FC2ブログ

セルフレッスン第54回:フレージング徹底研究~~♪♪

昨日からGWで少し一息つけるということで、一人二役のレッスンの第54回目を実施しました。今回取り上げたのは、ベートーヴェンのピアノソナタ第28番より第3楽章の序奏部分です。ここだけを、ねちねちとしつこくやりました。早速レッスンの模様を覗いてみましょう。

「自粛生活が長びいて、もはや幽閉されている気分です(>_<) MA先生は幽閉には慣れてらっしゃるかもしれませんけれど…」

先生「…!!そうねえ、革命の時に比べれば、これぐらいは幽閉のうちに入りません。でも、ピアノ弾く気力が少し出てきたということはNUさんも幽閉に慣れてきたということですね。さて、今日はベートーヴェンのソナタ28番3楽章の冒頭でしたね」

ベートーヴェン ソナタ第28番第3楽章冒頭

先生「発想標記を見ておきましょうか。Langsam und sehnsuchtsvoll。意味は?」

「えーっと、辞書、辞書…。ゆっくりと、そして、愛情あるいは憧れを込めて」

先生「そうですね。愛情を込めて、慈しむようにというのがピッタリかもしれません。『憧れ』は辞書的には合っていても、この場合は少し違うかも…。それじゃ、Mit einer Saiteは?」

「ウナコルダじゃないですか?気づいちゃったんですけど、同じ意味の指示をイタリア語で繰り返してますよね。Sul una cordaって書いてある(笑)」

先生「気づいちゃいましたね。左ペダルは踏みっぱなしです。それでは、弾いてみてもらいましょうか」

♪♪

先生「ストップ!!」

「まだ2小節しか弾いてないのに…」

先生「この先を聞かなくても分かりますから。音をただ置いているだけになってる。フレージングもダメだし、リズムもおかしい」

「それ、ほとんど全部じゃないですかΣ( ̄ロ ̄lll)!!」

先生「まず、1小節目の3連符が絡む箇所。ここは16分音符1個と32分音符の3連符3つ分が同じ音価です。16分音符が長すぎ、その分32分音符が速すぎてターンのようになってますね。それだとsehnsuchtsvollになりません。スラーを意識して丁寧に弾く」

♪♪

先生「1小節目の最後のドは自然に巻き取る感じ。音を上向きに飛ばしちゃダメ。巻き取ってきて2小節目のソ♯になだらかにつなげるの」

「2小節目の最後のミも同じことでしょうか?」

先生「基本的にはそうですけど、少しニュアンスが違いますね。2小節目は若干の区切れを感じて。敢えて言えば、1小節目から2小節目にかけてより大きなスラーが重なっていると考えましょう」

♪♪

先生「次は左手。音を置くのもダメだし、ソ♯からシに動いた後で音が上向きに飛んでしまってもダメ。今の弾き方は後者で、スラーを無視して途切れちゃってる。あ、そうそう、オーケストラの曲でチェロのパートを思い浮かべるとイメージしやすいと思うんだけど、オーケストラの曲は聴いてる?」

「聴いてます。あと、弦楽四重奏なんかはどうでしょう?」

先生「もちろんOKです。ピアノ曲ばっかりよりも、弦楽器の曲をよく聞くと勉強になります。それでは、3小節、4小節どうぞ」

♪♪

先生「ここは、右手の8分音符+16分音符2個のリズムで16分音符を慌てて弾かないように。ほんの少しためる意識をもったらどうかしら?」

♪♪

「うっ、ちょっと、ため過ぎたでしょうか?」

先生「確かに…(^^;; 『ためる』は忘れてください。落ち着いて丁寧にということで。左手のオクターブの下降は、やはりチェロとコントラバスをイメージして、音を置くのではなくきちんと流れるように。そして、4小節目に大きくブレスマークを書き込んでおきましたが、ここは半終止で、大きく区切れますね。5小節目から新たな楽想です」

ベートーヴェン ソナタ第28番第3楽章 6-10小節

先生「5小節目から8小節、2枚目の譜例が6小節以降なので、これで言うと3小節目までがひとかたまり。さて、6小節目はスラーが消えていますが、ここはどう解釈しますか?」

「ノンレガートですか?」

先生「それは、テヌート気味?スタッカート気味?」

「テヌート気味でしょうか。あと、わずかにリタルダンド…?」

先生「ああ、そうですそうです!ノンレガートというより、一番高い音、ここは半終止ですけど、そこに向かってそこでエネルギーをせき止めるように重みをかけていくという趣旨で、フレーズとしては5小節から6小節は一つながりです」

「ということは、8小節、2枚目の譜例の3小節目も同じ考えでいいですよね?」

先生「それで結構です。あっ、ただし、こっちは7小節から8小節で音が大きく跳躍するので、ワンフレーズで考えない方がいいかも。その次は、左手に3連符の例の音形が出て来て、次に右手に出て来る。ちょっと話が先走りますけど、対位法的処理の多い主部のアレグロを暗示させますね」

「ここもリズムに注意、3連符をあたふた弾かないように、ですよね?」

先生「もちろんです。そして、左右の掛け合いを意識して。掛け合いが本格化する次の部分まで弾いてみましょうか」

ベートーヴェン ソナタ第28番第3楽章 11-14小節

♪♪

先生「そうそう、その調子。ここの装飾音は拍の前に出した方がリズムが歪まないかもしれませんね。趣味に任せますが」

「ふう、疲れました(*_*;」

先生「だって、調教が楽しいって口走ってたでしょ?笑」

「はあ、確かにそうでしたね。楽しいのは間違いないです(*´▽`*)」

先生「あと、練習のメニューに、ペダルを使わないで指だけでレガートするよう試みるというのを加えておいてください。もちろん、物理的に繋げられない箇所はあります。あくまで『出来る限り』ということです」

「は~い、了解です('◇')ゞ」

以上、今回は恐ろしく濃密なレッスン(調教?笑)になりました!


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : ベートーヴェン,ベトソナ28番,

練習は調教なり~~ヽ(^o^)丿

更新がまた数日開いてしまいました。今回は、テンションが下がったとか具合が悪いとかネガティブな理由ではなく、久しぶりに集中して練習に取り組めた結果、ブログを更新するエネルギーまでは残ってなかったためです。練習メニューは、チェルニー『毎日の練習曲』とベートーヴェンのピアノソナタ第28番より第3楽章です。最近、地味な練習が楽しいなっ♪♪と思えます。

まず、『毎日の練習曲』の練習の中心は半音階地獄の2番で、特にその第5リピートです。
チェルニー『毎日の練習曲』2番~第5リピート

第5リピート

第4リピートまでは左右がオクターブのユニゾンだったのが、第5リピートではオクターブ+3度になり、ややこしさが格段にアップします。こういうのは、急いだって始まらないから(ということに最近ようやく心の底から納得し始めた)、超超スローテンポでひたすら正しい指使いで音を並べることから始めます。ミスるごとに、その部分を部分練習、そして、リピートの先頭に戻る。それの繰り返し。それから、左手のみ片手練習も取り入れます。

やっているうちに気が遠くなってきました\(◎o◎)/!比喩じゃなくて、文字通り意識が遠のいて来るの。で、ふと頭に浮かんだ言葉が、今回の記事のタイトルにも入っている「調教」です。もちろん、ピアノの練習は頭と耳を駆使しながら進めていくものですが、運動神経の要素が大きいのも間違いありません。神経回路が繋がってくれないことにはお話にならない。それって調教よね~~、と思うわけです。ミスったら自分に鞭を振るう、というわけではないですよ?笑

ベトソナ28番の3楽章は、「なんとかなりそう」とか言っていたアダージョの序奏にも真剣に取り組んでみました(^^♪

ベートーヴェン ソナタ第28番第3楽章冒頭

これが3楽章の冒頭部分です。

「なんとかなりそう」なんて呑気なことを書いてしまいましたけど、フレージングと声部のバランスが異様に難しい。よって、調教開始です!笑
音を並べるのは、まあ確かに「なんとかなりそう」なので、フレージング、声部のバランス、音楽的な流れが「しかるべき姿」になっているかどうか徹底的に洗い出します。「しかるべき姿」になっていない部分が出現するたびに、部分練習、そして振出しに戻る!!チェルニーの時とやり方は同じで「調教」です。どこに注目するかが違うだけで。

そういや、この部分の弾きづらさはシューマンに通じるものがあるような気がします。イメージが湧くと練習、いや、調教も捗ります。やってて良かった、遊び弾き!!

アレグロのややこしい部分(譜例省略)ももちろんやっています。こっちは、指の動きの調教がメインですね。どっちかというとカール教の修行に近いです。2~4小節ぐらいのぶつ切りを繰り返し練習に、時々、超超スローテンポで提示部を通すというのを組み合わせて調教しています。

調教って楽しいな(*´▽`*)

↑コロナの自宅謹慎のせいでテンションがいつも以上にオカシイΣ( ̄ロ ̄lll)!!

調教が楽しいというかね、調教そのものじゃなくて、少しずつ形になっていくのが嬉しいのです(≧▽≦)
そして、気づいたのですが、今までピアノを遊び弾きしたり練習してきたりしてきたけど、やっと求めていた練習に到達しつつあるみたいです。これぞ、本物の練習。練習は調教なり!!←くどい(笑)。

とはいえ、調教ばかりだと息が詰まるので、調教と遊び弾きをほどよくミックスして楽しく続けられるといいなと思います。さっきも書いたように、遊び弾きから得られることも多いですしね。


にほんブログ村

tag : チェルニー,毎日の練習曲,ベートーヴェン,ベトソナ28番,

久しぶりにマトモな曲でも・・・♪♪

このところ、チェルニーの『毎日の練習曲』を少し弾くか、ピアノに触れないかという不本意なピアノライフを送っていますが、今日は久しぶりにマトモな曲を弾きたい気分に駆られました。選んだ曲は、ベートーヴェンのソナタ第28番イ長調Op.101の第3楽章、譜読みというか音並べに挑戦しました。

序奏的なアダージョ(イ短調)~第1楽章冒頭の回想(イ長調)~対位法を駆使したソナタ形式のアレグロ(イ長調)、という構成で、ややこしいのは、もちろん「対位法を駆使したアレグロ」の部分です。初めの方のアダージョと「回想」は何とかなりそうに思えますが、アレグロの主部は、なかなか鬼です。これの、提示部に当たる33小節から113小節を中心にやってみました。



こんな曲です(*´▽`*)
問題のアレグロはこの動画で言うと2分58秒辺り以降。この4分の1か3分の1ぐらいのテンポで練習しました。

28番の3楽章は、短調で始まり長調で終わる曲ですが、ベートーヴェン中期の「苦悩から勝利へ」という感じのイケイケノリノリな曲ではなく、短調の部分はしみじみと、長調の部分も快活さの中に翳りがあって深みがあるところが素敵です。そして、今の心境にもフィットします。数年単位の難曲ではありますが…。

ベートーヴェン ソナタ第28番第3楽章 33-45小節

アレグロの冒頭。いや、冒頭の譜例だけ見ると、大したことなさそうに見えるかもしれないですけど、正確に弾くのは難しく、ここから先は更に大変になる一方です(*_*;

でも、『毎日の練習曲』で鍛えられつつある忍耐力のお陰で、細かく区切って繰り返しをするという、本来あるべき練習ができたような気がします。と書きながら、譜例2段目のp(ピアノ)の指定をf(フォルテ)のまんま弾いていたことに気づきました(^^;;
最初から強弱にも気を配らないとダメですね。「本来あるべき練習」にはまだ程遠いぞ・・・( ^ω^)・・・

よくよく考えると、これは、今年のベートーヴェン生誕250周年記念のベトナム祭り、じゃなくてベトソナ祭りの課題の1曲として選択していたのでした。ブログの練習中の曲の欄に掲載しているじゃないか~~~

強弱に手抜かりがあったりしましたが、それなりに濃い練習ができたし、この調子で2年ぐらいやれば、もっともらしく弾けるようにならないかなぁと、淡い期待を抱いています。それには、今日みたいに練習する意欲が湧く日がもっと頻繁に現れてほしいものです!


にほんブログ村

tag : ベートーヴェン,ベトソナ28番,

最近の朝練のお供は「変な曲」(^^♪

ピアノの朝練と言えば、私の場合、第1にバッハ、第2にチェルニー、といったところが定番だったのですが、最近は「変な曲」にとりつかれています。「変な曲」というのは、クセになるか途中で嫌気がさして放棄するか、大冒険で選んだベートーヴェンのソナタ第22番(以下、ベトソナ22番)です。

このところ、朝練では、「メヌエットのテンポで」と指示された第1楽章の冒頭を譜読みしていることが多いです。24小節目ぐらいまでは、まあ、それほど難所もないのですが、25小節あたり(厳密にいうと24小節の第3拍目)から始まるオクターブ3連符地獄でいきなり躓きます。

ベトソナ22番 第1楽章 25-32小節

この部分です(>_<)
譜例の最初の小節(25小節)の3拍目、右手が入るところが、何回練習してもダメなんです。部分練習して「おっ、神経が繋がってきたかな」という感触を得て、それならばと冒頭から弾いてみると、やっぱりこの部分で引っかかる。いやもう、何が何だか\(◎o◎)/!

でも、なぜか、バッハとかチェルニーの時より頭に血が上らないんですよね。いいのか悪いのかよく分からないけど、ミスっても笑えてしまいます(^^;; だって、曲調が可笑しすぎるんだもん。「どうせ変な曲だし、仕方ないわね~~」と、変に心の余裕ができてしまいます。その分、上達が遅いのは否めませんが、朝練には持って来いだと思うんですよね。朝からご機嫌だと、一日が楽しく過ぎることが多い気がして…。

興が乗ると、無謀な挑戦のほうの28番第3楽章のスロー譜読みを少しずつやったり、チェルニーの半音階地獄と戯れたりしてます。ホントはチェルニーの今の課題は40-31なのですが、『左手のための24の練習曲』の13番(内容は左手の半音階の練習)に浮気してます。年末のセルフレッスンで先生役の私に「二兎を追う者は一兎をも得ず」と釘を刺されているというのに…。次回は、こってり絞られそうな予感がします。

何はともあれ、選んでよかった、「変な曲」ことベトソナ22番!!笑
こんなにピアノの練習が面白おかしいなんて、ものすごく久しぶり。というか、初めてかもしれません(*´▽`*)


にほんブログ村

tag : ベトソナ22番,ベトソナ28番,

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア モーツァルト シューマン チェルニー ベートーヴェン ショパン 仲道郁代 リスト BWV862 K.311 メンデルスゾーン 献呈 平均律第1巻 幻想即興曲 毎日の練習曲 レンタル練習室 ハイドン 調律 近藤由貴 春の歌 ベトソナ22番 Hob.XVI:34 青柳いづみこ ロマンスOp.28-2 アラフィフ肩 ハノン 幻想曲 ドビュッシー フランス組曲 ブラームス ららら♪クラシック グリーグ K.331 シューベルト 無謀曲 BWV858 ベトソナ10番 五十肩 四十肩 チェルニー30番 インヴェンション エチュード ベトソナ スランプ 楽譜 選曲会議 メトロノーム クラビノーバ こんまりメソッド 湯山昭 お菓子の世界 ベトソナ28番 ベルサイユのばら パルティータ 変奏曲 バラード 自分の演奏好き? 調性 練習曲 K.457 マズルカ さくらももこ マリー・アントワネット 和声法 グランドピアノ 指先から感じるドビュッシー ワルツ バラード2番 抒情小曲集 ピアノ椅子 ヨハン・シュトラウス スケール ヴァイオリンソナタ K.576 鷲田清一 マリア・テレジア 高橋多佳子 左手のための24の練習曲 リズム変奏 交響曲 気象病 リサイタル 植山けい 好きな調 令和 D959 旅する作曲家たち ブルグミュラー イリーナ・メジューエワ K.334 ウィンナ・ワルツ ピアニストは指先で考える 「亡命」の音楽文化誌 選曲 部分練習 久元祐子 K.574 ドゥシェック スマホ老眼 指マッサージ 変イ長調 中村紘子 無言歌 モシュコフスキー 電子ピアノ バイエル ソナチネ クレメンティ 展覧会の絵 ムソルグスキー アルマンド 梅雨 チャイコフスキー 土田京子 24番練習曲 こんまり トルコ行進曲 D960 理想の先生 北九州 響ホール カデンツ 行進曲 リシエツキ ベレゾフスキー ピヒト=アクセンフェルト チェンバロ グランド・ソナタOp.37 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 op.119-2 ト長調 ポロネーズ マズルカOp.7-1 パスカル・ドゥヴァイヨン ハプスブルク家 キーシン ワルトシュタイン カテゴリー 似合いそうな曲 ら抜き言葉 似合う曲 タグ ルービンシュタイン ランラン ハプスブルク帝国 苦手な曲種 op.118-5 教則本 メソッド・タリアフェロ バックハウス ソナタ マーチ céleste 妄想 20の小練習曲 ポルカ プチトリアノン 山枡信明 ピアノ騒音問題 演奏と喋り方 曲名の略称 ヨハン・シュトラウス1世 半音階的幻想曲とフーガ 子供の情景 夜の女王のアリア 書き込み 全音ピアノピース 感情をこめて弾く ラデツキー行進曲 ピアニストは面白い D915 ヴァイオリン ピアノ記念日 吉松隆の調性で読み解くクラシック 小ジーグ アルペジオ 魔笛 クーラウ Hob.XVI:50 op.118-2 スマホ ウナコルダ ツィメルマン オスマン帝国 左ペダル 間奏曲 ポーランド op.117-1 復習 K.623a クリスマス サンタクロース イギリス国歌 オーストリア国歌 整体師 リスト編曲版 全調スケール コピー譜 クリアファイル 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 ベトソナ18番 ベトソナ16番 練習崩壊 チェルニー24番 平均律 半音階地獄 上原彩子 川嶋ひろ子 エルガー クララ・シューマン トロイメライ 宮川彬良 伊藤恵 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ 島村楽器 折々のことば 田部京子 好きな作曲家ランキング ブルグミュラー18の練習曲 近藤麻理恵 お片付け祭り ペダル 新型コロナ 前奏曲 18の小品Op.72 巡礼の年報 ラフマニノフ 静寂から音楽が生まれる  K.310 アンドラーシュ・シフ ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲 コンサート動画 哲学と宗教全史 預言者 銀河鉄道の夜 上田サントミューゼ K.511 千住真理子 クラシック・エイド 内田光子 K.570 リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 ナイチンゲール リピート練習 ピアノトリオ カウンセリング 音楽における十字架 看護師の日 ベアトリーチェ・ヴェネツィ 礒山雅 飛躍 モーツァルトの手紙 マスタークラス エキエル 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 五線紙ノート 声部書き分け 諸井三郎 アップライト スマホ認知症 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 まるむし帳 減7の和音 クロスリズム ラ・カンパネラ 駅ピアノ K.412 K.537 K.543 タッチ 音色 D946 脱力 導音 短音階 庄司紗矢香 K.533+494 永遠のショパン N響 岩城宏之 丑三つ時 哀しみ プレイエル 電子書籍 グラナドス フランス王妃の受難 BWV861 アルベニス ゆっくり弾き 三瀬高原音楽祭 「聴く」ことの力 演奏会用練習曲 手ペシ m.d m.s. m.g. 電子メトロノーム ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら バトン リヒャルト・シュトラウス 英雄の生涯 つるかめ算 伝説 和声法がさくさく理解できる本 マリア・ジョアン・ピリス 田園ソナタ 和声法がぐんぐん身につく本 合奏譜 ヴィルヘルム・ケンプ おんぶにだっこ ピアノ愛好者16の質問 幻想曲あるいはカプリス 貴婦人の乗馬 スティリアの女 シュタイヤー舞曲 ブログ スタッカート練習 恋するクラシック リズム練習 音楽と文学の対位法 田島令子 チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー トンプソン ダイエット 小プレリュードと小フーガ フォーレ ノクターン 楽典 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻16番 ト短調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調
・モーツァルト ソナタ第14番ハ短調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』3番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR