FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

ブログ3年目、「令和なピアノ」を目指します~~(^^♪

ふと気づくと、このブログも3年目を迎えましたヽ(^o^)丿2017年の3月下旬に開設したので、3月が記念の月だったのですけど、本格的に書き始めたのは4月からなので、細かいことは気にせず、年度区切りでキリのいい4月を記念月にしておきましょう。ブログ3年目ということは、ピアノ再開(中断が多過ぎて何回目の再開か不明(^^;)3年目ということです。実を言うと、今までの経験では、そろそろ飽きてくる頃なんですよ。でも、今のところ...

続きを読む

ふと気づくと、このブログも3年目を迎えましたヽ(^o^)丿
2017年の3月下旬に開設したので、3月が記念の月だったのですけど、本格的に書き始めたのは4月からなので、細かいことは気にせず、年度区切りでキリのいい4月を記念月にしておきましょう。

ブログ3年目ということは、ピアノ再開(中断が多過ぎて何回目の再開か不明(^^;)3年目ということです。実を言うと、今までの経験では、そろそろ飽きてくる頃なんですよ。でも、今のところ、ブログ&ブログ仲間の方々という強い味方のお陰で、「若干落ち着いて来たかな」という程度です。そもそも、今までハイテンション過ぎたので、そのままのテンションだと息切れしかねません。ただ、バッハを10日ぐらい放置したり、よくない兆しも少しずつ見えてきて、不安がゼロというわけではありませんでした。

でも、新元号の発表を見ていたら、なぜか急に我に返って、久しぶりにバッハを弾く気になってシンフォニア12番の練習をしました。元号が変わるって、リフレッシュ効果があるんですよね。「私の心の故郷はウィーン」なんて時々口走ってますが、やっぱり日本人なんだなぁと、しみじみと思いました。

そして、その新元号の令和ですけど、私が目指したいピアノの標語にしてしまいました\(◎o◎)/!笑
「令」は、良い、美しい、立派、という意味だそうですね。「和」はもちろんハーモニー。美しいハーモニーです(≧▽≦) もし「麗」だったら華々しい感じ(もちろんそれも素敵!)ですけど、「令」だともっと節度があって端正な感じかな。あと、「れいわ」という響きが、透明感があって綺麗なピアノの音を連想します。特にモーツァルトとかショパンにピッタリです。それから、最近気になるグリーグもそうですね。シューマンとかリストは少し違う気もしますが…。
というわけで、新元号はすっかり気に入ってしまって、私のピアノの標語として勝手に使わせていただくことにしました。

あ、でも、「令和」という文字を見て真っ先に思い浮かんだのはピアノじゃなくて『ベルサイユのばら』のオスカルさんなんですよねぇ(^^;; なぜかというと、アニメでオスカルさんの声を演じていたのが田島令子さんという女優さんだったのが印象に残っているので…。そして、ビックリしたのが、そう思いながらネットのニュースを見ていたら、田島令子さんが「(令子は)祖母が付けてくださった名前です。たくさんの友人達からLINEを頂き、じんわりとうれしい気持ちが湧いて参りました」、「『令和』の時代が日本国民にとりまして、より良き方向に歩んで行かれますように祈念申し上げます」ってコメントしてたこと。おお、さすがオスカルさん!!と思ってしまいました。

あれ?何の話になってるんだ??
あっ、そうそう、3年目を迎えて、これからのピアノライフがどう発展していくのか楽しみです~~(^^♪
テンションを少し落ち着かせて「令和なピアノ」を長く続けていきたいと、気持ちを新たにしたのでした('◇')ゞ


にほんブログ村
スポンサーサイト

* Category : ピアノライフの話色々

Tag: 令和 ベルサイユのばら 田島令子 | Comment-open▼ * Comment : (4)

No Subject * by amy
祝🎊ブログ3年目✨おめでとうございます~~
これからも長~~く続けて下さいね。
「令和」なピアノ目指して(*^▽^*)

ベルばら🌹といえばNekoUshiさん、というイメージです。
ブログによく登場しますよね~~(笑)
これからも記事を楽しみにしていますね!

To:amyさん * by NekoUshi
amyさ~ん(^^♪
ありがとうございます~~(*´▽`*)

> これからも長~~く続けて下さいね。
>「令和」なピアノ目指して(*^▽^*)

ピアノとブログ、先生と生徒、二人三脚で長~~く続けていきたいと思います。

> ベルばら🌹といえばNekoUshiさん、というイメージです。

笑笑
ふと書きたくなってしまうことが多いみたいで…。

> これからも記事を楽しみにしていますね!

これからも読んでいただけると嬉しいです<(_ _)>

No Subject * by さっちん
祝3年(* ̄(エ) ̄)/☆【祝】☆\( ̄(エ) ̄*)おめでとうございます。
私はピアノ再開4年経ち、4月から多分5年目に突入のようです(多分)だいたい自分がいつのタイミングで何を始めたのか覚えていられないタチでして、職場も勤続何年目なのかさっぱりわかりません。
とりあえず、アバウトすぎる性格です。
令和なピアノ
響きが素敵ですね♪

To:さっちんさん * by NekoUshi
さっちんさん、こんにちは~~

> 祝3年(* ̄(エ) ̄)/☆【祝】☆\( ̄(エ) ̄*)おめでとうございます。

ありがとうございます<(_ _)>

> 私はピアノ再開4年経ち、4月から多分5年目に突入のようです(多分)だいたい自分がいつのタイミングで何を始めたのか覚えていられないタチでして、職場も勤続何年目なのかさっぱりわかりません。

5年目おめでとうございます~~(≧▽≦)
職場は、私も何年目だかあんまり覚えてないかも…(^^;;

> 令和なピアノ
> 響きが素敵ですね♪

そうなんですよ~~
ピアノのためにつけられた元号のような気がしてなりません(笑)

ブルグのばら・・・!!

子供にも人気、大人にも人気な、ブルグミュラー25の練習曲。この「ブルグ25」に収録されている曲のタイトルの中に、近年、大きく変えられたものがいくつかあるという話を小耳にはさみました。その一つが、曲集中人気No1と思われる『貴婦人の乗馬』。例えば全音の新版では単に『乗馬』になっているらしいですね。何で変わっちゃったんだろう?男女共同参画社会だから?それとも「貴婦人」というのが身分制度を想起させて現代にふさ...

続きを読む

子供にも人気、大人にも人気な、ブルグミュラー25の練習曲。この「ブルグ25」に収録されている曲のタイトルの中に、近年、大きく変えられたものがいくつかあるという話を小耳にはさみました。

その一つが、曲集中人気No1と思われる『貴婦人の乗馬』。例えば全音の新版では単に『乗馬』になっているらしいですね。
何で変わっちゃったんだろう?男女共同参画社会だから?それとも「貴婦人」というのが身分制度を想起させて現代にふさわしくないとでも思われたの??と、邪推しながら調べてみました(笑)

「ブルグ25」の初版は、フランスで出版され、その時のフランス語のタイトルが‘La chevaleresque’。これは、「騎士道的な女」とか「女騎士道」みたいな感じらしい。そのイメージと言えば、ベルサイユのばらの男装の麗人オスカルさん以外に考えられないではないですか(≧▽≦)

ややこしいことに、併記されているドイツ語と英語のタイトルは、訳すと「貴婦人の乗馬」「お嬢様の乗馬」「奥様の乗馬」。こんな感じです。今までの日本語訳は、ドイツ語・英語のタイトルを採用していたのですね。これだったら、オスカルさんじゃなくて、アントワネットさんです(*´▽`*) どっちにしても、ベルばら!!笑

単なる『乗馬』に変更している楽譜があるのは、元の3つ(というか2パターン)のタイトルのどれにも解釈できるよう、苦し紛れに変えたということなのかもしれませんね。「貴婦人の」という縛りが取れると、オスカルさんっぽいカッコイイ系の解釈もできるし、アントワネットさんっぽい可愛らしい解釈もできる。あと、思わぬメリットとして、単に『乗馬』だと、お年頃の男子生徒が「女の曲なんて弾けるかよ」と思わずに、素直に取り組めるということもあるかも!?笑

でもまあ、曲調は「貴婦人の~」の方が合うと私は思います。子供の頃は、なぜかメリーゴーランドのイメージでしたけど…。
久しぶりに弾いてみたら、やっぱりアントワネットさん風にしか弾けなかったです。ことのほか苦戦してしまい、よろよろしてしまうところなど、オスカルさんとはとても思えなかったです(^^;; 

で、オスカルさん的な演奏ないかな~?と思って動画を漁っていたら、イメージに近いのを見つけました(≧▽≦)



この演奏なんですけど、かなりカッコイイ系のような気がします!!
優雅さは失わないながらも、力強さもあり、近衛兵司令官のオスカルさんって感じです(*´▽`*)

というわけで、私の中では『貴婦人の乗馬』は、『ブルグのばら』になってしまいました(笑)
そういや、この曲、子供のころ発表会で弾きたかったのに、弾かせてもらえなかったな~~。


にほんブログ村

* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

Tag: ブルグミュラー 貴婦人の乗馬 ベルサイユのばら | Comment-open▼ * Comment : (4)

* by ねこぴあの
ベルサイユならぬブルグの薔薇ですか〜
Nekoushiさんもういっそのことベルばらの歌を弾くというのはどうでしょう?(笑)
子供のモーツァルトがアントワネットに求婚したのは本当なんでしょうかね。
わたしもこの曲は貴婦人の乗馬がいいなあ。乗馬じゃ肩透かしをくらうみたいな(^_^;)

To:ねこぴあのさん * by NekoUshi
ねこぴあのさん、こんばんは☆彡
コメントありがとうございます(^^♪

> Nekoushiさんもういっそのことベルばらの歌を弾くというのはどうでしょう?(笑)

それは名案です~~
ていうか、何で今まで気づかなかったんだろう・・・??ねこぴあのさん、気づいてくれてありがと~う(*´▽`*)
早速、楽譜を探さなければ!!

> 子供のモーツァルトがアントワネットに求婚したのは本当なんでしょうかね。

私は本当だと信じてます(≧▽≦)
実話だと信じておいた方が楽しいので、疑わないことにしてます(笑)

> わたしもこの曲は貴婦人の乗馬がいいなあ。乗馬じゃ肩透かしをくらうみたいな(^_^;)

乗馬…(^^;;
え?誰が乗るの??って、思っちゃいますよね(笑)

No Subject * by 私はタワシ
私が子供の頃に使っていた楽譜「こどものブルグミュラー」(ブルグ25から抜粋したもの)ではタイトルは「シュバレスク」となっていたのを覚えています。訳すのを放棄したって感じですかね?笑(もちろん、意味はわかりませんでした)
この曲集、イラストが全て黒一色のシルエットで描かれていて、この曲のイラストは馬上の騎士の姿だったことを覚えてます。あの絵は絶対女性には見えなかった・・・はず。これなら男の子も堂々と弾けますね!笑笑

>オスカルさん的な演奏ないかな~?と思って動画を漁っていたら、イメージに近いのを見つけました(≧▽≦)
→おや、演奏者のお名前見たら、このブログではおなじみの方じゃないですか?[なかみっちゃん]の次くらいに(?) Nekoushiさんが推してる方ですよね?演奏素敵でした。紹介してっくださってありがとうです〜

To:タワシさん * by NekoUshi
タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> 私が子供の頃に使っていた楽譜「こどものブルグミュラー」(ブルグ25から抜粋したもの)ではタイトルは「シュバレスク」となっていたのを覚えています。訳すのを放棄したって感じですかね?笑

訳すのを放棄してますね(^^;;
ま、訳しづらいタイトルをつけたブルグさんが悪いのです(笑)

> この曲集、イラストが全て黒一色のシルエットで描かれていて、この曲のイラストは馬上の騎士の姿だったことを覚えてます。あの絵は絶対女性には見えなかった・・・はず。これなら男の子も堂々と弾けますね!笑笑

「シュバレスク」って響きが男性的ですもんね。
例えば、ピアノを習っている男子が同級生女子に「○○くん、次の発表会で何弾くの?」と聞かれて「貴婦人の乗馬」って答えるのは抵抗あるかもしれないけど、「シュバレスク!」だったら大丈夫そうです。その二通りの光景を想像して、密かに笑いをこらえています(笑)←単なるアヤシイ人Σ( ̄ロ ̄lll)!!

> >オスカルさん的な演奏ないかな~?と思って動画を漁っていたら、イメージに近いのを見つけました(≧▽≦)
> →おや、演奏者のお名前見たら、このブログではおなじみの方じゃないですか?[なかみっちゃん]の次くらいに(?) Nekoushiさんが推してる方ですよね?演奏素敵でした。紹介してっくださってありがとうです〜

お気に召していただけて嬉しいです~~
なかみっちゃんとは対照的な演奏をされる方ですが、かなり推してます(^^♪
実演を聴いたらパワフルさ倍増で、めっちゃ素敵なんですよ(≧▽≦)

電子書籍デビューしてみました(*^▽^*)

ひょんなことから、今さらのように電子書籍デビューしてみました。ま、基本的には電子書籍は苦手です。目に優しくないし、読みづらいし、紙の香りがしないので味がないし…。ペーパー版だと紙面をガン見しながら一気に2,3行分を頭に入れて行く(早い時は半ページ分ぐらい)けど、電子書籍ってガン見すると目が疲れて気が散ります。目に飛び込んでくる光の量が全然違うもの。でも、電子の方が読みやすいジャンルを一つだけ発見しま...

続きを読む

ひょんなことから、今さらのように電子書籍デビューしてみました。

ま、基本的には電子書籍は苦手です。目に優しくないし、読みづらいし、紙の香りがしないので味がないし…。ペーパー版だと紙面をガン見しながら一気に2,3行分を頭に入れて行く(早い時は半ページ分ぐらい)けど、電子書籍ってガン見すると目が疲れて気が散ります。目に飛び込んでくる光の量が全然違うもの。

でも、電子の方が読みやすいジャンルを一つだけ発見しました。それは漫画。
私の子供の頃の迷言(名言?)に「絵と文を同時に追うなんて、普通の本を読むより大変」というのがあります(笑)
サンプルを試してみると、これが、どういうわけか電子版だと、すすーっと頭に入ってきました。
ベルサイユのばら』好きだけど、意外と紙で読むのは苦戦してました。それで、今回思わず全巻の電子版をまとめ買いしちゃいました(≧▽≦) 一気に読めちゃうから、一晩で読破です。最近はアニメ版ばっかり見てましたが、原作とアニメ版の微妙な違いも楽しめて楽しかったです。
電子書籍は、懐かしい作品を色々と楽しむのに良さそうです(^^♪

それじゃ、『電子楽譜』が普及したらどうでしょうね!?妄想し甲斐があります。
電子楽譜専用端末に、ソフトとしては「ヘンレ社ベーシックセット」とか「全音スペシャル・セレクト」(←敢えて…笑)とか「パデレフスキ ショパン全集」とか、その他にも各社のピースがいっぱい!!お値段のこと全然考えてなかったけど、まあいいか。

電子楽譜での譜読みはしづらいかも…(^^;; 本と同じで、ガン見すると目に負担がかかって堪らないと思われます。書き込みも必須ですし、ペーパー版もなくなったら困ります。なくなりはしないと思うけど。
「譜読み以上、暗譜未満」ぐらいの状態に達したら電子版が威力を発揮するだろうなぁ。捲るのが楽そうだもん。本番も電子楽譜持参で暗譜しない人が続出するのでは?笑 そういえば、往年の巨匠スヴャトスラフ・リヒテルは「暗譜に割く労力で、もっと多くの曲を勉強ができる」と言ってましたが、それを譜捲りのドキドキをかなり減らしたうえで叶えてくれそうです。
普及したら、私ももっと積極的に本番に出ます(*^▽^*)

でも、紙は不可欠です!!文化の香りがするんだもの。←大袈裟
って、どれだけ紙を愛してるんだろう(笑) え?地球に優しくない!?


にほんブログ村

* Category : 雑談色々

Tag: 電子書籍 ベルサイユのばら | Comment-open▼ * Comment : (8)

こんばんは^^ * by ゆりこ
本番用の電子楽譜!確かに譜めくり楽そうです!
いいですね~ほしいなあ(^^♪

>普及したら、私ももっと積極的に本番に出ます(*^▽^*)

とっても共感です~暗譜苦手なので。。。

紙を愛する気持ちにも共感です!
Nekoushiさんは楽譜も本も大事にされているので、地球にも優しいと思います♫




To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、コメントありがとうございます(^^♪

本番用の電子楽譜の未来について思いを巡らしてみると、夢が広がりますよね!!笑

> とっても共感です~暗譜苦手なので。。。

子供の頃は平気だったのに、いつの間にか暗譜できない人になりましたΣ(゚д゚lll)!!
暗譜を定着させたのはリストだとかクララ・シューマンだとか言われているようですけど、どっちにしても恨めしい(笑)

> 紙を愛する気持ちにも共感です!
Nekoushiさんは楽譜も本も大事にされているので、地球にも優しいと思います♫

紙には癒されますよね(*´▽`*)
ペーパー版と電子版をうまく組み合わせて大事に使っていけたらいいなと思います。

おはようございます^^ * by どれみ
電子楽譜・・目に辛そうです^^;
でも・・楽譜を大きく見やすくする事も簡単に出来そうですね。
そうそう、譜めくりも楽ですね。
使い用によっては便利そうですが
この年では操作についていけなくなりそうです^^;;;
ので、やはり紙ですかね^^
新しく弾く曲のページを開く新鮮さ。
あと格闘した曲^^;;のページなど後から見るといいものです^^

No Subject * by 夕
電子楽譜、いいですね♪
弾き合い会で、楽譜を持っていくと移動中重くて重くて…^^:
大きなタブレットがいいなぁ~(*´▽`*)
タッチで譜めくりとか、最高です。
拡大も思いのままですね。

私もスマホで電子書籍をたまに読みますが、光っている画面を見続けるのはやっぱり目が疲れますよね💦
紙がホッとします。

To:どれみさん * by Nekoushi
どれみさん、コメントありがとうございます(^^♪

> 電子楽譜・・目に辛そうです^^;

そうですね(^^;
普段の譜読みには厳しそうです(>_<)
あくまで、暗譜まで行かないけどガン見せずには弾けるぐらいになった時の強い味方です。
それで、そのまま本番も使っちゃう(笑)

> 新しく弾く曲のページを開く新鮮さ。
> あと格闘した曲^^;;のページなど後から見るといいものです^^

よく分かります~~(*´▽`*)
こういうのは電子じゃ味わえないですよね。
なので、もちろん紙の楽譜もないと困ります!!

To:夕さん * by Nekoushi
夕さん、コメントありがとうございます(^^♪

いくら楽譜LOVEでも、「楽譜の束を詰め込んだバッグが重くて腕や肩に食い込むところも醍醐味」というわけにはいかないですもんね(笑)

練習の時は紙が良くて、ステージ上では電子が良さそうです。
よく考えると、照明が反射したら困るけど…。

> 大きなタブレットがいいなぁ~(*´▽`*)

私は、デスクトップパソコンのモニターぐらいあると嬉しい(≧▽≦)
って、めっちゃ重そうだわ~~

> 私もスマホで電子書籍をたまに読みますが、光っている画面を見続けるのはやっぱり目が疲れますよね💦
> 紙がホッとします。

やっぱり、戻るところは紙ですよね!!

No Subject * by -
電子書籍、レンタル漫画なら何度か利用したことがあります。
一度読んで楽しんで終わり。
というものなら、かさばらなくて良いな、と思いました。
一方、何度も読み返したい作品は紙で欲しいです。
楽譜は当然、何度も何度も∞読むものなので、紙派ですv-87
指番号バリバリ書き込むたちなので、その点でも紙必須ですね。(^^;

To:やぢまさん * by Nekoushi
やぢまさん、コメントありがとうございます(^^♪

> 一方、何度も読み返したい作品は紙で欲しいです。

そうなんですよね。文章は特にそうですね!
なぜか漫画は電子版でも繰り返し読めてしまいました。というか、紙より読みやすかったです。
個人差があるのでしょうけど…。

> 楽譜は当然、何度も何度も∞読むものなので、紙派ですv-87
> 指番号バリバリ書き込むたちなので、その点でも紙必須ですね。(^^;

紙の楽譜が無くなったら困ります(>_<)
アイボリーっぽい目に優しい紙の楽譜を眺めるのは至福の時間なので(*´▽`*)
プラスα的に、本番のカンニング用(!)に電子版もあれば便利かなぁと…。

実写版『ベルサイユのばら』にガッカリ・・・

GWの終わりごろにCSで、実写版『ベルサイユのばら』が放送されるということで、とても楽しみにしておりまして、その録画をやっと見ることができました。40年ぐらい前の映画らしいですが、私は存在を知りませんでした。「ベルサイユ宮殿での撮影を特別に許可された」なんて番組案内に書いてあるので、いやがうえにも期待が高まります。2時間なんて、あっという間に過ぎるに違いない。はずが…、もう30分ぐらい進んだ?と思って、時計...

続きを読む

GWの終わりごろにCSで、実写版『ベルサイユのばら』が放送されるということで、とても楽しみにしておりまして、その録画をやっと見ることができました。40年ぐらい前の映画らしいですが、私は存在を知りませんでした。「ベルサイユ宮殿での撮影を特別に許可された」なんて番組案内に書いてあるので、いやがうえにも期待が高まります。

2時間なんて、あっという間に過ぎるに違いない。
はずが…、もう30分ぐらい進んだ?と思って、時計を見ると、10分ぐらいしか進んでいなかったということがしばしば。
面白いお話の場合は、まさかもう終わる?と惜しくなって時計を見るのですけどね。

架空2人(貴族の娘で男装の麗人オスカル、その従僕アンドレ)、実在2人(王妃アントワネット、スウェーデン貴族フェルゼン)の4人がフランス革命期を舞台に織りなす愛と友情の壮大なストーリーのはずなのに、映画では4人とも全然魅力的ではなく、というか存在意義に乏しく、ストーリーも雑然と流れていって何が何だかよく分からない感じ。かと思えば、強調しなくてもいいような些細なことを強調してみたり。

ここは一応音楽ブログなので、音楽の演奏で例えてみると、

・主題の扱い方が下手
・テンポ感が不自然
・フレージングがおかしい
・強弱がおかしい
・和声の処理が変(不協和音とか遠隔和音を変に強調して素敵じゃなくなる的な)

これ、やっちゃいけない演奏の見本ですねΣ(゚д゚lll)!!
今後、ピアノを弾くときの反面教師にしようと思います。
そういう役には立ったかな~。←無理やり感満載(-_-;;

映画に戻ると、本当はカッコよく戦って散るはずのオスカルさんが、最後はバスチーユ牢獄襲撃の混乱の中、町娘みたいな雰囲気になって、行方不明となりフェイドアウトしていく結末には衝撃でした。
これは、音楽の演奏では例えようがないですね。そこまで改変しないもん(笑)

あとで調べてみたら、やはり興行成績が悪かったらしく、製作費10億円、収入9億円ぐらいだそうです。
約40年前というと、今みたいにネットで口コミが広まらないし、しかもベルばらブームの時代だったのに、順当に(?)興行成績が悪かったことに、妙に感動しました。

* Category : ふと気づいたこと

Tag: ベルサイユのばら | Comment-open▼ * Comment : (2)

NoTitle * by amy
えっ?!ベルばらの実写版ですか~~\(◎o◎)/!
宝塚ではないですよね。日本映画ですよね??
何ですか~そのラストは!ツッコミどころ満載ですね^^;

音楽の演奏で例えておられるところが素晴らしい!
納得です!
さすがNekoushiさん~♪

To:amyさん * by Nekoushi
amyさん、コメントありがとうございます(^^♪

宝塚ではないですよ~~
日本映画でもなく、監督はたぶんフランス人(名前がそれっぽかった)で、出演者はみんな西洋人(←大雑把…笑)で、英語で喋ってました。全然フランスじゃない(^^;

> 音楽の演奏で例えておられるところが素晴らしい!

ありがとうございます(≧▽≦)
実は、そこを思いついたので記事にしたんですよ~~
なので、そう言っていただけて嬉しいです(*^▽^*)