ツィメルマンのシューベルトに魂を吸い取られ…(^^;;

私は写真に撮られるのが大の苦手で、よく「写真に写ると魂を吸い取られるから嫌だ」と拒否しています。
「一体いつの時代の人よ?笑」と馬鹿にされますが、カドを立てずに断るのに一番便利な言葉だと思うので…笑

それはさておき、最近買ったクリスチャン・ツィメルマン演奏によるシューベルトの『ピアノソナタ20番(イ長調 D959)&21番(変ロ長調 D960)』の最新録音のCDには、すっかり魂を吸い取られてしまいました。
ツィメルマンと言えば、ショパンのバラード集の凄い録音があって、ショパン萌えには神様的存在だと思うのですが、シューベルトも負けず劣らず凄いです。

ツィメルマンのシューベルトは、30年ぐらい前に録音した即興曲集を聞いたことがあります。それはそれで、端正で素晴らしかったです。
でも、今回のソナタ集は、最後の2曲という神がかった音楽を、ツィメルマンの神がかった演奏で聴くことができます!!
一言で言うと、「この世のものとは思えない」です。ものすごい透明感をもって丁寧に哀しみが描かれているように感じました。
繰り返しの多いシューベルトの大曲なのに、全然飽きることなく、「え?もう終わってしまうの?」という感じで、82分間あっという間に過ぎてしまい、魂を吸い取られましたΣ(゚д゚lll)!!

この録音は、新潟県柏崎市の文化会館アルフォーレというところで録音されたそうです。去年の1月のことで、3メートルもの大雪が降る中「建物の中は完全な別世界であり、私たちは5日のあいだ、どっぷりシューベルトに浸ることができました」と解説書に載っているインタビューで、ツィメルマンは語っています。たぶん雪が降ってなくても同じような感動的な演奏になったとは思うのですが、そのシチュエーションがぴったり過ぎるので、「大雪でよかった」なんて思ってしまいました(^^;;

ピアノにも特殊な調整を加えたとか…。打弦位置を少しずらしたり、鍵盤のアクションを軽くしたりして、シューベルトの使っていた楽器に近づけたそうです。さすが、完璧主義者のツィメルマンです。

あまりにも凄かったので、しばらくピアノに近づく気が失せちゃいましたよ(笑)
いや、実を言うと、21番(D960)はシューベルトで一番弾いてみたい曲なのですが、そんなことを口に出すのが恥ずかしいぐらいです。と言いながら口に出しちゃってるけど…(笑)
この記事を書くというので、また聴いて、また、しばらくピアノに近づく気が失せてきました。
素晴らしい演奏なのですが、危険すぎる(?)ので封印しないといけませんねΣ(゚д゚lll)!!
スポンサーサイト

今日はプチ・チェルニー祭り

今日はアップライトで1時間ぐらいチェルニーばっかり弾きました。
弾いたのは、練習中の40-18と40-19です。
題して『プチ・チェルニー祭り』~~♪♪

チェルニー40-18

18番の方は、左手のジグザグ進行には少し慣れて来ましたが(といっても指定テンポの半分ぐらい)、音域の広いアルペジオの部分になると苦戦します。両手ともにアルペジオ苦手…(*_*;
じゃあ、全調アルペジオをやりたいのかと言うと、今のところ、そういう気にはまだなっていません。

この曲集で左手のアルペジオが出てくるのは、30番まで待たないといけないらしいので、どうしよう…。
あと、左手は速い動きで若干硬直気味かもしれないので、気を付けねば。

18番では、リピート記号を過ぎたあたり、左手がpで低音からジグザグと上って来てクレッシェンドで盛り上がる部分にかなり萌えます(*´▽`*)
セルフレッスンでの標語に「チェルニーも音楽的に」「チェルニーをチェルニーのように弾かない」というのがあるのですが、こういう部分では特にそう感じます。いや、萌えポイントじゃなくても音楽的に弾かないといけないのですが…。

チェルニー40-19

19番の方は、手首の回転(グルグル、くねくね…笑)を意識しつつ、部分練習の繰り返しです。
部分練習と言っても、練習しない部分はありませんΣ(゚д゚lll)!!
超スロー、スロー、レガート気味、スタッカート気味など、バリエーションを加えてやってみました。
弾けな過ぎて、萌えポイントがまだ見つかりません(^^;;

毎日このぐらいの時間でもいいので、チェルニーもきちんと練習できればもっと早く上達するとは思うのですが、なかなかそうはいきませんね。
あと、タッチが違い過ぎるので電子ピアノでチェルニーやる意味はあるのか?とか、手を傷めないか?とか心配で、電子ピアノではあんまりチェルニーをやってません。

演奏は喋り方に似るという説も…

「説」というほどではないのですが…(笑)

仲道郁代さんのCDの解説書の中に「私は舌足らずな話し方をするので、そういう弾き方になっているかもしれない」という意味のことが書いてあったのが、印象に残っています。
読んだときは「なかみっちゃん何言ってるの~!?笑」(←めっちゃ馴れ馴れしい(^^;;)と思ったのですが、たまたまその時はショパンのピアノ協奏曲やバラード・スケルツォの雄弁な演奏(曲が曲なので舌足らずにはならない)を中心に聞いていたので、あまり腑に落ちなかっただけのような気がしてきました。
ノクターンとか即興曲をきくと、まあ本人がおっしゃる通りかも!?

そう言われてみると、アンドラーシュ・シフさんのレクチャーコンサートは、お喋りで饒舌、でも辛口な感じで面白いのですが、そんな感じの演奏をしているようにも思えてきます。
あと、ジャン・マルク・ルイサダさんのレクチャーコンサートも饒舌で楽しいですが、シフさんとは方向性が違って、いかにもフランス人らしいお洒落な感じの饒舌で、彼のショパンのワルツやマズルカを聴くと確かにそのイメージにピッタリ!!

というわけで、「演奏は喋り方に似る」というのも、「そう言われればそうかもしれない」という程度には当たっているのかもしれません。

で、思い出したのが、前回の記事『自分の演奏って好き?』です。
自分の話し方は好きじゃないので、演奏がそれに似ているとすると、好きなわけがないΣ(゚д゚lll)!!

でも、前回の記事を書いた後、演奏自体については、「好きじゃない」とか言いながら意外とそうでもない、いわゆる「ツンデレ」かもしれないという結論になりつつあるので、何かが違うような気がします。
可能性としては「演奏と話し方が似てない」あるいは「ピアノの音としてはいいけど、人間の声としてはダメ」。
似てないと断言できる自信はないので、とりあえず、後者ということにしておきます(*'▽')

自分の演奏って好き?

自分の演奏、好き?嫌い?

必死に練習している時なんかは、あまり考えないですが、余裕が出てきた時や録音をよく聴いてみた時に、ふと考えることがあります。
今日は、前回の記事でUPした録音を聴きながら考えているのですが、この問いは意外と難問ですね。

色々と不満はあっても、「嫌い」とは断言できないですね。
「嫌い」というのと、もっと改善したい、成長したいと思うのは、必ずしも同じではないですよね。
そもそも、嫌いだったらピアノ弾くのやめてると思います(^^;;

じゃあ、好きなのかっていうと、それもかなり違いますね。
「何でそこでミスるかな」とか、「声部のバランスがなってない」とか、ダメ出ししたいことは山ほどありますΣ(゚д゚lll)!!
ただ、細かいテンポの揺らし方やアーティキュレーションの癖なんかは、それが正しいのかどうかはともかくとして、「こうでなくては私らしくない」なんて思ってしまいます。
好き嫌いとは別の次元で、自分の家に帰ってきたような感じ?笑

どういう風になったら「自分の演奏が好き」と思えるのか、まだよく分かりませんが、そういう日が来るのを夢見ながら、練習を続けていきたいと思います。

セルフレッスン第10回:モーツァルトは音が少ない? and 苦手なシューマンのワンポイントレッスン

昨日はレンタル練習室に行って、約1か月ぶりに、私が私にピアノを教えるセルフレッスンをしてきました。
そして、このレッスンも記念すべき10回目となりました!
レッスンの模様はこんな感じです。

まず、苦戦中でお馴染み(?)、バッハのシンフォニア3番。
一通り弾いてみたら、「出口の光がわずかに見えてきた感じですね。この調子で練習してください」ということで、あとはひたすら練習あるのみ!

次はチェルニー40番より第18番。
左手が分散音階、分散音で走り回って、その間、右手は和音を叩いて行く練習曲です。

先生「この曲に入る前にかなり嫌がっていましたが、意外と楽しそうじゃない?笑」

「左右の手の役割が逆転しているので、どうしようもないかと思ったのですが、地道にやっているうちに繋がってきた感じで…」

先生「もしかして生まれた時は左利きだったのでは?」

「物心ついた時には直されていましたが、生まれた時はそうでした。今の私の手にキャラを設定してみると、左手は愚直に取り組む勤勉な生徒で、右手は手を抜きたがる怠け者(^^;;」

先生「分かっているなら、ちゃんと右手も勤勉にさせなさ~い(笑) それはさておき、18番はそろそろ仕上げを視野に頑張りましょう」

次は同じく第19番。
上で槍玉に挙がった右手に、分散和音を鍛えこむ練習曲です。
チェルニー40-19

「こういう感じの分散和音、ものすごく苦手です」

先生「それだと弾ける曲が限られてしまいますよね。こういう練習曲を活用して是非とも克服しなければ!」

(弾いてみるがかなり酷い)

先生「もっと手首の回転を使って。指を硬直させてたら、指を痛める上に、正確に打鍵するのも難しいです」「もっとグルグル、くねくね!! いや、くねくねはちょっと違うか…」

「少しコツがつかめてきたかもしれません。1小節に2カ所ぐらいの頻度でミスってたのが1カ所ぐらいに減った感じがします」

先生「あとは、左手の2分音符はしっかり伸ばしてベースのラインを感じて。この曲をしっかり弾き込んで終了したら、世界が少し違って見えてくると思いますよ」←大袈裟(笑)

次はモーツァルトのニ長調ソナタ(K311)です。

「この曲は弾くのが楽しくて仕方がない曲なのですが、1週間ぐらい寝込んでいる間に指の動きが後退してしまった気がして落ち込んでいます」

(とりあえず弾いてみる)

先生「えっ、そう?そんなことないと思うけど…。それより、もっとずっと気になることがあります。第2主題の部分」

「主題であることを意識して強調してみたのですが」

先生「その方向性自体は正しいです。でも、表現の方向性が正しくありません。第1主題が主和音でジャンと始まって歯切れのいい音楽で、第2主題はそれとは対照的ですよね」

「カンタービレな感じでしょうか」

先生「その通りです。ら~り~り~♪ですね。でも、ターターターってなってる。スラーがついているのだから楽譜通りに弾けばいいのです。指使いは絶対に4からでなくてはなりません。4は歌うのに最も適した指ですから。そして、フレーズの最後は手首に少し回転を感じてクルっとまとめて、次に進んでください。下に図示しておきますね」
K311 28小節

(何度か全体を弾いてみる)

先生「悪くないと思うけど、何だか物足りないと言うか、借りてきた猫みたいな感じがするのよね。あ、そうそう、モーツァルトは音が少ないイメージ?多いイメージ?」

「少ないとよく言われますが、必ずしも、それだけでは片づけられないような気もします」

先生「和音が薄いと言う意味では確かに音が少ないんだけど、横に音が多いのと、薄い和音でありながら耳の錯覚的によく響いて聞こえると言う意味で、私にはむしろ音が多いイメージです。当時のモーツァルトの作品への批評も『音が多過ぎる』といったのが多かったようですよ。たぶんね、『音が多い』と感じながら、昨今流行の響きの薄いモーツァルトをやろうとして中途半端になってるのかも。いや、もちろん、そういう正統派とされているモーツァルトが感性に合っていて、それを目指すと言うのでしたら、それはそれで尊重されるべきだと思います。どう弾きたいですか?」

「そうですね、若いころはロマン派的に弾いていました。どうしてもそういう風に感じられて…。当時の先生には不評でしたけど(笑) 最近は、モーツァルトの透明感の高い側面に目覚めて、ペダルを少なめに、スタッカート気味にという通常の弾き方にも魅力を感じているところです。でも、迷いはあるかもしれません」

先生「ロマン派的にって、ルバートでドロドロに?笑 さすがにそれは問題だと思うけど、音が多いことを意識して味付けしてみると、弾いていて満足できるかもしれません。特に、この曲は華麗に鳴らすべきだと私は思いますけど」

(とりあえずやってみる)

「何だか、鳴らしたい音になってきた気がします! でも、こういう音、アップライトや電子ピアノで出るのかな」

先生「だから、グランドピアノ早く買った方がいいって、いつも言ってるのに…(笑)」

というわけで、「モーツァルトは実は音が多い」説で盛り上がったところで今回のK311のレッスンは終わり、次回に継続。

最後に、祝・10回!ということで、先生がやってみたかったらしい曲を特別講義としてワンポイントレッスンで。

先生「今日のフリータイムは趣向を変えて、私が教えてみたい曲をワンポイントでやらせてもらえるのですね。以前『能天気になってしまってイメージが違う』と嘆いていた、シューマンの子供の情景の『見知らぬ国々』をやってみましょう。早速弾いてください」

シューマン『子供の情景』より第1曲『見知らぬ国』


「よりによってシューマン。しかも練習してないのに」(と文句言いながら弾いてる)

先生「子供の情景なので、能天気な解釈というのもあっておかしくないとは思いますよ。(←本当か!?) でも、問題はそこじゃないと思います。情緒的な話ではなく、もっと技術的な問題で、あたふたした感じになってます」

「内声を左右で弾き分けるのがスムーズにできていないとかですか?」

先生「それもありますが、もっと根本的なことですね。声部のバランスが悪い。音楽の主導権を最終的に握っているのはどのパートですか?」

「バスです」

先生「そうですね。でも、内声ばかりに気を取られて、そうなってなかった。それが一番の原因です。克服すべき課題の優先順位としては、その次が内声ですね。まず3連符のリズムです」

「もっと均等にした方がいいでしょうか」

先生「と言いますと、1音目を今より長くする?短くする?」

「短くします」

先生「いや、待ってください。むしろ既に短すぎるので、浮足立った感じになっているのです。ベースの音をしっかり出して、それにつられるように3連符の1音目はほんのわずか長めにしてみてください。ただ、やり過ぎると8分の6拍子のリズムになってしまいます」

「内声の受け渡しに何かコツはないでしょうか」

先生「愚鈍な親指、いや言い過ぎました、あまり機敏ではない親指で受け渡すので気を使いますよね。できるだけ寝かせて、そっと音を出すように」

(しばらく練習)

先生「あっ、そうだ!せっかくだから録音してみましょう」

「えっ?何で!?ビフォアを録音してないのに、アフターだけ録音しても、御指導の効果のほどがよく分からないですし…」←必死に抵抗してる

先生「まあ、そんなに恥ずかしがらずに。ダメな演奏を録音して公開しといた方が、お仲間の皆さんに過大評価されずに済むから、けっこうなことでしょ(笑)」

というわけで、今回のレッスンは終了。
先生に嵌められ、事の成り行きで約3か月ぶりに録音を公開する羽目に陥りました(^^;;
グランドでは初めてです。音質落としてるから電子ピアノで録音した時とあんまり変わらない気もする。
というか、それ以前に演奏が酷いという大問題があるΣ(゚д゚lll)!!
それでも宜しければ…。







↓プレイヤーが表示されない場合はこちらからどうぞ。
【練習音源:シューマン『子供の情景』より第1曲『見知らぬ国』 2017-09-15】
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇練習中
・チェルニー40-18、19
・バッハ シンフォニア 3番
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第1楽章

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、17
・バッハ シンフォニア(1巡目) 1、5、6、9、8、11、10、15番
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR