FC2ブログ

バッハの暗く長いトンネルに微かに光が・・・??

バッハが嫌いになったのか、反抗期なのか、自分でもよく分からず悶々とする日々が続いています(←大袈裟(^^;;)。底なし沼のように抜け出せないと思っていたのですが、はるか遠くに微かな光の見えるトンネルぐらいまでに、わずかに好転してきたようです。時間はかかるかもしれないけど、いつかは抜け出せるかなと…ヽ(^o^)丿

一番大きいきっかけは、おそらくフランス組曲の遊び弾きです。以前、シンフォニア第3番ニ長調に大苦戦して「もう嫌だ~~!!」と苦痛を覚えていた時に、フランス組曲第6番のアルマンドで気分転換して元に戻ることができたことを思い出したのです。それで、フランス組曲を引っ張り出してきて、色々と遊び弾きをしてみました。練習したことがあるわけではないので、もちろん、まともに弾けるわけではないのですが(練習したはずの6番アルマンドも弾けなくなってた( ;∀;))、萌え曲がいっぱい(*´▽`*) フランス組曲は優雅で素敵です!!やっぱり、バッハ自体が嫌いになったわけではないみたいだと確認できた気がします。

もう一つは、難曲だけど弾きたい曲があったことを思い出したことです。それは、パルティータ4番ニ長調。もちろん全曲弾けるに越したことはないですが、冒頭の序曲(Overture)だけでも弾いてみたい!!



パルティータ4番の序曲は、こんな曲です。序奏部分は付点のリズムと急速な音階の組み合わせが特徴的な「フランス風序曲」のスタイルで書かれていて、主部はフーガです。私はこの「フランス風序曲」というスタイルにとても心惹かれます。ただ、この曲では、動画よりもっとガッツリ鳴らす方が好みかなぁ…。それだと「フランス風」じゃなくて「ドイツ風」になってしまうような気もしないでもないですが…。いつか、ちゃんと練習したい~~♪♪

ともあれ、私がバッハで行き詰まった時に救ってくれそうなキーワードは「フランス」みたいです。NU音楽院プチトリアノン校舎の生徒としては、話が出来過ぎですけど…笑 

肝心の練習課題、平均律第1巻17番のフーガはまだやる気になれませんが、そのうち再開したくなるでしょう。気長に待ってみます('◇')ゞ


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : バッハ,フランス組曲,パルティータ,

令和の幕開けもプチ譜読み祭り~~♪♪

御代替わりの10連休ですが、思ったほど(むしろ、予想通りというべきか)ピアノを弾く時間がありません((+_+)) ホントは、みっちり練習したかったんですけどね…。ま、気を取り直して、譜読みプチ祭りに走ります~~♪♪

前回の記事で取り上げた、バッハパルティータを中心に遊び弾きをしています。

パルティータはどの曲も素晴らしいですが、弾いていて特に楽しそうだと思うのは、4番ニ長調の1楽章『序曲』(Overture)です。


↑4番の『序曲』。
前半の「フランス風」と呼ばれる付点のリズムの序奏と、軽快な8分の9拍子の主部の対比が印象的です(*´▽`*)
もちろん、そんなテンポで弾けるはずもなく、前半がベートーヴェン風の重々しい序奏、後半は緩やかなメヌエット、それでもマトモに譜読みできないです。

それから、4番の第7楽章『ジーグ』も楽しそうです(*^▽^*)
ジーグは速い6拍子(実際は2拍子でリズムを感じる)が多いですが、この曲は16分の9拍子なので事実上3拍子です。ノリノリな曲で、聴いているだけで気分が高揚します。え?弾くのはどうかって??きりきり舞いです(>_<)
動画は、Mボックスに6種類の演奏がアップされていますので、ぜひ聴いてみてください!(Mボックスの文字から飛べます)

パルティータの中から、もちろん他にも色々と物色しました。ホントいい曲ばっかり!!
そのうち、レッスンでも取り上げてみたいな~~♪♪

バッハ以外の大物ですと、フォーレノクターンなんかも譜読みしてみました(≧▽≦)
年始に『本当に弾きたい憧れの無謀曲』の記事にも登場した6番です。



何度聴いても萌えます~~(*´▽`*)
でも、私が弾いたら、万が一もっともらしく弾けるようになったとしても、リスト風かシューマン風になりそうな予感が…Σ( ̄ロ ̄lll)!!
フォーレさん、フランス人なんだからフランス風に弾かないといけないのに。

他には、例えば、チャイコフスキー『四季』より『5月』。
5月になったから『5月』…(^^;; なんの工夫もありません(笑)

あとは、「下地作り企画」で練習中のシューマンの『幻想曲』(第2楽章)も少々。
譜読みがなかなか進まないです(*_*;;
大変ですが、意外と楽しいです。幸か不幸か、まだ飽きないので別の曲に行けません(笑)

締めは、過去曲より『献呈』です。
テレビを見ていたら、新天皇陛下のプロポーズの言葉が熱かった(26年前の映像が懐かしいわ~)ので、「あ、シューマンがクララに贈ったこれを弾こう」と思いつきました。雰囲気に飲まれて(?)、結構いい感じに弾けました(*´▽`*) 途中止まらなければ、今までで一番上出来だったんですけどね…。

GWのプチ譜読み祭りは、こんな感じでした~~♪♪


にほんブログ村

tag : バッハ,パルティータ,フォーレ,ノクターン,

バッハ『パルティータ全集』の素敵なCD♪♪

バッハの組曲シリーズ(フランス組曲、イギリス組曲、パルティータ)はどれも名作ですが、その中でも、私は特にパルティータが好きです。そのパルティータをチェンバロで弾いた全集のCDが昨日届いて、かなりハマってます(≧▽≦)

去年の5月に「このCD欲しい」という記事を書いて以来、約1年経って実現しました!!
タワレコから、4月末でポイントが結構多く期限切れになるという脅しの(笑)メールが来て、慌てて注文したのです。

演奏者はロンドン生まれで日本と欧州を拠点に活躍しているチェンバリスト、植山けいさん。クリスチャン・クロールというチェンバロ製作家による1776年製のチェンバロを使っているそうです。

演奏は、優雅で繊細、繊細なんだけど神経質ではなくて、あくまで流麗です。テンポはあまり速すぎず、表現は極端なことはしていなくて、とても自然な感じ。私が思う「バッハはかくあるべし!」という理想像を形にしてくれたような感じを受けました。あっ、そうそう、今月初めに「令和(beautiful harmony)なピアノを目指す」って記事を書きましたが、「令和なバッハ」という表現がピッタリです。

言葉で説明するのはまどろっこしいので、このCDの公式PVの動画を貼っておきましょう。



パルティータ2番のサラバンドとロンドが収録されています。フランスのお城で録音されたそうです。弾いているのは録音で使用した楽器のクリスチャン・クロール1776でしょうね。ほんの少しの映像ですが、お洒落で優雅で、すっかり引き込まれてしまいます(*´▽`*)

このCDは、解説(このプロジェクトの音楽監督の方が書いている)もなかなか熱くて良かったです。
解説の冒頭から、

生物学者のルイス・トーマスは「もし人類が宇宙の他の文明にメッセージを伝えるなら」と問われた時、「ヨハン・セバスチャン・バッハの作品すべてを持っていく」と提案している。この名言が語るのは、バッハの音楽とは、普遍的であり状況にも時代にも左右されない名曲揃いだという点だ。


!!
素晴らしい\(◎o◎)/!

バッハの組曲シリーズの中ではパルティータを一番評価しているらしく、

パルティータは)独創性と大胆さにおいて、フランス組曲やイギリス組曲と異なる点は明らかである。伝統的な舞踏様式を越えた表現を他の楽曲では求めたことがなく、私たちもそのように多様な感情を駆り立てられる音楽を他には見出すことはできない。


なるほど!!ショパンがマズルカ、ワルツ、ポロネーズなどいろいろな舞曲の形をとりながら、踊るための曲ではなく鑑賞するための曲を作り出したのと同じようなことですね。私が、パルティータを組曲シリーズの中で特に素敵だと思っていたのは、パルティータのこういうところに洗練された感じを受けていたということみたいです。自分では上手く表現できなかったのを、うまく代弁していただきました(≧▽≦)

ん~。公式PVだけでは何だか物足りないですね。4年前に日本で行われた植山けいさんのパルティータ全曲演奏会の動画も貼っておきます!!



3曲(たぶん、1番、3番、6番)と、アンコール曲が収録されています~~♪♪
CDよりテンポの揺れが少し大きくて、ロマンチックな感じがします。こっちも素敵(*´▽`*)
植山けいさん、NekoUshi音楽院のチェンバロ科の先生にお迎えしたいです!!笑


にほんブログ村

tag : バッハ,パルティータ,植山けい,

憧れのチェンバロの世界

ピアノでバッハ、もちろん好きです。
でも、もっと好きなのはチェンバロバッハ♪♪
ピアノは弦をハンマーで叩くけど、チェンバロは爪(もちろん弾く人のではなく内部の)ではじくのです。
典雅で繊細、なのに豪華。バッハの時代はチェンバロ全盛期だったので、相応しいのは当然ではあります。
そして、当時のチェンバロは、装飾がものすごく凝っていて、見た目が素晴らしすぎます(≧▽≦)

まあ、そういうわけで、私はチェンバロ萌えなのですが、ちょうど、バッハパルティータチェンバロによる全曲録音の新譜についてのお知らせメールがネット通販のサイトから届きまして、購買意欲を掻き立てられています!


↑公式のPVです。
パルティータ第2番より、サラバンドとロンドを披露しています。
演奏しているのは、植山けいさんという方です。今回初めて知りました。
パリと東京を拠点に活躍されているとか。

もう少し調べてみると、過去にパルティータの全曲演奏をされた時の動画(約1時間半!!)がありました。
聴きごたえというか、見ごたえあり過ぎです(^^;;

す、素晴らしい(*´▽`*)
ますますCDを買う気になりました。

そして、さらに調べると、チェンバロ教室【Kay Music Academy】を東京で主催されているではありませんか。
こういう面では、やっぱり都会はいいなぁ。
通いたい!!というか、その前に引っ越したい(笑)

実は、学生時代に危うくチェンバロ(といっても、ごく小型の廉価版)を買いかけたことがあります。
どういうシチュエーションで売っていたのか忘れましたが、親に借金すれば手が届きそうに思えたので…。舞い上がってたので、手が届きそうと思ったのは錯覚だったのでしょうけど。
で、音楽好きな先輩(かなり金銭感覚に乏しい方でした(笑))に、ことあるごとに「チェンバロ欲しい」と口走っていたら、「いくらするの?」「○○円ぐらいです」「え!?安いよ。買った方がいい!」という話の流れになって…(^^;
いやあ、よく思いとどまることができました(その詳細も覚えてないですが…)。

冷静に考えてみると、チェンバロって自分でこまめに調律しないといけないので大変です。当時買ってたら持て余してたことでしょう。今は、チェンバロなんて売ってないようなところに住んでますから、そういう誘惑はないはず。
とか、書いてたら、若干欲しくなってきたよΣ( ̄ロ ̄lll)!!
だからその、チェンバロというのは高温多湿な日本には向かない楽器なんだってば(←寝た子を起こしてしまって後悔中)。
せめて妄想の中だけでも、私の音楽教室には憧れのチェンバロも追加するということで、我慢しておきましょう。

tag : チェンバロ,植山けい,バッハ,パルティータ,

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 献呈 BWV862 メンデルスゾーン 幻想即興曲 毎日の練習曲 調律 平均律第1巻 ハイドン 近藤由貴 レンタル練習室 春の歌 青柳いづみこ Hob.XVI:34 ベトソナ22番 ロマンスOp.28-2 ハノン アラフィフ肩 フランス組曲 幻想曲 ブラームス シューベルト チェルニー30番 無謀曲 K.331 ららら♪クラシック ベトソナ10番 グリーグ 四十肩 BWV858 五十肩 ドビュッシー お菓子の世界 クラビノーバ エチュード 楽譜 パルティータ メトロノーム ベルサイユのばら 選曲会議 こんまりメソッド 変奏曲 インヴェンション スランプ ベトソナ ベトソナ28番 湯山昭 マズルカ 調性 自分の演奏好き? 練習曲 指先から感じるドビュッシー マリー・アントワネット さくらももこ ワルツ バラード2番 バラード 抒情小曲集 グランドピアノ 和声法 理想の先生 令和 D960 D959 ブルグミュラー K.576 旅する作曲家たち スケール ピアニストは指先で考える ウィンナ・ワルツ K.334 ピアノ椅子 イリーナ・メジューエワ ヨハン・シュトラウス 「亡命」の音楽文化誌 選曲 ヴァイオリンソナタ 好きな調 こんまり 電子ピアノ バイエル リズム変奏 チャイコフスキー ドゥシェック K.574 トルコ行進曲 部分練習 植山けい 土田京子 アルマンド 気象病 展覧会の絵 ムソルグスキー 交響曲 梅雨 24番練習曲 ソナチネ クレメンティ 久元祐子 リサイタル モシュコフスキー 左手のための24の練習曲 変イ長調 高橋多佳子 中村紘子 鷲田清一 響ホール 無言歌 マリア・テレジア スマホ老眼 北九州 指マッサージ op.118-2 カテゴリー ワルトシュタイン リシエツキ 間奏曲 チェンバロ ピヒト=アクセンフェルト 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.119-2 ハプスブルク家 op.118-5 op.117-1 ハプスブルク帝国 ト長調 céleste ベレゾフスキー ピアノ記念日 ヴァイオリン ソナタ 楽譜の視覚効果 20の小練習曲 スマホ オスマン帝国 Hob.XVI:50 感情をこめて弾く 書き込み ピアノ騒音問題 演奏と喋り方 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 小ジーグ クーラウ バックハウス ランラン ルービンシュタイン キーシン メソッド・タリアフェロ パスカル・ドゥヴァイヨン マズルカOp.7-1 ポロネーズ グランド・ソナタOp.37 カデンツ ツィメルマン 似合いそうな曲 魔笛 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 夜の女王のアリア 曲名の略称 ピアニストは面白い 山枡信明 プチトリアノン 妄想 ポルカ ウナコルダ 教則本 似合う曲 タグ 交響的練習曲 苦手な曲種 マーチ 左ペダル アルペジオ 行進曲 D915 アルベニス 整体師 リスト編曲版 全調スケール 平均律 半音階地獄 島村楽器 折々のことば 田部京子 オーストリア国歌 イギリス国歌 クリアファイル 練習崩壊 チェルニー24番 コピー譜 サンタクロース K.623a クリスマス 好きな作曲家ランキング ブルグミュラー18の練習曲 五線紙ノート 宮川彬良 伊藤恵 声部書き分け 田園ソナタ 和声法がさくさく理解できる本 マリア・ジョアン・ピリス トロイメライ クララ・シューマン クラシックキャットトートバッグ 近藤麻理恵 お片付け祭り 愛の挨拶 エルガー 上原彩子 川嶋ひろ子 ベトソナ16番 ベトソナ18番 内田光子  K.310 K.570 モーツァルトの手紙 礒山雅 飛躍 アンドラーシュ・シフ 静寂から音楽が生まれる ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲 コンサート動画 千住真理子 巡礼の年報 18の小品Op.72 ラフマニノフ 前奏曲 マスタークラス エキエル 新型コロナ カウンセリング 音楽における十字架 ペダル マズルカOp.59-2 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン ピアノトリオ リピート練習 ベアトリーチェ・ヴェネツィ 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 看護師の日 ナイチンゲール リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 和声法がぐんぐん身につく本 合奏譜 クロスリズム イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 減7の和音 まるむし帳 短音階 導音 諸井三郎 アップライト 脱力 音色 タッチ D946 駅ピアノ スマホ認知症 ラ・カンパネラ 復習 フランス王妃の受難 岩城宏之 N響 庄司紗矢香 哀しみ 丑三つ時 ポーランド 楽典 K.533+494 永遠のショパン ゆっくり弾き クラシック・エイド グラナドス 「聴く」ことの力 三瀬高原音楽祭 プレイエル 電子書籍 K.412 K.537 バトン リヒャルト・シュトラウス 英雄の生涯 ピアノ愛好者16の質問 幻想曲あるいはカプリス クラ―マー=ビューロー トンプソン ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 電子メトロノーム 伝説 ヴィルヘルム・ケンプ おんぶにだっこ つるかめ算 m.g. m.d m.s. チェルニー50番 ダイエット リズム練習 スタッカート練習 ブログ 恋するクラシック 手ペシ K.543 演奏会用練習曲 貴婦人の乗馬 スティリアの女 ノクターン K.457 小プレリュードと小フーガ フォーレ 田島令子 シュタイヤー舞曲 音楽と文学の対位法 ら抜き言葉 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR