読むだけでも楽しい『ショパン・エチュードの作り方』

ショパンのエチュードの中から、いずれは2,3曲ぐらい弾いてみたいものです。
チェルニー40番の真ん中ぐらいでひぃひぃ言ってるのに何を言うか、って話ですが、それはともかく…(笑)

というわけで、ショパンのエチュードに関する楽しい本を見つけて、ハマっています(≧▽≦)

フランスのピアニスト、パスカル・ドゥヴァイヨンさんが書いた『ショパン・エチュード作品10の作り方』と『ショパン・エチュード作品25の作り方』です。音楽之友社から出ている本です。訳者の村田理夏子さんはドゥヴァイヨンさんの奥さんだそうで、息が合ってて読みやすいです。

この本、何が楽しいかって、構成が最高です。
全曲を料理に見立てて、それぞれへのレシピの形で書かれているのです。
フランスと言えば料理!ですからね(笑)←これ、著者がそういう意味のこと書いてます。

『ショパン エチュードの作り方』
↑こんな表紙の本です。
見るからにおいしそうでしょ?笑

各曲のレシピは、

(1)今日の献立:演奏解釈の方向性
(2)期待される食効果:上達されるテクニックや音楽性
(3)よりよい消化のために:心と身体の健康を害さないためのアドヴァイス(手を傷めないようにとか、心が折れないようにとか)
(4)作り方:練習のアイディア

という流れです。

雰囲気をお伝えするために、作品10-1から少し抜粋してみると、

【期待される食効果】
指の強さと持久力。引き締まった明確な打鍵のために指が望ましいポジションを取り続けられるよう、広い音程幅に手が柔軟に対処することを学ぶ。

【よりよい消化のために】
柔軟性を欠いた練習は、緊張と痛みを生むことにつながります。手が小さめな場合は、身体的ダメージ(硬直、腱鞘炎など)を極力避けるよう心がけなければいけません。指がまだ弱い場合は…この曲を《将来のプロジェクト》ファイルにしまい、ツェルニーの練習曲を始めましょう。(以下略)

【作り方】
用意するもの
・気品の高さ:大さじ3強
・内面の強さ:薄切り1枚
・忍耐力:適量
・手首の潤滑油:あれば
(以下、具体的な練習方法などが、ユーモアを交えて書かれている)



10-1では「用意するもの」は普通な感じですが、25-1「エオリアンハープ」の「音のまろやかなポタージュスープ(きのこのかわりに音符を)」なんていうのは、実にうまいと思いました。曲によっては、イチゴとかカニのはさみとか、もっと突飛なものが結構出てきたりします。一体どうしたらそういう発想になるのか、ビックリですよ。音楽には、そういう豊かな発想力も必要なのでしょうね。
たまに、フランス人にしか分からないユーモアなのか、イマイチ通じないユーモアも出てきたりするのは御愛嬌ですけど…(笑)

面白おかしいだけじゃなくて、手の軸、肘、手の開閉、手首などについてのテクニックや、詳細で具体的な練習法が解説されていたりして、ショパンのエチュードを実際に弾くことがないとしても、他の曲にも応用が利くかもしれません。
ドゥヴァイヨンさんは手が小さいらしく、そういう点でも、手の小さい多くの日本人にとって参考になりそう。
私の場合ピアノの練習では一人二役で先生役もやってる(というか、実際に文章に書き起こすかどうかの違いだけで、誰でも多かれ少なかれ練習では師弟二役なのではないでしょうか)ので、けっこう使えそうです(≧▽≦)

あと、エチュードのCDを聴く時にも、この本を読んでみると、「ここはこういうことになってるのかー」と、アナリーゼ的というより、演奏者から見たテクニックの面から、より深く楽しめるような気がします。

ま、いつかどれかは弾きたいですし、読んでてそういう気持ちが強くなりました。
え?その前に、ドゥヴァイヨンさんが言うようにまずはチェルニー!?笑
スポンサーサイト

チェルニーを「非音楽的に」練習してみたー♪♪

今練習中のチェルニー40番の19番が、行き詰ってきました。
しばらく放置気味だったので当然の報いというか…。
これが普通の曲だったら、寝かせておいたら意外と弾けるようになってたりするのですが、そうならないあたり、練習曲たるゆえんなのでしょうね(^^;;

チェルニー40-19
↑この曲です。

仕方がないので、メトロノームを使って「非音楽的に」(笑)練習をしてみました。
非音楽的というか、普通の意味ではむしろ「正しい」と言うべきなのでしょうけど…。

指定テンポは2分音符=100ですが、まずは8分の1のテンポ、16分音符=100で。
スタッカートとレガート2通りでやってみました。
ここまで遅いテンポ設定でやったのは初めてですが、このぐらい遅くやると、引っかかる箇所を効果的にあぶり出せるし、機械的に均等な速さで弾くことにも抵抗がありません。そもそも音楽の流れなんて感じられないから(笑)

次は、倍の速さの8分音符=100にしてみます。同じく、スタッカートとレガートで。
え!?いきなり弾きづらくなったよΣ(゚д゚lll)!!
速さについていけないというより、メトロノームに合わせるのが疲れる感じ。
気分的に疲れるのではなく、フレーズの中で加速や減速したいところを抑えるのに無駄な力が入って、物理的に疲れるのだと思います。
昨日がこの練習の1日目だったのですが、珍しく、手首と肘の辺りがだるくなりました(^^;;

で、今日も懲りずに(というか、実は意外に面白かったので)同じ方法で繰り返し。後半を中心にやりました。
段々慣れてきて、裏拍でメトロノームを無視して「音楽的に正しい」微妙な加減速もできるようになったり、「非音楽的」なまんま弾いたり、柔軟に対応できるようになってきた気がします。テンポは16分音符/8分音符=100の2通りのまんまですが…。

メトロノームを積極的に使っても、何でもかんでも機械的に弾くようになってしまうようにはならない自信もついたのは、思わぬ収穫でした。
私の苦手な技法満載な曲なので、焦らずしっかり取り組もうと思います。
目標のテンポ(4分音符=130ぐらい)でそれなりに弾けるようになったら、見える世界が変わってくると信じて!笑

そういや、私が使ってるメトロノームは昔ながらのゼンマイ式のやつなのですが、すぐ終わってしまって巻き直すのが面倒です。電子メトロノーム買おうかな…。でも、これも酷使すると電池が持たない!?

「理想の先生像」はどんな感じ?

色々なピアノブログでレッスン記を読ませていただいていると、先生の個性、生徒の個性、師弟の相性などを垣間見ることができますね。
特に、私は、一人二役のバーチャルレッスン(妄想とも言う…笑)をやっていますので、興味が尽きません。

それで、時々考えるのが、「いい先生」ってどういう先生だろう?ということです、
やはり、正しい技術や知識を効率的に教えてくれるとか、やる気を起こさせてくれるとか、人格者(←これ重要!笑)とか、そんなところでしょうか。
ただ、具体的には、生徒によって細かい点は人それぞれと思います。
私の場合は、もう少し具体的に理想を言うと、「生徒の邪魔をしない」「あまり妥協しない」「ほどよくその気にさせる」です。

「生徒の邪魔をしない」というのは、全く好き放題にさせてくれるのとは違って、そう見せかけて、踏み越えてはいけない取り返しのつかない間違いをしそうになったら、いつの間にか引き戻してくれるという感じです。それだったら、安心して試行錯誤できるじゃない?そして「いつの間にか」っていうのが重要です。何か魔法使いみたいだけど…(笑)

「あまり妥協しない」は、まあ、そのままですね。
物事には限度はあるけれど、内容は濃く、厳しく求めるのがいいです。
「合理的な上達法はあっても、手抜きをして上手くなろうなんて美味い話はない」と知らしめてくれる方がいい。あくまで「合理的」で、「スポ根的」ではありません。そして、余裕があってソフトな雰囲気で…。←要求が多過ぎ(笑)

「ほどよくその気にさせる」というのは、無茶過ぎない程度に、やれば出来るのではないかという気にさせてくれるということです。
例えば、私が25年ぐらい前に習ってた先生は「バッハは上手く弾けてる」と何気なく言ってくださって、今のバッハ好きにつながっている気がします。あと、残念ながら実現しなかったけど、「間違えても誰にも分りゃしない」と発表会に出ることを薦めてくれたのも印象に残っています。
でも、「頑張れば何でも出来る」と誤解させて、リストの超絶技巧練習曲なんかも弾けると思い込ませてしまうようだったら困ります。
その点、セルフの先生は無謀曲をしきりと勧めたりしてちょっと…Σ(゚д゚lll)!!いや、でも他人に教えるとなったら、さすがにそんなことはしないと思います(^^;;

セルフレッスンは、こういった理想像を中心に、過去のレッスンや、セルフではない先生だったことがある昔の経験(当然ですがピアノではなく、塾です)なんかも反映させて構成してます。そのうち「理想の生徒像」も考えてみようかな…。
ん?単なる舞台裏の話になって来てる!?

皆さんの理想の先生像はどんな感じですか?

週末は「ほぼ初見」祭り&ピアノ親馬鹿

今月は、月曜と木曜がブログの定休日(?)になりつつあるようです。
昨日は更新するつもりだったのに、風邪気味で休みました。

さて、週末は、モーツァルトのソナタK311、フランス組曲のアルマンドを練習した後、「ほぼ初見」祭りをしていました(^^♪
私は、ピアノの練習の段階の中で初見がかなり好きです。
初めての楽譜に挑戦する時の、新鮮さと、秘境に足を踏み入れるような感覚に萌えます。
それに、譜読み力向上という大義名分もないわけではないですし…。

でも、弾いてみたい曲はたいてい一度は手に当ててしまっている(音を出してみようとして1回も通せず放棄したのを数多く含む)ので、純粋な初見を楽しめる曲が少なくなってきました。いや、最近は無料楽譜ライブラリーIMSLPという強い味方、あるいは誘惑(笑)がありますが…(^^;;

それはともかく、弾いたことあるはずだけど長期間触れていなくて、楽譜を見た時に「こんな曲弾いたっけ?」となるような曲でも、初見の感覚を楽しめることに気づきました(≧▽≦)
タイトルの「ほぼ初見」というのは、そういう意味です。

で、週末に「ほぼ初見」祭りで遊んでみたのは、フランス組曲の今やってる6番以外のアルマンド、ショパンのプレリュード3番ト長調と17番変イ長調などです。
ショパンのプレリュードは、次の課題曲候補(エチュードが候補に挙がってるけど少し怖気づいてるので…笑)に加えてみようかなぁという小手調べの意味もありまして…。
3番は左手が走り回る、そういう面では『革命のエチュード』に似た傾向の曲です。といっても、ト長調なので曲調は『革命』とは全然違います。曲の長さが短くて、臨時記号も少ないので、譜読みしやすそうではあります。でも、テンポが滅茶苦茶速いΣ(゚д゚lll)!!

17番は「愛しの変イ長調」です(*´▽`*)
8分の6拍子のアレグレットで、優雅な感じが素敵なので、これは、いつか是非きちんと練習しようと思います!


↑プレリュード17番

最後はプレリュードつながりで、初見でも「ほぼ初見」でもないですが、『雨だれ』も弾いてみました。
中間部の終わりの方の、右手の指を広げて同音を連打しないといけない部分が無理でした(*_*;

17番と『雨だれ』では、ピアノがよく鳴ってくれてビックリ(@ ̄□ ̄@;)!!
うちのアップライトちゃん、どうしちゃったの!?なんかね、グランドピアノみたいな響きがしてた。最後の残響が消えていく感じとか特に…。
温度と湿度のコンディションがよかったからかもしれないけど、やれば出来る子なのですね(笑)
すっかり親馬鹿状態です(^^;;

カデンツ探しに熱中、そしてハッと気づく

熱しやすく冷めやすい(?)私が今少し凝っているのが、前回の記事で書いた和声学で、特に、曲の中からカデンツ(終止部)を探すのに、つい熱中してしまっています。カデンツって何?と聞かれると、全然まともに答えられないけど…Σ(゚д゚lll)!!笑
文章で言ったら句読点みたいな、区切れる部分のことです。(これは、『和声法がさくさく理解できる本』にも書いてあった)

例えば、↓こんな部分。
シンフォニア3番 3~4小節 カデンツ

ロマン派のややこしいのはどう考えても無理なので、もっぱらバッハのフランス組曲です。(譜例はシンフォニアだけど)
宝探しというと言い過ぎですが、子供が砂浜で貝殻拾いなんかをするみたいに、ひたすら探して、お目当てのものが見つかることが楽しいのですね。
それに、句読点って重要でしょ?
例えば、目まぐるしく動き回る無窮動的と言われる曲では、カデンツがさっぱり見つからなくて(たぶんあるんだろうけど隠れてる?)、「句読点が目立たないから動き回ってる感じなのか~」という感じで、面白かったです。

でも、ふと気づいたのだけれど、普段、文章を読んだり話したりするのに文法的分析なんてしない(笑)
というか、流暢に話せるかっていうのは別問題ですよね。
ピアノで言えば、指がきちんと動いてくれなきゃ話にならない(^^;;
文法や和声って「裏方」的存在なので、あんまりカデンツ探しに熱中し過ぎないで、弾く時間もしっかりとらなければ…!!

「役に立つかどうか」という議論は、あまり好きではありません。
単に、「意外なものに熱中してみると楽しい場合もある」という感想です(^^♪
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇練習中
・チェルニー40-19
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第3楽章

◇保留中
・バッハ シンフォニア 3番

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、17、18
・バッハ シンフォニア(1巡目) 1、5、6、9、8、11、10、15番
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第1&第2楽章
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR