FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

速く弾くための練習2通り

私のピアノにおける最大のコンプレックスは、指が素早く動いてくれないことです。チェルニー40番こと「速度練習曲」に執着しているのもそれが原因です。実はチェルニーが思いのほか楽しいというもあるんだけど…(笑) さて、昨日記事にした『ピアニストは指先で考える』(青柳いづみこ)に、速く弾くための練習について書かれていたので、自分用の覚書も兼ねて紹介します。それによると、速く弾けない人には二つのタイプがあるそう...

続きを読む

私のピアノにおける最大のコンプレックスは、指が素早く動いてくれないことです。チェルニー40番こと「速度練習曲」に執着しているのもそれが原因です。実はチェルニーが思いのほか楽しいというもあるんだけど…(笑) さて、昨日記事にした『ピアニストは指先で考える』青柳いづみこ)に、速く弾くための練習について書かれていたので、自分用の覚書も兼ねて紹介します。

それによると、速く弾けない人には二つのタイプがあるそうです。

一つは、フレーズをまとめて捉えられない人です。私はあんまり当てはまらないような…。
この場合、一つ一つの音を誠実に弾こうとするので、どうしてもあるところからテンポが上がらくなるそうです。こういう時に有効なのはリズム変奏練習らしいです。ただ、漫然とやっていても「勤勉に練習したという満足感」しか得られません。リズム練習をするときに意識すべきことは「指が走る部分と止まる部分をはっきり分けること」だそうです。

リズム変奏

↑こういったパターンにおいて長い音符ではしっかり止まる意識を持ち、短い音符では走る(1個ずつしっかり弾くのではなく)意識を持つということですね。走る感覚を少しずつ身に着けて、次はリズム変奏を解除して全体的に「走る」ようにするというわけです。ちなみに、いづみこ先生は、上図の3番目のリズムをもっと鋭くした「複付点8分音符+32分音符の3連符3つ」をよく使われるとのことです。音符3つ分速く流す3連符入りが、この目的のためには効果的に思えます。

速く弾けない人のもう一つのパターンは、筋肉に瞬発力がない人、スポーツ選手で言ったら長距離型だそうです。筋肉の質によってタッチのスピードが速い人と遅い人がいて、後者ですね。どうも私はこれに該当するような気がします。このタイプにスピードの速いタッチを習得させるには、指先のすばやいスタッカートがいいらしい。手首を使った柔らかいスタッカートでは駄目で、あくまで手首の力を借りずに、根元の関節から鋭いスタッカートを打ち下ろす。で、いづみ子先生のおススメはダブルスタッカート(2連打)やトリプルスタッカート(3連打)だそうです。そういえば、ブログ仲間の方が習っている先生にダブルスタッカートやトリプルスタッカートをやるよう言われたという話を読んだことがあり、早速真似してみた記憶があります。

リズム練習スタッカート練習も全く目新しい練習法ではありませんが、理屈が分かった上でやると、効果も倍増するに違いありません(^^♪

そして、気づいたら、月に2桁回数更新のノルマが途切れずにすみました\(^o^)/
応援やご心配をくださった皆様、ありがとうございました<(_ _)>


にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : 演奏・解釈・技術

Tag: リズム変奏 リズム練習 スタッカート練習 青柳いづみこ ピアニストは指先で考える | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by さっちん
こんにちは^^
練習って何が目的なのかちゃんと意識してするのとしないのとでは、ものすごい差がでまよね。
止まる所と走る所の意識すごく勉強になりました(*˘︶˘*).。.:*♡
応援P

To:さっちんさん * by NekoUshi
さっちんさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> 練習って何が目的なのかちゃんと意識してするのとしないのとでは、ものすごい差がでまよね。

何も考えずにやってると、無駄に時間が過ぎていくだけということになりかねませんよねΣ(゚д゚lll)!!
なので、気づいたことがあったらブログにメモ帳がわりに記録しておくようにしてます('◇')ゞ

> 止まる所と走る所の意識すごく勉強になりました(*˘︶˘*).。.:*♡

お役に立ててよかったです~~♪♪
いつも応援Pありがとうございます<(_ _)>