FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

意外と使える?電子ピアノでバッハの練習

バッハのシンフォニア3番に相変わらず苦戦中です(^^;;私は、アップライトとクラビノーバを持っているのですが、アップライトを置いている部屋にはエアコンがなくて、しかも部屋の構造上設置できないらしく、こんな暑い日が続くと、不本意ながら(?)バッハもクラビノーバでの練習しかできません。やっぱり、ピアノ弾きながら熱中症になるのはイヤだから…(笑)「でも、電子ピアノだと対位法の表現に無理があるから気乗りしないし…」と...

続きを読む

バッハシンフォニア3番に相変わらず苦戦中です(^^;;

私は、アップライトとクラビノーバを持っているのですが、アップライトを置いている部屋にはエアコンがなくて、しかも部屋の構造上設置できないらしく、こんな暑い日が続くと、不本意ながら(?)バッハもクラビノーバでの練習しかできません。
やっぱり、ピアノ弾きながら熱中症になるのはイヤだから…(笑)

「でも、電子ピアノだと対位法の表現に無理があるから気乗りしないし…」と思っていたのですが、良い使い道を発見しました(≧▽≦)
それは、電子ピアノをオルガンの音にしてバッハの練習すること。
全音符や2分音符で伸ばす箇所を見てると「こういうのはどう考えてもオルガン向けよね」と、ふと気づいて試してみたら、色々と発見がありました。

色々というか、主に音価ですね。
今まで保持には注意を払ってましたが、オルガンの音にしてみて、伸ばしちゃいけない音を伸ばしてるのに気づきました(^^;;
うすうす気づきつつもごまかしてた部分も、オルガンの音ではごまかせない(笑)
音価を正確にするのに効果がありそうです。

それに、ピアノだと減衰してしまう全音符や2分音符を含めたハーモニーもよく聞き取ることができ、曲への理解が進むような気がしました。(注:あくまでも気がしただけ…笑)
何だか、ずっとオルガンの音にして練習したくなるぐらいです。

電子ピアノバッハの練習、意外と役立つことがあるものですね!
アコピしか持ってない場合は、安いキーボードでもオルガンの音が出るものでありさえすれば、追加購入してやってみる価値があるかも、と思いました。って、決して楽器屋さんの回し者ではないですよ(笑)
スポンサーサイト



* Category : 練習の話

Tag: バッハ シンフォニア 電子ピアノ | Comment-open▼ * Comment : (2)

No title * by ね~み♪
こんばんは(^^)/

オルガン音大好きです!
バッハの重苦しいフーガとか弾く時にオルガンの音にすると俄然ヤル気が起こります(#^.^#)
あ、音価も確かによくわかりますよねー。
伸ばしちゃいけない所伸ばしてたり伸ばす所足りなかったり(^^;
気持ち良く弾けて尚且つ良い練習になるおまけ付き♪
ずっとオルガンの音で練習したい・・・わかります~!

シンフォニア3番頑張って下さいね!

ところでプロフィール画像変えられたのですね~
たまに変えると気分転換になりますよね(#^.^#)

To:ね~み♪さん * by Nekoushi
ね~み♪さん、コメントありがとうございま~す(^0^)/

オルガンの音いいですよね(≧▽≦)
重苦しいフーガ、平均律にいっぱい入ってそうですね!
あと、オルガンの音で弾くと、リズムの変な揺れにもすぐ気づきます(^^;;

シンフォニア3番は、相性が悪いのか、めっちゃ苦戦してますが、頑張ります!!

プロフィールの画像は、一年中ずっと桜だと季節感なさすぎるので、今さらながら、フリー素材で見つけたイラストに変えてみました。
ペガサスらしいのですが、あんまりペガサスに見えない(笑)
まあ、一般的なイメージ通りのペガサスにしちゃったら、イラストの雰囲気に合わないのでしょうけど…。

最近の電子ピアノ、20年前とは別世界

楽器屋さんにアップライトピアノの消音ユニットを見に行ったら、思いがけず最新の電子ピアノに誘惑を受けてしまいました。私が持っているのは20年ぐらい前のクラビノーバだけど、まさに別世界なんだもの。20年前のは「くねくね」した感じのタッチで、弾いてて疲れる(^^;試弾してみたのは、クラビノーバ最上位機種(CLP585)、カワイの最上位機種(CA97)、ローランド2種類(LX7、LX17)です。タッチは、あくまで私の感触では、CA9...

続きを読む

楽器屋さんにアップライトピアノの消音ユニットを見に行ったら、思いがけず最新の電子ピアノに誘惑を受けてしまいました。
私が持っているのは20年ぐらい前のクラビノーバだけど、まさに別世界なんだもの。20年前のは「くねくね」した感じのタッチで、弾いてて疲れる(^^;

試弾してみたのは、クラビノーバ最上位機種(CLP585)、カワイの最上位機種(CA97)、ローランド2種類(LX7、LX17)です。

タッチは、あくまで私の感触では、CA97はカウンターウェイトが強くて少し不安定な感じ、ローランドは軽すぎ、CLP585がバランスがよいように思えて一番しっくり来たかなぁ…。本物のグランドピアノを置いていなかったから弾き比べられなかったのが残念ですが、CLP585は少し前に弾いてみたヤマハのアバングランド(鍵盤とアクションが本物で音を出す機構だけ電子=ハイブリッド)の一番安いやつ(安いと言ってもアップライト1台分ぐらいするけど…)とそれほど変わらなかった気がする。

音は、どれも甲乙つけがたかったです。弾き比べているうちに余計分からなくなる感じで…。
敢えて言えば、ローランドは軽快、カワイは華麗、ヤマハはヤマハ!笑
ローランドにフォルテピアノの音が入っているのと、CLP585にベーゼンドルファーからサンプリングした音が入っているのが、ちょっとポイント高かったです。

店員さんが言うには「お客さまはヤマハがお好みなんだと思います」。
んー、そう言われてみればそうなのかも!?

でも、暗譜できる曲がないっていうのは、試弾する時にかなり困りますね。
今日はたまたま全音のショパン・アルバムを持っていたので、血迷ってバラ3の冒頭を弾いてしまいました。バラ3は「ちゃんと練習してみたい無謀曲」の候補なので…。

無謀曲と言えば、先日記事にしたチャイコフスキーのグランド・ソナタが載っている楽譜が、今日行ったお店にありました。
何と誘惑の多過ぎる店…(笑)

* Category : ピアノライフの話色々

Tag: クラビノーバ 電子ピアノ | Comment-open▼ * Comment : (0)