FC2ブログ

Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

メンデルスゾーンのレア曲『ヴァイオリンとピアノのための協奏曲 ニ短調』

お盆休みで時間的に余裕があるのでピアノ三昧。のはずが、ピアノ部屋を占拠されてしまった上に、いつも使っているレンタル練習室はお盆休みで閉館中(>_...

続きを読む

お盆休みで時間的に余裕があるのでピアノ三昧。のはずが、ピアノ部屋を占拠されてしまった上に、いつも使っているレンタル練習室はお盆休みで閉館中(>_<) 
え~~、どうしよう??どうしようもないので、音楽鑑賞して過ごします(^^♪

今回取り上げるのは、メンデルスゾーンの『ヴァイオリンとピアノのための協奏曲 ニ短調』です。なかなかお目にかかれないレア曲なのですが、昨日のNHK Eテレのクラシック音楽館で放送してました(≧▽≦)
私も、この曲を聞いたのは実は昨日が初めてです!

この曲は、独奏楽器がヴァイオリンとピアノ、オケは元来は弦楽ですが管楽器を加えてもOKという二重協奏曲。ヴァイオリンソナタにオケが加わったような感じですね。1823年作曲だそうです。ん?メンデルスゾーンってショパンやシューマンと同じぐらいの年齢、1810年頃の生まれじゃなかったっけ?と確認してみると、確かに1809年生まれ。ってことは、14歳の時の作品Σ(・ω・ノ)ノ!

1楽章は何だかバッハっぽい感じを受ける箇所が多いです。メンデルスゾーンはバッハをよく研究していたので、影響を受けているのでしょうね。2楽章は初期ロマン派らしい節度ある美しいアダージョ。3楽章は結構激しかったです。全体的に、オケパートよりソロパートの方がメンデルスゾーンらしさが出てるかなぁ。
って、言葉だけで説明するのは無理があるので、動画を貼っておきますね。甲府室内合奏団の演奏で、弦楽オケ版です。N響は、管弦楽版で演奏していました。


それにしても14歳の作品とは思えません。メンデルスゾーン恐るべし\(◎o◎)/!

番組は、6月に行われたN響定期公演の模様を放送していました。
指揮:アシュケナージ、ヴァイオリン:庄司紗矢香、ピアノ:ヴィキンガー・オラフソン
豪華なメンバーです♪♪

私は、ヴァイオリニストでは庄司紗矢香さんが結構お気に入りです(*´▽`*) 庄司さんの演奏には何か哲学的なものを感じます。哲学的でシリアスなのに窮屈ではなくて楽しめるところが素敵です。ピアノだったら滅多に聞かない(まして弾くことなど考えたこともない:笑!)ようなプロコフィエフやショスタコーヴィッチも、庄司さんが独奏のコンチェルトを時々聞いてます。プロコフィエフやショスタコーヴィッチみたいな曲が似合ってる気がするのですよ。

そんな彼女がメンデルスゾーンのレア曲をどう弾くか興味津々でした!!メンデルスゾーンにふさわしい、リラックスした感じと端正さをバランスよく保った演奏だったように思います。庄司さんが弾くレア曲の鑑賞、とても楽しかったです(*^▽^*)
スポンサーサイト

* Category : その他の曲の鑑賞・考察

Comment-open▼ * Comment : (0)

妄想の大本命は・・・

この記事で祝・200本目!!というわけで、テンプレートを変えてみました。本当は、記事がタイルのように並ぶモダンな感じのタイプに憧れがあるのですが、左右に並んでいるカレンダーやプロフの再配置を考えるのが面倒になって、今回は断念しました。憧れのタイプは採用しませんでしたが、これはこれで文字が読みやすくなってよかったかなぁと、地味に満足してます(笑)さて、本題。妄想のテーマとして大本命なのは、何の捻りもあり...

続きを読む

この記事で祝・200本目!!

というわけで、テンプレートを変えてみました。
本当は、記事がタイルのように並ぶモダンな感じのタイプに憧れがあるのですが、左右に並んでいるカレンダーやプロフの再配置を考えるのが面倒になって、今回は断念しました。憧れのタイプは採用しませんでしたが、これはこれで文字が読みやすくなってよかったかなぁと、地味に満足してます(笑)

さて、本題。
妄想のテーマとして大本命なのは、何の捻りもありませんが、「私がプロのピアニストだったら」です。何を考えるかというと、主に、レパートリー、ディスコグラフィ、コンサートプログラム、インタビュー記事。例えば、オールショパンのプログラムだったら何を選曲しようか?とか、小品集のCDを作るとしたら何を収録しよう?とか。

妄想すると言っても、一応マイルールがありまして、今の自分の傾向(曲の好みや演奏のタイプ)から逸脱しないことが条件で、その中で、「プロなんだから、好きじゃなくても大人の事情で(?)この曲は弾かせないわけにはいかない」とか「ここは譲れない」とか考えて決めて行きます。なので、いくらカッコよくても、似ても似つかないアルゲリッチのような感じになったりはしません(笑) 

いい年して何やってるんだという気もしないでもないですが(いや、そんなことばっかりやってるか…)、あえて「知的(なのか?)お遊び」と呼んでおくことにします!笑 自分の音楽の世界観がよく分かって結構楽しいのです。意外と生産的だと思ってます。←ホントか!?
ま、何はともあれ、空想上の私は、あんまり冒険しない保守的なタイプの演奏家です。
具体的な内容は、気が向いたら(あるいはブログのネタが尽きた時…(^^;;)に書いてみるかもしれません。

幸か不幸か、絵心がないのでできないのが、CDのジャケットデザインです。もちろん空想の私のCD!
これ、かなりやってみたいんですけどね~~
人間の顔描けないから…Σ( ̄ロ ̄lll)!!笑
顔じゃなくて、そのCDの内容をイメージした抽象アート的なデザインというのも憧れるのですが、やっぱり絵心がないから駄目です。

200回記念は、思わず、あらぬ方向に走ってしまいました(^^;;

* Category : 空想妄想系

Comment-open▼ * Comment : (2)

* by 夕
Nekoushiさん、こんばんは。
記事200本目おめでとうございます🎉

スマホからのコメントですが、シンプルで美しいテンプレートですね✨どことなく知的。
字の見やすさは個人的に嬉しいです~😆
テンプレートによっては、すごく読みづらくなったりしますよね😵💦

面白い空想ネタですね(*>∀<*)
具体的な曲名、お待ちしています🎵
ジャケットは写真でいかがですか📷✨

To:夕さん * by Nekoushi
夕さん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

気づいたら200回も更新してました(≧▽≦)

今までのテンプレート(PC表示のほう)はデザイン的にはかなり好きでしたけど、文字のフォントのせいか、少し読みづらかったような気がします。

> スマホからのコメントですが、シンプルで美しいテンプレートですね✨どことなく知的。

(*´▽`*)
PC表示は目に優しい緑系の花柄、スマホ表示はバニラアイスな雰囲気(←私の中では…笑)。どちらをご覧になったのでしょう??

> 具体的な曲名、お待ちしています

は~い(^o^)丿
そのうち、空想ディスコグラフィや空想リサイタルプログラムを書きますね!
あ。せっかくなら名前も考えなきゃ!!Nekoushiじゃなくて…(笑)
ひっそりと募集します(*^▽^*)←人任せ

> ジャケットは写真でいかがですか

なるほどーー!!
考えてみますね。

プロも「ハイドン苦手」!?-交響曲編

私が今練習している曲の一つはハイドンのピアノソナタ34番ホ長調(Hob.XV:34)ですが、私の口癖の一つに「ハイドン弾くの苦手」というのがあります。一つには(というか最大の理由は)、私の指が、大量に出てくる高速のパッセージを処理する能力に乏しいからです。当時の軽いタッチのフォルテピアノだったらもう少し弾きやすいかもしれません。ただ、最近、練習を積み重ねるに従って、曲の内容の面でも一筋縄ではいかないような気...

続きを読む

私が今練習している曲の一つはハイドンのピアノソナタ34番ホ長調(Hob.XV:34)ですが、私の口癖の一つに「ハイドン弾くの苦手」というのがあります。一つには(というか最大の理由は)、私の指が、大量に出てくる高速のパッセージを処理する能力に乏しいからです。当時の軽いタッチのフォルテピアノだったらもう少し弾きやすいかもしれません。ただ、最近、練習を積み重ねるに従って、曲の内容の面でも一筋縄ではいかないような気がしています。

そう思いながら、ハイドン交響曲に関する本『ハイドン 106の交響曲を聴く』(井上太郎、春秋社)を読んでいたら、その中に引用されている指揮者の岩城宏之さんの次の言葉が、なるほど!!と、とても腑に落ちました。

百以上書かれたハイドン交響曲は、気軽にきいていれば、どれも単純明快で、テンポ変化もないし、始まればそのまま、一気呵成に終わってしまえるように思える。しかしちょっと調べると、フレーズの入りくみ方など、モーツァルトやベートーヴェンよりはるかに複雑だし、第一、アンサンブルの難しさは、後のロマン派の作曲家たちの比ではない。(中略)こんなにも複雑で、しかも単純明快に聞こえると言うのは、音楽史上数多い天才たちの中でも、特別にものすごい人だったと思う。(『楽譜の風景』(岩波新書)より)


岩城さんは指揮者なので、交響曲について言っていますが、ピアノソナタにも共通すると思いました。今弾いているソナタ34番は、対位法的処理はあまり目立たない曲ですが、それでも、「フレーズの入りくみ方」がややこしいと思える部分は結構あります。

それから、ハイドン特有の唐突さ、つまり、強弱の急激な変化とか、休符の大胆な使い方による急停止・急発進的な曲想には、スムーズに入り込むのが難しいように思えます。「入り込む」といっても、ロマン派以降とは違うものが求められている気がします。しかも、唐突でありながら古典のかっちりした枠組みを壊してはいけない。いや、かなり難物ですよ(^^;;
この点は、ハイドンの交響曲44、51、52番を収録した手持ちのCDの解説書に書いてあった次の部分(音楽学者の飯森豊水さんという方が書いている)が、これもピアノソナタにも通じる!と納得できました。

ハイドン交響曲の演奏でいつも問題となるのは、一言でいうならば、内容的な表現と形式感のバランスである。ハイドンにおける、感情的、情緒的な表現、ユーモアのセンスなどは彼独特の形式感と分かち難く結びついており、こうした内容的な表現を強調し過ぎては形式を見失ってしまうし、逆に、表現を抑制し過ぎてただ形式を整えるのみでは作品の面白みは失われてしまう、一般的にハイドンを演奏する際に指揮者が苦労するのは、その感情的・情緒的な内容を見つけ出して表現することよりも、そうした内容を充分に織り込みながら堅固な形式感のうちに捉えることができるか否かという点にかかってくるのだ。


ハイドンの交響曲は、プロの指揮者も「苦手」と言うぐらい難物なのに、人気の面では…??ですね。ま、ビジネス的にと言うか、大人の事情を考えますと、取り上げる機会がごく限られてしまうのも仕方ないかもしれません。勿体ないことではありますが…。

せっかくですので、上記のハイドンの特徴が一番よく出ていると思われる、中期の交響曲の中から、今練習しているソナタと同じ調性の傑作、交響曲第44番ホ短調『哀しみ』のYouTube音源をご紹介しておきたいと思います。とても心惹かれる好きな曲です。


指の運動の問題を早くクリアして、上記のような課題に焦点を当てて取り組めるようになりたいものです。「ハイドン弾くの苦手」ですが、ハイドンって、課題としてはチャレンジングで意外と楽しいんですよね~~

あと、ショパンみたいに専らピアノ曲しか書いていない作曲家は別として、シンフォニーや弦楽四重奏などピアノ以外の色々なジャンルの作品を聴くことで、ピアノの練習も音楽鑑賞も相乗効果的に楽しさが増しますね(≧▽≦)

余談ですけど、次の記事が200本目です!

* Category : その他の曲の鑑賞・考察

Comment-open▼ * Comment : (2)

* by モル作
ハイドンさん、難しい曲だらけですねぇ。。
規模が大きい曲の割合が高めってのもあるかもですが、弾けそうな曲すらまだ見つかりません( ;´Д`)

管弦の人たちはピアノの人たち以上に、ハイドン難しいって印象を持ってるらしいです。

To:モル作さん * by Nekoushi
モル作さん、コメントありがとうございます!

ささっと弾ける小品もあるのでしょうけど、ハイドンは曲数が膨大なので探すの大変そうです(*_*;
短くはないですが、ソナチネアルバムにも収録されているハ長調のソナタはいかがでしょう?

> 管弦の人たちはピアノの人たち以上に、ハイドン難しいって印象を持ってるらしいです。

なるほど〜〜
この辺りのお話、奥さまが詳しそうですね!

開き直って「丑三つピアノ」~~(^^♪

暑さと副業(!笑)にやられてピアノ&ブログを小休止中なんて、泣き言を言ってましたが、今週になったら楽になるはずだった副業で課題を増やされたせいで開き直ってしまったのと、仲間の皆さんのピアノブログを読んでいたら無性に弾きたくなったということで、丑三つ時(午前2時頃)のピアノを敢行しました!何と言っても、私のHNは「猫は丑三つ時にピアノを弾く」の略ですから(笑)実を言うと、昨夜はめまいが酷かったり、ぼーっ...

続きを読む

暑さと副業(!笑)にやられてピアノ&ブログを小休止中なんて、泣き言を言ってましたが、今週になったら楽になるはずだった副業で課題を増やされたせいで開き直ってしまったのと、仲間の皆さんのピアノブログを読んでいたら無性に弾きたくなったということで、丑三つ時(午前2時頃)のピアノを敢行しました!何と言っても、私のHNは「猫は丑三つ時にピアノを弾く」の略ですから(笑)

実を言うと、昨夜はめまいが酷かったり、ぼーっとして御飯茶碗に氷を盛り付けてしまったり(←さすがに家族もポカンとしてた)、かなりヤバかったのだけど、疲れている割には(というか疲れすぎて)眠れないなぁということで、「丑三つピアノ」と相成りました。もちろんクラビノーバです(^^♪

弾いた曲は、バッハのシンフォニア13番イ短調、ハイドンのソナタ20番ハ短調(ブロ友さんの影響受けた)、ショパン『幻想即興曲』です。頭が冴えていない時にバッハというのは厳しいですけど、まあ、それなりに練習してきた曲なので、それほど苦にはなりません。ただ、もっと何か違う刺激が欲しい!!と思って、次は練習課題とは異なるハイドンのソナタ。おっ、これは楽しいぞ(*^▽^*) チェルニーの成果がハッキリと感じられて嬉しくなりました。いや、もちろん「弾ける」というのとは違いますよ。2楽章は、もともと緩徐楽章が比較的得意なうえに、このソナタでは私の好きな変イ長調なので萌えまくり(*´▽`*) 3楽章は速くて苦しかった、というか崩壊でしたが…(^^;;
その次は『幻想即興曲』。ピアノの練習を「フェルマータ」する前に片手ずつ基礎練習していた効果が表れたのか、それらしいテンポで弾いてもぐちゃぐちゃになりながらも止まらず最後まで行っちゃいました(≧▽≦) しかも、いつもより指が柔軟で、こわばってない。頭の中がどうかなってると、かえってうまく弾けることもあるの?笑 久しぶりにまとまった時間弾いたのが嬉しくて、それがプラスに働いたのかも…。弾き始めたら、一気に体調良くなりましたもの! 

まだ本格的に毎日練習というわけにはいかないとは思いますけど、「丑三つピアノ」をやったお陰で、ピアノ禁断症状が緩和されて良かったです。今日1日眠いのは、まあ仕方ないです。無理したりしているわけではないので、ご心配なく~~

* Category : ピアノの話色々

Comment-open▼ * Comment : (4)

おはようございます☆ * by ゆりこ
Nekoushiさん、ハイドンのハ短調ソナタ弾かれたのですね!それも第3楽章まで!すごいですねえ♪

第2楽章いいですよね!私も大好きなんです~♡
第1楽章で手いっぱいで譜読みもまだなんですが・・・
第1楽章が終わって、先生のOKがでたら、取り組みたいです。

第3楽章もいいですよね♪速いけど・・・。速い曲苦手だから、取り組まない気がします(^^;(弾ける気がしない)

気分転換にいろんな曲弾けるっていいですね。体調良くなってよかったです^^

幻想即興曲もとっても気になります。やっぱり憧れ曲なので・・・練習記、レッスン記、楽しみです♪♪♪

To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ゆりこさんの曲(ハイドン20番)を弾いてみたくなってしまって…(笑) 3楽章はほぼ初見状態ではお手上げでしたΣ(゚д゚lll)!! 1楽章も装飾音やリズムが結構ややこしかったです。でも、楽しいですね(*^▽^*)
ゆりこさんも2楽章がお好きなのですね!!綺麗で心洗われる感じで素敵ですよね~~

幻想即興曲は、普段は地道に頑張ってます!
昨日は、遊び弾き的ノリで行きました。

> 練習記、レッスン記、楽しみです♪♪♪

ありがとうございます~~
先生(役の私)は色々構想練ってるみたいですよ(*^▽^*)

おかげ様で、体調は回復してきてますが、やることが新たに増えてしまって、来週になるまで、なかなかまとまった練習時間が取れないのが残念です(>_<)

NoTitle * by けもネコ
草木も眠る丑三つ時に、ピアノの音がどこからかしてくるのですね。
((((;゚Д゚)))

と思ったら単にヘッドホンからの音漏れだったりするのでしょうね。

丑三つ時ピアノは私もよくやります。
隣の部屋の家族は爆睡してて気がつきません(^^;


To:けもネコさん * by Nekoushi
けもネコさん、コメントありがとうございます~~

草木も眠る丑三つ時に聞こえるのは、音を最小限に絞ったクラビノーバの音です♪♪ヘッドホン苦手なので…(^^;;
でも打鍵音がけっこう響きますね。気づかれたことはないですが…。

> 丑三つ時ピアノは私もよくやります

けもネコさんも「猫丑」なんですね!笑
電子ピアノないと、丑三つピアノができなくなるので困ります。

フェルマータ中!!笑

毎日暑すぎですね(>_...

続きを読む

毎日暑すぎですね(>_<)
ピアノも溶けるんじゃないの!?
暑さで体力消耗するし、熱中症予防に冷房をかなり強めにかけているので、それも疲れます。追い打ちをかけるように、副業(←ピアノ以外のことの総称…笑)でバタバタしてるし…。

というわけで、ピアノの練習もブログの更新もフェルマータ中!!笑
「フェルマータというのは『倍に延ばす』ではなく『止まる』というのが正しい意味です」とよく聞きますが、ま、そういうことですね。

ピアノの練習をしないとブログからも遠ざかり気味⇒ブログから遠ざかるとピアノ仲間の皆さんとの交流ができず楽しくない⇒楽しくないので夏バテが悪化⇒ますますピアノの練習がフェルマータΣ(゚д゚lll)!!
…という悪循環に陥ってます。

練習していないといっても、チェルニーやバッハの遊び弾きをしたりして、さすがに全くピアノに触れていないわけではないです。
全く触れなかったら禁断症状が出ます(^^;;
ブログも禁断症状が出てきたので、無理やり更新してみました(笑)

というわけで、まだまだ暑い日々が続くようですので、皆様も、どうぞ体調管理には気を付けてお過ごしくださいませ。

* Category : 雑談色々

Comment-open▼ * Comment : (12)

NoTitle * by amy
本当に毎日暑いですよね。。。(-_-;)
暑いうえに副業(笑)でお忙しそうですね。。💦
フェルマータもいつかは終了して前進したくなりますよ~
その時までお待ちしています♪ぼちぼち、でいきましょうね~

実は私も暑すぎて、一時ブログ更新はお盆明けまで休もうかと思っていたんですが・・何故だか気持ちが前向きになってしまい、連続投稿中です(笑)
(暑さにやられて変な方向にいっている気がしないでもない・・)Σ(・ω・ノ)ノ!

To:amyさん * by Nekoushi
amyさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ホント、溶けそうですよ、ピアノも人も…(>_<)
副業(笑)は、来週は少し落ち着きそうです。暑さとの合わせ技ではなくなる分だけ、余裕が出てくるといいなぁ。

> フェルマータもいつかは終了して前進したくなりますよ~
その時までお待ちしています♪ぼちぼち、でいきましょうね~

ありがとうございます(*´▽`*)
ぼち…ぼち…、ぐらいかもしれないですけど(笑)

> (暑さにやられて変な方向にいっている気がしないでもない・・)Σ(・ω・ノ)ノ!

「暑さにやられて」だったのですか!?笑
いやいや、楽しく読ませていただいてますよ(≧▽≦)
でも、疲れたらフェルマータしながら、暑さを乗り切りましょう(^o^)丿

NoTitle * by 夕
こんにちは★
フェルマータの正しい意味、「止まる」なのですね、またひとつ賢くなりましたv-91
シンフォニア11番の最後にフェルマータがあるので、止まりますv-21ついついすぐ動きたくなっちゃうので(爆)

ホント、暑すぎますねv-356
エアコンに当たりすぎても疲れるしv-404
週末、何か美味しいものでも食べるとしましょうか♪
副業、早く落ち着きますように。

久々にPCからコメントなのですが、Nekoushiさんのカテゴリ、めっちゃスッキリしてて綺麗ですね!美しい~!

To:夕さん * by Nekoushi
夕さん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

フェルマータの直接の意味は「止まる」なんですよ~
そう言えば、イタリアではバス停に「フェルマータ」と書いてあるそうですよv-352v-352
演奏的には、音を延ばさないとなかなか止まってくれないから、結局は延ばすことになるのですが…。

> ホント、暑すぎますね
エアコンに当たりすぎても疲れるし

ずっと暑いので体が慣れてくるかと密かに期待していたのですが、そんなに甘くなかったです(>_<)

> 週末、何か美味しいものでも食べるとしましょうか♪

いいですね!
私は甘いもの食べたい~~

> 副業、早く落ち着きますように。

ありがとうございます(人''▽`)
早く本業に戻りた~~い!!笑

> Nekoushiさんのカテゴリ、めっちゃスッキリしてて綺麗ですね!美しい~!

ホントですか!?
実は、整理が下手だなぁと悩んでいたんですよ(^^;
そう言っていただけると嬉しいですv-238

NoTitle * by ゆりこ
Nekoushiさん、こんばんは^^

暑いと本当に疲れますよね💦暑いだけで体力が奪われます・・・

悪循環わかります~私もそうなっているような・・・

副業と暑さが落ち着いたら、またブログ更新してくださいね^^

To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、おはようございます(*^▽^*)
コメントありがとうございます~~

悪循環、分かっていただけましたか!?
少し気が軽くなりました。

> 副業と暑さが落ち着いたら、またブログ更新してくださいね^^

は~い(^^♪
意外とすぐ再開するかもしれないですし、またしばらくフェルマータかもしれませんが、再開したら読んでやってくださいね!
ゆりこさんの再会も楽しみにしてます(≧▽≦)

おはようございます^^ * by どれみ
>「フェルマータというのは『倍に延ばす』ではなく『止まる』というのが正しい意味です」と
・・そうなんですね。初めてしりました。
2倍に伸ばすって・・・・あやふやな感じだな~と思ってたんです。

イタリアのバス停にフェルマーターだそうで
これまた、おしゃれですね^^
今からフェルマータの記号があったら
バス停のマークを書きましょうかね^^

まだまだ部屋真っ暗の地底ピアノは続きそうですね^^;

To:どれみさん * by Nekoushi
どれみさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> >「フェルマータというのは『倍に延ばす』ではなく『止まる』というのが正しい意味です」と
・・そうなんですね。初めてしりました。

熱波で頭があんまり回っていない時に書いた記事が、お役に立てて良かったです(*^▽^*)

> 今からフェルマータの記号があったら
バス停のマークを書きましょうかね^^

それ、よさそうですね!
フェルマータ記号より感覚がよくつかめるかも?笑
見た目も楽しそうですし(≧▽≦)

> まだまだ部屋真っ暗の地底ピアノは続きそうですね^^;

このままでは、Nekomoguraになってしまう~~(>_<)
ひっそりと、地底ピアノ頑張りましょうね!!笑

NoTitle * by ね~み♪
本当に毎日毎日・・・あt(もう言わない!!)
フェルマータだったのですね。

≫ピアノの練習をしないとブログからも遠ざかり気味⇒ブログから遠ざかるとピアノ仲間の皆さんとの交流ができず楽しくない⇒楽しくないので夏バテが悪化⇒ますますピアノの練習がフェルマータΣ(゚д゚lll)!!

って・・・(笑)
とても良くわかりますよ~
まだまだあt(もう言わない!)日が続きますが、お互いに程々に頑張りましょうね~

To:ね~み♪さん * by Nekoushi
ね~み♪さん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> あt(もう言わない!!)

笑笑
確かに、口に出して言うと、ますます「あt…」なるとか言いますもんね(^^;;;;←汗が多くて暑苦しい(笑) あ、言っちゃった。

> とても良くわかりますよ~

ありがとうございます~~
分かっていただけて嬉しいです(*´▽`*)

そうですよね!
お互いほどほどに、楽しくですね!!