FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

ドゥシェック『フランス王妃の受難』他

今日11月2日は、マリー・アントワネットの誕生日です。それにちなんで、ドゥシェック(ドゥシーク)のアントワネットさん関連の曲をご紹介します。ソナチネアルバムでお馴染みの、あのドゥシェックです。ドゥシェックは1760年に今のチェコ(当時はハプスブルク帝国の領内)で誕生、音楽家の家系らしいです。若い頃、なんとアントワネットさんに気に入られて仕えていたそうです。プチトリアノンで取り巻きの一人としてクラヴィーア...

続きを読む

今日11月2日は、マリー・アントワネットの誕生日です。
それにちなんで、ドゥシェック(ドゥシーク)のアントワネットさん関連の曲をご紹介します。ソナチネアルバムでお馴染みの、あのドゥシェックです。

ドゥシェックは1760年に今のチェコ(当時はハプスブルク帝国の領内)で誕生、音楽家の家系らしいです。若い頃、なんとアントワネットさんに気に入られて仕えていたそうです。プチトリアノンで取り巻きの一人としてクラヴィーア弾いてたりしたのかな…。そういうわけで、バリバリの王党派だったのですが、革命が勃発するとロンドンに亡命します。ロンドンでは、ハイドン先生に絶賛を受けたといいますから、かなり才能があったことは間違いなさそう。

さて、今回は2曲取り上げますが、まず1曲目は『フランス王妃の受難』という標題音楽・描写的音楽です。短いエピソードを連ねた11分ぐらいの曲で、王妃の投獄、処刑を経て、殉難者として神格化されるまでを描いています。その中には、子供との別れとか、運命の日を前にした祈りとか、深く心を打たれるものが入っています。グリッサンド的に入る下降音階でギロチンの描写をしていたりとグロテスクな側面も…(*_*;
言ってみれば、ベルばらの最後の最後を音楽にしたようなものですね。

前置きが長くなりましたが、YouTube動画で聴いてみることにしましょう。

まずはフォルテピアノでの演奏です。

弾いているのはチョコのピアニストのようですが、何で仮装してるんだろう??笑 というか、この曲、私も仮装して弾きたいぞ( *´艸`)
それにしても、「ソナチネのドゥシェックさん」のイメージを根底から覆す、ロマン派的な作品ですね。

次はチェンバロでの演奏です。

こちらは、河合珠江さんという方が宝塚のホールで弾いています。2015年ということなので生誕260周年記念(アントワネットさんは1755年生まれ)でしょうか。
チェンバロで弾いてもかなりドラマティックです。

そういえば、この曲は1793年に出版されているのだけど、アントワネットさんが処刑されたのがその年の10月なので、かなり素早い仕事ですね\(◎o◎)/!

次の曲は、ドゥシェックのピアノソナタ 変イ長調 『パリへの帰還』です。
4楽章が特にアントワネットさんに関連があるらしい。というわけで、まずは4楽章です。


なかなかブリリアントな感じです!!
ウェーバーに少し似ているような気がしました。

続いて1楽章です。

和声がかなりロマン派的に聞こえます。シューベルトっぽいかなぁ。
というか、私の萌え調の変イ長調だし、弾いてみたいです!!でも、長いんですよね…。楽譜をコピーするとインクの消費が大変。←心配事はそこか!笑

今日の曲紹介は以上です。
アントワネットさん、ハッピーバスデー!!


にほんブログ村
スポンサーサイト

* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

Tag: ドゥシェック マリー・アントワネット フランス王妃の受難 | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by amy
Nekoushiさんこんばんは~
お!!ベルばらの曲!(笑)
なかなかロマンチックな曲ですね。
ギロチンの描写は思った以上にビックリしましたよ~~( ̄▽ ̄;)
そうそう仮装も!面白いよね~~(・・で、なんで仮装してる??)

また曲の紹介を楽しみにしていますね~

To:amyさん * by Nekoushi
amyさん、こんばんは~~
コメントありがとうございます(^^♪

以前amyさんが標題シリーズで取り上げられていたのを思い出して、音源を探してみました!
「ベルばら、ベルばら~~」と独り言を言いながら(笑)←めっちゃ不審者
でも、見つかってよかったです(≧▽≦)

> ギロチンの描写は思った以上にビックリしましたよ~~( ̄▽ ̄;)

ドゥシェックさんを見る目が一変してしまいましたよ~~
「ソナチネアルバムの人」から「ギロチンの人」へと…!!

> で、なんで仮装してる??

その後、同じ人が仮装してモーツァルトを弾いてる動画にも出くわしました(^^;
そういうコンセプトのピアニストなのかしらね?笑

ソナチネでは童心に返れなかった

先日バイエルで遊んでみたら思いのほか楽しかった(『童心に返ってバイエル!』)ので、「GWで時間あるし、それじゃ今度はソナチネでも」ということで、ソナチネで遊んでみることにしました。正確に言うと、遊んでみるつもりだったのですが、あんまり遊べなかったというか、童心に返れませんでした。一つには、たぶん「童心」というほど幼いころにやったわけじゃないからだろうけど、一番の原因は、意外と手ごわかったので…(*_*;ソ...

続きを読む

先日バイエルで遊んでみたら思いのほか楽しかった(『童心に返ってバイエル!』)ので、「GWで時間あるし、それじゃ今度はソナチネでも」ということで、ソナチネで遊んでみることにしました。

正確に言うと、遊んでみるつもりだったのですが、あんまり遊べなかったというか、童心に返れませんでした。
一つには、たぶん「童心」というほど幼いころにやったわけじゃないからだろうけど、一番の原因は、意外と手ごわかったので…(*_*;
ソナチネって、こんなに難しかったっけ!?

そもそもテンポ設定に大苦戦。
「あれ?これじゃアレグロにならない」
「ん?今度は速すぎてプレストになっている。というか、まともに弾けない」
↑こんな感じ(^^;

表情を付けるとか、まして、テンポ・ルバートをして遊ぶ余裕なんてない。
クーラウとかクレンメンティとかドゥシェックの曲は、表情付けるの難しいです。
表情だけじゃなくて、指の動きも苦手です(泣)

自分の技術不足を棚に上げて、モーツァルトが「クレメンティは素晴らしいチェンバロ弾きだけど、機械的な演奏しかできない」という意味の批判をしていたのを思い出して、ちょっとすっきりしました。←大人げないにもほどがある(笑)
いや、本当は、クレメンティ嫌いじゃないですが…。

「童心」ではないのですが、大人げなく(?)、必死に練習してしまいました(笑)
それで、指が痛くなってきたので終了。
そんなに弾いたってことは、けっこう楽しかったということですね。

* Category : ピアノライフの話色々

Tag: クレメンティ クーラウ ドゥシェック ソナチネ | Comment-open▼ * Comment : (4)

No title * by ね~み♪
う~、ソナチネ、難しいですよね。
でも、楽しく練習出来て良かったですね(#^.^#)

確か子供の頃ソナチネアルバムの1、っていうのまでやった記憶があるんですが
「大人になったからソナタやってみよう」(無謀)
と思ってレッスンにかけたけど、3曲やってほぼ全滅でした~~~( ノД`)シクシク…

ソナチネも基礎基礎基礎…で本当に綺麗に弾くのは難しいですね。
どの曲も可愛くて明るくて素敵なんですけどね~

To:ね~み♪さん * by Nekoushi
コメントありがとうございます(^^)

ソナチネを綺麗に弾く練習って、かなり効果ありそうですね。
子供(できる子除く…笑)のようにバタついたり、間違った大人の間違ったチェルニーのように弾き飛ばしたりしないで、あくまで綺麗に。

ソナチネアルバム1を終わったら、2を飛ばして、ソナタアルバム1に入ることが多いような気がします。
もし気に入ったソナタが見つかったらレッスンされてみてはいかがでしょう…?
やっぱり、バッハのほうが好みですか?笑

No title * by 私はタワシ
Nekoushiさん こんにちは。タワシです。こちらでは初めてのコメントになりますね。
私の場合ちょうどソナチネアルバム1を数曲やったところで音楽教室をドロップアウトしてしまったのですが、いまだにテクニック的にはそのころのレベルと大差ないんじゃないかなと情けなくなったりすることもあります。

ソナチネ、実はなかなか難しいですよね。特に、ミスを極力少なくした上で(ノーミスなんて言葉は私の辞書にはないので!苦笑)音楽的に美しく弾こうとしたら、かなりハードル高いのでは?

そういえば!数年前「ソナチネおふ」という、その名のとおり、ソナチネ限定で、定番のクレメンティ、クーラウから、めったに演奏機会のない珍しいソナチネ、超絶技巧の現代ソナチネまで めいめいが思い思いのソナチネを演奏するという発表会がありました。
私は「子供のソナチネ」という本に載っていた、19世紀のマイナーな作曲家・ボルクのソナチネを弾きましたが、3楽章は指がもつれて散々でした(爆)

ソナチネアルバム2はやらない人が多いみたいですね。
私も割と最近(一昨年?)楽譜を入手したんです。
知らない曲が多く、新鮮な気持ちで弾けましたよ~

To:タワシさん * by Nekoushi
初コメント、ありがとうございます!

ソナチネの難易度が意外に高いのと、奥が深いことに改めて気づかされて、ちょっとビックリしました。
当時の楽器は今の楽器よりタッチが軽かったので、弾きにくさには、そういう影響もあるのかも!?と思いました。
でも、音楽的に美しくとなると…。やっぱりハードル高いですね(^^;
私の辞書にも「ノーミス」という言葉はありません(笑)

> そういえば!数年前「ソナチネおふ」という、その名のとおり、ソナチネ限定で、定番のクレメンティ、クーラウから、めったに演奏機会のない珍しいソナチネ、超絶技巧の現代ソナチネまで めいめいが思い思いのソナチネを演奏するという発表会がありました。

どこかで風のうわさで(?)聞いたことあるような記憶があります。
とても楽しそうな催しですね!
ソナチネで近現代の難曲というとラヴェルぐらいしか思いつきませんでしたが、もっと難しいのもあるのでしょうね。
ボルクも初めて知りました。楽器屋さんで「子供のソナチネ」を探して立ち読みしてみようかな…。

> 知らない曲が多く、新鮮な気持ちで弾けましたよ~

ソナチネアルバム2も欲しくなってきました。
初見力・譜読み力を高める練習にもなりそうですし…。