FC2ブログ

アラフィフ肩、やっとフィナーレのようです

昨年8月から悩まされてきた「アラフィフ肩」(四十肩・五十肩)ですが、やっと終息宣言を出せそうです!!というわけで、このシリーズも今回で最終回にします。そして、参照に便利なように「vs.アラフィフ肩」というカテゴリーを作って、これまでの記事をまとめました。何かのご参考になれば…。

今の様子は、先に発症した右肩は既にほぼ問題なくなり、左肩のほうも高いところにある物を取ることができるようになりました。ピアノの上に置いてある楽譜も安心して取れます(笑)。音域の広い跳躍も問題なし。音が響いて刺激することももうないです。左肩を下にして寝るとまだ少し痛むこともありますが、許容範囲です。

ここまで来るのに、私の場合は、9か月ぐらいかかりました。収まるまでの期間は人によって全然違うようです。私は、平均ぐらいなのかな…。そして、治り始めると急速に治るようですね。これは、先達は皆さんそうおっしゃっていて、半信半疑で聞いていたのですが、教えていただいた通りでした。

一番困ったことの一つは、日常的な動きはダメなのにピアノを弾くこと自体は可能なので、仮病疑惑をかけられたことですね(^^;;

失敗したのは、肩をかばって、あまりにも動かさなかったため、肩の動く範囲(角度?)が狭くなってしまったこと。よくなり始めたらラジオ体操みたいなことをしたらいいというアドバイスを受けていたのに、すっかり忘れていました。遅ればせながら、上にぐっと伸ばしたり、ゆっくり回して動きを良くしようと試みています。まあ順調です。そのままにしていたら、「孫の手」が手放せなくなるところでした。音楽で例えると、今、フィナーレのコーダに差し掛かったという感じでしょうか(笑)。

アラフィフ肩の鬱陶しさから9割ぐらい解放されて、かなり気分爽快ですヽ(^o^)丿
あとは、ダ・カーポなんてことにならないよう祈るのみです!笑


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : 四十肩,五十肩,アラフィフ肩,

「アラフィフ肩」ようやく峠を越えたかも・・・ヽ(^o^)丿

昨年の8月に発症して以来、苦しめられ続けてきた「アラフィフ肩」ですが、ようやく峠を越えたようです。

先に発症した右肩は、鈍い痛みが連続しつつ、打鍵による振動が響いたりして散々な状態だったのが、今月に入ったあたりからほとんど気にならない程度に落ち着きました。今は、背中に手を回そうとすると僅かに痛むとか、右を下にして寝ると若干痛みが残ることがありますが、ピアノもパソコンも問題ありません。幅広い跳躍も大丈夫ですし、ピアノの上に並べている楽譜を手を伸ばしてとるのも大丈夫!「ある日突然治るもんだよ~」という先輩方のおっしゃる通りでした。約8か月かかりました。

2か月ぐらい遅れて発症した左肩の方は、峠は越えましたけど、回復にはまだ道のりがありそうです(>_<)
左を下にして寝るのは無理ですし、背中に回すのは厳しいですし、ピアノの跳躍も痛むことがあるので、おっかなびっくりです。ただ、それでも最悪の時に比べるとマシにはなりました。右肩と同じペースで治るとすると、梅雨前後にはほとんど支障がなくなってくれるかなぁ。

回復が加速したのは、コロナのせいでテンションが上がらずピアノを弾く時間が減っていたのが良かったのか、意識的にスマートフォンを遠ざけていた(もともとは目の疲れ予防が目的)のが良かったのか、単なる自然治癒だったのか…。カール教徒としては、チェルニーの『毎日の練習曲』のお陰で姿勢が良くなったり程良い刺激を与えることができたため、と言いたいところですが、少し無理があるかな(笑)

この「アラフィフ肩シリーズ」も、何事もなければ次回は終息宣言ということになりそうです。ことによると、きれいさっぱり治ってしまって「アラフィフ肩」の存在自体を忘れ、シリーズが自然消滅するかもしれません(*^▽^*)


にほんブログ村

tag : アラフィフ肩,

まだまだ続くアラフィフ肩・・・((+_+))

昨年8月に発症したアラフィフ肩(四十肩、五十肩)。半年たちますが、治る気配がありません。というわけで、アラフィフ肩シリーズも5回目に突入です!!過去記事を検索してみるとタイトルの顔文字が4回とも同じだったので、シリーズで統一することにしました。

今の様子は、激痛は減りましたけど、その代わり、重い感じというか鈍い痛みというか、そんなのがずっと続いてます。どうやら慢性期に入ったっぽいです。初めの頃は「ピアノ弾くのだけは全然問題ない」などと豪語していましたが、だんだんと問題が増えてきました。打鍵した時の衝撃はもちろん、音の響きが伝わってくるだけで痛みを誘発します。それと、急に遠くに跳ぶような動きをすると、ものすごーく痛い(>_<) 特に危険なタイプの曲は、ベートーヴェンとかシューマンあたりかなぁ。チェルニーも音域広く動き回るのはNGです。なので、40番は怖くてなかなか手を付けられず、代わりに最近買った24番で指だけ動かすような練習を中心にやっています。逆に、メンデルスゾーンの無言歌やショパンのノクターン(もちろん、モノによりますけど)は良好のようです。むしろ、痛みが和らぐ感じがします(*´▽`*)

でも、一番悪化させられるのは、パソコンですね。特にマウス使うのがダメです(+_+) 長時間使っていると、肩から始まって腕全体がやられます。たぶん、肩をかばって変な力が入るので、そうなるのだと思います。あと、姿勢も悪くなる(姿勢良くしようとするとよく見えなかったり、何か不都合が生じる)し、いかにも悪化させそうな要因ばかりです。最近、副業でPC使う時間が増えたので、困ったものです。え?ブログは大丈夫なのかって??大丈夫じゃないとは思うけど、やっぱり読んだり書いたりしたいんですよね。昨日はレッスン記を書くのに張り切り過ぎて、ちょっと失敗だったかもしれないです(^^;;

ピアノに影響が出てくると、アラフィフ肩の鬱陶しさが倍増、いや3倍増か、それ以上に増えます。他の事なら思いっきり弾いて発散するのにねぇ。鬱々…。ま、あんまり痛くならないような曲を中心に少しずつ弾きながら、気長にやり過ごしていこうかと思います('◇')ゞ

早くこのシリーズが終わりますように!!


にほんブログ村

tag : 四十肩,五十肩,アラフィフ肩,

「アラフィフ肩」の間接的影響・・・((+_+))

好評の(かどうかわからないけど)、アラフィフ肩シリーズの続きです。これから見舞われる方のご参考に、過去のものになった方には懐かしんで(懐かしいのか?)いただけるように…。

私のところに「アラフィフ肩」(四十肩・五十肩)が到来したのは昨年の8月ぐらいですが、今もって治っていません。右の方が重症で、いったん左に中心が移って、また右に戻ってきました。

ピアノを弾く行為自体は基本的に問題ありません。日常の動作では痛がっているのにピアノだけは弾いているので、仮病疑惑が持ち上がったりします(笑)

ただ、長引くと間接的な影響は出てくるみたいです。「ピアノを弾く行為自体は基本的に問題ない」と書きましたが、もちろんゼロというわけではありません。遠い鍵盤を弾かなきゃいけない時など、痛い角度にならないよう、かばうように弾いてしまうせいか、それが重なると、他の部分が筋肉痛になりがちです。上腕部あたりが特にそうですね。普通だったら痛くならないような場所が痛くなったりします。やっぱり、弾く時間を控えめにした方がいいのでしょう。

あと、痛みがひどい時は、弾く動作そのものでは痛くないのに、鍵盤から音の振動が伝わってくるのが痛みに響くということもあります。そういう時は、さっさと練習から撤収するに限ります。

それから、ピアノの上に並べている楽譜を引っ張り出すときに痛い。って、これは、そんなところに楽譜を置かなきゃいいだけの話ですね。むしろ、アラフィフ肩を良い機会と思って、整理整頓に努めるのが建設的というもの。

発生から約5か月経った、私の「アラフィフ肩ライフ」はこんな感じです~~


にほんブログ村

tag : 四十肩,五十肩,アラフィフ肩,

「アラフィフ肩」、右から左へ移動中・・・((+_+))

以前、ついに「アラフィフ肩」(四十肩とも五十肩とも言うらしいので勝手にまとめた)が到来してしまったらしいという記事を書いたことがあります。いつのことだったかな?と探してみると、約3か月前の話でした。えっ、もうそんなに経つんだ~~

約3か月前は右肩だったのが、最近、左肩にも波及してきてます。不幸中の幸いは、右の痛みが峠を越えたような気がすることですが、両方というのは苦しいですね(>_<) 特に着替えとかね。

約3か月前の記事で書いた通り、ピアノに影響あるのか?ってことが一番の心配でしたけど、今のところピアノ弾くのは問題ないみたい。ピアノの上に積み上げている楽譜(特に下の方に埋もれているやつ)を引っ張り出す以外は…(笑)

周囲からは「ピアノの弾き過ぎなんじゃないの?」と疑惑の目を向けられていますが、ピアノ弾いている時は痛くないし、今年の夏以降は以前よりはピアノ弾く時間減ってるので、それは当てはまらないはずです。そもそも、ピアノ弾くときって、あんまり肩使わないもん。いや、弾かない人からすれば、日常生活では少々のことでも痛がっているのに、ピアノだけ涼しい顔して弾いているのは納得いかない、というのも理解できないこともありません。

グルコサミンがよく効くという話も聞きますが、さっぱり効く気配がないぞ?長いと1年ぐらい続くという噂のアラフィフ肩。両方同時に早く治ってほしいなんて贅沢言わないので、とりあえず、右からだけでも早く去っていただきたい。痛くて不便なうえに、必要以上に老けた気分になって嫌なので…。健全な精神は健全な肉体に宿るのです!←たぶん意味が違う(^^;;


にほんブログ村

tag : 四十肩,五十肩,アラフィフ肩,

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 献呈 BWV862 メンデルスゾーン 幻想即興曲 毎日の練習曲 調律 平均律第1巻 ハイドン 近藤由貴 レンタル練習室 春の歌 青柳いづみこ Hob.XVI:34 ベトソナ22番 ロマンスOp.28-2 ハノン アラフィフ肩 フランス組曲 幻想曲 ブラームス シューベルト チェルニー30番 無謀曲 K.331 ららら♪クラシック ベトソナ10番 グリーグ 四十肩 BWV858 五十肩 ドビュッシー お菓子の世界 クラビノーバ エチュード 楽譜 パルティータ メトロノーム ベルサイユのばら 選曲会議 こんまりメソッド 変奏曲 インヴェンション スランプ ベトソナ ベトソナ28番 湯山昭 マズルカ 調性 自分の演奏好き? 練習曲 指先から感じるドビュッシー マリー・アントワネット さくらももこ ワルツ バラード2番 バラード 抒情小曲集 グランドピアノ 和声法 理想の先生 令和 D960 D959 ブルグミュラー K.576 旅する作曲家たち スケール ピアニストは指先で考える ウィンナ・ワルツ K.334 ピアノ椅子 イリーナ・メジューエワ ヨハン・シュトラウス 「亡命」の音楽文化誌 選曲 ヴァイオリンソナタ 好きな調 こんまり 電子ピアノ バイエル リズム変奏 チャイコフスキー ドゥシェック K.574 トルコ行進曲 部分練習 植山けい 土田京子 アルマンド 気象病 展覧会の絵 ムソルグスキー 交響曲 梅雨 24番練習曲 ソナチネ クレメンティ 久元祐子 リサイタル モシュコフスキー 左手のための24の練習曲 変イ長調 高橋多佳子 中村紘子 鷲田清一 響ホール 無言歌 マリア・テレジア スマホ老眼 北九州 指マッサージ op.118-2 カテゴリー ワルトシュタイン リシエツキ 間奏曲 チェンバロ ピヒト=アクセンフェルト 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.119-2 ハプスブルク家 op.118-5 op.117-1 ハプスブルク帝国 ト長調 céleste ベレゾフスキー ピアノ記念日 ヴァイオリン ソナタ 楽譜の視覚効果 20の小練習曲 スマホ オスマン帝国 Hob.XVI:50 感情をこめて弾く 書き込み ピアノ騒音問題 演奏と喋り方 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 小ジーグ クーラウ バックハウス ランラン ルービンシュタイン キーシン メソッド・タリアフェロ パスカル・ドゥヴァイヨン マズルカOp.7-1 ポロネーズ グランド・ソナタOp.37 カデンツ ツィメルマン 似合いそうな曲 魔笛 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 夜の女王のアリア 曲名の略称 ピアニストは面白い 山枡信明 プチトリアノン 妄想 ポルカ ウナコルダ 教則本 似合う曲 タグ 交響的練習曲 苦手な曲種 マーチ 左ペダル アルペジオ 行進曲 D915 アルベニス 整体師 リスト編曲版 全調スケール 平均律 半音階地獄 島村楽器 折々のことば 田部京子 オーストリア国歌 イギリス国歌 クリアファイル 練習崩壊 チェルニー24番 コピー譜 サンタクロース K.623a クリスマス 好きな作曲家ランキング ブルグミュラー18の練習曲 五線紙ノート 宮川彬良 伊藤恵 声部書き分け 田園ソナタ 和声法がさくさく理解できる本 マリア・ジョアン・ピリス トロイメライ クララ・シューマン クラシックキャットトートバッグ 近藤麻理恵 お片付け祭り 愛の挨拶 エルガー 上原彩子 川嶋ひろ子 ベトソナ16番 ベトソナ18番 内田光子  K.310 K.570 モーツァルトの手紙 礒山雅 飛躍 アンドラーシュ・シフ 静寂から音楽が生まれる ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲 コンサート動画 千住真理子 巡礼の年報 18の小品Op.72 ラフマニノフ 前奏曲 マスタークラス エキエル 新型コロナ カウンセリング 音楽における十字架 ペダル マズルカOp.59-2 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン ピアノトリオ リピート練習 ベアトリーチェ・ヴェネツィ 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 看護師の日 ナイチンゲール リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 和声法がぐんぐん身につく本 合奏譜 クロスリズム イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 減7の和音 まるむし帳 短音階 導音 諸井三郎 アップライト 脱力 音色 タッチ D946 駅ピアノ スマホ認知症 ラ・カンパネラ 復習 フランス王妃の受難 岩城宏之 N響 庄司紗矢香 哀しみ 丑三つ時 ポーランド 楽典 K.533+494 永遠のショパン ゆっくり弾き クラシック・エイド グラナドス 「聴く」ことの力 三瀬高原音楽祭 プレイエル 電子書籍 K.412 K.537 バトン リヒャルト・シュトラウス 英雄の生涯 ピアノ愛好者16の質問 幻想曲あるいはカプリス クラ―マー=ビューロー トンプソン ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 電子メトロノーム 伝説 ヴィルヘルム・ケンプ おんぶにだっこ つるかめ算 m.g. m.d m.s. チェルニー50番 ダイエット リズム練習 スタッカート練習 ブログ 恋するクラシック 手ペシ K.543 演奏会用練習曲 貴婦人の乗馬 スティリアの女 ノクターン K.457 小プレリュードと小フーガ フォーレ 田島令子 シュタイヤー舞曲 音楽と文学の対位法 ら抜き言葉 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR