FC2ブログ

バッハが弾けな過ぎて断崖を急降下中(*_*;

このところ『大バッハ様にプチ反抗期』などと口走っていますが、ずっとそう言っているわけにも行かないので、意を決して久しぶりに手に当ててみました。蔵にしまっていた平均律第1巻17番(BWV862)のフーガです。

17番は愛しの変イ長調なので、曲自体は好きでないわけがありません。でも、壊滅的に弾けない。音を外すわ、声部は弾き分けられていないわ…。全ての音符のうち合ってる音の方が少ないんじゃないの?美しいと思える箇所が一箇所もない(>_<)
原因は…。いや、もう、何が何だか分かんないです。私の場合、バッハは放置しても熟成せず急速に劣化する傾向にはありましたけれど、ここまで酷くなることはなかったもの。途方に暮れるやら、情けないやら、泣きたい気分です。

それならば、初心に帰ってインヴェンションを!!と思いついて弾いてみると、これも酷い( ;∀;)

ただただ、底の見えない断崖を急速に落下しているような気分です。NU音楽院に入院、じゃなくて入学して以来、こんなに落ち込んだのは初めてかもしれません。一瞬、ピアノやめようかと思ったぐらいですΣ( ̄ロ ̄lll)!! ただ、インベンションは、部分練習を繰り返していくうちに若干マシになる兆しが見えたので、「ああ、これはカール教の修行みたいにやればいいんだな」と気づいて、少しだけ落ち着きました。

そう思った瞬間、カール教の修行、チェルニー『毎日の練習曲』の3番に脱線してしまいました(笑)。今日は、この曲で初めてメトロノームを使いました。指示は2分音符=84、つまり4分音符=168なのですが、そんなテンポで弾けるはずもないし、必要とも思えないので、とりあえず目標を4分音符=120に、8分音符=60から目標までの間で色々なテンポを試してみました。さらに絞り込んで、4分音符=60~80の範囲で、細切れにしてみたり無理やり通してみたり…。最後に4分音符=100に挑戦して玉砕しましたヽ(^o^)丿 カール教の修行は、全然マトモにできなくても、なぜか思い詰めることがないのです。

で、問題の平均律第1巻17番のフーガ…。同じようにやろうと思ったのですが、体力が残ってませんでした(^^;;
あと、睡眠不足のせいか眠くて頭が働きません。バッハは、頭が働かないことには話にならないですからねぇ。4声のフーガは、力技だけではいかんともしがたい。よって、今日はパス。いや、やっぱり反抗期か…?笑

平均律第1巻17番のフーガについては、というかバッハそのものについて、次回の一人二役レッスンで、今後どうするか相談してみたいと思います。前の先生(←本物(笑))は、「NUさんはバッハ得意みたい」と言ってくださったので、そう信じて疑わずに来たのですが、実はそうでもなかったのか、いつの間にか変わってしまったのか…(>_<) 


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : バッハ,BWV862,平均律第1巻,インヴェンション,

インヴェンションは哲学書を読むように…

今さらですが、バッハの『インヴェンションシンフォニア』(あるいはまとめて『2声、3声のインヴェンション』)は、とんでもなく難しいです。バッハが息子のために、鍵盤楽器の奏法の練習&作曲技法の習得のために本気で作った曲集なので、当然の話ではあるのですが…。

指の動きの面でも難しいし、いわゆる音楽的に難しいという面もある。
いや、音楽的に難しいなんて生易しい話ではなくて、1曲1曲がそれぞれの宇宙を作っているというか…。
見開き2ページと短いだけあって、逆に密度が濃いんですよね。なので、物理的にも精神的にも疲れます。もちろん、それが嫌だというわけではありません。むしろ、そこがいい(*´▽`*)
音楽というのは、もともと宇宙の法則を極めるというような目的があったそうなので、宇宙を感じるのもあながち大げさではないと思います。

そんなことを考えながら、『バッハインヴェンションシンフォニア》 演奏と指導のポイント』(山崎孝)という本(楽譜)を読んでいたら、

元来、インヴェンションは成立経過を見ても厳しい教則本である。だからこそ、《平均律》に入る前の1~2年で済まされるものではなく、ヘルマン・ケラー(注:音楽学者)が「哲学書を読むのと同じほどの精神の集中が必要である」と述べるように、一曲一曲、他の練習曲やソナタの進行とは別にして、丹念に仕上げていくべきであろう。



という一節が目に留まりました。
おお、なるほど!!

哲学書を読むのと同じほど…

とても腑に落ちる表現でしたので、ご紹介してみました。
そんな集中力で取り組む境地には全く至っていませんが、一生付き合いたい(付き合わざるを得ない?)曲集ですね。
インヴェンションシンフォニア恐るべし!!と、改めて思います。

tag : バッハ,インヴェンション,シンフォニア,

インヴェンションとシンフォニアの演奏と指導の手引書を買ってきた~♪♪

バッハシンフォニア3番があまりにも手に負えないので、手引書を買ってみました。

事前の下調べで、次の3冊を候補に考えながら、楽譜屋さんへGO!

1.『バッハインヴェンションシンフォニア》 演奏と指導のポイント』(山崎孝、音楽之友社)
2.『バッハ インヴェンション 分析と演奏の手引き』『バッハ シンフォニア 分析と演奏の手引き』(小鍛治邦隆・中井正子、ショパン社)
3.『バッハ演奏へのアプローチ バッハ インヴェンションシンフォニア』(高木幸三、全音)

1.は、アナリーゼ、アーティキュレーション、強弱やニュアンスの解説が大変詳しいです。今使ってる市田版の楽譜よりアナリーゼが分かりやすいところが良さそう(市田先生の解説は日本語が分かりづらい)。楽譜本体もベーレンライター版を底本に、演奏上のヒントとしての追加のスラーや運指は薄い色で書いてきちんと区別されていて、かなり気に入りました。ただ、値段が税抜き3600円もするΣ(゚д゚lll)!!

2.は、演奏の手引きとしては必要最小限の内容を盛り込んだコンパクトな楽譜です。インヴェンションシンフォニアに分かれているので、差し当たって必要なシンフォニアの巻だけ買えば1500円に抑えられるのは、まあ魅力と言えば魅力かな。あと、楽曲の様式の解説が充実してるところもいいです。でも、解釈で付けたスラー等がきちんと区別して書かれていないのが不満です。

3.は、コンパクトな割に演奏へのアドバイスが豊富に記載されていて使いやすそうではあるのですが、同じ高木先生の「平均律」に比べると解説が少ないかも…。「平均律」の方は、やる段階になったら買う気満々なのですが、どうもそれと比べてしまうと存在感に乏しい感じがしました。インヴェンションとシンフォニアまとめて一冊、税込み1512円で済むのはお買い得ではあるのですが…。

結局、お気に入り度は値段を度外視すれば、1⇒3⇒2だったので、思い切って1.にしました。どうせ一生使うことになると思いますし…。
帰って来て眺めていると、解説の充実ぶりに、(師弟二役双方の立場で…笑)すっかり満足しています(≧▽≦)
問題のシンフォニア3番の箇所には「演奏技巧の点でも、弱い指の強化と独立、すべての指の平均化を目指している。バッハの神技である」と書いてあって、「どうりで苦戦するわけだわぁ」と妙に納得してしまいました(^^;;

あと、今回欲しかったのは演奏の手引書なので、今日は買っていないのですが、インヴェンションにまつわる色々な話を、曲の分析だけではなくてバッハの思想や宗教などの面からも興味深く語っている『バッハ インヴェンション こころの旅』(杉浦日出夫、音楽之友社)にも心惹かれました。

それから、シューマン=リストの『献呈』の全音ピースも買いました(*´▽`*)
以前IMSLPからダウンロードしたものと全く同じものっぽいのですが、A4版に印刷したのより大きいし、運指(特に左右の配分)も「なるほど」と思える箇所が結構あって、このピースを使って本格的に練習するのが楽しみです。早くモーツァルトのK311を終わらせなければ…。

tag : バッハ,インヴェンション,シンフォニア,

シンフォニア、内声は「かすがい」!?

バッハシンフォニア(3声)の練習をしていたら、ふと2声のインヴェンションの方を弾いてみたくなり、遊び弾きしてました。
声部が一つ減ったからといって、必ずしも格別易しくなるわけでもないような気がします。
昔レッスンでやった曲も、さっぱり覚えてませんでした…(^^;;

不思議だったのは、2声のインヴェンションだと、左右の手が独立して(しないと困るけど)協調しない方向に脳が働き、3声のシンフォニアの方が協調してくれるように感じられたことです。
たぶん、3声だと、内声を左右で担当しなきゃいけないので、嫌でも協調するように脳が働かざるを得ないのでしょうね。
それで思いついたのが「内声は(左右の)かすがい」(笑)

内声を左右で担当すると言っても、バッハみたいに旋律の形になっているのと、ロマン派のように内声の分散和音を左右で分担する場合は、また感覚が違うかもしれません。

まあ、本当は、「かすがい」がないインヴェンションでも、左右が協調して音楽を作らなきゃいけないのですが…。
バッハの他の曲でも2声になっている部分は全然珍しくないのに、そういう部分では左右が勝手にバラバラになる感触は少ないみたいです。
インヴェンションの場合、はじめっから「2声」と思って弾くから…?
そういう微妙なところが、不思議でもあり楽しくもあります。

tag : バッハ,インヴェンション,シンフォニア,

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 BWV862 メンデルスゾーン 献呈 幻想即興曲 毎日の練習曲 近藤由貴 ハイドン 調律 平均律第1巻 レンタル練習室 春の歌 Hob.XVI:34 青柳いづみこ アラフィフ肩 ロマンスOp.28-2 ベトソナ22番 ドビュッシー 幻想曲 ブラームス ハノン フランス組曲 ららら♪クラシック ベトソナ10番 グリーグ 無謀曲 BWV858 シューベルト チェルニー30番 五十肩 K.331 四十肩 こんまりメソッド パルティータ インヴェンション 楽譜 ベトソナ 変奏曲 メトロノーム 湯山昭 お菓子の世界 スランプ ベルサイユのばら 選曲会議 エチュード クラビノーバ ベトソナ28番 自分の演奏好き? マリー・アントワネット さくらももこ 調性 練習曲 和声法 グランドピアノ 抒情小曲集 指先から感じるドビュッシー ワルツ マズルカ バラード バラード2番 梅雨 ヨハン・シュトラウス ヴァイオリンソナタ K.457 旅する作曲家たち 「亡命」の音楽文化誌 好きな調 気象病 K.574 バイエル アルマンド 中村紘子 ピアノ椅子 スケール 電子ピアノ 交響曲 部分練習 ウィンナ・ワルツ イリーナ・メジューエワ チャイコフスキー K.334 K.576 ピアニストは指先で考える ドゥシェック クレメンティ 令和 D959 久元祐子 ブルグミュラー 植山けい ソナチネ マリア・テレジア リサイタル スマホ老眼 響ホール 左手のための24の練習曲 無言歌 指マッサージ モシュコフスキー 土田京子 こんまり 展覧会の絵 変イ長調 リズム変奏 ムソルグスキー D960 北九州 理想の先生 選曲 トルコ行進曲 24番練習曲 鷲田清一 高橋多佳子 ルービンシュタイン op.119-2 リシエツキ ピヒト=アクセンフェルト 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.117-1 op.118-2 ワルトシュタイン op.118-5 チェンバロ ピアノ記念日 ヴァイオリン ハプスブルク家 ソナタ ト長調 céleste 間奏曲 キーシン ハプスブルク帝国 カテゴリー ベレゾフスキー 似合いそうな曲 ポルカ ピアノ騒音問題 カデンツ 演奏と喋り方 子供の情景 ツィメルマン パスカル・ドゥヴァイヨン タグ ら抜き言葉 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 半音階的幻想曲とフーガ 書き込み ポロネーズ Hob.XVI:50 マズルカOp.7-1 小ジーグ グランド・ソナタOp.37 オスマン帝国 感情をこめて弾く 20の小練習曲 スマホ 似合う曲 教則本 妄想 メソッド・タリアフェロ 曲名の略称 夜の女王のアリア プチトリアノン 山枡信明 バックハウス D915 ピアニストは面白い 魔笛 全音ピアノピース アルペジオ 行進曲 マーチ 苦手な曲種 左ペダル ウナコルダ ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 クーラウ ランラン グラナドス 全調スケール オーストリア国歌 イギリス国歌 リスト編曲版 整体師 田部京子 半音階地獄 平均律 K.623a クリスマス チェルニー24番 ベトソナ16番 ベトソナ18番 練習崩壊 クリアファイル サンタクロース コピー譜 折々のことば 島村楽器 伊藤恵 トロイメライ クララ・シューマン 宮川彬良 五線紙ノート 田園ソナタ 声部書き分け 上原彩子 川嶋ひろ子 お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 好きな作曲家ランキング 近藤麻理恵 クラシックキャットトートバッグ エルガー 愛の挨拶 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン K.310 アンドラーシュ・シフ 静寂から音楽が生まれる  内田光子 モーツァルトの手紙 K.570 ラフマニノフ 前奏曲 千住真理子 クラシック・エイド K.511 コンサート動画 ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲 18の小品Op.72 巡礼の年報 飛躍 礒山雅 音楽における十字架 ピアノトリオ リピート練習 カウンセリング 新型コロナ マズルカOp.59-2 ペダル リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 ピアノソナタ2番Op.22 エキエル マスタークラス 自分褒め ベアトリーチェ・ヴェネツィ ナイチンゲール 看護師の日 マリア・ジョアン・ピリス 和声法がさくさく理解できる本 イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 諸井三郎 クロスリズム 減7の和音 導音 まるむし帳 アップライト スマホ認知症 音色 タッチ K.412 脱力 D946 ラ・カンパネラ 駅ピアノ 短音階 復習 N響 庄司紗矢香 K.533+494 岩城宏之 哀しみ 楽典 丑三つ時 永遠のショパン プレイエル アルベニス 上田サントミューゼ フランス王妃の受難 ゆっくり弾き 「聴く」ことの力 電子書籍 三瀬高原音楽祭 K.537 K.543 英雄の生涯 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 電子メトロノーム リヒャルト・シュトラウス バトン 幻想曲あるいはカプリス ピアノ愛好者16の質問 m.d m.s. おんぶにだっこ 合奏譜 和声法がぐんぐん身につく本 ヴィルヘルム・ケンプ 伝説 m.g. つるかめ算 トンプソン クラ―マー=ビューロー スタッカート練習 ブログ 貴婦人の乗馬 リズム練習 恋するクラシック 演奏会用練習曲 手ペシ スティリアの女 シュタイヤー舞曲 小プレリュードと小フーガ ダイエット チェルニー50番 ノクターン フォーレ 音楽と文学の対位法 田島令子 ポーランド 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR