FC2ブログ

音が晴れないと気も晴れませぬ~~((+_+))

今年は梅雨が長いですね。多湿が続くので、ピアノの音がかなり籠った感じになってしまって、かなり気持ち悪いです。しかも、今年は新型コロナを恐れてまだ調律していないので、いつもの年より音の晴れなさも倍増という感じで…。

せっかく肘がすっかり治ったというのに、今ひとつやる気が出ません(>_<)
やる気がイマイチなのを音のせいにしているだけのような気がしないでもないですけど、やっぱり、音が晴れないと気も晴れないです(*_*; つられてブログまで1週間もご無沙汰してしまいました!

湿気に左右されないクラビノーバ(電子ピアノ)は、年代物なので鍵盤の動きが滑らかではなくなって来てしまって、かなり弾きにくくなってきました。梅雨~夏の強い味方のはずなのに…Σ( ̄ロ ̄lll)!! 
あと、気圧が低いと具合が悪くなる「気象病」のせいで何事も気乗りしないというのもあるかもしれません。毎年この時期には調子が悪いです。

愚痴ばっかりではなくて、前向きなことも書いておきましょう♪♪
ここ数か月続いていた大バッハ様への反抗期が、いつの間にかすっかり終わったみたいです(≧▽≦)
音が晴れないと気も晴れない中で、一番抵抗なく弾く気になれたのは、インヴェンション・シンフォニアの過去に練習した曲の復習でしたヽ(^o^)丿 抵抗なく弾く気になれたのと、ちゃんと弾けたかどうかは別問題でして、かなり忘れてしまっていて凹みましたが、反抗期から脱出できたらしいことの安心と喜びほうが勝って、この点だけは晴れ晴れとした気分です(*´▽`*)

そして、ブログを更新したらテンションが上がって、新しい楽譜が欲しくなってきました!!笑


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : バッハ,調律,気象病,梅雨,

今まで出会った中で最も狂ったピアノの思い出

「狂ったピアノ」というのは、クレイジーな曲や熱狂的な演奏ではなく、文字通り、ピアノの調律の狂い具合のことです。前回の記事で、梅雨の湿気のせいで調律が大きく狂ってしまったことに不平不満を述べましたが、その比ではない酷いピアノに出会った思い出があります。

それは、遠い昔、私が通っていた大学(音大じゃないですよ?)にあったレンタル練習室のピアノです。音階は、音がズレすぎているせいで、もはや滑らかに聞こえないし、和音は不協和音になるようなレベルでした。音痴なピアノってどういうことよ?笑 強い絶対音感の持ち主だったら、あまりの気持ち悪さに卒倒するはずです。ピアノに興味がない人や縁がない人でも、異常さに気づくと思います。

夜になったら幽霊が出そうな練習室にあった、酷い状態のピアノ…。あのシュールな記憶は今もって鮮明に残っています。どんな鳴り方だったかは、今でも頭の中で再生できます。もちろん調整されていないので、鍵盤の動きも滑らかさのかけらもなくメチャクチャ。一体、何年調律・調整をしなかったらそんな状態になるのでしょう??ピアノ虐待です(*_*;

人間というものは不幸な時はより不幸な人を見て慰められがちで、それは良くないことなので極力そうならないように気を付けているのですが、あのピアノだけは例外です。調律が狂ってきて不満な時期になると、思い出しては、「あれよりはマシだから、まあいいか」と思うようにしています(笑)。人と比べているわけではないし、公共物だからいいのです。いや、あまりに酷すぎるので、比べても今ひとつ慰められないのですが…(^^;;

あと、同じく公共物ということで、最近、思い浮かぶようになったのは、ストリートピアノですね。全国あちこちに広がって、それはそれでいいのですが(最初の頃と比べると手放しで歓迎する気持ちは薄れてきた気はする)、ちゃんと調律・調整ができる体制が整っていないピアノも多いのではないかと心配になります。思いつきで設置してはみたけど、調律が面倒&費用が掛かるからといって放置するようなことは、やめてほしいものです。流行りに乗った挙句に有効活用されずに無用の長物と化するって、よくある話です。一応は文化的施設であるはずの大学のレンタル練習室のピアノですら悲惨なことになる場合があるのですから…。ピアノ虐待に強く反対します(>_<)

前回の記事を書いてから、なぜか少しマシになったような気がする(単に耳が慣れてきただけかも?)マイピアノを弾いていると、狂い過ぎたピアノのことがふと思い浮かんで、思い出話とストピに関する心配事を書いてみました('◇')ゞ


にほんブログ村

tag : 調律,

ピアノにとって大敵な季節到来ですね(*_*;

数日暑い日が続いたと思ったら、梅雨に入ってしまいましたね。高温と多湿・・・。ピアノにとって大敵です。この季節は、クラビノーバ(電子ピアノ)が頼もしく思えます(笑)。

私は、毎年4月~5月にピアノの調律をしてもらっているのですが、今年は新型コロナのため目途が立ちません。調律師さんから音沙汰ないし、こちらからも、まだ連絡しづらいですね。コロナ鬱のせいでピアノに触れる時間が少なかったせいか、割と最近まで、通常の年より音の狂い具合が小さくて、この分なら秋ぐらいまで持つかも!?なんて、淡い期待を抱いていましたが、そんなわけありませんよね(^^;; ここ数日で、一気に音が盛大に狂い始めましたΣ( ̄ロ ̄lll)!!

そして、湿気のせいで、鍵盤がべた付いて心地よくない上に弾きづらいです。何かサラサラになるようなパウダーないかなぁ…。ピアノを置いている部屋にはエアコンが無いので、最悪な環境なのです。そういえば、真夏に入ってしまうと、エアコン無しの部屋で調律していただくのは心苦しいぞ?調律師さんが熱中症になったら困ります(^^;; 

色々と事の成り行きで、なぜか、温度や湿気で狂う心配のないクラビノーバがエアコン付きの部屋に収まっています。タッチが不自然とか文句言っている場合ではなく、今年の夏は、クラビちゃんを最大限に有効活用しなければ。ただ、年代物なので、そろそろ壊れるんじゃないかと心配です。あとは、しばらくご無沙汰のグランドピアノのレンタル練習室!!

他には、湿気が多いと楽譜が湿気を吸って波打ってきますね。これも萎えます。特に、ページを開いたまま譜面台に放置しておいたりすると最悪です。分かっているのなら、ちゃんと片づけなさいって話ですが…。 そして、湿気が多いと捲りにくい(>_<) こういう時は、むしろクリアファイルに入れたコピー譜のほうが快適です。

毎年この季節には同じような愚痴を言っているような気がしますが、乗り切りれるよう頑張って工夫してみます(^_^)/
それにしても、今年の調律はいつになったら出来るのでしょう…??


にほんブログ村

tag : 梅雨,調律,

調律狂うのが早過ぎです( ;∀;)

4月に調律をしてから約2か月半。その間、物足りない音から、煌びやか過ぎるキンキンした音、そして、やっと少し熟成された感じの音へと変化して満足していたのですが、何だか風向きが怪しくなってきました。早くも調律が狂ってきたようなのですΣ( ̄ロ ̄lll)!!

ウワ~ンと不快な唸りが生じたりします。
それに、キンキンした感じも戻ってきたし…(-_-;

一番の有力容疑者は、梅雨の湿気かなぁ。そうだとしたら、梅雨の少し前に調律するのは理にかなっていなくて、梅雨明け頃とその半年後の2回やるのも手かも。1年に2回というのは避けたいと思うのですけど、仕方ありません。

でも、今まではここまで早く狂うことはなかった気もします。40年物なので構造的にガタが来ていて緩みやすくなってきたのかなぁ。あるいは、調律師さんの腕が微妙!?(失礼!)

どうしたものか、本当に悩みます。
何か良い案はないものかしら?
2か月半ぐらい前に来てもらったばっかりだけど、また調律師さんに来てもらうってのが順当ではあるのですが…。

こうなってくると、座り心地の良い新しい椅子+調律の狂うことのないクラビノーバの組み合わせの株が急上昇しそうです(笑)
あ、でも、それはそれで、年代物のクラビノーバを酷使すると、これも壊れるんじゃないかと不安になります。

って、今日の私は、不満と不安だらけですね(^^;;


にほんブログ村

tag : 調律,

調律後のピアノの音色テイスティング♪♪

4月下旬にアップライトの調律をして、その時は今ひとつ満足が行かなかった(『ピアノ40周年(*´▽`*)』の記事参照)のですが、その後の音色の変化の幅が大きく、かつ、かなり目まぐるしくて面白かったので、ソムリエによるワインのテイステイング風に記録しておきたいと思います~~

最初は、『ピアノ40周年(*´▽`*)』で書いた通り、単に音の高さが正確になっただけ。注いだばかりのワインが面白くもなんともないような状態です。味も香りも素っ気なくて、全然飲み頃ではありませんΣ(゚д゚lll)!!

数日すると、少しつぼみが膨らんで開花してきました。
おっ、いい感じかも…??

と思っているうちに、予想を超える勢いで開いていき、極彩色の花に…(*_*;
豪華を通り越して痛い感じです。キンキンするわ、音量まで大きくなるわで、先が思いやられました。
『実はバッハに悩んでいたりとか・・・』の記事を書いたのは、ちょうどこの頃のことです。今思うと、実はピアノの調子にも問題があったのかもしれません。

しばらく我慢して、ガンガン弾く系の曲をもう少し叩いていると、ちょうどGW明けに合わせるかのように、芳醇でまろやかで舌に(ピアノなので「耳に」ですが)優しい、至福の味わいになってきたではありませんか(≧▽≦) 繊細でフルーティな香りも心地よいです。←もはや自分でも何言ってるんだかよく分からなくなっている(^^;;

調律後恒例になりつつある「グランドピアノ要らないかも」の時期に突入です~~(*´▽`*)

お酒はあんまり飲まないのですが、見よう見まねでソムリエさん的な表現に挑戦してみました!
アコピは生き物だなぁと改めて実感しますね。そして、遊び弾きの誘惑がめっちゃ高まってきます。いや、こういう時こそ、チェルニーを美しく弾くこと、チェルニーをチェルニーではないように弾くこと(笑)、そして、バッハの理想像探しに力を入れるべきなのかもしれませんが…。


にほんブログ村

tag : 調律,

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 BWV862 メンデルスゾーン 献呈 幻想即興曲 毎日の練習曲 近藤由貴 ハイドン 調律 平均律第1巻 レンタル練習室 春の歌 Hob.XVI:34 青柳いづみこ アラフィフ肩 ロマンスOp.28-2 ベトソナ22番 ドビュッシー 幻想曲 ブラームス ハノン フランス組曲 ららら♪クラシック ベトソナ10番 グリーグ 無謀曲 BWV858 シューベルト チェルニー30番 五十肩 K.331 四十肩 こんまりメソッド パルティータ インヴェンション 楽譜 ベトソナ 変奏曲 メトロノーム 湯山昭 お菓子の世界 スランプ ベルサイユのばら 選曲会議 エチュード クラビノーバ ベトソナ28番 自分の演奏好き? マリー・アントワネット さくらももこ 調性 練習曲 和声法 グランドピアノ 抒情小曲集 指先から感じるドビュッシー ワルツ マズルカ バラード バラード2番 梅雨 ヨハン・シュトラウス ヴァイオリンソナタ K.457 旅する作曲家たち 「亡命」の音楽文化誌 好きな調 気象病 K.574 バイエル アルマンド 中村紘子 ピアノ椅子 スケール 電子ピアノ 交響曲 部分練習 ウィンナ・ワルツ イリーナ・メジューエワ チャイコフスキー K.334 K.576 ピアニストは指先で考える ドゥシェック クレメンティ 令和 D959 久元祐子 ブルグミュラー 植山けい ソナチネ マリア・テレジア リサイタル スマホ老眼 響ホール 左手のための24の練習曲 無言歌 指マッサージ モシュコフスキー 土田京子 こんまり 展覧会の絵 変イ長調 リズム変奏 ムソルグスキー D960 北九州 理想の先生 選曲 トルコ行進曲 24番練習曲 鷲田清一 高橋多佳子 ルービンシュタイン op.119-2 リシエツキ ピヒト=アクセンフェルト 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.117-1 op.118-2 ワルトシュタイン op.118-5 チェンバロ ピアノ記念日 ヴァイオリン ハプスブルク家 ソナタ ト長調 céleste 間奏曲 キーシン ハプスブルク帝国 カテゴリー ベレゾフスキー 似合いそうな曲 ポルカ ピアノ騒音問題 カデンツ 演奏と喋り方 子供の情景 ツィメルマン パスカル・ドゥヴァイヨン タグ ら抜き言葉 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 半音階的幻想曲とフーガ 書き込み ポロネーズ Hob.XVI:50 マズルカOp.7-1 小ジーグ グランド・ソナタOp.37 オスマン帝国 感情をこめて弾く 20の小練習曲 スマホ 似合う曲 教則本 妄想 メソッド・タリアフェロ 曲名の略称 夜の女王のアリア プチトリアノン 山枡信明 バックハウス D915 ピアニストは面白い 魔笛 全音ピアノピース アルペジオ 行進曲 マーチ 苦手な曲種 左ペダル ウナコルダ ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 クーラウ ランラン グラナドス 全調スケール オーストリア国歌 イギリス国歌 リスト編曲版 整体師 田部京子 半音階地獄 平均律 K.623a クリスマス チェルニー24番 ベトソナ16番 ベトソナ18番 練習崩壊 クリアファイル サンタクロース コピー譜 折々のことば 島村楽器 伊藤恵 トロイメライ クララ・シューマン 宮川彬良 五線紙ノート 田園ソナタ 声部書き分け 上原彩子 川嶋ひろ子 お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 好きな作曲家ランキング 近藤麻理恵 クラシックキャットトートバッグ エルガー 愛の挨拶 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン K.310 アンドラーシュ・シフ 静寂から音楽が生まれる  内田光子 モーツァルトの手紙 K.570 ラフマニノフ 前奏曲 千住真理子 クラシック・エイド K.511 コンサート動画 ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲 18の小品Op.72 巡礼の年報 飛躍 礒山雅 音楽における十字架 ピアノトリオ リピート練習 カウンセリング 新型コロナ マズルカOp.59-2 ペダル リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 ピアノソナタ2番Op.22 エキエル マスタークラス 自分褒め ベアトリーチェ・ヴェネツィ ナイチンゲール 看護師の日 マリア・ジョアン・ピリス 和声法がさくさく理解できる本 イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 諸井三郎 クロスリズム 減7の和音 導音 まるむし帳 アップライト スマホ認知症 音色 タッチ K.412 脱力 D946 ラ・カンパネラ 駅ピアノ 短音階 復習 N響 庄司紗矢香 K.533+494 岩城宏之 哀しみ 楽典 丑三つ時 永遠のショパン プレイエル アルベニス 上田サントミューゼ フランス王妃の受難 ゆっくり弾き 「聴く」ことの力 電子書籍 三瀬高原音楽祭 K.537 K.543 英雄の生涯 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 電子メトロノーム リヒャルト・シュトラウス バトン 幻想曲あるいはカプリス ピアノ愛好者16の質問 m.d m.s. おんぶにだっこ 合奏譜 和声法がぐんぐん身につく本 ヴィルヘルム・ケンプ 伝説 m.g. つるかめ算 トンプソン クラ―マー=ビューロー スタッカート練習 ブログ 貴婦人の乗馬 リズム練習 恋するクラシック 演奏会用練習曲 手ペシ スティリアの女 シュタイヤー舞曲 小プレリュードと小フーガ ダイエット チェルニー50番 ノクターン フォーレ 音楽と文学の対位法 田島令子 ポーランド 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR