FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

セルフレッスン第44回:シンフォニアも大詰め/キーワードはグラツィオーソ/『幻想曲』飽きてきた、どうしよう?

私が私にピアノを習うコーナー、月2回を目標にしているのですが、このところペースが落ち気味で、我ながら不満です(;^_^Aでも、文句を言う暇があったらレッスンすべし!!というわけで、約1か月ぶりのレッスンです('◇')ゞ■チェルニー40-30先生「また間が空いてしまいましたけど、ちゃんと練習してました~?」私「細々と続けてます」先生「細々と、なの?ピアノが本業なのに…(笑)。冗談はさておき、細々の効果を見せていただきまし...

続きを読む

私が私にピアノを習うコーナー、月2回を目標にしているのですが、このところペースが落ち気味で、我ながら不満です(;^_^A
でも、文句を言う暇があったらレッスンすべし!!というわけで、約1か月ぶりのレッスンです('◇')ゞ

■チェルニー40-30
チェルニー40-30

先生「また間が空いてしまいましたけど、ちゃんと練習してました~?」

「細々と続けてます」

先生「細々と、なの?ピアノが本業なのに…(笑)。冗談はさておき、細々の効果を見せていただきましょうか」

♪♪

先生「思ったより悪くないですよ~~。あくまで、思ったより、ね(笑) 左手から右手の受け渡しがぎこちなくならないよう、1小節ひと塊を意識することが大事です。それは、前回より良くなった。ただし、左手の5つ目の音、受け渡しポイントの音ですけど、これがドスンとなるのはNGです。手首の回転を使って、ふわっと巻き取るようにね」

「音を外すことがまだまだ多くて、心が折れそうです」

先生「前回のレッスン以降、ゆっくり弾きの練習をあんまりしていないですよね?‘レント時々プレスト、所により一時リズム変奏’と言った記憶があるのですけど…」

「‘アレグレット時々レント’みたいな感じだったと思います」

先生「笑笑。音楽の大まかな流れを掴めるようになったのは、その配分のおかげだと思うので、良しとします。次は、ゆっくり弾き練習を中心にして、弾けない箇所、もたつく箇所を徹底的に潰していきましょう」

「リズム変奏練習もしていいですか?」

先生「どうしても上手くいかないところに絞ってね。‘所により一時リズム変奏’だから(笑)」

何回か弾いて終わり。当然、次回以降も続きます。

■バッハ、シンフォニア12番
シンフォニア12番 冒頭

♪♪

先生「ん?なかなかいいみたい。最初の頃大苦戦していた部分が嘘のようにスムーズになってる」

「もっさりする部分があるような気がするのですが…」

先生「よく自覚してますね。全体的に指をしっかり上げるように」

「先生のお好きなハイフィンガーですね」

先生「いや、私の趣味の問題じゃなくて…(笑) この場合、指を上げるのは、打鍵の準備として上げるのではなく、打鍵した後に素早く引き上げるということです。ちょっと、それを意識してもう一度弾いてみましょう」

♪♪

先生「怪しい部分もあるけど、悪くないですね。これは今回で終わりにしましょう」

「わ~いヽ(^o^)丿でも、シンフォニアっていつも拍子抜けっぽく、あっけなく終わっている気がします。ただし3番は除いて(*_*;」

先生「それでは、いよいよ大詰め、最後に残った7番を譜読みしておいてください」

シンフォニア7番 冒頭

先生「主題、派生、対位旋律などをしっかり解読しながら、取り組んでくださいね。かなり複雑な曲だよ、これ」

「しっかりアナリーゼしないといけませんね」

先生「幸い、市田版の楽譜使ってるから、解説をよく読んでおいてください」←手抜きに走る先生Σ( ̄ロ ̄lll)!!

「いよいよシンフォニアも終了か~~。しみじみしますね」

先生「そんなにあっさり終わらない(笑) 少なくとも、3番、8番、9番、10番は、もう一度やるよ~~」

「…」

■メンデルスゾーン『春の歌』

「少しずつ流れるようにはなってきているんですけど、まだ装飾音を外すことが多くて…」

先生「それは、和音構成をしっかり覚えてしまうべきよね。見てると、ミスるのは属7の部分が一番多いみたい。次は減7かな。減7は響きが独特なので、すぐ耳で覚えられると思うんだけどな~~。弾いている部分が何調で何の和音なのか意識しましょう。」

「あっ、そういうこと何も考えずに弾いてました」

先生「え…、ダメじゃん(;^_^A 和声の本を勉強していると言ってた記憶があるけど、演奏に活かしてこそ価値があるというものです」

私:(相変わらず手厳しい小姑キャラだ…)←心の声

先生「あとは、表現上のポイントを少し挙げておきましょう。キーワードはグラツィオーソ、優雅に」

「速度表記がアレグレット・グラツィオーソですもんね」

先生「そうそう。優雅に響かせるには、前回も言いましたけどレガートがベッタリしちゃダメ」

「音が分離しても、流れとしてつながっていればいいんでしたよね」

先生「そのためには、打鍵した後、指を若干早めに引き上げた方がいいでしょう。バッハの時ほどはっきりと高く引き上げる必要はないですけど。特に47-49小節にかけての16分音符(下の譜例)は要注意ですね。ここがベタ付くと、とても印象が悪い」

春の歌 47-50小節

「49小節には(譜例の3小節目)、グラツィオーソの表記がありますね」

先生「ここは、控えめなテンポルバート、そして控えめなリタルダンドでしょうね」

春の歌 79-82小節

先生「それから、終わりの方、79小節にもグラツィオーソの指定があるでしょ」

「少し弾むような感じでしょうか?」

先生「ふわっ、ふわっ、とね。控えめにスキップするように、そして、音は上向き」

「あくまで全てが控えめなのですね」

先生「そう、フォルテだって控えめに。というか、デュナーミクも、音量よりも、気分が高揚するのか落ち着くのかという意味合いの方が強いと考えるのがいいと思います。だからと言って、本当に同じ音量でいいわけではないんですけどね」

「やればやるほど、お先真っ暗な感じになってきますね(>_<)」

先生「そう悲観的にならずに、大変だからこそ勉強になるとプラスに考えましょう。それに、そもそも、こういう曲調は好きでしょう??引き続き頑張りましょうね」

■シューマン『幻想曲』より第2楽章

「あの、大変言いにくいんですけど…」

先生「もしかして、飽きてきた?笑」

「はい。前回、もう少しやりたいと自分で言ったくせに…」

先生「この枠は無謀曲を緩くやっていく趣旨なので気にしなくてもいいですよ~~。何か他にやりたい曲でもあるの?ショパンのバラード?それとも、リストの何かややこしい曲?」

「何曲かありますけど、ショパンのエチュード25-9に少し興味があります」

先生「蝶のエチュードですね。爽やかな曲を弾きたい気分になるのは、鬱陶しい梅雨空のせいかしらね。弾きたい曲が決まったら知らせてください。やっぱりシューマンの幻想曲を続けたくなった、というのでも全く構わないです(笑)」


にほんブログ村
スポンサーサイト

* Category : セルフレッスン

Tag: チェルニー40番 バッハ シンフォニア メンデルスゾーン 春の歌 | Comment-open▼ * Comment : (4)

No Subject * by ゆりこ
NekoUshiさん、こんにちは^^セルフレッスンお疲れ様です♫

春の歌、グラツィオーソ、優雅に、なのですね♪星のどうぶつたちの「はくちょう」もグラツィオーソですよ~。

>音量よりも、気分が高揚するのか落ち着くのかという意味合いの方が強いと考えるのがいいと思います。だからと言って、本当に同じ音量でいいわけではないんですけどね

「はくちょう」でも同じようなことを先生仰ってました。
音量よりも、近づいたり遠ざかったりする雰囲気を表現、みたいな言い方でした。
 難しいですが、お互いグラツィオーソを楽しみましょう(#^^#)

ショパンのエチュード、憧れです♪わたしは10‐9をいつか弾いてみたいです^^


Re: ゆりこさんへ * by NekoUshi
ゆりこさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(*^^*)

> 春の歌、グラツィオーソ、優雅に、なのですね♪星のどうぶつたちの「はくちょう」もグラツィオーソですよ~。

わ~、グラツィオーソ仲間ですね(笑)
何だか嬉しいです(*´▽`*)

> 「はくちょう」でも同じようなことを先生仰ってました。
> 音量よりも、近づいたり遠ざかったりする雰囲気を表現、みたいな言い方でした。

実はコッソリ聞いてました、なんてね…(笑)
本当の先生と同じようなことを言えたなんて、自信が湧いてきます~~
あ、でも、弾くほうの自信ではなくて、口のほうの自信です(;^_^A

>  難しいですが、お互いグラツィオーソを楽しみましょう(#^^#)

そうなんですよ、難しいんです(*_*;
でも、せっかくなので、楽しまなきゃ損ですね!笑

> ショパンのエチュード、憧れです♪わたしは10‐9をいつか弾いてみたいです^^

ぜひ10-9弾いてみてください(≧▽≦)
少し手に厳しい曲ですけど、憧れ曲には挑戦したいですよね!

実は、私も10-9好きなんですよ~~。関心のある曲がまた発掘されて増えてしまいました(笑)
このままだと、絞り切れずに、シューマンの幻想曲を何となく続けてしまいそうです(^^;

No Subject * by さっちん
こんにちは。ご無沙汰しておりました。
久々のレッスンですね!
>そんなにあっさり終わらない(笑) 少なくとも、3番、8番、9番、10番は、もう一度やるよ~~」
●このSな感じに萌えました。

先日コンサートでシューマンのダビッド同盟全曲通しで聴いたのですが大変素晴らしかったです。ここでちょっとはシューマン食わず嫌いに転機が訪れそうな予感を感じました(笑)

Re: さっちんさんへ * by NekoUshi
さっちんさん、お久しぶりです~~~
コメントありがとうございます(*^^*)

> 久々のレッスンですね!

1か月ぶりになってしまいました(^^;

> >そんなにあっさり終わらない(笑) 少なくとも、3番、8番、9番、10番は、もう一度やるよ~~」
> ●このSな感じに萌えました。

Sな先生とMな生徒!!
相性バッチリだと思います(笑)

> 先日コンサートでシューマンのダビッド同盟全曲通しで聴いたのですが大変素晴らしかったです。ここでちょっとはシューマン食わず嫌いに転機が訪れそうな予感を感じました(笑)

楽しみですね(*´▽`*)
さっちんさもシューマンのドロドロの世界にようこそ!笑
シューマンって、ハマると変にクセになる気がします。
ふとしたことが転機になったりしますよね。

メンデルスゾーンの小さな佳曲を発掘――『幻想曲あるいはカプリス』Op.16-1

今日は、ソナチネアルバムと少し戯れました~~♪♪最近メンデルスゾーンの『春の歌』を練習しているせいか、メンデルスゾーンという文字に反応して、ソナチネアルバム1巻(全音の標準版)の最後に収録されている『幻想曲あるいはカプリス』Op.16-1というのを弾いてみました。Op.16には3曲含まれていて、その第1曲です。今まで弾いたことなかったのですけど、メンデルスゾーンらしい佳曲ですね。かなり気に入りました。イ短調のアン...

続きを読む

今日は、ソナチネアルバムと少し戯れました~~♪♪

最近メンデルスゾーンの『春の歌』を練習しているせいか、メンデルスゾーンという文字に反応して、ソナチネアルバム1巻(全音の標準版)の最後に収録されている『幻想曲あるいはカプリス』Op.16-1というのを弾いてみました。Op.16には3曲含まれていて、その第1曲です。

今まで弾いたことなかったのですけど、メンデルスゾーンらしい佳曲ですね。かなり気に入りました。
イ短調のアンダンテにイ長調のアレグロ・ヴィヴァーチェが挟まれているという構成で、形式的には、よく分からないです。というか、いわゆる「自由な曲」というやつですね。

弾いてみた感じは、何と言っても、メンデルスゾーンらしくメロディが美しい(*´▽`*)
メンデルスゾーンの和声進行の癖も頻出していて(具体的に説明するのは難しいのですが)、そういう面でもメンデルスゾーンらしいです。あと、何となく、交響曲第3番『スコットランド』の雰囲気を湛えているように思いました。



この動画の4分30秒あたりまでが、Op.16-1です(残りはOp.16-2と3)。
いや、アレグロ・ヴィヴァーチェの中間部、めっちゃ速いっっ!!
初見で何の参考音源も聞かずに弾いたので、動画の半分ぐらいのテンポでつっかえつっかえ弾いて「このテンポで間違えないように弾けるようになればバッチリ」なんて思っていたのですが…。ただ、私の好みは、動画より、もっと遅いテンポです。

ソナチネアルバムに収録されている曲なので、「発掘」というほどでもないのですけど、気になる曲に巡り合えたことは間違いないです~~♪♪
そのうち、真剣に練習してみたいような気がしてきました('◇')ゞ


にほんブログ村

* Category : 弾きたい曲

Tag: メンデルスゾーン 幻想曲あるいはカプリス | Comment-open▼ * Comment : (6)

No Subject * by 私はタワシ
ソナチネアルバムの付録、じっくり見ると結構面白いです。
でも一部の曲をのぞいて、意外と弾かれる機会は少ないですよね。
そして技術的にもソナチネレベルではかなり難しいものもちらほら・・・
メンデルスゾーンのこの曲も、とくに中間部、どう見てもソナチネレベルでこのテンポで弾くのは無理なのでは・・・(・_・;

>初見で何の参考音源も聞かずに弾いたので、動画の半分ぐらいのテンポでつっかえつっかえ弾いて「このテンポで間違えないように弾けるようになればバッチリ」なんて思っていたのですが…。
→あ〜わかりますわかります!時々そういう曲ありますよね。
8分の6拍子でそういう曲が多いような気がします。(子供の頃やったブルグ25番の中の曲「狩」とか、後で思えばかなりゆっくりのテンポで弾いてました(^^;;)
この曲に関して言えば、私も中間部ちょっと速すぎだと思いますけど。

No Subject * by ぎんねね
こんにちは♪
私もこの曲、隠れた名曲だと思っていました。
短い曲ですが、結構ドラマティックな感じもして素敵ですね。

動画の演奏、中間部、あんなに速いんですね。
イメージと違ってびっくりです( ゚Д゚)
でも、弾いてみたくなりました。
実は、練習したことはなかったんです(#^^#)

Re: タワシさんへ * by NekoUshi
タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> ソナチネアルバムの付録、じっくり見ると結構面白いです。

楽しめる曲が意外と多く載ってますよね!

> そして技術的にもソナチネレベルではかなり難しいものもちらほら・・・

なかなか手ごわい曲揃いみたいですね(>_<)
実は、このコーナーに載っているモーツァルトのK.485なんかも、私はあんまり弾けませんΣ( ̄ロ ̄lll);;

> >初見で何の参考音源も聞かずに弾いたので、動画の半分ぐらいのテンポでつっかえつっかえ弾いて「このテンポで間違えないように弾けるようになればバッチリ」なんて思っていたのですが…。
> →あ〜わかりますわかります!時々そういう曲ありますよね。

私は、参考音源なしだと、指の都合に関係なくアレグロもプレストも遅くとる傾向にあるみたいです。
逆に、アンダンテはどちらかと言えば速めにとることが多いかも。アダージョになると一気に遅くなるのですが…。

> 8分の6拍子でそういう曲が多いような気がします。(子供の頃やったブルグ25番の中の曲「狩」とか、後で思えばかなりゆっくりのテンポで弾いてました(^^;;)

この曲の中間部も8分の6ですね。
8分の6って、速く弾き過ぎると、せっかくの6拍子のリズムが感じられなくて勿体ないような…。

> この曲に関して言えば、私も中間部ちょっと速すぎだと思いますけど。

そうですよね(^^;
仮にこれを弾くことになっても、動画のテンポは目指しません(笑)

Re: ぎんねねさんへ * by NekoUshi
ぎんねねさん、こんにちは。
コメントありがとうございます(^^♪

> 私もこの曲、隠れた名曲だと思っていました。
> 短い曲ですが、結構ドラマティックな感じもして素敵ですね。

そうなんですよ~~~。まさしくドラマチックです!
こんな隠れた名曲が載っているなんて、ソナチネアルバム侮れません(笑)

> 動画の演奏、中間部、あんなに速いんですね。
> イメージと違ってびっくりです( ゚Д゚)

たぶん、動画の演奏は中間部速すぎだと思います(^^;
もっと遅い方がメンデルスゾーンらしい優雅さが出るような気がします。

> でも、弾いてみたくなりました。
> 実は、練習したことはなかったんです(#^^#)

わ~~っ、楽しみですね!是非、弾いてみられてください。
記事を書いた甲斐があります(*´▽`*)

No Subject * by amy
NekoUshiさんこんばんは~~

Op,16、ソナチネアルバムアルバムに収録されているとは知りませんでした。
全音メンデルスゾーンピアノ曲集2に収録されていて知ってましたが、なかなかいい曲ですよね~♪
Op.16-1は、幻想曲「スコットランドソナタ」Op.28にも雰囲気が似ている気がするんですが。どうでしょう??


Re: amyさんへ * by NekoUshi
amyさん、こんばんは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ソナチネアルバムをめくっていたら、こんなところにメンデルスゾーンが!!
という出会いでした(笑)

> なかなかいい曲ですよね~♪

そうなんですよ~~
遊び弾きをして、すっかり気に入ってしまいました(*´▽`*)

> Op.16-1は、幻想曲「スコットランドソナタ」Op.28にも雰囲気が似ている気がするんですが。どうでしょう??

早速聞いてみました♪♪
似た雰囲気のところが結構ありますね!
amyさん鋭いです~~

おそらく、Op.16もOp.28もメンデルスゾーン的にはスコットランドのイメージで、集大成が『スコットランド交響曲』なのかもしれないですね。よく調べてみたら、初めてのイギリス旅行の時に作ったのがOp.16らしいです。

「スコットランドソナタ」も気になりますが、最後の方が無理そうです(>_<)

メンデルスゾーン『春の歌』、めっちゃ難しい~~(>_<)

今練習中のメンデルスゾーンの『春の歌』ですが、あまりに手ごわいので、心が折れかけています。課題は…。・装飾音の音を外さない・アーティキュレーションを正確に・声部のバランスを適切に・メロディをしっかり歌わせるこんなところです。当然と言えば当然ですけど、一番やっかいな存在は、装飾音付きの「合いの手」ですね。これがあるおかげで、メロディが、耳の錯覚的に、よりカンタービレに聞こえます。でも、サラっと弾けな...

続きを読む

メンデルスゾーン 春の歌 冒頭

今練習中のメンデルスゾーンの『春の歌』ですが、あまりに手ごわいので、心が折れかけています。
課題は…。

・装飾音の音を外さない
・アーティキュレーションを正確に
・声部のバランスを適切に
・メロディをしっかり歌わせる

こんなところです。

当然と言えば当然ですけど、一番やっかいな存在は、装飾音付きの「合いの手」ですね。
これがあるおかげで、メロディが、耳の錯覚的に、よりカンタービレに聞こえます。でも、サラっと弾けないことには、メロディの足を引っ張って歪ませてしまいます。まさに諸刃の剣です(>_<)

「何故そこで音外すかー!!」とか、「あーあ、軽く弾かなきゃいけないところを叩いちゃったよ」とか、己の指の至らなさ加減に、途方にくれたい気分です。途方に暮れている暇があったら練習する方がはるかに有益ではありますが…。

それにしても、こういう繊細なコントロールを要求される曲をやっていると、「やはり演奏には技術が大事だなぁ」と、つくづく思わされます。指が思うように動いてくれなきゃ始まらないという意味で\(◎o◎)/!

心が折れつつも、練習自体は楽しいです~~(*^^*)


↑↑
そして、お気に入りの演奏動画を貼っておきます♪♪
前にも貼った記憶があるのですが、聴いていると癒されます(*´▽`*)


にほんブログ村

* Category : 練習の話

Tag: メンデルスゾーン 春の歌 | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by やぢま
 メンデルスゾーンの無言歌集~~v-238大好きな曲集です。NekoUshiさんの仕上がりを楽しみにしています☆

 春の歌、聴く分には本当に楽しくきれいな曲ですが、弾こうとするとNekoUshiさんでも手こずるほど手ごわいのですね。(@_@;)確かに、装飾音はバリバリ入ってますね。

 Youtubeの動画も視聴しました。装飾音のところ、ペダルを踏む人と踏まない人がいるのですが、私が持っているCDでは踏んでいませんでした。私の好みは踏む方なので、CDはちょっと物足りなかった…NekoUshiさんが紹介している動画の方はちょっと踏んでますね。このくらいがロマン派っぽくて個人的にはいいなと思います。あくまで個人の好みですけどね。(*^^*)

Re: やぢまさんへ * by NekoUshi
やぢまさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

メンデルスゾーンの無言歌集は、素敵な曲がいっぱいですよね(*´▽`*)
それなのに、つい最近まで魅力に気づかずに過ごしてきました。何と勿体ない!!

>  春の歌、聴く分には本当に楽しくきれいな曲ですが、弾こうとするとNekoUshiさんでも手こずるほど手ごわいのですね。(@_@;)確かに、装飾音はバリバリ入ってますね。

私は、口ばっかりのタイプなので、そんなに弾けるわけじゃないですよ~~Σ( ̄ロ ̄lll)!!
それと、装飾音が小さくて目に優しくないというのもありますね。もっと若いうちに譜読みをしておけばよかったと後悔してます( ;∀;) 

> 動画の方はちょっと踏んでますね。このくらいがロマン派っぽくて個人的にはいいなと思います。

初期ロマン派なので、古典派寄りの解釈も、もちろんアリだと思いますが、私も少しペダル踏んでくれた方が好みです(*^^*)
でも、ペダル踏み過ぎると、それもイメージと違いますよね~~
何かと難しさ山積な曲です(*_*;

セルフレッスン第43回:レント時々プレスト、所により一時リズム変奏

先月末にレッスン課題が入れ替わってから初めての、私が私に習うレッスンコーナーです~~もう半月も経ってしまったなんて、信じられません(*_*;■チェルニー40-30私「ゆっくり弾きの練習をしているのですが、なんだか行き詰まってしまって…」先生「少し速度を上げようとしたらガチガチになっちゃう感じ?」私「そうなんです。それで、まだまだテンポ上げちゃいけない、我慢しなきゃ!と思えば思うほど、指の動きが悪くなる気がしま...

続きを読む

先月末にレッスン課題が入れ替わってから初めての、私が私に習うレッスンコーナーです~~
もう半月も経ってしまったなんて、信じられません(*_*;

■チェルニー40-30

チェルニー40-30

「ゆっくり弾きの練習をしているのですが、なんだか行き詰まってしまって…」

先生「少し速度を上げようとしたらガチガチになっちゃう感じ?」

「そうなんです。それで、まだまだテンポ上げちゃいけない、我慢しなきゃ!と思えば思うほど、指の動きが悪くなる気がします」

先生「それは、チェルニー40番って『速度練習曲』だから。レントから始めて段階的にプレストまで上げていくのではなくて、この曲は速い!!ということを体で覚えながら進めるようにしないといけませんね」

「いきなりメトロノーム使って、4分音符=120でやってみるとか?」

先生「さすがに、その前にやることがあります。まず、1小節だけ左手のアルペジオを出来るだけ速く弾いてみて」

♪♪

「うっ、指替えが…」

先生「ゆっくりなら指をくぐらせても対応できるでしょうけど、速くなると無理だよね。指はくぐらせるのではなく、手ごとスライドさせる感じ。あっ、アルペジオの頂点の音、大きくなっちゃだめ。叩かずスッと軽く巻き取るようにね。プレストの感覚をつかんだら、レントにしたり、もう少し速くしたり、色々なテンポで手を馴染ませてみましょう。次は、右手ね」

♪♪

先生「次は、1段、リズム変奏で。16分音符4つを、8分音符1つ+16分音符の3連符3つ、それから、その逆」

「この変奏パターン、定番メニューですよね」

先生「3連符のところで強制的に速くなるから、指がさくさく動くようになるのよ。それじゃ、全体を通してリズム変奏で」

先生「今度は、速度落として、リズム変奏は無しで通してみましょう」

♪♪

「なんだか、軽くなった感じがします(*^^*)」

先生「ほら、歩くのと走るのって、体の使い方が違うでしょ?それと同じことです。ゆっくり弾きでも体の使い方はプレストの時を意識して。『レント時々プレスト、所により一時リズム変奏』という感じで練習しておいてください。プレスト・ヴォランテという指定ですが、意味わかりますか?」

「急速に、飛ぶように。ですよね?」

先生「そうそう。だから、3拍分ひと塊を一気に弾く。それと、小節の間で、もたついて間を空けたりしないようにね。早めに突っ込むぐらいの意識でちょうどよくなると思います」

■メンデルスゾーン『春の歌』

メンデルスゾーン 春の歌 冒頭

先生「これは、装飾音をいかにきれいにオシャレに入れるか、メロディラインを優雅にだせるか。その二つに尽きるよね」

「前回言われた通り、装飾音(譜例の黄緑の四角)と主音をまとめて和音としてバラさずに弾く練習をしてきました」

先生「弾いてみてください」

♪♪

先生「まだ和音を正確に把握できていないところがありますね。その点はしっかり見直して部分練習をしておいてもらうとして、次は、装飾音を和音のままで、もっと音量を小さく、かつ、軽くしていきましょう」

「スタッカートで。いや、レジェ―ロというべきでしょうか?」

先生「そうですね、レジェ―ロですね」

「お~~っ、お洒落な感じになってきましたね(*^^*)」

先生「それじゃね、次は、和音を同時に鳴らすんだけど、下の音から順に離していく。ちょっと難しいよ~~」

♪♪

「うっ、勝手に波線アルペジオ的になっていく感じです」

先生「いい感じですね。一つ一つ音をしっかり弾くのではなく、それでいいのです!次は、その感覚で、装飾音だけわずかに拍の前に弾いてみましょう。それが自然にできるようになれば、終わったも同然です(笑)」

♪♪

「なんだか、つられてメロディが歪んじゃいます(>_<)」

先生「いっぺんにそこまでできないのは当然なので、次回までの課題ということで。装飾音を主音と同時に弾くのと、拍の前に出すのを、両方練習しておいてください」

「この曲のテンポはアレグレットですけど、ある程度は速く弾いた方がいいのですか?」

先生「アレグレットは『やや快速に』ですが、グラツィオーソ、『優雅に』という指示があるでしょ?ここのアレグレットは、速さを求めているというよりも、軽やかに跳ねる感じを求めていると考えるべきでしょう。なので、テンポとしてはアンダンティーノぐらいでもいいけど、ノッペリしないように気を付けること。これが大事。レガートで隣り合う音が重ならないようにしましょう。音自体は分離しても全く構いません。流れとしてつながるということです」

「速さを求めないのでしたら、強制的に速くする練習とか、リズム変奏はしなくていいですよね?」

先生「それはそうです。してはいけません(^^;; 天気予報ちっくに言うと『レントのちアンダンティーノ、装飾音を伴う』(笑)」

■バッハ、シンフォニア12番

シンフォニア12番 冒頭

(弾いてみる)

先生「なんか、統一感がないし、集中力がすぐ途切れちゃってますね。1段弾いたら気が散って、ミスって固くなり。この悪循環ですね。もしかして、通し練習をしていないんじゃない?」

「部分練習だけを集中的にやってました」

先生「ぶつ切りになっているのはそのせいです」

「そういえば、なかみっちゃんの本に、子供の頃モーツァルトのソナタを練習するのに、1小節ごとに繰り返し練習をしていて、お祖母さまが『郁代はあんなに細かく切っていて、弾けるようになるのかね?』と言われて、今なら非常によく分かる!!という話が載ってましたけど、そんな感じなのかな」

先生「ちゃんと読んだことを活かさないとダメじゃないの!! Ushiちゃんは、そんなにぶつ切りに練習してて、大丈夫なのかね?笑」

「…」

先生「2通りの練習法を命じます。一つは、超スローテンポで、ミスっても弾き直しをせずに最後まで通す。もう一つは、超スローで、ミスったら最初に戻る。それで集中力が途切れず、かつ、手に馴染んだら、通常のテンポにしましょう。あっ、部分練習をしてはいけないわけではなく、あわせて通し練習を必ずするようにね」

今回のレッスン記は以上です~~
手抜きの簡略版で書こうと思ったのですが、興が乗って、完全版にしてしまいましたヽ(^o^)丿


にほんブログ村

* Category : セルフレッスン

Tag: チェルニー40番 メンデルスゾーン 春の歌 バッハ シンフォニア | Comment-open▼ * Comment : (4)

長い * by あすにゃん
疲れた。

Re: 長い * by NekoUshi
> 疲れた。

お読みいただきましたことには感謝いたします。

管理人のみ閲覧できます * by -

To:鍵コメントさんへ * by NekoUshi
コメントありがとうございます(^^♪

「これが絶対」という練習方法はなくて、その時の自分の状態や目的を明確にして、それに一番合った練習方法でやっていくしかないのかなぁ、と思います。
ピアノの練習は生き物です!

そして、色々とお気遣い、ありがとうございました<(_ _)>
持つべきものはピアノ仲間ですね('◇')ゞ

新曲に挑戦で、気分はリフレッシュヽ(^o^)丿

早いもので、もう6月Σ(・ω・ノ)ノ!キリよく、課題曲を2曲新しいものに変えたので、練習がまた楽しくなってきましたヽ(^o^)丿マンネリは私の大敵のようです。新曲その1は、チェルニー40-30。↑こんな感じのアルペジオ練習曲です。テンポはプレスト、強弱はフォルテッシモ、という無茶苦茶な指定なのですが、根気強くレントで譜読みしてます。譜読みって、何でこんなに楽しいんでしょうね(≧▽≦)こういう幅広いアルペジオは大の苦手だった...

続きを読む

早いもので、もう6月Σ(・ω・ノ)ノ!
キリよく、課題曲を2曲新しいものに変えたので、練習がまた楽しくなってきましたヽ(^o^)丿
マンネリは私の大敵のようです。

新曲その1は、チェルニー40-30。
チェルニー40-30

こんな感じのアルペジオ練習曲です。テンポはプレスト、強弱はフォルテッシモ、という無茶苦茶な指定なのですが、根気強くレントで譜読みしてます。譜読みって、何でこんなに楽しいんでしょうね(≧▽≦)

こういう幅広いアルペジオは大の苦手だったんですけど、チェルニーで何度か似たのをやっているうちに、以前ほど苦手意識がなくなってきたように思います。40-30を、プレストとまではいかないにしても、速いテンポで綺麗に弾けたら、ショパンのエチュード10-1みたいにキラキラした感じになるんじゃないかと空想が膨らみます(*´▽`*)

ふとページをめくってみると、32番も同じ系統みたいです。
チェルニーさん、ネタ切れ気味なのかな(笑)

新曲その2は、メンデルスゾーンの『春の歌』です。

前から候補に挙がってはいたのですが、やっとやる気になりました。細かい装飾音を読み取るのが大変なので、老眼が悪化する前にやっておかなきゃ!!という切迫感もあって…(笑)

この曲は、めちゃくちゃ手ごわいです(*_*;
薄々気づいてはいたのですが、予想以上です。聴いている分には、優雅で親しみやすそうなんですけどね。

曲想づくりの参考に、YouTubeで音源漁りをしてみました。
特に気に入ったのは次の2つです。



PTNAに載っていた、関晴子さんという方の演奏です。1960年に渡米してジュリアードに留学されたそうで、大ベテランです。さらさらと自然に流れるところが素敵です。達筆の方の字のような大人の雰囲気が漂っています。



NekoUshi音楽院で2番目によく登場するピアニスト(動画は1番かも)、近藤由貴さんの演奏(^^♪
しっかりと弾いていて、でも、オシャレ(*´▽`*) 特にテンポの揺らし方が絶妙で素敵です。フランス留学されているだけに、パリジェンヌな感じの『春の歌』です。

どうも、私は、流れがよくて装飾音を目立たせないタイプの演奏が好みのようです。自分で弾くとなったら、どうなるのでしょう??
と言いながら、先生役のほうは参考音源を聴きながら頭の中をフル稼働させているのですが、それは次回のレッスン記に反映させます~~

季節は夏ですが、私のピアノライフはようやく春が来た感じです。


にほんブログ村

* Category : 練習の話

Tag: チェルニー40番 メンデルスゾーン 春の歌 | Comment-open▼ * Comment : (4)

No Subject * by -
NekoUshiさん、こんにちは
かつです。

私も弾けるものなら弾きたいところですが…装飾が多すぎて譜読み段階で挫折すると思う。。

関晴子さんの演奏は控えめでエレガント
“達筆の方の字”という表現がぴったりですね♪
私のお気に入りのピアニストなんです!

ちなみ関さんは第27回音楽コンクール優勝者なのですが
そのときの3位が舘野泉さん、入賞者が宮沢明子さん、田崎悦子さん、弘中孝さん…豪華な顔ぶれ!
もっと皆さんに知ってもらいたい隠れた名ピアニストなんです!
紹介していただいて嬉しかったです♪

Re: かつさんへ * by NekoUshi
かつさん、こんにちは!
コメントありがとうございます~~(^^♪

> 私も弾けるものなら弾きたいところですが…装飾が多すぎて譜読み段階で挫折すると思う。。

老眼になる前に是非チャレンジなさってみてはいかがでしょう?

> 関晴子さんの演奏は控えめでエレガント
> “達筆の方の字”という表現がぴったりですね♪
> 私のお気に入りのピアニストなんです!

そうだったのですね!!
“達筆の方の字”的な演奏がすっかり気に入ってしまいました(*´▽`*)

> ちなみ関さんは第27回音楽コンクール優勝者なのですが
> そのときの3位が舘野泉さん、入賞者が宮沢明子さん、田崎悦子さん、弘中孝さん…豪華な顔ぶれ!
> もっと皆さんに知ってもらいたい隠れた名ピアニストなんです!

ホントに豪華な顔ぶれですねヽ(^o^)丿
隠れた名ピアニストを発掘できてよかったです~~
宮沢さんは残念ながら、最近、訃報が流れてきましたね。

> 紹介していただいて嬉しかったです♪

人様の好みを知るのも楽しいです(*^▽^*)
影響したりされたりしながら、音楽の世界が広がる感じで…。

こんばんは * by ゆめゆり
近藤さんの弾き方素敵ですね!ほんと お洒落ーーな感じで。
メンデルスゾーンて私も前にチャレンジしたけど やさしい曲は少なめで あっ 無言歌集ですけど。
以前に、先生が無言歌集やりましょうっていうことで やり始めたけど完成したのは1曲のみ。
私にはまだ早いと思いましたので今は本棚の中に・・・まさにタンスのなんとかです。
またNekoushiさんの動画もアップして頂けるのでしょうか? 楽しみです!



Re: ゆめゆりさんへ * by NekoUshi
ゆめゆりさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> 近藤さんの弾き方素敵ですね!ほんと お洒落ーーな感じで。

「お洒落」という言葉がピッタリですよね!
好きなピアニストの一人です。

> メンデルスゾーンて私も前にチャレンジしたけど やさしい曲は少なめで あっ 無言歌集ですけど。
> 以前に、先生が無言歌集やりましょうっていうことで やり始めたけど完成したのは1曲のみ。

メンデルスゾーンの無言歌って、聴いている分には易しそうに聞こえる曲も多いのですが、実は全然そんなことないんですよね。
私も手こずってます(>_<)

> 私にはまだ早いと思いましたので今は本棚の中に・・・まさにタンスのなんとかです。

楽譜って、並べて眺めているだけでも楽しい気がします(*´▽`*)
病気かしら!?笑

> またNekoushiさんの動画もアップして頂けるのでしょうか? 楽しみです!

ありがとうございます<(_ _)>
最近、全く録音していないのですが、機会がありましたら聞いてやってくださいね。