FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

気が早すぎるけど、チェルニー40番の次の練習曲集を考えてみる~~

やっと40曲中30曲目に到達したばかりだというのに何を言うか、って話ですが…。それに、チェルニー40番の次は当然50番でしょ?という声が、どこからともなく聞こえてきそうでもあります(笑)でも、何にせよ選曲タイムは楽しいので、そのまま続けます。第1候補:チェルニー50番そりゃそうですね。「40代で40番を、50代で50番を」は標語の一つですから。ただ、チェルニー以外も何か、という気もしないでもないんですよね。第2候補:ク...

続きを読む

やっと40曲中30曲目に到達したばかりだというのに何を言うか、って話ですが…。
それに、チェルニー40番の次は当然50番でしょ?という声が、どこからともなく聞こえてきそうでもあります(笑)
でも、何にせよ選曲タイムは楽しいので、そのまま続けます。

第1候補:チェルニー50番
そりゃそうですね。「40代で40番を、50代で50番を」は標語の一つですから。
ただ、チェルニー以外も何か、という気もしないでもないんですよね。

第2候補:クラ―マー=ビューロー60の練習曲
チェルニーさんより習得技法のパターンが増えている感じで、心を惹かれるものがあります。
ん~、でも、「40代で40番を、50代で50番を」は譲れないところなので、やるとしたら、クラ―マーからは抜粋、チェルニー50番からはその分だけ減らすとか、そんな感じかな。

第3候補:モシュコフスキー15の練習曲
以前はかなり関心があって、「40代で40番を、50代で50番を」を譲ってでも、これにしようかと考えていた時期もあったのですが、IMSLPで楽譜を眺めているうちに、譜読みが面倒そうなので、やる前から心が折れてきました(笑)
練習曲枠でやりたいことは、譜読み力向上ではなくて指の動きの向上なので、少し目的に合っていません。曲自体は綺麗な曲揃いでいいんですけどね。モシュコフスキーの20の小練習曲がチェルニー40番に敗北したのと全く同じ理由です。
舞台で弾かれる機会の多い曲も含まれているらしいので、そういうのを数曲、練習曲じゃない曲の枠でやってみるのはアリかも…。それだったら、チェルニー40番の後にこだわる必要はありませんね。←いいこと思いついちゃった(*´▽`*)

第4候補:モシュコフスキー16の技術練習曲
最近、興味が急上昇中の練習曲集です~~
ロマン派的な指の動きの技法が豊富に詰め込まれていて、でも、『15の練習曲』よりも1曲の長さが短く、譜読みもそこまで面倒ではなさそうなので、練習曲枠の目的にかなっています。その分、おそらく曲自体は素敵じゃないはず(^^;; たぶん、曲集の性格としては、チェルニーに近い気がする。チェルニー50番から16曲減らして、代わりにこれをやる。悪くなさそうです。第4候補として書いたのに、第1候補並みの待遇ですヽ(^o^)丿

他には、ショパンのプレリュードを練習曲代わりに使うなんてことも考えたのですが、どういう風に使うかまとまりませんでした。

というわけで、気が早すぎる、チェルニー40番の次の練習曲集を考えてみる選曲タイムでした~~('◇')ゞ


にほんブログ村
スポンサーサイト

* Category : 練習の話

Tag: チェルニー40番 チェルニー50番 モシュコフスキー クラ―マー=ビューロー | Comment-open▼ * Comment : (0)

ピアノ再開1周年など

少し前に、本屋さんのポイントカードの購入履歴を見ていたら、ちょうど1年前の今日、モシュコフスキーの『20の小練習曲』を購入していたことに気づきました。その日から再開したとはっきり言いきれるわけではないのですが、そろそろ再開したいと思いながら本屋さんや楽器店で物色していて最初に買った楽譜が『20の小練習曲』だったので、まあ、再開の記念日にしてもいいかなと…。去年の夏は、モシュコフスキーをほんの少しだけやり...

続きを読む

少し前に、本屋さんのポイントカードの購入履歴を見ていたら、ちょうど1年前の今日、モシュコフスキーの『20の小練習曲』を購入していたことに気づきました。

その日から再開したとはっきり言いきれるわけではないのですが、そろそろ再開したいと思いながら本屋さんや楽器店で物色していて最初に買った楽譜が『20の小練習曲』だったので、まあ、再開の記念日にしてもいいかなと…。

去年の夏は、モシュコフスキーをほんの少しだけやりながら、ショパンの無謀な曲(セルフレッスンで候補に挙がった幻想曲や幻想ポロネーズではない)に手を出そうとしていました(^^;;

そんな思い出の曲集なのに、いつの間にかチェルニー40番に取って代わられてしまって、どういうことでしょうね。
そもそも、『20の小練習曲』で、やってみた曲が、今弾いてみると全然身に付いてないのが何とも情けないです( ;∀;)
でも、『20の小練習曲』自体は綺麗な曲が多いようなので気に入っているし、心から離れない曲集なのです。

再開と言うからには中断していたわけですが、今回再開する前、どのくらい中断していたのかは正確に覚えてません。
『のだめ』のドラマを放送してた頃は、少し弾いてた気がする。ということは、7、8年ぐらい…?

確か、『20の小練習曲』は、「また長期中断して再開するときも便利に使えそう」なんて、またすぐ挫折することを前提に買いました(笑)
でも、1年続いてます(≧▽≦)

そんなこんなで、「ピアノ再開記念日」を7月26日にしようと決めていたのですが、ふと目にした新聞の記事によれば、中村紘子さんが亡くなったのが去年の7月26日だったのですね。

中村紘子さんというと、私は、リストの『メフィスト・ワルツ』が真っ先に思い浮かびます。
YouTubeで過去のピアノレッスン番組での指導ぶり(かなり厳しかったけど素敵だった)や御本人の熱演を見て、おお、これは凄い!!と強烈に印象に残ってます。

そして、やはり『ピアニストという蛮族がいる』ですよね。
それに掛けて、以前「私は蛮族じゃないから、文明的過ぎるから、ピアノをうまく弾けない」と、負け惜しみを言うのがマイブームでした(^^;;
最近出た遺作のエッセイ集『ピアニストだって冒険する』も読んでみようかな…。

* Category : 練習の話

Tag: モシュコフスキー 20の小練習曲 中村紘子 | Comment-open▼ * Comment : (4)

No title * by ね~み♪
再開1周年おめでとうございます(^^)/

7~8年のブランクだと技術的に元に戻るのも速そうですね!
いろいろとお勉強もされていてすごいなって思います。
私はアナリーゼ的な事が全く出来ない(あまり関心が無いというのかお勉強がニガテ)ので尊敬です。

モシュコフは綺麗な曲が多いらしいですね。
私も一応楽譜は持ってるんだけど、多分最初の曲で挫折した記憶です笑それ以来開いてないかも(^^;

またお時間がある時にでもモシュコフなさるのもいいかもしれませんね(#^.^#)
(確か15の練習曲っていうのもありますよね)

To:ね〜み♪さん * by Nekoushi
ありがとうございま〜す(^O^)/

今までは再開して一年ぐらい経つと、飽きたり挫折したりし始めてたのですが、今回は調子良さそうです(≧▽≦)
7,8年前のその前も4,5年空いてるんですよ(^_^;
今回は、やっぱり、仲間に恵まれてるのが励みになってるみたいです!

アナリーゼ的なことは、本格的にやってる人に比べたら全然ですが、先生の役もしなきゃいけないから、必要に迫られて…(笑)

モシュコフの20、最初の曲いきなり難しいですよね(*_*;
全然難易度順に並んでなくて、というか、むしろ逆に難しい順に並んでる気さえします(;´∀`)
でも、時間ができたら何曲かしっかりやってみたいです。
15の練習曲の方は、チェルニー40の次ぐらいですよね。ね~み♪さん、いかがですか?

No title * by 私はタワシ
遅ればせながら・・・再開1周年おめでとうございます!

挫折と再開を繰り返しているということですが(プロフィール拝見しました)それでもやっぱり確実に、やったことはちゃんと蓄積していくのですね~
きっと今回は長~く続くんじゃないでしょうか。
わたしもそうですが、独学ではあっても孤学ではない(つまり仲間がいる)ということは大きいと思います。
ブログやっててよかったな~

そうそう、「モシュコフスキの20の小練習曲」、なんと、富山に帰省する車中で聴いてました。Amazonプライムミュージックの中にありましたので~。チェルニーとはぜんぜん違って、曲としてなかなか魅力的なものが多く、無料楽譜をDLして2曲ほど弾いてみました。
わたしの場合、エチュードとしてまじめに取り組む気はさらさらなしですが(苦笑)曲として興味深いものはいくつか指に当ててみるということはあるかも。

To:タワシさん * by Nekoushi
コメントありがとうございます♪♪

「挫折」というのは実際よりカッコよく書き過ぎで、飽きて投げ出してたという方が真相に近いかもしれません(^^;;
でも、途切れたとしても、やったことが無になるわけじゃないのですね。

とはいえ、ホント、今回は長く続かせたいです!
おっしゃる通り、ブログのおかげで、孤独じゃない独学ですので…(*'▽')

おお、モシュコフスキーの20の小練習曲、聞いてみられたのですね!
いつの日かシューイチ録音に取り上げられることがあれば素敵、と妄想しております(笑)