FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

ブルグさんの『スティリアの女』は何色?

子供にも人気、大人にも人気なブルグミュラー25の練習曲の「タイトルが変わってしまったぞ」シリーズ、『貴婦人の乗馬』に続く2回目は『スティリアの女』です。シリーズといいつつ、今回で終わりの予定なのですが…(笑)『スティリアの女』は、『スティリエンヌ』になっていたり、全音の新版ですと『シュタイヤー舞曲(アルプス地方の踊り)』という原形をとどめないものになっているそうです。私は、ごく最近まで、スティリアをシチ...

続きを読む

子供にも人気、大人にも人気なブルグミュラー25の練習曲の「タイトルが変わってしまったぞ」シリーズ、『貴婦人の乗馬』に続く2回目は『スティリアの女』です。シリーズといいつつ、今回で終わりの予定なのですが…(笑)

スティリアの女』は、『スティリエンヌ』になっていたり、全音の新版ですと『シュタイヤー舞曲(アルプス地方の踊り)』という原形をとどめないものになっているそうです。

私は、ごく最近まで、スティリアをシチリアと思い込んでいました。地中海に浮かぶイタリアのシチリア島ですね。ですから、『スティリアの女』というのは、南国の情熱的な女の曲なのか~~、と…。子供の頃、地図を眺めるのが大好きだったのが裏目に出て、何の疑いもなくスティリア=シチリア島と誤解しました(笑)

で、「シチリアの女」という(勘違いしたタイトルの)語感から感じた私の中でのイメージカラーは、情熱の紫か赤。そんな色のドレスを着て、情熱的な踊りを踊っている。でも、実際は↓こんな曲なんですよね。


どう聞いても、情熱の紫でも赤でもありません。ト長調らしい爽やかで透明なブルーを感じます。このギャップは一体どうしたことかと、ずっと不思議に思っていました。その謎を解いてくれたのが、全音新版のタイトル『シュタイヤー舞曲(アルプス地方の踊り)』です。シチリアというのは全くの誤解で、オーストリアのシュタイエルマルク地方のことだそうで、それならイメージ通りです!!シュタイヤー舞曲は、ウィンナワルツのもとになった民族舞踊の一つではないかという解説を目にしましたが、曲調から言って間違いなさそうです(^^♪

南国の情熱的な女ではなく、アルプスの素朴で清楚な少女なのですね。いや~、納得、納得。スティリアというのは、シュタイヤーをフランス語にしたらそうなるらしいです。ブルグ25の原題はフランス語で付けられていますからね。ドイツ語と英語も併記されていますけど…。

『貴婦人の乗馬』を『乗馬』にしてしまうのは微妙過ぎますが、『スティリアの女』を『シュタイヤー舞曲』に変更するのは、私は大賛成です。ばっちりイメージ通りになりますもの。

全く余談ですけど、私の勘違いの中でも最大級に恥ずかしいのは、三三九度の盃は温度が339℃と思い込んでいたことです(笑)
しかも、「アルコールの沸点ってずっと低くなかったっけ?」と疑問を抱きつつ、大学生ぐらいまでそう思ってた(^^;;
スティリアをシチリアと誤解するどころの騒ぎではありません。って、何の話だ…??

スティリアの女』に戻って、イメージカラーが、情熱の紫or赤から爽やかなブルーに変わり、とてもスッキリしています~~♪♪


にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : その他の曲の鑑賞・考察

Tag: ブルグミュラー スティリアの女 シュタイヤー舞曲 | Comment-open▼ * Comment : (8)

No Subject * by かつさん
NekoUshiさん、こんにちは
かつです。

『スティリアの女』or『スティリエンヌ』ってすごく言いにくいし、覚えにくいですよね!?(私だけかしら)
曲自体は覚えているのにタイトルが覚えていないのはこの曲だけです。
タイトル変更はそのせいなのかと思ったのですが、『シュタイヤー舞曲』
どのみち覚えにくいタイトル((´∀`))ケラケラ

いろいろ調べて&教えてくださりありがとうございます。
私のイメージはチャップリンの映画に登場する女優さんのイメージでした(異常に具体的)
なので色は白黒でしょうか…

全然違いましたが勝手な妄想も時には重要ですよね!

To:かつさん * by NekoUshi
かつさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> 『スティリアの女』or『スティリエンヌ』ってすごく言いにくいし、覚えにくいですよね!?(私だけかしら)
> 曲自体は覚えているのにタイトルが覚えていないのはこの曲だけです。

私は勝手に「シチリアの~」と間違って覚えてました(笑)
スティリアは言いにくいですが、シチリアならそうでもないかも。いや、でも間違っているのですが(^^;;

> いろいろ調べて&教えてくださりありがとうございます。

お役立ちかどうか分からないプチ情報です(笑)

> 私のイメージはチャップリンの映画に登場する女優さんのイメージでした(異常に具体的)
> なので色は白黒でしょうか…

あっ、確かに、チャップリン映画でしたら白黒ですよね!
それに、南国の情熱的な女よりもチャップリン映画の女優さんのイメージのほうが、よほど無理がない気がします(笑)
喜劇的な『スティリエンヌ』。聴いてみたいかも(≧▽≦)

No Subject * by ね~み♪
339度にちょっとウケてしまいました(#^.^#)どんだけ沸点高いねん!

という話はさて置き、スティリアの女という曲、アルプスだったなんて初めて知りました。子供の頃はそんな事何も考えてなかったです。ただ弾いたというだけでした。
でもシチリアのイメージとはだいぶ違いますね。そのイメージで弾くと雰囲気の違う曲になりますね、きっと!
曲の背景とかいろいろ調べてイメージを作って弾くというのはとても大事なんだなって思いました。

To:ね~み♪さん * by NekoUshi
ね~み♪さん、こんばんは☆彡
コメントありがとうございます~~(^^♪

> 339度にちょっとウケてしまいました(#^.^#)どんだけ沸点高いねん!

わ~っ、嬉しいです(*^▽^*)
実は、誰も触れてくれなかったら恥ずかしいなあと、ヒヤヒヤしてました(笑)

> という話はさて置き、スティリアの女という曲、アルプスだったなんて初めて知りました。子供の頃はそんな事何も考えてなかったです。ただ弾いたというだけでした。

私たちが子供の頃の先生って、そういうことをあんまり教えてくれなかったというイメージがあります。

> でもシチリアのイメージとはだいぶ違いますね。そのイメージで弾くと雰囲気の違う曲になりますね、きっと!
> 曲の背景とかいろいろ調べてイメージを作って弾くというのはとても大事なんだなって思いました。

曲の背景とか形式について、よく知ってイメージを作るのは、本当に重要ですよね!
シチリアとアルプスではねぇ…(笑)
ちなみに、私は曲のイメージは、ストーリーじゃなくて色彩感で捉えることが多いです。
妄想は好きなのに、なぜか曲からはあんまり妄想が浮かんでこないんですよ~~

No Subject * by amy
NekoUshiさんこんばんはです~
339℃~~!!面白すぎですよ(笑)

「スティリアの女」「貴婦人の乗馬」のタイトルが変わっていたとは知りませんでしたよ。
家に娘が使っていた「こどものブルグミュラー・ミッキーといっしょ」という楽譜があるのですが、まだタイトルは変わってません(20年位前の楽譜やからかな?)
因みにこの楽譜、曲についてひとこと書いてあるのですが
(子供向けなのでわかりやすい)
「スティリアの女」は、「オーストリア南部のスティリア地方のダンスを踊る時の音楽です」と書いてありました(^^♪

面白い話でした!ブルグシリーズはこれで終了ですか~残念。。

To:amyさん * by NekoUshi
amyさん、こんばんは☆彡
コメントありがとうございます~~(^^♪

> 339℃~~!!面白すぎですよ(笑)

amyさんにもウケてよかったです(≧▽≦)
私は、変な勘違いが多くて、他にも小学生になりたての頃「放課後」を「10日後」と勘違いして、「放課後校庭に集まってください」という先生の指示を「10日後なんて先の話ね~~」と思いながら、みんなが集合しているのを横目に一人で帰っちゃったこともあります(^^;

> 「スティリアの女」「貴婦人の乗馬」のタイトルが変わっていたとは知りませんでしたよ。
> 家に娘が使っていた「こどものブルグミュラー・ミッキーといっしょ」という楽譜があるのですが、まだタイトルは変わってません(20年位前の楽譜やからかな?)

全ての楽譜で完全に変わってしまったわけではなくて、昔ながらのタイトルの楽譜もあるみたいですね。あと、PTNAの解説もそのままだったと思います。

> 因みにこの楽譜、曲についてひとこと書いてあるのですが
> (子供向けなのでわかりやすい)
> 「スティリアの女」は、「オーストリア南部のスティリア地方のダンスを踊る時の音楽です」と書いてありました(^^♪

これは分かりやすいですね!
シチリアと思い込む心配なしです(笑)

> 面白い話でした!ブルグシリーズはこれで終了ですか~残念。。

とりあえず第1シリーズは終了にしようと思います。
何かネタが見つかったら、第2シリーズを書くかも…??

No Subject * by さっちん
スティリアの女って子供心に「いったいどんな女なんだ?!」

と気になる題の1曲でしたが、ブルグミュラー25の不思議って本を読んで、実は邦題って版によってかなり違ったりして面白いなぁとおもったことがありました。
シチリア連装も面白いですけど(笑)私はなんか語感からかミステリアスな女なのかと思いきや、曲が明るすぎるし、まぁまぁ楽しそうだし・・・。
邦題から受ける印象って結構大ですよねぇ!
映画でも何でも原題と比べて「えーーーっ」ってなることって多いですよね。

339度ウケました^^そんなNekoushiさんが大好きです♡

To:さっちんさん * by NekoUshi
さっちんさん、こんばんは☆彡
コメントありがとうございます~~(^^♪

> スティリアの女って子供心に「いったいどんな女なんだ?!」

これ、子供心に(むしろ子供だからこそ?)気になりますよね~~

> ブルグミュラー25の不思議って本を読んで、実は邦題って版によってかなり違ったりして面白いなぁとおもったことがありました。

そんな本があるのですね♪♪
読んでみたいです。読んだら、あらためて何か発見があるかもしれませんね。

> 語感からかミステリアスな女なのかと思いきや、曲が明るすぎるし、まぁまぁ楽しそうだし・・・。

なるほど!!スティリア⇒ミステリアス(≧▽≦)
ものすごく納得してしまいました(笑)
ドビュッシーっぽい曲かなと想像してしまいそうですね。実際の曲とのギャップがすごい(^^;;

> 邦題から受ける印象って結構大ですよねぇ!
> 映画でも何でも原題と比べて「えーーーっ」ってなることって多いですよね。

映画は詳しくないのですけれど、「おー、これはうまい」と感心させられるのと、「なんでそうなる?」と首を傾げさせられるのがありますよね。

> 339度ウケました^^そんなNekoushiさんが大好きです♡

ありがとうございます(*´▽`*)
照れます~~( *´艸`)←いい年して何なんだ、私・・・笑

ブルグのばら・・・!!

子供にも人気、大人にも人気な、ブルグミュラー25の練習曲。この「ブルグ25」に収録されている曲のタイトルの中に、近年、大きく変えられたものがいくつかあるという話を小耳にはさみました。その一つが、曲集中人気No1と思われる『貴婦人の乗馬』。例えば全音の新版では単に『乗馬』になっているらしいですね。何で変わっちゃったんだろう?男女共同参画社会だから?それとも「貴婦人」というのが身分制度を想起させて現代にふさ...

続きを読む

子供にも人気、大人にも人気な、ブルグミュラー25の練習曲。この「ブルグ25」に収録されている曲のタイトルの中に、近年、大きく変えられたものがいくつかあるという話を小耳にはさみました。

その一つが、曲集中人気No1と思われる『貴婦人の乗馬』。例えば全音の新版では単に『乗馬』になっているらしいですね。
何で変わっちゃったんだろう?男女共同参画社会だから?それとも「貴婦人」というのが身分制度を想起させて現代にふさわしくないとでも思われたの??と、邪推しながら調べてみました(笑)

「ブルグ25」の初版は、フランスで出版され、その時のフランス語のタイトルが‘La chevaleresque’。これは、「騎士道的な女」とか「女騎士道」みたいな感じらしい。そのイメージと言えば、ベルサイユのばらの男装の麗人オスカルさん以外に考えられないではないですか(≧▽≦)

ややこしいことに、併記されているドイツ語と英語のタイトルは、訳すと「貴婦人の乗馬」「お嬢様の乗馬」「奥様の乗馬」。こんな感じです。今までの日本語訳は、ドイツ語・英語のタイトルを採用していたのですね。これだったら、オスカルさんじゃなくて、アントワネットさんです(*´▽`*) どっちにしても、ベルばら!!笑

単なる『乗馬』に変更している楽譜があるのは、元の3つ(というか2パターン)のタイトルのどれにも解釈できるよう、苦し紛れに変えたということなのかもしれませんね。「貴婦人の」という縛りが取れると、オスカルさんっぽいカッコイイ系の解釈もできるし、アントワネットさんっぽい可愛らしい解釈もできる。あと、思わぬメリットとして、単に『乗馬』だと、お年頃の男子生徒が「女の曲なんて弾けるかよ」と思わずに、素直に取り組めるということもあるかも!?笑

でもまあ、曲調は「貴婦人の~」の方が合うと私は思います。子供の頃は、なぜかメリーゴーランドのイメージでしたけど…。
久しぶりに弾いてみたら、やっぱりアントワネットさん風にしか弾けなかったです。ことのほか苦戦してしまい、よろよろしてしまうところなど、オスカルさんとはとても思えなかったです(^^;; 

で、オスカルさん的な演奏ないかな~?と思って動画を漁っていたら、イメージに近いのを見つけました(≧▽≦)



この演奏なんですけど、かなりカッコイイ系のような気がします!!
優雅さは失わないながらも、力強さもあり、近衛兵司令官のオスカルさんって感じです(*´▽`*)

というわけで、私の中では『貴婦人の乗馬』は、『ブルグのばら』になってしまいました(笑)
そういや、この曲、子供のころ発表会で弾きたかったのに、弾かせてもらえなかったな~~。


にほんブログ村

* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

Tag: ブルグミュラー 貴婦人の乗馬 ベルサイユのばら | Comment-open▼ * Comment : (4)

* by ねこぴあの
ベルサイユならぬブルグの薔薇ですか〜
Nekoushiさんもういっそのことベルばらの歌を弾くというのはどうでしょう?(笑)
子供のモーツァルトがアントワネットに求婚したのは本当なんでしょうかね。
わたしもこの曲は貴婦人の乗馬がいいなあ。乗馬じゃ肩透かしをくらうみたいな(^_^;)

To:ねこぴあのさん * by NekoUshi
ねこぴあのさん、こんばんは☆彡
コメントありがとうございます(^^♪

> Nekoushiさんもういっそのことベルばらの歌を弾くというのはどうでしょう?(笑)

それは名案です~~
ていうか、何で今まで気づかなかったんだろう・・・??ねこぴあのさん、気づいてくれてありがと~う(*´▽`*)
早速、楽譜を探さなければ!!

> 子供のモーツァルトがアントワネットに求婚したのは本当なんでしょうかね。

私は本当だと信じてます(≧▽≦)
実話だと信じておいた方が楽しいので、疑わないことにしてます(笑)

> わたしもこの曲は貴婦人の乗馬がいいなあ。乗馬じゃ肩透かしをくらうみたいな(^_^;)

乗馬…(^^;;
え?誰が乗るの??って、思っちゃいますよね(笑)

No Subject * by 私はタワシ
私が子供の頃に使っていた楽譜「こどものブルグミュラー」(ブルグ25から抜粋したもの)ではタイトルは「シュバレスク」となっていたのを覚えています。訳すのを放棄したって感じですかね?笑(もちろん、意味はわかりませんでした)
この曲集、イラストが全て黒一色のシルエットで描かれていて、この曲のイラストは馬上の騎士の姿だったことを覚えてます。あの絵は絶対女性には見えなかった・・・はず。これなら男の子も堂々と弾けますね!笑笑

>オスカルさん的な演奏ないかな~?と思って動画を漁っていたら、イメージに近いのを見つけました(≧▽≦)
→おや、演奏者のお名前見たら、このブログではおなじみの方じゃないですか?[なかみっちゃん]の次くらいに(?) Nekoushiさんが推してる方ですよね?演奏素敵でした。紹介してっくださってありがとうです〜

To:タワシさん * by NekoUshi
タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> 私が子供の頃に使っていた楽譜「こどものブルグミュラー」(ブルグ25から抜粋したもの)ではタイトルは「シュバレスク」となっていたのを覚えています。訳すのを放棄したって感じですかね?笑

訳すのを放棄してますね(^^;;
ま、訳しづらいタイトルをつけたブルグさんが悪いのです(笑)

> この曲集、イラストが全て黒一色のシルエットで描かれていて、この曲のイラストは馬上の騎士の姿だったことを覚えてます。あの絵は絶対女性には見えなかった・・・はず。これなら男の子も堂々と弾けますね!笑笑

「シュバレスク」って響きが男性的ですもんね。
例えば、ピアノを習っている男子が同級生女子に「○○くん、次の発表会で何弾くの?」と聞かれて「貴婦人の乗馬」って答えるのは抵抗あるかもしれないけど、「シュバレスク!」だったら大丈夫そうです。その二通りの光景を想像して、密かに笑いをこらえています(笑)←単なるアヤシイ人Σ( ̄ロ ̄lll)!!

> >オスカルさん的な演奏ないかな~?と思って動画を漁っていたら、イメージに近いのを見つけました(≧▽≦)
> →おや、演奏者のお名前見たら、このブログではおなじみの方じゃないですか?[なかみっちゃん]の次くらいに(?) Nekoushiさんが推してる方ですよね?演奏素敵でした。紹介してっくださってありがとうです〜

お気に召していただけて嬉しいです~~
なかみっちゃんとは対照的な演奏をされる方ですが、かなり推してます(^^♪
実演を聴いたらパワフルさ倍増で、めっちゃ素敵なんですよ(≧▽≦)