FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

コンパクトで手ごろな和声の本の続編を買ってみたー♪♪

私のお気に入りの和声法の本『和声法がさくさく理解できる本』(yamaha music media、土田京子)の続編を買ってみました。『和声法がぐんぐん身につく本』という本です。コンセプトは『さくさく~』と同じく、分かりやすい日本語で書かれた和声の本で、より実践的なところに踏み込んでいます。こんな和声本が欲しかった!「わかりやすい理論」+「理解を深める実践」複雑な和声法を、軽快な語り口調でていねいに解説。充実の課題で...

続きを読む

私のお気に入りの和声法の本『和声法がさくさく理解できる本』(yamaha music media、土田京子)の続編を買ってみました。『和声法がぐんぐん身につく本』という本です。

コンセプトは『さくさく~』と同じく、分かりやすい日本語で書かれた和声の本で、より実践的なところに踏み込んでいます。

こんな和声本が欲しかった!
「わかりやすい理論」+「理解を深める実践」
複雑な和声法を、軽快な語り口調でていねいに解説。
充実の課題で体得できる1冊!!


というキャッチコピーの通りの内容です。

『さくさく~』は基礎からの説明が詳しい分、音楽の中で実際の応用みたいなのが少し手薄だったような気もするのですが、『ぐんぐん~』では、「課題の実施」(注)を意識して、より実践的な書き方になっています。特に、禁則、借用などの特別な和音、和音外音、などは、2冊とも読んだ方が分かりやすそうです。

(注)ベースラインが与えられて、それに適切な和声とメロディをつけるバス課題。メロディラインが与えられ、それに適切な和声をつけていくソプラノ課題。どっちも4声体にする。

そして、土田京子さんの和声シリーズの目玉、数字付き低音は『ぐんぐん~』を読んでみて、ようやく少しだけワケが分かってきました。数字付き低音では、和音の転回形を表すのに、第1転回、第2転回ではなく、バスの音から何度上に音があるか数字が示されますが、使い慣れたら便利そうです。この本の「課題」では、和音を指示する箇所は数字付き低音を使っています。

この本のメインは「課題の実施」で、著者も「課題を実施して初めて和声法が本当に身に付く」という意味のことを書いておられ、その通りなのでしょうけど、なかなか実施する時間が無いのも事実。巻末付録の「課題集/実施例」が実は付録じゃなくてメインです。でも、この本の「第5章 課題実施の手引き」を読むだけでも、和声への理解がぐっと深まるように思えます。あと、課題集と実施例を書写してみるのもいいかも…??余談ながら「課題を実施する」って、ちょっと業界用語っぽくて萌えますね(笑)

『さくさく~』だけでも十分用をなすと思いますが、というか、『さくさく~』を何度も繰り返し読むのが先だとは思いますが、少し変化も欲しいので、やはり『ぐんぐん~』もセットで手元に置いておくのがいいかなぁと思います!!

細かい理屈は分からなくても趣味のピアノは十分楽しめますが、少しでも理屈に触れると知的好奇心が満たされて、より楽しいのではないでしょうか。軽い気持ちで読んでます~~('◇')ゞ


にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : 楽典・和声法

Tag: 和声法 土田京子 和声法がぐんぐん身につく本 | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by さっちん
良さそうな本ですね!もうすっかり忘れ去っているので、勉強しなおしてみようかなぁ。
数字で示される課題・・・・。大学の時、通奏低音の授業がまさしくそんな感じでしたが、面倒くさい授業だなぁ。コラコラ(;'∀')と思ってました。
確か「ヘルマンケラーの通奏低音奏法」っていう本で、もう絶版のようです(笑)
超めんどくさい課題でしたよ^^

Re: さっちんさんへ * by NekoUshi
さっちんさん、こんにちは~~
コメントの実施(!笑)、ありがとうございます(^^♪

> 良さそうな本ですね!もうすっかり忘れ去っているので、勉強しなおしてみようかなぁ。

この2冊は、リラックスしながら読める貴重な和声本だと思います。
純粋に読み物としても面白いですし(*^▽^*)

> 数字で示される課題・・・・。大学の時、通奏低音の授業がまさしくそんな感じでしたが、面倒くさい授業だなぁ。コラコラ(;'∀')と思ってました。

あっ、通奏低音の授業ってあるのですね!!
たぶん、それの初歩の初歩的な感じなのかな…。

> 確か「ヘルマンケラーの通奏低音奏法」っていう本で、もう絶版のようです(笑)
> 超めんどくさい課題でしたよ^^

ヘルマンケラーって、名前だけ聞いたことあります。
やっぱり「課題の実施」は超めんどくさいのですねΣ( ̄ロ ̄lll)!!

コンパクトで手ごろな和声の本を買ってみたー♪♪

和声の体系的な本を勉強してみたいと思いながら、挑戦してみても挫折しそうなのばかりで、なかなか踏み切れずにいました。エネルギーを和声の勉強に注ぎ過ぎてピアノを弾く時間と労力が取れなくなってしまったら本末転倒ですから…。そんな中、最近出たばっかりの、yamaha music mediaの『和声法がさくさく理解できる本』(土田京子)という文庫本(8年ぐらい前に出版された『説き語り和声法講座』を文庫化したものらしい)を買って...

続きを読む

和声の体系的な本を勉強してみたいと思いながら、挑戦してみても挫折しそうなのばかりで、なかなか踏み切れずにいました。
エネルギーを和声の勉強に注ぎ過ぎてピアノを弾く時間と労力が取れなくなってしまったら本末転倒ですから…。

そんな中、最近出たばっかりの、yamaha music mediaの『和声法がさくさく理解できる本』(土田京子)という文庫本(8年ぐらい前に出版された『説き語り和声法講座』を文庫化したものらしい)を買ってみたら、お気楽そうなタイトルから受けた印象に反して、コンパクトなのに充実していて、かなり良さそうです!

著者が言うには、

「和声法」という技法は、西欧の音楽家たちが何百年もの間、工夫に工夫を重ねて書き残してきた「経験則」、「智恵の固まり」なのです。「世界遺産」は、なにも神社・仏閣だけでもありますまいものを、と私は思いますね。この技法は、立派に「世界遺産」に数えられてもいいくらい、「音楽する」うえで役に立ちます。(「はじめに」より)



とのこと。なかなか気合入ってます。
「神社・仏閣~」の部分は引用しなくてもいい話なのですが、全体的にこんな感じの口調で書かれているので、この本の特徴を示すのにいいと思って、引用しました。
本文にも例えば「導音は嫁ぎ先の決まってる娘(行先は必ず主音)」みたいな、印象的な比喩が沢山使われています。

で、和声の教科書が難解で面白くないのは、もはや「常識」になってしまっていますが、「わかる日本語で書かれた和声法の教科書がどうしても必要だ」というのが著者がこの本を書いた動機らしいです。

この本は「教科書」としては使い勝手がよくないかもしれません。しかし、「和声法とはどういうものか」ということを、音楽を学ぶ数多くの人にわかってもらいたい。そういう思いから、現代の日本人が日常使っているわかりやすい日本語で、時には目の前にいる相手に話しかけるように語った本ですから、教科書を脇から支えるものとしてお使いいただきたいと思います。(「はじめに」より)



というのが、この本のコンセプトです。
私は「教科書を脇から支える」どころか、教科書そのものとして使う気満々なのですが…(笑)

著者は3種類の読者を考えていて、

すでに教師になっている人々には、この本が「納得して音楽を教えられる生活」の助けになりますように。学生には、「和声がわかる」「音楽の姿が見える」「素敵な演奏を楽しめる」「よい教師になれる」…そうした素晴らしい連鎖の第一歩の助けになりますように。音楽を職業にはしなかったけれど、真から音楽が好きでたまらない人々には、「和声法がわかる」「音楽の姿が見える」「今よりもっと音楽を楽しめる」…そういう豊かな人生の実現をお手伝いできますように。(「はじめに」より)



だそうです。

おお~っ、全部当てはまる!セルフ先生だし、セルフ生徒だし、音楽愛好家だし、まさに私のための本(*´▽`*)
そう思って、すぐに飛びついてしまいました(笑)
いや、もちろん、中身がいいと思ったから買ったのですよ。

一つ大きな特徴は、和音の転回形を表すのに、第1転回、第2転回ではなく、数字付き低音(バスの音から何度上に音があるか数字で示す)を採用している点です。
第1転回、第2転回という呼び方は日本独自のもので、数字付き低音がグローバルスタンダードだそう。
まあ、分かりやすければどちらでもいいとは思うのですが、バッハやるなら数字付き低音を知っておきたいと前から思っていたので、この点にも惹かれました。

文庫なので、譜例はちょっと見づらい、というか、見ながら弾きたい場合に無理があるかな…。
有名曲を和声的にシンプルに改変したらどれだけつまらなくなるかとか、面白い譜例がいくつかあるので、その点は少し残念な気もします。でも、五線紙に手で書き写せばいいのですよね!手を動かすのも楽しいですから。え!?数小節ぐらい暗譜すればいい!?まあ、それも考えてみます(笑)

というわけで、手ごろで充実した楽しそうな和声の本が手に入ったので、しばらく楽しめそうです(≧▽≦)
この本、おススメです。「和声やってみたいけど、ほど良い本がない」とお悩みの方がいたら見かけたら手に取ってみてください。

* Category : 楽典・和声法

Tag: 和声法 土田京子 和声法がさくさく理解できる本 | Comment-open▼ * Comment : (2)

こんばんは♪ * by ゆりこ
和声の本、比喩がおもしろいですね。
難しい印象があるのですが、比喩が楽しいとハードルが下がるかも・・・と思いました。

ちょうどレッスンで、少しだけですけど音程の勉強をしたので、興味があります♪読みこなせるかが心配ですが・・購入検討してみます^^

To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、こんばんは~
コメントありがとうございます(*^^*)

和声は難しくないわけがないのですが、この本は、比喩が面白いし、難しい内容を噛み砕いて(でも誤魔化しではなく)解説してくれているように感じました。
私も、どれだけ読みこなせるか分からないけど、理解できる範囲で楽しめればいいかなと思ってます。

あっ、そうそう、音程についての解説は載ってないので、レッスンで音程をされてるのは、ちょうどいいタイミングだと思います(≧∇≦)