FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

インヴェンションは哲学書を読むように…

今さらですが、バッハの『インヴェンションとシンフォニア』(あるいはまとめて『2声、3声のインヴェンション』)は、とんでもなく難しいです。バッハが息子のために、鍵盤楽器の奏法の練習&作曲技法の習得のために本気で作った曲集なので、当然の話ではあるのですが…。指の動きの面でも難しいし、いわゆる音楽的に難しいという面もある。いや、音楽的に難しいなんて生易しい話ではなくて、1曲1曲がそれぞれの宇宙を作っていると...

続きを読む

今さらですが、バッハの『インヴェンションシンフォニア』(あるいはまとめて『2声、3声のインヴェンション』)は、とんでもなく難しいです。バッハが息子のために、鍵盤楽器の奏法の練習&作曲技法の習得のために本気で作った曲集なので、当然の話ではあるのですが…。

指の動きの面でも難しいし、いわゆる音楽的に難しいという面もある。
いや、音楽的に難しいなんて生易しい話ではなくて、1曲1曲がそれぞれの宇宙を作っているというか…。
見開き2ページと短いだけあって、逆に密度が濃いんですよね。なので、物理的にも精神的にも疲れます。もちろん、それが嫌だというわけではありません。むしろ、そこがいい(*´▽`*)
音楽というのは、もともと宇宙の法則を極めるというような目的があったそうなので、宇宙を感じるのもあながち大げさではないと思います。

そんなことを考えながら、『バッハインヴェンションシンフォニア》 演奏と指導のポイント』(山崎孝)という本(楽譜)を読んでいたら、

元来、インヴェンションは成立経過を見ても厳しい教則本である。だからこそ、《平均律》に入る前の1~2年で済まされるものではなく、ヘルマン・ケラー(注:音楽学者)が「哲学書を読むのと同じほどの精神の集中が必要である」と述べるように、一曲一曲、他の練習曲やソナタの進行とは別にして、丹念に仕上げていくべきであろう。



という一節が目に留まりました。
おお、なるほど!!

哲学書を読むのと同じほど…

とても腑に落ちる表現でしたので、ご紹介してみました。
そんな集中力で取り組む境地には全く至っていませんが、一生付き合いたい(付き合わざるを得ない?)曲集ですね。
インヴェンションシンフォニア恐るべし!!と、改めて思います。
スポンサーサイト

* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

Tag: バッハ インヴェンション シンフォニア | Comment-open▼ * Comment : (4)

NoTitle * by かつさん
Nekoushiさん、こんにちは(はじめましてかな?)
かつ言います。

私もバロック音楽はそれほど苦手意識がないのに、バッハがすごく苦手!
再開後は、プレインベンションで助走をつけてインベンションを弾く予定でしたが…
とりあえずマグダレーナにしようかと(逃げ腰)

「哲学書を読むのと同じ」

納得の表現ですね。
ちなみに1年2曲ペースでした。終わるはずもなく…

To:かつさん * by Nekoushi
かつさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。

バロック音楽は苦手ではなくて、バッハが苦手というのでしたら、やはり、哲学書(笑)的な部分に壁を感じてらっしゃるのかもしれませんね。

でも、バッハは、ハマると底なし沼的にハマります(*^▽^*)
いつか、哲学書を読むようにインヴェンション・シンフォニアに取り組んでみたくなる日が来ますように!←バッハの底なし沼に引っ張りこもうとしている(笑)

NoTitle * by ね~み♪
nekoushiさんどうもです~(#^.^#)
バッハに底無し沼的にハマった私です(笑)
こちらの記事を見て、最近バッハ弾いてないなー、やっぱりバッハは弾きたいなーと思っています。
そして弾いているといつまでも弾き続けてしまうのもバッハならではですね。もはや中毒ですよね(^^;
なるほど哲学・・・哲学って考えるとすごく難しそうだけど、入り口は「わ!楽しい!!」から入ってもいいかもしれませんね。←いつまでも深く掘り下げないので「楽しい」だけの私ですが・・・・
インベンション、弾いてないのがたくさんあるのでコンプリート目指したいところです。

To:ね~み♪さん * by Nekoushi
ね~み♪さん、コメントありがとうございます(*^▽^*)

この記事が、ね~みさんのバッハ底なし沼再突入(?)の、お役に立てれば嬉しいです(≧▽≦)
ホント、バッハは中毒性高いですよね。

> 哲学って考えるとすごく難しそうだけど、入り口は「わ!楽しい!!」から入ってもいいかもしれませんね。

私も哲学はよく分からないけれど、「これは何だろう?どういうことだろう?」と考えるのが楽しい、というのが哲学の入口なんじゃないかなぁと思います。

> インベンション、弾いてないのがたくさんあるのでコンプリート目指したいところです。

私もコンプリートはできていません。
レッスンにこだわらず、一緒にコンプリート目指しましょう!!

インヴェンションとシンフォニアの演奏と指導の手引書を買ってきた~♪♪

バッハのシンフォニア3番があまりにも手に負えないので、手引書を買ってみました。事前の下調べで、次の3冊を候補に考えながら、楽譜屋さんへGO!1.『バッハ《インヴェンションとシンフォニア》 演奏と指導のポイント』(山崎孝、音楽之友社)2.『バッハ インヴェンション 分析と演奏の手引き』『バッハ シンフォニア 分析と演奏の手引き』(小鍛治邦隆・中井正子、ショパン社)3.『バッハ演奏へのアプローチ バッハ インヴ...

続きを読む

バッハシンフォニア3番があまりにも手に負えないので、手引書を買ってみました。

事前の下調べで、次の3冊を候補に考えながら、楽譜屋さんへGO!

1.『バッハインヴェンションシンフォニア》 演奏と指導のポイント』(山崎孝、音楽之友社)
2.『バッハ インヴェンション 分析と演奏の手引き』『バッハ シンフォニア 分析と演奏の手引き』(小鍛治邦隆・中井正子、ショパン社)
3.『バッハ演奏へのアプローチ バッハ インヴェンションシンフォニア』(高木幸三、全音)

1.は、アナリーゼ、アーティキュレーション、強弱やニュアンスの解説が大変詳しいです。今使ってる市田版の楽譜よりアナリーゼが分かりやすいところが良さそう(市田先生の解説は日本語が分かりづらい)。楽譜本体もベーレンライター版を底本に、演奏上のヒントとしての追加のスラーや運指は薄い色で書いてきちんと区別されていて、かなり気に入りました。ただ、値段が税抜き3600円もするΣ(゚д゚lll)!!

2.は、演奏の手引きとしては必要最小限の内容を盛り込んだコンパクトな楽譜です。インヴェンションシンフォニアに分かれているので、差し当たって必要なシンフォニアの巻だけ買えば1500円に抑えられるのは、まあ魅力と言えば魅力かな。あと、楽曲の様式の解説が充実してるところもいいです。でも、解釈で付けたスラー等がきちんと区別して書かれていないのが不満です。

3.は、コンパクトな割に演奏へのアドバイスが豊富に記載されていて使いやすそうではあるのですが、同じ高木先生の「平均律」に比べると解説が少ないかも…。「平均律」の方は、やる段階になったら買う気満々なのですが、どうもそれと比べてしまうと存在感に乏しい感じがしました。インヴェンションとシンフォニアまとめて一冊、税込み1512円で済むのはお買い得ではあるのですが…。

結局、お気に入り度は値段を度外視すれば、1⇒3⇒2だったので、思い切って1.にしました。どうせ一生使うことになると思いますし…。
帰って来て眺めていると、解説の充実ぶりに、(師弟二役双方の立場で…笑)すっかり満足しています(≧▽≦)
問題のシンフォニア3番の箇所には「演奏技巧の点でも、弱い指の強化と独立、すべての指の平均化を目指している。バッハの神技である」と書いてあって、「どうりで苦戦するわけだわぁ」と妙に納得してしまいました(^^;;

あと、今回欲しかったのは演奏の手引書なので、今日は買っていないのですが、インヴェンションにまつわる色々な話を、曲の分析だけではなくてバッハの思想や宗教などの面からも興味深く語っている『バッハ インヴェンション こころの旅』(杉浦日出夫、音楽之友社)にも心惹かれました。

それから、シューマン=リストの『献呈』の全音ピースも買いました(*´▽`*)
以前IMSLPからダウンロードしたものと全く同じものっぽいのですが、A4版に印刷したのより大きいし、運指(特に左右の配分)も「なるほど」と思える箇所が結構あって、このピースを使って本格的に練習するのが楽しみです。早くモーツァルトのK311を終わらせなければ…。

* Category : 楽譜

Tag: バッハ インヴェンション シンフォニア | Comment-open▼ * Comment : (4)

No title * by 夕
おはようございます(*- -)(*_ _)ペコリ
インベンション&シンフォニアの解説本、ほしいな~(ヘンレ使用)と常々思っていて、買いそびれているので、嬉しいです!ありがとうございます(*>∀<*)
来年シンフォニアに入る予定ですが手強そうですね( ; ゚Д゚)
「こころの旅~」も気になります。インベンション2巡目をやることがあったら、理解が深まりそうです。

そしてそして!
次の曲、「献呈」嬉しいです(*>∀<*)
モーツァルトのソナタに引き続き、好きな曲で興奮するー( *´艸`)
楽しみにしています♪

To:夕さん * by Nekoushi
夕さん、こんにちはー(^^♪
コメントありがとうございます!

やっぱり原典版オンリーだと、ちょっと苦しいですよね(*_*;
今回私が買ったのは、書名の通り、たぶん主に指導者向けなので、めちゃくちゃ詳しいですよ!
私はものすご~く気に入ってますが、実物を見て好みに合うかどうか確認してみてくださいな(#^.^#)
あと、夕さんはリアルのレッスンを受けてらっしゃるので、先生おススメの本がないか御相談されてみるのもいいと思います。

「こころの旅~」は、読んでると2巡目やりたくなるかもしれません(笑)

『献呈』嬉しいと言っていただいて、こちらこそ嬉しいです(*´▽`*)
この曲、萌えますよね!!
最近、ロマン派不足なので、そろそろ…。と思いまして。

No title * by ねこぴあの
>シンフォニア3番の箇所には「演奏技巧の点でも、弱い指の強化と独立、すべての指の平均化を目指している。バッハの神技である」と書いてあって

へ~~・・・そうなんですね!
3番は難しいとよく聞くので、なるほど~~と思いました。ネモメモ・・・。

わたしはインベンションの解説書2を持っています。楽譜は過去には全音を使っていたのですが、途中からヘンレに変更しました。
弾いた曲は書き込みすごいことになってますよ(;´∀`)
2、よくないのかーー><
でももう買いなおさないけど・・・(笑)

To:ねこぴあのさん * by Nekoushi
ねこぴあのさん、こんにちはー(^^♪
コメントありがとうございます!

> 3番は難しいとよく聞くので、なるほど~~と思いました。

3番に苦戦してるのは、やはり私だけじゃないのですね。
シンフォニアに入られたら、お覚悟のほどを!!笑

> 弾いた曲は書き込みすごいことになってますよ(;´∀`)

私も弾いた曲はすごいことになってるのがありますよ(^^;;
3番なんて、自分でも何が何だか分からなくなって、一旦消しましたもん。

> 2、よくないのかーー><

いや、決してそんなことはないと思いますよ。
ひとつには好みの問題で、もう一つは私は一人二役なので、より指導書的なのが欲しかったので、1にしました。

シンフォニア、内声は「かすがい」!?

バッハのシンフォニア(3声)の練習をしていたら、ふと2声のインヴェンションの方を弾いてみたくなり、遊び弾きしてました。声部が一つ減ったからといって、必ずしも格別易しくなるわけでもないような気がします。昔レッスンでやった曲も、さっぱり覚えてませんでした…(^^;;不思議だったのは、2声のインヴェンションだと、左右の手が独立して(しないと困るけど)協調しない方向に脳が働き、3声のシンフォニアの方が協調してくれる...

続きを読む

バッハシンフォニア(3声)の練習をしていたら、ふと2声のインヴェンションの方を弾いてみたくなり、遊び弾きしてました。
声部が一つ減ったからといって、必ずしも格別易しくなるわけでもないような気がします。
昔レッスンでやった曲も、さっぱり覚えてませんでした…(^^;;

不思議だったのは、2声のインヴェンションだと、左右の手が独立して(しないと困るけど)協調しない方向に脳が働き、3声のシンフォニアの方が協調してくれるように感じられたことです。
たぶん、3声だと、内声を左右で担当しなきゃいけないので、嫌でも協調するように脳が働かざるを得ないのでしょうね。
それで思いついたのが「内声は(左右の)かすがい」(笑)

内声を左右で担当すると言っても、バッハみたいに旋律の形になっているのと、ロマン派のように内声の分散和音を左右で分担する場合は、また感覚が違うかもしれません。

まあ、本当は、「かすがい」がないインヴェンションでも、左右が協調して音楽を作らなきゃいけないのですが…。
バッハの他の曲でも2声になっている部分は全然珍しくないのに、そういう部分では左右が勝手にバラバラになる感触は少ないみたいです。
インヴェンションの場合、はじめっから「2声」と思って弾くから…?
そういう微妙なところが、不思議でもあり楽しくもあります。

* Category : 演奏・解釈・技術

Tag: バッハ インヴェンション シンフォニア | Comment-open▼ * Comment : (2)

No title * by ね~み♪
内声はかすがい・・・

上手い表現ですね~(#^.^#)
3声4声になると楽譜の見た感じも「かすがい」っぽいですよね。
ソプラノとバスを繋ぐかすがい・・・。

個人的にはかすがいがあると手の位置が固定される所が多くなるので落ち着いて弾ける気がして好きです。
響きも多彩になってくるので弾いていて楽しい♪←誰も聞いてない笑

2声は難しいですね~(^^;

To:ね~み♪さん * by Nekoushi
ね~み♪さん、コメントありがとうございます!

褒めていただいて嬉しいです(≧▽≦)
後から気づいたのですが、3声4声の曲になると、たとえ2声になっている部分でも、その声部には休符が書かれるので、見た目から気分が違ってきますよね。

> 個人的にはかすがいがあると手の位置が固定される所が多くなるので落ち着いて弾ける気がして好きです。

おぉぉ、そうかもしれませんね。
楽譜の見た目だけではなくて、そういうところにも2声の弾きにくさがあったとは!!

> 響きも多彩になってくるので弾いていて楽しい♪←誰も聞いてない笑

むしろ熱いバッハトーク聞きたいです(笑)