FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

楽譜もノートも表紙買い!!笑

最近何回か「五線紙ノートが行方不明」と大騒ぎしてましたが、結局、新しいのを買いました。ちょっと表紙がオシャレだったので、行方不明になった無味乾燥なのを探す気が失せて、衝動買いです(笑)サイズが一回り大きいA4版というのもポイント高かったし…。用途は、今後、平均律のフーガでワケが分からなくなった時の分析に使うことを主に考えてます。もう一つ(2冊だけど…)の戦利品は、安川加寿子版のドビュッシーピアノ曲集I&II...

続きを読む

最近何回か「五線紙ノートが行方不明」と大騒ぎしてましたが、結局、新しいのを買いました。
ちょっと表紙がオシャレだったので、行方不明になった無味乾燥なのを探す気が失せて、衝動買いです(笑)
サイズが一回り大きいA4版というのもポイント高かったし…。
用途は、今後、平均律のフーガでワケが分からなくなった時の分析に使うことを主に考えてます。

もう一つ(2冊だけど…)の戦利品は、安川加寿子版のドビュッシーピアノ曲集I&IIです(*^▽^*)
内容は、I:子供の領分・アラベスク、II:版画・ベルガマスク組曲。
いつ弾くかは全く未定ですが…。

この2冊、前から欲しかったのですが、表紙買いつながりで(?)購入しました。
安川版のドビュッシーは表紙が本当にいい感じで、持ってるだけも嬉しい(≧▽≦)
もちろん、解説もしっかりしたロングセラーなので、中身も信頼できます。
あと、解説が「~しなさい」とか命令口調満載で、時代を感じさせるところがまたいい(笑)

楽譜冒頭の解説によると、今回買った曲集の中で、『アラベスク』と『ベルガマスク組曲』はドビュッシーの第1期に当たる作品で、印象派としての独創性はまだ十分に発揮されていなくて、『版画』は独自の世界に入っていった第2期の作品、『子供の領分』は完成期にあたる第3期の作品という分類になるようです。全期から、弾きやすい(といっても結構難しい(*_*;)有名曲が集まったことになります。

ん~、でも、第1期、第2期、第3期の順番で、曲の世界が(聴くのはそうでもないですが弾くという点で)よく分からなくなっていく気がします。ドビュッシーらしくなるほど分からなくなる(笑) ドビュッシーが私のピアノの中心に来ることはないんだろうなぁ。中心には来ないけど、気になる存在ですね。ラヴェルはもっと分からない(^^;; やっぱり独墺系&ショパンの方がしっくり来ます。
とはいえ、せっかく表紙買いしたドビュッシー。少しずつ親しんで行きたいと思います。

五線紙ノート ドビュッシー2冊
↑というわけで、本日の戦利品(≧▽≦)
表紙買いしたくなるのも分かるでしょう?笑
スポンサーサイト



* Category : 楽譜

Tag: 楽譜 ドビュッシー | Comment-open▼ * Comment : (4)

NoTitle * by amy
あら、素敵なノートですね♪
ドビュッシーは私も安川版です。
Ⅰ~Ⅴまで持っているんですが、ⅠとⅡはレッスンで使い、Ⅲは「水の反映」をいつか習いたいと思っているので購入しました。
が、ⅣとⅤはどうして買ったんだか・・(笑)
「喜びの島」とか無理やし💦
「前奏曲集」はCDも持っていますが、あまり好きではなくて。。。
私も第3期の世界観はよくわかりません。

せっかくですので、何曲か挑戦してみて下さいね~(^^♪

To:amyさん * by Nekoushi
amyさん、こんばんは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ドビュッシーのしっかりした楽譜といえば安川版!というイメージですよね。
あ、そういえば『喜びの島』が入ってる巻は、実は私も持ってます(^^;; 確か、のだめの影響で欲しかったのだとは思いますが、もちろん眺めるだけです(>_<)

> 私も第3期の世界観はよくわかりません。

amyさんもなのですね!
二人とも、曲の好みが保守的なのかもしれませんね(笑)

> せっかくですので、何曲か挑戦してみて下さいね~(^^♪

ありがとうございます(*^▽^*)
早速アラベスクを弾いてみました♪♪
以前と弾き方が変わった感じがして、何だか嬉しかったです。

> あら、素敵なノートですね♪

表紙を見て惚れ込んでしまいましたもの。
敢えて困ったことがあるとすれば、使うのが勿体ないような気がすることかなぁ(笑)

NoTitle * by 私はタワシ
>第1期、第2期、第3期の順番で、曲の世界が(聴くのはそうでもないですが弾くという点で)よく分からなくなっていく気がします。ドビュッシーらしくなるほど分からなくなる(笑) 
→あ〜わかるわかる!
私はドビュッシーほぼ聴き専門ですが それでもやっぱり後期のはついていけなかったりします。
ある人がロマン派の影響が顕著に残っている(主に若い頃の)作品を「白ドビュッシー」 印象派の作曲家として独自の世界を築いいてからの作品を「黒ドビュッシー」と呼んでいて、なんかすごくそのネーミングが気に入りました。いうまでもなく、私は白ドビュッシーが好きです。

> 解説が「~しなさい」とか命令口調満載で、時代を感じさせるところがまたいい(笑)
ああ、確かに!(ここ、タワシ的にはかなりウケました)
なんかそういう昭和的な厳しさが、ちょっぴり懐かしいですね。

To:タワシさん * by Nekoushi
タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

やはり後期のドビュッシーはついてけないですか?笑
「白ドビュッシー」と「黒ドビュッシー」、なるほど!
ん~、「黒ドビュッシー」こそクロード・ドビュッシーの本性かもしれませんよ?
うわっ、私としたことが駄洒落を言ってしまったーーΣ(゚д゚lll)!!
20年に一度あるかないかの珍事です(笑) 雪降らなきゃいいけど。

> ああ、確かに!(ここ、タワシ的にはかなりウケました)
なんかそういう昭和的な厳しさが、ちょっぴり懐かしいですね。

笑笑
昭和レトロがブームなタワシさんの琴線に触れたみたいですね。
最近の人は(いい歳した人も含めて)「上から目線」って文句言いたがりますが、安川先生と私が対等なわけない(笑)

モーツァルト変奏曲集の楽譜が届きました♪♪

ふと思い立って、モーツァルトの変奏曲集の楽譜を購入しました。少し前に頼んでいたのが届いたのです。ウィーン原典版の1巻を持っていたので、それの2巻にするか、ベーレンライター(新全集)にするか迷った結果、ベーレンライター原典版(新全集)にしました。↑これです(*^▽^*)昔はベーレンライターは全音がライセンスを得て出版していて、その時はブルーの表紙だったのですが、直輸入版は鮮やかな真っ赤になったのですね。という...

続きを読む

ふと思い立って、モーツァルト変奏曲集の楽譜を購入しました。
少し前に頼んでいたのが届いたのです。ウィーン原典版の1巻を持っていたので、それの2巻にするか、ベーレンライター(新全集)にするか迷った結果、ベーレンライター原典版(新全集)にしました。

モーツァルト 変奏曲集(ベーレンライター)
↑これです(*^▽^*)

昔はベーレンライターは全音がライセンスを得て出版していて、その時はブルーの表紙だったのですが、直輸入版は鮮やかな真っ赤になったのですね。というか、作曲家ごとに色が違うようです。

もちろん楽譜を観賞するためというのもありますが、一人二役のレッスンの先生目線で見ると、モーツァルト変奏曲って練習曲としてなかなか魅力的に思えるのですよ。ま、教材研究ですね。

生徒役の方の私が「チェルニーやだ」と言い出したら(まあ、言い出さないでしょうけど)、全てを肩代わりできないにせよ、代わりに使えそうです。それに、曲中にほとんど必ず含まれている左手が右手を飛び越えて交差してメロディーを奏でる変奏を集中的に練習するのも有益かつ面白いかも。私は、左手が右手を飛び越えて…、っていうのは、かなり苦手なので。
そもそも、モーツァルト変奏曲って、弟子の教育目的に書かれたものもあったりします。

楽譜が届いたからには早速遊び弾きをしてみたわけですが、手も足も出なかった『きらきら星変奏曲』が、練習してないのに、かなりマシ(あくまで以前と比べて)になっていたのが嬉しかったです(≧▽≦)

それから、ビックリしたのが『きらきら星変奏曲』の1曲前に掲載されていたK.345の第12変奏Molto Adagio。
Molto Adagio(とても遅く)と言ったって、↓こんな譜面ですよ?

モーツァルト 変奏曲K.354 第12変奏より

桁の本数数えるだけでも大変ですΣ(゚д゚lll)!!
しかも、カンタービレに弾かなきゃいけないので、おそらくチェルニーの音階系の練習曲を弾くより難易度高いはず。
モーツァルト恐るべし、ですよ。
あ、そうそう、ウィーン原典版だと、確か、棒が桁を貫いていません。その分、桁の本数を数えやすいような、かえって見づらいような。私は後者です。でも、ウィーン原典版の巻末に載っている奏法のヒントは便利ですから、ウィーン原典版も捨てがたい。

せっかく買ったので、時間を見つけて、左手が右手を飛び越えをまずやってみようかなと思います。
楽譜を買うと、かなり幸せな気分になれますね(*´▽`*)

* Category : 楽譜

Tag: モーツァルト 変奏曲 楽譜 | Comment-open▼ * Comment : (6)

NoTitle * by ゆりこ
Nekoushiさん、こんにちは^^

新しい楽譜いいですね♪
モーツアルト変奏曲、練習曲として使えそうなのですね。
自分はチェルニーをお休み中なため、とっても興味あります!
といってもきらきら星変奏曲しか知らないのですが・・・

Nekoushiさん、きらきら星変奏曲、以前より弾けるようになっていたのですね。
そういうのって、いつも間にかピアノ力がアップしているからと思えるので、嬉しいですよね♪日々の練習の成果ですね^^

To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、コメントありがとうございます(*^▽^*)

モーツァルトの変奏曲は、練習曲に使えそうな気がします。
それぞれの変奏が、分散和音メインとか、音階メインとか、左手メインとか、傾向がはっきりしているのでいいんじゃないかなぁと…。
でも、あくまでの私の感想なので、先生のご意見をよく聞いてみてくださいね。

> Nekoushiさん、きらきら星変奏曲、以前より弾けるようになっていたのですね。
そういうのって、いつも間にかピアノ力がアップしているからと思えるので、嬉しいですよね♪日々の練習の成果ですね^^

そうなんですよ~~(≧▽≦)
まさに「ピアノ力アップ」という実感ですね。
逆に、いくら頑張って練習しても全然上達しない、むしろ後退しちゃうような時もあって、一筋縄ではいかないですね(>_<)

NoTitle * by やぢま
モーツァルトの変奏曲と言えば
キラキラ星しか知りませんが、
他にも素敵な曲が色々ありそうですね♪

そして、モツ様を基礎練習に用いるというのは
とっても素敵なアイディアですv-238盗みたいくらい!(コラ)

なんと言っても古典派の頂点にいるお方ですし、
美しい曲で楽しく上達できそうですe-266

To:やぢまさん * by Nekoushi
やぢまさん、コメントありがとうございます(*^▽^*)

多作なモツさんだけに、キラキラ星以外にも、色々とありますよ!
もっと素敵なのも、ちょっと微妙なのも…笑

> そして、モツ様を基礎練習に用いるというのは
とっても素敵なアイディアです 盗みたいくらい!(コラ)

どうぞ遠慮なく盗んでください!!
ソナタだと曲の構成など総合力が問われますが、その点、変奏曲のほうが、いわゆる指練習向きかなぁと思います。

> 美しい曲で楽しく上達できそうです

音の美しさも習得できそうですよね(^^♪
ただ、ベートーヴェンを弾くのに必要なパワフルさを獲得するにはチェルニーさんの方が向いてるかもしれないけど…。

こんばんは^^ * by どれみ
今、車中でモーツァルトを聴いてます。
自分の弾いてるものは入ってないんですが気分はモーツァルトに^^
キラキラ星変奏曲の一番最後がいいな~と
でも全部弾くのは大変そうなので^^;
そこだけ弾いてみたいな~と思ったりしてます。

>ベーレンライター原典版(新全集)にしました。
・・モーツァルトは赤なんですね。
他の作曲家さんは何色なのか気になります。
集めたらきれいそうです^^

To:どれみさん * by Nekoushi
どれみさん、コメントありがとうございます〜〜

車中でモーツァルト、いいですね(*´∀`)
今練習されてるのはK.311ですよね。私も好きです!
変奏曲の好きな部分だけ弾くのも楽しそうですね♪♪

ベーレンライターの表紙の色、チェックしてみました。
バッハ:青、ベートーヴェン:小豆色、シューベルト:オレンジ、ブラームス:オリーブ色。
確かに集めたら綺麗そうです(≧▽≦)←かなりその気になってる(笑)

楽譜への書き込み、どういうのがNG?

練習をしていると、楽譜への書き込みは不可避と言ってもいいですよね。書き込みについては、例えば「音名を記入すると読譜力が落ちるからダメ」とか聞きますが、どうでしょう?というわけで、私が練習していて感じることを少し書いてみたいと思います。まず、音名について。よく間違える音は、音名をカナで記入することがあります。そのせいで読譜力が落ちているとは思いません。というか、記入しても、段々かえって邪魔になって来...

続きを読む

練習をしていると、楽譜への書き込みは不可避と言ってもいいですよね。
書き込みについては、例えば「音名を記入すると読譜力が落ちるからダメ」とか聞きますが、どうでしょう?
というわけで、私が練習していて感じることを少し書いてみたいと思います。

まず、音名について。
よく間違える音は、音名をカナで記入することがあります。そのせいで読譜力が落ちているとは思いません。
というか、記入しても、段々かえって邪魔になって来て、最後は消してしまうこともあります。

次は、臨時記号関連。
どうしても臨時記号をつけ忘れる部分は、追記する場合がありますね。
作曲家自身、必要ない所でも敢えて記入して間違えないようにしてくれてることもあるので、まあいいのかなと思います。

臨時記号関連で、ちょっと反則っぽいのが、「変則ナチュラル」。
どういうことかというと、次の小節の臨時記号を先取りして付けてしまうミスが絶えない場合があって、そういう音には敢えてナチュラルを書いておくことがあります。
臨時記号が付く前に「元に戻せ」ってどういうことよ?とは思いますが、それ以外に書きようもないし…。
でも、こういうのこそ、読譜力に影響してくるかもしれませんので、便利ですがオススメはしません(^^;;

次は、指番号。
これは「書いちゃダメ」って話聞いたことないですよね。
ただ、書き過ぎるとかえって間違えるみたいです。例えば、音階になってる箇所の全ての指を書いてしまったりすると、混乱しがちです。

最後に、最近「一番NGかもしれない」と思ってる音価関連です。
主にバッハですが、音価を正確にしようと、長い音符を伸ばして離すポイントまで矢印を引いていたら、それが癖になってしまって、矢印がないと正しく伸ばせなくなってきましたΣ(゚д゚lll)!!
それに、矢印書き過ぎると、どの声部がどうなってるのか分かりにくくなるというか、声部をきちんと感じるよりも「音価を守っておけばいいや」と堕落するというか…(笑)
消したいんだけど書き込みがあり過ぎて消すのも面倒だし、セルフの先生に相談したら「もう一冊買えばいい」って言うに決まってるし、困った!!

たぶん、「書き込むとそれに頼り切ってしまう」のがNGな書き込みなのでしょうね。
って、何だか曖昧な結論ですみません(^^;;

* Category : 練習の話

Tag: 楽譜 書き込み | Comment-open▼ * Comment : (10)

No title * by ね~み♪
どうもです!
バッハの音価、なるほどですー。

私は何故か基本的には書き込みをしないのですが
(先生が書くのはOKですが、自分では余程でない限り書き込まない)
さすがに今やってるのは全然読めないので臨時記号書きまくりです(笑)
あと線がたくさんついてる高い音や低い音もたまに書きます。
これはいつまで経っても読めないかも?

とにかく最終的にきちんと弾ければ良いんでしょうかねー?
詳しい方の意見が聞きたいですね(*^^*)

To:ね~み♪さん * by Nekoushi
ね~み♪さん、コメントありがとうございまーす(^^♪

私も以前は書き込みをしない派だったのですが、最近はこの記事で書いたようになってしまいました(笑)

> 先生が書くのはOKですが、自分では余程でない限り書き込まない

リアルの先生について習っていれば、それが一番ですよね!
音名と臨時記号は、20数年前のレッスンで先生が書いてくれてたので、当時の書き込みを見て参考にしてます。

> 今やってるのは全然読めないので臨時記号書きまくり

シャープ6つですよね!?
まっさらなまま譜読みするのは至難の技っぽいですね(^^;;

音価を示す矢印は…。
どこまでやっていいのか、セルフの先生にも相談せずにやってました(笑)
こんなに矢印に頼りきりになるとは思いませんでしたΣ(゚д゚lll)!!

> 詳しい方の意見が聞きたいですね(*^^*)

ホント、是非聞きたいです!!

No title * by けもネコ
レッスン受けてるので、注意を受けるたびに先生が書き込みしまくります(^^;

自分で書き加えるのは、やっぱり、間違える臨時記号ですねー
指番号は、「しゃくとり虫的指換え」やってる箇所は忘れると弾けなくなるので、書いておきます。あとは小節やフレーズの頭くらいしか書いてないかもです。
加線3本からはドレミを書きますw

あと、間の取り方の量を、そんな記号はないので、自分にしか意味の通じない、独自の記号で書いてますw

音価の線って、音を伸ばす長さを縦のラインと一致させる目的で書くのでしょうか?
それであればたぶん私は縦線を書いて長さを示したりしてるかも…
矢印を書くのと似た行為ですね(^^;


No title * by amy
Nekoushiさん、こんばんは~
楽譜への書き込みは人それぞれなんでしょうね。
(あまり他の方の楽譜を見たことが無いので・・)

私の場合、平均律は声部ごとの主題登場部分には印をつけています。
主調と主音も曲のタイトルの上あたりに書いてるかな。
ソナタ等はわかる所だけ調を書く場合も。
音楽用語も意味を書いていたり・・て、私、結構書き込みしているかもですね💦
指番号は変えたら書いておくよう先生に言われているのに、よく書き忘れます。。

No title * by Nekoushi
けもネコさん、コメントありがとうございまーす♪♪

先生がたくさん書き込みしてくださるのですね。
それ自体はもちろん、自分で書き込む時の参考にもなりそうですね!

> しゃく取り虫的指換え

アンダーラッピングとかオーバーラッピングですよね?
言い得て妙です(笑)

「間」はV字かなぁ…。
長さまで記号化するのは思いつきませんでした!

音価の矢印は、そうですね、縦線引いて、そこまで音符から矢印を伸ばしてます。間違いが重なるごとに、二重矢印、波線矢印…と、パワーアップ(?)です(;^ω^)

追伸
リンクをしてくださってるのですね!
私からもさせていただきますね(^^)

No title * by Nekoushi
amyさん、コメントありがとうございまーす♪♪

ホント、書き込みのスタイルは人それぞれですよね。
興味深いです(≧∇≦)
おそらく、同じ書き込みでも、ある人にとっては有りでも別の人にとってはNGになったりするのでしょうね。

amyさんのは、丁寧にきっちり、って感じがします!
ブログの記事でも曲の分析をきっちり書いてらっしゃいますし…。
あ、でも、指番号変えた時の書き換え忘れに注意ですね(笑)

恥も外聞もなく当然 * by イズラー
失礼します。還暦を過ぎた、2年目の超初心者です。

書き込みは凄いですよ^^;。書き込みだけでなく、難しい小節にはマーカーで色付けしたりしています。弾けるようにするためのは恥も外聞もありません。
今後は少しずつ減らしていきたいと思っています。

To:イズラーさん * by Nekoushi
イズラーさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!

マーカーもフル活用されてるのですね(≧∇≦)
書かれている音を正確に鳴らせることが大事ですもんね!

自分にとって分かりやすい書き込みって、時とともに変わる気がします。
しばらくたって見直してみたら「あれ?なんでこんな分かりづらい記入をしてたんだろう?」みたいな…(笑)


No title * by 私はタワシ
私の楽譜はほとんど書き込みがないです。
もともと 音符の少ない、難易度の曲を弾くことが多いので、練習会後の2次会などで楽譜の見せ合いっこすると、私の楽譜だけ、際立って白っぽい(笑)
ぎっちり書き込みがあったりマーカーで声部を色分けしてある楽譜を見ると (あ~努力してるんだな!)と素直に尊敬したくなります。

ただし 譜めくりが下手な上、めくり方にも性格が表れていてぞんざいなので(汗) しわ?はかなりついています。

書き込みのことに戻ると、
私が、たまーにする書き込みは,加線が多いときの音名(カタカナ!)と、まぎらしい臨時記号、程度ですかね~

To:タワシさん * by Nekoushi
タワシさん、コメントありがとうございまーす♪

タワシさんは書き込み少ない派なのですね!

> 加線が多いときの音名(カタカナ!)と、まぎらしい臨時記号

まさに必要最小限って感じです('◇')ゞ
人それぞれで面白いですよねー

私も以前は真っ白でしたよ。
楽譜は実用と観賞用を兼ねてましたので(笑)

マーカーでの声部の色分けは、フーガでややこしいのをやることになったら、楽譜のコピーを取って、やってみるかもしれません。


モーツァルト&平均律第2巻の楽譜を購入

画像の3冊の楽譜、どれも全音から出てる(出てた)モーツァルトのピアノソナタ集です。今回買ったのは、一番右。普通の全音の表紙ですが、中身はなかなかのスグレモノです(≧▽≦)何でこんなにモツソナ楽譜祭りになってるかというと…。もともと、ベーレンライター版の新全集(真ん中の真っ青なやつ)の1,2巻と、春秋社版の1巻と、イギリス王立音楽院版の2巻(左のベージュの)を持ってたはずなのですが、おそらく引っ越しに紛れ...

続きを読む

モーツァルト ソナタ 楽譜
画像の3冊の楽譜、どれも全音から出てる(出てた)モーツァルトのピアノソナタ集です。
今回買ったのは、一番右。
普通の全音の表紙ですが、中身はなかなかのスグレモノです(≧▽≦)

何でこんなにモツソナ楽譜祭りになってるかというと…。
もともと、ベーレンライター版の新全集(真ん中の真っ青なやつ)の1,2巻と、春秋社版の1巻と、イギリス王立音楽院版の2巻(左のベージュの)を持ってたはずなのですが、おそらく引っ越しに紛れて、春秋社版とイギリス王立音楽院版(サディ編)が行方不明になってました。それで、ベージュのは出てきたけど、春秋社の方はちっとも見つかる気配がない(^^;;

ベーレンライター版って、新全集そのまんまなので信用できる楽譜だとは思うのですが、指使いが全く書いてません(*_*;
まあ、練習するには少し不便なわけです。
最近、「K309かK311のソナタを弾きたい」と「モツ仲間」と話しているうちに、1巻目は買い直さなきゃと思って、「確かベージュのは絶版になってるから、ウィーン原典版にしようかな」と楽譜屋さんに行ったら、イギリス王立音楽院版が普通の全音の表紙に変身して売られてることに気づきました(*'▽')

ウィーン原典版と、め~~~っちゃ迷った結果、解説が詳しくて装飾音の弾き方まで丁寧に書いてくれてるイギリス王立音楽院版にしました。あと、若干安かったというのもある(笑)
最小限のスラーの補充とかはあるけど、どこを補充したかちゃんと書いてあるし、楽譜のレイアウトもゆったりしてて見やすいし、かなりお気に入りです。

もう1冊、予定してなかったんだけど、ヘンレ版の平均律第2巻も買ってしまいました。
バッハ好きなので、そのうち弾いてみたくなるはずだから、まあいいかと思って。
それに、こっちもやはりブログでのやり取りで、平均律の2巻は楽しいって聞いたし。
↑影響受けやす過ぎ(笑)

それにしても、楽譜って眺めてるだけでも楽しい!!
弾けるかどうかはともかくとして…(^^;;
そもそも、表紙見てるだけでも萌えます。←アブナイ人

* Category : 楽譜

Tag: モーツァルト 楽譜 | Comment-open▼ * Comment : (2)

No title * by amy
楽譜購入されましたか^^
なかなかの優れものなのですね!
今度YAMAHAに行った時に覗いてこようかな・・(^^♪

これから練習開始ですね^^
楽しく頑張りましょうね~~モツ祭り(笑)

To:amyさん * by Nekoushi
こんばんは~
コメントありがとうございます!

やっぱり、楽譜の話をすると買わずにはいられなくなります(笑)
でも、買ってよかったです(≧▽≦)
全音の表紙で3種類ぐらい出てるので紛らわしいですが、サディ版、是非覗いてみてくださいね。

> 楽しく頑張りましょうね~~モツ祭り(笑)

「祭り」なので「楽しく」というのが重要ですよね!
まずは、一番お祭りっぽい雰囲気のK311の1楽章をやってみようかな~