FC2ブログ

ららら♪クラシック Chiarinaさんって誰~~??

ピアノの練習は小休止中でも、「聴く」「見る」「読む」は年中無休です!笑
金曜日に録画していた『ららら♪クラシック』の「シューマンのピアノ協奏曲~妻クララ 愛の物語~」を見ました。4月に放送された分の再放送です。シューマン萌えなのに、本放送の時は、なぜかチェックし忘れてました。

手抜きをしてEテレのHPから概要を拝借してきますと…。

傑作ピアノ協奏曲に秘められた愛と苦悩(1)格差婚を乗り越え生まれた名曲(2)シューマンを世に出した妻クララの波乱の人生(3)作品に隠された愛のメッセージとは?

シューマンの傑作「ピアノ協奏曲」。誕生の裏には19世紀で最も高名なピアニストと言われた妻クララの愛がありました。大スターと無名作曲家という格差婚だった2人。妻が夫の曲を演奏しその才能を広めます。そんな妻に捧げられた「ピアノ協奏曲」の旋律には、妻への愛が暗号のように隠されいました。今回はシューマンの妻クララの愛の物語をひもときます。【ゲスト】上原彩子(ピアニスト)、川嶋ひろ子(元尚美学園大学教授)


上原彩子さんはチャイコフスキーコンクールで女性初&日本人初の1位となった、説明の必要もないぐらいすごい人。川嶋ひろ子さんは、クララ・シューマン全集を編集した、クララに詳しい先生です。トークが地味なお二人でした。上原さんはピアノに向かうとすごいのに、トークになると借りて来た猫みたいになっちゃって…(笑) そういうことなら、番組内で、もっと演奏を聴かせてほしかった。

で、記事のタイトルのChiarinaですが、これは、ロベルトがクララに付けたイタリア語風のニックネームです(ドイツ語でクララはClara)。キアリーナと読むそうです。今回の目玉は、‘Chiarina’に含まれている、CHAAがピアノ協奏曲の主題になっているということ。ドイツ語音名のC,H,Aを普通のドレミ(イタリア語)にするとド、シ、ラです。ロベルトの得意技、「クララの主題」でクララへの愛を表現しているという話ですね(*´▽`*) 

ちょっと気になったのは、番組の構成的に、「格差婚」って連発し過ぎだったこと。そりゃ、確かに天才少女でスター・ピアニストだったクララさんと、うだつの上がらなかった作曲家志望の青年ロベルトとでは、社会的ステータスとか収入とか全然違ったのは、言うまでもない事実ですが…。「格差婚」って表現は、いかにも物質的というか現実的な観点の話ですよね。「格差婚」という言葉でまるっとまとめちゃうのはロマン派の精神とは相いれない気がします。いや、まとめてもいいんだけど、敢えて格差という障害を乗り越えてまで愛を貫きたかった2人の心に、もっと深く迫ってほしかった。例え真実は分からないとしても、迫りたいという熱意に今ひとつ欠ける流れだったのが、少し物足りなかったです。あっ、誤解されると困るのですけど、私自身が「格差婚」にあこがれているわけでありません(笑)

番組の中で一番「なるほど!」と思ったのは、上原さんが妊娠中(出産1か月ぐらい前)にベートーヴェンの『皇帝』協奏曲を弾いた時に、「1.5人分ぐらいの体重を感じて、重心のせいか良い音が出た」と嬉しそうに語っていた場面です。そういえば、細身の男性ピアニストが音色のために体重を増やしたいと言っている話もどこかで読んだことがあるような記憶があります。

今回は、やや消化不良気味の展開でしたが、それでもやっぱりクララとロベルトの話は萌えますね♡


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : ららら♪クラシック,シューマン,クララ・シューマン,上原彩子,川嶋ひろ子,

ららら♪クラシックで、まさかの「ハノン教」集会!!笑

昨日9月20日放送の「ららら♪クラシック」(NHK Eテレ)は、生誕200周年を迎えたハノンの特集でした!!
まさかの題材にビックリΣ(・ω・ノ)ノ! そして、なかなか素敵な企画でした。

題して『ハノン嫌いじゃないぜ!宮川彬良が語る 超有名ピアノ教則本』。

作曲家の宮川彬良さんによるハノン萌えトーク、ピアニスト伊藤恵さんによる美しいハノンの演奏を中心に、「ハノン教」(←勝手に命名)の素晴らしき世界が展開されました。

ハノンについてのトークコンサート(やっぱり、そんなのあるんだ!笑)の模様が一瞬写ったり、今も弾いてらっしゃる100歳の老婦人が「女学生時代にハノンを勉強して素晴らしかった」と思い出を語っていたり、出版社勤務の男性がスポーツかゲームのような感覚でハノンを弾きまくっていることを楽しそうに語っていたり…。登場人物がみんな幸せそうな笑顔でハノン愛にあふれていたのが、すごく印象的です。あれは、番組演出上の「作り笑顔」では絶対にありえない!!

スタジオでの宮川さんと伊藤さんの話で特に印象に残ったことは、

・ハノンはものすごくピュアで深遠な世界への入り口。作曲のヒントがいっぱい詰まっている。真っ白なキャンバス。(宮川さん)

・ハノンを通して、自分が一番感動できる音色が分かる。(伊藤さん)

よく理解できるような気がします。
私はカール教なので、ハノンはめったに弾かないのですが、ハノンで小さい音でシルクかビロードのように音の波を作ることに挑戦するのは至福だったりします。伊藤さんの上記の言葉を聞いて、「あっ、そういうことか!!ハノンで、私がピアノで一番出したい音、萌える音を自然と出そうとしていたのだなぁ」と納得がいきました。

伊藤さんがスタジオで演奏されていたのは、1番(リズム演奏とアーティキュレーション変奏)と60番(カット版)でした。ハノンって、通常の意味では音楽じゃないのに、伊藤さんの演奏は、音楽らしい息吹があって、特に60番は普通に曲の一部に聞こえました(≧▽≦)

あと、ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲2番のフィナーレにハノンから引用されている部分があって、N響定期演奏会で取り上げられた様子がごく一部流れたのも興味深かったのですが、それ以上に心惹かれたのがハノン作曲の『幸せの夢』という初心者向けと思われる小品です。これも伊藤さんがスタジオで披露してました。ロマン派の小品とポップスの親しみやすさを兼ね備えたような佳曲でした。シャルル・アノン(←仏語読みしてみた)、さすがに侮れません。

トークの時の雰囲気は、伊藤さんは「ハノン萌え(*´▽`*)」ぐらいの感じでしたが、宮川さんは完全に逝っちゃってました(笑)
ハノン教の信者さん以外の何物でもありません!

カール教徒の私としては、ハノンのピュアさにいささかの脅威を覚えました。カールの練習曲は、もう少し曲っぽいので、かえって無我の境地に達するのが少し難しい面があるような気がします。プロのピアノ弾きだったら、NHKに圧力をかけて、じゃなくて頼み込んで、私が主演でカール特集をやってもらうんだけどねぇ…。あと、私の「プロだったら妄想メモ」では、著書の一冊として『チェルニーで楽しむ練習曲の世界』という本を出すことになっていたりするヽ(^o^)丿←そんなメモがあるのか(恥)

あれ、何の話をしてたんだ?
そうそう、ハノンでしたね。ハノンにせよカールにせよ、苦手だとか合わないとかいう人がいるのは当然として、普遍の真理であるかのように「役に立たない」とか「有害」とか「時代遅れ」とか批評するのには賛成できません。

ともあれ、ハノン教の集会は、見ていて幸せを少し分けて頂くことができました(*^^*)
Eテレさん、素晴らしい企画をありがとう!!

9月26日(木)の午前10時25分から再放送があるそうなので、見逃した方で興味を持たれた向きは、是非ご覧あれ~~
ただし、ハノン教徒になってしまっても、私は何の責任も負いません(笑)


にほんブログ村

tag : ららら♪クラシック,ハノン,宮川彬良,伊藤恵,

ららら♪ベートーヴェン

仲道郁代さん出演の5月17日放送『ららら♪クラシック』(Road to ベートーベン2 楽聖の魂 ピアノ・ソナタ)を見ました(*´▽`*)
2020年のベートーヴェン生誕250年に向けた特集の2回目です。明日再放送ですが、遠慮なくネタバレします(笑)

今回のメニューは、(1)スペシャル・メドレー、(2)「月光」の響き生み出すペダル、(3)「悲愴」のモチーフ七変化。

スペシャルメドレーでは、わずか2分少々で、14番『月光』 I、III 楽章~8番『悲愴』 II 楽章~21番『ワルトシュタイン』 I 楽章~17番『テンペスト』 III 楽章~23番『熱情』 III楽章のハイライトを聴かせてくれました。お馴染みの曲ばかりですが、よく凝縮したなぁと感心するばかりです。いつもながら端正な、なかみっちゃんらしいベートーヴェンでした。テンポは遅めで落ち着いた感じです。

『月光』第1楽章は、響きのお話。楽譜には‘senza sordino’(弱音器なしで)という指定があって、「ダンパーを上げ続けて」(右ペダルを踏み続けて)という意味なのですが、これをベートーヴェン時代のフォルテピアノと現代のピアノで弾き比べています。現代のピアノだと指示通りに右ペダル踏みっぱなしで弾くと当然音が濁りますが、フォルテピアノだといい感じに幻想的に響きます。で、フォルテピアノで弾いた時の響きに鳴るように、現代のピアノで弾く時にペダルを微妙に調節するということを、実演、力説なさってました。なかみっちゃんってば、なぜかピンヒールを履いてらしたのですが、ペダル踏みにくくないのかな!?月光のダンパーペダルの話自体は知っている内容だったので、ピンヒールが一番の萌えポイントでした(なんで?笑)。

『悲愴』は、ベートーヴェンが短いモチーフから巧妙に作曲していくというお話。実は、なかみっちゃんは若い頃、ベートーヴェンが苦手だったそうです。論理と感情のせめぎ合いに、いかに折り合いをつけていくか分かったら、ベートーヴェンがすごく面白く思えるようになったとのことです。感情だけで弾くとベートーヴェンにならないし、理屈だけだと面白くない。音楽的な理屈にしっかり裏打ちされた感情を把握しないといけません。その一つとしてモチーフを取り上げて熱く語っていました(≧▽≦) 『悲愴』の序奏冒頭は3つのモチーフ(和音、上行音形、ため息)から成っています。2楽章の冒頭、3楽章の冒頭がそのモチーフからの派生であることを実際に弾いて理解させてくれました。ベートーヴェンの作曲法って面白い。でも、ちゃんとアナリーゼしようと思ったら、間違いなく底なし沼だわ~~(^^;;
披露してくれたのは3楽章で、演奏時のロイヤルブルーのドレスが素敵でした(*´▽`*) ブルー系は比較的少ないような気がします。←また脱線してる。

最後は、ベートーヴェンの音楽は哲学的、というお話をしていらっしゃいました。ベートーヴェンの音楽は個人的な感情にとどまらないものがあると。ベートーヴェンの音楽に含まれる感情を分析してみると、人間とは何か、人間とは何とちっぽけな存在なのか、分かるそうで、それはまさに哲学ということですね。熱く語るというより、神々しい感じで語ってました。

なかみっちゃんのベートーヴェン、生で聴きたいよ~~!!
ららら♪クラシック』だけでは物足りません(>_<) いや、もちろん面白かったのですが…。


にほんブログ村

tag : 仲道郁代,ベートーヴェン,ららら♪クラシック,

ららら♪シューマン

4月6日放送、今日再放送の『ららら♪クラシック』(とことん音楽!私のシューマン仲道郁代の心にすみついた作曲家~)を見ました!
仲道さんの「心のふるさと」シューマンということなので、とても楽しく見ることができました。
再放送も済んだので、以下ネタバレしまくりで…。

今回のテーマは、シューマンの「3つの憧れ」。
その3つというのは、天への憧れ、女性への憧れ、永遠への憧れ、だそうです。
それぞれに対応して、『トロイメライ』、『幻想曲』、『3つのロマンス第2番』という選曲でした。

まずは『トロイメライ』。
4度の音程が「天」を、6度の音程が「憧れ」を表しているという解説に納得しつつ、曲名通り「夢見心地」な演奏を堪能できました。
「ホロビッツのこの曲の演奏に出会っていなかったらピアニストになっていなかったかも」とまでおっしゃる入れ込みようです。

次は『幻想曲』より第1楽章の短縮版。
番組的には「女性への憧れ」ということになっていますが、女性全般というよりクララですね。
ますますハイテンションで解説する、なかみっちゃん(笑)
「変ホ(Es)の音からハ(C)の音へという音形が、SからCへ、つまりシューマン(Scumann)からクララ(Clara)へという意味のような気がする」というようなことを力説していて、司会者2人が若干(かなり?)ポカンとしてたのがちょっと可笑しかった(^^;;
この解釈を聞いてふと思いついたのですが、この曲はハ長調なのにハ長調の主和音が最後の方まで全然出てこないのにも、クララへの想いが込められているのかもしれません。Cの和音(クララ)にたどり着けないもどかしさみたいな…。主和音がなかなか現れないという音楽上の不安感はよく指摘されますが、シューマンは文学的なので、それ以上の意味を込めていたりするかもしれません。
私はこの曲の3楽章(テンポが遅いので何とかなりそうな錯覚を覚える)がとても好きで、いつか弾いてみたいと思っているのですが、第1楽章まで気になってきてしまいました(*´▽`*) 危険すぎる。

最後の曲は『3つのロマンスOp.28』より第2番嬰ヘ長調。
この曲は内声が寄り添ってメロディを奏でていて、それについて、二人が寄り添うように愛の曲を奏でているとのこと。
「永遠への憧れ」というのは、レ#を繰り返し鳴らす箇所が終わりの方にあって、「同音の繰り返しは永遠を表す」ということらしいです。「クララとの愛が永遠に続きますように」ってことですね。「ごちそうさまです」としか言いようがない(笑)
そういえば、この曲も弾いてみたい曲の一つです。

なかみっちゃんの知的で熱いトークは、今回も素敵でした(≧▽≦)
シューマンの世界がまた少し身近になった気がします。

tag : 仲道郁代,シューマン,ららら♪クラシック,

『ららクラ ショパン祭り』 by 仲道郁代さん♪♪

昨日、NHKの『ららら♪クラシック』(仲道郁代さんのショパン特集)の再放送を見ました。

この番組、いつの間にか構成や出演者が変わっていたのですね。
私は、以前のは好みに合わなかったので全然見ていなくて、リニューアルされてることに昨日初めて気づきました(^^;;

記事のタイトルでは勝手に番組名を略した上にサブタイトルも変えてしまいましたが、改めて調べてみると昨日の再放送は「とことん音楽!私のショパン」というサブタイトルでした。

再放送でもありますし、以下、遠慮なくネタバレしてますので、あしからず。

今回は、ショパンが苦手だそうで「ショパンはきれいごとっぽい」とか口走るMCの高橋克典さん(以下、カツノリ←相変わらず馴れ馴れしい私Σ(゚д゚lll)!!)を、仲道さんの解説と演奏で克服させようというコンセプト。
ショパンは単に優雅で綺麗なだけじゃなくて、もちろんそれもあるけど、情熱的な愛国者で、苦悩もあって、もっと複雑なんだから~~!!という、まぁ、ショパン好きにとっては常識な話を納得させていくストーリー展開でした。

最初に取り上げられた曲は『華麗なる大円舞曲』。パリのサロンで優雅な日々を送るショパンですが、祖国のポーランドが頭から離れず、ワルツなのにマズルカのリズムを取り入れているという有名なお話を、なかみっちゃんが力説。楽譜見せながら「ここにスタッカートがあって、次のスラーのかかり方がポーランドらしい」というようなことを、「らっ、ららら~♪らっ、ららら~♪」なんて歌いながら、私のセルフレッスンのように(!)説明してました。
でも、いまいちピンと来てない様子のカツノリΣ( ̄ロ ̄lll)!!笑

2番目は『革命のエチュード』。
ワルシャワ蜂起がロシア軍に鎮圧された報せをパリに向かう途中で聞いたショパンの心情が表れているとか言われていますね。
ハ短調なのに、そうとは分からない和音で始まるところや、長調で終わると見せかけてハ短調にもどり、最後はやっぱりハ長調で終わってるといった、調性に焦点を当てて、不安定さが表現されているという解説。
「ベートーヴェンだったらハ短調の主和音で始めてる」と言って悲愴ソナタの冒頭を弾いて比較してくれたのには、大いに納得です。
この曲は、ドラマチックに弾き過ぎると恥ずかしい感じがすると私は思っているのですが、なかみっちゃんの演奏はもちろん全然そんなことなくて素敵(*´▽`*) 昔よりさらにサラサラ弾いてる気がしました。おそらく、プレイエルと運命の出会いの結果、演奏が変わったのだと思います。楽器との出会いによって演奏が変わる!!と改めて実感しました。
「おお、これはいい」と、お気に召したらしいカツノリ。ショパン苦手っていうより、優雅なのがあんまり好きじゃないだけじゃないの?笑

3番目、最後は『バラード1番』の短縮版。この曲にはショパンの二面性が表れていると解説してましたが、私はどういう風にカットしたのかにばかり関心が行ってしまって、それ以外のこと、忘れちゃった(^^;;
この曲には、メロディが別のメロディに移り変わる場面で、旋律的でないパッセージが「繋ぎ」になってることが多いのですが、そういう部分を中心にカットしてたようです。あとは、主題が3回現れるのを2回にしてたり…。
で、このカット版を聞いて思ったのが、以前『バラ1 vs バラ4』でも書いた、バラ1はオペラ的ということ。カットされた「繋ぎ」っぽい部分って、オペラのレチタティーヴォ・セッコ(セリフと音楽の中間みたいな感じで、アリアの間に挟まれてるやつ)みたいなものじゃない?という気がしたのです。オペラの大昔の録音ではセッコをカットしているのが多いのですが、なかみっちゃんのバラ1短縮版を聴いていると、それに通じるものを感じました。
やっぱり、バラ1ってオペラなんだな~~♪♪なんて考えているうちに、あっという間に番組は終わってしまいました。

最後はカツノリも「ショパン好きになりました」と言って、めでたしめでたし(笑)
「ショパン苦手」って、どこまで本気でどこまで番組上の演出なのかよく分かりませんが…。
ともあれ、かなり楽しめました(≧▽≦)

tag : ショパン,ワルツ,エチュード,バラード,仲道郁代,ららら♪クラシック,

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 献呈 BWV862 メンデルスゾーン 幻想即興曲 毎日の練習曲 調律 平均律第1巻 ハイドン 近藤由貴 レンタル練習室 春の歌 青柳いづみこ Hob.XVI:34 ベトソナ22番 ロマンスOp.28-2 ハノン アラフィフ肩 フランス組曲 幻想曲 ブラームス シューベルト チェルニー30番 無謀曲 K.331 ららら♪クラシック ベトソナ10番 グリーグ 四十肩 BWV858 五十肩 ドビュッシー お菓子の世界 クラビノーバ エチュード 楽譜 パルティータ メトロノーム ベルサイユのばら 選曲会議 こんまりメソッド 変奏曲 インヴェンション スランプ ベトソナ ベトソナ28番 湯山昭 マズルカ 調性 自分の演奏好き? 練習曲 指先から感じるドビュッシー マリー・アントワネット さくらももこ ワルツ バラード2番 バラード 抒情小曲集 グランドピアノ 和声法 理想の先生 令和 D960 D959 ブルグミュラー K.576 旅する作曲家たち スケール ピアニストは指先で考える ウィンナ・ワルツ K.334 ピアノ椅子 イリーナ・メジューエワ ヨハン・シュトラウス 「亡命」の音楽文化誌 選曲 ヴァイオリンソナタ 好きな調 こんまり 電子ピアノ バイエル リズム変奏 チャイコフスキー ドゥシェック K.574 トルコ行進曲 部分練習 植山けい 土田京子 アルマンド 気象病 展覧会の絵 ムソルグスキー 交響曲 梅雨 24番練習曲 ソナチネ クレメンティ 久元祐子 リサイタル モシュコフスキー 左手のための24の練習曲 変イ長調 高橋多佳子 中村紘子 鷲田清一 響ホール 無言歌 マリア・テレジア スマホ老眼 北九州 指マッサージ op.118-2 カテゴリー ワルトシュタイン リシエツキ 間奏曲 チェンバロ ピヒト=アクセンフェルト 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.119-2 ハプスブルク家 op.118-5 op.117-1 ハプスブルク帝国 ト長調 céleste ベレゾフスキー ピアノ記念日 ヴァイオリン ソナタ 楽譜の視覚効果 20の小練習曲 スマホ オスマン帝国 Hob.XVI:50 感情をこめて弾く 書き込み ピアノ騒音問題 演奏と喋り方 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 小ジーグ クーラウ バックハウス ランラン ルービンシュタイン キーシン メソッド・タリアフェロ パスカル・ドゥヴァイヨン マズルカOp.7-1 ポロネーズ グランド・ソナタOp.37 カデンツ ツィメルマン 似合いそうな曲 魔笛 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 夜の女王のアリア 曲名の略称 ピアニストは面白い 山枡信明 プチトリアノン 妄想 ポルカ ウナコルダ 教則本 似合う曲 タグ 交響的練習曲 苦手な曲種 マーチ 左ペダル アルペジオ 行進曲 D915 アルベニス 整体師 リスト編曲版 全調スケール 平均律 半音階地獄 島村楽器 折々のことば 田部京子 オーストリア国歌 イギリス国歌 クリアファイル 練習崩壊 チェルニー24番 コピー譜 サンタクロース K.623a クリスマス 好きな作曲家ランキング ブルグミュラー18の練習曲 五線紙ノート 宮川彬良 伊藤恵 声部書き分け 田園ソナタ 和声法がさくさく理解できる本 マリア・ジョアン・ピリス トロイメライ クララ・シューマン クラシックキャットトートバッグ 近藤麻理恵 お片付け祭り 愛の挨拶 エルガー 上原彩子 川嶋ひろ子 ベトソナ16番 ベトソナ18番 内田光子  K.310 K.570 モーツァルトの手紙 礒山雅 飛躍 アンドラーシュ・シフ 静寂から音楽が生まれる ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲 コンサート動画 千住真理子 巡礼の年報 18の小品Op.72 ラフマニノフ 前奏曲 マスタークラス エキエル 新型コロナ カウンセリング 音楽における十字架 ペダル マズルカOp.59-2 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン ピアノトリオ リピート練習 ベアトリーチェ・ヴェネツィ 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 看護師の日 ナイチンゲール リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 和声法がぐんぐん身につく本 合奏譜 クロスリズム イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 減7の和音 まるむし帳 短音階 導音 諸井三郎 アップライト 脱力 音色 タッチ D946 駅ピアノ スマホ認知症 ラ・カンパネラ 復習 フランス王妃の受難 岩城宏之 N響 庄司紗矢香 哀しみ 丑三つ時 ポーランド 楽典 K.533+494 永遠のショパン ゆっくり弾き クラシック・エイド グラナドス 「聴く」ことの力 三瀬高原音楽祭 プレイエル 電子書籍 K.412 K.537 バトン リヒャルト・シュトラウス 英雄の生涯 ピアノ愛好者16の質問 幻想曲あるいはカプリス クラ―マー=ビューロー トンプソン ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 電子メトロノーム 伝説 ヴィルヘルム・ケンプ おんぶにだっこ つるかめ算 m.g. m.d m.s. チェルニー50番 ダイエット リズム練習 スタッカート練習 ブログ 恋するクラシック 手ペシ K.543 演奏会用練習曲 貴婦人の乗馬 スティリアの女 ノクターン K.457 小プレリュードと小フーガ フォーレ 田島令子 シュタイヤー舞曲 音楽と文学の対位法 ら抜き言葉 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR