FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

週末はショパン・エチュード鑑賞祭り~~♪♪

週末は、何だか疲れていてピアノを弾く気力に乏しかったので、早々に切り上げて、手持ちのショパンのエチュードのCD4枚を聴き比べて楽しみました(*^▽^*)題して『ショパン・エチュード鑑賞祭り』!!私が持っているのは、ヤン・リシエツキ、エディット・ピヒト=アクセンフェルト、高橋多佳子、ボリス・ベレゾフスキーです。それでは順番に、まずはリシエツキから。この人は、1995年生まれのポーランド系カナダ人で、録音した時17歳...

続きを読む

週末は、何だか疲れていてピアノを弾く気力に乏しかったので、早々に切り上げて、手持ちのショパンエチュードのCD4枚を聴き比べて楽しみました(*^▽^*)
題して『ショパンエチュード鑑賞祭り』!!
私が持っているのは、ヤン・リシエツキ、エディット・ピヒト=アクセンフェルト高橋多佳子、ボリス・ベレゾフスキーです。

それでは順番に、まずはリシエツキから。
この人は、1995年生まれのポーランド系カナダ人で、録音した時17歳(!)の貴公子。
1年ぐらい前に、ネットショップの視聴で惚れ込んで購入した1枚です。
まさに、貴公子な感じの演奏です。優雅で流れるようです(*´▽`*)
若干個性が弱いかなぁ。でも、その分だけ、いつでも安心して聴けそうな気がします。

次は、ピヒト=アクセンフェルト。1914年生まれで2001年に亡くなっています。
女流チェンバロ奏者&ピアニストで、立派な先生だったそうです。バッハの演奏がとても素敵な人です。
でも、実は1937年のショパンコンクールで6位入賞してるらしい。その年は、ナショナル・エディションで有名なエキエルが8位だったとか…。
このエチュードの演奏は、かなりスローテンポで個性的です。
遅いんだけれど、流れが自然で心地よく、聴いていると何だか懐かしい気分になれました。
私はかなりお気に入りです。もし自分で弾くとしたら、お手本にしたいです。

次は、高橋多佳子さん。
この方は、1990年に5位入賞されているそうです。それもさることながら、ショパンの主要作品を年代順に録音した『ショパンの旅路』という企画が興味深いと思っていました。で、その収録曲をたびたびチェックしているうちに、ネットショップからの商品お薦めメールに毎回のように掲載されるようになり(最近のネットは恐ろしい…笑)、「ポイントも貯まったことだし、企画からエチュードだけ抜粋したのでも買ってみよう」ということで買った1枚です。
もっと、ほわ~んとした感じかと思いきや、かなりバリバリ弾く系の演奏でビックリしました。4枚の中で一番迫力あります。
こういうエネルギッシュなのもいいなぁと、意外と楽しめました。

最後は、ベレゾフスキー
この1枚は、ショパンエチュードのCDの中で最初に買ったものです。
チャイコフスキー・コンクールの優勝者なので凄いはずなのですが、別の意味で強烈な思い出があります。
昔、これを家で聴いていたら家族に「この変な曲は誰の曲?」って聞かれましたΣ( ̄ロ ̄lll)!!
それで、「ショパンのエチュード」と答えたら「エチュードって何?」「練習曲」「ま、練習曲じゃ仕方ないか」という会話になった(笑)
ショパンのエチュードっていったらピアノ好きにとっては神棚ものなのにねぇ。でも「変な曲」と言われて、思わず納得してました(^^;;今回聴き直してみても、やっぱり、リズム感とか表情とか色々と不思議な演奏です。ハマったら「そこがいい!!」ってなる…!?

CDを4種類聴いて浸ってみて、自分でも弾いてみたいなぁと思ったのは…。
10-3(別れの曲)、10-5(黒鍵)、10-9、25-1(エオリアンハープ)、25-2、25-3、25-9(蝶々)あたり。あとは、難曲で有名な10-1をキラキラした感じに弾ければ素敵でしょうけど、手を痛めそうで怖いです。
と、ここまで書いて気付いたのですが、「弾いてみたいなぁ」ぐらいの熱意では、ショパンのエチュードなんて、とてもじゃないですが弾けませんね。
スポンサーサイト



* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

Tag: ショパン エチュード リシエツキ ピヒト=アクセンフェルト 高橋多佳子 ベレゾフスキー | Comment-open▼ * Comment : (0)