FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

セルフレッスン第33回:音は不平等に扱うべし!!

一人二役のレッスン。33回目の今回は、ハイドンのソナタ34番の仕上げを中心にやりました。それでは、早速、レッスンの模様をお届けします。先生「”ハイドン先生の夏の学校”なんて言い始めてから、すっかり秋が深まる時期まで居残りになってしまいましたね。さすがに飽きてきたのでは?笑 それじゃ、通してみて」(演奏)私「うーっ、まだ駄目みたいです(>_...

続きを読む

一人二役のレッスン。33回目の今回は、ハイドンのソナタ34番の仕上げを中心にやりました。
それでは、早速、レッスンの模様をお届けします。

先生「”ハイドン先生の夏の学校”なんて言い始めてから、すっかり秋が深まる時期まで居残りになってしまいましたね。さすがに飽きてきたのでは?笑 それじゃ、通してみて」

(演奏)

「うーっ、まだ駄目みたいです(>_<) 特に、次の2カ所が…」

ハイドン Hob.XVI:34 第1楽章(16-23小節)

ハイドン Hob.XVI:34 第1楽章82-89小節

先生「上が提示部、下が再現部ですね。再現部の方で言うと、オレンジで囲ったような音形ね」

「繰り返し部分練習してはいるんですけど…」

先生「全部の音をしっかり出そうとしてるでしょ?」

「はい」

先生「そうではなくて、重要な音とそうでない音をハッキリ分けます。上の楽譜で言うと、黄色で示したラインが重要で、ミドシラー、レシラソー、ドラソ・ファ♯ソラ、がよく聞こえないといけません。それを、例えば最初の6つがミミドミシミと聞こえるように弾くのは音楽的にも適切ではないし、手も疲れます。極端に言うと、『裏拍は鍵盤に指が触れて音が鳴れば儲けもの』ぐらいの意識でいいです」

「音は不平等に扱った方がいいのですね(笑)」

先生「そうそう、そういうこと。『音は不平等に扱うべし』。これ標語にしましょう(笑) あ、それと、この2カ所は、左手をしっかりとね」

「左手は音楽の推進力!!ですよね」

先生「それでは、この部分を弾いてみて」

(演奏)

「あれ、スムーズに通るようになったみたい(*´▽`*)」

先生「そうでしょう、そうでしょう。あとは、冒頭のペダルの入れ方を微調整しましょうかね」

ハイドン Hob.XVI:34 第1楽章 冒頭(ペダル)

先生「左手は歯切れよく分散和音で駆け上がるのに対して、右手はスラー付きでなだらかな感じ。この対比が重要ですよね。気まぐれだか間違ってだか分からないけど、左手が分散和音を奏でている時にペダルを踏んじゃってるときがある。それは駄目です。歯切れがよくなくなっちゃうから。右手が出てくる部分は、もちろん手だけで曲想付けてもいいんだけど、一瞬ペダル踏んでみたら?音に潤いが出て、左手の乾いた感じとの対比がより明確になるので」

「それじゃ、ペダルをピンポイントで使ってみることにします」

(通して弾く)

先生「よくなりましたね。ハイドンは、あやふやなところは多々残ってますが、今回で終了にしましょう。長い間、居残りご苦労様でした」

「ハイドンさんってば、チェルニーよりよほど大変です(*_*)」

次は、シンフォニア14番です。
終結部のソプラノとアルトの弾き分けに苦戦中です。

シンフォニア14番終結部

先生「ソプラノとアルトの音色も大きさも同じになってしまってて、声部がどうなってるのか見えないですね。こういうのも『音は不平等に扱うべし』だよね」

「かなり声部練習もしているのに、全然弾き分けられなくて」

先生「ソプラノはもっと躍動感を出しましょう。青の矢印を付けたところなんかは、勢いをつけて駆け上がる感じ。それに対して、アルトは大人しめに、遠慮がちに下降させましょう」

「分かりました。そういう意識で練習してきます」

シンフォニア14番は、アルトを左右の手で受け渡す場面が多くて、難所満載なのですが、今回は終結部を集中的にやってみました。

『幻想即興曲』とチェルニー40-23は地味な練習を繰り返し。
手の形や角度に気を付けて、変な力が入らないように。チェルニーでは、力が入り過ぎる箇所で、左手で右腕を掴んでみる。不思議と、そうすると力がスッと抜けていくのです。

今回のレッスンは以上です!!
「ハイドンが終わった後の分は、しばらく課題曲空席で、その代わり他の3曲に集中しましょう。メンデルスゾーンの『春の歌』にするとは思うけど、他にもっと弾きたい曲があればそっちに変えてもOK」とのことです。
ハイドンの34番、やっと(無理やり)終わらせることができました(*^▽^*)


にほんブログ村
スポンサーサイト

* Category : セルフレッスン

Tag: ハイドン Hob.XVI:34 バッハ シンフォニア | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by ねこぴあの
>先生「ソプラノとアルトの音色も大きさも同じになってしまってて、声部がどうなってるのか見えないですね。こういうのも『音は不平等に扱うべし』だよね」

・・・!!!Σ( ̄□ ̄|||)
まさか、Nekoushi先生、わたしのインベンション5番を聴きながらコメントしてません??!
そして、ぐおおお・・・・・シンフォニア14番、恐ろしい・・・
こんなに難しそうなのに、さらっと終わる短い曲で、バッハは舞台映えしないというか努力が分かりにくいというか・・・・
バッハ、ハイドン、ツェルニー、そして幻想、アバンチュールしたくなるのも分かります(笑)
・・でも・・・
Nekoushiさん、結構ツェルニー好きですよね?(笑)

To:ねこぴあのさん * by Nekoushi
ねこぴあのさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> まさか、Nekoushi先生、わたしのインベンション5番を聴きながらコメントしてません??!

まさか…(^^;;
バッハで声部の弾き分けが難しいのは、万人に共通(←言い過ぎ)なのでは!?

> そして、ぐおおお・・・・・シンフォニア14番、恐ろしい・・・

さすがに、シンフォニアで一番難しいと言われるだけあって、手ごわすぎます(*_*)
出だしは「女王様の優しそうな微笑み」って感じなのに…。

> こんなに難しそうなのに、さらっと終わる短い曲で、バッハは舞台映えしないというか努力が分かりにくいというか・・・・

インヴェンション、シンフォニア、平均律あたりは、特に舞台映えしないかもしれないですね。
でも、舞台映えしなくても、報われなくても、ハマってしまうんですよね~~
バッハ先生、恐るべし!

> バッハ、ハイドン、ツェルニー、そして幻想、アバンチュールしたくなるのも分かります(笑)
> ・・でも・・・
> Nekoushiさん、結構ツェルニー好きですよね?(笑)

キャラ作りのために「チェルニー好き」と必要以上に言ってますけど、それだけじゃなくて、ホントに好きみたいです(笑)
私には比較的合ってるのかなぁと思います。
アバンチュールしたくなったきっかけは、むしろハイドンです(^^;; 面白いことは面白いんだけど、チェルニー以上に弾きづらくて。

セルフレッスン第31回:課題曲が2曲入れ替わる

少し涼しくなってきたので、ピアノの練習日和!!のはずが、なぜか微妙に乗れない日々が続きます。とはいえ、先日のシューベルト祭りで少しリフレッシュされたこともあり、気を取り直して、一人二役のレッスン第31回目です~~(^^♪まずチェルニー40-25。(とりあえず4分音符=100ぐらいでミスしまくりながら弾く)先生「そろそろ出口が見えてきた感じですね~~。ハノン39番で関連の調のスケールを練習したりしてたそうですから、...

続きを読む

少し涼しくなってきたので、ピアノの練習日和!!
のはずが、なぜか微妙に乗れない日々が続きます。とはいえ、先日のシューベルト祭りで少しリフレッシュされたこともあり、気を取り直して、一人二役のレッスン第31回目です~~(^^♪

まずチェルニー40-25。

チェルニー40-25

(とりあえず4分音符=100ぐらいでミスしまくりながら弾く)

先生「そろそろ出口が見えてきた感じですね~~。ハノン39番で関連の調のスケールを練習したりしてたそうですから、効果があってよかったよかった」

「チェルニーの左手のための24の練習曲16番もやったんですよ。左手だけスケール、右手は和音進行の単純なメロディらしきもの、という感じの曲です(*^▽^*)」←ちょっと得意になってる

先生「そうだったんですね。積極的な取り組みはとてもいいことです。あ、でも、あんまり意識高い系にならないようにね(^^;; 疲れて練習が嫌になると困るから…(笑) 冗談はさておき、ノーミスにこだわらず、もちろんミスがないに越したことはないけど、止まったり弾き直したりしないことを重視で、できれば次回のレッスンで終了できるように頑張りましょう」

次はバッハシンフォニア13番。

シンフォニア13番

(弾いてみる)

先生「これ、少し久しぶりでしょ?」

「は、はい。バレましたか(>_<) すみません」

先生「でも、寝かせている間に熟成されて、かえって良かったかも。注意点をいくつか忘れているのは困りますが…。一番大事なのは、主題が2声部で同時に並行して進む箇所が、そうなってないですね」

シンフォニア13番 31-36小節

先生「↑例えばこの部分の3~5小節目の右手みたいなの。それを意識して、もう一度弾いてみてください」

(演奏)

先生「あ、一気によくなりました。これは今回で卒業にしましょう!さて、次は、7番ホ短調、12番イ長調、14番変ロ長調のどれかですけど、どれがいい?」

「次は長調の曲やりたいです。14番が一番難しいという噂ですけど、私には12番の方が難しそうに見えるし…」

先生「実際に手に当ててみた?」

「はい、ほんの少しですが…」

先生「それでしたら、自分の判断を信じましょう。誰がなんと言おうとも、自分が難しいと思った方が難しいんです。難易度の噂なんて、お話半分で聞いときゃいいのよ(笑)」

「人の噂も七十五日って言いますもんね」

先生「それはかなり違うと思うけど…(^^;; 何はともあれ、年内を目標に14番頑張りましょう」

というわけで、シンフォニア界の女王様(なのか?)、14番をやることになりました(≧▽≦)

次はハイドンのソナタ第34番ホ短調です。

(まずは弾く)

先生「あと一息なんだけど、第2主題部を徹底的にやる必要があります。↓下の楽譜の1つ目のフェルマータの次からが第2主題ですね」

ハイドン Hob.XVI:34 第1楽章第2主題

先生「この部分では何に一番気を付けるんでしたっけ?」

「ポリフォニックな処理です」

先生「その通りですね。各声部の流れがしっかり聞こえるようにしないといけません。そのための練習方法は?」

「いくつかのいくつかの声部を取り出して組み合わせる。全声部を弾きながら、特定の1つの声部を強調してみる。あっ、ちょっと適当に済ませてた気が…Σ( ̄ロ ̄lll)!!」

先生「わかってるじゃないの~~!!内声は、もっと響かせたほうがういいでしょう。例えば、オレンジと緑で示したラインですね。再現部でも同じようにね。ハイドン先生の夏の学校は、もう少し続きます。居残りです(笑)」

次は『献呈』。

(何回か弾いてみる)

先生「よく頑張ったと思います!私が教えられることはひとまず全て教えましたので、レッスンは卒業でいいでしょう」

「えっ。何か、あっけないですね(涙) まだまだ弾けないとこだらけですよう~~」

先生「レッスンは終わりだけど、自分でもっともっと弾き込んでいけばいいじゃない。あと、人前で弾くような機会、そうねぇ、誰かの結婚式で弾くとか…?笑 そういうことがある時は、集中特訓しますね!」

「そんな大それた役、万が一お願いされても固く辞退しますよ~~~」

先生「ははは。あと、気が向いたら一部分でいいので録音してみてくださいね」

献呈』は、レッスン曲から「レパートリーにできればいいな曲」に移行しました(*´▽`*)
次回からは、ロマン派枠は『幻想即興曲』に集中したいと思います。

* Category : セルフレッスン

Tag: バッハ シンフォニア チェルニー40番 ハイドン Hob.XVI:34 シューマン リスト 献呈 | Comment-open▼ * Comment : (7)

No Subject * by ねこぴあの
>というわけで、シンフォニア界の女王様(なのか?)、14番をやることになりました(≧▽≦)

お~~14番は女王様なのですね?!(;´▽`A
弾かれたら、音源ききたいです~~

To:ねこぴあのさん * by Nekoushi
ねこぴあのさん、こんばんはー☆彡
コメントありがとうございます(^^♪

14番は優雅で気高い感じが女王様です!!
ねこぴあのさんのお好きな曲♪♪と思いながら選曲しました(*^▽^*)

音源をUPできるように、ちゃんと弾けるようになるといいな~
2分以内に収まらない場合は、一部分だけになります(;^_^A
fc2のファイル限界サイズを超えてしまうらしくて…。

こんばんは^^ * by どれみ
次はシンフォニア14番なのですね~^^
最近終わったばかりなので
セルフレッスン楽しみです^^

14番が女王様なら、王様は何番でしょう?^^

すいません。 * by どれみ
操作ミスでで2つになってしまいました。

こんばんは^^ * by ゆりこ
ハイドン先生の夏の学校、もう少し、なのですね!がんばってくださいね~って
自分も次のレッスンで終われるか謎ですが。そして次もハイドンソナタ弾こうかなと思ってるので、まだまだハイドン先生とのお勉強が続きそうです~~

ヘンレ楽譜のスマホケースほしいです♫商品化してくれないかなあ~

シューベルトのソナタ21番、今回じっくり聴いてみました。きれいな曲ですねえ。私も好きです!そういえばイリーナさんの本「ピアノの名曲」、買いましたよ!シューベルトのところ、すごく興味深く読みました。いつかシューベルトも弾いてみたいなあって思いました^^

To:どれみさん * by Nekoushi
どれみさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

14番は、私も楽しみにしてました(*^▽^*)
しっかり練習したいです。

> 14番が女王様なら、王様は何番でしょう?^^

王様は、ちょっと暗いけど7番かなぁと思ってます(今のところ)。
厳粛で威厳がある王様です。
ちなみに、宗教色豊かな9番ヘ短調が大司教です!

To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ハイドン先生は温厚そうな顔して、なかなか手ごわいので、居残りになっちゃいました(^^;;
でも、その分いい練習になると信じてます。

ゆりこさんは、次もハイドンをされるのですね!
楽しまれてくださいね。

> ヘンレ楽譜のスマホケースほしいです♫商品化してくれないかなあ~

これ、あったら絶対買いますよね!!
みんなでヘンレ社にリクエストしてみませんか?笑

> シューベルトのソナタ21番、今回じっくり聴いてみました。きれいな曲ですねえ。私も好きです!

ホントいいですよね(*´▽`*)
21番好きな人が増えて嬉しいです!

イリーナさんの本「ピアノの名曲」、買われたのですね!
この本、面白いし内容は深いし素晴らしいと思います(≧▽≦)
弾いてみたい曲が増えてしまいそうですけど…(笑)

セルフレッスン第28回:やはり『献呈』は楽しい!!&選曲をめぐる攻防!?

私が私にピアノを習うコーナー。第27回目にやり残した分を今日やリました。第28回目になります。今回は、前回のレッスンでやり残していた、ハイドンのソナタ第34番(Hob.XVI:34)ホ短調より第1楽章、そして、シューマン=リスト『献呈』です。まずは、ハイドンのソナタ。先生「冒頭、スタカートの処理は良くなりましたね。ここは、跳ねない。マルカートなのでしたね」私「左手のオクターブの跳躍がなかなか決まりません(>_...

続きを読む

私が私にピアノを習うコーナー。第27回目にやり残した分を今日やリました。第28回目になります。
今回は、前回のレッスンでやり残していた、ハイドンのソナタ第34番(Hob.XVI:34)ホ短調より第1楽章、そして、シューマンリスト献呈』です。

まずは、ハイドンのソナタ。
ハイドン Hob.XVI:34 一楽章冒頭

先生「冒頭、スタカートの処理は良くなりましたね。ここは、跳ねない。マルカートなのでしたね」

「左手のオクターブの跳躍がなかなか決まりません(>_<)」

先生「↓こういう部分ですよね。親指に神経を集中させてみてください。親指の角度がぐらつかないよう、しっかり固めます」

ハイドン Hob.XVI:34 一楽章 51~59小節

「脱力が大事とよく聞きますが、力を入れてしまって構わないのですか?」

先生「脱力は、『入れるべき力、入れざるを得ない力は入れる。それ以外の余計な力は抜く』、ということです。親指に昔の怪我を引きずって問題を抱えているので、入れざるを得ない力が増えてしまうのは仕方ありません。弾き方に戻りますと、上から見ると、手を左回転させるという意識ですね。つまり、親指は奥に向かい、小指は手前に引く感じ。これで行けると思いますが」

(試してみる)

「少し弾きやすくなった気がします」

先生「片手で、速さを色々変えながら、着実に鍵盤を捉えられるように練習してくださいね。あとは、気になったのは、左手が3度で進む部分がバラけることがありますね」

「それ、下手に聞こえそうですね」

先生「聞こえるんじゃなくて、実際、きちんと弾けてないのです(^^;; 前回のレッスンでチェルニー40-24の左手の3度のレガート進行を集中的にやったじゃない?その時の感覚を思い出して。なんかね、3度で重なっている音の、下の音に気をとられ過ぎてる気がする。もちろんバス音を強調すべき和音っていうのはあるし、むしろその方が多いのだけど、3度の場合は、同じ大きさで溶け合わせるべきでしょうね。苦戦する箇所は徐々に減ってきてますから、地道に頑張ってください」

次は『献呈』です。

「最近、『献呈』の練習が不足していて、何だか後ろめたい気がしてます」

先生「練習が足りないのは良くないですが、練習が足りないと後ろめたくなるという気持ちは大事にしていってくださいね。ま、それはさておき、聴かせていただきましょうか」

(通して弾く)

先生「練習が足りてない割には後退してないじゃないの(*^▽^*) でも、一番苦手な箇所は変わってませんね」

「中間部(↓この部分)でしょうか?」

献呈 32-43小節

先生「そうそう、そこ!!メロディを右手で+和音の刻みを左手で、メロディラインのみ右手で+バスのラインのみ左手で、右手だけを譜面通りに、などの練習を組み合わせてやるように言いましたが、あんまりやってないでしょ?」

「…」

先生「それでも前よりはよくなっているのですよ。正しい練習をして、もっともっと、しっかりと歌えるようになって欲しいと思います。でも、楽しくて通し弾きばっかりしたくなる気持ちは分かりますよ」

「先日、久しぶりにグランドピアノの練習室で弾いたら、響きが素敵すぎて、あまりにも楽しくて…」

先生「何で私も連れて行ってくれなかったのよ?笑 リストはピアノの響かせ方を本当に良く分かってる。もちろんショパンもです。だから、早くグランドピアノ買いなさいってば(笑)」

「このまま行くと、一生『献呈』だけで満足となりかねないので、次の候補もそろそろ考えたいのですが、まだ早いでしょうか?」

先生「いいですよ~~。私はショパンのプレリュード3番やったらいいと思うんだけど…。簡素な作りの曲ながら、メカニックと表現力が問われる素敵な曲です。左手が走り回って右手が歌うところはエチュード10-12に似てるかも。プレリュードのほうはト長調だから雰囲気は全く違いますが」

「プレリュード3番、心惹かれます。でも、急に『幻想即興曲』が弾いてみたくなってしまって」

先生「かなり意外な選曲ですね。私はプレリュード3番の方を推すけどなぁ。プレリュード3番、いかにも好きそうだもん。まあ、どうしてもと言うなら、『幻想即興曲』やってもいいですけど…(←イマイチ納得してない)。 ゆっくりでいいので、ちょっと弾いてみてください」

ショパン 幻想即興曲

(弾いてみる)

先生「かなり左手に負担がかかる弾き方をしてますね。5本の指をヒトデのような形に硬直させて、ヒトデを左右に回転させてる感じです。これはすぐに直さないと! まず、指を丸めて、いわゆる正しい手の形を作ってください。6連符の伴奏は、それを基本に、指の柔軟性、手首の柔軟性と回転を駆使して弾きましょう。そういう予備練習は早めに取り組んだ方がいいかも」

「は~い、硬直ヒトデを柔らかくしておきます」

先生「あと、この曲は、エキエル版とフォンタナ版(普通使われてるもの)が結構違っているので、どちらにするかというのが興味深いです。エキエル先生のウィーン原典版を渡しておきますから、全音の楽譜と比べてみて、どっちで弾きたいか考えておいてください」

「分かりました。気が早いと怒られそうですがハイドンの次の曲も…。メンデルスゾーンの『紡ぎ歌』が気になります」

先生「楽しそうだし、指の敏捷性を養うのにもいいし、悪くないですね。あ、でも、あわただしい曲ばっかりになってしまうのがちょっと気になる。同じメンデルスゾーンで、エレガントな『春の歌』はいかが?あ、ほら、なかみっちゃん、『紡ぎ歌』だけじゃなくて『春の歌』も弾いてたじゃない?」

「あ、そうでしたね!じゃ、そうします(*´▽`*)」

先生:(何て単純な…)←心の声

今回のレッスンは、こんな感じでした。
次の曲の予定が2曲決まりました!

* Category : セルフレッスン

Tag: ハイドン Hob.XVI:34 シューマン リスト 献呈 ショパン 幻想即興曲 | Comment-open▼ * Comment : (6)

NoTitle * by utokyo318
子どもの頃まじめに練習していなくて詳しいことはほとんど分かりませんが、左手を痛めると大変ですよね💦
指の訓練にもなるような曲はありがたいですが、酷使しすぎると回復に時間がかかってしまいますよね・・・・

何を弾くか考えるのも楽しいですよね♫
脳トレにもなると思うので、ぜひ頑張ってくださいね(^o^)

To:utokyo318さん * by Nekoushi
utokyo318さん、コメントありがとうございます(^^♪

指を痛めると、酷い時は、その後ピアノを弾けなくなってしまう場合もあるようなので、気を付けたいと思います(>_<)
特に、いい年をした(?)大人はそうみたいです。

何を弾くか考えるのはとても楽しいです!
ひょっとすると、実際に弾いている時以上に楽しいかもしれません(笑)

> 脳トレにもなると思うので、ぜひ頑張ってくださいね(^o^)

ありがとうございます(*^▽^*)

NoTitle * by ねこぴあの
>早くグランドピアノ買いなさいってば(笑)」

先生、いいぞいいぞ!( ̄ー ̄)

To:ねこぴあのさん * by Nekoushi
ねこぴあのさん、コメントありがとうございます〜〜

ひぃっ、ヤ○ハの回し者の援軍が増えた〜っ(笑)
グランド買うとなると、どの部屋に何を置くかというのを根本的に見直さなきゃいけなくて、考えるのが億劫です。
いや、それだけに、後押しはありがたいです!

NoTitle * by けもネコ
相変わらず、セルフ先生は厳しいですね( ´Д`)

硬直ヒトデ弾き、私も注意されます(^^;
こういう指だけに頼った弾き方は故障につながるから、大人は特に要注意なのですよね。

Nekoushiさんなら、グランドを購入したらさらに上達に拍車がかかりそうです(^^


To:けもネコさん * by Nekoushi
けもネコさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

> 相変わらず、セルフ先生は厳しいですね( ´Д`)

自分に厳しく!です(笑)
手を痛めて弾けなくなってしまったら一大事ですし…。
ヒトデは柔らかくしておかなければなりません。

> Nekoushiさんなら、グランドを購入したらさらに上達に拍車がかかりそうです(^^

ありがとうございます(*´▽`*)
先日久しぶりにグランドで練習をして、よりよい音をよく聞くことが大事だなあと、実感してます。

セルフレッスン第25回 ハイドンのソナタ、かなり勉強になります

梅雨はピアノライフには天敵です。湿気のせいでピアノの音色は落ちてくるし、レンタル練習室に行くのも何だか億劫(>_...

続きを読む

梅雨はピアノライフには天敵です。湿気のせいでピアノの音色は落ちてくるし、レンタル練習室に行くのも何だか億劫(>_<)
ま、大人しく家のアップライトで一人二役のセルフレッスンでもしておきましょう。レッスン自体は昨日やりました。

「まずチェルニー40番は2曲課題になってますけど、今日は40-12だけ見ていただきたいのですが…」←珍しく自主性が見られる(笑)

先生「分かりました。12番、よほど自信があるのか、その逆か分かりませんけど…(笑)」

チェルニー40-12
↑チェルニー40-12。私の天敵、分散和音の練習です!

(弾いてみる)

先生「前よりかなり何とかなってきましたね。でも、指使いをきちんと守ってください。かえって弾きづらい不思議な運指をして自滅してるところ多数です(^^;; あと、鍵盤をガン見しないこと!!」

(少し練習)

先生「跳躍の時なんかで確認にチラ見するのはいいのよ。でも、凝視はいけません。せっかくつかめている鍵盤の空間的感覚が鈍ると勿体ないでしょ?これ、けっこう苦労してる人が多いんだから…。あ、ちょっと待って」

「え?先生、カーテンなんか外して、何を始められるのですか!?」

先生「思い切って、手もとをカーテンで覆ってしまおうかと思って(笑)」←そんなことしたら、カーテンの重みで弾けないΣ( ̄ロ ̄lll)!!

「ひーっ、それは勘弁してください」

(というわけで、さらに練習)

先生「これは、このぐらいにしておきましょうか。合格にしておきます。Nekoushi音楽院プチ・トリアノン校舎は、合格基準がとても甘いのです(って、いつから音楽院になったのだろう)。あ、そうそう、カーテン被せると脅したら、音名を口で唱えてましたね。それで結構です」

チェルニー40-12は、めでたく終了!!
40-20に専念します。

次は、ハイドンのホ短調ソナタです。
今回は、展開部から再現部に掛けて譜読みしました。

「左手のオクターブがどうしてもうまく行きません。提示部の同じ音形もですけど。あと、和音を外しがちで…」

ハイドン Hob.XVI:34 一楽章 51~59小節

先生「上の図の赤枠で囲った部分ですね。練習方法を教えましょう。下の音だけ左手の5の指で弾く。上の音だけ1の指で弾く。16分音符にバラして弾く。この3つで、ポジションが掴めるようになると思いますよ。それから、バラされてる和音は、同時にならす形、つまり、ピンクで囲った形で響きをしっかり覚えましょう。この辺りは属7と減7ばっかりだということが分かると思います。あと、青で印付けた非和声音は伸ばさずきちんと切る。タイついてないでしょ?」

「次は、84~86小節あたりの右手の16分音符のパッセージでオクターブ下降するのが弾きづらいです」

ハイドン Hob.XVI:34 一楽章 82~89小節

先生「丸い矢印を書き込んでおきましたが、薄くて見えづらいですね。ゴメンナサイ、我慢してください。ここは、手首を左回転させる感じです。チェルニーでも頻出でしょ。しっかり応用できなくては」

「終結部は、ウィーン原典版ではほとんど強弱が書いてなくて、どうしたものか悩みます」

先生「ちょっと、112小節あたりから弾いてみてください」

(弾いてみる)

先生「基本的にフォルテで進んで、最後の方でディミニエンドかけて弱音で消えるように終わりましたね。全音のソナタアルバムなんかでもそんな指定じゃなかったっけ?」

「でも、なんだか変化に乏しい気がして…」

先生「そういうことでしたら、別の解釈を考えてみましょうか。ハイドンと言えば、強弱の変化が激しいというか唐突なところがありますよね。さて、どこを弱めましょう?」

「右手、16分音符でジャラジャラ鳴らしていたのが、114小節から単音になって、ミララ、レソ♯ソ♯、と118小節まで下降していく部分を、小さく弾いてみたいです」

先生「そうですね、そこでしょうね。117小節だけは次のフォルテに向けてクレッシェンドしてもいいと思います。あと、この部分はアーティキュレーションにも注意を払わなければなりません。無意識に、2音スラー、1音スタッカートと弾きたくなりますけど(黄緑で表示)、むしろ、1音目テヌートスタッカート、2音目と3音目スタッカートという意識で弾いてみてはどうでしょう?」

「ミ、レ、ド、シ、ラ、ソ、ファ♯の下降音階のラインがくっきり浮かび上がって来ますね!」

先生「そうでしょう?私のハイドンのイメージにはこちらの方が合っています。モーツァルトだったら、迷わず2音スラー、1音スタッカートですけどね。ただ、これは、私の提案は提案として、趣味に任せます」

ハイドン Hob.XVI:34 一楽章 終結部
↑終結部の強弱などをまとめた図

「終結はディミニエンドしてピアノで終わっていいですか?」

先生「この楽章だけで終わるとしたら、それでいいと思います。でも、2楽章が続く場合はまた違った解釈があっていいのでは?」

ハイドン Hob.XVI:34 二楽章
↑2楽章

先生「2楽章は弱音でゆったり始まるでしょう?それなら、1楽章の終わりはフォルテのままリタルダンドもせず駆け抜ける。ほとんど間を置かずに2楽章に入る。ということで、対比の妙を出せると、私は思います。それから、この楽章は後半のリピートも指定されているんですよね。展開部に戻る。展開部の始まりは弱音なので、やはりフォルテのまんまのほうが対比の面白さが出ますよね。後半のリピートを実行するかどうかは別問題ですけど…。色々考えながら、よく譜読みをしておいてください」

「ハイドンのソナタは意外とかなり勉強になりますね」

先生「素晴らしい教材です。教材って言うと一段低く見られがちだけど、変な話ですよね。いい曲だからこそ教材になる。古文の教科書だってそうでしょう?どうでもいいような作品は教材として載りません(笑)」

残りはシンフォニア4番と『献呈』です。
ごく簡単に報告しておきますと、シンフォニア4番は合格。「残ってる曲であんまり萌えない曲ある?」と聞かれたので、それは飛ばしてくれるのかと期待して「13番!」と即答したら、それが次の課題になりました(^^;;←もちろん全て自問自答
『献呈』は、中間部の弾き込みが足りないのが一番の課題ですが、「そろそろ仕上げ(Nekoushi音楽院基準で(笑))に入りましょう」とのことです。

今回のレッスンはこんな感じです。

* Category : セルフレッスン

Tag: チェルニー40番 ハイドン Hob.XVI:34 | Comment-open▼ * Comment : (8)

NoTitle * by かつ
Nekoushiさん、こんにちは。
かつです。

私もハイドンのピアノソナタ34番好きです!
いつか弾こうと思っていたので参考になりました。
ありがとうございます。

ただハイドンのソナタ曲集は
好きな曲が複数巻に分散されていて買いづらいのですよね。。

あと私もNekoushi音楽院に入学したいです(笑

NoTitle * by utokyo318
同じ曲でも、アレンジによって表現が変わってくる。
そういうのも、きっと楽しいんでしょうね(^o^)
雨が続くと憂鬱になったりしますが、ピアノレッスンというやりがいがあれば、そちらに没頭できていいですね🎶
私も、仕事の勉強しっかりやらなければ!

To:かつさん * by Nekoushi
かつさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ハイドンのソナタ34番、参考になりましたか?
良かったです(*^▽^*)
あ、でも、私のレッスン記は「事実に基づいたフィクション」なので、お話半分で受け取っていただければと思います。

> ただハイドンのソナタ曲集は
好きな曲が複数巻に分散されていて買いづらいのですよね。。

それはあるみたいですね。
全音の選集は意外と高いですし、ウィーン原典版の全集はなおさら(*_*;
私は、ウィーン原典版の第4巻に興味がある曲が多いので、それを買って、あとはIMSLPのお世話になってます。

> あと私もNekoushi音楽院に入学したいです(笑

ホントですか!?
先生が3人になっちゃうのでは?笑

To:utokyo318さん * by Nekoushi
utokyo318さん、こんにちは。
コメントありがとうございます(^^♪

>同じ曲でも、アレンジによって表現が変わってくる。
そういうのも、きっと楽しいんでしょうね(^o^)

そうですね、ああでもないこれもないと、試行錯誤するのが楽しいです。音楽に限らず、楽しめることは何事も(おそらく勉強も)そうかもしれません。
utokyo318さんの生徒さんが一人でも多く「勉強楽しい」と言ってくれるようになるといいですね!

梅雨への不平不満を書いたら、真夏みたいに暑くなってしまいました。それはそれで困ります(>_<)

NoTitle * by 私はタワシ
ハイドンのピアノ曲って人気も一般的評価も必ずしも高いとは言えませんけど、でも時々聴きたくなるし、弾きたくなります。ソナタ、いくつかやったことあります(ソナチネアルバムに載っているの以外でも!笑)
ホ短調ソナタはまだ弾いたことがないんですが、いずれそのうち、音を並べて・・・じゃなかった、譜読みして(笑!)みようかなと思ってます。

そうそう、先生もおっしゃっているように彼の曲には唐突なところがあったりしますね。強弱もそうだし、リズムの面でも。そこが難しさでもあり、楽しさでもあるんでしょうね。

ではまたです〜
梅雨明けまでもう少し、体調管理しっかりして乗り切ってくださいね♪

To:タワシさん * by Nekoushi
タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ハイドンは、モーツァルトとベートーヴェンの陰に隠れて損な役割を演じている感じですよね(^^;

> いずれそのうち、音を並べて・・・じゃなかった、譜読みして(笑!)

笑笑
早速応用してくださってありがとうございます!

そういえば、以前、「タワシさんはハイドン似合いそう」と言ったような記憶があります。
是非いろいろと開拓なさってみてくださいね(≧▽≦)

> 彼の曲には唐突なところがあったりしますね。強弱もそうだし、リズムの面でも。そこが難しさでもあり、楽しさでもあるんでしょうね。

そこにハマるとクセになりそうですよね(笑)
でも、弾きづらい(>_<)
フォルテピアノの軽い鍵盤だったら、もう少し弾きやすいかなぁとも思うのですが…。

> 梅雨明けまでもう少し、体調管理しっかりして乗り切ってくださいね♪

ありがとうございます。
タワシさんも~~

おはようございます^^ * by ゆりこ
ハイドンの練習法とても興味深いです!
参考にさせていただいて練習してみますね♪

あと、モーツアルトらしさとハイドンらしさについてお話し、私の先生も先日のレッスンで、似ているお話をされていたので、
「おお~同じだ~」と思ってしまいました(笑)

>いい曲だからこそ教材になる。

なるほどーそうですよね!
そういえば、学生時代、古文わりと好きでした♪言われてみれば、現代まで残っているのは名作ばかりですよね。

この記事のタイトルがとても嬉しくて・・・(笑)
また読みに伺いたいと思います^^

To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、おはようございま~~す
コメントありがとうございます(^^♪

ちょうど今、ハイドン先生の弟子仲間ですもんね(笑)
参考になったとしたら嬉しいです(#^.^#)

> 私の先生も先日のレッスンで、似ているお話をされていたので、

ホントですか!?
やっぱり音楽院開業しようかな…。←調子に乗りやすい(^^;;
ひょっとすると、前世はピアノ教えてたのかもしれません(笑)

> 学生時代、古文わりと好きでした♪言われてみれば、現代まで残っているのは名作ばかりですよね。

私も古文けっこう好きでした!
仲間ですね(*^▽^*)
音楽でも文学でも、名作が時代の波をこえて現代に残ってるのが古典なのかなぁなんて思ってます。

セルフレッスン第24回 今回は短調特集~~♪♪

私の、私による、私のためのレッスン(!)、第24回目です。今回は、バッハのシンフォニア4番ニ短調と、ハイドンのHob.XVI:34(ソナタ第34番)ホ短調を中心にやりました。それでは、まずシンフォニアの方から。前回の記事で力説した、最近のお気に入りの1曲です(≧▽≦)先生「いきなり、主題に6度、7度の跳躍が出てきますが、こういう離れた音程の修辞学的意味は何でしたっけ?」私「苦しみとか罪ですか?」先生「そうですね。冒頭か...

続きを読む

私の、私による、私のためのレッスン(!)、第24回目です。
今回は、バッハシンフォニア4番ニ短調と、ハイドンHob.XVI:34(ソナタ第34番)ホ短調を中心にやりました。

それでは、まずシンフォニアの方から。
前回の記事で力説した、最近のお気に入りの1曲です(≧▽≦)

シンフォニア4番

先生「いきなり、主題に6度、7度の跳躍が出てきますが、こういう離れた音程の修辞学的意味は何でしたっけ?」

「苦しみとか罪ですか?」

先生「そうですね。冒頭から宗教色の強さを予感させますね。跳躍の部分、楽譜にはブレスの印がついてますが、『ブチッ、ブチッ』と切らないように」

「少し間ができる感じでしょうか」

先生「そうそう、そんな感じ。高いところに上るからエネルギーがいる。ですから、スッとは進めない。跳躍先の音の向き、というか、動きは?」

「上向きですか?」

先生「上り切ったのだから、さらに上向きではなく、しっかり落ち着けましょう。手首の重みを使って受け止める感じで。キーンと上向きに響くと、少し品がなくなります」

シンフォニア4番 11~14小節

先生「次は、12~13小節。この部分は内声に半音階が出てきますね(赤い矢印)。半音階は何を表してますか?」

「受難とか苦難でしたっけ?あっ、ということは、内声をもっと目立たせた方がいいのですね」

先生「その通りです。ただし、やり過ぎたら、あざとい感じになるので気を付けて。曲の終結部では、上声に半音階が出てきます。こちらは、やり過ぎを気にせず響かせていいと思います。あと、どちらも半音階はレガートです。指使いをよく研究しておいてください。この曲は、しっかり弾き込めば、そろそろ次に進めそうです」

次はハイドンのホ短調ソナタです。

ハイドン Hob.XVI:34 一楽章冒頭

先生「冒頭の左手の伴奏はツンツン飛び跳ねるのではなく…」

「鋭く、ですか?」

先生「いや、腕使って跳ねないように。手の高さはほとんど一定のまま指だけで長さをコントロールしましょう。一音一音はっきりと、ニュアンスとしてはアクセント気味に。まあ、マルカートと捉えておいていいのではないでしょうか。鋭くというのとは違いますが、短めでササっと進むのがハイドンらしいと思います」

ハイドン Hob.XVI:34 一楽章第2主題

先生「次は第2主題を見て見ましょう。青の矢印以降の部分ですね。ここはポリフォニーをしっかり表現しなければなりません」

「音価をきっちり守る。指使いに気を付けて各声部の旋律線が変なところで途切れないようにする。ですか?」

先生「その通りです。私の言うセリフありません。いや、なくはない(笑) フェルマータ付き休符の部分は、音楽の流れをしっかり止めること。休符を伸ばすのではありませんよ。流れを止めるのです。ハイドンらしく唐突に止まり、そして唐突に走り出す(笑)」

ハイドン Hob.XVI:34 一楽章 42~45小節

先生「それでは、提示部の終わりの部分。ここは、オレンジで囲んだ音符をよく響かせて、『ソーー、ッソラ♪ シーー、ッソラ♪ シーー、ッソラ♪』と聞こえるように」

「オレンジの音符にアクセントをつけるということですか?」

先生「基本的にはそうなんだけど、この部分の各小節の右手1拍目は、思い切ってフィンガーペダルかけてもいいかも。その音を保持するってことね」

「手がいっぱいいっぱいになります(>_<)」

先生「それなら無理せず、アクセントとダンパーペダルで響かせましょうか。今日は提示部まで。まあ、展開部と再現部も、注意点は同じようなことなので、よく譜読みしておいてください」

今回の主なメニューは以上です。短調の2曲をみっちりやりました。
他には『献呈』とチェルニー40-12を少々やりましたが、省略します。←手抜きになってきたΣ(゚д゚lll)!!

* Category : セルフレッスン

Tag: バッハ シンフォニア ハイドン Hob.XVI:34 | Comment-open▼ * Comment : (4)

No title * by 夕
こんばんは( ☆∀☆)
セルフレッスンお疲れさまでした。

6度7度離れた跳躍は、苦しみや罪………φ(..)勉強になりまーす!←インベンション9に活かす♪
次のシンフォニアは11番にしませんか?(^_^ゞ

ハイドンは関わった事がないので、興味津々です。

献呈、先週の発表会で弾いた方がいたのですが、やっぱり素晴らしい曲だと思いました!
譜読み力をアップして、私も取り組みたいです( *´艸`)

To:夕さん * by Nekoushi
夕さん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

レッスン記を読んでいただきありがとうございます~~
少しでも役に立てれば嬉しいです(*^▽^*)

> 次のシンフォニアは11番にしませんか?(^_^ゞ

いいですね(≧▽≦)
去年の夏に一応やりましたが、たぶん多声がきっちり弾き分けられてなかったと思うので、いずれ再履修します(笑)

ハイドンは、私には弾きづらいです(>_<)
修行と思って頑張ってます!
でも、34番のソナタは曲自体好きかな~~

夕さんも『献呈』やりましょうよ(*´▽`*)
来年の発表会とか…?←気が早い(^^;;

NoTitle * by ゆりこ
こんばんは^^
セルフレッスンお疲れ様です♪

シンフォニアのレッスン参考になります!
音の向きですとか、レガートのための指使いとか、自分も意識してみようと思いました。

ハイドンのレッスンも興味深いです。
唐突に止まって唐突に走り出す←ハ短調のソナタもありますよ~
そして各声部の旋律、やはり指使いですね。苦戦してますよ・・・(>_<)

またNekoushi先生のレッスン楽しみにしてます^^

To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、どうもです~~
コメントありがとうございます(^^♪

何かの参考になりましたならば嬉しいです。

シンフォニアは、ゆりこさんオススメの『インヴェンション こころの旅』に刺激を受けて(といっても、まだ買っていないのだけど…(^^;)、色々勉強してみました(*^▽^*)

ハイドンでは、お互い同じようなことに苦労させられてますね(>_<)
ハイドン先生、勘弁して!!という感じです(笑)
でも、弾き込んでいけば色々勉強にならないはずがないと期待してます。
頑張りましょう!!

またレッスン記を書いたら読んでやってくださいね♪♪