FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

恐怖の右手左手クロス((+_+))

左右の手が交差する曲というのは弾きづらいですが、その弾きづらさにも2種類あるようです。例えばモーツアルトのソナタで言うと、一つは11番 K.331『トルコ行進曲付き』の第1楽章の第4変奏みたいなの。左手が右手を飛び越えてオブリガート的なメロディを奏でる場合、滑らかに弾くことが難しさの中心です。もう一つは、左右の手が物理的に大きくクロスする場合。同じくモツソナだと、14番 K.457ハ短調の3楽章に出て来る、下記のよ...

続きを読む

左右の手が交差する曲というのは弾きづらいですが、その弾きづらさにも2種類あるようです。例えばモーツアルトのソナタで言うと、一つは11番 K.331『トルコ行進曲付き』の第1楽章の第4変奏みたいなの。左手が右手を飛び越えてオブリガート的なメロディを奏でる場合、滑らかに弾くことが難しさの中心です。もう一つは、左右の手が物理的に大きくクロスする場合。同じくモツソナだと、14番 K.457ハ短調の3楽章に出て来る、下記のような箇所です。

K457 第3楽章 304-310小節

上下の段は同じ小節で、版が異なります。上の段は初版、下の段は初版より前に書かれたとされる、より由緒正しいとされるものなのですが、右手がとんでもなく低い音を弾くように指定されています。

週末少しだけこの曲の遊び弾きをしていました。普段は初版を弾く(こっちの方が響きが好き)のですが、今回は珍しく「由緒正しい方」を弾いてみました。そうしたら、あまりのアクロバティックな左右のクロス(右手が、ものすごーく左の方を弾かなきゃいけない)のせいで、右の肩を痛めてしまいました(*_*; 

え?50肩!?笑 多分そうではなくて、腕が短いんですよ。手が小さくてオクターブ届かないというのは、よくある悩みですが、リーチが短いという思わぬ落とし穴もあるんですね。楽しい遊び弾きのはずが、痛い目に遭ってしまいました(>_<) だいぶ回復してきましたが…。

無理せず体全体の柔軟性を、徐々に高めていければと思います。


にほんブログ村
スポンサーサイト

* Category : ピアノライフの話色々

Tag: モーツァルト K.331 K.457 | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by amy
NekoUshiさんこんにちは~
肩は大丈夫ですか?

書かれているモツソナは2曲とも以前習ったことがありますが、
私はK.331の第4変奏が超苦手です。。。
珍しく(笑)変奏曲でも好きな曲なのですが、
この左右クロスする部分が上手く弾けなくて、
遊び弾きしてもここで終わりにしちゃいます(笑)

K.457 3楽章は大好きな曲で、またやりたいと思っていますが、
私は初版(オリジナル版)で弾いていました。(楽譜はpeters)
同じく、私も初版の方が響きが好きです(#^.^#)
由緒正しい方も弾いてみたことがありますが、無理でしょ~~!と叫びたくなりました(笑)身体が固いので。。。
柔軟体操やらなくちゃっ!かしら~(笑)

To:amyさん * by NekoUshi
amyさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> 肩は大丈夫ですか?

大事に至る前に弾くのを止めたので、かなり回復してきたみたいです('◇')ゞ

> 私はK.331の第4変奏が超苦手です。。。

そう!そうなんですよね!!
左手が上に行く部分がカタコトになってしまってイライラします(^^;;
第4変奏は弾きづらいですが、この曲は変奏曲でも(笑)素敵ですよね~~

K.457は、モーツァルトの短調曲萌えとしては外せないですね(*´▽`*)
ベートーヴェンっぽいとか言われることもあるけど、でも、やっぱりモーツァルトなんですよね。

> 同じく、私も初版の方が響きが好きです(#^.^#)

初版の方が、高音と低音が離れすぎず、バランスがいいように感じます。

> 由緒正しい方も弾いてみたことがありますが、無理でしょ~~!と叫びたくなりました(笑)身体が固いので。。。

ホントですよ~~
叫びたいΣ(゚д゚lll)!!
動画を見ていたら、プロの方でも苦しそうにしてました。

> 柔軟体操やらなくちゃっ!かしら~(笑)

できればやりたいですね~~
いづみこさんの本に図入りでやり方が載ってた記憶があります。
図を見てもイマイチやり方が掴めなくて挫折しましたが…(笑)

セルフレッスン第16回:ピアノに年末年始はありません(たぶん…笑)

私の一人二役レッスンには、年末年始は関係ないようで、12月30日というのに、おせちを横目にレッスンです(笑)あ、でも、フレージングのない音楽など存在しないのと同じで、どこかに節目は作るべきかもしれません。通常でしたら、発表会とか…?でも、「セルフ」だと、節目を作るの難しいですね。考え込みます(^^;;それはさておき、まずはチェルニー40-19から。ちゃんと弾ければ意外とキラキラとして綺麗と思われる、この子です。(...

続きを読む

私の一人二役レッスンには、年末年始は関係ないようで、12月30日というのに、おせちを横目にレッスンです(笑)
あ、でも、フレージングのない音楽など存在しないのと同じで、どこかに節目は作るべきかもしれません。
通常でしたら、発表会とか…?
でも、「セルフ」だと、節目を作るの難しいですね。考え込みます(^^;;

それはさておき、まずはチェルニー40-19から。

チェルニー40-19

ちゃんと弾ければ意外とキラキラとして綺麗と思われる、この子です。

(とりあえず弾いてみる)

「歳末特別セール的に合格なんてことありませんよね?」

先生「そんなもの、あるわけないじゃないの。こんなにつっかえたりミスしていたのでは、当然不合格です」←相変わらず容赦ない

「どうしても壁のようなものがある気がして、何か乗り越えるヒントはないでしょうか?」

先生「そうですね。何回も言っていると思うのだけど、左手でしっかり音楽の流れを作ること。そのためには左手を自動運転できるように。右手は、16分音符を4つおきに弾いて手にポジションをしっかり覚えこませる練習をしてみてください。それから、全体をスタッカートで弾いてみる練習ですね。手首の回転を意識しているのは結構ですけど、軸がブレ過ぎてます。肘を引っ込めて脇を少し締める気持ちで」

「こんな感じですか?」←必死に締めてる

先生「ちょっと待って!いくらなんでもそれはやり過ぎ…(^^;; 陶芸家がロクロを回す姿みたいになってる(笑) それじゃ腕動かないでしょ?」

「は、はい。あ、少しイイ感じになったかもしれません。リズム変奏練習はどうでしょうか?」

先生「どうしてもうまく行かない小節やフレーズで最終兵器的に使うぐらいなら許可します。やるとしたら付点と逆付点ぐらいでいいのでは?チェルニー40番の本名は『流暢さのための訓練』(注:『速度練習曲』も本名ですが…)ですから、流暢に弾けるまで気長にやりましょう」

チェルニー40-19は、越年ということになりました。
続いて、モーツァルトのソナタK.311より第3楽章。数日前に逆ギレ練習をした曲です(笑)

先生「この曲を練習しながらヒステリー起こしたんですって?珍しいですね。やはり例の場所?」

「はい、いつもの最難関部分です。冷静にやらなきゃと思ったのですがつい…」

先生「人間だから、そういうこともたまにはあっていいと思いますよ。それに、悔しさみたいなものが上達のバネにもなるのでは?」

(通して弾いてみる)

先生「前より良くなりました。例の場所、もう少しヒステリックに弾いてもいいです(笑) 曲中一番デモーニッシュな部分なので、表現としてそういう風にという意味で」

(もう一度弾いてみる)

先生「全体的に非力な感じはするけど、まあ、この曲は今回で一旦終わりにしましょう。お疲れさまでした。人前で弾くような機会があるときは、その前2週間ぐらい必死で練習すれば何とかなるはず。暗譜必須の場だったら話は別ですけど。何はともあれ、次は、お待ちかねの『献呈』の譜読みを本格的に開始しましょう!」

「ありがとうございます(*´▽`*)」

K.311は、25年ぐらい前に習ってた先生の前で遊び弾きしたら『これ綺麗な曲よね。弾けるようになるといいわね~』と言われたのですが、実現する前にレッスンをやめてしまったという、因縁のというか思い出の曲です。なので、20数年越しで二人の先生(一人は自分だけど)に習って、大甘ながらも何とか合格になって感慨深いです。
最後は、バッハの『フランス組曲』第6番よりアルマンド。

フランス組曲 アルマンド


(通して弾く)

先生「左手に主旋律が移る部分、4と5の指がつぶれないよう、もう少し立て気味に。それに気を付けてもう一回」

(2回目弾く)

先生「これも合格にしましょう!」

「右は5だけ弱くて、左手は4と5が弱いようなので、いい練習になったと思います。好きな曲ですし、折に触れて復習します」

先生「ぜひそうしてください。さて、次の曲ですが、実はかなり迷ってるんですよ。一つは、シンフォニアに戻って2番ハ短調。もう一つの候補は、フランス組曲6番のクーラント。組曲から少なくとも、アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグを抜粋して弾いてみると、舞曲による組曲の様式を理解するのにいいと思います。好きな方にしていいですよ」

「それじゃ、喧嘩両成敗で、別の曲というのはいかがでしょう?」

先生「むしろ『買い物で迷った時は第三の物を買う』という例えの方が近いと思うけど…(笑) 何か弾きたい曲でもあるの?」

平均律第1巻の13番をやったみたいです。↓の動画の曲です」



先生「あ、なるほど!いかにもお好きそうな曲♪♪ 嬰ヘ長調に慣れるのにもよさそうですし、いい曲を持ってきましたね。この演奏は近藤由貴さんね。実は私もこの方の演奏好きです。これを手本にしてみたら?」

「人の演奏を真似してもいいものなのですか!?」

先生「いい演奏や気に入った演奏を手本にするというのは決して悪いことではないです。NGなのは特徴的な部分だけをつまみ食いすることであって、全体を手本にするというのは、いい練習になります。この人がこの部分をこういう風に解釈しているのは何故だろう?と全体にわたって考えることになりますから。で、やってるうちに自然と自己流が確立してきます。なので、一つの方法として提案してみました」

「分かりました。よく考えてみます。あ、でも、フーガの分析なんかは、教えていただけますか?」

先生「それはもちろん。それをしなかったら職務放棄でクビになっちゃう(笑) ただ、この曲の構造はそんなに厄介ではないので、シンフォニアに取り組んできたのですから、自分でも結構把握できると思います。来年も頑張りましょう」

「来年も、どうぞ宜しくお願いいたします」

という感じで、今年のレッスンは今回で終わり。
来年も、レッスン記にお付き合いいただければ幸いです。

* Category : セルフレッスン

Tag: チェルニー40番 モーツァルト K.331 バッハ フランス組曲 平均律第1巻 近藤由貴 | Comment-open▼ * Comment : (2)

NoTitle * by ねこぴあの
セルフレッスン、ここまでくると、もはや妄想ではないですよね。
Nekoushiさんの知識にすごいなあと思います。
ところで、セルフではないレッスンを受けたいとは思わないのですか?
レッスン後の落ち込みとか悔しさとか、そういうのもいいものですよ?(笑)
冗談はともかく、今年はブログでおつきあいいただき、ありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願いします^^


To:ねこぴあのさん * by Nekoushi
ねこぴあのさん、コメントありがとうございます!

先生役にもっともらしいことを言わせるために、頑張って勉強してます。
「口だけ」で手の方はなかなかついてこないのが悩みで、そういう点で落ち込んだり悔しい思いをしたりというのはあるかも…。

本物のレッスンをまた受ける機会があったらいいなあとも思いますが、今はセルフにすっかりハマってしまって楽しくて…(笑)

こちらこそ、今年は色々とありがとうございました!
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

セルフレッスン番外編:トルコ行進曲のテンポどうする?

7月10日の記事『トルコ行進曲、ゆったり目がいい?快速がいい?』の続きです。モーツァルトのピアノソナタ第11番(K331)の3楽章「トルコ行進曲」のテンポ設定は悩ましいという話から、それじゃセルフレッスンの先生に意見を聞いてみようということになり、尋ねてみたらFAXが来ました。「次回のレッスンの時にでも」と言ったところ「次はこの曲を弾きたくなったのですか?」と聞かれ「そういうわけではないけれど参考のために」と...

続きを読む

7月10日の記事『トルコ行進曲、ゆったり目がいい?快速がいい?』の続きです。

モーツァルトのピアノソナタ第11番(K331)の3楽章「トルコ行進曲」のテンポ設定は悩ましいという話から、それじゃセルフレッスンの先生に意見を聞いてみようということになり、尋ねてみたらFAXが来ました。

「次回のレッスンの時にでも」と言ったところ「次はこの曲を弾きたくなったのですか?」と聞かれ「そういうわけではないけれど参考のために」と言うと「それじゃレッスンの時間を使うのはもったいないから」ということで、番外編になりました。
先生は古風なので、メールではなくてFAXなのですね。というか、FAXだとコピペできない…(^^;;

妄想の設定はさておき、御紹介します。

トルコ行進曲」のテンポをどうするかですが、基本は、やはり楽譜から出発するべきでしょう。
まず、モーツァルトがテンポ設定をアレグレットにしているのですから、それが出発点になります。

この曲で一番「トルコ風」を感じる箇所の一つは、イ長調に転調する部分の左手の伴奏、1拍目がアルペジオで行進曲のリズム(ジャン、タッ、タッ、タッ)を刻んだ部分ではないでしょうか。この1拍目のアルペジオには何としてもしっかり目立ってほしいと思います。これは、トルコの軍楽隊の打楽器(シンバルなど)を模倣していますから…。あまりテンポを速くとり過ぎると、そのように聞こえなくなってしまいます。

コーダの部分には、16分音符2つにスラー、2つにスタカートという、モーツァルトの好きなアーティキュレーションが出て来ますね。このアーティキュレーションが明確に聞こえるようにというのも、テンポ設定の手掛かりになるかもしれません。

それから、楽譜からは離れますが、当時の時代背景を考えてみましょう。この曲ができたのは1783年という説があります。1783年というのは、オスマン帝国(トルコ)がウィーンを包囲した、1683年の第2次ウィーン包囲という事件からちょうど100年に当たります。作曲がそれより数年早かったとしても、約100年であることに変わりはありません。モーツァルトの時代にトルコ趣味が流行ったのは、そうした中、オスマン帝国に攻められた歴史的記憶から来る畏怖と、異国情緒へのあこがれが入り混じった結果でしょう。私は、「トルコ行進曲」のコーダの部分では、トルコの軍人たちがターバンを巻いたオスマン帝国の王侯貴族の前を威風堂々と行進している図を、つい思い浮かべてしまいます。「威風堂々と」ですから、やはり速すぎない方がいいということになります。

モーツァルトがアレグレットと指定した意味は、「トルコへの恐れと憧れを両立させるように」ということなのではないかと考えています。

誰かさん(注:もちろん私のこと)のように技術があやふやな人は、アレグレットでも難しいでしょうから、アンダンテぐらいになってしまって構わないので、その分、リズムを弾ませることでトルコ風を表現すればいいでしょう。



少し張り切り過ぎな先生なのでした(^^;;
そして、「内容の正確さについては保証できません。個人の感想です」だそうです。←TVショッピングの注意書きみたい(;^ω^)

「妄想はさておき」って書いてるけど、全編にわたって妄想なのでは?というのは、言ってはいけないお約束です(笑)

* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

Tag: モーツァルト K.331 トルコ行進曲 オスマン帝国 | Comment-open▼ * Comment : (0)

トルコ行進曲、ゆったり目がいい?快速がいい?

アレグレットってテンポ設定が難しいですよね。例えばモーツァルトの「トルコ行進曲」(K331の3楽章)とか。モーツァルトのエキスパート久元祐子先生の本を時々読んでいるのですが、その中によく出てくる「トルコ行進曲」に関するエピソードが面白いというか、恐いというか…。何でも、若いころモーツァルト愛好家の講座に招かれて「トルコ行進曲」を弾いたところ、アンケートで、アレグレットの「トルコ行進曲」をプレストで弾くと...

続きを読む

アレグレットってテンポ設定が難しいですよね。
例えばモーツァルトの「トルコ行進曲」(K331の3楽章)とか。

モーツァルトのエキスパート久元祐子先生の本を時々読んでいるのですが、その中によく出てくる「トルコ行進曲」に関するエピソードが面白いというか、恐いというか…。

何でも、若いころモーツァルト愛好家の講座に招かれて「トルコ行進曲」を弾いたところ、アンケートで、

アレグレットの「トルコ行進曲」をプレストで弾くとはなにごと!もっと勉強してから来なさい!

と厳しく批判されたそうです。そんな失礼な人いるのですね(*_*;
アンケート書いた人を勝手に妄想してみると、今で言うと、H○Vとかア○ゾンとかのレビューで、長文で自分に酔ってる感じで評論家ごっこしちゃってるようなタイプ(笑)

いや、そんなことはどうでもいいとして、私自身は、トルコ行進曲はゆっくり目のテンポの方が好みです。アンケートの失礼な人と同じ傾向なのは不本意だけど…Σ(゚д゚lll)
メトロノームで言うと、4分音符=90ぐらい。ピリスさんが若いころに録音したのが確かそんなテンポで、かなりお気に入りでした。
でも、最近、年取ったせいか、少しせっかちになって、「(聴く分には)速いのも悪くないかも」と思い始めてます(^^;;

それに、久元先生の本によれば(意訳ですが)、
モーツァルトは出版時にアマチュアが演奏することを考慮して、アレグロをアレグレットに一段階下げて指定した可能性がある
・「トルコ風」というのは急速なテンポがふさわしいはず
・有名なCDを聞いてみると4分音符=130ぐらいが多い
ということらしいので、思わず説得されそうになる。←意志力弱い(^^;;

読んでくださった方の好みも聞いてみたいです。
あと、機会があったら、セルフレッスンの時に先生(もちろん私だけど)にも意見を聞いてみようかな(笑)

* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

Tag: モーツァルト K.331 トルコ行進曲 久元祐子 | Comment-open▼ * Comment : (4)

No title * by 私はタワシ
テンポ設定はホントに迷いますよね。
アレグレットって特に微妙です!
モツソナなんかにもよく出てきますよね。特に終楽章とか。
曲想的は、アレグロ、あるいはプレスとでさえも何の違和感もない曲に、アレグレットという指示がある。
そんなに速くなくていいのか、と、指の周りの悪いタワシさんは内心ほっとしたりするのですが、YOUTUBEやCDでプロの演奏を聴いてみると「え?めっちゃ速いじゃん!こんなの絶対無理!」となったりします。

>モーツァルトは出版時にアマチュアが演奏することを考慮して、アレグロをアレグレットに一段階下げて指定した可能性がある
→ほー。そういう事情があったりするんですね。
無理してプロのようなテンポで弾かなくてもいいってことか。
でも、速いテンポで爽快に飛ばしているプロの演奏を聴くと、やっぱりあんなふうに弾きたいなと思ってしまうことがありますね。

(話は変わりますが遅い系のテンポ設定も悩むときがあります。
古典派の緩徐楽章・・・ラルゴ、アダージョ、アンダンテ・・・私、なんか同じように弾いてるかも??)

セルフレッスンで先生なんとおっしゃるか楽しみにしています!

To:タワシさん * by Nekoushi
タワシさん、コメントありがとうございます!

モーツァルトのソナタのフィナーレではアレグレット頻出で、悩まされますね。
私も「アレグレット」と書いてるのを見ると、「そんなに速くなくていいのか」と内心ほっとする派です。
でも、聴く分には、トルコ行進曲以外は速めのアレグレットが好みのことが多いかも…。

> プロの演奏を聴いてみると「え?めっちゃ速いじゃん!こんなの絶対無理!」となったりします。

それこそ「アレグレットをプレストで弾くとは何事!」と心の中で叫びましょう(^^;;
心の中で叫んでる分には失礼にならないですから(笑)

緩徐楽章は、テンポ設定に加えて、拍子がワケ分からなくならないようにするのも大変ですね。
う~ん、悩ましいことばっかりです。
でも、それを色々考えるのが楽しみでもありますよね!

> セルフレッスンで先生なんとおっしゃるか楽しみにしています!

先生に宿題ですね(笑)

No title * by ね~み♪
どうもです~(^^)/

よく考えたら「行進曲」なのにピアニストさんはめっちゃ速く弾いてますよね。
そんなに速く行進出来なくない?!と思っちゃいますね。
ベートーベンだってシューベルトだってそんなに速くは無いような。

今度セルフレッスンの時に先生に意見を聞いてみて下さいね~(^^)/

To:ね~み♪さん * by Nekoushi
ね~み♪さん、コメントありがとうございます!

そうですよね!
あんまり速いと、行進じゃなくて、駆け足か、あるいは馬か何かで突っ走ってる感じになっちゃいますね(^^;;

先生の答えは「ね~み♪さんのコメントの通りです」だったりして…。
いや、そんな手抜きで逃げようとしたら質問攻めにします(笑)


マイクテストのような、モーツァルトK331のごく一部…(笑)

昨夜、スマホに「音声レコーダー」というアプリがあるのにふと気づいて、「もしかして、これ使える!?」と試しに録音してみました。←何年も使ってるのに気づくのが遅い初音源は、モーツァルトのソナタK331第1楽章の主題のみ、2分少々です(笑)マイクテストみたいなつもりで、「まあいいや」と練習もせずに録音してしまいましたので、お耳汚しとしか言いようがございませんが…Σ(゚д゚lll)ちなみに、20年以上前に買ったクラビノーバで...

続きを読む

昨夜、スマホに「音声レコーダー」というアプリがあるのにふと気づいて、「もしかして、これ使える!?」と試しに録音してみました。←何年も使ってるのに気づくのが遅い

初音源は、モーツァルトのソナタK331第1楽章の主題のみ、2分少々です(笑)
マイクテストみたいなつもりで、「まあいいや」と練習もせずに録音してしまいましたので、お耳汚しとしか言いようがございませんが…Σ(゚д゚lll)
ちなみに、20年以上前に買ったクラビノーバで演奏しました。

音源作るのって、こんなに大変だったのね。もちろん緊張もするし。
ファイルのサイズが大きすぎて、FC2ブログにUPできるように圧縮するのが一苦労でした。
録音してから、ブログにするまで、丸一日近くかかってしまったという体たらく…(*_*;
もっと楽な方法が見つかったら、忘れた頃に何かまたUPするかも!?笑
その前に、録音できるような曲を増やさなくちゃ…!!






(追記)
【モーツァルト K331第1楽章(テーマのみ) 2017-06-14】←プレイヤーが表示されない場合はこちらからどうぞ。

* Category : 音源

Tag: モーツァルト K.331 | Comment-open▼ * Comment : (8)

No title * by ね~み♪
Nekoushiさんこんにちは(^^)/

モーツァルト聴かせていただきました~(#^.^#)
この曲は本当に綺麗ですよね、とても丁寧に弾かれていらっしゃるなあと思いました!
そうそう、録音するだけでもかなり緊張しますよね。
でもミスタッチも無く終始落ち着いて弾かれていらっしゃるのが良かったです(#^.^#)

私は録音に主にICレコーダーを使ってます。
スマホだと音質が悪くなるけどステレオのICレコーダーだと音も綺麗に録音できますよ(#^.^#)
あとはビデオカメラですかね?
Youtubeにupも簡単に出来ると思うし音も良いと思います。
公開とか非公開とか出来ますし、自分の記録として残しておきたいですよね。

また、ぜひお聞かせくださいね(^^)/

No title * by ここまふぃん
Nekoushi さん こんにちは^^

初音源アップおめでとうございます。
ね〜みさんがおっしゃる通り 綺麗な曲で、丁寧に弾かれてると思いました。

私も ずっと 手軽な アイフォンで録音してましたが、
音声の圧縮方法とか 知らないので YouTubeに アップしてましたが 結構 大変。もともと音も良くないですが 、アップロードの過程でなぜか 雑音が 入ってしまったり 。
今は IC レコーダーをなんとか使えるように なったので そちらの方を利用してます。
いろいろ試してみたら いいと思います。

To:ね~み♪さん * by Nekoushi
こんにちは。
音源を聴いていただき、コメントもいただき、ありがとうございます!

緊張したにもかかわらず、なぜか通常よりゆっくりのテンポになって、丁寧な感じになったのかもしれません。でも、ちょっと、借りてきた猫みたいです(笑)
録音ではなかなか普段通りの演奏にはならないのかも!?

ICレコーダーの広告をネットで見て、「ほしい!」と思ってたのに、肝心の名称を忘れて困ってました(^^;
おかげで名称が分かって良かったです!

またご披露できるよう、弾き散らかすばかりじゃなくて、しっかり練習しようと思います('◇')ゞ

To:ここまふぃんさん * by Nekoushi
こんにちは。
音源を聴いていただき、コメントもいただき、ありがとうございます!

ソナタの出だしなのに、何だか子守歌みたいな雰囲気になってしまいました(笑)
でも、テンポ指定がアンダンテなので、速すぎなくて良かったのかもしれません。

音声の圧縮はネットで苦労しながら調べました。
音の質はかなり悪くなったはずです。あらが目立たなくなってかえって良かった気も…(^^;

ここまふぃんさんもICレコーダーをご利用なのですね。
いずれ手に入れたいと思います。
機械は苦手ですが、色々試してみますね('◇')ゞ

No title * by ゆにくあ
遅くなりました! 
待望の音源~~笑 しかも大好きなモーツァルト!

K331は思い出の曲です。第一楽章、良いですよね。
ゆったりとした素敵な演奏で、とても和みました♪

私も最初の頃はiPhoneの録音使ってましたけど、
今はZoom H4n Proって名前のICレコーダーです。
使い方も簡単で、結構音が良いですよ★

ちなみに、PCに入れてる音源をMP3に変換する
ソフトはAudacityってフリーのやつです。

To:ゆにくあさん * by Nekoushi
こんにちは。
聴いていただいてありがとうございます(^^)

> 待望の音源~~笑 

そう言っていただけると嬉しいです(*'▽')
このブログ、ゆにくあさんが「音源なんて最初はなくてもいいから作っちゃいなよ」って背中を押してくれてできたんでしたよね。
懐かしいわあと思ったら、3,4か月ぐらいしかたってませんでした(笑)

モーツァルトのソナタは、もちろんソナタだけではなくてロンドとか幻想曲もですが、いいですね♪♪

> ゆったりとした素敵な演奏で、とても和みました♪

全体的にmpで、眠くなっちゃいませんでしたか?笑

ICレコーダーとMP3変換ソフトの情報もありがとうござます!
ゆにくあさんの暗譜力と情報力は凄いです(笑)


No title * by amy
初コメです^^こんばんは~

おぉ~モーツァルト!モーツァルトお好きですか!
モツさん好き仲間が見つかると嬉しいです♪
とてもいい演奏で心地よかったですよ~

やはり録音するってだけなのに緊張していつもの演奏が出来ませんよね(^-^;
でもいい練習になると思います。
また音源アップ挑戦して聴かせて下さい~~(^^)/

私はSonyのPCMレコーダーを使っています。
皆さんそれぞれお気に入りがありそうですね^^

To:amyさん * by Nekoushi
amyさん、初コメありがとうございます!

モツさん好き仲間ですね(≧▽≦)
私も嬉しいです。
ベートーベンのソナタの好みも似てますしね!

> とてもいい演奏で心地よかったですよ~

ありがとうございます。

> やはり録音するってだけなのに緊張していつもの演奏が出来ませんよね(^-^;
> でもいい練習になると思います。

ホントにいい練習になりますね。
録音する時の感覚が少しわかったので、実際に録音しなくても、録音するつもりで練習してみようかと思います。
それだけで緊張するかもしれませんが(笑)

> また音源アップ挑戦して聴かせて下さい~~(^^)/

は~い、音源をアップできるよう練習します('◇')ゞ

ICレコーダーって、いっぱい種類があって迷いますね(^^;
優先順位は、楽譜、CDの次ぐらいになると思いますが、いずれ購入しようと思います。