FC2ブログ

楽譜の整理でも「こんまりメソッド」の効果絶大!!

私の聖域中の聖域、ピアノの上に積み上げている楽譜にも整理の手を伸ばしてみました。方針は、10月あたりから凝っている「こんまりメソッドつまみ食い」です。

まず、ピアノの上の楽譜の山を、床に下ろして並べる。楽譜とファイル入りコピー譜を手に取って、萌えるか確認して、萌えるのは残す。本当にときめいたかどうかアヤシイのもありましたけど、この2種類は全部残しました(≧▽≦) ま、聖域だからね。次に、楽譜のコピーのうちファイルにしまってないやつ。既に楽譜を買って不要になってたり、イマイチ萌えないから捨ててもいいやというのも何点かあり、ほんのわずか処分されました。

で、大事なのはここからです!
「こんまりメソッド」の収納の原則に「立ててしまう」というのがあります。考えてみれば当たり前なんですけど、これが全然できてなかった。ピアノの上に並べて積み上げてるんだもんねぇ(^^;;
とりあえず、本棚4区画分に冊子になっている楽譜を立てて並べて行ったら、「全然スペース足りないでしょ~~」という予想を覆して、かなり収まってしまいました。「立てて収納」の効果、おそるべし\(◎o◎)/!

ただ、ピースの扱いはまだ決まっていません。立てればあっという間に収まるのは目に見えているけど、ピースはよほど大曲じゃない限り、背表紙に曲名が書いてないから、あとで探すのに苦労しそうで躊躇しているんですよね。いい方法ないものでしょうか??何かグッド・アイディアがあったら教えて頂けると嬉しいです(*^^*)
あと、現在練習中の曲の楽譜だけは、ピアノの上に置くことにしました。例えば、チェルニーなんて、しまう方が無駄なような気がします(笑)

ピアノの上も「こんまりメソッドつまみ食い」でスッキリヽ(^o^)丿
だけど、まだまだ終わらないお片付け(>_<) グランドピアノを置けるまでになるには長い道のりが続きそうです。

何はともあれ、「立てて収納」の威力は素晴らしいです。そういえば、衣服も畳んだのを立てて並べるようにと「こんまり本」(←ついに買ったらしい)に書いてありました。


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : こんまりメソッド,こんまり,

半音階地獄に萌え(なのか・・・??)

チェルニー 40-31

数日前から練習を始めたチェルニー40番の第31番。半音階のための練習曲で、まさに『半音階地獄』です。チェルニーのメトロノーム指定がオカシイのはいつものことですが、これを付点2分音符=60、つまり1小節=60で弾けなんてねぇ…(>_<) もちろん、私は、そんなテンポは目指しません、というか、目指しても無駄と言うべきか。

出だしは右手が半音階で左手は和音の刻み、しばらくすると左右が入れ替わります。チェルニーは左手軽視、というのがチェルニー批判の定番の一つにありますけど、この曲は当てはまりませんね。

チェルニー40-31 13-15小節

もうしばらく進むと、↑この譜例のように、左右が短3度の間隔で閉口します、じゃなくて並行します。いや、弾く身としてはは「閉口します」のほうが合っているのですが…(笑) この部分が、全曲中で一番弾きづらいです(*_*; 超スローテンポで指使いを手に覚え込ませてます。音階は、ちょっとインチキな指使いをしてもまだ何とかなりますが、半音階は全くと言っていいほど誤魔化しがきかないですね。弾くときの手の形とかも含めて色々研究中です。成果が出てきたらレッスン記に書きます('◇')ゞ

でも、何だか萌える(*´▽`*) それなりのテンポでスムーズに弾けたら、さざ波のような感じになるんじゃないかと想像してます。あるいは、風に揺れる木の葉?

私は、チェルニーやるのに、役に立つかどうかはあんまり考えていなくて(ゼロではないですが)、単に萌えるからというのが大きいです。 最近少し凝っている、お片付け「こんまりメソッド」の極意は、「ときめくものだけ残す。ときめかないものは手放す」ということらしいですが、まあ、それと同じようなことでしょう。逆に、そう思うと、片付けの原理って実は難しくないのね~~

これから何か月かかるかわかりませんけど、『半音階地獄』を楽しみたいと思います。そこそこ弾けるようになったら、呼び名が『半音階地獄』から『半音階天国』に変わるかも!?笑


にほんブログ村

tag : チェルニー40番,半音階地獄,こんまりメソッド,

楽譜は別腹です!!笑

27か月間途切れずに続いた、1か月に二桁回数更新が、先月でついに途絶えてしまいました。悔しい一方で、プレッシャーからの解放感もあったり、記録に再挑戦する楽しみも生まれたり、まあ、心機一転の良い機会かもしれません。そして、一番大事なのが、途切れる最大の原因になったのが、グランドピアノのある生活を目指して「こんまりメソッドつまみ食い、お片付け祭り」に取り掛かったからだということ。ピアノライフの充実のためなんだから、10月最後の1週間、疲れてブログ書けなかったけど、むしろ喜ぶべきということにしておきましょう('◇')ゞ

ピアノ自体は、地味に細々とやってます。
ここ数日は、バッハ平均律1巻の17番が中心です。フーガの譜読みにハマってます(≧▽≦)
それから、シューマンの3つのロマンスより第2番。これも譜読みが楽しい♡

肝心の「お片付け祭り」は、メソッド通り「衣類⇒本類⇒書類⇒小物類⇒思い出品」(ただし衣類は片付けの対象から外してる)の順番でやってますが、かなり大変です。書籍はそれなりに、搬出しました。多少は満足してます。

前回の記事で「楽譜は分類的には、冊子になっているのは書籍、コピー譜は書類でしょうけど、全部取っておく」なんて書きましたが、コピー譜をいざ引っ張り出してみると、バラバラになって一部が紛失してしまっていたり、皺だらけになって使い物にならないのが結構あったりする。全部取っておくったって、そんなの使い物にならないですからね…。

欠損部分をコピーし直そうかと思案していると、先生役の私の悪魔の囁きが…(笑)

先生「楽譜は別腹でしょ?コピーなんか捨てて、楽譜買えばいいじゃないの?」
「モノを減らしているのに増やすなんてできません(>_<)」
先生「減らすこともさることながら、管理しやすくすればいいのよ。それには冊子になっている楽譜を買うのが合理的だと私は思うな~」

と、丸め込まれて、楽譜1冊買いましたよ(笑)
買ったのは、東音出版の『ブルグミュラー18の練習曲』(*´▽`*)

ブルグミュラー18の練習曲
↑この子です!
表紙も気に入ってます。

大人も子供も大好きなブルクさん♡
実は『18の練習曲』は持っていなくて、でも、気になる曲が何曲もある曲集です。5番『泉』、7番『子守歌』、9番『夜明けの祈りの鐘』あたり、特に気になります。こういうのを抜粋してコピーしていたのが散乱してワケわからなくなっちゃってたんですよ。

買って大正解でした!
散らかっているコピー譜を処分でき、スッキリ管理しやすそう。
そして、「お片付け祭り」で疲れてヤヤコシイ曲を弾く気力がない時に、癒されるのに打ってつけ(*´▽`*)
いや、もちろん、決して、ブルク18が易しいなんて思ってませんよ。

こんなことで「お片付け祭り」は大丈夫なのか、また別の楽譜を「別腹!」の一言で正当化して調達してしまうんじゃないかしら?という心配を抱きつつ、ブルク18を沢山弾きたくてワクワクしています♪♪←全然大丈夫じゃないね、これ…(^^;;


にほんブログ村

tag : お片付け祭り,こんまりメソッド,ブルグミュラー18の練習曲,

「こんまりメソッド」つまみ食いしてみる~~

グランドピアノのある生活に向けて、まったり片づけを進行中なのですが、亀のごとく歩みが遅いっっ(>_<)
これではいかんと思って、世界中で大ブレーク中という噂の近藤麻理恵さんの「こんまりメソッド」を少しだけ覗いてみました。こんまりちゃんの本を買う前に、まずは公式HPでエッセンスを研究です。

おおっ、メソッドを5か条にまとめてくれているじゃないですか。何という親切設計なのでしょう。ピアノ奏法のメソッドとはえらい違いだ(笑)

公式HPで、こんまりメソッド™️『5つの原則』を見てみましょう。

ルール1 「理想の暮らし」を考える


ふむふむ、「自分が『片づいた部屋で生活している様子』がありありとイメージできるくらい、具体的に考えるのがポイント」ね。それは、グランドピアノとロココ風の調度品に囲まれた、NU音楽院プチトリアノン校の一角をイメージした部屋づくり(*´▽`*) 以前書いた記事『レッスンの妄想だけでは飽き足らず・・・』の要素を少しでも実現したいと、ありありとイメージしてます(笑) ん?やる気が倍増してきたぞ?こんまりちゃん、さすがカリスマだわ~~。それとも、私が乗せられやすいタイプなだけなのか(^^;;

ルール2 「モノ別」に片づける


あっ、そうか!!場所ごとに片づけようとして玉砕してたわ。目から鱗です。
「モノの量を把握するためには、自分の持っているモノをカテゴリー別に収納から出して見てみることが重要です」って。引っ張り出してみなきゃダメなのね。試してみます('◇')ゞ

ルール3 触った瞬間に「ときめき」を感じるかどうかで判断する


残すものを決める時の基準は「ときめき」を覚えるかどうかだそうです。手に持って眺めてみて「萌え(*´▽`*)」となるかどうかですよね。「こんまりメソッド」が合うか合わないかは、ここが分かれ目らしい。「そんな曖昧な基準あるかよ」と思ってしまう人には合わない(笑) でも、私にはピッタリの判断方法です。

ルール4 正しい順番で片づける


「正しい順番」というのは、衣類⇒本類⇒書類⇒小物類⇒思い出品。
衣類はそんなに多くないのでパス(笑) あと、楽譜と音楽書は聖域にします。冊子になっている楽譜は「本類」、コピー譜は「書類」なんでしょうけど、そのあたりは全部取っておく!!手に取って判断しなくても「ときめく」ことは自明なので。あっ、でも、整理整頓はしなきゃいけないよねぇ。それで、もう少し調べてみると、収納の原則は「立てる」ことらしい。ゴメンナサイ、楽譜をやたらと平積みにしてました。←何で謝ってるんだろう?? 
本を「萌えるかどうか」で判断してみると、やっぱり、仕事の参考になるかもと思って買ったものに萌えないのが多いですね。すぐにデータが古くなって使えなくなってしまうような性質のものは、よほどのことが無い限り買うべきじゃないのね~~。当たり前だけど、改めて気づかされました。そもそも、買う時に「萌えるかどうか」で判断すればいいんだわ。

ルール5 家にある「あらゆるモノの定位置」を決める


うっ、分かってはいるけどなかなか実践できない「定位置決め」(>_<)
子供の頃、親にそう指摘されてよく怒られてました。ちょうどアントワネットがテレジア様に手紙でネチネチと説教されてるみたいに…。でも、治らないものは治らないのよね~~。とはいえ、親の言うことは馬耳東風でも、こんまりちゃんが言うなら「そうかも」と思ってしまうのが不思議です。子供の躾ってややこしいですね。あれ、何の話をしてたんだ??

そうこうしているうちに、『人生がときめく片づけの魔法』(←こんまりバイブル)が欲しくなってきてしまいました。いや、せっかくモノを減らしている最中に、またモノを増やしちゃいかんでしょう。ということで、踏みとどまってます。とりあえず、メソッドつまみ食いで、行けるところまで行こうかなと。きっと、苦労の先にはグランドピアノとロココ風の調度品が待ってる!!(はず(笑))


にほんブログ村

tag : こんまり,こんまりメソッド,近藤麻理恵,

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト ショパン チェルニー 仲道郁代 ベートーヴェン リスト K.311 献呈 幻想即興曲 メンデルスゾーン ハイドン レンタル練習室 春の歌 近藤由貴 BWV862 青柳いづみこ Hob.XVI:34 ハノン 調律 ロマンスOp.28-2 幻想曲 平均律第1巻 ベトソナ10番 K.331 グリーグ 無謀曲 ブラームス チェルニー30番 BWV858 ららら♪クラシック ドビュッシー フランス組曲 シューベルト 選曲会議 ベトソナ 湯山昭 こんまりメソッド エチュード 四十肩 五十肩 ベルサイユのばら お菓子の世界 楽譜 アラフィフ肩 変奏曲 ベトソナ22番 指先から感じるドビュッシー クラビノーバ 抒情小曲集 バラード2番 さくらももこ メトロノーム 和声法 パルティータ マリー・アントワネット バラード ワルツ 練習曲 インヴェンション 調性 自分の演奏好き? グランドピアノ ウィンナ・ワルツ 久元祐子 スマホ老眼 クレメンティ 指マッサージ リズム変奏 トルコ行進曲 K.574 展覧会の絵 ムソルグスキー 電子ピアノ 鷲田清一 左手のための24の練習曲 リサイタル モシュコフスキー ドゥシェック バイエル D960 D959 マズルカ 理想の先生 ヨハン・シュトラウス 選曲 スケール アルマンド イリーナ・メジューエワ 中村紘子 ソナチネ 土田京子 好きな調 K.334 ピアニストは指先で考える 植山けい 交響曲 響ホール ピアノ椅子 「亡命」の音楽文化誌 ブルグミュラー 北九州 部分練習 ヴァイオリンソナタ 旅する作曲家たち 令和 こんまり クララ・シューマン 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 田園ソナタ 演奏と喋り方 ツィメルマン ピアノ騒音問題 書き込み スマホ トロイメライ マリア・ジョアン・ピリス 声部書き分け 五線紙ノート 20の小練習曲 感情をこめて弾く 伊藤恵 変イ長調 宮川彬良 楽譜の視覚効果 左ペダル ウナコルダ アルペジオ つるかめ算 伝説 m.g. m.s. 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ ヴィルヘルム・ケンプ 行進曲 タグ 和声法がぐんぐん身につく本 交響的練習曲 オスマン帝国 似合う曲 合奏譜 マーチ 苦手な曲種 教則本 おんぶにだっこ 和声法がさくさく理解できる本 エルガー サンタクロース クリスマス コピー譜 クリアファイル ベトソナ28番 メソッド・タリアフェロ K.623a リスト編曲版 全調スケール オーストリア国歌 イギリス国歌 バックハウス ランラン 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 毎日の練習曲 ベトソナ18番 ベトソナ16番 ルービンシュタイン キーシン 練習崩壊 チェルニー24番 整体師 パスカル・ドゥヴァイヨン お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 小ジーグ 好きな作曲家ランキング Hob.XVI:50 近藤麻理恵 川嶋ひろ子 魔笛 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ クーラウ 島村楽器 チャイコフスキー 半音階地獄 カデンツ 平均律 グランド・ソナタOp.37 ポロネーズ 折々のことば 田部京子 マズルカOp.7-1 無言歌 上原彩子 曲名の略称 ゆっくり弾き アルベニス 「聴く」ことの力 シュタイヤー舞曲 三瀬高原音楽祭 グラナドス フランス王妃の受難 まるむし帳 導音 短音階 復習 音楽と文学の対位法 電子書籍 フォーレ 岩城宏之 哀しみ ペダル N響 庄司紗矢香 プレイエル 永遠のショパン 田島令子 K.533+494 減7の和音 クロスリズム K.412 タッチ 音色 脱力 K.576 K.537 恋するクラシック 手ペシ 演奏会用練習曲 K.543 スタッカート練習 D946 諸井三郎 スティリアの女 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 アップライト 貴婦人の乗馬 ブログ 駅ピアノ ラ・カンパネラ スマホ認知症 丑三つ時 楽典 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.118-2 間奏曲 ピアノ愛好者16の質問 ピアノ記念日 ヴァイオリン op.117-1 céleste トンプソン 幻想曲あるいはカプリス バトン リヒャルト・シュトラウス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら リズム練習 電子メトロノーム m.d 妄想 プチトリアノン D915 ピアニストは面白い 英雄の生涯 山枡信明 op.118-5 op.119-2 気象病 ソナタ ハプスブルク帝国 ハプスブルク家 カテゴリー ワルトシュタイン ポーランド ノクターン ら抜き言葉 似合いそうな曲 マリア・テレジア K.457 ダイエット チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー ト長調 チェンバロ 小プレリュードと小フーガ ベレゾフスキー 高橋多佳子 ピヒト=アクセンフェルト リシエツキ 夜の女王のアリア 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇一時休止中
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR