FC2ブログ

音楽鑑賞:最近心惹かれる曲たち(ただしピアノソロ曲除く)

音楽鑑賞は、新型コロナにともなう幽閉生活(!)のお供には、とても強い味方です。今回の記事では、最近特に気に入っている曲、癒される曲、心惹かれる曲たちを並べてみたいと思います。不思議なことは、ピアノソロ曲にはあまり食指が伸びないことです。それについてはあとで考えてみるとして、早速、列挙していきましょ~~う♪♪

■モーツァルト

・弦楽五重奏曲第3番 ハ長調 K.515
・弦楽五重奏曲第4番 ト短調 K.516
・弦楽五重奏曲第5番 ニ長調 K.593
・弦楽五重奏曲第6番 変ホ長調 K.614

モーツァルトでは、弦楽五重奏の傑作4曲を特によく聞いています。弦楽四重奏(第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)にヴィオラがもう1本加わるという編成です。一番有名なのは、ト短調の悲痛な第4番でしょうか。第4番、確かに好きな曲ではあるのですが、この重苦しい時には、心境にピッタリに思える時と、さらに気が滅入る時があります。今は、モーツァルトの晩年の曲に特有な、長調で透明感溢れる中にもどうしようもない寂しさや悲しみを湛えた5番、6番が常に抵抗感なく心に入ってきます。

それでは、5番の方の動画を貼っておきましょう。


(Mozart String Quintet K 593. James Buswell with Carpe Diem String Quartet)

■シューベルト

・弦楽五重奏曲 ハ長調 D956

シューベルトでも、やはり心惹かれるのは弦楽五重奏曲です。そして、モーツァルトの場合と同じく、長調の透明感と悲しさのコラボに心を持って行かれます。癒されるわ~~(*´▽`*)
楽器編成ですが、シューベルトの場合はモーツァルトと違って、弦楽四重奏にチェロが加わっています。モーツァルトは内声重視、シューベルトは低音の厚み重視です。

それでは、動画です。


(Schubert:String Quintet in C/Juilliard SQ & Sadao Harada)

・交響曲第5番 変ロ長調 D485
シューベルトでもう1曲ホッとさせられるのは、若い頃に書いた交響曲の隠れた名作第5番です♪♪モーツァルトをハイドンの魅力を兼ね備えつつ、歌心に満ち溢れているのは、やはり、シューベルトならではだわぁと思います。

動画は、歌わせると天下一品のカラヤン/ベルリンフィルです。賛否両論あるらしいんだけど私は好き♡


(シューベルト: 交響曲 第5番 変ロ長調 D.485 カラヤン 1977, 78)

聴いていると泣けてきます。

■メンデルスゾーン
・ピアノ三重奏曲 第1番 Op.49 ニ短調

御存じ、メンドリ、じゃなくて『メントリ』こと、ピアノ三重奏曲第1番です。あ~、もう、クラオタ的なややこしい御託を並べずに、ひたすら音楽の流れに身を委ねたい!!←手抜きじゃないですよ?笑


(F. Mendelssohn-Bartholdy Piano Trio No.1 Op.49 in D minor, Mutter, Previn, Harrell)

ヴァイオリンの女王アンネ=ゾフィーを迎えた豪華なアンサンブルです。まろやかに音が溶け合って本当に素敵!!

■ブラームス

・ピアノ三重奏曲 第1番 ロ長調 Op.8

ブラームスもピアノトリオです♪♪ブラームスらしく渋く落ち着いた魅力に満ち溢れた曲です。たぶん、今回挙げた曲の中で、今の私にとっては一番癒し度が高いです。緊張がほぐれる感じで心地よい(*´▽`*)


(ブラームス: ピアノ三重奏曲 第1番 ロ長調 作品8 ボザール・トリオ 1986)

・弦楽六重奏曲 第1番 変ロ長調 Op.18
・交響曲第4番 ホ短調 Op.98

動画を貼りすぎたのでこの2曲の動画は省略しますが、『弦楽六重奏曲 第1番』はピアノトリオ第1番に通じる魅力を持った渋く落ち着いた曲。むしろ、ピアノトリオより有名かも。交響曲第4番は暗い曲なのですが(ハイテンションな長調の楽章も紛れ込んでます(笑))、メロディの美しさと複雑に計算された構造のバランスが素敵!!私が短調の曲にこんなに惹かれるなんて珍しいことです。

一見して分かる通り、室内楽にハマっています。一つには、ピアノを弾く気力が万全でないので、ピアノソロの曲を敬遠してしまうということがあります。もっと大きい理由は、今はソーシャルディスタンシングなので、人どうしのつながりというものに愛おしさを感じるのだと思います。交響曲も2曲挙げてはいますけど、大勢で集まってというよりも、本当に気心の知れた仲間同士の親密な対話が貴重に思えます。プチトリアノンで気心の人たちを厳選して集まるのと同じですね(笑) そんなこんなで、今まであんまり興味がなかったピアノトリオへの関心がとりわけ急上昇中です!!


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : モーツァルト,シューベルト,メンデルスゾーン,ブラームス,ピアノトリオ,

「丑三つピアノ」納めはシューベルト

昨日はクリスマスイブ、今日はクリスマスですが、私の家にはサンタは来ないので、丑三つ時にサンタにバッタリ遭遇する心配はありません(笑) というわけで、昨夜は、私のHNの由来「猫は丑三つ時にピアノを弾く」を久しぶりに実行しました(≧▽≦) 寝つきが悪かったので…。

弾いた曲は、シューベルトの『3つのピアノ曲D946』です。以前買ったまんま忘却の彼方に行っていたヘンレ版の楽譜がふと目に留まったので弾いてみました。

この曲集は、シューベルトが亡くなる半年前に書かれた曲で、タイトルは明記されていませんが、内容的には即興曲です。

第1番は、3連符のリズムが激しい主部(変ホ短調と変ホ長調が交替で現れる)と緩やかな中間部の対比が印象的です。激しい主部の中にもしっかりと歌を忘れずに入れているところや、楽想の揺らぎが不安感をあおるところが、特にシューベルトらしいと思います。


D946-1(今井顕)

この音源は、シューベルトのエキスパート今井顕先生の演奏です。節度のある素敵な演奏だと思います(*´▽`*)
私の遊び弾きは、ベートーヴェンとシューマンを足したような感じになってしまいました。ドロドロなシューベルトΣ( ̄ロ ̄lll)!!
シューベルトは節度(モデラート)の人なので、それじゃダメだってことは分かってるんですけどね…。ま、遊び弾きですし、私が踏み外すときは心身の調子がいい証拠なので、良しとしましょう(笑)

続いて第2番。穏やかな感じのABACA形のロンドです。Bの部分では激しくなり、Cの部分では哀愁を帯びた曲になります。歌が前面に出ている感じですね。


D946-2(今井顕)

この演奏も好きです(≧▽≦)
私の遊び弾きも、2番はBの部分以外は大人しい感じでした。好みのタイプの曲なので、思わず律儀にリピートを全部守ってしまいました。めっちゃ時間かかりましたよ~~。たぶん15分ぐらい。

第3番は、三部形式の軽快な感じの曲。主部は4分の2拍子、中間部は2分の3拍子です。シューベルトにしては翳りがなく全体的に晴れやかです。曲集のフィナーレにふさわしい気がします。


↑D946-3(今井顕)

3番は苦手(弾くのが…)なタイプのはずなのですが、興が乗っていたからか、チェルニーの効果か、苦手意識を思ったほど持たずに遊び弾きできました。次に弾く時に苦手意識が高まっていない自信はありません(笑)

今年の「丑三つピアノ」は、これでおしまいにする予定です('◇')ゞ 普通の時間のピアノは、まだまだ弾き納めじゃないですよ~
クリスマスの丑三つ時に、シューベルトのD946という魅力的な曲が発掘できて良かったです。あっ、これがサンタのプレゼントか!!笑


にほんブログ村

tag : シューベルト,D946,

マンネリ打破に長々しい曲を♪♪シューベルトとかシューベルトとかシューベルトとか・・・

毎回、チェルニー、バッハのシンフォニア、ハイドンのソナタ、『幻想即興曲』or『献呈』の繰り返しでは、さすがにマンネリ化してきました。このままでは倦怠期に入りかねない(笑)

というわけで、普段弾かないような曲を選んで遊び弾きをしてみました。
「普段弾かないような」という割には、私にしては珍しい作曲家を選んだというわけではありません。プロコフィエフ、バルトーク、ましてやシェーンベルクなんかではなく、ドビュッシーとかラヴェルですらなく、シューベルトの後期ソナタです。

具体的な曲は、20番イ長調(D959)の3楽章以外と、21番変ロ長調(D960)の両端楽章。シューベルトが亡くなる数か月前に完成した曲です。とにかく長い!!長いんだけど、その長さがいい。曲自体が長いというのと、旋律線が長いというのと、二つの意味で長い。クセになりそうです。途中で止める気がしないんですよね。決して、まともに弾けるわけではなく、超スローテンポで、つっかえたり立ち止まりまくったりしてるのに…。

例によって、PTNAから音源を拝借してきて並べてみたいと思います。


↑20番の第1楽章です。
長調のなのに、ふっと寂しさや哀しさが紛れ込み(というか、むしろそっちのほうが優勢?)、行進曲ちっくになりがちな付点のリズムがそうならないのが、何ともシューベルトらしいです。
演奏は西川潤子さん。今回初めて聴きました。透明感があっていいですね(*^▽^*)


↑続いて第4楽章。この楽章、めっちゃ好きです(*´▽`*)
ロンド主題は、別の曲の緩徐楽章で使われたものを転用しているそうです。
この動画よりもう少し遅いテンポの演奏の方が、私は好みです。指定テンポはアレグレットですし…。でも、この動画の演奏のように淡々と早めのテンポで進んでいくのも、晩年の死を意識した作品らしさが出ている気もします。


↑21番の第1楽章。シューベルト最後のソナタです。昔から大のお気に入り。第1主題がショパンの『別れの曲』に似ている気がしてなりません。シューベルトの『別れの曲』だと勝手に思っています。心が浄化されます。提示部をリピートして30分ぐらいかけて(プロの演奏でも20~24分ぐらい)弾きましたよ~~。聴くのも弾くのも、終わってほしくない曲の一つです。
そして、動画はシューベルトの専門家、今井顕さんの演奏。かなり好みのタイプの演奏です!


↑21番の第4楽章。シューベルトの文字通り最後の最後の曲です。
いきなり調性が不明でビックリ。変ロ長調の曲のはずなのに、ハ短調で始まって色々な調をさまよい、なかなか変ロ長調が出てきません。不思議な雰囲気を醸し出していて素敵!!
そういえば、今井顕さんはベーゼンドルファーご愛用だそうですが、この演奏もそうかも…??

こうやって並べてみると、最近の私は、ピアノの練習において歌に飢えていたのかなぁ、と思いました。
シューベルトは「一番好きな作曲家」というわけではないけど、ハマると魂を持って行かれそうです。ん~~、シューベルトの世界、恐るべし!!すっかりマンネリ感も打破された気がします。弾けもしないのに何を言うか、って感じではありますが…Σ( ̄ロ ̄lll)!!
あと、私は、シューベルトをシューマンっぽく弾いているようで、若干(かなり?)苦笑を禁じ得ないのでした(^^;;

tag : シューベルト,D959,D960,

シューベルトD915に興味津々

最近、ブログでのちょっとしたやりとりから、シューベルトの小品「アレグレット ハ短調 D915」という曲に興味津々です。
IMSLPで早速楽譜をダウンロードして、譜読みを試みています。

この曲の作曲の経緯と構成は、ピティナのピアノ曲事典によれば、

1827年4月26日、ヴェネツィアへ発つ友人フェルディナント・ヴァルヒャーのために書かれた三部形式の小品。惜別の情のこもったハ短調部分と、懐かしく回想しているかのように優しく穏やかな変イ長調の中間部から成る。


ということだそうです。
引用元の解説、たったこれだけで全部です(^^;;


↑こんな曲です。

作曲の経緯を考えると、『シューベルトの別れの曲』とでも言えばいいのかな…。
いや、私の中では、既に勝手にそう決まっています(笑)
中間部が「愛しの変イ長調」なのもポイント高い♪♪

でも、この曲には、単なる友人との別れ以上の、シリアスなものを感じてしまいます。
晩年のシューベルトの曲が湛えている深遠な世界。
弾いてみると、ちょっと怖いような、覗いてはいけない世界を覗いてしまったような、そういう気がしてきます。
初見で音を並べるのに必死な段階でそう感じてしまうということは、そういう曲なのでしょうね。

私らしく(?)もっと能天気な感じに弾けるものなのか?笑
逆に、今感じているよりも、もっともっとシリアスに表現できるのか…??
興味津々ではあるのですが、本気で練習してみるかどうかは、ちょっと迷い中です。

何はともあれ、ブログやってると、今まで気づかなかった色々な曲との出会いが増えるのが素晴らしいですね。

tag : シューベルト,D915,

ツィメルマンのシューベルトに魂を吸い取られ…(^^;;

私は写真に撮られるのが大の苦手で、よく「写真に写ると魂を吸い取られるから嫌だ」と拒否しています。
「一体いつの時代の人よ?笑」と馬鹿にされますが、カドを立てずに断るのに一番便利な言葉だと思うので…笑

それはさておき、最近買ったクリスチャン・ツィメルマン演奏によるシューベルト『ピアノソナタ20番(イ長調 D959)&21番(変ロ長調 D960)』の最新録音のCDには、すっかり魂を吸い取られてしまいました。
ツィメルマンと言えば、ショパンのバラード集の凄い録音があって、ショパン萌えには神様的存在だと思うのですが、シューベルトも負けず劣らず凄いです。

ツィメルマンシューベルトは、30年ぐらい前に録音した即興曲集を聞いたことがあります。それはそれで、端正で素晴らしかったです。
でも、今回のソナタ集は、最後の2曲という神がかった音楽を、ツィメルマンの神がかった演奏で聴くことができます!!
一言で言うと、「この世のものとは思えない」です。ものすごい透明感をもって丁寧に哀しみが描かれているように感じました。
繰り返しの多いシューベルトの大曲なのに、全然飽きることなく、「え?もう終わってしまうの?」という感じで、82分間あっという間に過ぎてしまい、魂を吸い取られましたΣ(゚д゚lll)!!

この録音は、新潟県柏崎市の文化会館アルフォーレというところで録音されたそうです。去年の1月のことで、3メートルもの大雪が降る中「建物の中は完全な別世界であり、私たちは5日のあいだ、どっぷりシューベルトに浸ることができました」と解説書に載っているインタビューで、ツィメルマンは語っています。たぶん雪が降ってなくても同じような感動的な演奏になったとは思うのですが、そのシチュエーションがぴったり過ぎるので、「大雪でよかった」なんて思ってしまいました(^^;;

ピアノにも特殊な調整を加えたとか…。打弦位置を少しずらしたり、鍵盤のアクションを軽くしたりして、シューベルトの使っていた楽器に近づけたそうです。さすが、完璧主義者のツィメルマンです。

あまりにも凄かったので、しばらくピアノに近づく気が失せちゃいましたよ(笑)
いや、実を言うと、21番(D960)はシューベルトで一番弾いてみたい曲なのですが、そんなことを口に出すのが恥ずかしいぐらいです。と言いながら口に出しちゃってるけど…(笑)
この記事を書くというので、また聴いて、また、しばらくピアノに近づく気が失せてきました。
素晴らしい演奏なのですが、危険すぎる(?)ので封印しないといけませんねΣ(゚д゚lll)!!

tag : ツィメルマン,シューベルト,D959,D960,

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 献呈 BWV862 メンデルスゾーン 幻想即興曲 毎日の練習曲 調律 平均律第1巻 ハイドン 近藤由貴 レンタル練習室 春の歌 青柳いづみこ Hob.XVI:34 ベトソナ22番 ロマンスOp.28-2 ハノン アラフィフ肩 フランス組曲 幻想曲 ブラームス シューベルト チェルニー30番 無謀曲 K.331 ららら♪クラシック ベトソナ10番 グリーグ 四十肩 BWV858 五十肩 ドビュッシー お菓子の世界 クラビノーバ エチュード 楽譜 パルティータ メトロノーム ベルサイユのばら 選曲会議 こんまりメソッド 変奏曲 インヴェンション スランプ ベトソナ ベトソナ28番 湯山昭 マズルカ 調性 自分の演奏好き? 練習曲 指先から感じるドビュッシー マリー・アントワネット さくらももこ ワルツ バラード2番 バラード 抒情小曲集 グランドピアノ 和声法 理想の先生 令和 D960 D959 ブルグミュラー K.576 旅する作曲家たち スケール ピアニストは指先で考える ウィンナ・ワルツ K.334 ピアノ椅子 イリーナ・メジューエワ ヨハン・シュトラウス 「亡命」の音楽文化誌 選曲 ヴァイオリンソナタ 好きな調 こんまり 電子ピアノ バイエル リズム変奏 チャイコフスキー ドゥシェック K.574 トルコ行進曲 部分練習 植山けい 土田京子 アルマンド 気象病 展覧会の絵 ムソルグスキー 交響曲 梅雨 24番練習曲 ソナチネ クレメンティ 久元祐子 リサイタル モシュコフスキー 左手のための24の練習曲 変イ長調 高橋多佳子 中村紘子 鷲田清一 響ホール 無言歌 マリア・テレジア スマホ老眼 北九州 指マッサージ op.118-2 カテゴリー ワルトシュタイン リシエツキ 間奏曲 チェンバロ ピヒト=アクセンフェルト 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.119-2 ハプスブルク家 op.118-5 op.117-1 ハプスブルク帝国 ト長調 céleste ベレゾフスキー ピアノ記念日 ヴァイオリン ソナタ 楽譜の視覚効果 20の小練習曲 スマホ オスマン帝国 Hob.XVI:50 感情をこめて弾く 書き込み ピアノ騒音問題 演奏と喋り方 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 小ジーグ クーラウ バックハウス ランラン ルービンシュタイン キーシン メソッド・タリアフェロ パスカル・ドゥヴァイヨン マズルカOp.7-1 ポロネーズ グランド・ソナタOp.37 カデンツ ツィメルマン 似合いそうな曲 魔笛 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 夜の女王のアリア 曲名の略称 ピアニストは面白い 山枡信明 プチトリアノン 妄想 ポルカ ウナコルダ 教則本 似合う曲 タグ 交響的練習曲 苦手な曲種 マーチ 左ペダル アルペジオ 行進曲 D915 アルベニス 整体師 リスト編曲版 全調スケール 平均律 半音階地獄 島村楽器 折々のことば 田部京子 オーストリア国歌 イギリス国歌 クリアファイル 練習崩壊 チェルニー24番 コピー譜 サンタクロース K.623a クリスマス 好きな作曲家ランキング ブルグミュラー18の練習曲 五線紙ノート 宮川彬良 伊藤恵 声部書き分け 田園ソナタ 和声法がさくさく理解できる本 マリア・ジョアン・ピリス トロイメライ クララ・シューマン クラシックキャットトートバッグ 近藤麻理恵 お片付け祭り 愛の挨拶 エルガー 上原彩子 川嶋ひろ子 ベトソナ16番 ベトソナ18番 内田光子  K.310 K.570 モーツァルトの手紙 礒山雅 飛躍 アンドラーシュ・シフ 静寂から音楽が生まれる ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲 コンサート動画 千住真理子 巡礼の年報 18の小品Op.72 ラフマニノフ 前奏曲 マスタークラス エキエル 新型コロナ カウンセリング 音楽における十字架 ペダル マズルカOp.59-2 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン ピアノトリオ リピート練習 ベアトリーチェ・ヴェネツィ 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 看護師の日 ナイチンゲール リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 和声法がぐんぐん身につく本 合奏譜 クロスリズム イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 減7の和音 まるむし帳 短音階 導音 諸井三郎 アップライト 脱力 音色 タッチ D946 駅ピアノ スマホ認知症 ラ・カンパネラ 復習 フランス王妃の受難 岩城宏之 N響 庄司紗矢香 哀しみ 丑三つ時 ポーランド 楽典 K.533+494 永遠のショパン ゆっくり弾き クラシック・エイド グラナドス 「聴く」ことの力 三瀬高原音楽祭 プレイエル 電子書籍 K.412 K.537 バトン リヒャルト・シュトラウス 英雄の生涯 ピアノ愛好者16の質問 幻想曲あるいはカプリス クラ―マー=ビューロー トンプソン ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 電子メトロノーム 伝説 ヴィルヘルム・ケンプ おんぶにだっこ つるかめ算 m.g. m.d m.s. チェルニー50番 ダイエット リズム練習 スタッカート練習 ブログ 恋するクラシック 手ペシ K.543 演奏会用練習曲 貴婦人の乗馬 スティリアの女 ノクターン K.457 小プレリュードと小フーガ フォーレ 田島令子 シュタイヤー舞曲 音楽と文学の対位法 ら抜き言葉 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR