FC2ブログ

連休はヒキコモリ!!笑

せっかくの連休なのでお出かけしたいという気持ちと、新型コロナは今ひとつ実感が湧かないながらも用心に越したことはないという理性がせめぎ合い、後者が勝ちました。よって、連休はヒキコモリ生活を楽しむことにしました。

やったことは、主に読書とピアノなので、格別変わったことをしたわけではありません。

■読書
(その1)時間はどこから来て、なぜ流れるのか? 最新物理学が解く時空・宇宙・意識の「謎」(ブルーバックス)
以前店頭で見かけて「時間が流れる」ってどういうこと?と興味を持ってしまい、買ったまんま積んでいたのを読みました。読んだ結果、余計に混乱しました\(◎o◎)/! いくら一般読者向けの本といっても、最新物理学の内容なんて分かるわけないか…。
(その2)デュバリー伯爵夫人と王妃マリ・アントワネット―ロココの落日(飯塚信雄 著)
こっちは、普段から愛読している内容なので、すらすら読めて楽しめました。宿敵デュバリーとセットで取り上げられているのが遺憾というか、面白いというか…。たぶん、著者としてはロココの凋落を象徴する二人を選んだということだと思います。この本は、30年以上前に出版されたもので、古めかしい雰囲気のところもあるのですが、男性著者にしては珍しくファッション関係も果敢に取り上げているところが意外でした。美術品や調度品、装飾品などの文化的背景の移り変わりも興味深かった。ただ、せっかくなら、もっとそういう図版も載せてほしかったところ。あと、著者の想像も交えながら、生身の人間像を描こうとしているのがよく伝わってきたのも良かったです。これはおそらく著者が歴史学者ではなく文学者だからでしょう。
(その3)王妃に別れをつげて (白水Uブックス)
これは、小説です。連休前から読んでいたのですが、最後の部分を読み終わりました。何年か前の映画『マリー・アントワネットに別れを告げて』の原作です。かなり面白かったので、そのうちカテゴリー「読書メモ」の別記事にしたいと思います。

■ピアノ
(その1)チェルニー40-31
チェルニー 40-31
肩に響くようだったらすぐ撤退しようと思いながら練習し始めたのですが、今回は割と大丈夫だったので、久しぶりに半音階地獄と向き合いました!意外と劣化してなかったのが嬉しい誤算です。いや、あくまでも「意外と」ですが…。発見したことは、必死に片手練習をすると力が入りがちで、両手でやる方が、ややこしい方の手(この曲では半音階を弾く方の手)の力がいい感じに抜けるみたい。片手練習に偏るのも考え物なのかも。
(その2)ショパン『プレリュード15番:雨だれ』
人前演奏の候補曲の一つです。弾けるところと弾けないところの差が激しいです(>_<)
特にラチが明かないのが、中間部の終わりの方、9度でギッシリ詰まった和音。あと、同じく中間部の埋もれている内声の処理が実はめっちゃ難しい。ちょっと、時間が限られている中、これは厳しいかも。
(その3)ショパン『プレリュード17番』
同じく、人前演奏の候補曲の一つ。弾き始めた頃は、これは無理だわと思っていたのですが、『雨だれ』よりも良くなってきたみたい。昔からお気に入りの曲だったというのが大きいかも。愛しの変イ長調だし(*´▽`*)
とはいえ、中間あたりに臨時記号の嵐があって、譜読みにまだまだ不安が残ります。
(その4)ショパン『ワルツ9番:別れのワルツ』
同じく、人前演奏の候補曲の一つ。音符を読み取るだけなら、おそらく、候補の3曲で一番何とかなりそう。なのですが、左手をショパンのワルツらしく軽快に処理するのが、かなりの難題です(>_<) ショパンのワルツってホント独特な世界だわ~~

あとは、日ごろの疲れを癒すべく、そして、新型コロナに感染しないためにも少しでも疲労を貯めないよう、寝貯めしました!笑


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : マリー・アントワネット,チェルニー40番,ショパン,

「40代でチェルニー40番」の目標に悩まされる

今さら言うまでもないことではあるのですが、何事にも目標は必要であり、目標はよく考え抜かれた適切なものでなければなりません。何となくノリで、というのはいけませんね。もちろんピアノにおいてもそうです。

私が最近、後悔しているのが、これです☟

40代でチェルニー40番を片付ける!!

もともと、40番と40代を掛けて、半ば冗談でしばしば口にしていたのが、すっかりその気になって目標というか標語みたいになっていました。で、この先、どのように進捗できそうか楽譜を眺めて見当をつけてみると、明らかに無理そうなんですよね。自分の力を過信していたのか、自分の歳を若いほうに誤解して時間的余裕があると錯覚を抱いていたのか(笑)、あるいは、その両方か…(^^;;

もちろん、チェルニーは続けますし、40番を終えたら50番も抜粋でいいのでやるつもりですけど、なまじ、40番と40代を掛けるというキリの良い標語にしてしまったばかりに、達成できなそうとなるとテンションが下がります。それならば、何も目標を立てなければよかったのかというと、それも違うような気がする。

「こういうテクニックが弱いので、そこを重点的に強化していく」という視点で、もう一度目標を見直したほうがいいのかもしれません。そのプロセスで、これはまあいいでしょうと何曲か飛ばして、無理やり40代で終わらせて辻褄を合わせるとか…。

一人二役の先生には、「深刻になり過ぎです。そんなの言葉のあやに決まってるじゃないの~~。むしろ、40番をやっているうちは、気持ちは40代!!」と一笑に付されそうだわ。←と書いたら気が楽になった(笑)

いや、それにしても言葉の魔力って恐ろしいですね(>_<)
こんなに呪縛されるとは思いませんでした。でも、こうやって記事にしてみた結果、ほどよく解放されて、カール教の修行がまた楽しくなりそうです!笑


にほんブログ村

tag : チェルニー40番,

セルフレッスン第49回:師走なので慌ただしく走り書きで・・・

私が私にピアノを習うコーナー、今年の締めくくりです。師走だけに、先生パートのほうが慌ただしいらしく(?)、生徒との雑談にふけっている暇がないということで、要点だけ走り書きです・・・(^^;;

■チェルニー40-31

チェルニー 40-31

・引き続きスタッカート練習で、(1)指先を鋭敏にする、(2)音の粒を揃える。
・前回の記事の通り、スタ錬は、「手首も腕も使わず指だけでハジく。ひたすらハジく!!」。
・どうしても滑らかにならない箇所は、リズム変奏を取り入れるのも可。
・半音階が左手に移る部分が全然ダメなので重点的に。
・スタ錬のめどがついたら、次はモルト・レガートで弾いてみる。
・私「チェルニー左手24の練習曲13番のテーマが、ちょうど左手の半音階なのですが、併用するのはどうでしょうか?」 先生「よく見つけてきましたね。さすがカール教徒(笑) でも、二兎を追う者は一兎をも得ず、です。こっちに集中してください」

■バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調(BWV862)

平均律1巻17番 冒頭

・プレリュードは練習不足。しっかり弾き込むこと。
・音が少なくて易しそうなので、少し侮っているのでは!?バッハ様に謝りなさい。

バッハ 平均律 I-17 フーガ 冒頭

・フーガは、声部別筆写の効果もあり、どういう曲か掴めて来ている。
・引っかかる箇所は、(1)耳がついてきていない、(2)指がついてきていない、のいずれか。
・上記(1)の場合は、声部の重なり具合を覚えるために、一番主要なパートと他のパートの2部、3部、4部の3パターンで部分練習。上記(2)の場合は、ごくゆっくりのテンポで指に馴染ませ、覚え込ませる。それを、ストーカーのように(!)しつこく繰り返す。
・曲の表情付けも少しづつ考える。まず最初にできること/やるべきことは、主題が出てきたときに回帰感を出す。主調や属調で現れる時は安心や安定を、短調で現れる時は変化、うつろい、不安を感じるように。

■シューマン ロマンス Op.28-2 嬰へ長調

シューマン ロマンス Op.28-2 冒頭

・これも弾き込みが全然足りてません。
・指の使い方は、腹を使って、鍵盤に対して浅い角度で奥側に押し込むような力の入れ方で。鍵盤に対して垂直に指を下すと、メロディを奏でる内声(主に親指、人差し指を使う)でガツンとなりやすく、綺麗に歌えない。
・その他のポイントは、前回のレッスンで熱く語った通りなので、そちらを参照されたし。←手抜き極まれり!!笑

■メンデルスゾーン『春の歌』の次の曲決め
・今回決めるはずだったけど、来年のベートーヴェン祭りとの兼ね合いで延期になりました。

今年最後のレッスンは以上です('◇')ゞ
師弟コンビは、この後、ベトソナ祭り選曲会議で、今年中にあと1回は登場する予定です~~


にほんブログ村

tag : バッハ,BWV862,チェルニー40番,シューマン,ロマンスOp.28-2,

クリスマスプレゼントは、チェルニーとバッハの地味錬&サンタの思い出

今年もあっという間にクリスマス🎄

サンタがヘンレ版のベートーヴェン・ソナタ全集の楽譜2巻を持ってきてくれるのではないかと丑三つ時まで期待して待っていたのですが、やっぱり、サンタはアラフィフは相手にしてくれないようです(^^;; というか、サンタのプレゼントを待つなら、丑三つ時まで起きてちゃダメか…。

冗談はさておき、今年のクリスマスプレゼントは、タイトルの通り、チェルニーとバッハの地味錬でした(笑) より正確にいうと、地味錬に打ち込める時間がプレゼントでした(と受け止めている)。ここのところ何かと浮足立っていたもので…。

チェルニー40-31(半音階地獄)は、10日ぐらい前に引き続き、スタッカート練習メインでやりました。半音階地獄4ページの後半2ページの譜読みに入りました(≧▽≦) スタッカートといっても色々なスタッカートがあると思いますが、手首も腕も使わず指だけでハジく。ひたすらハジく!!速度は遅くしたり速くしたり。指先の神経が研ぎ澄まされてくる実感があります。興が乗ってきたら単にスタッカートで弾くだけではなく、連打も試みます。半音階とか音階を速く弾くには適した練習法のように思います。私の思い付きじゃなくて、青柳いづみこ先生の本に載ってた方法なので、信憑性はあるはずです!チェルニーに限らず応用できると思います。

バッハは、ご無沙汰気味だった平均律1巻の17番(変イ長調)です。まず、4声のフーガの声部ごとの筆写をやっと完成させ自己満足に浸ります(笑) 終結近くの部分、どうなっているのか訳が分からなかったところが把握できて、よかったです(*^^*) そして、実際に音鳴らし。バッハは、放置するとダメですね(>_<) 多声の重なりがうまく聞き取れていないところは、2声、3声を取り出して部分練習。この際、音の重なり具合を把握するのが目的なので、指使いや左右の配分にはこだわりません。物理的、身体的に弾きづらい箇所は、スロー練習の繰り返し。本当は、どれも日常的にやっておくことばかりなんですけどね。

クリスマスプレゼントの追加として、来年のアニバーサリーに向けて、ベートーヴェンのソナタを選曲するための遊び弾きもしました。ん~~、迷いは深まるばかりです。どうしたものでしょう。何としても今年中に選曲会議の完結編まで持って行きたいです!

というわけで、今年のクリスマスプレゼントは、ピアノの練習三昧でした♪♪

以下余談ですが、私は子供の頃、サンタさんの正体は幽霊か妖怪みたいなものじゃないかと思ってました\(◎o◎)/!
だって、煙突から入ってくるといったって、そんもの我が家にはないし、それじゃ暖房の通気口から煙のように入ってくるのかなと…(笑) 

そして、もう少し大きくなると、子供向けの聖書物語的な本を読んでいたのですが、キリストの生誕祭であるクリスマスの重要人物のはずのサンタクロースがどこにも出て来ないのはオカシイとか思ってましたね。ますます正体不明だよ~~と。でも、サンタが親だとは露ほども思いもしなかった。鋭いんだか、抜けているんだか…(^^;; ま、昔から不思議な思考回路だったみたいです。


にほんブログ村

tag : バッハ,シンフォニア,チェルニー40番,クリスマス,サンタクロース,

半音階地獄に萌え(なのか・・・??)

チェルニー 40-31

数日前から練習を始めたチェルニー40番の第31番。半音階のための練習曲で、まさに『半音階地獄』です。チェルニーのメトロノーム指定がオカシイのはいつものことですが、これを付点2分音符=60、つまり1小節=60で弾けなんてねぇ…(>_<) もちろん、私は、そんなテンポは目指しません、というか、目指しても無駄と言うべきか。

出だしは右手が半音階で左手は和音の刻み、しばらくすると左右が入れ替わります。チェルニーは左手軽視、というのがチェルニー批判の定番の一つにありますけど、この曲は当てはまりませんね。

チェルニー40-31 13-15小節

もうしばらく進むと、↑この譜例のように、左右が短3度の間隔で閉口します、じゃなくて並行します。いや、弾く身としてはは「閉口します」のほうが合っているのですが…(笑) この部分が、全曲中で一番弾きづらいです(*_*; 超スローテンポで指使いを手に覚え込ませてます。音階は、ちょっとインチキな指使いをしてもまだ何とかなりますが、半音階は全くと言っていいほど誤魔化しがきかないですね。弾くときの手の形とかも含めて色々研究中です。成果が出てきたらレッスン記に書きます('◇')ゞ

でも、何だか萌える(*´▽`*) それなりのテンポでスムーズに弾けたら、さざ波のような感じになるんじゃないかと想像してます。あるいは、風に揺れる木の葉?

私は、チェルニーやるのに、役に立つかどうかはあんまり考えていなくて(ゼロではないですが)、単に萌えるからというのが大きいです。 最近少し凝っている、お片付け「こんまりメソッド」の極意は、「ときめくものだけ残す。ときめかないものは手放す」ということらしいですが、まあ、それと同じようなことでしょう。逆に、そう思うと、片付けの原理って実は難しくないのね~~

これから何か月かかるかわかりませんけど、『半音階地獄』を楽しみたいと思います。そこそこ弾けるようになったら、呼び名が『半音階地獄』から『半音階天国』に変わるかも!?笑


にほんブログ村

tag : チェルニー40番,半音階地獄,こんまりメソッド,

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト ショパン チェルニー 仲道郁代 ベートーヴェン リスト K.311 献呈 幻想即興曲 メンデルスゾーン ハイドン レンタル練習室 春の歌 近藤由貴 BWV862 青柳いづみこ Hob.XVI:34 ハノン 調律 ロマンスOp.28-2 幻想曲 平均律第1巻 ベトソナ10番 K.331 グリーグ 無謀曲 ブラームス チェルニー30番 BWV858 ららら♪クラシック ドビュッシー フランス組曲 シューベルト 選曲会議 ベトソナ 湯山昭 こんまりメソッド エチュード 四十肩 五十肩 ベルサイユのばら お菓子の世界 楽譜 アラフィフ肩 変奏曲 ベトソナ22番 指先から感じるドビュッシー クラビノーバ 抒情小曲集 バラード2番 さくらももこ メトロノーム 和声法 パルティータ マリー・アントワネット バラード ワルツ 練習曲 インヴェンション 調性 自分の演奏好き? グランドピアノ ウィンナ・ワルツ 久元祐子 スマホ老眼 クレメンティ 指マッサージ リズム変奏 トルコ行進曲 K.574 展覧会の絵 ムソルグスキー 電子ピアノ 鷲田清一 左手のための24の練習曲 リサイタル モシュコフスキー ドゥシェック バイエル D960 D959 マズルカ 理想の先生 ヨハン・シュトラウス 選曲 スケール アルマンド イリーナ・メジューエワ 中村紘子 ソナチネ 土田京子 好きな調 K.334 ピアニストは指先で考える 植山けい 交響曲 響ホール ピアノ椅子 「亡命」の音楽文化誌 ブルグミュラー 北九州 部分練習 ヴァイオリンソナタ 旅する作曲家たち 令和 こんまり クララ・シューマン 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 田園ソナタ 演奏と喋り方 ツィメルマン ピアノ騒音問題 書き込み スマホ トロイメライ マリア・ジョアン・ピリス 声部書き分け 五線紙ノート 20の小練習曲 感情をこめて弾く 伊藤恵 変イ長調 宮川彬良 楽譜の視覚効果 左ペダル ウナコルダ アルペジオ つるかめ算 伝説 m.g. m.s. 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ ヴィルヘルム・ケンプ 行進曲 タグ 和声法がぐんぐん身につく本 交響的練習曲 オスマン帝国 似合う曲 合奏譜 マーチ 苦手な曲種 教則本 おんぶにだっこ 和声法がさくさく理解できる本 エルガー サンタクロース クリスマス コピー譜 クリアファイル ベトソナ28番 メソッド・タリアフェロ K.623a リスト編曲版 全調スケール オーストリア国歌 イギリス国歌 バックハウス ランラン 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 毎日の練習曲 ベトソナ18番 ベトソナ16番 ルービンシュタイン キーシン 練習崩壊 チェルニー24番 整体師 パスカル・ドゥヴァイヨン お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 小ジーグ 好きな作曲家ランキング Hob.XVI:50 近藤麻理恵 川嶋ひろ子 魔笛 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ クーラウ 島村楽器 チャイコフスキー 半音階地獄 カデンツ 平均律 グランド・ソナタOp.37 ポロネーズ 折々のことば 田部京子 マズルカOp.7-1 無言歌 上原彩子 曲名の略称 ゆっくり弾き アルベニス 「聴く」ことの力 シュタイヤー舞曲 三瀬高原音楽祭 グラナドス フランス王妃の受難 まるむし帳 導音 短音階 復習 音楽と文学の対位法 電子書籍 フォーレ 岩城宏之 哀しみ ペダル N響 庄司紗矢香 プレイエル 永遠のショパン 田島令子 K.533+494 減7の和音 クロスリズム K.412 タッチ 音色 脱力 K.576 K.537 恋するクラシック 手ペシ 演奏会用練習曲 K.543 スタッカート練習 D946 諸井三郎 スティリアの女 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 アップライト 貴婦人の乗馬 ブログ 駅ピアノ ラ・カンパネラ スマホ認知症 丑三つ時 楽典 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.118-2 間奏曲 ピアノ愛好者16の質問 ピアノ記念日 ヴァイオリン op.117-1 céleste トンプソン 幻想曲あるいはカプリス バトン リヒャルト・シュトラウス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら リズム練習 電子メトロノーム m.d 妄想 プチトリアノン D915 ピアニストは面白い 英雄の生涯 山枡信明 op.118-5 op.119-2 気象病 ソナタ ハプスブルク帝国 ハプスブルク家 カテゴリー ワルトシュタイン ポーランド ノクターン ら抜き言葉 似合いそうな曲 マリア・テレジア K.457 ダイエット チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー ト長調 チェンバロ 小プレリュードと小フーガ ベレゾフスキー 高橋多佳子 ピヒト=アクセンフェルト リシエツキ 夜の女王のアリア 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇一時休止中
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR