FC2ブログ

コンパクトで手ごろな和声の本の続編を買ってみたー♪♪

私のお気に入りの和声法の本『和声法がさくさく理解できる本』(yamaha music media、土田京子)の続編を買ってみました。『和声法がぐんぐん身につく本』という本です。

コンセプトは『さくさく~』と同じく、分かりやすい日本語で書かれた和声の本で、より実践的なところに踏み込んでいます。

こんな和声本が欲しかった!
「わかりやすい理論」+「理解を深める実践」
複雑な和声法を、軽快な語り口調でていねいに解説。
充実の課題で体得できる1冊!!


というキャッチコピーの通りの内容です。

『さくさく~』は基礎からの説明が詳しい分、音楽の中で実際の応用みたいなのが少し手薄だったような気もするのですが、『ぐんぐん~』では、「課題の実施」(注)を意識して、より実践的な書き方になっています。特に、禁則、借用などの特別な和音、和音外音、などは、2冊とも読んだ方が分かりやすそうです。

(注)ベースラインが与えられて、それに適切な和声とメロディをつけるバス課題。メロディラインが与えられ、それに適切な和声をつけていくソプラノ課題。どっちも4声体にする。

そして、土田京子さんの和声シリーズの目玉、数字付き低音は『ぐんぐん~』を読んでみて、ようやく少しだけワケが分かってきました。数字付き低音では、和音の転回形を表すのに、第1転回、第2転回ではなく、バスの音から何度上に音があるか数字が示されますが、使い慣れたら便利そうです。この本の「課題」では、和音を指示する箇所は数字付き低音を使っています。

この本のメインは「課題の実施」で、著者も「課題を実施して初めて和声法が本当に身に付く」という意味のことを書いておられ、その通りなのでしょうけど、なかなか実施する時間が無いのも事実。巻末付録の「課題集/実施例」が実は付録じゃなくてメインです。でも、この本の「第5章 課題実施の手引き」を読むだけでも、和声への理解がぐっと深まるように思えます。あと、課題集と実施例を書写してみるのもいいかも…??余談ながら「課題を実施する」って、ちょっと業界用語っぽくて萌えますね(笑)

『さくさく~』だけでも十分用をなすと思いますが、というか、『さくさく~』を何度も繰り返し読むのが先だとは思いますが、少し変化も欲しいので、やはり『ぐんぐん~』もセットで手元に置いておくのがいいかなぁと思います!!

細かい理屈は分からなくても趣味のピアノは十分楽しめますが、少しでも理屈に触れると知的好奇心が満たされて、より楽しいのではないでしょうか。軽い気持ちで読んでます~~('◇')ゞ


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : 和声法,土田京子,和声法がぐんぐん身につく本,

カデンツ探しに熱中、そしてハッと気づく

熱しやすく冷めやすい(?)私が今少し凝っているのが、前回の記事で書いた和声学で、特に、曲の中からカデンツ(終止部)を探すのに、つい熱中してしまっています。カデンツって何?と聞かれると、全然まともに答えられないけど…Σ(゚д゚lll)!!笑
文章で言ったら句読点みたいな、区切れる部分のことです。(これは、『和声法がさくさく理解できる本』にも書いてあった)

例えば、↓こんな部分。
シンフォニア3番 3~4小節 カデンツ

ロマン派のややこしいのはどう考えても無理なので、もっぱらバッハのフランス組曲です。(譜例はシンフォニアだけど)
宝探しというと言い過ぎですが、子供が砂浜で貝殻拾いなんかをするみたいに、ひたすら探して、お目当てのものが見つかることが楽しいのですね。
それに、句読点って重要でしょ?
例えば、目まぐるしく動き回る無窮動的と言われる曲では、カデンツがさっぱり見つからなくて(たぶんあるんだろうけど隠れてる?)、「句読点が目立たないから動き回ってる感じなのか~」という感じで、面白かったです。

でも、ふと気づいたのだけれど、普段、文章を読んだり話したりするのに文法的分析なんてしない(笑)
というか、流暢に話せるかっていうのは別問題ですよね。
ピアノで言えば、指がきちんと動いてくれなきゃ話にならない(^^;;
文法や和声って「裏方」的存在なので、あんまりカデンツ探しに熱中し過ぎないで、弾く時間もしっかりとらなければ…!!

「役に立つかどうか」という議論は、あまり好きではありません。
単に、「意外なものに熱中してみると楽しい場合もある」という感想です(^^♪

tag : 和声法,カデンツ,

コンパクトで手ごろな和声の本を買ってみたー♪♪

和声の体系的な本を勉強してみたいと思いながら、挑戦してみても挫折しそうなのばかりで、なかなか踏み切れずにいました。
エネルギーを和声の勉強に注ぎ過ぎてピアノを弾く時間と労力が取れなくなってしまったら本末転倒ですから…。

そんな中、最近出たばっかりの、yamaha music mediaの『和声法がさくさく理解できる本』(土田京子)という文庫本(8年ぐらい前に出版された『説き語り和声法講座』を文庫化したものらしい)を買ってみたら、お気楽そうなタイトルから受けた印象に反して、コンパクトなのに充実していて、かなり良さそうです!

著者が言うには、

「和声法」という技法は、西欧の音楽家たちが何百年もの間、工夫に工夫を重ねて書き残してきた「経験則」、「智恵の固まり」なのです。「世界遺産」は、なにも神社・仏閣だけでもありますまいものを、と私は思いますね。この技法は、立派に「世界遺産」に数えられてもいいくらい、「音楽する」うえで役に立ちます。(「はじめに」より)



とのこと。なかなか気合入ってます。
「神社・仏閣~」の部分は引用しなくてもいい話なのですが、全体的にこんな感じの口調で書かれているので、この本の特徴を示すのにいいと思って、引用しました。
本文にも例えば「導音は嫁ぎ先の決まってる娘(行先は必ず主音)」みたいな、印象的な比喩が沢山使われています。

で、和声の教科書が難解で面白くないのは、もはや「常識」になってしまっていますが、「わかる日本語で書かれた和声法の教科書がどうしても必要だ」というのが著者がこの本を書いた動機らしいです。

この本は「教科書」としては使い勝手がよくないかもしれません。しかし、「和声法とはどういうものか」ということを、音楽を学ぶ数多くの人にわかってもらいたい。そういう思いから、現代の日本人が日常使っているわかりやすい日本語で、時には目の前にいる相手に話しかけるように語った本ですから、教科書を脇から支えるものとしてお使いいただきたいと思います。(「はじめに」より)



というのが、この本のコンセプトです。
私は「教科書を脇から支える」どころか、教科書そのものとして使う気満々なのですが…(笑)

著者は3種類の読者を考えていて、

すでに教師になっている人々には、この本が「納得して音楽を教えられる生活」の助けになりますように。学生には、「和声がわかる」「音楽の姿が見える」「素敵な演奏を楽しめる」「よい教師になれる」…そうした素晴らしい連鎖の第一歩の助けになりますように。音楽を職業にはしなかったけれど、真から音楽が好きでたまらない人々には、「和声法がわかる」「音楽の姿が見える」「今よりもっと音楽を楽しめる」…そういう豊かな人生の実現をお手伝いできますように。(「はじめに」より)



だそうです。

おお~っ、全部当てはまる!セルフ先生だし、セルフ生徒だし、音楽愛好家だし、まさに私のための本(*´▽`*)
そう思って、すぐに飛びついてしまいました(笑)
いや、もちろん、中身がいいと思ったから買ったのですよ。

一つ大きな特徴は、和音の転回形を表すのに、第1転回、第2転回ではなく、数字付き低音(バスの音から何度上に音があるか数字で示す)を採用している点です。
第1転回、第2転回という呼び方は日本独自のもので、数字付き低音がグローバルスタンダードだそう。
まあ、分かりやすければどちらでもいいとは思うのですが、バッハやるなら数字付き低音を知っておきたいと前から思っていたので、この点にも惹かれました。

文庫なので、譜例はちょっと見づらい、というか、見ながら弾きたい場合に無理があるかな…。
有名曲を和声的にシンプルに改変したらどれだけつまらなくなるかとか、面白い譜例がいくつかあるので、その点は少し残念な気もします。でも、五線紙に手で書き写せばいいのですよね!手を動かすのも楽しいですから。え!?数小節ぐらい暗譜すればいい!?まあ、それも考えてみます(笑)

というわけで、手ごろで充実した楽しそうな和声の本が手に入ったので、しばらく楽しめそうです(≧▽≦)
この本、おススメです。「和声やってみたいけど、ほど良い本がない」とお悩みの方がいたら見かけたら手に取ってみてください。

tag : 和声法,土田京子,和声法がさくさく理解できる本,

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 献呈 メンデルスゾーン 幻想即興曲 BWV862 ハイドン 調律 平均律第1巻 レンタル練習室 近藤由貴 毎日の練習曲 春の歌 Hob.XVI:34 青柳いづみこ ハノン ブラームス フランス組曲 幻想曲 アラフィフ肩 ロマンスOp.28-2 ベトソナ22番 K.331 無謀曲 ドビュッシー チェルニー30番 四十肩 五十肩 シューベルト ららら♪クラシック グリーグ BWV858 ベトソナ10番 お菓子の世界 ベトソナ28番 ベルサイユのばら パルティータ こんまりメソッド クラビノーバ 楽譜 湯山昭 変奏曲 ベトソナ 選曲会議 エチュード インヴェンション マリー・アントワネット ワルツ 練習曲 調性 バラード 自分の演奏好き? メトロノーム 抒情小曲集 グランドピアノ さくらももこ 指先から感じるドビュッシー バラード2番 マズルカ 和声法 ヴァイオリンソナタ 24番練習曲 好きな調 旅する作曲家たち 「亡命」の音楽文化誌 バイエル スケール ピアノ椅子 ドゥシェック 左手のための24の練習曲 植山けい ヨハン・シュトラウス 電子ピアノ 梅雨 令和 アルマンド K.576 イリーナ・メジューエワ チャイコフスキー K.334 土田京子 ソナチネ クレメンティ モシュコフスキー ブルグミュラー D959 ピアニストは指先で考える ウィンナ・ワルツ 選曲 鷲田清一 トルコ行進曲 交響曲 無言歌 リズム変奏 部分練習 変イ長調 ムソルグスキー 響ホール 北九州 展覧会の絵 久元祐子 スマホ老眼 マリア・テレジア 中村紘子 理想の先生 リサイタル 気象病 高橋多佳子 指マッサージ D960 こんまり K.574 op.118-2 間奏曲 ヴァイオリン パスカル・ドゥヴァイヨン ソナタ ピアノ記念日 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.117-1 ベレゾフスキー ルービンシュタイン チェンバロ ランラン ピヒト=アクセンフェルト バックハウス キーシン ハプスブルク家 céleste メソッド・タリアフェロ リシエツキ op.118-5 ト長調 op.119-2 ハプスブルク帝国 夜の女王のアリア 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 カテゴリー ツィメルマン タグ 似合う曲 苦手な曲種 教則本 小ジーグ ピアノ騒音問題 Hob.XVI:50 スマホ 感情をこめて弾く 20の小練習曲 オスマン帝国 書き込み 演奏と喋り方 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ マーチ 行進曲 妄想 ポロネーズ 曲名の略称 プチトリアノン 山枡信明 D915 ピアニストは面白い グランド・ソナタOp.37 魔笛 全音ピアノピース 左ペダル アルペジオ クーラウ ウナコルダ マズルカOp.7-1 ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ カデンツ 「聴く」ことの力 折々のことば 田部京子 半音階地獄 島村楽器 好きな作曲家ランキング お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 平均律 整体師 K.623a クリスマス サンタクロース イギリス国歌 オーストリア国歌 リスト編曲版 全調スケール 近藤麻理恵 クラシックキャットトートバッグ マリア・ジョアン・ピリス 田園ソナタ 声部書き分け 和声法がさくさく理解できる本 和声法がぐんぐん身につく本 おんぶにだっこ 合奏譜 五線紙ノート 宮川彬良 川嶋ひろ子 エルガー 愛の挨拶 上原彩子 クララ・シューマン 伊藤恵 トロイメライ コピー譜 クリアファイル 礒山雅 飛躍 モーツァルトの手紙 マスタークラス エキエル 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 K.570 内田光子 ラフマニノフ 前奏曲 18の小品Op.72 静寂から音楽が生まれる アンドラーシュ・シフ  K.310 ベアトリーチェ・ヴェネツィ 看護師の日 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 ベトソナ18番 ベトソナ16番 練習崩壊 チェルニー24番 ペダル 新型コロナ リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 ナイチンゲール リピート練習 ピアノトリオ カウンセリング 音楽における十字架 ヴィルヘルム・ケンプ 伝説 まるむし帳 減7の和音 クロスリズム 導音 短音階 フランス王妃の受難 復習 イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 駅ピアノ D946 脱力 ラ・カンパネラ スマホ認知症 諸井三郎 アップライト グラナドス アルベニス 丑三つ時 哀しみ 岩城宏之 楽典 ポーランド 似合いそうな曲 ら抜き言葉 N響 庄司紗矢香 三瀬高原音楽祭 巡礼の年報 ゆっくり弾き 電子書籍 プレイエル K.533+494 永遠のショパン 音色 タッチ トンプソン 幻想曲あるいはカプリス ピアノ愛好者16の質問 クラ―マー=ビューロー チェルニー50番 小プレリュードと小フーガ ダイエット バトン リヒャルト・シュトラウス m.s. m.g. つるかめ算 m.d 電子メトロノーム 英雄の生涯 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら K.457 ノクターン 手ペシ 恋するクラシック リズム練習 演奏会用練習曲 K.543 K.412 K.537 スタッカート練習 ブログ 田島令子 フォーレ 音楽と文学の対位法 シュタイヤー舞曲 貴婦人の乗馬 スティリアの女 ワルトシュタイン 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR