FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

読書メモ:底なしにダークなエッセイ『おんぶにだっこ』 by さくらももこ

さくらももこさんのエッセイ『おんぶにだっこ』を読みました。私の「さくらももこコレクション」に最近加わった一冊です。著者の他のエッセイは、いずれも小3~大人が舞台ですが、この本は初めて(そして最後の)、それ以前のお話です。記憶力がすごく良くて、2歳半ぐらいのことでも鮮明に覚えているものがあるとか…。で、内容ですが、ややこしそうな哲学書やシリアスな文学も顔負けの底なしに深刻な内容に、ビックリしました。さ...

続きを読む

さくらももこさんのエッセイ『おんぶにだっこ』を読みました。私の「さくらももこコレクション」に最近加わった一冊です。著者の他のエッセイは、いずれも小3~大人が舞台ですが、この本は初めて(そして最後の)、それ以前のお話です。記憶力がすごく良くて、2歳半ぐらいのことでも鮮明に覚えているものがあるとか…。

で、内容ですが、ややこしそうな哲学書やシリアスな文学も顔負けの底なしに深刻な内容に、ビックリしました。さくらさんの本の魅力は、ナンセンスな笑いやホロリとさせられる感動の中に思わぬ深い内容が含まれていたりする点なのですが、『おんぶにだっこ』は、小さい子供の頃の話だというのに、ストレートにダーク(^^;;

特にヘビーな感じを受けたのを並べてみますと…。
友達の家から思わず綺麗なビーズをいくつか盗んできてしまって、良心の呵責にさいなまれる話。自分の祖母と近所のおばあちゃんが相次いで亡くなって、死の概念について初めて知った話。クラスメートのランドセルにキズをつけてしまい、そのことを言い出せず、しかも別の人が犯人ということになって苦悩する話。いじめられっ子を引っぱたいてしまった後、やるせない悲しい気持ちに陥った話。などなど。作者本人もあとがきで書いておられる通り「なんとも言いようのない読後感に見舞われる内容ばかり」なのです。

作者によれば「爆笑でもなく、感動でもない、何か」を伝えたかったそうです。その一つは「人間の根源的な部分への帰還」。これって哲学そのものですよね。「人間の思考回路の仕組みに気づいた時のことや、善悪の判断や、死の概念等、ある時、いつか誰でも気が付いた時があったはずだ。(中略)それは人格形成への大きな影響を及ぼした瞬間であり、すごくシンプルな自分の魂の骨格が見えてくるだろう」と、あとがきに書いています。

それから、伝えたかったもう一つの大きな要素は、人間は幼いころはピュアだったのが、成長とともに大人になるにしたがってピュアでなくなる、とよく言われるけど、それは本当にそうなのか?という疑問だそうです。これについても、あとがきに印象的で納得できることが書かれていますので、少々長くなりますが引用します。

人が大人になってゆくというのは、どういう事だろうと私はよく考えてきた。そして、出た答えは、経験をし、その意味に気づき、理解し、理解の中から生まれた知恵を生かしてゆく事、これが大人になってゆくという事だろうと思ったのだ。この答えは今でも変わっていない。

だから「大人は汚い」とか「汚れてゆく」とか言う人の話をきくと、そういうもんじゃないと思うけどなァ……と思っていた。

ひとつひとつの経験の中で、いろいろな意味に気づき、それについて悩み、苦しみ、そして理解し、そこから生まれた知恵を次につなげて成長してゆく事が、汚れているだろうか。理解から生まれた知恵は美しい。熟練し、洗練された魂で生きている人は本当に素晴らしい。生まれたままの幼い子供よりピュアだと思う。



でも、経験と知恵のバランスがおかしい大人の場合は…。
あとがきの続きを再び引用してみます。

経験を、単に場数として捉え、そこに含まれる意味を見逃し、知識だけを増やし、小手先だけが器用になっている人もいる。そういうのは汚い大人に見えると思う。

知識は役に立つ。でも道具にすぎない。それをきちんと利用できるのが知恵だ。知恵を得るには、いろいろな事にきづかなければならない。そして悩み、苦しみ、理解しなければ得られない。面倒臭くても辛くても、物事に向き合わなければ得られないのだ。


この通り、著者は容赦がありません。
容赦ないんだけど、本当にその通りだと思います。残念ながら、そういう大人って多い気がするし…。

人を笑わせるのが大好きだったさくらさんの原点は、やはり、極度に内向的で思索的で観察眼の鋭い、そして独特の思考回路を既に持っていた子供時代にあるようです。その上に人生経験と知恵を重ねて哲学的な笑いを花咲かせていったのだなぁ、何とすごい人だったことか!!と改めて驚嘆しています。

音楽で言ったら、チャイコフスキーの『悲愴交響曲』のフィナーレか、シューベルトの暗い曲か、ショスタコーヴィチの深刻な曲か、という感じに救いようのない暗さの本作『おんぶにだっこ』。万人にお勧めするような内容の本ではないのですが、興味を持たれた方がいらっしゃったら手に取ってみてください。

一昨日はさくらさんの一周忌だったので、久しぶりに、私の「さくらももこコレクション」から一冊ご紹介してみました。


にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : その他の書籍

Tag: さくらももこ おんぶにだっこ | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by さっちん
ご無沙汰しておりました。
このあとがきは、めちゃくちゃ感動しました。有難うございます。
本当にその通りですね、
幼いころはピュアなのか?
これもすごい疑問でしたし。だって、人間の本質的な部分が大人になった今も昔も変わったとは思えないんです。
だからこそ
「熟練し、洗練された魂で生きている人は本当に素晴らしい。生まれたままの幼い子供よりピュアだと思う。」
こういう人にあこがれるし尊敬します。
人は努力の末少しずつ人間になっていくものなのですね。

Re: さっちんさんへ * by NekoUshi
さっちんさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます~~(*^^*)

感動を共有できて、とても嬉しいです!

> 幼いころはピュアなのか?
> これもすごい疑問でしたし。だって、人間の本質的な部分が大人になった今も昔も変わったとは思えないんです。
> だからこそ
> 「熟練し、洗練された魂で生きている人は本当に素晴らしい。生まれたままの幼い子供よりピュアだと思う。」
> こういう人にあこがれるし尊敬します。

意外と幼い頃って、ずる賢かったり悪だくみをしたりしますもんね(笑)
それも、無意識のうちにそうだったりするので、幼い子供って、ピュアと言うより本能のままに生きてるだけかもしれません。

> 人は努力の末少しずつ人間になっていくものなのですね。

あっ、このフレーズ素敵です!!人生の目標は人間になること。
お互い「熟練し、洗練された魂」を目指して頑張りましょう('◇')ゞ