FC2ブログ

シフの本『静寂から音楽が生まれる』―読み応えあり過ぎてヘビーです\(◎o◎)/!

シフ『静寂から音楽が生まれる』

アンドラーシュ・シフの『静寂から音楽が生まれる』(岡田安樹浩訳、春秋社)を読んでます。ピアノでバッハといえばシフ!!のシフ先生の待望の本、不覚にも昨年の9月に出ていたことに今頃気づきました。帯に並んでいるキャッチコピーも煽る煽る(笑)。 「思索する音楽家 芸術の核心へ」、「巨匠の素顔に迫る対話とエッセイ」、「現代最高のピアニスト、アンドラーシュ・シフの肖像」と…。400ページを超える大作で、第1部は『音楽と人生』と題するマーティン・マイアー(ジャーナリスト)との対話、第2部は『ピアニストは考える』と題するエッセイ集です。

音楽の本質から、解釈、演奏、作曲家の位置づけ、自身の生い立ち、社会に至るまで内容豊富で読み応えがあり過ぎて、いつものような読書メモにまとめられないです\(◎o◎)/! 気になったポイントを、ごくごくかいつまんで羅列してみます。

・本のタイトル『静寂から音楽が生まれる』について。これは冒頭の部分で音楽の本質について語っている言葉からとられています。ぐっと引き込まれます。なんと素敵な表現なのでしょう。

はじめに静寂があり、静寂から音楽が生まれます。そして、音響と構造からなる実にさまざまな現在進行形の奇跡が起こります。その後、ふたたび静寂が戻ってきます。つまり、音楽は静寂を前提としているのです。


・バッハの音楽に厳格ではなく自由を感じる。

バッハを弾くと、いつも解き放たれたような気持になりました。よく言われているバッハの厳格さは錯覚だと分かったのです。(中略) バッハを弾くことによって自分の考えを表明できたのですから!私の師であるジョージ・マルコムは、この自由を後押ししてくれました。要するに、バッハのフーガは10の異なるテンポで演奏することができて、たいていは感銘を与えるものになる。ということです。ショパンは、ほとんど自由が許されません。ロマン派の作曲家というだけで、ショパンを好き勝手に扱ってよいと思っているなら、その人は間違っています。なんという間違いでしょう!取るに足らないような誇張さえも悪趣味になりえるのです。私はむしろ、バッハのほうに水を得た魚のような感覚を覚えるのです。


これはバッハを弾くときの励みになります(*´▽`*)

・バッハでペダル使うな!!←シフ先生の口癖の一つですね
(ひぃっ、ゴメンナサイですΣ( ̄ロ ̄lll)!! でも、お言葉を返すようですが、手が小さい人にはペダル無しではいかんともしがたい箇所があるのです(^^;;)

・バッハとベートーヴェンが二つの最高峰(シフの中では)。

(ベートーヴェンは)評価してもし過ぎるということはないでしょう。最近、私はベートーヴェンをモーツァルトよりも上位に置いています。というのは、ベートーヴェンは人間の存在にかかわるもっとも重要な部分に触れているからです。彼の偉大な作品群に、バッハと同じような超自然的な何か、宇宙的な何かを感じるのです。


・実はシューベルトをかなり愛している。シューベルトのソナタのチクルスを初めて実施したピアニストらしい。シューマンとブラームスにも関心あり。

・音楽のビジネス化、グローバリゼーション、聴衆の質の低下、批評家の質の低下、コンクールがあふれかえっていることに危惧を抱いている。(というか、怒りを覚えている感じを受けた)

・メンデルスゾーンを高く評価していて、過小評価されていることに反発している。

私は、メンデルスゾーンのイメージが悪意によって歪められていると確信しています。加えて、誤った先入観やひどい偏見がはびこり、しばしば誤解へ導いています。彼が生涯にわたって生み出した作品は、彼の信じ難いほどの才能を証明しており、もっとずっと高く評価されて然るべきですし、もっと深い愛情をもって愛好されるべきです。
(中略)
加えて、彼には作曲以外にも非常に重要な功績があることを忘れてはいけません。1829年3月11日は音楽の歴史における一大記念日です。この日、バッハの《マタイ受難曲》がメンデルスゾーンの指揮によってベルリンで蘇演されたのです。この記憶に残る事件は、バッハ・ルネサンスの端緒に他なりません。(他に、シューベルトの『大ハ長調交響曲』の初演、シューマン、ショパン、ベルリオーズ、リストなどを積極的に支持し普及させたことも挙げている) つまりメンデルスゾーンは、古い財産の保護者であると同時に、新しい様式の行く先の案内人でもあったのです。


・メンデルスゾーンが否定・非難されていることの理由について。

多くの人は、真の芸術は不安と悲しみの経験の上にしか成立しないと誤認する傾向にあります。(中略)
(悲劇的な)運命に、私たち「善良な人」は哀れみの気持ちを覚え、感情移入します。悲劇が偉大なことの必須条件であるかのように、私たちに信じ込ませるのです。対して、メンデルスゾーンは惜しまれもしなければ、悲しまれもしていません。彼には才能があり、成功していて、裕福な市民階級という出自で幸福だったことが、逆にすさまじい嫉妬心をかき立てているのです。


もう一つの大きな理由として、シフは、メンデルスゾーンがユダヤ人だったことと、歴史的に根深い反ユダヤ主義の差別を挙げて、感情を露わにして反感と非難を表しています。実はシフ自身がユダヤ人の出身で、祖国ハンガリーでは差別に遭っていたという背景があるのです。

・圧政や強権支配への強い拒否感

シフが生まれた時のハンガリーは、共産主義の酷い強権支配。それに、上記のようにユダヤ人差別もある。そういうわけで、自由とか民主主義が損なわれること、強権支配が台頭することの兆しに物凄く敏感です。読んでいて、何の本を読んでいるんだっけ??と思わされた箇所も少なくありません。極右の出現とか、イギリスがEUから抜けること、アメリカでトランプ大統領が当選したことなどへの懸念が書かれていたりします。シフ先生の一筋縄ではいかないパーソナリティ(公開レッスンなどでの毒のあるユーモア連発とか…)は複雑な人生を歩んできたことが背景にあることがよく分かります。

全体的な印象としては、音楽や芸術についてのシフ先生の驚異的な深い洞察に接することができると同時に、どうしても生い立ちに由来するパーソナリティの複雑さの方がより強く印象に残ってしまう感じがしました。ん~、でも、それがシフの芸術を形作っているのだから、分けて考えることは出来ないんですよね。読み応えあるのですが、正直言って、けっこう戸惑います。タイトルに「ヘビーです\(◎o◎)/!」と入れたのはそういうことです。

ともあれ、ディープなシフ・ワールド。400ページもあるし、いいお値段ですが、シフに関心のある方にはおススメです(^_^)/


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : アンドラーシュ・シフ,静寂から音楽が生まれる,

『モーツァルトの手紙』にハマり中!!

最近読んでいる本の一つは『モーツァルトの手紙』(岩波文庫版)です。旅先から父や姉に宛てたたわいもない話が中心ですが、おふざけやお下品な話、そして、時には真面目な話が入り混じっていて、何度読んでも飽きません。今回は、少年モーツァルトの面白いおふざけと、年に全く似合わない達観を一つずつご紹介します。

まず、面白いおふざけのほうから。

『モーツァルトの手紙』(岩波文庫版 No.19)

これは、ミラノから姉(在ザルツブルク)に宛てた、1772年12月18日付けの手紙です。拡大して見ていただけると分かると思うのですが、1行ずつ上下反転しています。岩波が誤植をやらかしたというわけではなく(笑)、元の手紙の書き方を無理やり日本語に適用してみたらこうなったというわけです。ヨーロッパ言語はアルファベットで左から右に綴るものですが、古代のギリシャ語では、左から右に行って紙の端に行くと、普通に改行するのではなく、次の行は折り返してくるという書法があったそうです。ブストロフェドンと呼ぶらしい。いや、読みづら過ぎです(^^;; あっ、そういえば、これを見ていると鏡像フーガ(反転しているフーガ)を思い出します。モーツァルトもそれを意識したのでしょうか…??

次は、少年とは思えない達観です。ボローニャから母と姉に宛てた1770年9月29日付けの手紙です。

(前略)かわいそうにマルタ嬢の病気がそんなに長くつづいて、じっと我慢をしていなければならないのは、本当に気の毒です。神さまのお助けで早く元気になってくれたらと思います。そうでなくても、あまり悲しんではいけないのでしょう。神さまの思し召しがいつもいちばんいいのですから。この世にいるのがいいか、あの世にいるのがいいかは、神さまの方がきっとよくご存じでしょう。(後略)


1770年というと、モーツァルトは1756年生まれなので14歳です。いくらキリスト教が生活にしっかりと結びついていた時代とはいえ、この文章は衝撃的です\(◎o◎)/! 同じ人が、目も当てられないようなお下品な手紙を書いたりするので、その振れ幅にさらにビックリさせられます。文章から受けるモーツァルトのイメージは、お遊びもするけれど根底はすごく真剣という感じ。両極端を備えているところが魅力ですね。音楽では、真摯な面が強く表れている気がします。

今読んでいる前半部分では、他にも、クラヴィーアの奏法について興味深い示唆もあったりするのですが、それは機会があれば別に書きたいと思います。書き忘れなければ…(^^;;


にほんブログ村

tag : モーツァルト,モーツァルトの手紙,

礒山雅先生のコンパクトなバッハ入門書 『J・S・バッハ』が楽しい♪♪

大バッハ様に反抗期かも?と言いながら、このところバッハに関する記事ばっかりなのは、どういう訳でしょう。あっ、あれだ。「愛の反対は嫌いではなく無関心」ってやつ(笑)。これだけ関心があるのですから、やはり大バッハ様のことは好きみたい。何だかオカシイ前置きになってしまいましたけれど、今、『J・S・バッハ』(礒山雅著、講談社現代新書)を読んでいます。

『J・S・バッハ』(礒山雅)

Amazonから届いてビックリ。帯に、のだめ&千秋のイラスト入りで、「『のだめカンタービレ』でクラシックにハマった人へ 超越する楽聖 バッハ入門の決定版」というキャッチコピーが書いてあります。

さて、この本は、日本のバッハ研究の第一人者の一人であった礒山先生(2018年に惜しくも逝去された)が1990年に出されたもので、バッハの音楽性、哲学、そして、一族や人となりについての話がコンパクトにギュッと詰まっています。のだめイラストの帯のキャッチコピーがピッタリ当てはまってます。今回の記事では、気になったポイントやエピソードを、思いつくままにピックアップしてみます。

【一族・人物像関連】
・「初代」ヴィートス・バッハは、ハンガリーからドイツに移ってきた音楽好きでツィターを愛奏するパン職人だったらしい。その後、音楽職人一族に。
・バッハ一族のネットワークは凄かった!!情報網をめぐらせて、一族の就職にコネを発揮したり、作品を融通しあったり…笑
・大バッハの性格は、イメージ通り、勤勉・実直・頑固。そして、倹約家。というか、ドケチ(笑)。楽譜の紙がもったいないとか言って、ぎゅうぎゅう詰めに書いたりしてたそう。自筆譜を研究する人にとっては堪らないですね。
・「蛍雪の功」みたいな「月下の写し」というエピソードがある。バッハの兄が楽譜集を貸してくれないというので、夜にこっそり盗み出して月の光を頼りに筆写し、完成したと思ったら兄に没収されてしまった!!音楽が身についたのは間違いないでしょうけど、この話のオチはちょっと後味悪い(^^;;
・厳しく指導し過ぎて合唱団の恨みを買い、団員の一人に殴り掛かられたところ、剣で応戦して乱闘になりかけた(^^;; 意外とワイルドな一面も…。
・当時女人禁制だった教会のオルガン席にご婦人を立ち入らせて歌わせて、大問題になった。立ち入らせたのが許嫁(またはその姉)だったところが、奔放さだけではなく節度も感じさせます。これが女人については節度の欠片もないアマデウスだったら…笑
・大バッハ様は学歴コンプレックスだった。ちょうど学歴が重視され始める時代に当たっていて、大学を出ていないことが就職の上で何かと不便だったようです。それで、息子たちを必死になって大学に入学させた。現代の普通のパパと全く同じだわ~~。「お父さんは大学行かなかったせいで苦労したので、君たちにはそういう苦労をしてもらいたくないから、ちゃんと大学に行きなさい」と。思わず親しみ湧きまくりです(笑)。
・でも、息子たちは偉大なる大バッハ様にコンプレックス。そりゃそうだ。博打かなんかで身を持ち崩して早死にしてしまった息子までいるそうです。立派過ぎる親のもとに生まれた子供は大変です。特に、父と息子だったらそうでしょう。お察しします。とはいえ、独自の境地を開拓したC.P.Eバッハや、モーツァルトにも影響を与えたJ.Cバッハもいるのは立派です。

【バッハの音楽性】
 大バッハの音楽は、ホモフォニー(旋律+伴奏のスタイル)が台頭してきて時代遅れとなりかけていたポリフォニー(フーガに代表される複旋律)にこだわったことが最大の特徴です。このことの意味については、長くなりますが著者の言葉を引用しておきましょう。

 ホモフォニーの音楽は、作曲者が書法の差別化を通じて、聴き方を誘導している。どれが主旋律であるか、どこが形式の区切りであるかはおおむね明瞭にされていて、聴き手は受け身にそれをたどってゆけば、まずは音楽を正しく聴くことができる。
 これに対して、ポリフォニーはそうではない。(中略)主題の登場に耳をすましてもいいし、紡ぎ出される旋律の進展に注意をこらすこともできる。対旋律に身を委ねることも、また主題と対旋律のそのつど新たな結合を吟味することも、聴き手の自由である。
 要するにポリフォニー音楽は、聴き手に、一層自由なテキストの読みを許容するのである。すぐれたポリフォニーに接しているとき、聴き手はいつしか自由になっている。
 (中略)バッハの自由―日常を超え、多元的価値に向かって開かれた自由―を求めて、クラシックの演奏家からジャズ・ピアニストに至る多くの人々が、今バッハを演奏している。世界が21世紀に向けて模索している人間的な価値は、何より「自由」である。その自由のいわば逆説的な真理を開いてくるところに、バッハの音楽の現代性があると思う。


 それから、バッハと神と人との関係。敬虔なプロテスタントであった大バッハと神の問題は切っても切り離せないものです。神と人についてはどう考えていたのでしょう?これについても引用します。

 要するにバッハは、音楽を、人間同士が同一平面で行うコミュニケーションとは考えていなかったのだと思う。バッハの音楽においては神が究極の聴き手であり、バッハの職人としての良心は、神に向けられていた。(後略)
 神が聴き手だということになれば、音楽は人間の耳を超えることができる。人間の耳にはとらえられぬ隠れた意味を書き込んで、それを信仰のあかしとすることもできる。(中略)バッハは、これによって、人間を軽視したのではなく、おそらく人間の感性を志した。人間を超えたものとの関係においてしか人間は完成しないことを、バッハは知っていたにちがいない。


 後半は、「気になったポイントやエピソードを、思いつくままにピックアップ」以上に気合が入ってしまいましたが、書いているうちにバッハが「音楽の父」と呼ばれる理由が分かったような気がします。バッハは、ポリフォニーが歴史のかなたに流れ去ることを押しとどめ、古いものに新しい命を吹き込み、普遍的な価値を表現したのですから。ベートーヴェンは人類愛を強く表現しましたが、バッハから受け継いだのかもしれませんね。

 本書は、読んで本当によかった!!もっと早く読むべきだった~~。でも、今が出会うべき時だったのでしょう。まだの方にはお勧めします。


にほんブログ村

tag : 礒山雅,バッハ,

無謀曲ならぬ無謀本!!『音楽と文学の対位法』(青柳いづみこ)

前回の記事で触れた無謀曲ならぬ無謀本(笑)、青柳いづみこさんの『音楽と文学の対位法』の読書メモをお届けします~~
読書メモというか、厳密に言うと、読もうと思って玉砕した記録です\(◎o◎)/!

まずは、どういう本か、背表紙に書いてあった概要を紹介しますと、

モーツァルト、シューマン、ショパン、ワーグナー、ラヴェル、ドビュッシー。六人の大作曲家は同時代の文学とどう関り、互いにどう影響し合ったのか。音と言葉を往還するモノ書きピアニストならではの切り口で、名曲誕生の背景に光を当てた比較芸術論。


第1章は、『モーツァルト――カメレオンの音楽』。
この章は、何が書いてあるかは分かりました。モーツァルトの音楽の気まぐれというか変わり身の速さについてです。明と暗や、深刻さと能天気さ(笑)の間をいきなりワープしてしまうような感じ。私自身「モーツァルトの音楽って、聴くにせよ弾くにせよ、真剣に追いかけて行こうとすると身をかわされる感じがする。モーツァルトの手紙の文章と同じ」と前から密かに思っていたので、この章には納得できました。

第2章は、『シューマンとホフマンの「クライスレリアーナ」』。
シューマンと言えば、E.T.A ホフマンです。この章は王道の取り合わせです。ホフマンは「作曲もする小説家」だし、シューマンは文学に傾倒した音楽家。二人とも音楽評論を書いています。ホフマンの音楽評論集「クライスレリアーナ」にインスピレーションを得てシューマンが『クライスレリアーナ』を作曲したのは有名な話ですね。
シューマンの音楽評論の主役は架空の団体「ダヴィッド同盟」です。男性的、攻撃的人格を表したフロレスタン、女性的、内向的人格を表したオイゼビウス、中庸を守る秩序と規範の象徴ラロ、筆記者のユリウス…。中心となるのはフロレスタンとオイゼビウスで、彼らの架空の会話によって話が進むのです。「ダヴィッド同盟」はシューマンの音楽の世界にも進出して(ダヴィッド同盟舞曲集とか…)、まさにこの本のタイトル通り「音楽と文学の対位法」を織りなしています。
で、ふと気づいたのが、私のレッスン記みたいだな、と(笑) 架空の先生と生徒がレッスンを進めてる。シューマンに関心を持ってしまうのも当然かも、と妙に納得が行きました。

第3章は、『ショパンとハイネ』。
前半は画家のドラクロワなんかがメインで、ショパンとジョルジュ・サンドの話を展開していたりして、主題はどこ?的な状態です(笑) 中盤以降、ショパンと並ぶ主役は、ドイツの抒情詩人ハインリッヒ・ハイネ。名前は聞いたことある気がするけど作品を読んだ記憶はありません。ハイネを登場させた、いづみこ先生の意図は「反ロマン主義」という共通点に着目したということらしいです。
ハイネは『フランスの舞台芸術について』という本の中で、ショパンについて、

彼はヴィルトゥオーゾであるばかりか、詩人でもあります。自分の魂のなかに生きるポエジー(詩情)を具現化することができるのです。彼は音の詩人であり、…、もはやポーランド人でもドイツ人でもないのです。もっと高貴な出であることが分かります。私たちは、ショパンモーツァルト、ラファエロ、ゲーテと同じ国の出であること、彼の祖国がポエジーの夢の国であることに気づくのです。


と、書いているそうです。そして、いづみこさんによれば、音楽はポエジーを感性に直接働きかけることができるのでドイツ・ロマン派の詩人にとって憧れの的だったらしい。詩は言葉を介して働きかけるので、言葉が持つ冷静に思考する理性というくびきを外しにくいのに対して、音楽はそういう回り道から解放されているから素晴らしい、ということです。言葉は思想を明確に定義してしまうが、音楽はそうではない、というような表現もしています。ショパンの時代はロマン派が台頭してきて、音楽を文学的に作ったり解釈したりする風潮が高まってきます。ショパンはこうした傾向に反対で、標題なんてもってのほか!!なのです。音楽はせっかくポエジーを直接感性に届けられるのに、それを文学にかぶれて言葉を介して遠回りするとは何事か(←いづみこ先生の文を意訳するとこんな感じで間違いないはず)とショパンは思っただろうなぁということです。
このショパンに関する章も、なるほど!!と思いました。そういえば、なかみっちゃんも音楽と言葉について「音楽は不完全な伝達手段だからこそ、意味が一つに固定されていなくて素晴らしい」的なことを言っていた記憶があります。

第4章は、『ワーグナーと倒錯のエロス』。
いや、正直言って何書いてあるのか全然分からなかったです(笑)
途中で放棄して次の章に進みました(^^;;

第5章は、『ラヴェルとレーモン・ルーセル』。
私にはイマイチよく分からないラヴェルの世界を理解する手掛かりになるかな?と淡い期待をして読んでみたのですけど、やっぱり分からなかったです(*_*; ラヴェルさん、聴いている分には素敵なのですが、弾こうという気は今のところほとんど皆無です。よく分からないまま次の章に進みます。

第6章は、『ランボーの手、ドビュッシーの手』。
いづみこ先生の専門、ドビュッシーの登場です(ラヴェルもご専門ですが)。ドビュッシーの音楽学生時代の話が面白かったです。ドビュッシーは、即興の名手ではあったのだけど、手が不器用でピアノ科の成績は散々(特にベートーヴェンが苦手らしい)、和声学も禁則(平行4度、平行5度、平行8度)を犯しまくって、これまた落第生。作曲では何とかコンクールの大賞をとれたものの「不明瞭な調性、適正音域や音色をほとんど無視して書かれた声部やいくつかの混乱がある」と批判が新聞に載ったらしいです(^^;; 25年ぐらい前のリアルのレッスンで初めてドビュッシーの曲がレッスン曲候補に挙がった時に私が感じたことを正確な文章にすると、まさしくその批評の通りのことを感じていたような気がします。先生に「あんまり気乗りしない感じね~~」と言われてお蔵入りしました。でも、そういうところこそ、ドビュッシーの魅力なんですけどね。
いづみこさんは、

いくら突飛な和声で人々を驚かせても、ドビュッシーには、自分の音楽言語は常に有機的で、人を楽しませる美、感じ取ることのできる美の範疇を越えないという認識があった。実際に、ドビュッシーの和声言語は、十三の和音のように革新的なものでも広義の自然倍音列のなかにおさまっている。有機的な語法にとどまりながら「可能なかぎり遠くに行く」のがドビュッシーの目的で、…


と、書いています。音楽は美しくなければならないということですね。これはモーツァルトの精神と同じです。ワーグナーとラヴェルの章を飛ばしてしまいましたが、これで何とか「対位法」が繋がった気がします(≧▽≦)

無謀本の読書、とても骨が折れましたけど、それに、全部は読めませんでしたが、でもそれなりに楽しかったです~~(^^♪


にほんブログ村

tag : 青柳いづみこ,音楽と文学の対位法,モーツァルト,ショパン,ドビュッシー,

ピアノ愛好家必携!!『ピアニストは指先で考える』を読みました

最近、青柳いづみこさんの本がマイブームです。1か月ぐらい前には、いづみこさんの『指先から感じるドビュッシー』を紹介する記事を書いています。今回はエッセイ集『ピアニストは指先で考える』(中公文庫)です。あまりの面白さに、350ページぐらいの本ですけど、2日で読み終わってしまいました(≧▽≦)

この本は、ムジカノーヴァ誌などに連載されていた記事をまとめたもので、裏表紙に書いてあるあらすじによりますと、

親指、爪、眼、足…。身体のわずかな感覚の違いを活かして、ピアニストは驚くほど多彩な音楽を奏でる。そこにはどのような秘密があるのか?鋭敏な感覚を身に着けるにはどうすればよいのか?モノ書きピアニストとして活躍する著者が綴る、ピアニストの身体感覚とは。



内容が豊富過ぎて、全容をご紹介するのは無理ですので、特に印象に残った話をピックアップしてみます。

1つ目は、「楽譜に忠実」の意味するところについて。作曲家の矢代秋雄さんの次の言葉を引用することで、その真の意味を教えてくれています。

『楽譜に忠実』ということは、現代的センスを備えた演奏家の第一の美徳である。が、ほっておくと、楽譜に書いてないこと、すなわち楽譜に書ききれないことについては、何ら考えずに素通りしてしまう演奏家が多い昨今ではある。私が望むよい演奏とは、私が楽譜に書ききれなかったことを推察し、見出し、解釈し、具体的に示してくれるようなものを指すのである


ここ読んだ時、凄い!!と感動しました。

2つ目は、演奏の解釈をめぐって、先生の言うことを素直に聞くかどうかという話。これについて、いづみこさんによると、日本の生徒は先生の言うことを素直に聞き過ぎるとよく言われ、欧米の学生は自説を臆することなく先生にぶつけて議論するとか言われるけど、実は海外のピアニストも意外と先生の言うことを素直に聞いているとか。ドビュッシーの全曲録音をした海外のピアニストたちに「この部分はどうしてこのように解釈したの?」と聞いてみたら「先生にそう教わった」という答えが一番多かったそうです(笑) 

クラシックの演奏は伝承芸能的な面があるので、お師匠さんに伝えられたことを身体に覚え込ませて後進に伝えていくものだし、ピアノみたいに大変な楽器は、ある程度素直でききわけのよい生徒じゃないと、厳しい練習にも耐えられないかも、と分析しておられます。余談ながら、教わったことをしっかり体得する中から自然と個性や独自の解釈が生まれてくるのであって、無理して個性を出そうとするのは本末転倒だと、私は密かに思ってました。
で、素敵なのはこの先。いづみこさんは

他の作曲家については同じような状態だが、ドビュッシーとラヴェルだけは、いくらか研究したので自分なりの解釈を持っている。というより、先生がおっしゃったことや世間一般で常識と思われていることと自分の直感が食い違っていたので、それを証明したいと思って研究をはじめたようなところがある


と書いています。何とカッコイイ!!

3つ目は暗譜に関する話です。いづみこさんは初見は得意だけど暗譜は苦手なタイプらしく、できれば暗譜したくなさそうな書きぶりです。

現在ではソリストが譜面を見て弾くとびっくりするが、1840年代ごろは、巨匠の作品を楽譜なしで弾くのは「その人の芸術に敬意を払っていない」とされ、むしろ批判の対象になった


らしいです。暗譜できない私としては、とても勇気づけられます!!これからは、「私は作曲家に敬意を払っているので暗譜しません」と豪語することにしましょう。できないのとしないのは全然違うことですけど、その辺は気にしないということで…。

最後は、ピアノとか芸術に全く関係ない、部屋の散らかり具合の話です(^^;;

モノ書きの部屋、というのは、散らかっていていいことになっているらしい。(中略)
かくいう私のモノ書き部屋も、すごい。パソコンのまわりは、本やCDの他にも、指輪に腕時計、EMSベルトに電池、目薬に水虫の薬、リップクリームに爪切り、歯ブラシに耳かき、お茶のコップにチューハイの空き缶…・


なんて、書いてあります。いやあ、どこまでが実話でどこまでがネタなのか分からないけど、これはヒドイ!!笑 ま、高尚な話とこんな話が入り混じっているところが、この本の魅力の一つでもあります。

もちろん、テクニック的なヒントも満載です。何と言っても「指先で考える」本ですから。
気になったテクニックや練習法は改めて記事にするかも…。でも、ぜひ実際に手に取って読んでみてください!!『指先から感じるドビュッシー』についても「おススメの本です!!」と書きましたが、話題がさらに豊富で、お値段もお手頃なこの本は、さらにおススメです('◇')ゞ


にほんブログ村

tag : 青柳いづみこ,ピアニストは指先で考える,

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 BWV862 メンデルスゾーン 献呈 幻想即興曲 毎日の練習曲 近藤由貴 ハイドン 調律 平均律第1巻 レンタル練習室 春の歌 Hob.XVI:34 青柳いづみこ アラフィフ肩 ロマンスOp.28-2 ベトソナ22番 ドビュッシー 幻想曲 ブラームス ハノン フランス組曲 ららら♪クラシック ベトソナ10番 グリーグ 無謀曲 BWV858 シューベルト チェルニー30番 五十肩 K.331 四十肩 こんまりメソッド パルティータ インヴェンション 楽譜 ベトソナ 変奏曲 メトロノーム 湯山昭 お菓子の世界 スランプ ベルサイユのばら 選曲会議 エチュード クラビノーバ ベトソナ28番 自分の演奏好き? マリー・アントワネット さくらももこ 調性 練習曲 和声法 グランドピアノ 抒情小曲集 指先から感じるドビュッシー ワルツ マズルカ バラード バラード2番 梅雨 ヨハン・シュトラウス ヴァイオリンソナタ K.457 旅する作曲家たち 「亡命」の音楽文化誌 好きな調 気象病 K.574 バイエル アルマンド 中村紘子 ピアノ椅子 スケール 電子ピアノ 交響曲 部分練習 ウィンナ・ワルツ イリーナ・メジューエワ チャイコフスキー K.334 K.576 ピアニストは指先で考える ドゥシェック クレメンティ 令和 D959 久元祐子 ブルグミュラー 植山けい ソナチネ マリア・テレジア リサイタル スマホ老眼 響ホール 左手のための24の練習曲 無言歌 指マッサージ モシュコフスキー 土田京子 こんまり 展覧会の絵 変イ長調 リズム変奏 ムソルグスキー D960 北九州 理想の先生 選曲 トルコ行進曲 24番練習曲 鷲田清一 高橋多佳子 ルービンシュタイン op.119-2 リシエツキ ピヒト=アクセンフェルト 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.117-1 op.118-2 ワルトシュタイン op.118-5 チェンバロ ピアノ記念日 ヴァイオリン ハプスブルク家 ソナタ ト長調 céleste 間奏曲 キーシン ハプスブルク帝国 カテゴリー ベレゾフスキー 似合いそうな曲 ポルカ ピアノ騒音問題 カデンツ 演奏と喋り方 子供の情景 ツィメルマン パスカル・ドゥヴァイヨン タグ ら抜き言葉 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 半音階的幻想曲とフーガ 書き込み ポロネーズ Hob.XVI:50 マズルカOp.7-1 小ジーグ グランド・ソナタOp.37 オスマン帝国 感情をこめて弾く 20の小練習曲 スマホ 似合う曲 教則本 妄想 メソッド・タリアフェロ 曲名の略称 夜の女王のアリア プチトリアノン 山枡信明 バックハウス D915 ピアニストは面白い 魔笛 全音ピアノピース アルペジオ 行進曲 マーチ 苦手な曲種 左ペダル ウナコルダ ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 クーラウ ランラン グラナドス 全調スケール オーストリア国歌 イギリス国歌 リスト編曲版 整体師 田部京子 半音階地獄 平均律 K.623a クリスマス チェルニー24番 ベトソナ16番 ベトソナ18番 練習崩壊 クリアファイル サンタクロース コピー譜 折々のことば 島村楽器 伊藤恵 トロイメライ クララ・シューマン 宮川彬良 五線紙ノート 田園ソナタ 声部書き分け 上原彩子 川嶋ひろ子 お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 好きな作曲家ランキング 近藤麻理恵 クラシックキャットトートバッグ エルガー 愛の挨拶 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン K.310 アンドラーシュ・シフ 静寂から音楽が生まれる  内田光子 モーツァルトの手紙 K.570 ラフマニノフ 前奏曲 千住真理子 クラシック・エイド K.511 コンサート動画 ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲 18の小品Op.72 巡礼の年報 飛躍 礒山雅 音楽における十字架 ピアノトリオ リピート練習 カウンセリング 新型コロナ マズルカOp.59-2 ペダル リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 ピアノソナタ2番Op.22 エキエル マスタークラス 自分褒め ベアトリーチェ・ヴェネツィ ナイチンゲール 看護師の日 マリア・ジョアン・ピリス 和声法がさくさく理解できる本 イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 諸井三郎 クロスリズム 減7の和音 導音 まるむし帳 アップライト スマホ認知症 音色 タッチ K.412 脱力 D946 ラ・カンパネラ 駅ピアノ 短音階 復習 N響 庄司紗矢香 K.533+494 岩城宏之 哀しみ 楽典 丑三つ時 永遠のショパン プレイエル アルベニス 上田サントミューゼ フランス王妃の受難 ゆっくり弾き 「聴く」ことの力 電子書籍 三瀬高原音楽祭 K.537 K.543 英雄の生涯 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 電子メトロノーム リヒャルト・シュトラウス バトン 幻想曲あるいはカプリス ピアノ愛好者16の質問 m.d m.s. おんぶにだっこ 合奏譜 和声法がぐんぐん身につく本 ヴィルヘルム・ケンプ 伝説 m.g. つるかめ算 トンプソン クラ―マー=ビューロー スタッカート練習 ブログ 貴婦人の乗馬 リズム練習 恋するクラシック 演奏会用練習曲 手ペシ スティリアの女 シュタイヤー舞曲 小プレリュードと小フーガ ダイエット チェルニー50番 ノクターン フォーレ 音楽と文学の対位法 田島令子 ポーランド 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR