Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

Category [ピアノ ] 記事一覧

セルフレッスン第25回 ハイドンのソナタ、かなり勉強になります

梅雨はピアノライフには天敵です。湿気のせいでピアノの音色は落ちてくるし、レンタル練習室に行くのも何だか億劫(>_...

子供時代、先生と親とグランドピアノに操られてた

子供の頃に使っていた楽譜を眺めて懐かしむシリーズです。今回は、楽譜に書いてあった親と先生(1人目)の、ピアノのテクニック以外の書き込みです。私の親はピアノを全く弾けないせいか、ピアノ自体については完全に先生に任せていたようです。後で聞いたところでは、先生への注文はただ一つ。「ピアノを嫌いにさせないようにしてください」だけだったらしい。でも、だからといって、昔の楽譜への書き込みを見てみると、全く放置...

続・自分の演奏って好き?

9か月ぐらい前に書いた『自分の演奏って好き?』という記事の続編です。その記事では、「自分の演奏は、嫌いとは言えないけど、好きともいえない。でも、自分の家に帰ってきたような感じがする」なんて書いてました。あと、コメント欄で「『自分の演奏とか好きじゃないし』と言いながら、実はツンデレかもしれない」とも…(^^;;最近は、当時より好きになってきました(*^▽^*)弾きたい方向性で弾ける頻度が増えてきたということだと思...

「音を並べてみました」ってよく言うけれど・・・

練習課題ではない曲(特に無謀曲)を弾いてみたことをブログの記事などで書く時に、つい「音を並べてみました」という表現を、(若干の疑問を感じつつも)使ってしまうことがよくありますね。例えば「今日はグランド練習室で幻ポロの音を並べてみました」とか…。「弾いてみました」というのは、おこがましい感じがして、そう言っちゃう。謙譲は日本人の美徳だから(笑)いや、それを言うなら、そもそも無謀曲を弾いてみた話を書かな...

次のレッスン曲候補を色々と物色(*^▽^*)

今、レッスン曲として練習している中では、シンフォニア4番、『献呈』、いずれもとても気に入っていて、ずっとレッスン課題にしておきたいぐらいです。ハイドンのソナタ第34番ホ短調は、昨年2楽章と3楽章をやったので、「1楽章だけが残っているのも中途半端だわ~」という消極的な理由で始めたのだけど、思いのほか面白いです。シンフォニアはある程度満足したら機械的に進めるのでいいとして、ロマン派枠は、ずっと『献呈』という...

左サイドMenu

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

タグから記事へGO!

キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 モーツァルト K.311 シューマン チェルニー リスト 献呈 仲道郁代 ショパン レンタル練習室 近藤由貴 平均律第1巻 BWV858 ハイドン フランス組曲 K.331 エチュード Hob.XVI:34 無謀曲 楽譜 バラード 湯山昭 インヴェンション お菓子の世界 調性 ドビュッシー ハノン シューベルト 選曲 ワルツ 久元祐子 電子ピアノ トルコ行進曲 理想の先生 調律 ららら♪クラシック 中村紘子 好きな調 自分の演奏好き? 練習曲 展覧会の絵 クラビノーバ ムソルグスキー クレメンティ ソナチネ 指マッサージ 和声法 アルマンド K.334 ブラームス スマホ オスマン帝国 スマホ老眼 モシュコフスキー 20の小練習曲 チャイコフスキー 幻想曲 パスカル・ドゥヴァイヨン カデンツ メソッド・タリアフェロ バックハウス キーシン ルービンシュタイン ランラン 土田京子 グランド・ソナタOp.37 ドゥシェック 小ジーグ K.574 クーラウ バイエル ポロネーズ マズルカ マズルカOp.7-1 Hob.XVI:50 ツィメルマン 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.118-2 ピアノ記念日 ヴァイオリン op.117-1 céleste 間奏曲 イリーナ・メジューエワ 妄想 曲名の略称 プチトリアノン 山枡信明 D915 ピアニストは面白い op.118-5 op.119-2 高橋多佳子 ピヒト=アクセンフェルト ベレゾフスキー マリー・アントワネット ハプスブルク家 マリア・テレジア リシエツキ パルティータ ベルサイユのばら ト長調 変奏曲 チェンバロ 植山けい D959 夜の女王のアリア 楽譜の視覚効果 D960 交響的練習曲 タグ チェルニー30番 似合う曲 ハプスブルク帝国 ピアノ騒音問題 書き込み 変イ長調 半音階的幻想曲とフーガ 子供の情景 演奏と喋り方 教則本 苦手な曲種 ポルカ ウィンナー・ワルツ ヨハン・シュトラウス1世 ラデツキー行進曲 魔笛 全音ピアノピース ヨハン・シュトラウス ウナコルダ 行進曲 マーチ スケール アルペジオ 左ペダル 感情をこめて弾く 

右サイドメニュー

プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲

◇練習中
・チェルニー40-20番
・バッハ シンフォニア 13番
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第1楽章
・シューマン/リスト『献呈』

◇課外・復習
・なし

◇2018年の終了曲
・チェルニー40-19、12番
・バッハ シンフォニア 2番、4番
・バッハ 平均律第1巻13番
・モーツァルト ディヴェルティメントK.334~第1メヌエット(ピアノソロ版)

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15、3番
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311(全曲)

ブロとも申請フォーム

カウンター

にほんブログ村参加中

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR