FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

大掃除からの脱線・・・

最近、珍しく大掃除に取り組んでいます。長年箱詰めになっている正体不明の様々なものを開封して処理したり、カラーボックスを組み立てて雑多な物どもをスッキリと並べたり…。このままでは、青柳いづみこ先生の部屋ちっく(←ものすごく散らかっているそうです。『ピアノ愛好家必携!!『ピアニストは指先で考える』を読みました』参照)になりかねないと焦りを感じて、季節外れの大掃除です。でも、段ボール箱を開封したら、楽譜が...

続きを読む

最近、珍しく大掃除に取り組んでいます。長年箱詰めになっている正体不明の様々なものを開封して処理したり、カラーボックスを組み立てて雑多な物どもをスッキリと並べたり…。

このままでは、青柳いづみこ先生の部屋ちっく(←ものすごく散らかっているそうです。『ピアノ愛好家必携!!『ピアニストは指先で考える』を読みました』参照)になりかねないと焦りを感じて、季節外れの大掃除です。

でも、段ボール箱を開封したら、楽譜が何点か出てきて、あっさり脱線してしまいましたΣ( ̄ロ ̄lll)!! 
気になった楽譜は…。

・ブラームス『ヴァイオリンソナタ』全集
学生時代に、ヴァオリン弾ける友人がアンサンブルしたいとか言ってて、それに備えて買った品です。確か、当時は全く手に負えなくて、立ち消えになった記憶があります。少し弾いてみると、今だったら、当時よりは何とかできそうな気がしました(≧▽≦) もちろん、如何ともし難そうな曲(というか楽章)も多数あります。
25年ぐらい箱に埋もれていて弾いたこともなかったのに一部とはいえ勝手に進歩しているのは、サボりながらも練習を続けている甲斐があるというものです(*´▽`*)

・ベートーヴェン『変奏曲集 第1巻』(ヘンレ版)
妹が子供の頃使ってた楽譜です。こんなところに埋もれてたのか~~!!1曲しかレッスンした形跡がないのですが、ボロボロになっていて、外れているページがあったりします。さすが、軟弱な作りのヘンレ版(*_*;
感動のご対面(というか、私は楽譜の存在を知っているだけで初対面に近いのですが…)だったので、弾いてみましたよ~~。
あっ、ここはチェルニー、そこにもチェルニー、あそこにもチェルニー!!という具合に、面白いぐらいにチェルニーでやったようなパッセージが続出です(≧▽≦) 
ベートーヴェンの変奏曲というと、ディアッベリ変奏曲を筆頭に、とんでもない難物も少なからず存在しますが、この第1巻に収録されているのは、比較的弾きやすくて曲調もあんまり激しくないものが多いです。大半は教材用に作ったんじゃないかと思います。
あと、2800円という値札にビックリ\(◎o◎)/! 今の値段の半分です。買った当時としては高価な買い物だったはずです。1曲しか使ってないのは勿体無いので、私の遊び弾きに従事して余生を過ごしてもらうことにします(笑)

・バッハ『小プレリュードと小フーガ』
これ、長年探してました。全音のビニールカバー付き、赤帯入りの年代物です!!作品番号が書かれていないのが不便ですが、まあ、それはいずれ調べて書き込みます。
当然ではありますが、子供向けの教材などと侮れない手ごわさがあります。さすが大バッハ(*´▽`*)
萌えのあまり、大掃除どころではないです。このタイミングで見つけてはいけないものを見つけてしまいました(笑)

そういえば、私は大掃除をしていたのではなかったのか??
大脱線してしまいましたけど、弾けば弾いた分だけいいことがあると再確認できたのは、とても嬉しいことでした。
テンション上がります(*^^)v その勢いで掃除しろという話ですね(^^;


にほんブログ村
スポンサーサイト

* Category : ピアノライフの話色々

Tag: バッハ 小プレリュードと小フーガ ベートーヴェン 変奏曲 ブラームス ヴァイオリンソナタ | Comment-open▼ * Comment : (0)

ららら♪ベートーヴェン

仲道郁代さん出演の5月17日放送『ららら♪クラシック』(Road to ベートーベン2 楽聖の魂 ピアノ・ソナタ)を見ました(*´▽`*)2020年のベートーヴェン生誕250年に向けた特集の2回目です。明日再放送ですが、遠慮なくネタバレします(笑)今回のメニューは、(1)スペシャル・メドレー、(2)「月光」の響き生み出すペダル、(3)「悲愴」のモチーフ七変化。スペシャルメドレーでは、わずか2分少々で、14番『月光』 I、III 楽章~8番『...

続きを読む

仲道郁代さん出演の5月17日放送『ららら♪クラシック』(Road to ベートーベン2 楽聖の魂 ピアノ・ソナタ)を見ました(*´▽`*)
2020年のベートーヴェン生誕250年に向けた特集の2回目です。明日再放送ですが、遠慮なくネタバレします(笑)

今回のメニューは、(1)スペシャル・メドレー、(2)「月光」の響き生み出すペダル、(3)「悲愴」のモチーフ七変化。

スペシャルメドレーでは、わずか2分少々で、14番『月光』 I、III 楽章~8番『悲愴』 II 楽章~21番『ワルトシュタイン』 I 楽章~17番『テンペスト』 III 楽章~23番『熱情』 III楽章のハイライトを聴かせてくれました。お馴染みの曲ばかりですが、よく凝縮したなぁと感心するばかりです。いつもながら端正な、なかみっちゃんらしいベートーヴェンでした。テンポは遅めで落ち着いた感じです。

『月光』第1楽章は、響きのお話。楽譜には‘senza sordino’(弱音器なしで)という指定があって、「ダンパーを上げ続けて」(右ペダルを踏み続けて)という意味なのですが、これをベートーヴェン時代のフォルテピアノと現代のピアノで弾き比べています。現代のピアノだと指示通りに右ペダル踏みっぱなしで弾くと当然音が濁りますが、フォルテピアノだといい感じに幻想的に響きます。で、フォルテピアノで弾いた時の響きに鳴るように、現代のピアノで弾く時にペダルを微妙に調節するということを、実演、力説なさってました。なかみっちゃんってば、なぜかピンヒールを履いてらしたのですが、ペダル踏みにくくないのかな!?月光のダンパーペダルの話自体は知っている内容だったので、ピンヒールが一番の萌えポイントでした(なんで?笑)。

『悲愴』は、ベートーヴェンが短いモチーフから巧妙に作曲していくというお話。実は、なかみっちゃんは若い頃、ベートーヴェンが苦手だったそうです。論理と感情のせめぎ合いに、いかに折り合いをつけていくか分かったら、ベートーヴェンがすごく面白く思えるようになったとのことです。感情だけで弾くとベートーヴェンにならないし、理屈だけだと面白くない。音楽的な理屈にしっかり裏打ちされた感情を把握しないといけません。その一つとしてモチーフを取り上げて熱く語っていました(≧▽≦) 『悲愴』の序奏冒頭は3つのモチーフ(和音、上行音形、ため息)から成っています。2楽章の冒頭、3楽章の冒頭がそのモチーフからの派生であることを実際に弾いて理解させてくれました。ベートーヴェンの作曲法って面白い。でも、ちゃんとアナリーゼしようと思ったら、間違いなく底なし沼だわ~~(^^;;
披露してくれたのは3楽章で、演奏時のロイヤルブルーのドレスが素敵でした(*´▽`*) ブルー系は比較的少ないような気がします。←また脱線してる。

最後は、ベートーヴェンの音楽は哲学的、というお話をしていらっしゃいました。ベートーヴェンの音楽は個人的な感情にとどまらないものがあると。ベートーヴェンの音楽に含まれる感情を分析してみると、人間とは何か、人間とは何とちっぽけな存在なのか、分かるそうで、それはまさに哲学ということですね。熱く語るというより、神々しい感じで語ってました。

なかみっちゃんのベートーヴェン、生で聴きたいよ~~!!
ららら♪クラシック』だけでは物足りません(>_<) いや、もちろん面白かったのですが…。


にほんブログ村

* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

Tag: 仲道郁代 ベートーヴェン ららら♪クラシック | Comment-open▼ * Comment : (2)

論理と感情のせめぎ合い!名言デスネ♪ * by きんどーちゃん
NekoUshiさん、こんにちは(*゚ー゚)v
らららクラシック、ベートーベン特集の記事が細やかで充実していてビックリ!Σ( ̄□ ̄;)
NekoUshiさんは本のレヴューも分かりやすいし、解説が上手いですね!
見ていない方にも番組の内容がちゃんと伝わると思いました🎵o(^_^o)
私リアルタイムで見てましたけど、こんな詳しい解説書けないわ~笑f^_^;

なかみっちゃんに関する事では愛情とリスペクトが伝わってきます♪

そうそう、私はらららクラシックのシューマン特集で演奏を聴いてファンになってしまった上原彩子さんというピアニストのシューマン、ピアノ協奏曲を聴きに行きました🎵
NekoUshiさんはシューマンがお好きでしたよね~
シューマンのピアノ協奏曲は初めて聴いてけれど、クララへの愛がたっぷり詰まっている美しい曲ですね~(*'‐'*)♪
私ピアノのソロの所で思わず泣いてしまいました…(TωT)ウルウル
シューマンは子供の情景位しかマトモに聴いた事がないので、これを機会に聴いてみたいと思います。o(^-^)o

ベートーベンについてはとっても語りたい事がたくさんあるのですが、長くなるのでまたの機会にしますね~
(毎度お馴染みのセリフ~爆ε=(>ε<*)プッ)

PS;ちょこっと蔵出し;実は私高校生の時発表会で先生にベートーベンの大曲のソナタ第一楽章を弾かされまして…めちゃくちゃな演奏ですけど14ページ暗譜で弾きました…若さって凄いわ~何の曲かはまたの機会に~笑( ̄ー ̄)ニヤリ

Re: 論理と感情のせめぎ合い!名言デスネ♪ * by NekoUshi
きんどーちゃん、コメントありがとうございます(≧▽≦)

> らららクラシック、ベートーベン特集の記事が細やかで充実していてビックリ!Σ( ̄□ ̄;)
> NekoUshiさんは本のレヴューも分かりやすいし、解説が上手いですね!
> 見ていない方にも番組の内容がちゃんと伝わると思いました🎵o(^_^o)

ありがとうございます<(_ _)>
ネタバレし過ぎなのが欠点ですが…(^^;;

> 私リアルタイムで見てましたけど、こんな詳しい解説書けないわ~笑f^_^;

若干メモをとったり、番組の構成自体については公式HPも参考に(というかコピペ!笑)していたりします。

> なかみっちゃんに関する事では愛情とリスペクトが伝わってきます♪

わ~~い、伝わりますか!?
嬉しいです(*´▽`*)

> そうそう、私はらららクラシックのシューマン特集で演奏を聴いてファンになってしまった上原彩子さんというピアニストのシューマン、ピアノ協奏曲を聴きに行きました🎵

そちらのブログで拝見して、続きが気になってたんですよ~~~!!
上原彩子さんって、チャイコフスキーコンクールで優勝されたすごい人ですからね。

> NekoUshiさんはシューマンがお好きでしたよね~

初めの頃は苦手って言ってたんですけどね(笑)
いつの間にか好きになってました。

> シューマンのピアノ協奏曲は初めて聴いてけれど、クララへの愛がたっぷり詰まっている美しい曲ですね~(*'‐'*)♪
> 私ピアノのソロの所で思わず泣いてしまいました…(TωT)ウルウル
> シューマンは子供の情景位しかマトモに聴いた事がないので、これを機会に聴いてみたいと思います。o(^-^)o

シューマンのピアノ協奏曲はめっちゃ素敵ですよね(≧▽≦)
そして、シューマンは大抵の曲にクララへの愛が込められてますね。
シューマンの愛とロマンの世界に浸っちゃいましょう!

> ベートーベンについてはとっても語りたい事がたくさんあるのですが、長くなるのでまたの機会にしますね~

どんな大曲を弾かれたのか、お話の続きを楽しみにしてます!!

セルフレッスン第39回(後編):熟成に成功した曲、失敗した曲

前編より続く。一人二役のレッスン第39回の後半です。それでは次は、ベートーヴェンのピアノソナタ第10番です。(一通り弾く♪)先生「なかなかいい感じになってきましたね。展開部以外はかなり弾き慣れてきた感じがします。表情も程よく古典的ですね」私「実は、あんまり練習していなかったのですが・・・。熟成されたってことでしょうか??」先生「そうそう、そういうことあるよね。展開部は熟成されてないですが…。というわけで...

続きを読む

前編より続く。
一人二役のレッスン第39回の後半です。

それでは次は、ベートーヴェンのピアノソナタ第10番です。

ベトソナ10番 第1楽章冒頭

(一通り弾く♪)

先生「なかなかいい感じになってきましたね。展開部以外はかなり弾き慣れてきた感じがします。表情も程よく古典的ですね」

「実は、あんまり練習していなかったのですが・・・。熟成されたってことでしょうか??」

先生「そうそう、そういうことあるよね。展開部は熟成されてないですが…。というわけで、展開部を練習しましょう。77小節から98小節の、右手が3連符のアルペジオ、左手が旋律を受け持つ部分。ここが一番の難関であり見せどころですね」

ベトソナ10番 第1楽章77-97小節
ベトソナ10番第1楽章のクライマックス部分。なかなか難しいです(>_<)

先生「左手だけ弾いてみて」

(弾く♪)

先生「スタッカートで駆け回る部分、変にスラーが付いちゃってる時がある。主に指替えの場面ですね。腕から指先まで一体化したハンマーのような感じで、粒を揃えて叩いていきましょう」

「一体化した感じを得ようとすると力が入ってしまいます((*_*)

先生「それじゃ、音増やしてオクターブにしてみて。その次に、オクターブ下に追加した音を省略します。全部親指で弾くことになりますね」

(やってみる)

「感覚はつかめてきました」

先生「その次は、指使いを元に戻して。そして、最後に右手を加える」

(何回か繰り返す)

先生「あと、左手がスタッカートの箇所は、ペダルは踏んじゃいけません。sfがついているところだけ、瞬間的に踏んで響きを豊かにするというのは、例外的にやってもいいかな。逆に、左手がレガートのところは、濁らないように気をつけつつ浅く踏んだ方がいいかも。右手の3連符は、3つのうち1番目の音を強調してください。旋律線が浮かび上がってきます」

(何度かやった後、通す♪)

先生「展開部はまだアヤシイですが、かなり良くなりました。レッスンでやるのはこれで終わりでいいでしょう。あとは自分で弾き込んでおいてください」

「次の曲、どうしましょう?」

先生幻想即興曲を見てから決めましょうかね」

ベトソナ10番は熟成に成功(≧▽≦)
放置しておいても、できる時はできるようになるものです。

最後は『幻想即興曲』です。

「これも練習不足なのですが・・・。何だかあんまり楽しくなくなってきてしまって」

先生「ひょっとすると、寝かせている間に熟成されているかもよ?とりあえず弾いてみてください」

(ひとまず通す♪)

「こっちは駄目だわ。熟成じゃなくて腐敗してるΣ( ̄ロ ̄lll)!!」

先生「楽しくないなら、無理して続けず放棄してもいいけど、どうする?」

「…」

先生「それじゃね、これ↓見てからどうするか決めて」



「やります!!もう少し頑張ってみます(^o^)丿」←単純なやつ

先生「そうでしょう、そうでしょう(笑) 次回までにやるべきことを言っておきますね。左手の片手練習がメインになります。6連符が均等になるように気をつけながら、スローテンポで繰り返してください。均等と言っても、機械的にではなく、自然な音楽の流れの中でという意味ね。そして、1番目と4番目の音を意識する。右手は、左手に比べれば軽めの練習でいいですけど、やることは同じくスローテンポで出すべき音を指に馴染ませる。そういえば、スロー練習をしっかり頑張るって、自分で言ってなかったっけ?」

「言っていたような気がします。今度は、腐敗しないように、ちゃんとやっておきます」

先生「やる気が失せた時は、なかみっちゃんの動画を見て、取り戻してください(笑) あと、ベトソナ10番の次ですが、『憧れの無謀曲の下地作りプロジェクト』をそろそろ始動させましょう。急にこの場では決められないでしょうから、次回までに1曲考えておいてくださいね」

いよいよ無謀な挑戦の時が近づいてきました(笑) 幻想即興曲』が既にけっこう無謀な気もしないでもないですが・・・
楽しみだけど、なんだか空恐ろしい。そして、何にしようかめっちゃ迷います~~


にほんブログ村

* Category : セルフレッスン

Tag: ベートーヴェン ベトソナ10番 ショパン 幻想即興曲 | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by 私はタワシ
NekoUshiさん、こんにちは!
熟成に成功する曲と逆に腐敗する曲があるって興味深いですね。
でも曲によるとはいえ、熟成できるってすごくないですか?本当に羨ましい限りです!
私なんてしばらく曲を放置していたら、現状維持ならば御の字で、大抵は腐敗の一途を辿りますもの。そして普通そんなものだと思ってきました。
どんな曲だったら熟成できるのか、いくつも例を積み上げれば傾向もわかってくるのかな?

To:タワシさん * by NekoUshi
タワシさん、こんにちは!
コメントありがとうございます~~(^^♪

正しいというか適切な練習をした後しばらく寝かせたら熟成して、ダメな練習をした後に放置したら腐敗する、という傾向はあるかもしれません。

それから、私のピアノは、数年ピアノに触れなくてもそれほど退化せず、逆に弾き続けても遅々とした進歩しないタイプみたいで、それも関係してるのかな~~
タワシさんのシューイチ的なのは、私にはまず無理なので、とても羨ましいです。
隣の芝は…。というより、自分にはない能力を他人に見出して「すごいな~~」と思えるのも醍醐味かもしれませんね(*^▽^*)

熟成する場合と腐敗する場合の考察は、いずれ記事にしたいと思います(^o^)丿
ちょうどいいキッカケをいただいて、ありがとうございます。

セルフレッスン第36回:クリスマスプレゼントはベトソナ10番(^^♪

今回は、ベトソナ10番ことベートーヴェンのソナタ第10番の第1楽章の徹底解剖(←大袈裟(^^;;)をやります(≧▽≦)前回から間が空いてしまった分だけ、量がやたらと多かったので、涙を呑んで、対話形式ではなくメモ形式にします。↑冒頭部分・まず、テンポについて。2/4拍子で書かれているけど、基本単位は8分音符。4/8拍子を出発点に考える。4/4拍子に対する2/2拍子と同じようなこと。4分音符単位ではモデラート、8分音符単位ではモルト...

続きを読む

今回は、ベトソナ10番ことベートーヴェンのソナタ第10番の第1楽章の徹底解剖(←大袈裟(^^;;)をやります(≧▽≦)
前回から間が空いてしまった分だけ、量がやたらと多かったので、涙を呑んで、対話形式ではなくメモ形式にします。

ベトソナ10番 第1楽章冒頭
↑冒頭部分

・まず、テンポについて。2/4拍子で書かれているけど、基本単位は8分音符。4/8拍子を出発点に考える。4/4拍子に対する2/2拍子と同じようなこと。4分音符単位ではモデラート、8分音符単位ではモルト・アレグロぐらいの感覚でいいでしょう。ただし、2拍子の感覚を失わないように。

・アウフタクトを大事に。最初の16分休符をしっかり感じること。

・冒頭、4回繰り返されるオクターブの跳躍(レレ×2、ミミ×2)は、ブツ切りにならないように気を付ける。手首の回転を使って、ふわっと繋げること。

・4小節目(1段目の右端)のアーティキュレーション、跳躍する2音にスラー、残り1音にスタッカートの部分。スラーのところは膨らませる感じで。でも、ロマン派的に溜めるというのではなく、あくまでニュアンス程度に。

