FC2ブログ

『展覧会の絵』をワンポイントで・・・らりほ~♪

いきなり変なタイトルですみません(笑)
でも「らりほ~♪」が今回のキーワードなので。

16日の記事で、「先生の気が向いたら『展覧会の絵』のプロムナードのワンポイントレッスンでも…」と書いたら、早速先生(もちろん私なのですが…(^^;)の気が向いたらしいので、レッスンをしてみました。

先生「スキップするようなプロムナードになるんですって?それは気になりますね。ある程度想像はつくけど…。とりあえず1回通して弾いてみてください」

(弾き始める)

先生「くっ、くっ…(^^;;←笑いをこらえるのに必死」

(2段目ぐらいまで弾く)

先生「ごめんなさい、もはやこれまで。笑いをこらえられません。1回通してって言いましたが、ストップです」

「変なのは自覚してますが、そこまで笑わなくても…。そんなに変でしたか!?」

先生「有名なテーマが、ら~ら~ら~らりっほ~♪らりっほ~ら~ら~ら~ら~♪、って聞こえるんだもの。いくらなんでもこの曲の世界と違いすぎます。『展覧会の絵』の作曲の経緯はご存知ですよね?」

「はい。確か、若くして亡くなった友人の画家を悼み偲ぶために作ったんですよね?」

先生「そうです。それなのに、スキップしちゃいけませんよね(^^;;」

「標題音楽なので、もっと、ムソルグスキーの心中を察したり情景を想像したりして曲想を考えた方がいいでしょうか?」

先生「それも悪いとは言わないけれど、変になるのは、たいてい、楽譜の指示を守っていないとか、奏法が適切ではないとか、もっとテクニカルなことが原因です。この曲の速度記号・発想記号は'Allegro giusto,nel modo russico,senza allegrezza,ma poco sostenuto'ですよね。意味は分かりますか?」

「正確にアレグロで、ロシア風に、快活にではなく、しかし少し音を保って、です」

先生「その通りです。それをきちんと守ってください。テンポがアレグロでは無理なのは、まあいいとして、あと、ロシア風にというのも抽象的なので、まあ置いておくとして、残り二つ、特にpoco sostenutoが鍵になるでしょうね」

「音の保ち方がまだ不十分ということでしょうか?」

先生「まだ不十分というか、全く不十分です。意識としてはpesante(重々しく)を書き加えるぐらいで行きましょう」

「そうしたら、何だかロシアっぽくもなりそうですね!」

先生「おそらくね。次は、らりっほ~♪の原因を解明してみましょう。スラーがかかっている音符の弾き方が間違っています。3音にスラーがかかってるのに、2音スラー、1音を分離してノンレガートで弾いちゃってる。モーツァルトを集中的にやってるので、モーツァルト的アーティキュレーションになってしまうのかもしれないけれど、やはり楽譜には忠実にね」

(テーマを弾いてみる)

先生「らりっほ~♪が、らりほー♪ぐらいにはなったでしょ?笑 少しスキップ感が減りましたね」

「でも、まだロシア風のpesanteにはほど遠いですよね。どうすればいいのでしょう?」

先生「楽譜を使って説明しましょう。3小節目に今までの間違った弾き方を、4小節目に適切な弾き方を書き込んでみました」

『展覧会の絵』3-4小節

「クレッシェンドとデクレッシェンドなのですか?」

先生「このスラーは、アーティキュレーションの指示と考えるよりも、そう捉えた方がいいでしょう。上昇の時は若干エネルギーを込め、下降はその逆と言った感じです」

「なるほど~~。でも、何だか全体的にソステヌートに弾くのは弾きづらいです」

先生「それは、根本的な話になりますが、その手つきでは難しいでしょうねぇ。指が立ってるし、手首が高い。どっかで似たスタイルを見た記憶があるのだけど…。あっ、なかみっちゃん!(注:仲道郁代さん。師弟揃って馴れ馴れしい…笑)」

私:(*´▽`*)

先生「何もそこまで喜ばなくても…(^^;; それに、見たことはないですが、たぶん『展覧会の絵』を弾く時は、彼女も手の形を変えて弾かれると思いますよ」

「指を伸ばして、手首を下げればいいのですか?」

先生「そうです。それから、鍵盤の奥に向かって力をかけ気味に。手前に引く感じに弾いてますが、それは逆です。特に左手。さっきの「らりほ~♪」のところは、スラーの最後の音を5の指で下の方から掴み取るように。古典派みたいに手首の回転使って上から頑張って5の指で取ろうとしたら、どうしても重心が高い感じ、つまり、らりほ~♪になります」

「それでは弾いてみます」

(散々間違えながら通してみる)

「わ~、ありがとうございます(≧▽≦) すっかり別物になりました。重心低くてロシア風」

先生「役に立ってよかったです。これが解決しないと、気になって本来の練習に身が入らないのではと思って…。あと、今練習中の曲は手つきを変える必要ないですからね。あっ、課外レッスンなので追加料金をいただかなくちゃ。いや、それよりも、その分、グランドピアノ購入のために積み立ててもらった方が有益かな(笑)」

「500円玉貯金的な?」

先生「そんな感じですね。でも、500円玉では、なかなか貯まらないでしょうから、5000円札にしましょう」

私:Σ(゚д゚lll)!!

というわけで、『展覧会の絵』プロムナードをワンポイントでやってみました。
満足したので、安心して寝かせておくことができそうです。たまに遊び弾きぐらいはするかもしれないけど。
スポンサーサイト



tag : ムソルグスキー,展覧会の絵,

「アレグロだけど快活にではなく」という困った指示

楽譜置き場の奥深くに、買った記憶も弾いた記憶もない、ムソルグスキーの『展覧会の絵』の楽譜が眠っているのを見つけました。
定価1030円(本体1000円)と書いてあるので、かなり昔のものであるのは間違いないです。消費税3%って、一体いつの時代…?

そんなのが出てきたら、遊び弾きしてみたくなるのが人情というものです(笑)
というわけで、有名な冒頭の『プロムナード』だけ、遊んでみました(≧▽≦)
音が多すぎて手が苦しいので、和音は適当に省略しながらですね。

記事のタイトルは、その速度記号、発想記号'Allegro giusto,nel modo russico,senza allegrezza,ma poco sostenuto'の一部です。
全体の意味は「正確にアレグロで、ロシア風に、快活にではなく、しかし少し音を保って」。
なかなか困った指示です。

いきなりアレグロで弾けないのは当然として、遅いテンポのくせに、どういうわけか'senza allegrezza'(快活にではなく)にならない。
たぶん、「アレグロは元々は速いという意味ではなくて快活にという意味」というのが刷り込まれてて、アレグロと書いてるのを見ると反射的に快活にしたくなるのかも…。
あと、思ったよりは弾けたのが嬉しくてつい、というのもあるかも。いやぁ、大人げないなぁ。

とにかく、やたらとウキウキしたスキップするような『展覧会の絵』になってしまうのです。
スキップするような感じの『展覧会の絵』って、どう考えてもおかしいよー
そして、ミスって転ぶから、子供が美術館の雑踏の中でスキップして転んじゃってるような感じ(笑)
ムソルグスキーが「そんな曲作った覚えない」と化けて出そうだΣ(゚д゚lll)!!

けど、『展覧会の絵』のプロムナードって、楽譜1ページ分で手ごろなので、ちゃんと弾けるようにしとくと便利そうではありますね。
コピー1枚常に持って歩けば、急に外で「ピアノ弾いて」って頼まれた時に対応できるもんね。←暗譜する気が全くない(^^;;

ま、気が向いたら、ワンポイントレッスンしてみてもいいかな。
先生のほうの気が向くかどうか分からないけど…。

tag : ムソルグスキー,展覧会の絵,

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト ショパン 仲道郁代 チェルニー リスト ベートーヴェン K.311 献呈 メンデルスゾーン 幻想即興曲 ハイドン 近藤由貴 レンタル練習室 春の歌 青柳いづみこ Hob.XVI:34 BWV862 ハノン 調律 幻想曲 平均律第1巻 ドビュッシー ブラームス ロマンスOp.28-2 無謀曲 K.331 ららら♪クラシック BWV858 ベトソナ10番 グリーグ フランス組曲 チェルニー30番 湯山昭 ベトソナ 楽譜 ベルサイユのばら シューベルト 選曲会議 こんまりメソッド お菓子の世界 エチュード 調性 和声法 練習曲 インヴェンション 自分の演奏好き? バラード クラビノーバ ワルツ さくらももこ 抒情小曲集 指先から感じるドビュッシー メトロノーム パルティータ バラード2番 ベトソナ22番 四十肩 選曲 アルマンド ムソルグスキー 理想の先生 響ホール イリーナ・メジューエワ ピアニストは指先で考える 変奏曲 D960 交響曲 五十肩 こんまり ヨハン・シュトラウス D959 北九州 植山けい 鷲田清一 左手のための24の練習曲 リサイタル スケール 電子ピアノ グランドピアノ ソナチネ バイエル クレメンティ 展覧会の絵 ウィンナ・ワルツ 中村紘子 「亡命」の音楽文化誌 旅する作曲家たち リズム変奏 久元祐子 ヴァイオリンソナタ スマホ老眼 指マッサージ モシュコフスキー 好きな調 ピアノ椅子 K.574 ブルグミュラー 土田京子 K.334 ドゥシェック 令和 マリー・アントワネット トルコ行進曲 céleste 夜の女王のアリア 曲名の略称 魔笛 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.118-5 プチトリアノン ピアノ記念日 ピアニストは面白い D915 op.117-1 間奏曲 山枡信明 op.118-2 妄想 ヴァイオリン op.119-2 変イ長調 小ジーグ クーラウ マズルカOp.7-1 マズルカ Hob.XVI:50 オスマン帝国 感情をこめて弾く 20の小練習曲 スマホ ポロネーズ グランド・ソナタOp.37 ランラン ルービンシュタイン キーシン バックハウス メソッド・タリアフェロ チャイコフスキー カデンツ パスカル・ドゥヴァイヨン ト長調 書き込み アルペジオ 行進曲 マーチ 苦手な曲種 左ペダル ウナコルダ ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ 教則本 似合う曲 演奏と喋り方 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ ピアノ騒音問題 ツィメルマン タグ 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 全音ピアノピース ら抜き言葉 つるかめ算 伝説 m.g. m.s. 電子メトロノーム m.d ヴィルヘルム・ケンプ おんぶにだっこ 田園ソナタ 声部書き分け マリア・ジョアン・ピリス 和声法がさくさく理解できる本 合奏譜 和声法がぐんぐん身につく本 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 英雄の生涯 小プレリュードと小フーガ ダイエット K.457 ノクターン 田島令子 フォーレ チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー バトン リヒャルト・シュトラウス ピアノ愛好者16の質問 幻想曲あるいはカプリス トンプソン 五線紙ノート 宮川彬良 リスト編曲版 部分練習 整体師 平均律 無言歌 半音階地獄 全調スケール オーストリア国歌 コピー譜 クリアファイル サンタクロース クリスマス イギリス国歌 K.623a 田部京子 折々のことば 川嶋ひろ子 エルガー 上原彩子 クララ・シューマン 伊藤恵 トロイメライ 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ 好きな作曲家ランキング 島村楽器 ブルグミュラー18の練習曲 お片付け祭り 近藤麻理恵 音楽と文学の対位法 シュタイヤー舞曲 庄司紗矢香 K.533+494 N響 岩城宏之 丑三つ時 哀しみ 永遠のショパン プレイエル アルベニス グラナドス ゆっくり弾き 「聴く」ことの力 電子書籍 三瀬高原音楽祭 楽典 ポーランド マリア・テレジア ハプスブルク家 ベレゾフスキー 高橋多佳子 リシエツキ ピヒト=アクセンフェルト ハプスブルク帝国 ソナタ 似合いそうな曲 ベトソナ28番 ワルトシュタイン カテゴリー 気象病 フランス王妃の受難 復習 K.543 演奏会用練習曲 K.537 K.576 タッチ K.412 手ペシ 恋するクラシック 貴婦人の乗馬 スティリアの女 ブログ スタッカート練習 リズム練習 音色 脱力 クロスリズム イタリア協奏曲 減7の和音 まるむし帳 短音階 導音 ブランデンブルク協奏曲 諸井三郎 駅ピアノ D946 ラ・カンパネラ スマホ認知症 アップライト チェンバロ 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR