FC2ブログ

気になるピアニスト(5) 高橋多佳子×エキエル先生 マスタークラスを覗いてみる♪♪

「好きな/気になるピアニスト」シリーズ、第5回目はいつもと少し違った趣向です。1990年のショパン国際ピアノコンクールで5位に入賞した高橋多佳子さんがあのエキエル先生のマスタークラスを受講している模様を映した貴重な動画を見つけたので、それを覗いてみましょう(^_^)/ 1990年の映像らしいので、ショパンコンクールに向けた準備の一環かと思います。取り上げられている素材はショパンのマズルカです。

まずお断りしておきますが、音声がポーランド語、字幕がドイツ語という、何ともお手上げな代物です。でも、言葉は分からなくても音楽という言語を通じて何か伝わって来るものがあるような気がするので、敢えてご紹介しますね。よかったら御覧くださいませ<(_ _)>

(その1)


・マズルカのリズム、間の取り方、緩急のつけ方などを丁寧に教えています。
・リズムを取りながら体を揺らすエキエル先生が何とも可愛らしい♡笑
・出だしで「高橋さんなかなかやるわ~~」と思ったのですが、エキエル先生の模範演奏の後はさらに素敵になっていて、「習得するの速い」「さすがエキエル先生は教えるの上手」「最初の演奏をいいと思った私の立場は一体…」といった様々な感想が去来しました。

(その2)


・続きなので、やってることは同じなのですが…笑
・マズルカの3要素、マズル、オベレク、クヤービヤクについて説明しているらしいところは何となく分かりました。薄っすらでも分かると嬉しい(≧▽≦)
・意味がわからなくてもポーランド語を流しまくったり、ショパンが洗練させる前の原型の民族舞踊曲の姿に接したりしないと、マズルカの世界にはなかなか近づけなさそう(>_<)
・すごく熱心に聞き入っている地味でピアノオタクっぽい雰囲気の高橋さん(桐朋卒業後、国立ワルシャワ・ショパン音楽院大学院研究科を最優秀で修了。実はすごい人らしい)と、紳士で物静かながら威厳のあるエキエル先生の師弟コンビが素敵(*´▽`*)

高橋さんのCDの代表作に『ショパンの旅路』シリーズ(全6巻)という力作があって、いつか全部聴いてみたいです。ジャンル別ではなく年代順に代表作を収録した選集です。実は、一回だけ生でコンサートを拝見したことがあります。上の動画での地味で引っ込み思案っぽい様子とは全然違って、明るく楽しくフレンドリーな方でした。伸びやかで健康的で聴いていて楽しい、力強さもニュアンスも兼ね備えた演奏と、ステージでの気さくなトークに惹かれて、結局、終演後のサイン会まで参加してしまった記憶があります。私ってば、ミーハーだなぁ(^^;; 

そして、動画を見ていたら、エキエル版の楽譜が欲しくなりました!!笑


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : 高橋多佳子,エキエル,ショパン,マズルカ,マスタークラス,

ショパンのマズルカ、一筋縄じゃ行かないところが素敵(*´▽`*)

ショパンの曲の中で最もポーランドらしいジャンルと言えばマズルカ。ショパンの音による日記などと評されることも多いですね。渋い雰囲気だったり、寂寥感にあふれる曲が多いせいか、「大人ピアノ組」に人気があるというイメージもあります。そして、やっぱりリズムがヤヤコシイ(*_*; 

10数年前に放送されたNHKのスーパーピアノレッスン(ルイサダが講師をしてた分)のテキストに、マズルカの理解に役立ちそうな、「ショパンに生きるポーランドのリズム」というコーナーがあったので、ご紹介します('◇')ゞ

マズルカの起源は、マズレク・リズム(基本形:タタタンタン)を持つ各種の舞曲の中から19世紀初頭に有名になった3種類、マズル、クヤーヴィアク、オベレクだそうです。ショパンは、この3つをうまく混ぜ合わせてマズルカ(ポーランド語ではマズレク)という、鑑賞用の楽曲形式を作り出しました。マズル、クヤーヴィアク、オベレクの特徴は、テキストに表としてまとめられていましたので、引用しておきますね☟

マズル、クヤーヴィアク、オベレク

先に書いた「基本形:タタタンタン」は、表で言うと、マズルの(a)の擬音的表現です。表を見てみると、オベレクの2小節目も全く同じリズムであることが分かると思います。クヤーヴィアクは…??正直、よく分かりません(^^;; でも、ショパンのマズルカにはクヤーヴィアクの要素はよく出てくるような気がします。ただ、テキストには「元となった舞曲のそれぞれの要素がどこに現れているかを近視眼的に探すことはあまり意味のあることではありません」と書いていますので、どこにどれが潜んでいるか血眼になって探す必要はなさそうです。

それにしても、3種類の違った舞曲のブレンド、しかもマズルではヘミオラ(アクセントの位置のせいで3拍子が2拍子に聞こえる)が頻出したりするので、リズムがややこしいのは当然ですね!!

しかも、しばしばポリフォニーが織り込まれているので、声部もよく意識しないといけない。私が苦手なのは、臨時記号が頻出して、独特の和声になり、譜読みしづらいところかなぁ。あと、フレーズの始まりと終わりが、小節線と一致しないことが多い点。

そして、マズルカで難しい要素に、アクセントとテンポ・ルバートもありますね。テキストによると、マズレク・リズムを持つ舞曲は歌曲(民謡)としての長い歴史も持っているので、ポーランド語の発音に合わせてリズムや音程の自由度が高くなっていることに由来しているそうです。もう少し詳しく引用してみますと…。

ポーランド語では基本的に各単語の後ろから2つ目の音節にアクセントがあります。そのためにポーランド語で歌われる民謡を西洋音楽の記譜法で書き起こした場合、本来弱拍であるべき場所にアクセントが来てしまうことや、付点などを施すことでは対応できないテンポの伸び縮みが必然的に起きてきます。また、同じような理由で、3拍子で記譜してゆくと、途中あたかも2拍子であるかのように聞こえる部分(ヘミオラ)もしばしば出てきます。そういった特徴はショパンの音楽の中にあってもまだ生きています。
(『NHK スーパーピアノレッスン ショパン』 p.19より)



え…。それって、ポーランド語を分かっていないと理解不能ってことではないですかΣ( ̄ロ ̄lll)!!
意味が分からなくてもいいので、耳を慣らすため、ポーランド語を流すとかどうでしょう??私は今のところそこまでやる予定はないですが…(^^;;

ショパンのマズルカ。調べれば調べるほど奥が深いというか、分からないことだらけになるというか…笑
そこも含めて素敵ですね(^^♪



↑私の今の一番のお気に入りは37番 Op.59-2 変イ長調です。
いつか、しっかり練習したい(≧▽≦)


にほんブログ村

tag : ショパン,マズルカ,NHKスーパーピアノレッスン,マズルカOp.59-2,

連休はヒキコモリ!!笑

せっかくの連休なのでお出かけしたいという気持ちと、新型コロナは今ひとつ実感が湧かないながらも用心に越したことはないという理性がせめぎ合い、後者が勝ちました。よって、連休はヒキコモリ生活を楽しむことにしました。

やったことは、主に読書とピアノなので、格別変わったことをしたわけではありません。

■読書
(その1)時間はどこから来て、なぜ流れるのか? 最新物理学が解く時空・宇宙・意識の「謎」(ブルーバックス)
以前店頭で見かけて「時間が流れる」ってどういうこと?と興味を持ってしまい、買ったまんま積んでいたのを読みました。読んだ結果、余計に混乱しました\(◎o◎)/! いくら一般読者向けの本といっても、最新物理学の内容なんて分かるわけないか…。
(その2)デュバリー伯爵夫人と王妃マリ・アントワネット―ロココの落日(飯塚信雄 著)
こっちは、普段から愛読している内容なので、すらすら読めて楽しめました。宿敵デュバリーとセットで取り上げられているのが遺憾というか、面白いというか…。たぶん、著者としてはロココの凋落を象徴する二人を選んだということだと思います。この本は、30年以上前に出版されたもので、古めかしい雰囲気のところもあるのですが、男性著者にしては珍しくファッション関係も果敢に取り上げているところが意外でした。美術品や調度品、装飾品などの文化的背景の移り変わりも興味深かった。ただ、せっかくなら、もっとそういう図版も載せてほしかったところ。あと、著者の想像も交えながら、生身の人間像を描こうとしているのがよく伝わってきたのも良かったです。これはおそらく著者が歴史学者ではなく文学者だからでしょう。
(その3)王妃に別れをつげて (白水Uブックス)
これは、小説です。連休前から読んでいたのですが、最後の部分を読み終わりました。何年か前の映画『マリー・アントワネットに別れを告げて』の原作です。かなり面白かったので、そのうちカテゴリー「読書メモ」の別記事にしたいと思います。

■ピアノ
(その1)チェルニー40-31
チェルニー 40-31
肩に響くようだったらすぐ撤退しようと思いながら練習し始めたのですが、今回は割と大丈夫だったので、久しぶりに半音階地獄と向き合いました!意外と劣化してなかったのが嬉しい誤算です。いや、あくまでも「意外と」ですが…。発見したことは、必死に片手練習をすると力が入りがちで、両手でやる方が、ややこしい方の手(この曲では半音階を弾く方の手)の力がいい感じに抜けるみたい。片手練習に偏るのも考え物なのかも。
(その2)ショパン『プレリュード15番:雨だれ』
人前演奏の候補曲の一つです。弾けるところと弾けないところの差が激しいです(>_<)
特にラチが明かないのが、中間部の終わりの方、9度でギッシリ詰まった和音。あと、同じく中間部の埋もれている内声の処理が実はめっちゃ難しい。ちょっと、時間が限られている中、これは厳しいかも。
(その3)ショパン『プレリュード17番』
同じく、人前演奏の候補曲の一つ。弾き始めた頃は、これは無理だわと思っていたのですが、『雨だれ』よりも良くなってきたみたい。昔からお気に入りの曲だったというのが大きいかも。愛しの変イ長調だし(*´▽`*)
とはいえ、中間あたりに臨時記号の嵐があって、譜読みにまだまだ不安が残ります。
(その4)ショパン『ワルツ9番:別れのワルツ』
同じく、人前演奏の候補曲の一つ。音符を読み取るだけなら、おそらく、候補の3曲で一番何とかなりそう。なのですが、左手をショパンのワルツらしく軽快に処理するのが、かなりの難題です(>_<) ショパンのワルツってホント独特な世界だわ~~

あとは、日ごろの疲れを癒すべく、そして、新型コロナに感染しないためにも少しでも疲労を貯めないよう、寝貯めしました!笑


にほんブログ村

tag : マリー・アントワネット,チェルニー40番,ショパン,

ベートーヴェンは250周年、ショパンとシューマンは210周年

もう今さら言うまでもなく知れ渡っていることですが、来年はベートーヴェン生誕250周年。最近はNU音楽院は秋休み(?)を決め込んで、記念の年に向けた選曲のための遊び弾きに興じてます(≧▽≦)

アニバーサリーならではの曲。そうですね、どういう基準で選びましょう?ベタですが、特に好きな曲で、かつ、背伸び曲といったところかしらね。あと、せっかくなので、ソナタの全楽章取り組みたいです!
まだまだ決まる気配はありませんが、そのうち選曲会議を記事にしたいと思ってます。

ふと気づいたのですが、来年はショパンシューマンの生誕210周年でもあるんですよね。若干中途半端ですが、まあ、プチ・アニバーサリー(笑) この二人、ベートーヴェンより40歳若いということかぁ…。あんまりそんな感じを受けません。そんなに時代が離れているの!?特にショパンはそうですね。シューマンの音楽は、いかにも文学的なロマン派ということで、「ああ、時代が下ったんだな」という印象がありますが、ショパンの音楽はとても古典的で端正です。ショパンは革新を前面に押し出さない(というかむしろ抑制的)ですが、ふとした瞬間に斬新な音楽が響いたりします。音楽の性格で言うと、モーツァルトの後継者だと思います。

こんなことを考えていたら、ベートーヴェンの先進性ってすごいんだなぁと改めて実感しました。そして、来年のベートーヴェンイヤーを思う存分楽しむには、やっぱりチェルニー頑張らなくっちゃね!!秋休みから復帰する意欲が増してきました('◇')ゞ

あと、210周年なので、来年はショパンシューマンにも力を入れたいです。←これって、いつもの年と変わらない(笑)


にほんブログ村

tag : ベートーヴェン,シューマン,ショパン,

無謀曲ならぬ無謀本!!『音楽と文学の対位法』(青柳いづみこ)

前回の記事で触れた無謀曲ならぬ無謀本(笑)、青柳いづみこさんの『音楽と文学の対位法』の読書メモをお届けします~~
読書メモというか、厳密に言うと、読もうと思って玉砕した記録です\(◎o◎)/!

まずは、どういう本か、背表紙に書いてあった概要を紹介しますと、

モーツァルト、シューマン、ショパン、ワーグナー、ラヴェル、ドビュッシー。六人の大作曲家は同時代の文学とどう関り、互いにどう影響し合ったのか。音と言葉を往還するモノ書きピアニストならではの切り口で、名曲誕生の背景に光を当てた比較芸術論。


第1章は、『モーツァルト――カメレオンの音楽』。
この章は、何が書いてあるかは分かりました。モーツァルトの音楽の気まぐれというか変わり身の速さについてです。明と暗や、深刻さと能天気さ(笑)の間をいきなりワープしてしまうような感じ。私自身「モーツァルトの音楽って、聴くにせよ弾くにせよ、真剣に追いかけて行こうとすると身をかわされる感じがする。モーツァルトの手紙の文章と同じ」と前から密かに思っていたので、この章には納得できました。

第2章は、『シューマンとホフマンの「クライスレリアーナ」』。
シューマンと言えば、E.T.A ホフマンです。この章は王道の取り合わせです。ホフマンは「作曲もする小説家」だし、シューマンは文学に傾倒した音楽家。二人とも音楽評論を書いています。ホフマンの音楽評論集「クライスレリアーナ」にインスピレーションを得てシューマンが『クライスレリアーナ』を作曲したのは有名な話ですね。
シューマンの音楽評論の主役は架空の団体「ダヴィッド同盟」です。男性的、攻撃的人格を表したフロレスタン、女性的、内向的人格を表したオイゼビウス、中庸を守る秩序と規範の象徴ラロ、筆記者のユリウス…。中心となるのはフロレスタンとオイゼビウスで、彼らの架空の会話によって話が進むのです。「ダヴィッド同盟」はシューマンの音楽の世界にも進出して(ダヴィッド同盟舞曲集とか…)、まさにこの本のタイトル通り「音楽と文学の対位法」を織りなしています。
で、ふと気づいたのが、私のレッスン記みたいだな、と(笑) 架空の先生と生徒がレッスンを進めてる。シューマンに関心を持ってしまうのも当然かも、と妙に納得が行きました。

第3章は、『ショパンとハイネ』。
前半は画家のドラクロワなんかがメインで、ショパンとジョルジュ・サンドの話を展開していたりして、主題はどこ?的な状態です(笑) 中盤以降、ショパンと並ぶ主役は、ドイツの抒情詩人ハインリッヒ・ハイネ。名前は聞いたことある気がするけど作品を読んだ記憶はありません。ハイネを登場させた、いづみこ先生の意図は「反ロマン主義」という共通点に着目したということらしいです。
ハイネは『フランスの舞台芸術について』という本の中で、ショパンについて、

彼はヴィルトゥオーゾであるばかりか、詩人でもあります。自分の魂のなかに生きるポエジー(詩情)を具現化することができるのです。彼は音の詩人であり、…、もはやポーランド人でもドイツ人でもないのです。もっと高貴な出であることが分かります。私たちは、ショパンモーツァルト、ラファエロ、ゲーテと同じ国の出であること、彼の祖国がポエジーの夢の国であることに気づくのです。


と、書いているそうです。そして、いづみこさんによれば、音楽はポエジーを感性に直接働きかけることができるのでドイツ・ロマン派の詩人にとって憧れの的だったらしい。詩は言葉を介して働きかけるので、言葉が持つ冷静に思考する理性というくびきを外しにくいのに対して、音楽はそういう回り道から解放されているから素晴らしい、ということです。言葉は思想を明確に定義してしまうが、音楽はそうではない、というような表現もしています。ショパンの時代はロマン派が台頭してきて、音楽を文学的に作ったり解釈したりする風潮が高まってきます。ショパンはこうした傾向に反対で、標題なんてもってのほか!!なのです。音楽はせっかくポエジーを直接感性に届けられるのに、それを文学にかぶれて言葉を介して遠回りするとは何事か(←いづみこ先生の文を意訳するとこんな感じで間違いないはず)とショパンは思っただろうなぁということです。
このショパンに関する章も、なるほど!!と思いました。そういえば、なかみっちゃんも音楽と言葉について「音楽は不完全な伝達手段だからこそ、意味が一つに固定されていなくて素晴らしい」的なことを言っていた記憶があります。

第4章は、『ワーグナーと倒錯のエロス』。
いや、正直言って何書いてあるのか全然分からなかったです(笑)
途中で放棄して次の章に進みました(^^;;

第5章は、『ラヴェルとレーモン・ルーセル』。
私にはイマイチよく分からないラヴェルの世界を理解する手掛かりになるかな?と淡い期待をして読んでみたのですけど、やっぱり分からなかったです(*_*; ラヴェルさん、聴いている分には素敵なのですが、弾こうという気は今のところほとんど皆無です。よく分からないまま次の章に進みます。

第6章は、『ランボーの手、ドビュッシーの手』。
いづみこ先生の専門、ドビュッシーの登場です(ラヴェルもご専門ですが)。ドビュッシーの音楽学生時代の話が面白かったです。ドビュッシーは、即興の名手ではあったのだけど、手が不器用でピアノ科の成績は散々(特にベートーヴェンが苦手らしい)、和声学も禁則(平行4度、平行5度、平行8度)を犯しまくって、これまた落第生。作曲では何とかコンクールの大賞をとれたものの「不明瞭な調性、適正音域や音色をほとんど無視して書かれた声部やいくつかの混乱がある」と批判が新聞に載ったらしいです(^^;; 25年ぐらい前のリアルのレッスンで初めてドビュッシーの曲がレッスン曲候補に挙がった時に私が感じたことを正確な文章にすると、まさしくその批評の通りのことを感じていたような気がします。先生に「あんまり気乗りしない感じね~~」と言われてお蔵入りしました。でも、そういうところこそ、ドビュッシーの魅力なんですけどね。
いづみこさんは、

いくら突飛な和声で人々を驚かせても、ドビュッシーには、自分の音楽言語は常に有機的で、人を楽しませる美、感じ取ることのできる美の範疇を越えないという認識があった。実際に、ドビュッシーの和声言語は、十三の和音のように革新的なものでも広義の自然倍音列のなかにおさまっている。有機的な語法にとどまりながら「可能なかぎり遠くに行く」のがドビュッシーの目的で、…


と、書いています。音楽は美しくなければならないということですね。これはモーツァルトの精神と同じです。ワーグナーとラヴェルの章を飛ばしてしまいましたが、これで何とか「対位法」が繋がった気がします(≧▽≦)

無謀本の読書、とても骨が折れましたけど、それに、全部は読めませんでしたが、でもそれなりに楽しかったです~~(^^♪


にほんブログ村

tag : 青柳いづみこ,音楽と文学の対位法,モーツァルト,ショパン,ドビュッシー,

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 メンデルスゾーン 献呈 BWV862 幻想即興曲 ハイドン 平均律第1巻 レンタル練習室 毎日の練習曲 調律 近藤由貴 春の歌 Hob.XVI:34 青柳いづみこ ハノン ブラームス アラフィフ肩 ロマンスOp.28-2 フランス組曲 幻想曲 五十肩 チェルニー30番 ドビュッシー 四十肩 K.331 無謀曲 シューベルト ららら♪クラシック BWV858 グリーグ ベトソナ22番 ベトソナ10番 ベトソナ 変奏曲 選曲会議 湯山昭 楽譜 お菓子の世界 こんまりメソッド エチュード ベトソナ28番 パルティータ ベルサイユのばら インヴェンション クラビノーバ 練習曲 バラード グランドピアノ ワルツ 指先から感じるドビュッシー 抒情小曲集 メトロノーム さくらももこ 調性 バラード2番 マリー・アントワネット 和声法 マズルカ 自分の演奏好き? ピアノ椅子 D960 スケール ピアニストは指先で考える ヨハン・シュトラウス ウィンナ・ワルツ K.334 D959 イリーナ・メジューエワ ブルグミュラー 左手のための24の練習曲 選曲 理想の先生 ヴァイオリンソナタ 「亡命」の音楽文化誌 令和 旅する作曲家たち 鷲田清一 モシュコフスキー 部分練習 交響曲 高橋多佳子 バイエル 電子ピアノ 植山けい ドゥシェック 土田京子 アルマンド 展覧会の絵 ムソルグスキー リズム変奏 マリア・テレジア ソナチネ クレメンティ K.574 無言歌 こんまり 北九州 スマホ老眼 変イ長調 響ホール リサイタル 中村紘子 好きな調 トルコ行進曲 久元祐子 指マッサージ D915 op.118-5 ピアニストは面白い ト長調 ハプスブルク帝国 ハプスブルク家 ピヒト=アクセンフェルト チェンバロ op.119-2 ピアノ記念日 ヴァイオリン 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.118-2 op.117-1 céleste リシエツキ 間奏曲 ベレゾフスキー ツィメルマン オスマン帝国 Hob.XVI:50 小ジーグ クーラウ スマホ 20の小練習曲 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 書き込み 感情をこめて弾く マズルカOp.7-1 ポロネーズ バックハウス ランラン ルービンシュタイン キーシン メソッド・タリアフェロ パスカル・ドゥヴァイヨン グランド・ソナタOp.37 チャイコフスキー カデンツ 演奏と喋り方 ピアノ騒音問題 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ 魔笛 夜の女王のアリア プチトリアノン 妄想 曲名の略称 ウナコルダ 左ペダル 似合う曲 タグ 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 教則本 苦手な曲種 アルペジオ 行進曲 マーチ 山枡信明 プレイエル 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ 近藤麻理恵 エルガー 川嶋ひろ子 クララ・シューマン 上原彩子 お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 半音階地獄 平均律 整体師 田部京子 折々のことば 好きな作曲家ランキング 島村楽器 トロイメライ 伊藤恵 伝説 ヴィルヘルム・ケンプ おんぶにだっこ つるかめ算 m.g. m.d m.s. 合奏譜 和声法がぐんぐん身につく本 五線紙ノート 宮川彬良 声部書き分け 田園ソナタ 和声法がさくさく理解できる本 マリア・ジョアン・ピリス リスト編曲版 全調スケール ベートーヴェン生誕250周年 ナイチンゲール 看護師の日 リピート付箋 リピート練習 音楽における十字架 ピアノトリオ 24番練習曲 ベアトリーチェ・ヴェネツィ マスタークラス 礒山雅 飛躍 エキエル 梅雨 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 カウンセリング 新型コロナ サンタクロース コピー譜 クリアファイル クリスマス K.623a オーストリア国歌 イギリス国歌 練習崩壊 チェルニー24番 マズルカOp.59-2 ペダル NHKスーパーピアノレッスン 譜読み力 ベトソナ16番 ベトソナ18番 電子メトロノーム ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら フランス王妃の受難 復習 短音階 グラナドス アルベニス 「聴く」ことの力 ゆっくり弾き 導音 まるむし帳 諸井三郎 アップライト スマホ認知症 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 減7の和音 クロスリズム 三瀬高原音楽祭 電子書籍 ら抜き言葉 ポーランド 楽典 似合いそうな曲 ワルトシュタイン 気象病 カテゴリー 丑三つ時 哀しみ 永遠のショパン モーツァルトの手紙 K.533+494 庄司紗矢香 岩城宏之 N響 ラ・カンパネラ 駅ピアノ K.457 小プレリュードと小フーガ ダイエット ノクターン フォーレ 音楽と文学の対位法 田島令子 チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー リヒャルト・シュトラウス 英雄の生涯 バトン ピアノ愛好者16の質問 トンプソン 幻想曲あるいはカプリス シュタイヤー舞曲 スティリアの女 K.412 K.576 K.537 タッチ 音色 D946 脱力 K.543 演奏会用練習曲 ブログ 貴婦人の乗馬 スタッカート練習 リズム練習 手ペシ 恋するクラシック ソナタ 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR