FC2ブログ

レッスン第57回(後編):『変な曲』も少し前に進みます~~♪♪

【前編より続く】

■ベートーヴェン ピアノソナタ第22番~第1楽章

「わ~~い、『変な曲』♡」

先生「…」

♪♪

「A主題が3回目に現れる場面からコーダが相変わらずです(*_*;」

先生「これは、あんまり練習してないでしょ」

「はあ、バレましたか?」

先生「私の耳は節穴の時もあるけど、節穴じゃない時だってあるんですから(笑)」

ベトソナ22番 第1楽章 126-128小節

先生「前回言った通りなのですが、こういう部分、主題がどのように変奏されているのか、元の主題を常に意識して」

「そして、左手は原型なのでしたね。で、片手練習重視」

先生「その通りですね。テンポを速くしようと考える必要は全くありません」

「MA先生の解釈では、ベートーヴェンが貴族の踊りのメヌエットをからかっているんですよね(笑)」

先生「王侯貴族はこんなにスローで鈍いと。あと、主題が何となく野暮ったいのは、メヌエットも元はと言えば田舎の土俗的な舞曲に由来しているということを強調したかったのかも」

「王侯貴族も庶民も同じじゃないかと?」

先生「なんか、そんな気がします。なので、プチトリアノンの私としては、ベートーヴェンよりモーツァルトの方がホッとします。それはさておき、2楽章の提示部も譜読みに入りましょうね」

ベトソナ22番 第2楽章冒頭

「『さらに変な曲』ですね」

先生「後々、展開部に入った時、臨時記号の嵐で大変なことになるので、それ備えて、少し早めに譜読みを始めておきましょう。弾いてみると分かると思うけど、第2楽章は、ほぼずっと同じ音形を繰り返してます」

「粘着質なベートーヴェン全開ですね」

■モーツァルト ピアノソナタ ハ短調 K.457

「あの、モーツァルトが急にやりたくなったのですが…」

先生「珍しく短調萌え、とか言ってましたよね。イ短調?それともハ短調かしら?」

モーツァルト K.457 第1楽章冒頭


「K.457 ハ短調です。先生もベートーヴェンよりモーツァルトの方がホッとできるそうなので、レッスンお願いできますでしょうか?」

先生「それにしては、ベートーヴェンっぽいと言われる曲を選びましたね(^^;; でも、よく聞くと、やはり別物です。せっかくなので、レッスンで取り上げてみましょうか。その代わり、ベートーヴェンの28番をしばらく蔵に閉じ込めましょう」

「というか、28番は既に蔵の中です。今年はペースをすっかり乱されてしまったので、2027年のベートーヴェン没後200周年記念に向けての課題ということにしたいと思います」

先生「んま~~、なんて気の長い話!!それ、なかみっちゃん(仲道郁代さん)の企画のパクリじゃない?笑」

「そうなんですよ~~~。『NU版 Road to 2027』です(≧▽≦)」

今回のレッスン記は以上です🌹🌹
少しずつ再始動しているNU音楽院。順調に軌道に乗ってくれますように。


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : ベートーヴェン,ベトソナ22番,モーツァルト,K.457,

珍し~~~く、プチ短調萌え(*´▽`*)

すっかり過ごしやすい気温になったせいか、体調も落ち着いてきたみたいです。あと、いいんだか悪いんだかよく分からないけど、「コロナ鬱」気味だったのが、なんかもう「コロナ慣れ」気味に…。そして、先日のカール教の修行の成果が早速表れたのか、ピアノを弾きたい意欲がほんの少しずつ復活中です。カール教の本命曲40-31も久しぶりに練習しました!

そして、今、心惹かれるのは珍しく短調曲です。長調派の私でも、こういうことがあるんですね。いや、決して短調の曲が嫌いというわけではない(バラ1、バラ4、リストのソナタとか大好物だし)のですが、わざわざ短調曲に惹かれていると公言するのが珍しいのです。

で、具体的には、モーツァルトのソナタ第14番ハ短調K.457と、同じくモーツァルトのロンドイ短調K.511です。昨日と今日は、課題曲そっちのけで、この2曲に「遊び弾き以上練習未満」という感じで取り組んでいます。

ソナタ第14番は、ベートーヴェンっぽいとも言われる力強い曲です。特に第1楽章はそんな雰囲気がします。めっちゃカッコイイ系ですよ~~♪♪



内田光子さんの第1楽章の演奏です。私がこの曲に抱いているイメージ通りの演奏で、とても好みです。前進するパワフルさと歯切れの良さが素敵(*´▽`*) 

かなり昔に遊び弾きをしていた時は、重々しいというか重苦しい、もはやベートーヴェン以外の何物でもない弾き方をしようとしていたのですが、好みが変わりました。そういえば、モーツァルトの短調のソナタは2曲だけ(もう1曲は第8番イ短調K.310)ですが、K.310よりK.457の方が手に優しい気がします。

第2楽章は、打って変わって穏やかで心に沁みる曲。これも、ベートーヴェンの『悲愴』2楽章に似ているのでは?という話があります。そういえば短調萌えがテーマなのに2楽章は長調だわ・・・



再び内田光子さんの演奏を貼っておきましょう。凄すぎて言葉で表現できません!!参考にしようという気も湧かないほどです。でも、ちゃんと練習してみたいです。

第3楽章は、まだ今回は手を付けていないので省略します。

もう1曲のロンドK.511イ短調は、物凄く深い曲です。和声が複雑で、時代をかなり先取りしている感じがします。それでいて「変な曲」ではないところがモーツァルトらしいなぁと思います。指の動きの面では激烈に難しいというわけではないのですが、この曲の深遠な世界を表現するのが非常に難しそうです。そして、かなり長いです。シューベルト的に長い(笑)。



K.511も内田光子さんの演奏をどうぞ。これも深すぎる!!

今は、K.457やK.511のような世界に浸りたい気分です。深いのに疲れないところが素敵ですね。その点、ベートーヴェンは練習していると心身ともに疲れるのですよ。特に長調のテンション高いやつは…。病み上がり(?)には、ちょっとキツイ。レッスン課題曲をK.457あるいはK.511に差し替えたい誘惑に少しだけ駆られています。どうするか決めたら報告しますね('◇')ゞ


にほんブログ村

tag : モーツァルト,K.457,K.511,

転んでもタダでは起きませんヽ(^o^)丿

モーツァルトのソナタを沢山遊び弾きしたら肘を痛くしてしまいまして(前回の記事『珍しく肘を痛めました(>_<)』参照)、しばらくピアノは小休止です。でも、だいぶ良くなってきたので、少しだけ弾き方の反省会をしてみました。

肘を痛めた原因の第1候補はイ短調 K.310のこの部分(および再現部の同じ音形の部分)の左手です☟

K.310 第1楽章 39-47小節

昔この曲を志してチャレンジした時は必死に力任せに弾いていたようです。今日、この部分だけ少しそのままの調子で再現してみたら、「そりゃ手を痛めるでしょうよ」という感じでしたΣ( ̄ロ ̄lll)!! そして、当然のことながらガタガタで全く美しくない!!最近習得しつつある弾き方とは全然違いました。

それで、こういう左手が走り回るのって最近はどう弾いていたかな?と確認しようと思って、カールの経典を何冊か漁ってみました。白羽の矢が立ったのはチェルニー『24番練習曲』の11番です。☟こんなのです。

チェルニー『24番練習曲』第11番より

見るからに似たようなパターンでしょう?曲調は、まあ、あくまでもカールですけれど…(笑)。いや、でも、和声にも彩りがあってなかなか美しいです♡

これは初めての曲なので、超スローテンポで弾いてみます。あーっ、そうそう!!このクネクネした軟体動物のような指の動き(*^▽^*) 鍵盤にできるだけ吸い付くような感じで、でも、古典派なので指は少し丸める。この弾き方をそのままK.310で再現できればいいわけです。

24-11を2-3回練習してみて、K.310に戻りました。血迷ったテンポは厳禁で、超スローテンポで上の画像の部分だけを弾いてみると、なかなかの感触です。これなら将来K.310を練習することになっても、正しい手の使い方にすぐ直せるかも?と、手ごたえがありました。あと、躓く箇所は大抵、指使いがオカシイということも確認できました。昔は本当にメチャクチャな弾き方をしていたんだなぁと大反省です(^^;; 

K.310はいつかはちゃんと弾いてみたい曲なので、今回のことが原因でK.310を見ると立ちすくんでしまうようなことになったら困ると思って、敢えて反省会をしてみました。それから、いわゆる「脱力」が割とできていると自負していたので、それも確認してみたかった。まあ、K.310のこの箇所はその意味でも散々でしたけれど、基本的には自信喪失するほど「入れるべき力を入れ抜くべき力を抜く」(←結局フルネームで呼んじゃった)ができていないわけではないようです。安心しました。

転んでもタダでは起きないぞ!!と決意して、吉と出るか凶と出るか大きな賭けに出てみたのですが、結果は大吉とは言わないまでも中吉ぐらいにはなったかなと…(笑)。実は意外とかなり負けず嫌いなNUなのでしたヽ(^o^)丿

もうしばらく手を休めて、週明けから本格的に本来の課題曲の練習を再開できればいいなと思ってます~~♪♪


にほんブログ村

tag : モーツァルト,K.310,チェルニー,24番練習曲,

珍しく肘を痛めました(>_<)

週末にモーツァルト祭りをして悦に入っていたら、左手の肘が痛くなってきました( ;∀;)
肘のあたりの筋肉の付け根が疼くようになり、そこから手首までの間は何ともなくて、指先に痺れが時々走るような感じです。手を痛めることなんてめったにないのに…。

前回の記事ではK.576とK.570への挑戦について書きましたが、他にも片っ端から遊び弾きしたので、どれが直接の原因なのかはよく分かりません。ただ、一番アヤシイのはイ短調 K.310かなぁと思います。左手で激しく走り回る部分があって、それの弾き方がマズかったのかも…??かなり昔にも挑戦して玉砕したことのある曲でして、その時は今ほど適切な力の抜き方ができていなかったはずなので、その癖が治っていなくて、やっちゃったのかなぁと…(>_<) 

その他の候補は、バッハ平均律17番の両隣。今後の選曲のために、どんな曲か調べてみたかったので、弾いてみました。でも、かなりスローなテンポだったし、腕も指も柔軟でしたので、これは違うみたい。他には、チェルニー『毎日の練習曲』。ん~~、今のところ、カールの練習は一番手に負担がかからない弾き方ができているので、さらに考えがたいです。

ピアノ以外では、副業のパソコン。ひょっとすると、これはあるかも…。ですが、パソコンを使った作業は減らしたくても減らしようがないので、気づかなかったことにしよう(笑)。

でもまあ、やはりK.310が原因でしょう。「一度正しくない弾き方が身についてしまうと後で直すのが大変」とよく言われますが、それを身をもって体験してしまいましたΣ( ̄ロ ̄lll)!! 昔の記憶をたどっていくと、モーツァルトを弾いた後は時々、手が不調になっていたような気もします。モーツァルトは手に優しくないということもあるのかも…。何にせよ、今まで以上に「正しい弾き方」への意識を忘れないようにしないといけないと、ハッとさせられました。

他に原因があるとしたら、お年頃!?
ともあれ、1,2日休んで様子を見てみようと思います。


にほんブログ村

tag : モーツァルト,,

モーツァルトのK.576とK.570を弾きたい~~~♪♪

このところ『モーツァルトの手紙』を読んでいるせいか、久しぶりにモーツァルト熱が高まって参りました!!ピアノソナタ18曲、名作ぞろいです。選曲を兼ねた遊び弾きをしているのですが、カール教の修行を重ねているうちに弾き方が変わったせいか、以前とかなり勝手が違い、弾きにくくて戸惑っています。ただ、弾き方自体は正しい方に変わっていることは間違いなさそう。より手が疲れなくなっているので…。そして、弾きたい曲の大本命ですが、第17(16)番変ロ長調 K.570、第18(17)番ニ長調 K.576の2曲です。ソナタの通し番号が2種類ついているのは、新全集と旧全集で変わってしまった曲があるためで、カッコ内が旧全集の番号です。

この2曲はモーツァルト晩年の曲で、とても美しく、明るさの中に翳りがある、心に沁みる曲なのですが、めちゃくちゃ難しいです(>_<)
左手にもメロディが現れる対位法的な扱いが多いのと、モーツァルトの時代の軽いタッチのフォルテピアノに適したように書かれているからということが大きいように思います。

それでは、K.570のほうから。私はこの曲に純白を感じます。真っ白で清潔。穢れのない世界ですね。YouTubeで演奏を聴いてみましょう。まず、内田光子さんの演奏で第1楽章。



内田光子さんのストイックな表現がこの曲にはピッタリのように感じます。いいなぁ、聞けば聞くほど弾きたくなる(*´▽`*) 
そして、聞けば聞くほど「これは難しい!!」と怖気づきます(笑)

次は同じく第2楽章。



実を言うと、何枚も貼ると重くなってしまうので2曲とも第1楽章だけ貼ろうと思ったのですが、あまりの素敵さに、誘惑に負けることができず2楽章も貼ってしまいました(^^;; 2楽章の幸福感と寂しさが混じり合った絶妙なたたずまいは人間業とは思えないぐらいです。でも、私が弾いたら、能天気に楽しそうに弾いちゃうんだろうなぁ。目に(耳に?)浮かぶようです。いや、そこまで分かっていれば、そうならないように工夫すればいいのですね。練習することになったら、NU音楽院のMA先生(一人二役)に頑張っていただくことにしましょう(≧▽≦)

第3楽章は、動画は省略しますが、少し躍動感が出てきて、楽しい感じの曲です。楽しいんだけど心の底から明るいというのとは違うのです。改めて聴いてみて、K.570熱が急上昇中です!!今まではK.576がモーツァルトの中で群を抜いて断トツに弾きたい1曲だったのですが…。

次は、大本命のK.576です。私がこの曲に抱くイメージカラーは淡いゴールドです。K.570より少し華やかさが加わります。モーツァルトのソナタの中で一番難しいという噂です。何とかなりそうに聞こえて、弾いてみると何とかならないのがモーツァルトですΣ( ̄ロ ̄lll)!! 

それでは、近藤由貴さんの演奏で第1楽章を♪♪



私の描く理想像より演奏が少しだけ華やかすぎる気もしないでもないですが、聞き惚れてしまいます(*´▽`*)
この楽章の対位法的に処理される箇所がとんでもなく弾きづらい。そういえば、この曲はプロイセンの王女様にささげられたという話がありますが、こんな難曲を献呈されたら王女様も大いに困ったことでしょう(笑)

K576.も2楽章が深いです。シンプルなのに深い、いや、シンプルだからこそ深い、モーツァルトの神髄です。もう3枚貼るのも4枚貼るのも一緒!!というわけで、こっちも2楽章の動画を貼ってしまいます。



遊び弾きをしてみたら、K.576の2楽章では臨時記号の嵐に泣かされました( ;∀;)

3楽章は、動画は省略しますが、前進する力強さを持ちつつ、やはりどこか寂しげ。モーツァルトは素晴らしい!!と再認識しました(*´▽`*)

もちろん今すぐ練習に取り掛かるわけではありませんが、いずれ真剣に【無謀曲枠で】練習したいです。カール教の修行で「正しい練習法」という強い味方も身につきつつあるようですし、遠い未来ではないうちに取り組みたいと思っています。まあ、また気が変わるかもしれないですけど、今はこの2曲への熱が高まってます('◇')ゞ


にほんブログ村

tag : モーツァルト,K.570,K.576,内田光子,近藤由貴,

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア モーツァルト シューマン チェルニー ベートーヴェン ショパン 仲道郁代 リスト BWV862 K.311 メンデルスゾーン 献呈 平均律第1巻 幻想即興曲 毎日の練習曲 レンタル練習室 ハイドン 調律 近藤由貴 春の歌 ベトソナ22番 Hob.XVI:34 青柳いづみこ ロマンスOp.28-2 アラフィフ肩 ハノン 幻想曲 ドビュッシー フランス組曲 ブラームス ららら♪クラシック グリーグ K.331 シューベルト 無謀曲 BWV858 ベトソナ10番 五十肩 四十肩 チェルニー30番 インヴェンション エチュード ベトソナ スランプ 楽譜 選曲会議 メトロノーム クラビノーバ こんまりメソッド 湯山昭 お菓子の世界 ベトソナ28番 ベルサイユのばら パルティータ 変奏曲 バラード 自分の演奏好き? 調性 練習曲 K.457 マズルカ さくらももこ マリー・アントワネット 和声法 グランドピアノ 指先から感じるドビュッシー ワルツ バラード2番 抒情小曲集 ピアノ椅子 ヨハン・シュトラウス スケール ヴァイオリンソナタ K.576 鷲田清一 マリア・テレジア 高橋多佳子 左手のための24の練習曲 リズム変奏 交響曲 気象病 リサイタル 植山けい 好きな調 令和 D959 旅する作曲家たち ブルグミュラー イリーナ・メジューエワ K.334 ウィンナ・ワルツ ピアニストは指先で考える 「亡命」の音楽文化誌 選曲 部分練習 久元祐子 K.574 ドゥシェック スマホ老眼 指マッサージ 変イ長調 中村紘子 無言歌 モシュコフスキー 電子ピアノ バイエル ソナチネ クレメンティ 展覧会の絵 ムソルグスキー アルマンド 梅雨 チャイコフスキー 土田京子 24番練習曲 こんまり トルコ行進曲 D960 理想の先生 北九州 響ホール カデンツ 行進曲 リシエツキ ベレゾフスキー ピヒト=アクセンフェルト チェンバロ グランド・ソナタOp.37 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 op.119-2 ト長調 ポロネーズ マズルカOp.7-1 パスカル・ドゥヴァイヨン ハプスブルク家 キーシン ワルトシュタイン カテゴリー 似合いそうな曲 ら抜き言葉 似合う曲 タグ ルービンシュタイン ランラン ハプスブルク帝国 苦手な曲種 op.118-5 教則本 メソッド・タリアフェロ バックハウス ソナタ マーチ céleste 妄想 20の小練習曲 ポルカ プチトリアノン 山枡信明 ピアノ騒音問題 演奏と喋り方 曲名の略称 ヨハン・シュトラウス1世 半音階的幻想曲とフーガ 子供の情景 夜の女王のアリア 書き込み 全音ピアノピース 感情をこめて弾く ラデツキー行進曲 ピアニストは面白い D915 ヴァイオリン ピアノ記念日 吉松隆の調性で読み解くクラシック 小ジーグ アルペジオ 魔笛 クーラウ Hob.XVI:50 op.118-2 スマホ ウナコルダ ツィメルマン オスマン帝国 左ペダル 間奏曲 ポーランド op.117-1 復習 K.623a クリスマス サンタクロース イギリス国歌 オーストリア国歌 整体師 リスト編曲版 全調スケール コピー譜 クリアファイル 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 ベトソナ18番 ベトソナ16番 練習崩壊 チェルニー24番 平均律 半音階地獄 上原彩子 川嶋ひろ子 エルガー クララ・シューマン トロイメライ 宮川彬良 伊藤恵 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ 島村楽器 折々のことば 田部京子 好きな作曲家ランキング ブルグミュラー18の練習曲 近藤麻理恵 お片付け祭り ペダル 新型コロナ 前奏曲 18の小品Op.72 巡礼の年報 ラフマニノフ 静寂から音楽が生まれる  K.310 アンドラーシュ・シフ ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲 コンサート動画 哲学と宗教全史 預言者 銀河鉄道の夜 上田サントミューゼ K.511 千住真理子 クラシック・エイド 内田光子 K.570 リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 ナイチンゲール リピート練習 ピアノトリオ カウンセリング 音楽における十字架 看護師の日 ベアトリーチェ・ヴェネツィ 礒山雅 飛躍 モーツァルトの手紙 マスタークラス エキエル 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 五線紙ノート 声部書き分け 諸井三郎 アップライト スマホ認知症 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 まるむし帳 減7の和音 クロスリズム ラ・カンパネラ 駅ピアノ K.412 K.537 K.543 タッチ 音色 D946 脱力 導音 短音階 庄司紗矢香 K.533+494 永遠のショパン N響 岩城宏之 丑三つ時 哀しみ プレイエル 電子書籍 グラナドス フランス王妃の受難 BWV861 アルベニス ゆっくり弾き 三瀬高原音楽祭 「聴く」ことの力 演奏会用練習曲 手ペシ m.d m.s. m.g. 電子メトロノーム ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら バトン リヒャルト・シュトラウス 英雄の生涯 つるかめ算 伝説 和声法がさくさく理解できる本 マリア・ジョアン・ピリス 田園ソナタ 和声法がぐんぐん身につく本 合奏譜 ヴィルヘルム・ケンプ おんぶにだっこ ピアノ愛好者16の質問 幻想曲あるいはカプリス 貴婦人の乗馬 スティリアの女 シュタイヤー舞曲 ブログ スタッカート練習 恋するクラシック リズム練習 音楽と文学の対位法 田島令子 チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー トンプソン ダイエット 小プレリュードと小フーガ フォーレ ノクターン 楽典 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻16番 ト短調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調
・モーツァルト ソナタ第14番ハ短調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』3番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR