fc2ブログ

少し復活!!&若干の迷いも生じ中(;^_^A

こんにちは、NUです('ω')ノ
寒いので冬眠しかけていましたが(笑)、春までそれを続けるわけにもいかないので、少しずつピアノの練習も復活してきました。

石油ファンヒーターをピアノに向けて(至近距離からではないです)温めたりと、涙ぐましい努力をしています。温度の変化でピアノが狂うかもしれないけど、背に腹は代えられません。

チェルニー40-36、バッハ平均律第1巻9番のフーガ、ショパン『蝶々のエチュード』、バラード3番。この辺りをやっています。久しぶりの本格的な練習は楽しいわ~~🎵🎵

つまらない曲の見本みたいに見えたチェルニー40-36が意外と面白くてハマリそうです。そうだった、この曲には『カール』という愛称をつけていました。

『蝶々』は、練習したり休んだりを繰り返しているので、長くやっているわりにはさっぱり弾けるようになりませんが、やはり楽しいです。『蝶々』のお陰で、軽やかな跳躍が前よりは少しだけ苦手ではなくなってきたような気がします。

バラード3番への愛は、言うまでもないです🌹🌹
難所を発掘して、ゆっくりゆっくり手に馴染ませています。バラ3は長い(曲自体が長いというのと息遣いが長いという2つの意味で)曲なので、あんまり部分練習に偏り過ぎないようにしようかなと思っています。

ブラームスのラプソディ2番。これもすっかり気に入ってしまっているのですが、今回名前が挙がっていないのは、思ったより何とかなりそうなので、ショパンを優先しているためです。飽きたわけではないですよ(笑)

むしろ、楽しく思えたり楽しくなく思えたり、微妙なのは、平均律第1巻9番です。楽しくないことの方が多くて、時々、いや意外と楽しいかも?と思い直しているような感じで…。聴き惚れて練習課題にしたというのに、一体どうしたことでしょう? 『カール』の方が遥かに萌えるんですけど…笑

バッハに取り組む時って、どうしても「お勉強」の意識が出てしまうのがいけないのかもしれません。「お勉強」も大事だとは思いますが、苦になるようならこの曲は思い切ってやめてもいいかなぁ。いやいや、ハマった時は萌えるので、まだ見限るのは早いぞ!!と、やや葛藤中です。次回の一人二役のレッスンで、先生役のMAさんに相談してみます。

寒さはまだ続くようなので、風邪やインフルエンザに気を付けて乗り切りましょ~~う!!


にほんブログ村
スポンサーサイト



燃え尽きないように少しクールダウン

こんにちは、NUです🌹🌹
何かもう、めちゃくちゃ寒いですね(>_<)

バラ3祭りで舞い上がり過ぎて、「このペースだと身が持たないよなぁ、燃え尽きるよなぁ」と心配していたら、タイミングよく寒波が襲ってきたので、自然とペースを落とすことができました。

私のピアノ部屋は暖房が不十分なので、寒い時は、思うように練習できません。手はかじかむし、冷たい鍵盤から体温を吸い取られるし…。ピアノ熱やピアノ愛も自然には勝てません。割とお手上げです(>_<)

その分、暖かい別の部屋で「文字通りの譜読み」(楽譜を広げて目で追うだけ)をしたりして、練習の仕方をあれこれ考えたり、今後の一人二役レッスンの準備をしたりしています。まあ、これはこれで意義深いです。別の形のピアノ愛ということにしておきましょう(笑)

思いがけず寒波のお陰でペースダウンできたのは良かったです。燃え尽き症候群に陥らずにすみそうです。

とはいえ、「もっとピアノに向かいた!!」と鬱憤がたまってきますね。これをエネルギーに、寒波が去ったらまた爆発的に(笑)、ピアノを弾くんじゃないかと思っています。

テンション下がってしまったのでブログも少し空いてしまいましたが、とりあえず近況です~~


にほんブログ村

今日はバラ3祭りをしてみました🌹🌹

こんにちは、NUです🎹🎹

今日は何となく寝不足で眠気が取れなかったので、久しぶりに練習をサボってピアノに会わないつもりでいたのですが、急に気が変わって、バラード3番だけ集中的に取り組みました。

題してバラ3祭り~~🌹🌹

祭りと言っても、単に譜読みしただけなのですが…笑

ゆっくり弾いて全体像を掴んで、難所、つまりは部分練習を重点的にしなければならない個所に目星を付けることを中心にやっていきました。

うわぁ、ここは明らかに大変そう!!という部分も何個所かありますが、それも含めて楽しみ、というか現に楽しいです。バラ3愛がますます深まっています。素敵すぎます(*´▽`*)

遊び弾きの時は音価を間違っていたり、フレージングがおかしかったり、強弱がおかしかったり、音をそもそも間違って覚えていたりと、やらかしまくっていたことも色々と発見できました(;^_^A 

それを、あーでもない、こうでもないと、少しずつ直していくのです。

だからと言って、遊び弾きして悪い癖がついたので後悔しているなどということは全然ありません。ゼロです!←断言しちゃった(笑)

悪い癖なんて、丁寧に練習して行けば何とかなりそうです。それに、遊び弾きを積み重ねて、バラ3と長い時間を過ごして愛をはぐくんできた結果、今の練習がこんなに幸福感に満ちているのに違いありません。

実際にピアノに向かった後は、一人二役の先生役MAにキャラを乗り換えて(笑)、曲の分析を少ししました。まあ、大雑把な構造の把握ですね。

MA目線でも、「まあ、何と素敵な天才的なソナタ形式の使い方なのでしょう。ミルフィーユのような分かりやすく丁寧な作りで、それなのに複雑な味わい💖 素敵すぎます❣❣」と、興奮しまくりです。

唯一不安があるとしたら、こんなに舞い上がってしまって、ベルサイユ姉妹はバラ3の一人二役のレッスンをすることができるのでしょうか?笑 

本当に弾きたい曲に取り組むことの充実感って物凄いです。ここまでとは予想していませんでした。どうしても弾きたい曲は、いくら無謀でもチャレンジするに限ると思います。皆さまも、そんな曲があれば是非~~


にほんブログ村

tag : ショパン,バラード3番,

最近よく顎が外れかけます(;^_^A

こんにちは、NUです(^o^)丿
いや、タイトルそのまんまなのですが…。

ピアノを弾きながら奥歯を食いしばってはいけないと、よく耳にしますね。

その心は、奥歯を食いしばるのは余計な力が入っていることに他ならないから、ということでしょう。あと、奥歯を痛めるのも困りますしね…。

最近、私は「奥歯食いしばり」から脱することができたようです(≧▽≦)

余分な力が更に抜けたらしいということで、めでたいことです㊗🎊

しか~~し!!
顎を保持するのに必要な力まで抜いてしまうのか、ピアノを弾きながら顎関節が外れかけることが増えました(;^_^A

本当に外れてしまったらシャレになりません。それに、どんな間抜けな顔して弾いているのか想像すると、ゾッとします。何か対策を考えなければ…。

あっ、効果あるかも知れないことを、たった今、思いつきました。それは、音名を唱えながら弾く!!強弱の指示や発想標記を唱えるのも有益かも!?これから早速試してみます💡


にほんブログ村

tag : 脱力,

行き当たりばったり練習と決別しなければ・・・

こんにちは、NUです(^^♪
今年のメインの曲が決まったので、早速、超絶スローテンポで譜読みを始めています。

ショパンのバラード第3番(変イ長調)と、ブラームスのラプソディ第2番(ト短調)です。

バラ3は遊び弾きをそれなりにしてきたので、変な癖がついてしまっているのか、それとも遊び弾きが無駄ではなかったのか、皆目見当がつかず、この曲を本気で練習するのはどういう感触かドキドキでした。いざ譜読みに取り掛かってみると、まっさらな新曲と同様の感覚でした。遊び弾きとガチの練習は別腹らしいです(笑)

そして、本命曲に取り組めることの幸せ!!
こんなに幸せなことがあってもよいものかしら?と、何だか怖くなってきました。

ブラームスのラプソディ2番も、かなりハマっています(*´▽`*)
深い音で若々しいエネルギーとパッションが織りなす世界が何とも素敵です。指を大きく広げるのが大変ですが(一部、音を省略しなければいけないかも)、不思議な和声進行がないので、意外と音を取りやすそうなのが嬉しいです。

バラ3と対照的で、とても良い選曲でした🌹🌹

こんな感じで浮かれているのですが、浮かれてばかりもいられません。調子に乗って練習課題を増やし過ぎたので、これまでのような行き当たりばったりな練習では、行き詰まるのは目に見えています。少しでも計画的な練習ができるように工夫するのも、今の大事な課題です。

優先順位や、一日にやる曲数や、各曲の練習間隔を最大どれぐらい空けていいか、それぞれの曲を分割練習するための大まかなパーツ分けなど、目安を立てることを考えています。今この場でというわけではなくて、少し様子を見ながらです。

あと、練習の記録をもっと丁寧に記録していこうと思います。それには、紙のノートを使います。紙の方が、思いついたことを後から追加でメモしやすいですからね。

この決意がどれだけ続くか自信ないですが、行き当たりばったり練習との決別に至ればいいなぁと思っています。


にほんブログ村

選曲会議:メインディッシュ2皿、いや、2曲決まりました🎵🎵

気づけば、あっという間に1月ももう半分が過ぎようとしています。それなのにメインのレッスン曲をまだ決めていないなんて、いくらなんでも、のんびりし過ぎですね。というわけで、今日は、二人二役のピアノ教室ごっこの選曲会議を開きました。

MA(先生)「今回でメイン曲を2曲決めましょう。前回までの記録を見せてくださいな」

NU(生徒)「下の通りでございますわ」

🎵決定
・バッハ平均律第1巻9番 ホ長調

🎵決定(ただし『蝶々』が終わってから)
・ショパン エチュードOp.10-9 へ短調
・ショパン エチュードOp.10-3 ホ長調(別れの曲)
・ショパン エチュードOp.10-12

🎵今すぐ弾きたい曲候補
・シューマン『幻想小曲集』~第2曲:飛翔
・シューマン『森の情景』~第1曲:森の入り口
・ショパン バラード第3番 変イ長調
・ショパン バラード第1番 ト短調
・ブラームス ラプソディ第1番 ロ短調 Op79-1
・同上 第2番 ト短調 Op.79-2

🎵少し先でもいいけど弾きたい曲候補
・ドビュッシー 前奏曲第1集~第1曲:デルフィの舞姫たち
・ドビュッシー 前奏曲第2集~第5曲:ヒースの茂る荒れ地
・ラヴェル ソナチネ
・ベートーヴェン ソナタ第30番~第1楽章


MA「『決定』と、『少し先でもいい』は外していいですわね。気が変わっていなければ、ですが」

NU「気は変わっていません。なので、『今すぐ弾きたい』の中から、1~2曲を選びたいと思います。でも、ずっと考えあぐねて、結局絞り切れていないのですが…(;^_^A」

MA「ここまで迷いに迷ったのですから、それに、レッスンを始めてから丸5年もたつのですから、そろそろ本命曲に手を着けてはどうかしら?」

NU「バラードとか、バラードとか?」

MA「早い話、そういうことですわね」

NU「バラ1やるかバラ3にするか、迷い中なんですよ」

MA「その2曲は、いずれ両方ともやるのでしょう?先に、『NUの曲』をやるのがいいと思います」

NU「私の曲というと、変イ長調の方、つまりバラ3ですよね。でも、1番もそろそろ着手できそうな気がしてきて、難物を先にやっておきたい気もして…」

MA「そうは言っても、手を痛めやすくなるお年頃に差し掛かっているのですから、大本命の方からチャレンジしていくほうが、万が一の時に後悔が少なくなって、正解のような気がします。ここは、私の権限で決めることにしますわ。バラード3番にしましょう」

NU「まあ、嬉しい💖 やっぱり『私の曲』に決めていただいて良かったですわ」

MA「そうでしょう、そうでしょう?」

NU「もう1曲は、シューマンかブラームスか…。やはり『森の情景』が気になります」

MA「第1曲『森の入り口』ですよね。もしかして、この曲、簡単に終わりそうとか思っていませんか?」

NU「この中ではそうかなぁと…」

MA「何となく音は取れるかもしれないけど、神経質なまでに気を遣わないと正しく弾いたことにならない、実は厄介な曲ですよ。声部ごとのアーティキュレーションが細かいし、表情付けも繊細さを求められるし…」

NU「だんだん怖気づいてきました(笑)。あと、バラ3が基本的に穏やかな曲調なので、ガンガン弾く系の方がいいかもしれないですわね」

MA「シューマンの『飛翔』か、ブラームスの『ラプソディ』2曲のいずれかということになりますわね。ブラームスを今までレッスンでやったことありましたっけ?」

NU「遊び弾きで後期のを弾いてみたことはありますけれど、レッスンではないと思います」

MA「それでは、初ブラームスにしませんこと?」

NU「再び迷いタイムに突入です!笑」

MA「いや、もう決めちゃいましょうよ。ラプソディの2曲は、どちらの方が、より好きなの?」

NU「甲乙つけがたいです(>_<)」

MA「困ったわね~~。それではこうしましょう。無理やり感満載なのですが、調性で決めます。心残りがあるらしいバラ1と同じト短調の2番の方にしましょう。バラ1の身代わりと思って楽しく練習してくださいな(笑)。それに、ラプソディ2番は、左右の手の交差の良い練習にもなりますわね」

NU「今日のMA様、取りつく島がなさそうですし、そもそも異論ありません。ちゃんと決まると、心がシャキッとしますね」

MA「良かったですわ。他の3曲と合わせて、ものすごくヘビーなメニューになってしまいましたけれど、頑張りましょうね。大変過ぎる時は適宜お蔵入りさせながら進めますので、遠慮なく言ってくださいね」

というわけで、メインの2曲はMAさまの采配で、

・ショパン バラード第3番 変イ長調
・ブラームス ラプソディ第2番 ト短調 Op.79-2


に決まりました🌹🌹


にほんブログ村

音階の練習は「スタ練」が良さげ♪♪

連休は、次のレッスン課題を決めるための試し弾きと、スケール(音階)を重点的にやりました。選曲は、絶賛迷い中ですが、スケールのほうは、練習の仕方が分かってきたみたいで嬉しいです。

スケールで、今まで弾いてみた調は、ハ長調・イ短調、ヘ長調・ニ短調、変ロ長調・ト短調、ト長調。この中で物凄く苦手なのは、ハ長調とト短調(の和声的短音階)です。苦手ポイントは指使いが途中で訳わからなくなることです。

スケールの練習で身につけるべきことは、粒のそろった音と指使いの正確さが特に重要だと思います。

練習方法は、超スローテンポ、リズム変奏(付点とか逆付点)、アーティキュレーション変奏(スタッカート、スラーの掛け方色々、マルカート)などを総動員してみましたが、どうも、スタッカート練習が一番効果あるように思えました。それも、手首や腕を使わず、指先による鋭いスタッカートです。この練習が粒のそろった音と指使いの正確さを最も高めてくれると実感しています。

さらに、スタッカートの2度打ちが、とても苦しいですが効果は素晴らしいです。ドレミファソラシドをドドレレミミファファソソララシシドドと弾くわけです。

スタッカートだと、粒を揃えることに意識が行くし、指使いに念押しするような感じなので、目的に最も適っているのでしょう。

人によって、どういう練習がベストかは異なってくるような気はしますが、私の場合はスケールにはスタッカート練習、略して「スタ練」が良さげです。

あーでもない、こうでもないと試行錯誤して工夫するのが楽しいんですよね。

「スタ錬」で指先を鋭敏にしていくぞ~~!!と、意気込んでいます(^o^)丿


にほんブログ村

tag : 全調スケール,

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆2017年に20数年ぶりにピアノを本格的に再開したアラフィフです♪
◆モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、シューマンが特に好きです。リスト、ブラームス、ドビュッシー、シューベルトも気になっています♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。
◆現在は独学ですが、「MA/NU音楽院」という名の一人二役の仮想(妄想?)レッスン記を書いています♪
◆音楽の他には『ベルサイユのばら』にハマっています🌹

カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
記事のキーワード
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア ショパン モーツァルト ベートーヴェン ドビュッシー シューマン チェルニー リスト 仲道郁代 月の光 エチュード 平均律第1巻 ベトソナ22番 Op.25-9 BWV862 K.311 調律 愛の夢 献呈 メンデルスゾーン メトロノーム 毎日の練習曲 幻想即興曲 ハイドン レンタル練習室 ブラームス K.457 春の歌 近藤由貴 Hob.XVI:34 幻想曲 青柳いづみこ インヴェンション アラフィフ肩 BWV861 選曲会議 ベルサイユのばら ららら♪クラシック フランス組曲 マリー・アントワネット ハノン 四十肩 ベトソナ28番 ロマンスOp.28-2 五十肩 K.331 無謀曲 チェルニー30番 シューベルト BWV858 ベトソナ10番 グリーグ リサイタル お菓子の世界 変奏曲 湯山昭 クラビノーバ パルティータ 楽譜 ワルツ ベトソナ スランプ グランドピアノ チェルニー24番 24番練習曲 全調スケール メトロノーム練習 こんまりメソッド 選曲 バラード イリーナ・メジューエワ 気象病 自分の演奏好き? パスカル・ドゥヴァイヨン さくらももこ 和声法 マズルカ 練習曲 調性 ソナチネ 千住真理子  愛の夢第3番 抒情小曲集 部分練習 アガサ・クリスティー バラード2番 脱力 ノクターン ヴァイオリンソナタ 指先から感じるドビュッシー ヨハン・シュトラウス スケール 変イ長調 D959 D960 理想の先生 リズム変奏 中村紘子 ワルトシュタイン マリア・テレジア 高橋多佳子 好きな調 植山けい K.334 電子ピアノ アルマンド 土田京子 クレメンティ 展覧会の絵 交響曲 ムソルグスキー チャイコフスキー バイエル 久元祐子 スマホ老眼 トルコ行進曲 K.574 ドゥシェック モシュコフスキー 指マッサージ ソナチネ・アルバム ヴァイオリニスト20の哲学 春にして君を離れ 梅雨 クリスマス ペダル 京都コンサートホール バッハ,ブラームス,無伴奏ヴァイオリンのためのパルテ ソフィア・コッポラ 左手のための24の練習曲 ベルガマスク組曲 月の光の降りそそぐ謁見のテラス 作曲家◎人と作品シリーズ 無言歌 うしみっちゃん ブルグミュラー 令和 ピアニストは指先で考える ウィンナ・ワルツ K.576 鷲田清一 「亡命」の音楽文化誌 旅する作曲家たち バトン こんまり ブルグミュラー18の練習曲 北九州 響ホール ピアノ椅子 グラナドス フランス王妃の受難 アルベニス ゆっくり弾き 「聴く」ことの力 復習 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 諸井三郎 電子楽譜 クロスリズム 減7の和音 導音 まるむし帳 短音階 似合いそうな曲 楽典 丑三つ時 ポーランド ら抜き言葉 カテゴリー アップライト 哀しみ 岩城宏之 永遠のショパン プレイエル K.533+494 庄司紗矢香 N響 電子書籍 ブログ 小プレリュードと小フーガ ダイエット チェルニー50番 フォーレ 田島令子 シュタイヤー舞曲 音楽と文学の対位法 クラ―マー=ビューロー トンプソン 英雄の生涯 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら リヒャルト・シュトラウス ピアノ愛好者16の質問 幻想曲あるいはカプリス 椅子 スティリアの女 貴婦人の乗馬 タッチ K.412 音色 D946 ラ・カンパネラ 駅ピアノ K.537 K.543 スタッカート練習 ソナタ リズム練習 恋するクラシック 演奏会用練習曲 手ペシ スマホ認知症 吉松隆の調性で読み解くクラシック 演奏と喋り方 ピアノ騒音問題 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 感情をこめて弾く 書き込み ツィメルマン 楽譜の視覚効果 教則本 苦手な曲種 似合う曲 タグ 和声 交響的練習曲 20の小練習曲 スマホ バックハウス メソッド・タリアフェロ ランラン ルービンシュタイン 電子メトロノーム キーシン カデンツ グランド・ソナタOp.37 Hob.XVI:50 オスマン帝国 小ジーグ クーラウ ポロネーズ マズルカOp.7-1 マーチ 行進曲 céleste op.117-1 ヴァイオリン ピアノ記念日 間奏曲 op.118-2 op.118-5 op.119-2 ベレゾフスキー ハプスブルク家 ピヒト=アクセンフェルト リシエツキ ト長調 チェンバロ D915 ピアニストは面白い ヨハン・シュトラウス1世 ラデツキー行進曲 ポルカ ウナコルダ アルペジオ 左ペダル 全音ピアノピース 魔笛 プチトリアノン 山枡信明 妄想 曲名の略称 夜の女王のアリア ハプスブルク帝国 上田サントミューゼ ひな祭り 写譜 コレット・マゼ 村の居酒屋での踊り トルストイ クロイツェル・ソナタ ラジオ深夜便 ベトソナ14番 ゴルトベルク変奏曲 ドライアイ ゼロ時間へ ベトソナ21番 月光ソナタ 苦手な曲 iPad 銀河鉄道の夜 ラフマニノフ 前奏曲 静寂から音楽が生まれる アンドラーシュ・シフ  K.310 18の小品Op.72 巡礼の年報 哲学と宗教全史 預言者 K.511 クラシック・エイド ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲 コンサート動画 悲愴ソナタ ペダル依存症 ゆっくり練習 ベルばら カワイ ヤマハ アラベスク 森本麻衣 手首 椅子の高さ 春秋社 バラード3番 好きな作曲家 楽譜の書き込み アリス=紗良・オット 蝶々のエチュード 小指 阿佐ヶ谷姉妹ののほほん二人暮らし プレリュード シタフォードの秘密 仲道郁代,ショパン,リサイタル,京都コンサートホール, 左手のための練習曲 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ シャコンヌ 終わりなき夜に生まれつく ショパン,エチュード,パスカル・ドゥヴァイヨン,Op.25 亜麻色の髪の乙女 薔薇は美しく散る カールの革命 東京文化会館 スクリャービン 内田光子 K.570 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ エルガー 川嶋ひろ子 クララ・シューマン 上原彩子 近藤麻理恵 お片付け祭り 半音階地獄 平均律 田部京子 折々のことば 好きな作曲家ランキング 島村楽器 トロイメライ 伊藤恵 ヴィルヘルム・ケンプ おんぶにだっこ 伝説 つるかめ算 m.s. m.g. 合奏譜 和声法がぐんぐん身につく本 五線紙ノート 宮川彬良 声部書き分け 田園ソナタ 和声法がさくさく理解できる本 マリア・ジョアン・ピリス 整体師 リスト編曲版 ナイチンゲール 看護師の日 ベートーヴェン生誕250周年 リピート付箋 ピアノトリオ リピート練習 ベアトリーチェ・ヴェネツィ 自分褒め 飛躍 モーツァルトの手紙 礒山雅 マスタークラス ピアノソナタ2番Op.22 エキエル 音楽における十字架 カウンセリング コピー譜 クリアファイル サンタクロース K.623a オーストリア国歌 イギリス国歌 練習崩壊 ベトソナ16番 マズルカOp.59-2 新型コロナ NHKスーパーピアノレッスン 譜読み力 ベトソナ18番 m.d 

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-36番
・ショパン エチュードOp.25-9『蝶々』変ト長調
・バッハ 平均律第1巻9番 ホ長調
・ショパン バラード第3番 変イ長調
・ブラームス ラプソディ第2番 ト短調 Op.79-2

◇自主練

◇Road to 2027 of NU
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第2・第3楽章
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調~第2楽章
・シューマン『幻想曲』

◇2022年の終了曲
・チェルニー40-34番
・チェルニー40-35番
・バッハ シンフォニア第11番 ト短調(2回目)
・バッハ シンフォニア第3番 ニ長調(2回目)
・ドビュッシー『ベルガマスク組曲』~月の光
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第1楽章
・リスト『愛の夢』第3番

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
応援クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR