FC2ブログ

週末は、復讐もとい復習祭り~~(*´▽`*)

最近、やみくもに「○○祭り」というタイトルをつけているような気がしますが…(笑)。疫病で大変なので、せめてブログだけでも景気づけしたいなと。

今週末は、バッハのシンフォニアを何曲か引っ張り出してきました(*^▽^*)
平均律は相変わらず今ひとつ気乗りしないのですが、何日か前に書いた記事「バッハ『シンフォニア』は特別」に自分で触発されまして、シンフォニアです。引っ張り出してきた曲は、7番ホ短調、9番へ短調、10番ト長調、11番ト長調です。

・9番へ短調

独特な響きがします(曲の性格的には典型的な「受難曲」)が、昔から好きです。じっくりと弾き込み、聴き込み、入り込むタイプの曲なので、心に沁みます。課題として弾いていた時に苦手だったリズム(下の譜例の「リズム」「おくれない」と書いてある部分)がスムーズになって、意識し過ぎることなく進めるようになっていたのが嬉しかったです。

シンフォニア9

指の動きが、少しずつですが、着実に向上しているみたいですヽ(^o^)丿
やっぱりチェルニーのお陰!!いや、それだけじゃなくて、弾いてきた曲のどれもが良い練習になっているはずなのですが、ここはカール教徒らしい叫びを発してみました(^^;;
その代わり、主題の歌わせ方がダメだと感じる部分もあり、ここは嘆きたいところですが、あえて耳が良くなったと前向きにとらえておきます('◇')ゞ

・11番ト短調

シンフォニア11番

これも、しっとり弾き込み、聴き込むタイプの曲です。最初に弾いた時からめっちゃお気に入り♡
基本的には弾いて楽しめました。ただ、音の方向や響き、特にフレーズの区切りの部分の処理が雑な気がして、2回目に取り上げる時は、そういう点を気を付けていきたいと思います。いつやるかは未定ですが、レッスンが楽しみです~~♪♪

・7番ホ短調

シンフォニア7番 1-3小節

シンフォニア1周目の最後にやった曲です。難易度の高い曲らしいのですが、比較的よく手に馴染んでました。曲自体が好きだからというのと、その時の技術から大きくかけ離れていない段階で弾いたのが良かったように思います。お気に入りの難曲なので、最後まで取っておいたのです。やっぱり、自分にとって難しすぎる曲って、本当はあんまりよくないんですよね。変な癖がついてしままいがちで…。とはいえ、せっかくの大人の酔狂な趣味ピアノ。弾きたい曲は、レベルに関係なく、どうなってもいいから萌える曲は弾く!!というのも大いにありでしょう。というか、憧れの無謀曲に挑戦しないと意欲が維持できません(>_<)

・10番ト長調

シンフォニア10番

今回の祭りで取り上げた中で、唯一の長調の曲です。そして、シンフォニアの中で2番目に苦しめられた曲\(◎o◎)/!1番苦しめられたのは3番です。さすがに3番には今回は再会するのを固く辞退しました。本当に「復讐祭り」になっちゃいそうなので…笑

さて、10番の話に戻りますと、苦労した割に、さっぱり定着していませんでした。指の動きの点でも対位法の理解とか奏法の点でも、その時のレベルに見合ってない段階で取り上げちゃったのが原因だと思います。7番のところで書いたことが、そのまんま当てはまります。で、今回しばらく弾いてみて、(1)横の流れをしっかり意識する、(2)4分の3拍子を8分音符ではなく4分音符単位でしっかり数える。この二つに気を付けてみたら、今さらながら、どういう曲なのか見えてきた気がします。2回目のレッスンで取り上げる時には、ぐっと上達できそうな予感がします。

今週末の祭りは以上です(^o^)丿
久しぶりにバッハのシンフォニアに時間をかけることができて、楽しかったし、癒されました(*´▽`*)


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : バッハ,シンフォニア,

やっと3年、もう3年・・・

新型コロナと副業のあわただしさとアラフィフ肩のせいですっかり忘れていましたが、この3月で、このブログを書き始めてから3年が経ちました。「まだまだ、やっと3年か~」という思いと、「もう3年も続けているのね~」という思いが交錯しています。

元々は、皆さんのブログを読ませていただいて、時々コメントさせていただくだけで、自分では始めるつもりはなかったのです。おっかなビックリでひっそりと始めた3年前が懐かしいです。今では、当時の引っ込み思案はどこへ行ってしまったのか、ピアノや音楽の話をできるのが楽しくて仕方ありません。時には、傍若無人になったり、プチトリアノンの住人になりきってみたり…(笑)

そして、今やブログはピアノライフに欠かせない存在です。ブログに書きたいから練習する。練習の成果があればブログに書いて喜びを表現し、逆に、練習しても思うように行かない時も、ブログに書いてみて、分析を試みたり愚痴ったりする。あと、ブログのテンションを見て、その時の精神状態を把握する。そして、仲間、同志と語り合って楽しむ!!アラフィフだけど、そんなこと忘れて(笑)、学生時代の友達との会話みたいで、気分はすっかりキャンパスライフです(*´▽`*)

まあ、正直言うと、最近はピアノのテンションが下がり気味で低調ではあるのですが、今までみたいに放り出さずに続いているのは、一つにはブログのお陰です。一番は、なかみっちゃんのお陰かもしれないけど、ブログ書いてなかったら、「CDとコンサート聴くだけでいいや」となってたかもしれない(^^;;

そして、この3年で、ピアノへの正しい取り組み方をだいぶ理解したような気がします。実践できているかどうかはまた別問題ではありますけれど…。次の3年では、波をどうやって抑えていくのか、考えて工夫して身につけていきたいです。まずは、目先の不調から脱しなければ!

私にとって、これまで何らかのご縁があるブログは、本当にどれも素敵で、幸せなことだと思っております。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします<(_ _)>


にほんブログ村

バッハ『シンフォニア』は特別♪♪

最近、「バッハに萌えない」なんて口走ることが増えていますが、昨年までに取り敢えず全曲を手に当ててみた『シンフォニア』が特別過ぎたのが原因かもしれません。バッハに萌えないというより、『平均律』より『シンフォニア』の方が萌えると言った方が正しいみたいです。バッハの世界観や宇宙がストレートに強く伝わって来るのは『シンフォニア』のように感じます

『シンフォニア』のどこがそんなに特別なのでしょう?
よく知られている通り、『インヴェンション・シンフォニア』はバッハが10歳の頃の長男フリーデマンの教育のために作った曲集がもとになっています。教育というのは、鍵盤楽器の奏法と作曲技法についてです。子供(といっても大バッハの子息なので普通のこどもではないですが(笑))向けで、なおかつ、作曲の教育のためというのが大きいように思います。バッハの世界観を、あまり難しすぎない演奏技法で(いや十分難しいけど)、見開き2ページに凝縮していて、各曲がバラエティに富んでいるので、ストレートに伝わって来るし、頑張れば何とか手が届きそうでもあります。似たような曲がほとんどないというのは、すごい魅力です。

『平均律』は、もちろんバッハの大宇宙ですけど、技術的に荷が重すぎて、内容に到達する前に力尽きる感じがしますΣ( ̄ロ ̄lll)!!
あと、全部がプレリュードと厳格なフーガという画一的なスタイルが、若干(あくまで私の中で)萌え度を下げているかも…。いや、『平均律』全曲に真摯に取り組んだらすごいことになるに違いないとは思ってますし、偉大であることに全く疑いを持っているわけではありません。

私が愛読している手引書『バッハ《インヴェンションとシンフォニア》演奏と指導のポイント』(山崎孝)の解説に、次のような一節があります。

元来、インヴェンションは成立過程を見ても厳しい教則本である。だからこそ、《平均律》に入る前の1~2年で済まされるものではなく、ヘルマン・ケラーが「哲学書を読むのと同じほどの精神の集中が必要である」と述べるように、一曲一曲、他の練習曲やソナタの進行とは別にして、丹念に仕上げていくべきであろう。


この一節は、シンフォニアの一曲一曲が極めて凝縮された物凄く内容の濃い曲であることをよく表現しているように思います。そして、めっちゃ耳が痛い!!ひょっとすると、『シンフォニア』をそそくさと終わらせてしまったので、『平均律』の大宇宙の理解が難しいのかも…。2周目はもっと丁寧にやることにしよう。


にほんブログ村

tag : バッハ,シンフォニア,

右ペダル依存症が少し治ってきたかも・・・?

やっちゃいけないと分かっていても、ついついやってしまう右ペダルの乱用。もちろんペダルは表現上不可欠ですが、漫然と踏んでしまったり、ペダルに依存してしまいがちです。私はペダル依存症のような気がします。乱用しないと不安になってしまうのです。←アル中みたいな?笑

ただ、最近、少しペダル依存症が軽くなってきたかもしれないという気がしています。きっかけは、ペダル無し譜読みをしてみたら、驚くほど譜読みがスムーズに進んだという経験があったことです。手や指の適切な使い方を必死に探るからだと思います。あと、もう一つは表現の好みが変わったことかなぁ。年を取ったせいか濃厚さを求めなくなってきたみたい(笑)

今までもチェルニーではペダルを使わなかったので、通常の曲の練習でも同じことをすればよさそうなものですが、単にチェルニーは逆にペダル使うとかえって弾きにくいから終結部の和音以外では使わなかっただけみたいです。むしろ、チェルニー(終結部の和音以外)でペダルを使って音色をコントロール練習をするのはどうかしら?

いずれにせよ、ペダル控えめ、ペダル無し練習を増やすことにします。
今頃気づいたかって話ですが、ここまで気づかずに来たことこそが依存症の依存症たるゆえんで…(^^;;

目指せ、脱・右ペダル依存症!!

依存症ではなく、使いこなさなくちゃね(*^▽^*)


にほんブログ村

tag : ペダル,

続・ベートーヴェン祭り、番外編~~\(◎o◎)/!

ちょうど1週間前に実施した『プチ・ベートーヴェン祭り、番外編』が殊のほか楽しかったので、「コロナうつ」を吹っ飛ばしてピアノライフを早く立て直すぞ企画の一環として、続編をやりました。前回は変奏曲集第1巻(ヘンレ)を遊び弾きしましたが、続編にふさわしく、今回は第2巻を急遽調達してみました(*´▽`*)

約30年の年月を隔ててようやく並んだ1巻と2巻。それを眺めているだけでもハッピーになれるというものです。ヘンレの表紙の色って、昔と比べるとグレーの色調がかなり青みを帯びていますね。

さて、2巻には『ディアッベリ変奏曲』や『トルコ行進曲』をはじめとして、有名な難曲が満載です。試しに手に当ててみたのは次の3曲です。

1.「プロメテウスの創造物」の主題による15の変奏曲とフーガ(エロイカ変奏曲) Op.35

交響曲第3番『英雄』のフィナーレでも使われていることで有名な主題による、激烈に難しく、かつ、長大な変奏曲です。主題が提示される前にイントロダクションが置かれていて、最後の変奏が終わった後にはフーガまでついてます。そして、そのフーガが長い!!


☝ブレンデルの演奏です。

関心のあった曲ではあるのですが、自分で弾いてみようなどと思ったことは一度もなく、今回初めて、途中棄権を覚悟で無謀な挑戦をしてみました。もちろん、ブレンデルみたいなテンポではありません。予想以上に惹き込まれてしまい、ぐだぐだヨレヨレになりながらも、2回も通してしまいました。自分でもビックリです\(◎o◎)/!


☝もう一つ、井上祐子さんという方のフーガ以降の終結部の抜粋を貼っておきます。フォルテピアノ(古楽器)の響きが重すぎず心地よいです。

この曲は、ほぼ練習曲だった1巻の収録曲と違って、芸術性に雲泥の差があります。英雄交響曲のフィナーレで親しんできた主題なので初対面の気がしないのは当然として、それにとどまらず、どこかで聴いたことあるよなぁと思いながら弾いていたら、何のことはない。手持ちの、なかみっちゃんのソナタ全集に収録されてました(*´▽`*) 

2.「ゴッド・セイヴ・ザ・キング」による7つの変奏曲 WoO.78

『エロイカ変奏曲』とは打って変わって、ライトな内容で楽しめます。といっても十分すぎるぐらい難しいのですが…(^^;;
ゴッド・セイヴ・ザ・キングは、イギリス国歌です。ベートーヴェンの時代から、というか、それよりずっと前から国歌だったなんて、イギリスの歴史を感じさせてくれます。

この曲もかなり気に入ったので2回通して弾いてみました(≧▽≦)


☝再びブレンデルさんの演奏を貼っておきます。

そういえば、ゴッド・セイヴ・ザ・キングは、去年、オルガンの音で録音したのがブログ内のどこかにあります。変奏曲ではなく、国歌のバージョンです。余談ですが、今のイギリスは女王陛下が統治しているので国歌名がゴッド・セイヴ・ザ・クイーンになっています。

3.創作主題による32の変奏曲 WoO.80 ハ短調
再び難曲です。とても印象に残る、ベートーヴェンのハ短調らしい曲です。これは、なかみっちゃんのCDに入っていたのをよく覚えています。玉砕するだろうと思いつつ、なかみっちゃんごっこ(?)をしたい誘惑に逆らえず、1回だけ通して弾いてみました。

作品番号無しですが、ベートーヴェンが35歳ぐらいの時の作品らしく、充実しています。これも、1巻の収録曲とは芸術性も難しさも格が違います。


☝PTNAから引っ張ってきた、上野優子さんという方の溌溂とした演奏です。

あと、弾こうと思ったけど挫折したのは…。

1つは『トルコ行進曲』。そこまで難しいとされているわけではないと思うのですけど、私には苦手なタイプです(>_<) 主題からいきなり苦戦してそのまんま放棄しました。曲自体、そこまで入り込めなかったというのも大きいです。

もう一つは、禁断の『ディアッベリ』です。ベートーヴェンの変奏曲の頂点とされる曲ですから、変奏曲集第2巻の楽譜を買っておいて全く弾かないのもどうかと思い直しました。でも、残念ながら、いや、むしろ当然ながら、楽譜を(文字通り音出さずに)読んだだけで投げ出しました。だいたい、「33の変奏曲」ってどういうことよ~~Σ( ̄ロ ̄lll)!!

そんなこんなで、ベートーヴェン祭り・番外編の続編も、楽しい充実した時間になりました。当初の予定とは全く異なる展開ですけれど、本編以上に番外編のベートーヴェン祭りを堪能してます。あと、つくづく「やってて良かったカール様」と実感しました。指の動きが以前とは全然違い、音を外しまくるにせよ、鍵盤を「もわ~っと」ではなく「しっかり」とらえることができるようになってきた気がします。カール教の修行に励む意欲もますます高まってきたようです(^o^)丿笑


にほんブログ村

tag : ベートーヴェン,変奏曲,

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト ショパン チェルニー 仲道郁代 ベートーヴェン リスト K.311 献呈 幻想即興曲 メンデルスゾーン ハイドン レンタル練習室 春の歌 近藤由貴 BWV862 青柳いづみこ Hob.XVI:34 ハノン 調律 ロマンスOp.28-2 幻想曲 平均律第1巻 ベトソナ10番 K.331 グリーグ 無謀曲 ブラームス チェルニー30番 BWV858 ららら♪クラシック ドビュッシー フランス組曲 シューベルト 選曲会議 ベトソナ 湯山昭 こんまりメソッド エチュード 四十肩 五十肩 ベルサイユのばら お菓子の世界 楽譜 アラフィフ肩 変奏曲 ベトソナ22番 指先から感じるドビュッシー クラビノーバ 抒情小曲集 バラード2番 さくらももこ メトロノーム 和声法 パルティータ マリー・アントワネット バラード ワルツ 練習曲 インヴェンション 調性 自分の演奏好き? グランドピアノ ウィンナ・ワルツ 久元祐子 スマホ老眼 クレメンティ 指マッサージ リズム変奏 トルコ行進曲 K.574 展覧会の絵 ムソルグスキー 電子ピアノ 鷲田清一 左手のための24の練習曲 リサイタル モシュコフスキー ドゥシェック バイエル D960 D959 マズルカ 理想の先生 ヨハン・シュトラウス 選曲 スケール アルマンド イリーナ・メジューエワ 中村紘子 ソナチネ 土田京子 好きな調 K.334 ピアニストは指先で考える 植山けい 交響曲 響ホール ピアノ椅子 「亡命」の音楽文化誌 ブルグミュラー 北九州 部分練習 ヴァイオリンソナタ 旅する作曲家たち 令和 こんまり クララ・シューマン 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 田園ソナタ 演奏と喋り方 ツィメルマン ピアノ騒音問題 書き込み スマホ トロイメライ マリア・ジョアン・ピリス 声部書き分け 五線紙ノート 20の小練習曲 感情をこめて弾く 伊藤恵 変イ長調 宮川彬良 楽譜の視覚効果 左ペダル ウナコルダ アルペジオ つるかめ算 伝説 m.g. m.s. 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ ヴィルヘルム・ケンプ 行進曲 タグ 和声法がぐんぐん身につく本 交響的練習曲 オスマン帝国 似合う曲 合奏譜 マーチ 苦手な曲種 教則本 おんぶにだっこ 和声法がさくさく理解できる本 エルガー サンタクロース クリスマス コピー譜 クリアファイル ベトソナ28番 メソッド・タリアフェロ K.623a リスト編曲版 全調スケール オーストリア国歌 イギリス国歌 バックハウス ランラン 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 毎日の練習曲 ベトソナ18番 ベトソナ16番 ルービンシュタイン キーシン 練習崩壊 チェルニー24番 整体師 パスカル・ドゥヴァイヨン お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 小ジーグ 好きな作曲家ランキング Hob.XVI:50 近藤麻理恵 川嶋ひろ子 魔笛 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ クーラウ 島村楽器 チャイコフスキー 半音階地獄 カデンツ 平均律 グランド・ソナタOp.37 ポロネーズ 折々のことば 田部京子 マズルカOp.7-1 無言歌 上原彩子 曲名の略称 ゆっくり弾き アルベニス 「聴く」ことの力 シュタイヤー舞曲 三瀬高原音楽祭 グラナドス フランス王妃の受難 まるむし帳 導音 短音階 復習 音楽と文学の対位法 電子書籍 フォーレ 岩城宏之 哀しみ ペダル N響 庄司紗矢香 プレイエル 永遠のショパン 田島令子 K.533+494 減7の和音 クロスリズム K.412 タッチ 音色 脱力 K.576 K.537 恋するクラシック 手ペシ 演奏会用練習曲 K.543 スタッカート練習 D946 諸井三郎 スティリアの女 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 アップライト 貴婦人の乗馬 ブログ 駅ピアノ ラ・カンパネラ スマホ認知症 丑三つ時 楽典 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.118-2 間奏曲 ピアノ愛好者16の質問 ピアノ記念日 ヴァイオリン op.117-1 céleste トンプソン 幻想曲あるいはカプリス バトン リヒャルト・シュトラウス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら リズム練習 電子メトロノーム m.d 妄想 プチトリアノン D915 ピアニストは面白い 英雄の生涯 山枡信明 op.118-5 op.119-2 気象病 ソナタ ハプスブルク帝国 ハプスブルク家 カテゴリー ワルトシュタイン ポーランド ノクターン ら抜き言葉 似合いそうな曲 マリア・テレジア K.457 ダイエット チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー ト長調 チェンバロ 小プレリュードと小フーガ ベレゾフスキー 高橋多佳子 ピヒト=アクセンフェルト リシエツキ 夜の女王のアリア 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇一時休止中
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR