人になってからネットであれこれ検索して当時のことを調べたりしたこともあります。このような記録があったのですね。

>西洋人は書簡集をあくまで史料として客観的に読み、日本人みたいに感情移入しながら読まないらしいです。ちょっと不思議な感覚です。

驚きました。そうなんですね~。

マリアテレジアさんの辛辣な言葉、すごいですね・・・・あまりにも的を得ているというか・・・娘の長所も短所も今後の予測もすべてお見通しだったのですね。

アマデウスの書簡集も面白そうです。
あの映画は史実に基づくものなのか?実際はどうだったのか?とても興味があります。
自分では絶対に読まないと思いますが(笑)、Nekoushiさんが記事にしたら必ず読みます!(笑)

To:ねこぴあのさん * by Nekoushi
ねこぴあのさん、コメントありがとうございます~~
想定読者の1人は、ねこぴあのさんだったので、興味を持っていただけて、とても嬉しいです。

> ベルばら世代なので大人になってからネットであれこれ検索して当時のことを調べたりしたこともあります。このような記録があったのですね。

昔から、マリー・アントワネット関連の最重要史料ですね。
池田理代子さんも、かなりお世話になったらしく、この本に推薦コメントを書いてます。

> マリアテレジアさんの辛辣な言葉、すごいですね・・・・あまりにも的を得ているというか・・・娘の長所も短所も今後の予測もすべてお見通しだったのですね。

母上恐るべし!!です(^^;;
マリアテレジアさんは、頭いいし、政治・外交の手腕は凄いし、若い頃はものすごい美人だし、16人の子沢山だし…。
こんな優秀な母の娘って、大変でしょうね~

アマデウスの書簡集は、いつかしっかり読みたいです(*^▽^*)
記事にしたら、読んでやってくださいね。