FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

練習曲を練習する意義は・・・

先日の、ららら♪クラシック「ハノン特集」についての記事が大反響(←私のブログにしては)だったので、かなりたじろいでいます(^^;; こう見えて、意外と人見知りなもので…(笑) 冗談はさておき、ハノンを愛する人がたくさんいるのが嬉しかったです。そして、ハノン特集を見たら、私の「カール教徒魂」も触発されて、練習に身が入るようになってきました(^o^)丿今練習中のチェルニー40-30は(も?)かなりの難物で、毎度のように挫...

続きを読む

先日の、ららら♪クラシック「ハノン特集」についての記事が大反響(←私のブログにしては)だったので、かなりたじろいでいます(^^;; こう見えて、意外と人見知りなもので…(笑) 冗談はさておき、ハノンを愛する人がたくさんいるのが嬉しかったです。

そして、ハノン特集を見たら、私の「カール教徒魂」も触発されて、練習に身が入るようになってきました(^o^)丿
今練習中のチェルニー40-30は(も?)かなりの難物で、毎度のように挫折感を味わわされつつも、楽しい時もありますね。

弾けないところを細かく分解したり、テンポを色々変えたりして、神経が少しずつ繋がっていく感触は、なかなか快感です。それって、「普通の曲」でもそうなんじゃないの?と言われると困るのですが、「普通の曲」はメロディその他が魅力的なので、譜読みであやふやなところも、ついつい止めずに流してしまいがちです。その点、練習曲は、どうせ全部が弾きづらいので、流そうにも流せません。いやでも粘着質な練習になります。

で、ようやく最近になって、「普通の曲」を練習している時も、練習曲での粘着質な(笑)練習の仕方をふと思い出して、「あのやり方でやらないと」と少しずつ気づいて実践できるようになってきました。

練習曲の意義は練習の仕方を習得することにあり!!

この目的のためには、ハノンとかチェルニーとか、「あんまり面白くない繰り返し系」の練習曲が合っていると思います。それじゃ、正しい練習の仕方の習慣が身についたら練習曲は卒業するのかといえば、やっぱりしないだろうな~~。信徒だから(笑) いや、それもあるのですが、指の動きが良ければ良いほど(速く動くだけじゃなくて思った通りにコントロールできるという意味で)、「普通の曲」での練習箇所が少なくて済むはずなので…。私は「普通の曲」では、細切れの練習をできるだけしたくないのです。曲の難しいパッセージを取り出して練習することで練習曲代わりにできる方が少し羨ましかったりします。だって、そっちの方が効率いいもん。

でも、先日の「ららら♪クラシック」のハノン特集で痛感したように、練習曲好きの同志の絆という素晴らしい魅力があります(≧▽≦) ショパン好き♡とかバッハ好き♡という時の感情とは違うのです。もっと無邪気で童心に帰れるような感じといえばいいのでしょうか。というわけで、

練習曲の意義は同志との絆にもあり!!笑

ハノン特集の余韻がまだまだ続いているのでした('◇')ゞ
あっ、そろそろ9月2回目のレッスンを実施せねば…。


にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : 練習の話

Tag: 練習曲 ハノン チェルニー | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by utokyo318
数学の勉強でも、計算練習は常に続けていく必要がありますが、ピアノも同じでしょうね。
私は、練習曲はつまらないと感じてしまっていましたが、あこがれの曲をうまく弾けるようになるためにも、もっと地道に取り組めばよかったです。
正しい練習法を身につけるための練習曲だという意識を持って取り組めば、効果も倍増ですね(^O^)

Re: utokyo318さんへ * by NekoUshi
utokyo318さん、コメントありがとうございます(*^^*)

> 数学の勉強でも、計算練習は常に続けていく必要がありますが、ピアノも同じでしょうね。

「必要なんだけどそれだけじゃ応用問題は解けない、芸術的な音楽を奏でられるわけではない」というところもよく似ているような気がします!

> 私は、練習曲はつまらないと感じてしまっていましたが、あこがれの曲をうまく弾けるようになるためにも、もっと地道に取り組めばよかったです。
> 正しい練習法を身につけるための練習曲だという意識を持って取り組めば、効果も倍増ですね(^O^)

私も今さら気づきました・・・(^^;;
ただ、ピアノの場合は、特に子供時代に経験があれば、大人になってから練習曲無しで憧れの曲に長期計画で取り組んで、ものにされている方もいらっしゃるみたいです♪♪ その辺り、勉強よりは柔軟みたいで…。
utokyoさんも、時間ができたらピアノに、そして憧れ曲に取り組まれてみてくださいね(^o^)丿




練習曲って貯金に似てるかも

この内容、昨日のセルフレッスン記(第8回前編)で触れたのですが、単独の記事にしておきます。ピアノの練習曲(特に、チェルニーとかハノンとか、あんまり面白くない系…笑)を必死に練習するのって、貯金に励むのに似ている気がします。貯金の中でも、「グランドピアノを買うために」とか「家を買うために」とか「教育費に」といった目標をはっきり決めたわけではない、漠然と、いざという時の蓄えのためにする貯金です。ピアノで...

続きを読む

この内容、昨日のセルフレッスン記(第8回前編)で触れたのですが、単独の記事にしておきます。

ピアノの練習曲(特に、チェルニーとかハノンとか、あんまり面白くない系…笑)を必死に練習するのって、貯金に励むのに似ている気がします。
貯金の中でも、「グランドピアノを買うために」とか「家を買うために」とか「教育費に」といった目標をはっきり決めたわけではない、漠然と、いざという時の蓄えのためにする貯金です。

ピアノでは、特に大人ピアノの場合は、目標曲を持っていない人は滅多にいないと思います。
そして、練習曲と目標曲の間の関係は、たいてい、よく分かんない(^^;;
でも、練習曲やったからといって直接役に立つわけじゃないけど、「お金を貯めとけば何かの足しになる」というのと同じで、テクニックを貯めておくと何かの役に立たないわけはないと信じてます。
お金と違って、身に付けたテクニックをいくら使っても減ることないし…(≧▽≦)

あっ、決して「だから練習曲やるべき」と言いたいわけではなくて、「貯金みたいに考えたら意外と苦にならないような気がした」という話です。
でも、貯金でもお金に執着し過ぎて不幸せになることがあるのと同じように、練習曲それ自体が目的になってしまったら、ちょっと微妙かも…(^^;;
チェルニーとかハノンに萌えすぎて、別に曲弾かなくてもいいや、みたいな…(笑)
って、そこまで行ったら、それはそれで幸せ!?

* Category : 練習の話

Tag: 練習曲 | Comment-open▼ * Comment : (6)

No title * by ね~み♪
Nekoushiさんの着眼点っていつもとてもユニークで、でも本質をついてるなぁと思います!

本当にそうですね、練習曲はテクニックの貯金のようなものかもしれないですね。

自分の弾きたい曲に必ずしも役立つというわけではないかもしれないけど
まぁやっといて損はないのかもしれません。

一口に大人といっても、20代と50代以上とはまた違うかもしれないですけどね。
20代なら基礎をやりながら挑戦曲にトライしても十分時間があるかもしれないから、基礎固めしておけば後々いろんな曲に応用がききそうですね。
50代以降(笑)はもうどんどん好きな曲弾いた方が無駄にならない気もしますしね笑
そこのところは個人の考えでって感じになりそうですね(*^^*)

To:ね~み♪さん * by Nekoushi
ね~み♪さん、こんにちはー('◇')ゞ
コメントありがとうございます!

> Nekoushiさんの着眼点っていつもとてもユニークで、でも本質をついてるなぁと思います!

えっ、本当ですか!?
本気にしちゃいますよ?笑

> 一口に大人といっても、20代と50代以上とはまた違うかもしれないですけどね。

それはあるかもですね。
きっと、その時その時で、自分が一番納得できるスタイルでやるのが一番後悔が少ないと思います。
そうやって末永くピアノライフを楽しんでいきたいですね(*´▽`*)

No title * by ねこぴあの
>チェルニーとかハノンに萌えすぎて、別に曲弾かなくてもいいや、みたいな…(笑)

(笑)(笑)

ハノンはまあないでしょうけど、ツェルニーならありえそうです。
実際、わたしは結構好きなんですよ・・・結局・・ツェルニーを・・・・(笑)
本番でも一度弾いたぐらいですし・・・・(;´∀`)

とかいって、もしもハノンらぶ♪なひとがいたらどうしましょう??
毎日毎日ハノンばかり・・・・
ハンドルネームはもちろん「ハノン」。
ブログタイトルは「ハノンのピアノ日記」。
記事はもちろん、ハノンの何番がどうたらこうたら。
案外読者多そうですよね?(笑)




To:ねこぴあのさん * by Nekoushi
ねこぴあのさん、こんばんはー☆彡
コメントありがとうございます!

「ハノン」さんの「ハノンのピアノ日記」なんてあったら、間違いなく愛読者になります(笑)

私もツェルニー意外と好きです。
100歳になったら記念にチェールニー100番の全曲演奏をしたいという野望があったりなかったり…(^^;;

もし「チェルニーだけ弾いてれば楽しい」ってなってしまったら、「ハノン」さんに対抗して、チェルニー日記のブログを作らなきゃ!
ねこぴあのさんが先にそうなるか、私が先にそうなるか、楽しみです(≧▽≦)

No title * by やぢま
こんにちは。先日は私のブログにコメントをありがとうございました。

練習曲は貯金、ですか~。なるほどです。
貯金がたまっていくのを見るのもちょっと楽しいかもですね。

エチュードそのものは楽しくなくても
エチュードで学んだことが曲で役立つと
「ああ、練習曲やっておいてよかった♪」と思います。

そしてそういう経験が幾つか積み重なっていくと
だんだんとエチュードが好きになっていくのかも…。

To:やぢまさん * by Nekoushi
やぢまさん、いらっしゃいませー♪♪
コメントありがとうございます!

そうなんですよね。
エチュードって、直接役に立たないように見えて、けっこう役に立ってるところがありますよね。
やぢまさんのハノン60番もそうなのでしたね('◇')ゞ

そういう経験が積み重なっていくと、「練習曲やっておいてよかった♪」となって、練習曲から離れられなくなると思います(笑)
あと、練習の最初のウォーミングアップにも使えますし…。

セルフ・レッスン第1回=教材選び

GW中にソナチネで遊び過ぎたのが原因で、両手の小指の付け根辺りに負荷がかかり過ぎたらしく、最近は、泣く泣くピアノを弾く時間をかなり減らしています。最近、レッスンに通うかどうか迷った結果、とりあえず「Nekoushi先生にお願いする」(つまりセルフレッスン)ということに決まっていた(『レッスン受けようか迷った結果…』参照)ので、こういうピアノをあまり弾けない時こそ、レッスンの教材でも考えてみようかな、というこ...

続きを読む

GW中にソナチネで遊び過ぎたのが原因で、両手の小指の付け根辺りに負荷がかかり過ぎたらしく、最近は、泣く泣くピアノを弾く時間をかなり減らしています。

最近、レッスンに通うかどうか迷った結果、とりあえず「Nekoushi先生にお願いする」(つまりセルフレッスン)ということに決まっていた(『レッスン受けようか迷った結果…』参照)ので、こういうピアノをあまり弾けない時こそ、レッスンの教材でも考えてみようかな、ということになりました。

というわけで、1回目のレッスンは、先生(自分だけど…笑)と相談して教材選びです。
思わず、会話記録の形式にしてしまいました(^^;
よく考えると一人二役なので恥ずかしいのですが、かっこよく言えば「自分との対話」(笑)

先生教則本と言いますか、できるだけ毎日少しずつやる教材があった方が良さそうですね。何もないと弾き散らかして終わりにしちゃうみたいだから…(笑) どんな教則本を持ってますか?」

「うちにあるのをかき集めてきたら、チェルニー40番、チェルニー左手、チェルニー30番から何曲かコピー、モシュコフスキーの20の小練習曲、どういうわけかハノンもありました。それから、教則本というべきか分かりませんがインベンション・シンフォニアです」

先生「まず、インベンション・シンフォニアは決定です。これは毎日少しずつやってください。特にシンフォニアをよく勉強したらいいと思います。対位法をしっかりやることで、音楽性も高まるし、もちろん指の訓練にもなりますから。」

「チェルニーとモシュコフスキーで迷っているのですが」

先生「それは、はじめの方をやりかけているチェルニー40番の残り(15番以降)をやってください。苦手な技法がある時は、30番の同じような技法の曲をまずやってみたらいいと思いますよ。例えば、40-15の半音階が苦手だったら30-21をまずやってみるとか、両手で3度や6度のスケールをやる40-29が苦手だったら30-23で予習してみるとか…。左手の練習曲は要らない気がします。演奏を聞かせていただいたら、意外と左手もしっかりしていましたから」

「モシュコフスキーはどうでしょうか?最近お気に入りなのですが…。」

先生「なかなか取り扱いに困る曲集を買ってきましたね(笑) 私も、モシュコフスキーの20の小練習曲は綺麗な曲集なので好きです。でも、どういう技術の習得を目指しているのか少し中途半端なところがあるかも…。多声的なことはインベンション・シンフォニアがありますし、メロディを綺麗に歌わせるのは普通に曲でやればいいのですよ。モシュコ20は、ときどき気分転換に弾いてみるという使い方はどうでしょう?」

「先生はチェールニー贔屓なのでは…?笑」

先生「それを言うなら、チェルニーを何種類も用意してたあなたこそ(笑) それに、チェルニー40番が終わって、それでも練習曲をやりたいときは、モシュコ20の上の段階のモシュコフスキーの15の練習曲をやってもいいかなと思ってますよ」

「ハノンはやらなくてもいいですよね?」

先生「そうですね、要りません。それから、お持ちではないようですがピシュナみたいな指強化練習本は特に強く禁止します。指を痛めて弾けなくなってしまっては元も子もないですから」

* Category : セルフレッスン

Tag: 練習曲 教則本 | Comment-open▼ * Comment : (10)

No title * by ね~み♪
Nekoushiさんこんばんは。

Nekoushi先生とご一緒に(笑)教材を考えられたのですね!
中々現実的な選択ですね~(#^.^#)

先生はモシュコフはあまり…という感じなのですね。
ピシュナはダメなのですか…
私は持ってないですけど指を痛めることもあるのですね、
気を付けなければ…

Nekoushiさんは左手がしっかりされてるのですね
私は左手ダメダメなので羨ましいです!

To:ね~み♪さん * by Nekoushi
こんばんはー。
コメントありがとうございます!

時間が限りなくあれば、候補の教材全部やりたいところですが、そういうわけにはいかないので、「先生」と相談して絞りました(笑)

>中々現実的な選択ですね~(#^.^#)

指導者目線で見ると、やっぱり常識的なところに落ち着いてしまいますね。読み物としては、もっとぶっ飛んだメニューの方が面白いのでしょうけど…(^^;

>モシュコフはあまり…という感じ

日々の練習というよりは、「Nekoushiピアノ教室の発表会」というものがあるとしたら(←妄想がふくらみ過ぎ…笑)、大人の生徒に弾かせてみたい曲集のような気がしました。綺麗な曲が多いので。

ピシュナは、解説に「やり過ぎると手を痛める」的なことが書いてありましたよ(*_*;

>Nekoushiさんは左手がしっかりされてる

あくまで「意外と」ですよ(^^;
右が思ったよりダメだったので、左右が(悪い意味で)バランスとれてるのかもしれません(;^ω^)
先生はクビになるのが嫌だったのか、はっきり言うのを遠慮したのでしょう(笑)

No title * by ここまふぃん
Nekoushi さんこんにちは^^
私の方に何度かコメント頂きありがとうございます。

教材の選択、、すごい洞察力でためになりました。
私の場合 ツエルニー40番 途中で投げ出してます。
ハノンもしてないし。
バッハのインヴェンション・シンフォニアは楽しくて、
大変指の練習にもなるので 頑張ってます。
いい教材が 決まるといいですね。


To:ここまふぃんさん * by Nekoushi
こんにちは。
コメントありがとうございます!

「すごい洞察力」だなんて、ほめ過ぎですよ(^^;
でも、興味を持って読んでいただけたとしたら嬉しいです。

チェルニー40番は途中から急に難しくなりますもんね。
私は、ちょうど難しくなる直前ぐらいのところで、忙しくなってレッスン(セルフではなくて本物の)をやめてしまいました。

インヴェンション・シンフォニアが一番飽きないし挫折もしないかもしれませんね!

> いい教材が 決まるといいですね

ありがとうございます。
楽しみながら決めたいと思います。

No title * by ゆにくあ
Nekoushi先生、こんにちは~

私は40番始めた早々で、保留にしていますw
そしてインベンションも7曲く弾いて保留中(汗
(保留ばっかりww)

インベンションに限らず、バッハを楽しいと感じる
ことが出来るのは才能ですね・・・

(私の)憧れのモシュコフは次点ですかー 残念!

To:ゆにくあさん * by Nekoushi
こんにちはー(^^
コメントありがとうございます!

40番は挫折ポイントがあちこちある気がします(^^;
曲がつまらなくて放棄したくなったり、難しくて投げ出したくなったり(笑)
先生(自分だけど…笑)がやれって言った40-15、いきなり大苦戦してます(*_*;

そういえば、ゆにくあさんのお友だちにはバッハ好きな人が多いような気がするのは、気のせいでしょうか!?

モシュコフスキーをめぐっては先生と生徒の駆け引きが続いてます(笑) 生徒は、チェルニーよりずっと魅力的な、モシュコフスキーの「20の小練習曲」にこだわりがあるようで…。
この師弟攻防(?)の話、気が向いたら記事にしますね!

No title * by ねこぴあの
面白かったです(笑)
Nekoushi先生、うちのブログにも遊びにきてー(笑)

To:ねこぴあのさん * by Nekoushi
こんにちは。
コメントありがとうございます!

面白かったですか?笑
会話(?)を公開したかいがありました(笑)

> Nekoushi先生、うちのブログにも遊びにきてー

生徒の方が遊びに行きますね('◇')ゞ
先生のほうがいいですか?笑

No title * by 私はタワシ
Nekoushi先生の記事、最高です!
いつもとても楽しく拝見してますよ♪

それにしてもNekoushiさんのピアノに対する研究熱心と、客観的に自分を分析する能力はすごいです!
こんなタイプの人なら独学でも十分やっていけそうですね!
(ついでに?文章力も並々ならぬものを感じました!)

あと、これはあくまで個人的願望ですが。。。
生徒さんにはもうちょっと意志を強く持ってもらって、ぜひモシュコフスキーをやってもらいたいです。
ここに練習の動画か録音を貼っていただけるのでしたら(←めっちゃ期待してます)なおのこと、断然モシュコフスキー推奨です!
チェルニーはたしかに、よくできた練習曲かもしれないけど、やっぱりやっぱり、音楽的につまんないですもんね~
(そうそう、わたし、この前東京に行ったのですが、道中、BGMにモシュコフスキーのピアノ協奏曲をずっと聴いてましたよ~)

To:タワシさん * by Nekoushi
こんばんは。
コメントありがとうございます!

すごく高く評価していただいて、穴があったら入りたいぐらいです(^^;
最近、自分の演奏を分析して実際に批評してみることが楽しいと気づきました。
でも、セルフレッスンのシリーズは「事実に基づくフィクション」として読んでいただければと思います。文章力より妄想力の方が高いかもしれません(笑)

モシュコフスキー人気ですね!
チェルニーが嫉妬しそうです(笑)
20の小練習曲の中から、何曲か抜粋してきちんと練習しようとは思ってます。
私も機会があったらモシュコフスキーのピアノ協奏曲を聴いてみますね♪