週末はアルペジオ三昧

最近、『展覧会の絵』が…などと大騒ぎしてましたが、はっと我に帰り、週末はチェルニー40-19を重点的に練習しています。

チェルニー40-19
↑このアルペジオの練習曲です。

40-19をさっさと終了させたいですし、それよりも何よりも、見せ場が華麗なアルペジオの『献呈』を弾く以上、「アルペジオ苦手」なんて言ってられないですから…(^^;;

でも、40-19のアルペジオと『献呈』のアルペジオはちょっと違うタイプのようです。
というわけで、40番の中から、他のアルペジオ練習曲、40-3や40-12も復習してみました。
40-3は、ドミソド、ミソドミ、ソドミソ…という感じに規則的に和音が転回して上がる(あるいは逆に降りてくる)進行が中心。
40-12は、両手のオクターブでもっと幅広く上下する感じです。こっちの方が『献呈』のクライマックスに出てくるアルペジオに近いかも。

両方とも25年ぐらい前のレッスンでやったはず(今回の再開では14番からやってる)なのですが、全然弾けないじゃないの…(*_*)
しばらくしたら、40-12の方は少し思い出してきました。
んー、でも、40-3はダメ過ぎます。なぜ◎をもらってるのか、かなり謎です(笑)
25年ぐらい前の先生は、決して適当なレッスンをされてたわけじゃないですよ、念のため。

3曲やってるうちに、アルペジオへの苦手意識は少しだけ減ってきたかなぁ、という気はします。
というか、『献呈』のアルペジオの部分を試しに弾いてみたら、思ったよりはハードルが高くなさそう(≧▽≦)
チェルニーさんのおかげです(たぶん)。
その代わり、他の部分が色々とややこしいΣ(゚д゚lll)!!

アルペジオ三昧の他は、モーツァルトのK311 第3楽章をやったり、K330の第1楽章に浮気してみたり…。
浮気と言えば、バッハの平均律第1巻の13番(嬰ヘ長調)と17番(変イ長調)が、ものすごーく琴線に触れて困っています。
フランス組曲は好きなのでともかくとして、シンフォニア3番(←大苦戦中)?そんなのあったっけ!?って感じです(笑)
「シンフォニア3番を放棄して平均律I-13&17をやりたい」と言っても却下されるでしょうけど、言うだけ言ってみようかな。
スポンサーサイト

「アレグロだけど快活にではなく」という困った指示

楽譜置き場の奥深くに、買った記憶も弾いた記憶もない、ムソルグスキーの『展覧会の絵』の楽譜が眠っているのを見つけました。
定価1030円(本体1000円)と書いてあるので、かなり昔のものであるのは間違いないです。消費税3%って、一体いつの時代…?

そんなのが出てきたら、遊び弾きしてみたくなるのが人情というものです(笑)
というわけで、有名な冒頭の『プロムナード』だけ、遊んでみました(≧▽≦)
音が多すぎて手が苦しいので、和音は適当に省略しながらですね。

記事のタイトルは、その速度記号、発想記号'Allegro giusto,nel modo russico,senza allegrezza,ma poco sostenuto'の一部です。
全体の意味は「正確にアレグロで、ロシア風に、快活にではなく、しかし少し音を保って」。
なかなか困った指示です。

いきなりアレグロで弾けないのは当然として、遅いテンポのくせに、どういうわけか'senza allegrezza'(快活にではなく)にならない。
たぶん、「アレグロは元々は速いという意味ではなくて快活にという意味」というのが刷り込まれてて、アレグロと書いてるのを見ると反射的に快活にしたくなるのかも…。
あと、思ったよりは弾けたのが嬉しくてつい、というのもあるかも。いやぁ、大人げないなぁ。

とにかく、やたらとウキウキしたスキップするような『展覧会の絵』になってしまうのです。
スキップするような感じの『展覧会の絵』って、どう考えてもおかしいよー
そして、ミスって転ぶから、子供が美術館の雑踏の中でスキップして転んじゃってるような感じ(笑)
ムソルグスキーが「そんな曲作った覚えない」と化けて出そうだΣ(゚д゚lll)!!

けど、『展覧会の絵』のプロムナードって、楽譜1ページ分で手ごろなので、ちゃんと弾けるようにしとくと便利そうではありますね。
コピー1枚常に持って歩けば、急に外で「ピアノ弾いて」って頼まれた時に対応できるもんね。←暗譜する気が全くない(^^;;

ま、気が向いたら、ワンポイントレッスンしてみてもいいかな。
先生のほうの気が向くかどうか分からないけど…。

インヴェンションとシンフォニアの演奏と指導の手引書を買ってきた~♪♪

バッハのシンフォニア3番があまりにも手に負えないので、手引書を買ってみました。

事前の下調べで、次の3冊を候補に考えながら、楽譜屋さんへGO!

1.『バッハ《インヴェンションとシンフォニア》 演奏と指導のポイント』(山崎孝、音楽之友社)
2.『バッハ インヴェンション 分析と演奏の手引き』『バッハ シンフォニア 分析と演奏の手引き』(小鍛治邦隆・中井正子、ショパン社)
3.『バッハ演奏へのアプローチ バッハ インヴェンションとシンフォニア』(高木幸三、全音)

1.は、アナリーゼ、アーティキュレーション、強弱やニュアンスの解説が大変詳しいです。今使ってる市田版の楽譜よりアナリーゼが分かりやすいところが良さそう(市田先生の解説は日本語が分かりづらい)。楽譜本体もベーレンライター版を底本に、演奏上のヒントとしての追加のスラーや運指は薄い色で書いてきちんと区別されていて、かなり気に入りました。ただ、値段が税抜き3600円もするΣ(゚д゚lll)!!

2.は、演奏の手引きとしては必要最小限の内容を盛り込んだコンパクトな楽譜です。インヴェンションとシンフォニアに分かれているので、差し当たって必要なシンフォニアの巻だけ買えば1500円に抑えられるのは、まあ魅力と言えば魅力かな。あと、楽曲の様式の解説が充実してるところもいいです。でも、解釈で付けたスラー等がきちんと区別して書かれていないのが不満です。

3.は、コンパクトな割に演奏へのアドバイスが豊富に記載されていて使いやすそうではあるのですが、同じ高木先生の「平均律」に比べると解説が少ないかも…。「平均律」の方は、やる段階になったら買う気満々なのですが、どうもそれと比べてしまうと存在感に乏しい感じがしました。インヴェンションとシンフォニアまとめて一冊、税込み1512円で済むのはお買い得ではあるのですが…。

結局、お気に入り度は値段を度外視すれば、1⇒3⇒2だったので、思い切って1.にしました。どうせ一生使うことになると思いますし…。
帰って来て眺めていると、解説の充実ぶりに、(師弟二役双方の立場で…笑)すっかり満足しています(≧▽≦)
問題のシンフォニア3番の箇所には「演奏技巧の点でも、弱い指の強化と独立、すべての指の平均化を目指している。バッハの神技である」と書いてあって、「どうりで苦戦するわけだわぁ」と妙に納得してしまいました(^^;;

あと、今回欲しかったのは演奏の手引書なので、今日は買っていないのですが、インヴェンションにまつわる色々な話を、曲の分析だけではなくてバッハの思想や宗教などの面からも興味深く語っている『バッハ インヴェンション こころの旅』(杉浦日出夫、音楽之友社)にも心惹かれました。

それから、シューマン=リストの『献呈』の全音ピースも買いました(*´▽`*)
以前IMSLPからダウンロードしたものと全く同じものっぽいのですが、A4版に印刷したのより大きいし、運指(特に左右の配分)も「なるほど」と思える箇所が結構あって、このピースを使って本格的に練習するのが楽しみです。早くモーツァルトのK311を終わらせなければ…。

弾きたいテンポと聴きたいテンポは別?

CDや実演でのプロの演奏のテンポと、実際に自分で弾けるテンポが物理的にかけ離れているというのは、よくあることですよね。
難曲だと、テンポがどうのと言う前に、そもそも弾けないですが…(^^;;

今回書きたいのは、それとは少し違って、同じ曲でも、自分で弾いてて心地よいテンポと、CDなどを聴いてて心地よいテンポは、必ずしも一致しないような気がするということです。

ひょっとすると「体内メトロノーム」のモードが、弾く時と聴く時では違うのでは?と思います。

アレグロと指定されてるけど、かなりゆっくり弾いたほうが楽しい場合があったりします。
だからと言って、その速さでプロの演奏を聴きたいとは限りません。もちろん、聴いてみたい場合もありますが…。

ん?速く弾くと、思った通りの表現ができないから楽しくないという、結局、技術的な問題?
もちろん、それもあるのでしょうけど、それだけではない気がします。

逆に、自分ではアダージョを速めに弾きたいけど、聴く時はそこまで速く弾いてほしくない場合もありますし…。
例えば、ベートーベンの『悲愴ソナタ』第2楽章なんか、そうです。

そういえば、テンポそのものだけじゃなくて、ルバートのかけ方とか、アゴーギク(テンポの変化)も、弾く時と聴く時では、好みが違います。
「やり過ぎてはいけない」と理性は命じるのだけど、手と耳がそれに反抗します(笑)

おそらく、演奏する立場と鑑賞する立場では、同じ曲に求めるものが違ってくるということなのだと思います。
音楽の解釈というのは、本当に面白いですね。

セルフレッスン第14回:久しぶりのグランドピアノに大苦戦(*_*)

昨日は、約1か月ぶりに、レンタル練習室でグランドピアノを弾いてきました。
すっかり禁断症状だったので、グランドを弾いて癒されると思いきや、かなり苦しい練習になりましたΣ(゚д゚lll)!!

せっかくなので、セルフレッスンにしてみましたが、曲目は全く変わり映えせず、相変わらず、フランス組曲6番のアルマンド、シンフォニア3番、モーツァルトK311の第3楽章、チェルニー40番の19です。

練習課題の前に、久しぶりのグランドピアノにすっかり舞い上がって、遊び弾き~~♪♪
シューマン=リストの『献呈』をどうしてもグランドで音出ししてみたかったので、弾いてみました(≧▽≦)
グランドピアノの音ってこんな大きかったっけ?とか、この曲にふさわしいマイルドな音も出てくれるので楽しい、とか思いながら、よろよろよたよた弾いて「この曲レッスンでやりたいです」アピール!笑

先生「いくら弾けない曲だからって、おどおどし過ぎ(^^;; でも、グランドピアノって、そういうところもストレートに伝わってくるのがいいよね。やっぱり買った方がいいってば!!笑 ところで、この曲をレッスンでやってみたいの?弾きたければ、そのうちレッスンで取り上げますよ。私も変イ長調フェチだし(笑)」←かなり物分かりがいい

「楽しみです(≧▽≦)」

平和だったのはこの辺までで、だんだん雲行きが怪しくなる。

練習課題の1曲目は、K311の第3楽章。とりあえず弾いてみる。

先生「ストップ!と私が止める前に、止まっちゃったけど…(笑) 左手の親指がコントロールを失って突っ込んで酷い音になってる」

「はっ、はい。自分でもビックリして思わず止まりました(^^;;」

先生「何だか今日は力の入り方がおかしいような気がする。落ち着いて。無駄な力を抜いて。そう言えば、私がレッスンで力を抜く話したの初めてじゃない?」

私:「私、『脱力が重要』ってみんなが言ってるけど、正直、ピンと来てなかったんですよ。今回初めて意識させられました(*_*)」

先生「左手のアルベルティバス的音形、8分の6拍子なので移動ドで言うとドソミソミソ的な形ね、かなりもたついて遅れがちな箇所がある。波に乗ったような感じにならなきゃいけない部分↓とか、右手が綺麗になってきたのに、台無しですよ」
K311 3楽章56-57小節

(久しぶりのグランドに指の感覚がイマイチついていけずに困りながら何度かやってみる)

先生「一番ややこしい125~136小節あたりは、少し良くなってきたと思います。あっ、もしかして、125~136以外はほとんど練習してないのでは?前よりミスも増えてますよ」

「はい。連休中は、そこばっかりやってました(^^;;」

先生「部分練習はもちろん必須ですが、そろそろ、全体の中での位置づけを確認する意味でも、通し練習を増やしてみたらいいと思います。この楽章はロンド形式だから、主題と色々なエピソードが繰り返し現れるでしょ?ロンドを弾くということは、その組み立てを考えるということなので。ただ、通してみて粗を見つけるたびに、そこも部分練習ですよ。色々厳しく言いましたけど、音階や装飾音は綺麗になってきているし、苦労してた出だしも優雅になって来てますから、あまり自信を失わないように」

「分かりました。11月中に仕上げることを目標に頑張ります」

先生「あ!そうだ!!これの後は、さっき弾いてた『献呈』やってみない?やる気があるのでしたら、全音ピースでいいので楽譜買ってきてください」

「本当ですか!?嬉しいです。でも、ショパンのエチュードはどうしましょうか?」

先生「その構想は、後でお話しますね」

と、何やら楽しそうな話も出てくる(≧▽≦)
しかし、好きなはずのバッハに入り一気に暗転Σ(゚д゚lll)!!

バッハ1曲目はブログの記事で何回も登場している悪魔のようなシンフォニア3番。
家のアップライトでレッスンを受けた前回は「合格間近」の雰囲気だったのに、また崩壊に逆戻り。

先生「えッ!?何回か前に一時寝かせることにした時と同じようになってる。音を全然つかみきれてない」

「特に酷い部分を部分練習でも…(半泣き)」

先生「いや、どんなに崩壊しても最後まで通して2,3回弾いてみてください。私が手の動きを綿密に観察したいので」

(これ、ほとんど拷問だよー)←心の声

先生「あっ、少し分かってきたかもしれません(←先生も新米なので分かるのに時間がかかった…笑)。フーガでは音の保持を意識するあまり、指が硬直化して伸びきってる事が多いです。グランドの鍵盤は重いし、手が小さい上に非力なので、フーガは苦しいのです。でも、ここを何とか工夫しないとフーガは弾けません。まずは指をほんの少し立てるよう意識してみてください。そして運指ですね。ちょっと考えてみるので次回まで時間をください。それでは、次にフランス組曲6番のアルマンドを弾いてみてください」

(指が硬直する場面も少なく、シンフォニアの後から始めたとは全く思えないぐらいの出来)

「これは弾きやすいです。指が硬直しないのは、2声メインとガッツリ3声の差でしょうか?」

先生「そういうことになりますね。3声以上は保持が必須だからどうしてもねぇ」

(勝手にフランス組曲4番のアルマンドも弾いてみる)

先生「レッスンしてないその曲が一番きれいに弾けるじゃないの。私の立場が…(笑) いや、私の立場なんてどうでも良くて、余計な力の入っていない弾き方をしているのが分かる、明らかに美しい音色で、大変結構です。今の指の感覚を忘れずに6番を弾いてみて」

(6番を弾く)

「さっきと雰囲気がまるっきり変わってしまって、4番のようにしっとり系になっちゃいました」

先生「私はこの方が好きだけど、ここまで変わるってことは、あなたの曲に対する解釈が全然確立してないということでもありますよね」

「今のイメージで弾いてみたいと思います」

先生「よりエレガント寄りにするということね。一か所だちょっとしたけヒントを…。後半部分の15~18小節あたり、下の図で示したように、各小節前半の右手をやや強く、左手をやや弱く弾いてみるのです。そうすると、こだまのような感じを受けることができるので、私は好みです。試してみて、気に入ったら取り入れてみてください。図ではfとpと書いたけど、そんなに明確にではないですよ。書くのはmfとmpぐらいにしときゃよかったかな…」

フランス組曲6番 アルマンド 15~17小節

「面白いですね!こういう風に弾いてみるとバロックらしい感じがします(≧▽≦)」

先生「左手がテーマを弾くところだけは、まだ手がガチガチなのでそれに気を付けて引き続き重点練習ですね。あとは、アーティキュレーションを右手は心もち抑えめ、左手はもっとしっかり。同じテーマのアーティキュレーションが左右バラバラだったらおかしいでしょ?」

先生「あっ、それでシンフォニア3番は…」

「やります!原因が分かったらしいので、もっと研究してみたいです」

先生「ん~、それなら、書き込みの山を消してください。見づらくて仕方ありません。こんな楽譜じゃ、私だって弾けないですよ(^^;; 消してもらったけど消した跡が気になりますね。運指も比較してみたいから、ウィーンかヘンレの原典版を買っておいてください。で、これからは、市田版は使い倒すとして、原典版には必要最小限しか書き込まないことにしましょう」

最後はわずかな時間でチェルニー40番の19を何回か通しました。
これはアップライトよりグランドの方が圧倒的に弾きやすかった。
指がようやく慣れてきたみたいです。遅いよー(泣)

「この曲、きちんと速く弾けたら、ショパンの10-1みたいにキラキラした感じだと思うのですが」

先生「確かにね!言われてみたら、左手がしっかりベースのラインを作っている上を右手のアルペジオが走り回る構成は根本的には同じだもんね。キラキラした感じに弾きたければ、2分音符単位でうねりを感じられるようにするといいと思います。40-19は4分の4拍子だけど、指定テンポの単位は2分音符ですよね。意外とチェルニー先生って、そこまで考えてるのかもしれません」

「40-19は最初見た時、こんな曲弾きたくないと思ったんですけど、最近は、綺麗に弾きたいと思うようになりました」

こんな感じでレッスン自体は終了。



以下、場所を移して反省会と今後についての話し合い。

先生「今頃気づいたんだけど、あの狭い防音室で大屋根を開けたのは大失敗でしたね。思ったような音が出せなくてパニックになった原因の一つかも」

「音がこもって増幅されるし、残響はすごいですしね。次回からは閉めたままにします」

先生「それから、よく弾ける易しめの曲をいくつか選んで、指ならし用にそういう曲の楽譜を毎回持参することにしたら?」

「はい。候補を探しておきます」

先生「あと、レッスンの今後についてだけど」

「え!?まさかレッスンやめようとか、別の先生に習ったら?なんておっしゃることはないですよね(オロオロ)」

先生「そんなわけないでしょう(^^;; もっと前向きな話です。K311が終わったら『献呈』にしましょう。それで、チェルニー40番で飛ばしたい曲があるので、その枠でショパンやりましょう!」

「え!?何番を飛ばすのですか?」

先生「まず、21番。これは飛ばすというより、自己申告を認めて合格ということで。次は、ひたすら同音連打の22番。高速の同音連打で1234の指替え、大事と言えば大事ですが、電子やアップライトでやるのは躊躇を覚えます」

「素敵そうな感じがしないですしね」

先生「あっ、それは、ノーコメントにしておきましょう(笑) 半端な数の連符の練習の26番も敢えてやる必要あるかな?と思います。こっちは結構綺麗なんですが、こういうのって、ショパンやってれば嫌というほど出てくるでしょ?というわけで、この3曲の分、ショパンのエチュードのどれかをやりたいと思うのだけど…。時期は20番の後。」

「是非そうしたいです!!」

先生「差し当たって、チェルニーは、キラキラ19番と、次の『分散和音+ヘミオラ萌え』な20番を頑張ってください。ショパンのエチュードが待ってるんだから! K311の次には『献呈』も(≧▽≦)」←先生ってばエサで釣ることにしたらしい(笑)

「練習を頑張る気が湧き起こってきました(笑)」←単純なヤツ(^^;;

今回のレッスン&アフター・レッスンはこんな感じです。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇練習中
・チェルニー40-19
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・バッハ シンフォニア 3番
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第3楽章

◇保留中
なし

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15番
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第1&第2楽章
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR