FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

なぜか楽しい『チェルニー 左手のための24の練習曲』

『チェルニー 左手のための24の練習曲』 op.718。遊び以上レッスン未満(?)の、お気に入りの曲集の一つです。どれだけチェルニー好きなの?と聞かれると困るけど…(笑)↑こんなのとか…↑こんなのとか…↑こんなのとか…左手が音階、アルペジオ、半音階などを奏でる中、右手はごく単純なメロディを奏でます。右手はシンプルなんだけど意外と美しく、アーティキュレーションを正確に弾こうと思ったら結構難しくもあります。先生は(本物も...

続きを読む

チェルニー 左手のための24の練習曲』 op.718。
遊び以上レッスン未満(?)の、お気に入りの曲集の一つです。
どれだけチェルニー好きなの?と聞かれると困るけど…(笑)

チェルニー左手24-9
↑こんなのとか…

チェルニー左手24-11
↑こんなのとか…

チェルニー左手24-13
↑こんなのとか…

左手が音階、アルペジオ、半音階などを奏でる中、右手はごく単純なメロディを奏でます。
右手はシンプルなんだけど意外と美しく、アーティキュレーションを正確に弾こうと思ったら結構難しくもあります。
先生は(本物も偽物も!)「チェルニー2つもやらなくていいよ」といって取り上げてくれないので、こっそり弾いてます(笑)

タイトルでは「なぜか楽しい」なんて呑気なことを書いていますが、実は数十年越しのリハビリの一環なのです。比喩的な意味で「再開後のリハビリ」というのではなく、文字通りの意味です。
小学生の頃、学校の図画工作の宿題をやっている時に左手の1の指を大怪我してしまったのですが(筋を縫った記憶がある)、その時のリハビリが不十分だったらしくて、色々と苦労してきました。本当はピアノ弾く時は左手が利き手、少なくとも両利きのはずなのに(>_<) 
余談ながら、工作しながらボーっと考え事を始めてしまい、手もとが狂ったのですΣ( ̄ロ ̄lll)!! 考え事なんかするんじゃなかったよ~~

リハビリは、バッハのインヴェンションを徹底的に何度もやるというのでもいいのでしょうけど、そこまで恐れ多くないチェルニーさんの方が、気分の問題として、多少ぞんざいに扱うことができて、いいみたいです(笑) 指替えがいい訓練になるようなので、そういうポイントを中心に最近少し頑張ってます!!左手の1が痺れるというか疲れるというか、ぐぐっと神経が通じ直るような感じがして、何だか心地よいのです。そして、動きがよくなってきている気がします(≧▽≦)
1の指をかばいながら弾いていると手全体に無理がかかりそうなので、これから長く弾き続けられるよう、遅まきながら何とかなるといいなぁ。

もちろん、リハビリとか大げさな話ではなく、普通に、左手に弱さを感じている人が練習をするのにもいい教材だと思います!!
チェルニーの他の曲集と違って、モルト・アレグロとかプレストの血迷ったテンポはなく、しかもメトロノーム記号がついていないので、気にせずマイペースで取り組めます。最初に力説した通り、チェルニーさんにしては綺麗な曲だし(^^♪←布教活動中!!笑
私が使っているのは音楽之友社版(定価721円、本体700円。年を感じます)ですが、今は絶版になっているようで、その代わり全音から出ています。

今回は、ちょっと楽しめる(かもしれない)チェルニーを紹介してみました(*^▽^*)
あえて目安を言うとしたら、30番相当ぐらいでしょうか。


にほんブログ村
スポンサーサイト

* Category : 練習の話

Tag: チェルニー 左手のための24の練習曲 | Comment-open▼ * Comment : (0)