FC2ブログ

『ららクラ ショパン祭り』 by 仲道郁代さん♪♪

昨日、NHKの『ららら♪クラシック』(仲道郁代さんのショパン特集)の再放送を見ました。

この番組、いつの間にか構成や出演者が変わっていたのですね。
私は、以前のは好みに合わなかったので全然見ていなくて、リニューアルされてることに昨日初めて気づきました(^^;;

記事のタイトルでは勝手に番組名を略した上にサブタイトルも変えてしまいましたが、改めて調べてみると昨日の再放送は「とことん音楽!私のショパン」というサブタイトルでした。

再放送でもありますし、以下、遠慮なくネタバレしてますので、あしからず。

今回は、ショパンが苦手だそうで「ショパンはきれいごとっぽい」とか口走るMCの高橋克典さん(以下、カツノリ←相変わらず馴れ馴れしい私Σ(゚д゚lll)!!)を、仲道さんの解説と演奏で克服させようというコンセプト。
ショパンは単に優雅で綺麗なだけじゃなくて、もちろんそれもあるけど、情熱的な愛国者で、苦悩もあって、もっと複雑なんだから~~!!という、まぁ、ショパン好きにとっては常識な話を納得させていくストーリー展開でした。

最初に取り上げられた曲は『華麗なる大円舞曲』。パリのサロンで優雅な日々を送るショパンですが、祖国のポーランドが頭から離れず、ワルツなのにマズルカのリズムを取り入れているという有名なお話を、なかみっちゃんが力説。楽譜見せながら「ここにスタッカートがあって、次のスラーのかかり方がポーランドらしい」というようなことを、「らっ、ららら~♪らっ、ららら~♪」なんて歌いながら、私のセルフレッスンのように(!)説明してました。
でも、いまいちピンと来てない様子のカツノリΣ( ̄ロ ̄lll)!!笑

2番目は『革命のエチュード』。
ワルシャワ蜂起がロシア軍に鎮圧された報せをパリに向かう途中で聞いたショパンの心情が表れているとか言われていますね。
ハ短調なのに、そうとは分からない和音で始まるところや、長調で終わると見せかけてハ短調にもどり、最後はやっぱりハ長調で終わってるといった、調性に焦点を当てて、不安定さが表現されているという解説。
「ベートーヴェンだったらハ短調の主和音で始めてる」と言って悲愴ソナタの冒頭を弾いて比較してくれたのには、大いに納得です。
この曲は、ドラマチックに弾き過ぎると恥ずかしい感じがすると私は思っているのですが、なかみっちゃんの演奏はもちろん全然そんなことなくて素敵(*´▽`*) 昔よりさらにサラサラ弾いてる気がしました。おそらく、プレイエルと運命の出会いの結果、演奏が変わったのだと思います。楽器との出会いによって演奏が変わる!!と改めて実感しました。
「おお、これはいい」と、お気に召したらしいカツノリ。ショパン苦手っていうより、優雅なのがあんまり好きじゃないだけじゃないの?笑

3番目、最後は『バラード1番』の短縮版。この曲にはショパンの二面性が表れていると解説してましたが、私はどういう風にカットしたのかにばかり関心が行ってしまって、それ以外のこと、忘れちゃった(^^;;
この曲には、メロディが別のメロディに移り変わる場面で、旋律的でないパッセージが「繋ぎ」になってることが多いのですが、そういう部分を中心にカットしてたようです。あとは、主題が3回現れるのを2回にしてたり…。
で、このカット版を聞いて思ったのが、以前『バラ1 vs バラ4』でも書いた、バラ1はオペラ的ということ。カットされた「繋ぎ」っぽい部分って、オペラのレチタティーヴォ・セッコ(セリフと音楽の中間みたいな感じで、アリアの間に挟まれてるやつ)みたいなものじゃない?という気がしたのです。オペラの大昔の録音ではセッコをカットしているのが多いのですが、なかみっちゃんのバラ1短縮版を聴いていると、それに通じるものを感じました。
やっぱり、バラ1ってオペラなんだな~~♪♪なんて考えているうちに、あっという間に番組は終わってしまいました。

最後はカツノリも「ショパン好きになりました」と言って、めでたしめでたし(笑)
「ショパン苦手」って、どこまで本気でどこまで番組上の演出なのかよく分かりませんが…。
ともあれ、かなり楽しめました(≧▽≦)
スポンサーサイト



tag : ショパン,ワルツ,エチュード,バラード,仲道郁代,ららら♪クラシック,

あれ?バラ2も意外と面白いかも?

ここ数日、何かとあたふたとしていて、なかなか落ち着いてピアノに取り組めません(>_<)
時々「ピアノの練習が本業」なんて口走ったりしてますが(もちろんブログ内限定で…笑)、やっぱり副業(?)も大事なので。
あと、寒いのも堪えますしねΣ( ̄ロ ̄lll)!!
まあ、こういう時は、チェルニーをほんの少しでも弾いて指を怠けさせないようにしながら、鑑賞メインで行くしかないですね。

さて、本題です。

1月23日の記事『バラ1 vs バラ4』で、ショパンバラード2番について、「あまり関心がない」と書きましたが、いきなり気が変わりました(^^;;

正直言うと「あまり関心がない」というのは、かなり控えめな表現で、実は苦手気味でした。
コラール的なヘ長調のアンダンテの部分と激流のような短調のプレストの部分が唐突に交替しながら「ABAB+コーダ」の形式で進んでいくのにイマイチついて行けなかったのです。
ただ、それにハマると癖になるかも、とも思ってました。

で、『バラ1 vs バラ4』の記事に、バラ2について「突然、断崖絶壁から突き落とされる感じ」というコメントを頂いたので、改めてよく聞いてみようという気になりました。
そう思って聞くと、確かにとても面白い(≧▽≦)
確かに、「断崖から突き落とされる感じ」で、独特の魅力がありますね。
最近の若干切羽詰まった心境にしっくり来たというのも大きいかもしれません。

あと、もう一つ興味深いと思ったのが、最近読んでるユリーナ・メジューエワさんの『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』 に、この時期のショパンは新しいことに挑戦しようとしていたらしく、普段のショパンとちょっと違う、というような意味のことが書いてあって、ずっと抱いていた「バラード4曲の中で2番だけが異質に聞こえるのは何故だろう?」という疑問が解けました。

今まで苦手気味だったバラ2が、ふとしたきっかけから、心酔するというのとは違うのですが「面白いと思える曲」に格上げになりました(^^♪

tag : ショパン,バラード,

バラ1 vs バラ4

チェルニー、バッハと普段の練習を進めているうちに、一日限定で『献呈』の代わりに、無性にショパン無謀曲で遊んでみたくなってしまいました。
しかも、単に難しいだけじゃなくて長いの…(^^;;

幻想曲、幻想ポロネーズ、舟歌、スケルツォ、バラード、ソナタと候補には事欠きませんが、今日はバラードを選びました。
バラードの中からどれにしょうかとなると、2番は今のところ関心がない上にプレストの部分で手を痛めそうなので真っ先に外し、3番は大本命曲なので(変な理由ですけど)パス。

それじゃ、1番?4番?
悩む時間がもったいなくなり、両方1回ずつ通すことにしました。
練習ではなく、あくまでイベントなので、ワケ分からなくなっても部分練習なんてしない。
どんなにズタズタのボロボロのヨレヨレでも、ひたすらゴールを目指す(笑)

両方やってみて、1番と4番が色々な面で対照的で、面白かったです。

私にとって、より弾きづらいと感じられたのは1番の方です。
曲の世界に、より入り込めたのは4番の方です。CDだと11分ぐらいのところ、20分以上かかりましたが、あっという間に過ぎてしまいました。
あ、でも、だからといって1番より4番の方が圧倒的に好きと言うわけでもなく、甲乙つけがたいですね。

1番を弾いて思ったことは、「最近チェルニーを真面目にやっててよかった」。
これは、以前手に当ててみた時より指の動きが少し良くなったと感じられたためです。
後から冷静に考えると、本当にチェルニーのお陰かどうか定かではないのですが、まあ、カールに花を持たせてやりましょう(笑)

4番を弾いてて思ったことは、「最近バッハを真面目にやっててよかった」。
こっちは、対位法的処理が前より見えるようになったから。
いや、もちろん、見えるのと弾けるのとは別の話です。

さっき、4番の方が曲の世界に入り込みやすかったと書きましたが、理由をもう少し考えてみますと…。

1番の方が場面の転換が速くて、変化に富んでいるというか、若干目まぐるしい感じを受けます。逆に、4番の方は息が長いように思えます。その分、4番は好みに合わないと退屈なまま終わってしまうかも…。
他の曲種に例えると、1番がオペラの世界、そして、4番はシンフォニーの世界なのではないでしょうか。
1番は好きな部分だけ取り出して弾いても結構楽しめるけれど、4番はなかなかそういうわけにはいかないです。それも、やはり、オペラ的かシンフォニー的かの違いによるところが大きそうです。
そう思って改めてCDを聞いてみると、的確な例えのような気がしてきます。←自画自賛気味(笑)

このように鑑賞の手掛かりにもなるところが、遊び弾きの醍醐味です(≧▽≦)
大満足したところで、次回から、また『献呈』の練習に戻りたいと思います♪♪

tag : ショパン,バラード,無謀曲,

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア シューマン モーツァルト ショパン 仲道郁代 チェルニー リスト ベートーヴェン K.311 献呈 メンデルスゾーン 幻想即興曲 ハイドン レンタル練習室 春の歌 近藤由貴 青柳いづみこ BWV862 Hob.XVI:34 幻想曲 平均律第1巻 調律 ハノン ブラームス ららら♪クラシック ドビュッシー ロマンスOp.28-2 チェルニー30番 ベトソナ10番 グリーグ K.331 BWV858 無謀曲 フランス組曲 楽譜 ベトソナ ベルサイユのばら 湯山昭 アラフィフ肩 シューベルト お菓子の世界 エチュード 四十肩 五十肩 選曲会議 こんまりメソッド クラビノーバ 調性 さくらももこ 指先から感じるドビュッシー 抒情小曲集 バラード 自分の演奏好き? 練習曲 ベトソナ22番 バラード2番 インヴェンション メトロノーム マリー・アントワネット 和声法 グランドピアノ ワルツ パルティータ ピアニストは指先で考える ウィンナ・ワルツ D960 イリーナ・メジューエワ 土田京子 K.334 部分練習 交響曲 ブルグミュラー 展覧会の絵 スケール アルマンド リサイタル ソナチネ クレメンティ こんまり 選曲 理想の先生 植山けい D959 鷲田清一 令和 指マッサージ モシュコフスキー 北九州 中村紘子 スマホ老眼 ピアノ椅子 K.574 トルコ行進曲 左手のための24の練習曲 ドゥシェック 響ホール 電子ピアノ 旅する作曲家たち 変奏曲 ムソルグスキー ヨハン・シュトラウス 「亡命」の音楽文化誌 リズム変奏 バイエル ヴァイオリンソナタ 好きな調 久元祐子 妄想 曲名の略称 op.118-2 céleste ヴァイオリン op.117-1 op.118-5 ト長調 op.119-2 夜の女王のアリア ピアノ記念日 ピアニストは面白い 山枡信明 D915 間奏曲 吉松隆の調性で読み解くクラシック プチトリアノン 変イ長調 小ジーグ クーラウ マズルカOp.7-1 マズルカ Hob.XVI:50 オスマン帝国 感情をこめて弾く 20の小練習曲 スマホ ポロネーズ グランド・ソナタOp.37 ランラン ルービンシュタイン キーシン バックハウス メソッド・タリアフェロ チャイコフスキー カデンツ パスカル・ドゥヴァイヨン 書き込み 半音階的幻想曲とフーガ 左ペダル アルペジオ 行進曲 マーチ ウナコルダ ポルカ 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 苦手な曲種 教則本 ピアノ騒音問題 演奏と喋り方 子供の情景 ツィメルマン 楽譜の視覚効果 似合う曲 タグ 交響的練習曲 魔笛 楽典 おんぶにだっこ 合奏譜 ヴィルヘルム・ケンプ 伝説 m.g. つるかめ算 和声法がぐんぐん身につく本 和声法がさくさく理解できる本 宮川彬良 伊藤恵 五線紙ノート 声部書き分け マリア・ジョアン・ピリス 田園ソナタ m.s. m.d チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー ダイエット 小プレリュードと小フーガ ノクターン K.457 トンプソン 幻想曲あるいはカプリス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 電子メトロノーム 英雄の生涯 リヒャルト・シュトラウス ピアノ愛好者16の質問 バトン トロイメライ クララ・シューマン K.623a クリスマス イギリス国歌 オーストリア国歌 リスト編曲版 全調スケール サンタクロース コピー譜 ベトソナ16番 ベトソナ18番 チェルニー24番 練習崩壊 クリアファイル ベトソナ28番 整体師 平均律 クラシックキャットトートバッグ 近藤麻理恵 愛の挨拶 エルガー 上原彩子 川嶋ひろ子 お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 無言歌 半音階地獄 田部京子 折々のことば 好きな作曲家ランキング 島村楽器 フォーレ 田島令子 K.533+494 永遠のショパン 庄司紗矢香 N響 哀しみ 岩城宏之 プレイエル 電子書籍 グラナドス フランス王妃の受難 アルベニス ゆっくり弾き 三瀬高原音楽祭 「聴く」ことの力 丑三つ時 譜読み力 マリア・テレジア ハプスブルク家 ベレゾフスキー 高橋多佳子 リシエツキ ピヒト=アクセンフェルト ハプスブルク帝国 ソナタ ら抜き言葉 ポーランド 似合いそうな曲 ワルトシュタイン 気象病 カテゴリー 復習 短音階 演奏会用練習曲 手ペシ K.543 K.537 K.412 K.576 恋するクラシック リズム練習 シュタイヤー舞曲 音楽と文学の対位法 スティリアの女 貴婦人の乗馬 スタッカート練習 ブログ タッチ 音色 イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 クロスリズム 減7の和音 導音 まるむし帳 諸井三郎 アップライト D946 脱力 駅ピアノ ラ・カンパネラ スマホ認知症 チェンバロ 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR