FC2ブログ

不思議な夢&久しぶりにカール教集会ヽ(^o^)丿

週刊『NU音楽院だより』、最新号をお届けします~~♪♪ いや、週刊にするなんて全く決めているわけではないのですが、たまたま今の私に一番合うペースなので、そうなっているのです。ほとんどピアノの練習らしきことをしていないので、あんまりネタがないですし…。

さて、1つ目の話題は、不思議な夢のお話です。昨夜のことなのですが、ブログでしかお話したことのないピアノブログの仲間の方の一人が夢に登場して(実際に拝見したことないので想像図です!笑)、ピアノの弾き合い会みたいな集会に誘われました。それで、「人前に出たくない」などと言って躊躇していたら、「ドア越しに見ているだけでいいから~~」と言ってくれて、結局、柱の陰から覗いてました(笑) たぶん、弾いている人たちも皆さん、ブログの仲間だったのでしょう。

最近、あまりにもピアノをやる気が出ないので悶々としていたものですから、このまんまフェードアウトしそう、とか、むしろフェードアウトした方が気が楽じゃない?といった思いも頭をかすめることがあったので、それを引き留めるのにタイムリーな夢でした。ピアノの神様、きっとカール様がそういう夢を見せてくれたんじゃないかと信じています❣❣

というわけで、2つ目の話題、久しぶりのカール教修行です。カール様の思し召しだと思うと、当然のことながら手が伸びるのは『経典』です。今回は私が持っている『経典』たちの中で一番難行苦行ちっくな『毎日の練習曲』を選びました。2番と3番をやりました。

2番は、半音階地獄です。よく見ると、ブログの練習中の曲の欄に自主練曲と記載されていますね。それを書いたことを自分でも忘れてました(^^;; しばらく弾いていると、指と頭が動きを思い出してきたので、嬉しかったです。しかも、休養に入る前と比べて、練習もしていないのに上達している部分もある(≧▽≦)

チェルニー『毎日の練習曲』2番 第5-6リピート


特に、天敵みたいな存在のこの部分(3度+オクターブの並行)が、格段に向上しているではありませんかヽ(^o^)丿 指使いをようやく覚えてきた感じです。忘れた頃に練習の効果が表れてくるというのは、何度も経験していることではあるのですが、何回経験しても本当に心地よいことです。フェードアウトなんて、している場合ではありません(笑)

もう1曲の3番は、分散和音で指を柔軟かつパラパラと動かせるようになることが目的と思われる修行です。

チェルニー 『毎日の練習曲』 3番~第1リピート


3番、見かけより手ごわいです(*_*;

以前にも少し弾いてみたことはあるのですが、その時は練習の緻密さが足りなかったらしく、弾けていないのにインチキして進んでいる箇所が多数ありました。これじゃいけないよなぁ、ということで、超スローテンポで、指使い、手首の使い方、指の開き具合の感覚を、じっくりと沁み込ませるように練習しました。全然まだまだです。ですが、こうやって無心に指を動かして、そしてピアノの音が鳴るということで、心が浄化されたような気がします。

今回の週刊『NU音楽院だより』は以上です。気力と体力が回復して臨時増刊号も出せるといいなぁなんて思ってます。そして、早くスランプから脱却して、元のペースに戻って更新したいです。あと、ピアノブログ巡りも以前のように❣❣←カール教の修行でテンションが高くなっている(笑)

いや、欲張りは禁物ですね。ペースは抑えて、焦らず着実に・・・。
それでは、また近いうちに🌹🌹 ごきげんよう('◇')ゞ


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : チェルニー,毎日の練習曲,スランプ,

レッスン第56回:久しぶりに『変な曲』に御対面(*´▽`*)

梅雨だ猛暑だと言っているうちに、あっという間に立秋を過ぎてしまい、季節は秋ですね。時の流れは速い!!時間を無駄にしちゃいけないわぁ、というわけで、久しぶりに一人二役のレッスン記です。今回は「変な曲」ことベートーヴェンのソナタ第22番を中心に、チェルニーの『毎日の練習曲』第2番、バッハ平均律第1巻17番のフーガを少しずつやりました。

■チェルニーの『毎日の練習曲』第2番~第5リピート・第6リピート

チェルニー 『毎日の練習曲』2番~第5リピート後半&第6リピート

「半音階からアルペジオに入るところ、アルペジオが弾けません(泣)。こんなに弾けなかったのかと自信喪失します。メトロノームMA-2様の力を借りたりして頑張っているのに…」

先生「MA-2!!私の分身♡笑 目盛り、いくつに合わせてますか?」

「スロー練習は8分音符=80ぐらい、速めのテンポは4分音符=72ぐらいです」

先生「弾けていないのでスロー重視でいきましょう。もう一度弾いてみて」

♪♪

先生「全部の音を均等に弾こうとしているのが弾けない原因の第一ですね。16分音符4つを一塊でとらえるの。いくらテンポを遅くしてもそれは守らないといけません。意識する音は各拍頭の音です。残りの3つは極端なことを言うとオマケみたいに軽く流す感じ」

「メトロ様の音につい全部合わせてしまって…」

先生「MA-2の音を1個おきに聞きましょう。拍頭は合わせる、次は聞かなかったことにする(笑)。そのぐらいの意識でちょうどよくなります。『それなら4分音符=40にした方が…』と思うかもしれないけど、たぶんワケが分からなくなると思います」

「そういえば、前回もこの部分を習いましたね。すっかり忘れてました」

先生「え…。私の話は1個おきじゃなくて、全部しっかり聞いてください(^^;; 前回の記録を見てみますと…。『ここは、指が鍵盤をうまく回避できるよう、柔軟性を最大限に発揮することと、鍵盤の打鍵位置を工夫する。具体的には最初の2音は手前を、3音目、4音目と進むにしたがって少し奥のほうを打鍵するようにしてみてください。そして、指使い厳守です。5-4が苦しいと思いますが、5-3としてしまうと、結局、あとが苦しくなりますから』って書いてありますね。いや、まさにこの通りです。付け加えることはありません」

■ベートーヴェン ピアノソナタ第22番~第1楽章

「久しぶりに『変な曲』と御対面です(笑)」

先生「とりあえず弾いてみましょう」

♪♪

「できるようになりかけていたオクターブ地獄の部分が、元の木阿弥になりつつあります(>_<)」

ベトソナ22番 第1楽章 25-32小節

先生「↑ここですよね。2,3か月弾いてないでしょ??それで弾けなくならずに済もうなんて虫のいいこと思っちゃダメ(^^;; でも、集中的に練習していたので、何回か弾けば少しずつ思い出してきます。その上でどうしても引っかかる部分は、取り出して何度も繰り返しましょう。それより、後半とコーダで、冒頭のメヌエット主題が戻って来る時に変奏されているでしょ?そういうところで、元の主題を意識しつつ、左の声部の流れをしっかり追うことができていないのが気になりますね」

ベトソナ22番 第1楽章 126-128小節

「あっ、↑こういう部分ですよね??自分でも何を弾いているのか分からなくなります」

先生「聞いていて、何を弾いているのか分からなくなっているということが、よく分かります。参考までに主題の原型に相当する音を書き込んでおきましょう」

「その音を強調する…。」

先生「のではなくて、実際には均等に弾くんだけど、主題の原型は意識するということです」

「え…\(◎o◎)/!」

先生「で、左手の流れですよね。左手は単に元のまんまの形なのですよ。ここは片手練習が大事ですね」

ベートーヴェン ソナタ第22番第1楽章 終結部

先生「それから、終結部。ここは和声を強く意識する」

「属9⇒属7⇒トニックですよね」

先生「その順番に緊張感がほぐれていくので、そのように弾いてください。ディミニエンドを大事に。スビト・ピアノ(急に弱く)ではないですからね。主和音に落ち着くところで左ペダルを踏んでもいいかも…。グランドピアノのレンタル練習室に行った時にでも試してみてください。1楽章は、あと少しでメドが立ってきそうなので、カールばっかりやっていないで、こっちにも力を入れましょうよ。さらに変な曲、第2楽章が待ってますよ♡笑」

「なんか、変な曲よりマトモな曲を弾きたい気がしてきたのですが…(^^;;」

先生「そ~う??第2楽章は癖になると思うけどねぇ(笑)」

■バッハ平均律 I-17~フーガ

バッハ平均律 I-17 フーガ 10-15小節

先生「主題が内声に出る部分、主題が埋もれると言って苦戦している様子ですが、主題以外の声部を引っ込めることを考えてみてください。主題を歌っているパートをフォルテで、他のパートをピアニッシモで、という練習をしてみましょう。それと、ハミングはいいですね。あとはひたすら弾き込むのみ!!」

「ふと気づいたら、大バッハ様への反抗期が終わってました(^o^)丿」

先生「何年も続いたり絶縁したりするようなことはないと信じてました(笑)。対位法萌えなのにバッハを心底から嫌いになるわけないのよ~~。でも、安心しました」

今回のレッスンは以上です('◇')ゞ


にほんブログ村

tag : チェルニー,毎日の練習曲,ベトソナ22番,ベートーヴェン,バッハ,BWV862,

転んでもタダでは起きませんヽ(^o^)丿

モーツァルトのソナタを沢山遊び弾きしたら肘を痛くしてしまいまして(前回の記事『珍しく肘を痛めました(>_<)』参照)、しばらくピアノは小休止です。でも、だいぶ良くなってきたので、少しだけ弾き方の反省会をしてみました。

肘を痛めた原因の第1候補はイ短調 K.310のこの部分(および再現部の同じ音形の部分)の左手です☟

K.310 第1楽章 39-47小節

昔この曲を志してチャレンジした時は必死に力任せに弾いていたようです。今日、この部分だけ少しそのままの調子で再現してみたら、「そりゃ手を痛めるでしょうよ」という感じでしたΣ( ̄ロ ̄lll)!! そして、当然のことながらガタガタで全く美しくない!!最近習得しつつある弾き方とは全然違いました。

それで、こういう左手が走り回るのって最近はどう弾いていたかな?と確認しようと思って、カールの経典を何冊か漁ってみました。白羽の矢が立ったのはチェルニー『24番練習曲』の11番です。☟こんなのです。

チェルニー『24番練習曲』第11番より

見るからに似たようなパターンでしょう?曲調は、まあ、あくまでもカールですけれど…(笑)。いや、でも、和声にも彩りがあってなかなか美しいです♡

これは初めての曲なので、超スローテンポで弾いてみます。あーっ、そうそう!!このクネクネした軟体動物のような指の動き(*^▽^*) 鍵盤にできるだけ吸い付くような感じで、でも、古典派なので指は少し丸める。この弾き方をそのままK.310で再現できればいいわけです。

24-11を2-3回練習してみて、K.310に戻りました。血迷ったテンポは厳禁で、超スローテンポで上の画像の部分だけを弾いてみると、なかなかの感触です。これなら将来K.310を練習することになっても、正しい手の使い方にすぐ直せるかも?と、手ごたえがありました。あと、躓く箇所は大抵、指使いがオカシイということも確認できました。昔は本当にメチャクチャな弾き方をしていたんだなぁと大反省です(^^;; 

K.310はいつかはちゃんと弾いてみたい曲なので、今回のことが原因でK.310を見ると立ちすくんでしまうようなことになったら困ると思って、敢えて反省会をしてみました。それから、いわゆる「脱力」が割とできていると自負していたので、それも確認してみたかった。まあ、K.310のこの箇所はその意味でも散々でしたけれど、基本的には自信喪失するほど「入れるべき力を入れ抜くべき力を抜く」(←結局フルネームで呼んじゃった)ができていないわけではないようです。安心しました。

転んでもタダでは起きないぞ!!と決意して、吉と出るか凶と出るか大きな賭けに出てみたのですが、結果は大吉とは言わないまでも中吉ぐらいにはなったかなと…(笑)。実は意外とかなり負けず嫌いなNUなのでしたヽ(^o^)丿

もうしばらく手を休めて、週明けから本格的に本来の課題曲の練習を再開できればいいなと思ってます~~♪♪


にほんブログ村

tag : モーツァルト,K.310,チェルニー,24番練習曲,

レッスン第55回:七夕祭りはチェルニー&バッハ♪♪

2か月半ぶりに一人二役のレッスン記をお届けします。タイトルの通り、チェルニーの練習曲2つとバッハの平均律第1巻第17番のフーガを取り上げました。タイトルと言えば、「セルフ」の文字を削ったのは、単に文字数削減のためでして、「ついにリアルのレッスンを受けるようになった」というわけではありません(笑)。それでは、レッスンの模様を覗いてみましょう。

先生「久しぶりにレッスンできるということでウキウキしてます。私たちの教室『プチトリアノン』にも七夕の笹を飾ってみました(笑)」

「ちょっと、ちぐはぐ。じゃなくて、和洋折衷が素敵ですね♡」

先生「で、今日はどの曲を?」

「今日は、カールとバッハをお願いします」

先生「せっかくの七夕祭りなのに、やっぱりカールなのね(^^;; そういえば最近、カール教の集会にばっかり行って、私のレッスンには来てくれなくて…。私とカールと、どっちが大事なの!?」

「何ですか、その、『私と仕事とどっちが大事なの』と恋人に迫るややこしい女みたいなセリフ(笑)」

先生「ちょっとカールに嫉妬してみました(^^;; 久しぶりだと、つい楽しくなって、無駄口が多くなってしまいますね。早く曲に入らないとね」

■チェルニー『毎日の練習曲』~第2番

先生「あ~、半音階地獄ですね」

「左右がオクターブになっているところは何とかなる気がするのですが、3度、正確に言うとオクターブ+3度の部分がワケわからなくなります(>_<)」

チェルニー『毎日の練習曲』2番 第5-6リピート

先生「あっ、この部分ね。左右とも正しい指使いを厳守することがポイントです。練習方法としては、(1)指使いをしっかり覚えこませるためにハイフィンガーでゆっくり、(2)指の動きを鋭くするためにスタッカート練習、(3)片手練習、特に左手。これらを繰り返した後、遅めのテンポで普通に弾く。弾けていなければ、(1)~(3)を繰り返す。弾けていればテンポを上げてみる」

「リズム変奏とかやっていたのですが…」

先生「半音階にはリズム変奏はあまり適切ではないと思います。スタッカート練習の方が遥かにいいので試してみてくださいね。あと、半音階の後、アルペジオになってますが(譜例の最後の小節)、ここ、めちゃくちゃ弾きにくくないですか?」

「はい。どういう嫌がらせかと思います(>_<)」

先生「でも、そういう嫌がらせがカールの魅力なんでしょ?笑」

「右手はまだいいとして、左手がお手上げです」

先生「ここは、指が鍵盤をうまく回避できるよう、柔軟性を最大限に発揮することと、鍵盤の打鍵位置を工夫する。具体的には最初の2音は手前を、3音目、4音目と進むにしたがって少し奥のほうを打鍵するようにしてみてください。そして、指使い厳守です。5-4が苦しいと思いますが、5-3としてしまうと、結局、あとが苦しくなりますから。ちょっと試してみて」

♪♪

「言われたことの意味は分かるような気がしますが、まだ指が全然ついてきません( ;∀;)」

先生「カール教徒らしく修行に励んでおいてください!笑。それから、各リピートを跨ぐときに戸惑いませんか?」

「あっ、まさにそうです。『20回リピートせよ』と指定されているので、1回の練習でリピート1個分しかやらないことが多いのですが、跨ぐときに混乱します」

先生「跨ぐ部分、前後1小節ずつ、計2小節の繰り返し練習もするといいのではないでしょうか」

「は~い、分かりました('◇')ゞ」

■チェルニー『40番練習曲』~第31番

先生「これも半音階地獄じゃないの。こんなに半音階ばっかりやってどうするの?笑 でも、よく考えるとこっちが本来の課題でしたね。久しぶりなので通して弾いてみてください」

「全然練習してないですよ?」

♪♪

先生「左手の半音階が前より良くなってますね。『毎日の練習曲』の効果でしょう。さっきの『半音階ばっかり』発言は取り消します(^^;; 残る難関は右手が半音階を弾きつつオブリガード的に音を鳴らす箇所。下の譜例のような部分です」

チェルニー40-31 19-25小節

先生「この矢印を付けた音ですね。16分音符なので、決して保持しない。チョンと触れて音が鳴ればいい。最悪、鳴らなくてもいいぐらいの気分で…(笑)。大事なのはつられて半音階の粒が歪まないこと。音楽では、少なくとも現代音楽の前衛的なのでない限りは、音には重要なのとそうでないのがあって、音は平等ではありません。民主主義じゃなくて階級社会。でも、その例外の一つが半音階です。なので、曲の中で半音階が使われるとハッとさせられることが多いのです。異質な存在が紛れ込んでくるわけですから。そう考えると、『毎日の…』2番とか、これとか、延々と半音階というのは、まあ非音楽的です(笑)。ただ、指の練習になることは間違いありませんね」

「それで、この部分はどのように練習すればいいのでしょうか?」

先生「あ…。肝心なことを言い忘れるところでしたね(^^;; ここは、あんまり特別な方法はないわね~。指と手首の柔軟性を意識しながらスロー練習あるのみです。その時に半音階の粒を揃えることを最優先に考えましょう。それと、片手練習を増やすこと」

「左手で和音を打つのが相変わらずまだまだ苦手なのですが…」

先生「それも片手練習よね~。あと、あえて波線アルペジオで弾いてみてください。で、波線アルペジオの音のズレをゼロにしたのが普通の和音と考えて、ズレを次第に短くしていくの。そうすると和声を捉えやすいし、力の入れ方も適正になるはずです」

「あと、上の譜例で、右手の上声が長く伸びる部分(緑の色付けた箇所)は…」

先生「そこはしっかり保持してレガートにしてください。上声をよく聞いて。この31番は、頑張ればもうそろそろ終われそうな気がします。そういえば、『40代で40番』の標語を守れそうにないと嘆いてましたけど、最後の曲を含めて2、3曲飛ばす予定なので、ギリギリ達成できるかもしれないですよ。思ったのですが、自分の歳を多い方に数え間違えていたのでは??」

「!!笑 というか、最後の曲を飛ばしちゃったら終わった感じがしません(>_<) さては50番になだれ込ませようという罠ですね」

先生「だって40番って総復習でしょう?それに時間とエネルギーをかけるぐらいなら他のをしっかり弾いた方が合理的です。逆に40番をやるなら、極論すれば、31番の次は全部飛ばして40番でいいぐらいです」

「そんな無茶苦茶な…。でも、そう言われると40番を弾かなくてもいいような気になってきますね。『40代で40番』を何らかの形で達成できる可能性がゼロでないと思うと、やる気が少し復活しました(^_^)/」

■バッハ『平均律第1巻』~第17番のフーガ

先生「シンフォニア3番以来の大スランプという噂の曲ですね。おかしいわね、愛しの変イ長調のはずなのに」

「そうなんですよ。自分でも何でこんなことになってしまったのか分からなくて…」

先生「まずは、弾いてみてください」

♪♪

「テーマが内声に出るときに、どういう風に目立たせたらいいのか分からなくて」

バッハ平均律 I-17 フーガ 10-15小節

先生「↑こういう部分ね。まずね、テーマを目立たせるという発想が間違ってる。目立たせるんじゃなくて『歌う』の。意識が縦にばっかり行っていて、横に流れることを全く忘れちゃってる。それだとポリフォニーの根本がなっていないことになります」

「ひいっ、手厳しい((+_+))」

先生「今後のピアノライフを左右するぐらい重要なことなので、あえて厳しく言ってます。それでね、次に意識すべきことは、テーマ以外の声部を少し引っ込ませること。16分音符が続くフレーズはつい頑張って弾いてしまいますけど、うるさくなっちゃう。それは困る。テーマだけフォルテでその他をピアノで弾く練習をしましょう。それと音価を厳守すること。短すぎても長すぎてもダメ。途切れさせてはいけないと思って、長すぎて次の音と重なるとメロディラインが浮かび上がってきません。意外な盲点かも…。もちろん、何となく伸びてしまっているというのは論外です。譜例の部分を、今言ったことを気を付けて、ごくゆっくりとしたテンポで弾いてみましょうか」

♪♪

「わっ!!少し勘が掴めてきたかも…」

先生「そうそう、その調子、横のラインを意識して。それから、2分音符は、4分音符のタイも同じことですけど、よく響くように弾いてください。音価をよく守って。音価というのはよくできている言葉でして、『音の長さ』だけじゃなくて『音の価値』なのです。音価が大きい音というのは大事な音ということです」

「なんだか大バッハ様への反抗期が終われそうな気がしてきました(*´▽`*)」

先生「多分ね、反抗期というより、弾けていないことへの自己嫌悪だったんじゃないかしら??でも、少しは清々しい気持ちになってもらえたようで何よりです。平均律 I-17は、この夏のうちに終われるように頑張りましょう」

今回のレッスンは以上です~~('◇')ゞ


にほんブログ村

tag : バッハ,平均律第1巻,BWV862,チェルニー40番,チェルニー,毎日の練習曲,

シューマンな気分になってきたかも&やっぱりチェルニー!!笑

シューマンの魅力は濃厚なロマンと豊か過ぎる感情表出ですが、新型コロナの流行で鬱屈した気分の時には、最も敬遠したくなる作曲家の一人かも知れません。「いやもう、ロベルト様の自分語りに付き合える心境じゃありませんから」って感じで…(笑)。それが、突如として、シューマンの楽譜を開いてみたくなりました(*´▽`*) 裏を返せば、かなり精神状態が落ち着いてきた証拠かもしれませんね。良い傾向です♪♪

それで、何をやったかと言うと、ソナタ第2番ト短調 Op.22の超スロー譜読み。この曲は、ロマンと陶酔と切なさと狂気に満ち溢れた、シューマンらしい素敵な曲です。ただし、めちゃくちゃ難しい(*_*; まあ、「手も足も出ない無謀曲」です。でも、今回、超スロー譜読みをしてみて、「手も足も出ない無謀曲」から「なんとかしたい憧れ曲」に変更になりました。「なんとかなりそう」ではなくて「無理かもしれないけど何とかしたい」。

ちょっと動画でも貼っておきましょう。ラファウ・ブレハッチの演奏です。



これ、最初聴いた時、かなりビックリしました!!シューマンのソナタがこんな古典的な端正さを備えているなんて、思いもよらなかったので。私のこの曲に対するイメージとはかなり違うのですが、気づいたら惹き込まれていました。ブレハッチおそるべし!!ブレハッチは、『お気に入りのピアニスト』のコーナーで取り上げたいピアニストの一人です。

シューマンのソナタ2番の世界に浸った後は、「いや待てよ。この無謀曲に僅かな希望の光が差してきたのもカール教の修行のお陰じゃないの?」と気づいて、チェルニー毎日の練習曲』の3番に取り組んでみました(^_^)/

チェルニー 『毎日の練習曲』 3番~第1リピート

冒頭の部分です。

どういう嫌がらせかと思うぐらい弾きづらい。弾きづらいというか弾けないです(>_<)

『毎日の練習曲』って、どの曲も、初めて弾くときは「私がピアノを弾けるというのは幻想に違いない」と感じるぐらいに断崖から突き落とされる絶望感を味わわせてくれます。

それでも気を取り直して、ここは、指の間隔をこのぐらいにして、角度はこんな感じで、動線の方向はこうかなぁ?と、ゆっくり解きほぐしてみたり、力技のリズム変奏をやってみたり…。もう、楽譜を投げつけたいぐらいでしたが、聖なる経典にそんなことしたらバチがあたるわぁと、思いとどまりました(笑)。時間を見つけて、しっかり取り組んでみようと思います。


にほんブログ村

tag : シューマン,ピアノソナタ2番Op.22,チェルニー,毎日の練習曲,

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 BWV862 メンデルスゾーン 献呈 幻想即興曲 毎日の練習曲 近藤由貴 ハイドン 調律 平均律第1巻 レンタル練習室 春の歌 Hob.XVI:34 青柳いづみこ アラフィフ肩 ロマンスOp.28-2 ベトソナ22番 ドビュッシー 幻想曲 ブラームス ハノン フランス組曲 ららら♪クラシック ベトソナ10番 グリーグ 無謀曲 BWV858 シューベルト チェルニー30番 五十肩 K.331 四十肩 こんまりメソッド パルティータ インヴェンション 楽譜 ベトソナ 変奏曲 メトロノーム 湯山昭 お菓子の世界 スランプ ベルサイユのばら 選曲会議 エチュード クラビノーバ ベトソナ28番 自分の演奏好き? マリー・アントワネット さくらももこ 調性 練習曲 和声法 グランドピアノ 抒情小曲集 指先から感じるドビュッシー ワルツ マズルカ バラード バラード2番 梅雨 ヨハン・シュトラウス ヴァイオリンソナタ K.457 旅する作曲家たち 「亡命」の音楽文化誌 好きな調 気象病 K.574 バイエル アルマンド 中村紘子 ピアノ椅子 スケール 電子ピアノ 交響曲 部分練習 ウィンナ・ワルツ イリーナ・メジューエワ チャイコフスキー K.334 K.576 ピアニストは指先で考える ドゥシェック クレメンティ 令和 D959 久元祐子 ブルグミュラー 植山けい ソナチネ マリア・テレジア リサイタル スマホ老眼 響ホール 左手のための24の練習曲 無言歌 指マッサージ モシュコフスキー 土田京子 こんまり 展覧会の絵 変イ長調 リズム変奏 ムソルグスキー D960 北九州 理想の先生 選曲 トルコ行進曲 24番練習曲 鷲田清一 高橋多佳子 ルービンシュタイン op.119-2 リシエツキ ピヒト=アクセンフェルト 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.117-1 op.118-2 ワルトシュタイン op.118-5 チェンバロ ピアノ記念日 ヴァイオリン ハプスブルク家 ソナタ ト長調 céleste 間奏曲 キーシン ハプスブルク帝国 カテゴリー ベレゾフスキー 似合いそうな曲 ポルカ ピアノ騒音問題 カデンツ 演奏と喋り方 子供の情景 ツィメルマン パスカル・ドゥヴァイヨン タグ ら抜き言葉 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 半音階的幻想曲とフーガ 書き込み ポロネーズ Hob.XVI:50 マズルカOp.7-1 小ジーグ グランド・ソナタOp.37 オスマン帝国 感情をこめて弾く 20の小練習曲 スマホ 似合う曲 教則本 妄想 メソッド・タリアフェロ 曲名の略称 夜の女王のアリア プチトリアノン 山枡信明 バックハウス D915 ピアニストは面白い 魔笛 全音ピアノピース アルペジオ 行進曲 マーチ 苦手な曲種 左ペダル ウナコルダ ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 クーラウ ランラン グラナドス 全調スケール オーストリア国歌 イギリス国歌 リスト編曲版 整体師 田部京子 半音階地獄 平均律 K.623a クリスマス チェルニー24番 ベトソナ16番 ベトソナ18番 練習崩壊 クリアファイル サンタクロース コピー譜 折々のことば 島村楽器 伊藤恵 トロイメライ クララ・シューマン 宮川彬良 五線紙ノート 田園ソナタ 声部書き分け 上原彩子 川嶋ひろ子 お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 好きな作曲家ランキング 近藤麻理恵 クラシックキャットトートバッグ エルガー 愛の挨拶 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン K.310 アンドラーシュ・シフ 静寂から音楽が生まれる  内田光子 モーツァルトの手紙 K.570 ラフマニノフ 前奏曲 千住真理子 クラシック・エイド K.511 コンサート動画 ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲 18の小品Op.72 巡礼の年報 飛躍 礒山雅 音楽における十字架 ピアノトリオ リピート練習 カウンセリング 新型コロナ マズルカOp.59-2 ペダル リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 ピアノソナタ2番Op.22 エキエル マスタークラス 自分褒め ベアトリーチェ・ヴェネツィ ナイチンゲール 看護師の日 マリア・ジョアン・ピリス 和声法がさくさく理解できる本 イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 諸井三郎 クロスリズム 減7の和音 導音 まるむし帳 アップライト スマホ認知症 音色 タッチ K.412 脱力 D946 ラ・カンパネラ 駅ピアノ 短音階 復習 N響 庄司紗矢香 K.533+494 岩城宏之 哀しみ 楽典 丑三つ時 永遠のショパン プレイエル アルベニス 上田サントミューゼ フランス王妃の受難 ゆっくり弾き 「聴く」ことの力 電子書籍 三瀬高原音楽祭 K.537 K.543 英雄の生涯 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 電子メトロノーム リヒャルト・シュトラウス バトン 幻想曲あるいはカプリス ピアノ愛好者16の質問 m.d m.s. おんぶにだっこ 合奏譜 和声法がぐんぐん身につく本 ヴィルヘルム・ケンプ 伝説 m.g. つるかめ算 トンプソン クラ―マー=ビューロー スタッカート練習 ブログ 貴婦人の乗馬 リズム練習 恋するクラシック 演奏会用練習曲 手ペシ スティリアの女 シュタイヤー舞曲 小プレリュードと小フーガ ダイエット チェルニー50番 ノクターン フォーレ 音楽と文学の対位法 田島令子 ポーランド 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR