FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

ブルグのばら・・・!!

子供にも人気、大人にも人気な、ブルグミュラー25の練習曲。この「ブルグ25」に収録されている曲のタイトルの中に、近年、大きく変えられたものがいくつかあるという話を小耳にはさみました。その一つが、曲集中人気No1と思われる『貴婦人の乗馬』。例えば全音の新版では単に『乗馬』になっているらしいですね。何で変わっちゃったんだろう?男女共同参画社会だから?それとも「貴婦人」というのが身分制度を想起させて現代にふさ...

続きを読む

子供にも人気、大人にも人気な、ブルグミュラー25の練習曲。この「ブルグ25」に収録されている曲のタイトルの中に、近年、大きく変えられたものがいくつかあるという話を小耳にはさみました。

その一つが、曲集中人気No1と思われる『貴婦人の乗馬』。例えば全音の新版では単に『乗馬』になっているらしいですね。
何で変わっちゃったんだろう?男女共同参画社会だから?それとも「貴婦人」というのが身分制度を想起させて現代にふさわしくないとでも思われたの??と、邪推しながら調べてみました(笑)

「ブルグ25」の初版は、フランスで出版され、その時のフランス語のタイトルが‘La chevaleresque’。これは、「騎士道的な女」とか「女騎士道」みたいな感じらしい。そのイメージと言えば、ベルサイユのばらの男装の麗人オスカルさん以外に考えられないではないですか(≧▽≦)

ややこしいことに、併記されているドイツ語と英語のタイトルは、訳すと「貴婦人の乗馬」「お嬢様の乗馬」「奥様の乗馬」。こんな感じです。今までの日本語訳は、ドイツ語・英語のタイトルを採用していたのですね。これだったら、オスカルさんじゃなくて、アントワネットさんです(*´▽`*) どっちにしても、ベルばら!!笑

単なる『乗馬』に変更している楽譜があるのは、元の3つ(というか2パターン)のタイトルのどれにも解釈できるよう、苦し紛れに変えたということなのかもしれませんね。「貴婦人の」という縛りが取れると、オスカルさんっぽいカッコイイ系の解釈もできるし、アントワネットさんっぽい可愛らしい解釈もできる。あと、思わぬメリットとして、単に『乗馬』だと、お年頃の男子生徒が「女の曲なんて弾けるかよ」と思わずに、素直に取り組めるということもあるかも!?笑

でもまあ、曲調は「貴婦人の~」の方が合うと私は思います。子供の頃は、なぜかメリーゴーランドのイメージでしたけど…。
久しぶりに弾いてみたら、やっぱりアントワネットさん風にしか弾けなかったです。ことのほか苦戦してしまい、よろよろしてしまうところなど、オスカルさんとはとても思えなかったです(^^;; 

で、オスカルさん的な演奏ないかな~?と思って動画を漁っていたら、イメージに近いのを見つけました(≧▽≦)



この演奏なんですけど、かなりカッコイイ系のような気がします!!
優雅さは失わないながらも、力強さもあり、近衛兵司令官のオスカルさんって感じです(*´▽`*)

というわけで、私の中では『貴婦人の乗馬』は、『ブルグのばら』になってしまいました(笑)
そういや、この曲、子供のころ発表会で弾きたかったのに、弾かせてもらえなかったな~~。


にほんブログ村
スポンサーサイト

* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

Tag: ブルグミュラー 貴婦人の乗馬 ベルサイユのばら | Comment-open▼ * Comment : (4)

* by ねこぴあの
ベルサイユならぬブルグの薔薇ですか〜
Nekoushiさんもういっそのことベルばらの歌を弾くというのはどうでしょう?(笑)
子供のモーツァルトがアントワネットに求婚したのは本当なんでしょうかね。
わたしもこの曲は貴婦人の乗馬がいいなあ。乗馬じゃ肩透かしをくらうみたいな(^_^;)

To:ねこぴあのさん * by NekoUshi
ねこぴあのさん、こんばんは☆彡
コメントありがとうございます(^^♪

> Nekoushiさんもういっそのことベルばらの歌を弾くというのはどうでしょう?(笑)

それは名案です~~
ていうか、何で今まで気づかなかったんだろう・・・??ねこぴあのさん、気づいてくれてありがと~う(*´▽`*)
早速、楽譜を探さなければ!!

> 子供のモーツァルトがアントワネットに求婚したのは本当なんでしょうかね。

私は本当だと信じてます(≧▽≦)
実話だと信じておいた方が楽しいので、疑わないことにしてます(笑)

> わたしもこの曲は貴婦人の乗馬がいいなあ。乗馬じゃ肩透かしをくらうみたいな(^_^;)

乗馬…(^^;;
え?誰が乗るの??って、思っちゃいますよね(笑)

No Subject * by 私はタワシ
私が子供の頃に使っていた楽譜「こどものブルグミュラー」(ブルグ25から抜粋したもの)ではタイトルは「シュバレスク」となっていたのを覚えています。訳すのを放棄したって感じですかね?笑(もちろん、意味はわかりませんでした)
この曲集、イラストが全て黒一色のシルエットで描かれていて、この曲のイラストは馬上の騎士の姿だったことを覚えてます。あの絵は絶対女性には見えなかった・・・はず。これなら男の子も堂々と弾けますね!笑笑

>オスカルさん的な演奏ないかな~?と思って動画を漁っていたら、イメージに近いのを見つけました(≧▽≦)
→おや、演奏者のお名前見たら、このブログではおなじみの方じゃないですか?[なかみっちゃん]の次くらいに(?) Nekoushiさんが推してる方ですよね?演奏素敵でした。紹介してっくださってありがとうです〜

To:タワシさん * by NekoUshi
タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> 私が子供の頃に使っていた楽譜「こどものブルグミュラー」(ブルグ25から抜粋したもの)ではタイトルは「シュバレスク」となっていたのを覚えています。訳すのを放棄したって感じですかね?笑

訳すのを放棄してますね(^^;;
ま、訳しづらいタイトルをつけたブルグさんが悪いのです(笑)

> この曲集、イラストが全て黒一色のシルエットで描かれていて、この曲のイラストは馬上の騎士の姿だったことを覚えてます。あの絵は絶対女性には見えなかった・・・はず。これなら男の子も堂々と弾けますね!笑笑

「シュバレスク」って響きが男性的ですもんね。
例えば、ピアノを習っている男子が同級生女子に「○○くん、次の発表会で何弾くの?」と聞かれて「貴婦人の乗馬」って答えるのは抵抗あるかもしれないけど、「シュバレスク!」だったら大丈夫そうです。その二通りの光景を想像して、密かに笑いをこらえています(笑)←単なるアヤシイ人Σ( ̄ロ ̄lll)!!

> >オスカルさん的な演奏ないかな~?と思って動画を漁っていたら、イメージに近いのを見つけました(≧▽≦)
> →おや、演奏者のお名前見たら、このブログではおなじみの方じゃないですか?[なかみっちゃん]の次くらいに(?) Nekoushiさんが推してる方ですよね?演奏素敵でした。紹介してっくださってありがとうです〜

お気に召していただけて嬉しいです~~
なかみっちゃんとは対照的な演奏をされる方ですが、かなり推してます(^^♪
実演を聴いたらパワフルさ倍増で、めっちゃ素敵なんですよ(≧▽≦)