FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

たまにはヒステリックな練習もいいかも…!?

すっかり年の瀬ですが、30日か大晦日に今年最後のレッスン(もちろんセルフ!)をする予定なので、それに備えてモーツァルトのK311(第3楽章)とバッハの『フランス組曲6番』(~アルマンド)を中心に練習していました。バッハの方は比較的淡々と練習できました。でも、K311の難所(125~136小節あたり)が、今年中に何とか合格させて早く『献呈』に入りたいなどと邪念が入るせいか、なかなか上達しません(-_-;;↑難所はおなじみの...

続きを読む

すっかり年の瀬ですが、30日か大晦日に今年最後のレッスン(もちろんセルフ!)をする予定なので、それに備えてモーツァルトのK311(第3楽章)とバッハの『フランス組曲6番』(~アルマンド)を中心に練習していました。

バッハの方は比較的淡々と練習できました。
でも、K311の難所(125~136小節あたり)が、今年中に何とか合格させて早く『献呈』に入りたいなどと邪念が入るせいか、なかなか上達しません(-_-;;

K311 125~136小節

↑難所はおなじみの(?)この部分です。
右手が細かい分散和音、左手がトリル付きだったり跳躍の大きかったりする主旋律で、ものすごく弾きにくいです。

え?これ、30日か31日までに間に合うの!?と焦るし、だんだん腹も立ってくるし、悔し泣きしたくなるし(いや、泣きはしませんが)、珍しくヒステリックな練習になってしまいましたΣ(゚д゚lll)!!

綺麗な音?そんなの知らん。
叩きつけるように弾いてでも指に音を覚えさせてやる!!
止まらなきゃ何でもいいや。
と、逆ギレモードな今日の気分にピッタリな曲は、『魔笛』の『夜の女王のアリア』です(^^;;
問題の部分は、曲調も割と似てる気がしないでもないし…。


↑『夜の女王のアリア

ん~、ヒステリック練習、意外と効果あったように思えます。
やっぱり、ひたすらお行儀よく練習してればいいってものでもないみたい。
何回かやってるうちに、憑き物が落ちたような感じになって、少しだけ上達もしました(≧▽≦)
今まで、パッションとか必死さみたいなのが足りなかったのかも…。

2曲を練習したあと、清らかな気持ちになって(←大袈裟)バッハを何曲か遊び弾きしました。
その中から、25年近く前と2か月ぐらい前に遊び弾きした『フランス組曲4番』のアルマンドを思わず録音してしまいました。
無謀にも、今日は練習無しで録音し始めて3テイク目の録音を公開するという暴挙ですので、聞くに堪えないのだけど、まあいいか。






プレイヤーが表示されない場合は【こちら】からも辿り着けるようにしておきます。でも、はっきり言ってオススメはしません(*_*;
(年が明けたら、この音源の公開は止めるかも…)

今年は、モーツァルト2回、シューマン1回、それから今回のバッハ1回、合計4回録音を公開しましたが、なぜか弾くのが苦手のはずのシューマンが一番気に入っています。不思議だわ~
スポンサーサイト

* Category : 音源

Tag: バッハ フランス組曲 モーツァルト K.311 魔笛 夜の女王のアリア | Comment-open▼ * Comment : (2)

NoTitle * by やぢま
ヒステリック、という言葉に反応してコメントいたします。

私、女性は、ちょっとヒステリックな時があっても良いのでは、と思ってます。もともとそういう体質ですし、自然に逆らう必要はないのでは、と…。

Nekoushiさんが例に挙げておられる夜の女王のように、喚き散らすのも、それが美しく昇華されれば、芸術の域まで達します。

大切なのは理性だけではありません。情念を鍵盤にたたきつけるのもまた、良し!女性の特権かも知れませんね。:-P

To:やぢまさん * by Nekoushi
やぢまさん、コメントありがとうございます!

コメントを読ませていただいて、すごく救われた気持ちになれました。

> 夜の女王のように、喚き散らすのも、それが美しく昇華されれば、芸術の域まで達します。

私がやったのは、そんな大それたことではないのですが、そう言っていただけて嬉しいです。

> 大切なのは理性だけではありません。情念を鍵盤にたたきつけるのもまた、良し!

そうですよね!
最近、自分の演奏に、技術以外にも何か物足りないものを感じていたのですが、そういうことかもしれないと思いました。