・5小節から7小節(2段目)の左手の16分休符を正確に。その後の16分音符3つは転ばないように、凸凹しないように滑らかに。

・7小節から8小節に進むとき(矢印の部分)、停滞しない。

ベトソナ10番 第1楽章第2主題
↑第2主題の冒頭

・26小節目から第2主題。レガートで優美な第1主題に対して、第2主題は軽快な雰囲気。しっかり転換すること。第2主題に入る前のラの連打は、ややリタルダンド、かつ、第2主題の直前でブレスを入れる。

・16分音符2個ずつにスラーがかかっている音形(右端)では、1個目の音を重く、2個目は軽く。音の長さも「長短」と聞こえるぐらいがちょうどいい。不均等であることを意識する。

ベトソナ10番 第1楽章 32-35小節
↑32-35小節

・続いて、推移部(32小節以降)。ここから、多声の処理が特に大事になります。例えば、33・34小節では、ベースライン(赤い矢印)をしっかり聞く。右手の重音進行はバラけることのないように。かつ、重音を楽譜の指示通りレガートで弾かなきゃいけない。35小節では、右手のメロディと内声をきちんと弾き分ける。もちろん、内声はうるさくなってはいけません。

ベトソナ10番 第1楽章 40-42小節
↑40-42小節

・提示部、展開部、再現部、それぞれ1カ所ずつ、32分音符のパッセージが出てきます。テンポ設定の手掛かりになります。つまり、これらが弾けないような速いテンポというのは適切ではない。通常の4分音符単位のアレグロではないことが、この部分から分かります。それから、もちろん、機械的に必死に弾くのではなく、あくまで軽やかに。

ベトソナ10番 第1楽章 47-51小節
↑47-51小節

・提示部の終わりの部分、47小節以降、再び多声の弾き分けに注意。右手の内声のシンコペーションにつられて、左手がノンレガートにならないように。ベースラインはしっかりと歌わせないといけません。外声だけ弾く練習をして、上下のメロディラインをよく把握しておくとよいはず。シューマン的ややこしさがあります。

・47小節から48小節にかけて、クレッシェンド気味に。でも、ドルチェでピアノは守って。

・展開部は、どの素材がどう使われているか、把握しておくこと。それほど複雑な構造ではありません。変ホ長調での「偽の再現」があるので、そこは、いかにも再現部の開始っぽい雰囲気に弾く。そして、聴き手を騙す(≧▽≦) 

ベトソナ10番 第1楽章 69-72小節
↑69-72小節

・展開部では、左右が対位法的な掛け合いになる部分(69-72小節あたり)で、特に苦戦している。ここは片手練習を念入りに。バッハのインベンションと同じことです。

・再現部は、提示部とほとんど同じなので、課題も同じ。

今回のレッスンメモは以上です~~(^^♪
メリークリスマス🎄


にほんブログ村

* Category : セルフレッスン

Tag: ベートーヴェン ベトソナ10番 | Comment-open▼ * Comment : (4)

* by Arietta
Nekoushiさん、こんにちは〜。
充実のレッスン!楽しませて頂きました〜♫
偽りの再現、聴き手を騙す!なんて発想が素晴らしいですね〜そんな風に聴き手を意識しながら弾いたらとっても楽しそうです(*^▽^*)なんかこの曲、エンターテイメント性があるように感じます。一人で家で弾いてるより誰かに聴いてもらいたくなるような(笑)
第2主題のスラーの重→軽の所、どうしても思うように出来なくて(T_T)本当に苦労しました。
Nekoushiさんのセルフレッスン読んだらまた弾きたくなりました〜♫久しぶりに楽譜を開いてみようと思います〜(*^_^*)

To:Ariettaさん * by Nekoushi
Ariettaさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

レッスンを楽しんでいただけて嬉しいです。

> 偽りの再現、聴き手を騙す!

ベートーヴェンのよく使う手みたいです。
師に当たるハイドンも、この手法かなり使ってます。それを受け継いだのでしょうね。

> なんかこの曲、エンターテイメント性があるように感じます。一人で家で弾いてるより誰かに聴いてもらいたくなるような

あっ、そうですね(≧▽≦)
ウィットに富んでいますし、32分音符のパッセージでは技巧も聴いてもらえますし…。コメントを拝見して、一人で家で弾いているのが勿体なくなりました(笑)

> 第2主題のスラーの重→軽の所、どうしても思うように出来なくて(T_T)

力をタイミングよく込めたり抜したりしなきゃいけない上に、重音がばらけないように気を付ける必要もありますもんね。私も、なかなか安定しません(>_<)

> Nekoushiさんのセルフレッスン読んだらまた弾きたくなりました〜♫

ぜひぜひ(*^▽^*)
過去に弾いた曲を発掘する刺激になれたとしたら、書いた甲斐があります(*´▽`*)

* by Arietta
ハイドンもよく使う手法なのですね。勉強になります〜!
私もこの曲、人前では弾いたこと無いんですけどね。犠牲になったのは先生くらいで(^_^;)
人前で弾けるくらい上手くなりたい!と強く思わせてくれる曲です(笑)

To:Ariettaさん * by Nekoushi
Ariettaさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

> ハイドンもよく使う手法なのですね。

ハイドンの騙しには、ベートーベン以上に騙されてしまいます(笑)

> 人前で弾けるくらい上手くなりたい!と強く思わせてくれる曲です(笑)

私もそう思います~~♪♪
前回のコメントで書いてくださったように、エンターテイメント性が強く感じられますもんね。
練習するかどうか、まだ決めてないのですけど、3楽章もかなり面白いです(≧▽≦)

ベトソナ10番の楽しくも恐ろしい底なし沼・・・

ベトソナ10番こと、ベートーヴェンのソナタ10番ト長調。「文字通りの『譜読み』」をやっている時から薄々気づいてはいたのですが、とんでもない底なし沼です(*_*;↑こんな可憐な曲なのにねぇ。可愛らしい雰囲気に反して、手ごわい手ごわい!!どれくらい手ごわいかというと、ほとんど全小節にわたって課題が見つかるんじゃないかと思えるぐらい。あと、セルフレッスンの記録をとるいとまもないぐらいΣ( ̄ロ ̄lll)!!主として、多声...

続きを読む

ベトソナ10番こと、ベートーヴェンのソナタ10番ト長調。「文字通りの『譜読み』」をやっている時から薄々気づいてはいたのですが、とんでもない底なし沼です(*_*;


↑こんな可憐な曲なのにねぇ。可愛らしい雰囲気に反して、手ごわい手ごわい!!
どれくらい手ごわいかというと、ほとんど全小節にわたって課題が見つかるんじゃないかと思えるぐらい。あと、セルフレッスンの記録をとるいとまもないぐらいΣ( ̄ロ ̄lll)!!

主として、多声の弾き分けが難しさの原因です。
多声の弾き分けがややこしくない部分では、フレージングとかニュアンスの付け方が難しいです。弦楽四重奏的書法で書かれているので、和音の分厚さの迫力で誤魔化せないから…。モーツァルト的難しさと言えばいいのかな。

そういえば、横山幸雄先生の公開講座の動画で、生徒がベトソナ10番でこってり絞られているのを見た記憶があります。公開レッスンということもあってか、決して怖いというわけではなかったのですが…。「やっぱりそういう曲なんだなぁ」と、ふと思い出しました。

でも、底なし沼なんだけど、そこが楽しいのです。
昔遊び弾きした時に付いてしまった悪い癖の矯正も含めて、少しずつ積み上げて行くことに達成感を感じられそうというか…。
音楽を作っている実感がわきます。

そして、ハッと気づくと2楽章や3楽章の譜読み(遊び弾き)をしていたりする(^^;;
底なし沼をさらに2つも増やしてどうするの!?今すぐおやめなさい。←先生役の私の声

「セルフレッスンの記録をとるいとまもない」なんて書きましたが、もちろん、いずれレッスン記は書きますよ~~(^o^)丿


にほんブログ村

* Category : 練習の話

Tag: ベートーヴェン ベトソナ10番 | Comment-open▼ * Comment : (0)